Con Gas, Sin Hielo

細々と続ける最果てのブログへようこそ。

「アンストッパブル」

2011年01月10日 01時35分18秒 | 映画(2011)
過ちを犯すのも人間なら、命懸けで救うのも人間。


T.スコットと聴くと、観てハズレはないなと思う。

すごく心に残るというほどではないものの、ほぼ間違いなく楽しめる上質な娯楽作品を作る。そんな印象だ。

リストを見るとそれが改めて分かる。前回は・・・、あれ、前もD.ワシントンが列車を動かしてるじゃないか。

アクションの撮り方はもちろんのこと、ドラマ部分の設定や筋書き、それぞれにおける全体の構成と実にソツがない。

ソツがないといえば、対照的なのは本作の登場人物だ。

乗客の命を預かる身でありながら、仕事への姿勢が隙だらけの鉄道マンたち。事故の発端となるミスを犯す作業員だけでなく、後にヒーローとなるフランクやウィルも、家庭の問題が頭を過ぎり業務中に携帯電話を手にしてしまう。飲食店で油を売っていた職員もいたっけ。

事が動き出した後はといえばこれも実は大差がない。曲がりなりにもこれでお金をもらっている身として、形は違えどある程度体を張って抑えにかかる姿勢は共通だ。

唯一大きく方向が分かれたのは現場の責任者と会社の幹部であるが、果たして立場が逆だったら同じ判断ができたのか。

失敗したとはいえ列車を止める手段を講じようとしていただけに、一概に幹部側を袋叩きにするのもどうかと思ってしまう。フランクの採った手段も無謀の度合いとしては近かったわけだし。

そう考えると、出てくる人物がみな人間臭いところが好感が持てるし、何よりこの物語の本質を突いていて面白い。

現実臭い人間とは裏腹にアクションはまさに映画。

ゆっくり動き始めてから最後に止まるまで、この列車の暴走史は定期的に見どころが刻まれている。

子供が大勢乗っている列車とのすれ違いもスリルがあったし、最後の見せ場となるスタントンの大曲がりは、冒頭に引きの映像で印象に残るように見せているおかげで、緊張感がしっかりと高まった。雰囲気として、古い映画だが「カサンドラクロス」を思い出した。

少し甘いかもしれないが、大画面でこういう映画を観るのは何よりの喜びである。

(90点)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「バーレスク」 | トップ | 「スプライス」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
クラムさん☆★ (mezzotint)
2011-01-10 21:11:34
今晩は☆彡
こちらにもありがとうございます。
大体の結末、予想つきますが、おっしゃるように何故か観ちゃうんですよね。
「サブウェイ123激突」が本国では興行成績が低迷だったとは私も驚きましたが、、、。
それだけに今回の作品も危なかったんでしょうね。ブロガーさんたちも評価はまず良さそうです。私も嫌いではないのですが、何かワンパターンぽく思ってしまいました。と言って「サブウェイ123~」もそんなに(笑)
定番をソツなくつくる難しさ (クラム)
2011-01-13 08:56:10
mezzotintさん、おはようございます。

