Con Gas, Sin Hielo

細々と続ける最果てのブログへようこそ。

「レポゼッションメン」

2010年07月04日 02時55分31秒 | 映画(2010)
物語も回収。


はじめは結構ダメダメな要素が蓄積していた。

妻のキャロルが仕切りに「販売員に」と促すが、それは家庭を顧みない父親を戒めたのか、REPO-MENという職種自体に嫌悪感を抱いていたのか。

前者ならレミーの立場への理解がなさ過ぎだし、後者であれば販売員になったとしても仕事の忌わしさが変わるわけではなく、むしろ手を汚さない分罪深いかもしれない。

底の浅い設定なのか、敢えて偽善的な人物に描いているのか。

ヒロインとなるベスとの出会いは、レミーと同僚ジェイクが立ち寄ったバー。ベスの歌声にレミーが聞き惚れるのだが印象は唐突だ。

出逢いが唐突なら、2人の逃亡劇の始まりもいきなりの変速である。「助けてくれなんて頼んでない!」と怒っていたはずがあっという間に熟練のパートナーになってしまう。

ジェイクの裏切りは想定内だし、息子ピーターが母親をテーザーガンで撃ってしまったときは、どうなってんの?これと思ってしまった。

でも、これは最後の最後で覆る。

どこかで見たような気もするが、このどんでん返し、いや回収はなかなか心地良い。

レミーに対するジェイクの歪んだ愛情ぶりも、裏切り者から本当はいい奴へ振っておいて、最後に微妙なねっとり感に至るのだが、F.ウィテカーが抜群の存在感でしっかりとした印象を残している。

やっぱりSF・近未来系はこうじゃないと。

ぎりぎりのところで良作に踏みとどまった感じだ。

(75点)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ザウォーカー」 | トップ | 「ハングオーバー!消えた花... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
クラムさん (mig)
2010-07-07 10:58:21
お、わたしと同じような点数ですね☆
そうストレートに終わらないとこが好きです。
もちろんジュードの格好良さも
確かにどこかであるような?と思えるのが衝撃ってほどじゃなかったんですけどね☆
ワトソンもがんばる (クラム)
2010-07-07 23:51:48
migさん、こんばんは。

生え際の鶴瓶風M字が定着してきたJ.ロウですが、
格好良い主役でまだまだいけますね。

衝撃じゃないのは、観る側の慣れが大きいんでしょうね。
かといって3-Dで臓器が飛び出して来られても困るのですが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
レポゼッション・メン (だらだら無気力ブログ)
ジュード・ロウ主演で放つSFサスペンス。 恐竜ハードボイルド“鉤爪”シリーズの人気ミステリー作家エリック・ ガルシアが企画段階から関わり、原作小説『レポメン』を書き下ろすとともに 並行して映画シナリオも自ら手掛け完成させた。 高額な人工臓器によって長寿が...
レポゼッション・メン(2010) (銅版画制作の日々)
真実をレポ(回収)せよ。 公開初日に鑑賞しました。ジュード・ロウがアクションに挑む?多分初めてではないでしょうかね?こんなにアクティブなジュードって初めて観たような気がします。 さて本作は、今から20年後の世界。人工臓器が普及して、人類が長寿を得る。し...
レポゼッション・メン /Repo Men (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ニコラス主演、リドリースコット監督作「マッチスティック・メン」の原作者が脚本{/shootingstar/} 待ってました、日本上陸{/ee_3/}でも地域によってはやらな...
レポゼッション・メン 貯金しとこ~ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=34 -10-】 昨日、期日前投票に行ってきた~みんなもちゃんと投票に行くんだよ!  人工臓器を付けることで健康と延命が図られている未来。ユニオン社は、様々な臓器をローンで売っていたが、支払いが滞った場合、レポ・メンを差し向け、臓器を容赦なく「回...
レポゼッション・メン (映画的・絵画的・音楽的)
 『レポゼッション・メン』を新宿武蔵野館で見ました。といっても、単に、待ち合わせの時間まで2時間近くあって、うまく当てはまるのがこれしかないという理由で見たにすぎませんが。 (1)ちょっとした近未来物ではないかと思ったのですが、そうには違いないものの、かな...
レポゼッション・メン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
巨大な人工臓器ビジネスの裏側で暗躍する“回収人”を描く近未来サスペンス!物語:人工臓器を付けることで健康と延命が図られている未来。ユニオン社は、様々な臓器をローンで売っていたが、支払いが滞った場合、レポ・メンを差し向け、臓器を容赦なく「回収」...
レポゼッション・メン (Repo Men) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ミゲル・サポチニク 主演 ジュード・ロウ 2010年 アメリカ映画 119分 SF 採点★★ 「レポマンの人生は緊張だ!」の名セリフにシビレた『レポマン』とは、全く関係ないんですねぇ。車のトランクに、宇宙人の死体が入ってるわけでもないんですねぇ。残念。 ...
『レポゼッション・メン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 レポゼッション・メン 』 (2010)  監  督 :ミゲル・サポクニック キャ スト :ジュード・ロウ、フォレスト・ウィテカー、リーヴ・シュレイバー、アリシー・ブラガ、カリス・ファン・ハウテン、...
レポゼッション・メン (RISING STEEL)
レポゼッション・メン / REPO MEN 2010年 アメリカ映画 ユニヴァーサル製作 監督:ミゲル・サポチニク 製作:スコット・ステューバー 原作:エリック・ガルシア 脚本:エリック・ガルシ...
【映画】レポゼッション・メン…2010年の観賞映画は2010年のうちに(2) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
明日の休みは年賀状を作ろう…と今は思っているピロEKです 年賀状と言えば… 今朝出勤途中、いつも行かない郵便局前のポストに郵便物を投函しようと車を歩道に乗り上げ停車。 郵便局前では郵便局員さんが朝の清掃をしておりました…んこの人知ってる人…その郵便局員...