銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

二ツ星の料理人(2015)**BURNT

2016-06-24 | 映画:シネコン

本当の最高は、ひとりじゃできない。

母の介護で大忙しの合間を縫って鑑賞した作品がこれです。ブラッドリー・クーパーファンにとっては良いかもしれませんね。
う~ん作品としてはありきたりのハッピー物語としか思えないなあ。大体初めから先が見えているような感じでした。

私もブラッドリーは嫌いじゃないけど、このストーリーは今一つだな。もう少しひねりがあるといいのだけれど、と言いつつどこをひねったら良いのかは分からないけど(笑)

とにかくブラッドリー演じるアダムは元ふたつ星のシェフという役で、再起をかけて三ツ星シェフを目指すというお話。色々な人たちの協力得て、頑張るんだけど中々上手くいかないというところがミソ。


裏切られたりすることもあったり、、、、、。


素敵な恋に巡り遭えたり、、、、、。同僚エレーヌにはあのシエナ・ミラー

素敵な仲間たちと出会えたり。

まあ考えたらハッピーなお話でしたね。特にダニエル・ブリュール演じるトニーとの再会はアダムにとっては一番の力になったことでしょうね。

まあそんなことで果たしてアダムは三ツ星シェフとして認められるのか?!というのが気になるところです。未見の方でこの結末が気になる方、是非ご覧ください!


私もパソコン教室のお食事会で色々行かしてもらってますが、料理の世界は奥が深いですね。

あらすじ(allcinemaより)

パリの一流レストランでミシュランの二ツ星を獲得した伝説のシェフ、アダム。腕は確かだが私生活に難ありで、ついには突然姿を消して店を潰してしまう。3年後、死んだと思われたアダムがひょっこり姿を現わし、かつて散々迷惑をかけたオーナー親子に自分をシェフとして雇うよう迫る。当然最初は拒絶されるも、少々強引な策を巡らし、まんまとロンドンの新レストランでシェフの座を手にする。さっそくパリ時代の同僚や才能溢れる料理人たちをスカウトし、三ツ星目指して念願のレストランをオープンさせるアダムだったが…。


やっぱり格好良いなあブラッドリー!!映画の内容はともかく彼が良かったなあ

解説(allcinemaより)

傲慢な性格が災いしてすべてを失った元二ツ星シェフが、三ツ星を目指して再起を図る中で少しずつ成長していく姿を描いたドラマ。主演は「世界にひとつのプレイブック」「アメリカン・スナイパー」のブラッドリー・クーパー。共演にシエナ・ミラー、オマール・シー、ダニエル・ブリュール。監督は「カンパニー・メン」「8月の家族たち」のジョン・ウェルズ。

カンパニー・メンも8月の家族たちも良かったんだけどね、、、、、監督さん。

メディア 映画
上映時間 101分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(KADOKAWA)
初公開年月 2016/06/11
ジャンル ドラマ/コメディ
映倫 G

これは2時間超えは無理でしょうね。程よい時間でした。

オフィシャル・サイト
http://futatsuboshi-chef.jp/

 

 

Comment (1)   Trackbacks (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ラザロ・エフェクト(2015)**THE LAZARUS EFFECT

2016-06-16 | 映画:シネコン

 どうしてわたしをイキカエラセタイノ

久しぶりに京都駅の裏にあるTジョイ京都に行って来ました。この作品がかなり気になっていたからです。監督さんやプロデューサーさんがかなり有名な方らしいので期待して行ったのですが・・・・。

正直これは騙されました。はっきり言ってつまらない!っていうかひとつも怖くない。インシアデスの原作者らしいけどね。あらすじを読むと結構面白そうな気もしたんですけどね。物語は死者を甦らせる血清を作っている研究チームのお話。