娯楽の本道を行く人って、評価されることが多くない気がしますが、
それはそれで難しいはずなんですよね。
B級を貫く人、必ず地球を危機に追いやる人と同様に、
T.スコットにはポジティブなわくわく感のある映画を作り続けてほしいと思ってます。
でも確かに「サブウェイ123」は確かにイマイチだったかも・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アンストッパブル (Akira's VOICE)
加速VS減速の手に汗握る攻防戦!!   
アンストッパブル(2010)●UNSTOPPABLE (銅版画制作の日々)
 生きて帰れたら、言いたいことがあるんだ。 全米が固唾をのんで成り行きを見守ったその大事...
『アンストッパブル』・・・今年の1本目!こいつはおもしろいゾ (SOARのパストラーレ♪)
制御不能に陥った乗り物を主人公たちが必死で止めようとするノンストップアクションの典型でありながら、壊れかけた父娘や夫婦の再生ドラマをしつこくならないぎりぎりのさじ加減で盛り込んでいるので、マンネリ感が全く感じられなかった。わずか100分足らずにして迫力の...
『アンストッパブル』 45年前の日本人は正しかった! (映画のブログ)
 『アンストッパブル』の冒頭のカットに、ピンと来た人も多いだろう。  朝の操車場。  仕分線に並んだ多くの列車。  ガタタン、ガタタンと、貨車の触れ合う音が響く。  これは、黒澤明監督が撮ろ...
アンストッパブル (だらだら無気力ブログ)
実際に起きた列車暴走事故を基に、大量の化学物質を積んだまま暴走を 始めてしまった貨物列車を、解雇予定のベテラン機関士と新米車掌が、 大惨事を防ぐべく命がけで貨物列車を止めようと奮闘する様をスリリングに 描いたサスペンスアクション。 主演は『サブウェイ123 ...
『アンストッパブル』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「アンストッパブル」□監督・製作 トニー・スコット □脚本 マーク・ボンバック □キャスト デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン■鑑賞日 1月10日(月)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度...
[映画][2010年]アンストッパブル(監督トニー・スコット) (タニプロダクション)
TOHOシネマズ日劇 前方左側 出演:デンゼル・ワシントン クリス・パイン他 評点=☆☆☆★★(70点) 男気! フーターズ! アンストッパボー!
映画:アンストッパブル Unstoppable エンディングまで一気通貫!のアクション大作。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
確かに、タイトル通り。 重さ190トンの鉄のカダマリ、超重量の貨物列車777号が 無人の状態のまま4461馬力で駆け抜け、誰も停められない。 しかも、この貨物列車777号には危険物な化学物質が満載されていたのだ! これがバッタバッタと車から何からぶっ飛ばして暴走。 た....
『アンストッパブル』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 アンストッパブル 』 (2010)  監  督 :トニー・スコットキャスト :デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、ケヴィン・ダン、イーサン・サプリー、ケヴィン・チャップマン...
アンストッパブル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2001年にオハイオ州で発生した列車暴走事故を、「サブウェイ123 激突」のトニー・スコットが映画化したアクション巨編。危険物質を積んだまま暴走する貨物列車を止めるために、ベテ ...
アンストッパブル (ハクナマタタ)
一言で言うと、暴走列車を停めろ! そういう物語 実話をもとに着想したというこの映画 とにかく手に汗握る 顔の筋肉の運動によい ラストまで一気にひっぱる迫力の映像と緊迫感 終わったあと、やったぜ!という気分になる映画 実話をもとにした暴走列車を...
アンストッパブル (C'est joli~ここちいい毎日を~)
アンストッパブル'10:米◆原題:UNSTOPPABLE◆監督:トニー・スコット「サブウェイ123激突」「デジャヴ」◆主演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、ケヴィ ...
映画「アンストッパブル」 (itchy1976の日記)
アンストッパブル 映画 - goo 映画 アンストッパブル(映画.com) アンストッパブル@ぴあ映画生活 「アンストッパブル」オフィシャルサイト アンストッパブル (映画) - Wikipedia ○作品データ(映画.com) キャスト:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ド...
アンストッパブル (映画的・絵画的・音楽的)
 『アンストッパブル』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)こうした作品なら、何はともあれ大画面で音響の素晴らしいところと思って有楽町まで出かけましたが、期待どおりでした。何しろ、運転手なしに暴走し続ける貨物列車をストップさせなければ、市街地に突っ込....
アンストッパブル #16 (レザボアCATs)
’10年、アメリカ 原題:Unstoppable 監督・製作:トニー・スコット 製作:ミミ・ロジャース、エリック・マクロード、ジュリー・ヨーン 脚本:マーク・ボンバック 撮影:ベン・セレシン 音楽:ハ リー・グレッグソン・ウィリアムズ デンゼル・ワシントン : フランク・...
アンストッパブル (Unstoppable) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トニー・スコット 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 99分 パニック 採点★★★ “その土地はもう危険だから、引っ越した方が良い”といった意見や、“過去の教訓を忘れてしまう住人”みたいな論調をこの震災以降耳にすることがありますが、そ...
「アンストッパブル」(UNSTPPABLE) (シネマ・ワンダーランド)
「トップガン」や「デジャヴ」「サブウェイ123激突」などの作品で知られる英国出身で、米アクション映画界の鬼才、トニー・スコットがメガホンを執ったデンゼル・ワシントン主演のパニック・アクション・ムービー「アンストッパブル」(2010年、米、99分、FOX...