Con Gas, Sin Hielo

細々と続ける最果てのブログへようこそ。

「ひるなかの流星」

2017年03月26日 21時24分57秒 | 映画(2017)
本当にあったら怖い話。


外国、特にハリウッド映画に正統派恋愛映画が見られなくなって久しい。他方、わが国はといえば、男女の恋愛を描いた少女漫画や小説を原作とした映画がひっきりなしに作られている状況が続いている。

と思えば、テレビに目を向けると、こちらはこちらで恋愛モノを基軸に一時代を築いた「月9」ドラマが瀕死の状態に喘いでいる。これらは一本の線で繋げることができる現象なのだろうか。

今回の映画館の客層は、こちらの肩身が思いっきり狭くなるくらい若年層女子がほとんどを占めていた。どうやら白濱亜嵐というEXILEグループの男性を目当てに来ているようだ。そんなに人気があるんだ。

このところの青春映画の乱発のカギはどうやらここだ。EXILEだけじゃなく、ジャニーズであったり、若手女性俳優であったり、コアなファン層に働きかけることでそこそこの収支を見込めるコンテンツになっているのだ。

ファン度が深いほど複数回観たり関連グッズを購入したりと儲けは上がる。一度流れて終わるテレビと比べて効率的だから、視聴率にすれば5%程度の人気度でも十分勝負に打って出られるという算段なのではないか。

かくして情報に疎い人たちにとっては、主演俳優が回転ドアのように入れ替わるだけの似たような作品が次々に作られていくのである。

本作の主人公を演じる永野芽郁は、「俺物語!!」以来のヒロイン役であるが、最近はUQのCMで抜擢されるなどまさに伸び盛り。今後回転ドアの一員となるかの試金石である。

前置きが相当長くなったが、本作。少女漫画の恐ろしさを見せつけられた。

漫画の中のキャラクターであれば線が細くて夢の王子さまなのが、実写化した途端に倫理観の崩壊が前面に出てきてしまう。

これは決して教師役の三浦翔平の外見が怪し過ぎるからだけではない。主人公のすずめに対する所作のすべてがあり得ないのである。

すずめだから呼び名が「ちゅんちゅん」。鳥肌が立ちそうだ。二人の関係は食堂のおばさんでも知ってるって、それで学校としていいのか。

すずめもすごい。先生から、友達を積極的に作るようアドバイスを受けて向かった先がいきなり異性の馬村である。これは同級生からはどう映るのか。

まあ、怖いもの知らずの田舎娘という設定と繋がるものとはいえ、おそらく原作ではもう少し丁寧に描かれているものと信じたい。

その点では、きらきらともっさりが混ざり合う永野芽郁の表情は役柄にハマっていたと言えるだろう。最後の落とし方も健全で無難であった。

でも最近の映画に出てくる高校生活って、あまりうらやましく感じられない。

(50点)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「パッセンジャー」

2017年03月25日 23時54分48秒 | 映画(2017)
宇宙は荒唐無稽に溢れてる。


人工冬眠から90年早く目覚めてしまった男女の物語って設定はおもしろそうなのに、先に公開された北米ではえらく評価が低い本作。

百聞は一見に如かずで観てみたが、原因がはっきり分かった。

良くできたSF映画は、元々作り話であることを承知の上にも拘らず、「とんでも」な部分をもっともらしく見せることに長けている。

しかし本作は肝心なところで微妙に外してしまっているのだ。

例を挙げればきりがないが、クライマックスの極限の危機にど素人の2人が立ち向かっていく下りはあまりに無茶な選択だし、なんでもいいからとにかく蘇生をという場面はもはやコメディであった。

主人公であるジムとオーロラの関係も否定する人は多いだろう。不道徳な出会いもさることながら、一度冷え切った後の展開はちょっとあり得ないのではないか。

とは言いながら、個人的には結構面白く観ることができた。不道徳の部分は意外性に驚かされたし、J.ローレンスが全篇通して体を張っていたことも大きい。

また、少しずつ変調を示す宇宙船の描写は興味深かった。機械のちょっとしたバグが重篤なエラーの予兆であるというのは我々の日常と同じなのだが、そう考えると120年もエラーなしで自動運転なんて相当な無理筋と思わざるを得ない。もう一度人工冬眠に入っていいよと言われても、おちおち寝ていられないのが正直なところだ。