 +
キャストはオリビア・ワイルド以外は知らない役者さんばかり。オリビアは研究チームのゾーイ・マコンネル博士役

彼女が実験中に感電死してしまうのですよ!そんな彼女を何とか蘇生させようとする婚約者のフランク・ウォルトン博士。ゾ―イの婚約者です。その前に死んだ犬が蘇生させられ、ヤバいことに・・・・。それなのにフランクはゾ―イを同じやり方で蘇生させることに・・・・。チームの皆が反対しているのにね。

そして見事蘇生に成功したわけだが・・・。

 
もともとゾ―イは死ぬ前から変な夢を見てうなされていた。これってわけあり??甦ってから、目つきが違うよね。

案の定ゾ―イには何かがついているような?やがて凄い力でチームのメンバーを殺して行くことに。

 
                                      ゾ―イの目の黒目が多くなっている。顔の表情も変


凄いパワーでエヴァは身動きが取れない。う~んでもねもひとつ迫力もないしなあ。大体の筋書き丸分かり。

 フランクも最後まで頑張るのだが。

 突如部屋が火の海状態!ありがちなシュチュエ―ション

あらすじ(allcinemaより)

医学研究者フランク・ウォルトン博士は、婚約者のゾーイ・マコンネル博士ら研究仲間たちと死者を蘇らせることができる“ラザロ血清”の研究に没頭していた。だがある日、実験中の事故でゾーイが感電死してしまう。ショックと悲しみで激しく動揺するフランクは、他の研究員の制止を振り切り、未完成の血清を投与し、ゾーイを生き返らせようと試みる。実験は奇跡的に成功し、死の淵から蘇ったゾーイだったが…。

解説(allcinemaより)

「パラノーマル・アクティビティ」シリーズのプロデューサー、ジェイソン・ブラムが贈るサスペンス・ホラー。死者を蘇らせる禁断の研究に取り組む医療チームを待ち受ける戦慄の恐怖を描く。出演は「彼女はパートタイムトラベラー」のマーク・デュプラス、「ラッシュ/プライドと友情」のオリヴィア・ワイルド。監督はドキュメンタリー「二郎は鮨の夢を見る」で注目を集めたデヴィッド・ゲルブ。

ありきたりなホラーでもう一つひねりもなく面白さゼロ。せっかく期待して行ったのに・・・・・。ということでお薦めできません。

メディア 映画
上映時間 83分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(クロックワークス)
初公開年月 2016/06/11
ジャンル ホラー
映倫 G

 

オフィシャル・サイト
http://www.lazaroeffect.com/

 

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

デッドプール(2016)**DEADPOOL

2016-06-08 | 映画:シネコン

 

母の怪我のため、少し更新出来ず・・・・。いくつか作品は観たのですが、結局記事にもせずさぼってしまいました。6月に入って第1段はこの作品。

AKIRAVOICEの晶さんからマーベルにしてはちょっと変わっていて面白いと聞き、早速鑑賞してきました。赤い衣装に身を包んだなんとなく冴えないヒーロー?これってヒーローとは言えないか。そうだよね別に弱者を助けるわけではなく、あくまでも自分のことで動く変なキャラクターとでも言いましょうか(笑)移動するのは何とタクシー。それもお金払わず無賃乗車ですよ。何だかね。

主人公デッドプールにはあのライアン・レイノルズ。妙に高い声やしゃべりかたが何とも可笑しい。彼にしてはえらいイメージが違う役でした。こんなにひょうきんなキャラもOKなんだと・・・・。思わず笑っちゃいました。

とにかく自分の顔や体を無茶苦茶にしたフランシスを探すために赤いコスチュームを手作りして懲らしめに行くということに。ってか、自分の容姿を元に戻してほしいというのが一番の目的。素敵な彼女ヴァネッサがこの顔を見たら振られるんじゃないかという不安もあるのでしょうね。しかしそんな希望がまかりとおるのか?あんな機械でえらいことをされたのが簡単に戻るのかが考えてもう~んね。

 ヴァネッサ役の女優さん、なかなか魅力的でしたね。
モリーナ・バッカリンという知らない方でした。ライアン、ちょっとゴスリングぽい感じも。今回は本当に凄いイメチェンです。

顔や体はケロイド状態で、確かにお気の毒でしたが、その分力は凄い!!不死身状態です。ミュータントみたいです。

 
歯切れの良いアクションも最高!!


