Con Gas, Sin Hielo

細々と続ける最果てのブログへようこそ。

「怪盗グルーのミニオン大脱走」

2017年07月23日 14時44分33秒 | 映画(2017)
やりたい放題、なんでもあり。


不思議な生物ミニオン。このキャラクターを生み出したクリエイターの頭の中はどうなっているのか。いつも気になる。

前作「ミニオンズ」では堂々の主役となり、その生態が随分と明かされたが、今回は傍らで好き放題に暴れるだけの脇役に戻っている。

キャラクターの着想が果てしなく自由だから、話の中で何が起きようと違和感もなければ腹も立たない。本作でいきなり登場するグルーの双子の弟ドルーもそんなものかというところ。

グルーの声が笑福亭鶴瓶なのもありだし、邦題にいたっては、もはや怪盗ではないグルーと本筋のストーリーにほとんど影響を及ぼさないミニオンの刑務所エピソードを並べるという9割方偽り看板なのだが、これもあり。

とにかくこのシリーズはキャラクターに力があって、観ている側を強引に引きずりこんでいく。なんだか分からないけど楽しいよねと。観方としてもたぶんそれが正解。

本作の敵として登場するバルタザールブラットの執拗なまでの80年代押しも楽しかった。ただ、エンディングを観るかぎり今後のシリーズは兄弟対決が主軸となっていくのだろう。ドルーのちょっと憎めない敵という作りも巧い。

今回は時間の都合もあって吹き替え版を鑑賞したが、オリジナルではS.カレルがグルーとドルーの二役を演じていたらしい。吹き替えでは敢えてドルーに生瀬勝久を起用したがこれも正解だろう。

(75点)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「マンチェスターバイザシー」 | トップ | 作品インデックス(な~わ) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(2017)」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
怪盗グルーのミニオン大脱走 (だらだら無気力ブログ!)
面白かったけど、ちょっと不満。
怪盗グルーのミニオン大脱走★★★・8 (パピとママ映画のblog)
イルミネーション・エンタテインメントが贈る大ヒット・アニメ「怪盗グルー」シリーズの第3弾。3姉妹とともに妻となったルーシーを家族に迎え、悪党稼業から足を洗った主人公グ......