無理筋が出発点なのだから、まあ荒唐無稽がどれだけあったとしても割り切ってしまえば結構許せるものである。「タイタニック以来」を盛んに宣伝に使っていたからどうなることかと思っていたが、好き嫌いでいえばこちらの方が好きかもしれない。

歴史に残るなど大層なことは期待せずにお気楽な娯楽映画だと思って臨めば、支払った料金分は楽しめる作品である。

(75点)
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「SING」

2017年03月25日 12時25分31秒 | 映画(2017)
テーマパークだけじゃないユニバーサルの強さ。


ラジオ日本の「全米トップ40 THE 80's」の放送が3月で終了とのこと。懐かしい音楽に浸って過ごす時間とのお別れは寂しい。

「SING」には懐かしい曲も出てくるが、現役のTeylor Swift、Sam Smithから往年のFrank Sinatra、果ては00年代初頭の一発屋Crazy Townまで幅広い年代とジャンルの音楽が全篇を彩る。それだけでとても楽しい。

「ララランド」の成功がミュージカルの復活などという向きもあるが、過去を振り返るとミュージカルに限らず音楽を題材にした映画は常に一定程度あり、そのどれもがお気に入りであることに改めて気が付く。

昨年の「シングストリート」、もう少し前だと「ピッチパーフェクト」「ヘアスプレー」も良かったし、一般にはあまり評価が高くなかった「ロックオブエイジズ」でさえ個人的には大好きである。

結局、映画と音楽のコラボに弱いんだ。単純だけど認めざるを得ない。

ただ、本作はそれだけではない。なにしろ最近絶好調のユニバーサルのアニメである。

ミニオンのシリーズ以降はずっと安定していて、今回もキャラクターの外見と個性は魅力十分。本作は「ズートピア」よろしく動物に当てはめていく手法をとっているが、比較しても特に見劣りしない出来栄えである。

もう少しキャラクターのことを詳しく書こうと思っていたら、あることに気が付いた。それは、本作には悪役が登場しないということだ。

様々な環境にあるキャラクターのエピソードが並行して描かれるが、いずれも生きていく中で障害を持った普通の動物(?)たちが奮起して一つのことを成し遂げる一本道に絞っている。

物語の上で転換点となるのは悪役による妨害ではなくて自身の弱さが招くトラブルとなっている。これは地味だけどとても好感が持てる脚本である。

自分の至らなさの原因を誰かに押し付けて非難ばかりする光景が日常絶え間なく流され続ける中で、自分を謙虚に見つめて立ち上がる動物(?)たちの姿に素直に感動することができた。

音楽に戻ると、最も良かったのはゴリラのジョニーが魂を込めて歌うElton Johnの"I'm Still Standing"。洋楽を聴き始めて間もないころに大好きだった曲でもあり、この選曲がいちばん痺れた。歌ったTaron Egertonもお見事。

(90点)
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「ラ ラ ランド」

2017年02月24日 22時06分53秒 | 映画(2017)
映画のような、夢と恋。


映画の魔法にかけられるとはよく言ったもので、D.チャゼル監督は天才としか表現のしようがない。

意地悪を言えば、物語自体にそれほど新しさは感じない。むしろ夢を追う男女が主役というのは定番ですらある。

しかし、全篇のどこを切り取っても名場面と感じるほどの巧みな演出、そして夢の世界を彩る音楽のすばらしさにとにかく引き込まれる。

具体例を挙げればきりがないが、その中から的を射た静と動のメリハリに言及したい。

冒頭の高速道路でのダンスシーンから既に現れていて、少しかったるい昼間のまどろみが一人のドライバーがラジオに合わせて口ずさむところにフォーカスした途端一転して、渋滞の道路は華やかな舞台へと転化する。