デッドプール率いるミュータント凄技チームもなかなかのもの。左の女の子は火の力を使う。

ということで、なんとなくお話もスケールはでかくないのですが。チープな心意気ではありますが、それなりに面白く観ることができました。

あらすじ(allcinemaより)

全身赤いコスチュームに身を包んだ男“デッドプール”。その正体は、かつて特殊部隊の有能な傭兵として活躍したウェイド・ウィルソン。第一線を引退後は、ヒーロー気取りで悪い奴らをこらしめ、金を稼ぐ気ままな日々を送っていた。そんな時、娼婦のヴァネッサと出会い、本当の愛を知る。しかし結婚を決意した矢先、末期ガンで余命わずかと診断されてしまう。そこである男に紹介された怪しげな治療に最後の望みを託すが、それは被験者を無敵の戦闘マシンに改造してしまう恐ろしい人体実験だった。エイジャックスという男によって実行されたこの実験で不死身の肉体を手にしたウェイドだったが、その代償として全身の皮膚がただれた醜い姿となってしまう。愛するヴァネッサに会うことも出来きず、マスクを被ってデッドプールとして生きることを余儀なくされたウェイド。こうして、自分を騙した組織とエイジャックスへの復讐に執念を燃やし、彼らの行方を追うデッドプールだったが…。

さてさて彼は元のウェイドに戻ってヴァネッサとめでたしめでたしとなるのか?なんとなく可愛い面もあるデッドプール。

解説(allcinemaより)

マーベル・ヒーローの中でも型破りな悪童キャラでひときわ異彩を放つアンチ・ヒーロー“デッドプール”を主人公に迎え、全米で空前の大ヒットとなった痛快アクション・エンタテインメント大作。利己的でどこまでも無責任な傍若無人男デッドプールが、己の復讐に突き進み、愛する女性との幸せを取り戻すべく大暴走を繰り広げるさまを、掟破りのパロディネタを織り交ぜつつ、過激なバイオレンス描写と下ネタジョーク満載に描き出す。主演は「グリーン・ランタン」「ゴースト・エージェント/R.I.P.D.」のライアン・レイノルズ。監督はVFXアーティストで、これが長編デビューのティム・ミラー。

ということで、是非皆さんご覧ください!エンドクレジットが始まっても客席をお立ちにならないで、最後までご覧下さいね。おまけがありますよ。さてこの作品、続編はあるのか?

メディア 映画
上映時間 108分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 2016/06/01
ジャンル アクション/ヒーロー/コメディ
映倫 R15+

 

オフィシャル・サイト
http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/

 

 

 

Comments (3)   Trackbacks (4)
この記事をはてなブックマークに追加

海よりもまだ深く(2016)

2016-05-25 | 映画:シネコン

 夢見た未来とちがう今を生きる、元家族の物語

東宝シネマズ二条にて月曜日、鑑賞。是枝監督の新作です。相変わらず希林さんの演技は自然体で心地よい。息子役の阿部寛さんもそれに負けず良い味出しています。情けない息子さんの役なんですが、髪の毛からつま先までそれがしみじみと出ているのでたまらなくいいなあと(笑)

昔は良かった篠田良多(阿部寛)。作家として賞もゲットしたのだが、その後がさっぱり冴えない。結局、探偵事務所に勤めながら、またブレイクするのを夢見ている。結婚もしていたが、離婚となってしまい・・・・。一人息子の養育費を払わなければならないのだが、なかなか上手くいかない。そんな元嫁に恋人が出来たということで気が気でならない。

 
探偵事務所ということでお手の物、素行調査を始める良多。未練たらたらの様子。
こんな姿を見ているとなんか寂しくなるね。


いい加減に作家を諦めて探偵事務所にどっぷり力を入れて見たらと所長言われる始末。う~ん微妙 所長役のリリー・フランキーもいつも思うんだけど、インパクトあって何だか面白い。日野トラックのCMを思い出してしまう。

何気な日常の雰囲気を上手く表現する監督の目線、いつも唸ってしまう。それはもちろん俳優さんたちが素晴らしいのもあるんだけどね。


おぉ養育費稼ぎのためには、ギャンブルも仕方ないのか?!