ミュージカルが苦手な人は、日常生活でいきなり歌い出す不条理を必ず言うが、この現実から夢への繋がりこそミュージカルの醍醐味である。

大勢が賑やかに歌い踊るのと対照的に、主役のセブとミアの感情が交錯する場面では優雅で気品のある夢の世界が広がる。

まだ二人の間に距離がある中での丘の上でのダンス、お互いの好意を確信した映画館の後に行った天文台。恋する気持ちの高揚感に全身が包まれる。

冬、春、夏、秋、そして・・・と分けられた構成も作品のリズム感を高めている。

カリフォルニアは温暖で天気が良くあまり四季の移り変わりの印象がないが、代わりに季節と二人の関係が共鳴する。

最初の年の冬はセブもミアも壁にぶつかっていて、それこそ冬景色のように荒涼としている。しかし二人が出会ってからは、春に芽吹き、夏に育み、秋に実りへと変化していく。

新しさがない物語と書いてしまったが、二人の関係は切なくも素敵な展開を見せる。

もともと夢追いの共通点が結び付けたもの。時に励まし合い、時にぶつかり、でも最後には相手の思いによってそれなりの地点へとたどり着く。

5年後の冬が本作のクライマックスなのだが、セブの演奏から繰り広げられる一連の場面には鳥肌が立った。

映画館で映画を観るたびに予告篇で観ていた場面や音楽。賞レースを独走という前評判の高さ。正直を言えば、期待外れになることを恐れていた。

しかし、音楽は聴けば聴くほど思い入れが深まり、おそらくこれは夢のシーンなのだろうと予想してた場面もその夢の力に圧倒された。

R.ゴズリングはこれまで以上にかっこよく、E.ストーンはいろいろな監督に重宝される理由が初めて分かった気がした。

すべてがプレミアム。多くの戴冠を期待せずにはいられない。

(95点)
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

「セル」

2017年02月23日 23時30分55秒 | 映画(2017)
電波のとりこ。


携帯電話が使えなくなったら困るのが「サバイバルファミリー」ならば、携帯電話が暴走、悪用されたらもっと怖いよというのがS.キングの警告である。

スノーデンが警鐘を鳴らすまでもなく、ここまで電波が張り巡らされて人々の生活が依存するようになってしまったら、もう抜け出すことはできないのだろうと半ば諦めてはいる。

便利だけどガラス張りの不自由をとるか、この現代社会で不便さを享受するか、はたまた敢然と自らの正義に立ち向かうか。

何か話がズレてきたが、本作は不自由が露呈、というよりも人間性を奪われる危機に突然襲われ、訳の分からない敵に立ち向かっていかなければならなくなる人間たちの物語である。

ゾンビが走り出すようになってからこの手の猛然と襲いかかる狂人たちを題材にした映画が増えたが、まだ飽きは来ない。恐怖を感じる。

本作で最も印象的だったのは電波が人を狂わせている描写である。特に後半、口から怪電波を発して洗脳する、されるときの表情の気持ち悪さが際立つ。

それだけに辿り着いた最後の地で待つ絶望に観ている側も肩を落とさざるを得ない。まあ、「ミスト」の例からある程度予想はできていたけど。

製作費の問題か、残酷な表現を避けたかったのか、暗い場面やごちゃごちゃした映像が多くもったいなかった。あとJ.キューザックに張りがなく見えたのは役づくりだろうか。この主人公では人類は救えないだろうなと改めて思った。