 

 
探偵事務所での昼食                        張り紙貼りの仕事


 

 
樹木希林さんが息子良多を可愛がる姿、どこかのおうちでも見られそうな。


母娘の関係もなるほどなあという表現されている。このツーショットもあまり見れないので貴重だね。ちょっと自分と重ね合わせるところもあり。

そんな台風がやって来るある日、良多は元嫁、響子と息子、真悟を母の家に泊めることになる。それは1カ月に一回真悟と会う時間が出来た時のこと。


何とか工面したお金で愛息子にスパイクを購入。傷があるといって店員に負けさせるというところもあったりしたけど、、、、。

なんとなく身なりもだらしない父親だが、子供のために一生懸命父親らしいことをしてやりたいんだろうね。そんな感じがひしひしと。
見る場面見る場面、なんとなく身の回りにあるそんな情景を思い出させました。良いなあ是枝ワールド。

さて台風で別れた夫婦と子供が元夫の部屋で一晩明かす。


小さな風呂にでかいからだ                    人生ゲームで楽しむ親子。父も参加したそうな


なんとなく気不味い雰囲気だけど・・・・。旦那はよりを戻したい?から必死そう(笑)

 
この一晩は何かを変えたに違いない。

あらすじ(allcinemaより)

自称作家の中年男、篠田良多。15年前に新人賞を受賞したものの、その後は鳴かず飛ばず。ギャンブル好きで、今は“小説のための取材”と称して探偵事務所で働く日々。当然のように妻の響子には愛想を尽かされ、一人息子の真悟を連れて家を出て行かれてしまった。その真悟との月に1度の面会が何よりの楽しみでありながら、肝心の養育費はまともに払えず、おまけに響子にも未練タラタラで、彼女に恋人ができたと知り、本気で落ち込んでしまう始末。そんな甲斐性なしの良多にとって頼みの綱といえるのが母の淑子。夫に先立たれ、団地で気楽なひとり暮らしをしている彼女の懐を秘かに当てにしていた。そんなある日、真悟との面会の日を淑子の家で過ごす良多。やがて真悟を迎えに響子もやって来るが、折からの台風で3人とも足止めを食らう。こうして図らずも一つ屋根の下で、一晩を過ごすハメになる“元家族”だったが…。


周りは豪華キャスト陣を迎え素敵なドラマです!

解説(allcinemaより)

「そして父になる」「海街diary」の是枝裕和監督が、夢ばかり追い続けて妻子にも愛想を尽かされた甲斐性なしのダメ男を主人公に贈るコメディ・ドラマ。冴えない人生を送る男が、ひょんなことから年老いた母の家で、別れた妻子と一晩を過ごす中で織りなすほろ苦くも心沁み入る人間模様をユーモラスなタッチで綴る。主演は「歩いても 歩いても」「奇跡」「ゴーイング マイ ホーム」に続いて4度目の是枝作品出演となる阿部寛。共演に真木よう子、小林聡美、樹木希林。

メディア 映画
上映時間 117分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(ギャガ)
初公開年月 2016/05/21
ジャンル コメディ/ドラマ
映倫 G

オフィシャル・サイト
http://gaga.ne.jp/umiyorimo/

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

COR・CAR**コップ・カー(2015)

2016-05-21 | 映画:ミニシアター

 ガキども――遊びは終わりだ。

お久しぶりです。色々バタバタしていて、映画も観ず忙しくしていました。またこの期間あまり観たい作品もなかったのもあり。ようやく鑑賞!アップしました。

上映最終日、滑り込み・・・・。京都みなみ会館にて上映。ケヴィン・ベーコンなんか好きな俳優さんなんですよね。いやいやなかなか面白かったです。まったく予告も観ずの鑑賞だったのですが。

少年が2人が汚い言葉を吐きながら広い草原のようなところから始まるので、ケヴィン演じる保安官とはどこでどう繋がるのか?と必死で観ていました。そしたらえらいことになっていくではありませんか!