(70点)
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「スノーデン」

2017年02月18日 21時02分10秒 | 映画(2017)
ロシアはユートピアなのかな。


何が驚いたと言えば、作品が一貫してスノーデンという人物を英雄として描き通していることである。

映画が辿るのは、愛国心から軍隊を目指していた一人の青年が、恋人リンゼイの影響を受けて清く正しい人間へと成長する物語である。

巨大な権力が弱き個々人の生活のすべてを監視下に置いているということは、自由に生きる権利を尊重する立場からすればとんでもないことだ。

だからと言ってスノーデンの行ったことが100%正しいのかというと、映画の宣伝文句にあるように英雄か裏切り者か意見が二分されるのが普通だろう。

しかし、作品は常にスノーデンの側に立ち続けている。テレビ電話の大画面を威圧感全開で迫ってくる指導教官コービンなんて、字幕の言葉を読まなくてもはっきり巨悪と分かる勧善懲悪方式なのである。

それ故にドラマとして見る分には見応え十分でおもしろい。謎が多かったスノーデン事件の流れをざっくりと掴む上でも有効だ。

ただ社会派の作品として評価しようとしたときには、あまりに視点が偏り過ぎて話にならない。

彼の行為は、個人のプライバシーを米国の権力から守るという一面では正しい。しかし、莫大な情報収集の先にある、米国の国益となるはずだった本来の目的の達成を遠ざけたという別の一面に触れることはしない。

どちらが正しいかではない。視点をどこに置くかで正しさは変わりうる。結果として未だ世界に残る人権無視国家が情報戦に勝利すれば、いま以上に多数の人民の権利が脅かされることになるだろう。

でも不思議なことに、この作品はけしからん!とも実は思わないのである。

それは、O.ストーン監督は敢えてこういう作り方をしたのだろうと推測できるからである。

自分が信じる正義こそ唯一として他の思想を徹底的に排除する妄信的な人たちは始末に負えないが、O.ストーン監督は多面的な考え方があることはおそらく分かっている。その上で、それでも自分が優先するものはこれなのだという意志を押し出しているのである。

しかし、残念と言おうか皮肉と言おうか、スノーデンがいくら力を尽くそうとも自分たちの正しさを競う戦いの場は収まる気配がない。そろそろ疲れて休んでくれないものかと切に思う。

(70点)
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「サバイバルファミリー」

2017年02月15日 21時49分47秒 | 映画(2017)
間違いなくワープ使用。


もし突然電気がない世界になったら。

想像以上に何もできないことが分かったのは、東日本大震災後に実施された計画停電のときであった。

数時間でも日常にストレスフルな影響が出る状態が、長期間にわたり強いられることになったら、我々はどういう選択をとるのか。

こう書くとちょっとしたディザスタームービーのようにとられかねないが、本作のテーマはどちらかといえば家族や日常の大切なものを見直そうよという極めて道徳的なものであった。

スマートフォンに夢中になってお互いの顔を見合わせることもなくなった家族が、極限状態に置かれて初めて知るかけがえのないもの。

分かりやすいと言えば分かりやすく、とても健全だ。小日向文世演じる器の小さい父親っぷりも、無難に場内の笑いを誘う。

ただ残念なことに発見はない。意外性もない。

電気が消失して予想どおりみんながあたふたして、主人公の無茶な提案に乗った家族はやっぱり散々な目に遭って、それでもどこからか救いの手が現れて、なんとか目的地に辿り着いて家族も幸せを取り戻す。

道中の描き方も相当に粗っぽい。

飛行機に乗ろうと羽田へ向かうが、滑走路横のフェンスまで来てようやく飛んでないことが分かるとか、高速道路にトンネルは数限りなくあるのに、日本坂トンネルだけでとんでもない体験をするとか。