少年2人が見つけたの草原のところで見つけたのは何とパトカー!興味本位で車内の中を探索。誰も乗っておらず、おまけに車のキーもゲット。普通ならこんなヤバそうな車に関わらないけどね。この子たち、勇気があったのか?それにしてもパトカーですよね。ちょっと乗ってやろうかという気になったのもね。次第に彼らはどんどん興味?いやあもう運転にテンションあげまくり!


考えたら凄いこと。まあ言ったら、パトカー盗んだわけですからね。事の重大さに気付かないというのもありますが。

悪いことはできませんね。それを見てびっくりしたおばちゃんも早速警察に連絡するわよね。


その上このパトカーの保安官、ちょいとわけあり、どうもまっとうな保安官?ではなさそうな。そのへんは説明されていないのでわからない。パトカーが盗まれたことにかなり慌てている様子。とにかく居場所を探すのに焦っている様子でした。走るのには限界あるので、人の家の車を盗んだりして、、、、。ケヴィン演じるミッチ・クレッツァー保安官はどうもまともなようには見えない。それとパトカーに死体を載せたりしていたからね。


パトカーを降りたミッチは服を脱ぎ、パトカーの後ろから死体を出して森の穴に埋める。一体何があったのか?保安官である彼が殺したのかもまったく分からない。謎に包まれたお話 その背後になにか事件があったのかも。でも家に戻り、ドラッグを吸うシーンもとにかくかなりわけあり

わけがわからないから不気味。その辺がまた面白い。子供がパトカーを盗んだ事が分かると無線で必死に説得したり、、、、。ところがこの車にはまだ大きな秘密が隠されていた。これを知られるともっとヤバいかも。車を盗んだ2人の少年は思わぬ方向にと。


実はパトカーの後ろには、、、、、。何と血だらけのおっさんが!!

 
ついにご対面する少年たちと保安官

二転三転と物語は変わって行きます。そしてラストは驚愕なシーンを迎えます。

あらすじ(MovieWaklerより)ネタばれ含みます。未見の方読まないで下さいね

こっそり家を抜け出し、ふざけながら野原を歩いていた2人の少年、トラヴィス(ジェームズ・フリードソン=ジャクソン)とハリソン(ヘイズ・ウェルフォード)は、人気のない空き地で乗り捨てられた1台のパトカーを発見。車にキーが付いたままだと気づいた2人は、早速乗り回して遊び始める。やがて、田舎道をドライブしていた中年女性ベヴ(カムリン・マンハイム)が、パトカーで爆走する少年たちを目撃して警察に通報するが、誰も彼女の話を信用しない。その少し前。保安官ミッチ・クレッツァー(ケヴィン・ベーコン)が、パトカーのトランクから引きずり出した死体を、地面に掘った穴に放り込む。すべてを済ませて引き返したところ、乗ってきたはずのパトカーが跡形もなく消滅していた。呆然としながらも、何者かに車が盗まれたことに気づいて焦りの色を浮かべる。ともかく、森を出て街へ戻る手段を見つけなければならない。何とか車を盗み出すと、街へ戻って警察無線を探り当て、何喰わぬ顔で通信指令部に連絡。冷静を装って自分の失態を隠しながら、指令部との会話で自分の車に起きた出来事を知る。怒りに燃えたクレッツァーは、無謀な盗人たちにすぐにパトカーを返すよう無線で警告。車中にあった銃や防弾チョッキで遊んでいたトラヴィスとハリソンは、その通信で事の重大さを思い知る。車を返すべきか、このまま逃げるべきか。口論になった2人は、やがてトランクから響く不審な音に気づく。恐る恐る開けたトランクの中から現れたのは、両手を縛られた血だらけの男(シェー・ウィガム)。車を運転していたのがクレッツァーでないことを知ったその男は、少年たちに助けを求めるが……。