大阪を越えたら高速をやめてとんでもない田舎道を走っているのも意味不明。

もともとリアリティを求めていないと言えばそれまでだけど、序盤で沿道に九州の紳士服フタタが出てきたり、まったく関係のない仙台のDIYダイシンが出てきたり。

海老名SAの付近が2車線だったり、ちょっと下りると山の中だったり、とにかく違和感が半端ない。

フィルムコミッションが盛んに活動しているのは結構なことだが、何でもかんでも手を上げるのは考えものである。

まあ、主軸に据えている道徳観にはまったく文句はないので、そこまでこき下ろす必要もないのだが、映画館で観るほどのものではないのは間違いない。

(55点)
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「ドクターストレンジ」

2017年02月02日 19時39分23秒 | 映画(2017)
人生に迷ったら東洋を目指せ。


まだまだ広がるMARVELの世界。本作の主人公は時間と空間を操る能力を持つ、まさに最強のキャラクターとの触れ込みである。

映像はとにかく張り切っている。歪んだり、切り離されたり、繋がったり。プロジェクションマッピングを映画に入れ込むとこんな感じなのかなと思った。

ただ、これまでのヒーローと違う次元にいるからだろうか、話がうまく頭に入ってこなかった。

魔術師の師匠・エンシェントワンが永遠の命の力を借りていたことが発覚するのだが、何故分かったのかがよく理解できず。

このことを単純に悪事と見なす兄弟子・モルドと経緯を咀嚼して師匠の立場を理解する主人公の違いは興味深いが、観ている側にも主人公の思考が実感できるようもっと丁寧に描いてもらいたかった。

丁寧さ絡みでもうひとつ、映画の尺を考えると仕方のないことだが、高慢な医師だったストレンジが魔術の力と向き合うことで正義のヒーローに生まれ変わるという最も大事な下りが、やはり物足りなかった。

天才医師としての能力故に魔術の才能に早く目覚めても構わないが、正義に目覚める明確なきっかけが分からないまま敵と戦っていたように見えた。まあ、マントは完全に見抜いていたようだが。

全体的に派手な画像に圧倒されて他の部分の印象が薄まってしまったのかもしれない。シリーズ1作めは詰め込むべきものが多くまとまりが悪くなる傾向があると言えばそれまで。

もちろん良かった点も多くあった。出番はそれほど多いわけではないが、ヒロインがR.マクアダムスという時点で点数アップだし、手術室で魔術師たちの大立ち回りに翻弄されるパーマー医師の下りは最もおもしろい場面だった。

まずはごあいさつ。これから他のヒーローたちとどんな絡みをするかで大きく印象は変わるはずだ。

(65点)
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

「沈黙-サイレンス-」

2017年01月27日 20時39分02秒 | 映画(2017)
沈黙は金。


それほど昔ではない。力ずくで人の思想や尊厳を踏みにじることができた時代。

多くのキリスト教徒が不当に弾圧されたということは子供のころに歴史で習って知ってはいたが、改めて映像で再現されると思わず目を背けたくなるような光景である。

なぜそれほどの仕打ちを受けても信仰を捨てなかったのかというのは、宗教とはほぼ無縁の日常に暮らす立場からはなかなか理解し難い。

本作の主役は「転び」となる外国人司祭。本来誰よりも強い信仰心を持っているはずの人物がなぜ棄教したのか。より深い謎に迫る。

劇中に登場する日本人の隠れキリシタンたちの描写を見るかぎり、どうやら日本のキリスト教は伝来後に本来のキリスト教とは異なる形のものに変化していたらしい。

教徒がしきりに口にするのは「パライソに行けるんですよね」ということ。なんかこれってキリスト教というより浄土真宗っぽい。その度に司祭たちは複雑な表情を浮かべながらもうなずいてみせる。

これは外国のものを自分たちの解釈でカスタマイズする島国日本の伝統芸である。万物に神が宿るという言い伝えがある国では宗教の捉え方も自由自在なのである。

本作のもう一人の主役とも言えるのが窪塚洋介演じるキチジローという男である。

キリスト教を信じながらも、繰り返し踏み絵を踏み、他人を裏切り、それでも今度こそ懺悔してやり直したいとすがってくる姿は、愚直に信仰を貫いて死んでいった者たちの対極に位置する。

しかし、司祭はこの男を哀れな存在と切って捨てることができない。自分の中に芽生えた信念の揺らぎと同調するから。

人間の強さとは何か。信仰を貫くのが強さなら、どんなに醜くてもひたすら生きようとするのも一つの強さとは言えまいか。

八百万の国へ来て、同じ神でも異なる信仰があることに気付いた司祭が、悩み抜いた末に出した結論。それこそが沈黙だったのかもしれない。

これは推測であるが、キリスト教がなぜ禁制となったのか、なぜ時の幕府に脅威とみなされたのかを考えると、そこは現在で言うところの戦略ミス、特に顧客の立場を軽視したアプローチにあったのではないか。