解説(allcinemaより)

ケヴィン・ベーコンがイタズラでコップ・カーを盗んだ少年2人組を容赦なく追い詰める狂気の悪徳保安官を演じる不条理スリラー。無邪気な出来心が原因で、絶対に関わってはいけない男から追われる身となってしまった少年たちの危険な冒険の行方を、ブラックなユーモアを織り交ぜスリリングに描く。監督は前作「クラウン」でデビューし、次回作ではソニーとマーベルが手がける新スパイダーマンの監督に大抜擢され注目を集める期待の新鋭、ジョン・ワッツ。

  映画
上映時間 88分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(コピアポア・フィルム)
初公開年月 2016/04/09
ジャンル サスペンス
映倫 PG12

 

オフィシャル・サイト
http://cop-car.com/

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016)**CAPTAIN AMERICA: CIVIL WAR

2016-05-03 | 映画:シネコン

 友情が、友情を引き裂く――

MOVIX京都にて鑑賞。連休中ということで、やっぱり映画館は作品によっては超満員!ご多分にもれず本作はそのひとつ。前席2列目や1列目しか空きがなく仕方なく2列目にて鑑賞することに・・・・・。相変わらず私はキャラクターが覚えられず(汗)主なものだけしかわからない。これでよく本作が観れたものだなあと。

確か?2作目を観ていない気がするのだが?記憶が定かでない。もうこんな調子だからキャラクターものは困る。ヴィジョン役がポール・ベタニーと知って探してみたもののまったく分からず。調べてみたら

vs 
左から2人目のあの赤い顔の人物だったのね。特殊メイクなものでまったく気づきませんでした。

とにかくヒーロー同士の仲たがいが今回のメインらしく。キャプテン・アメリカチームとアイアンマンチームの戦争らしい。こんな調子で観るのだから。こういう作品を愛する人にしたらたまったのものではないかもしれない。結局公式サイトを見て人物像を復習するということに。やはりこの手のものを観るときは最初に調べておく方がいいようだ。

あらすじ(allcinemaより)

力を一つに合わせ、世界の危機を何度も救ってきたスーパーヒーロー・チーム“アベンジャーズ”。しかし、その強大な力を危険視する声が高まり、彼らを国連の監視下に置くことが議論される。これに対し、アイアンマンはアベンジャーズを守るためには受け入れざるをえないとの考えを示す一方、キャプテン・アメリカは己の信念を貫きこれに強く反対する。そんな中、ウィーンで新たなテロ事件が発生し、キャプテン・アメリカの旧友バッキーが容疑者として指名手配されてしまう。アイアンマンとの対立が深まる中、重い決断を迫られるキャプテン・アメリカだったが…。

以上がストーリー。アイアンマンはキャプテンアメリカより年齢も上だし、少々守りの体制なのかな?分からないでもないけどね。まあその辺はそれに対する対立するものがはじまらないと話にならないよね。

一番の魅力はやはりヒーローたちのそれぞれの持つ力。これは良いよね!絵になるし、格好良いし。私はやはりキャプテン・アメリカかな。おばさんはやはり若いヒーローが好きです(笑)個人的にクリス・エヴァンスも好きだしね。アイアンマンも悪くはないけど。

 絵になるよね!!

 ファルコンもなかなか格好良いけど。ちょっとこの人ウィル・スミスばりだったね。


おじさんチーム アイアンマン/トニー・スタークとウォーマシン/ジェームズ・“ローディ”・ローズ

まあ話は分かりやすいのでまあ後はキャラをどこまで把握できるか・・・・、またこのヒーローシリーズをちゃんと観るべきというところですね。やはりキャラ知らないとダメと思いました。

解説(allcinemaより)

マーベル原作の大ヒット・シリーズ「キャプテン・アメリカ」の第3弾にして“アベンジャーズ”の豪華再結集で贈るヒーロー・アクション超大作。最強チーム“アベンジャーズ”が意見の対立から2つに分裂、それぞれが信じる正義を胸に敵・味方に別れて壮絶な戦いを繰り広げるさまを描く。主演はクリス・エヴァンス、共演にロバート・ダウニー・Jr。監督は前作「ウィンター・ソルジャー」に引き続きアンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ。


そうそうスパイダーマン/ピーター・パーカーも初登場でしたね。でもアンドリューじゃなくてトム・ホランドでした。続編には登場のようです。

メディア 映画
上映時間 148分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)
初公開年月 2016/04/29
ジャンル アクション/アドベンチャー/SF

オフィシャル・サイト
http://marvel.disney.co.jp/movie/civilwar.html

 

 

 

Comment (1)   Trackbacks (7)
この記事をはてなブックマークに追加

レヴェナント:蘇えりし者(2015)**THE REVENANT

2016-04-28 | 映画:シネコン

 復讐の先に、何があるのか。

東宝シネマズ二条にて25日に鑑賞。デカプリオがオスカーをゲット、また監督も監督賞を取ったという話題作。何と2時間36分という長さなので途中睡魔に襲われないかと心配だったが、見事最後までちゃんと鑑賞出来た!さて感想。長編作品ということもあってスケールはでかい。主人公のデカプリオもさすがにオスカー取っただけになかなかの演技だったと思う。特に熊に襲われるシーンは凄かった、どうのように撮影したものか?あの熊は本物?まさかそんなことはないよね。まあこのシーンが一番印象深い。


デカプリオ迫真の演技である。


おっと忘れちゃいけない敵対しているジョン・フィッツジェラルド役のトム・ハーディも良かった。彼は髪の毛を剃ってしまっているのか?えらい禿げたヘアスタイル。この役のためにここまでしたんでしょうね。彼もオスカー取ってもおかしくない感じがしたなあ。
正直なところ汚い作品で暗い。血みどろだし、その上寒そうな映像だし・・・・。デカプリオも撮影が辛かったと言っていたけど、まさしくそうなんだろうね。熊に襲われて、身動きとれなくなる瀕死の重傷シーンもこれまた良かったと思います。


一時は一体どうなるのか?と思いきやだんだん傷は回復。こんなことあるわけないやんと思いながらも観入る私(笑)

しかしよく考えるとこんな過酷な状態で生き延びる人ってあるのかな?と色々思いめぐらしながら鑑賞させてもらいました。

あらすじ(allcinemaより)

1823年、アメリカ北西部。狩猟の旅を続けている一団が未開の大地を進んでいく。ヘンリー隊長をリーダーとするその集団には、ガイド役を務めるベテラン・ハンターのヒュー・グラスとその息子ホーク、グラスを慕う若者ジム・ブリジャーや反対にグラスに敵意を抱く荒くれハンターのジョン・フィッツジェラルドなどが一緒に旅をしていた。ある時、一行は先住民の襲撃を受け、多くの犠牲者を出す事態に。混乱の中、グラスたち生き残った者たちは船を捨て陸路で逃走することに。そんな中、グラスがハイイログマに襲われ、瀕死の重傷を負ってしまう。ヘンリー隊長は旅の負担になるとグラスを諦め、ブリジャーとフィッツジェラルドに彼の最期を看取り丁重に埋葬するよう命じるのだったが…。

 

全体通してう~んちょっと物足りなさも。ストーリーがありがちな感じもしたりするし。俳優さんは皆素晴らしい人ばかりなんだけどね。音楽はあの坂本龍一さん。重厚でかつ暗さのある感じだったが、映像とマッチしていたように思う。

ニ三日前に観たナイトクローラーの方が私的には好きですね。本作も悪くはないけど、ちょっと正統的な作品のような気がしました。


これラストのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)です。この終わりかたはまあ良かったのではないでしょうか。

解説(allcinemaより)