これこそが素晴らしい教えで他に神はいないといきなり自らの存在を否定されたとしたら、受け入れられるものも受け入れられなくなる。

宗教の対立は現在も世界中で大きな紛争の種となっている。信仰心は自分を強くする一方で、使い方を誤ると他者を傷つける武器にもなる。

司祭は「転び」を経た後に日本人の名を持ち、生涯を日本人として過ごす。最後まで心の内にキリスト教の教えを抱いていたことが描かれるが、彼の神は表向きは姿を変えながらもそのエッセンスだけは日々の暮らしに現れていたということなのだろう。

舞台が日本ということで多くの日本人俳優が出演していたが、今回出色であったのはやはり窪塚洋介である。奇行などで不遇な時期が続いたが、映画を中心にこれからの世界的な活躍を期待したい。

浅野忠信の安定感とイッセー尾形の器用さも、ただやみくもに弾圧していたわけではないあの時代なりの日本人の深みを表現できていたと思う。

(85点)
コメント (2)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

「ローグワン/スターウォーズストーリー」

2017年01月21日 21時39分39秒 | 映画(2017)
潔く美しい使い捨て。


新しく誕生したトランプ大統領と真っ向から対立しているショウビズ業界。本作の舞台設定をみると、やはり考え方の根本が違うことを実感する。

1年前に公開されたエピソード7と同様に、主役を張るのは女性である。その程度ならよくあることだが、周りを固める同士たちがことごとくマイノリティであることに驚く。

もともと宇宙モノということで人間以外のクリーチャーも多く交じっているシリーズではあるが、人間側に黒人、東洋人、ネイティブアメリカンのような風体の人物を配する多様性推しは、時節柄新政権を挑発しているようにさえ映る。主人公のパートナーなんてヒスパニックだし。

それはさておき、既存の、しかもあまりにも有名なスターウォーズシリーズの真ん中に突然新たな物語をねじ込むという難易度が高い課題を、本作は見事にクリアしている。

特に、「新たなる希望」との繋がりにおいては、40年前の作品より世界を発展させない範囲で斬新な作り込みをしなければならないという縛りがあるのだが、そこは、帝国軍対反乱軍の知られざる前日譚を描く脚本が優れていた。

帝国軍が巨大な恐怖として君臨するベイダー卿の下で着々とデス・スターを完成に向かわせる中で、本作の反乱軍は真の統率者がおらずまったく力を持っていなかった。

そこに喝を入れて「新たなる希望」の輝ける功績へと結び付ける存在が今回の主役「ローグワン」というわけだ。

ジェダイたちが中心となって進む本家シリーズと同じ世界観を持ちながらも、存在はまったく一線を画している登場人物が何より魅力である。

盲目の東洋人は超越した力で敵と戦うが、彼の使う力は「なんちゃってフォース」である。口々に「フォースとともに」と言う割りには、劇中で本当のフォースを使えるのはベイダー卿だけで、故に彼の力が宇宙を制圧する脅威であることが明確に伝わってくる。

誰もフォースを使えないから、本家のクライマックスがフォースを使ったライトセイバーでの一騎討ちの印象が強い一方で、本作はもっと普通の人間的な戦闘になっている。

そして「新たなる希望」には誰一人として出てくるキャラクターがいないので、もったいない話と躊躇しそうな想いを断ち切って作中ですべてを整理している。

特に敵ではあるが、自分の指導で作ったデス・スターが上空にうっすらと姿を現すのを地上で確認する敵将の姿が、無力な人間を象徴していて切なかった。

改めて、課題の困難さを見極めた上で押さえる点と切り捨てる点を的確に判断し実行した制作陣の努力に敬意を表したい。

C.フィッシャーの冥福を祈る。

(80点)
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加