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督がレオナルド・ディカプリオを主演に迎え、過酷な大自然の中で繰り広げられるひとりの男の壮絶な復讐劇を壮大なスケールで描いたサバイバル・アクション・アドベンチャー。共演はトム・ハーディ。第88回アカデミー賞では監督賞、撮影賞に加え、極寒の大自然を相手に体当たりの熱演を披露したレオナルド・ディカプリオが、みごと悲願の主演男優賞を初受賞した。

 デカプリオも42歳らしい。いつのまにかそんな年になっていたんですね。
アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督と。

メディア 映画
上映時間 156分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 2016/04/22
ジャンル アクション/ドラマ/アドベンチャー
映倫 R15+

オフィシャル・サイト
http://www.foxmovies-jp.com/revenant/

 

 

Comment   Trackbacks (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ナイトクローラー(2014)**NIGHTCRAWLER

2016-04-24 | 映画:ミニシアター

 他人(ヒト)の<破滅>の瞬間に、カメラを持って現れる――

2年前の作品、好評だったということで、京都シネマにて再演されました。最初はコソ泥のようなことをしている主人公ルイスの姿から始まります。そんなに面白いような気もしなかったのですが、カメラを片手にえらいことを始め、、、、、。映画はだんだん凶器の世界へといざないます。はい面白いです!!特に主演のジェイク・ギレンホールの表情はとても凄いです。何とかものにして金を儲けるという言い方がいいのかわかりませんが。特に目が凄い。見開いたという表現がいいのか。異常ともいえます。

パパラッチというものがありましたよね。まさにそれです。とにかくいろいろな凄まじい事件現場に行き、その事故のおぞましさにビデオを回すという職業です。そしてそれをテレビ局に売る仕事。同業者がいるので、競争で奪い合う。いやいや凄い仕事ですね。とにかく凄い映像を撮ったものが勝ちというもの。主人公ルイスも目的のためには手段も選ばずです。同業者まで落とし込むという卑劣さも。

見よう見まねだったルイス。いつしか同業者からも一緒に手を組もうと言われるくらいのナイトクローラーに・・・・。


ある日、豪邸で事件!何と警察より早く、忍び込み事件現場を・・・・。見ているだけドキドキ 目が据わっているルイスは冷静にカメラを、回すことも。


事件をよりショックキングにと遺体をを動かす演出も。とにかく誰よりも凄い映像を撮ろうというルイス


最初は単にパパラッチだけだったのにね。どんどんエスカレートしていく姿には観ている私も食入るようになってくる。


リックという相棒も雇い本格的な仕事。彼にもシビアな駆け引きをしてた。

とにかくジェイクの怪演が凄いとは聞いていたけどほんまに凄いんです。目は据わり、言葉も流暢に走る。それくらい怖い。


テレビ局のニーナ・ロミナに少し気があったのかしら?変に誘っていたよね。この時もちょっと異常な目つきだったけど。

あらすじ(allcinemaより)

ロサンゼルスに暮らす孤独な中年男ルイス・ブルーム。野心はあるものの定職にも就かず、コソ泥をしてはその日暮らしのしがない日々。そんなある日、偶然遭遇した事故現場で、ビデオカメラ片手に夢中で撮影する男たちを目撃する。彼らはニュース映像専門のパパラッチ、通称“ナイトクローラー”。事件、事故の現場にいち早く駆けつけ、誰よりもショッキングな映像をカメラに収め、それをテレビ局に高く売りつけるのを生業とする連中だ。そんなことが商売になると知り、さっそくビデオカメラと無線傍受器を手に入れると、見よう見まねでナイトクローラーとしての活動を開始するルイスだったが…。

眠気も吹っ飛ぶほどの面白さでした。是非未見の方、DVDが2月に発売したらしいので見て下さい。何と言ってもジェイクの怪演に注目です!!

解説(allcinemaより)

「ブロークバック・マウンテン」「エンド・オブ・ウォッチ」のジェイク・ギレンホールが、刺激的なスクープ映像を求めるあまりモラルのタガが外れていくフリーランスのニュース・カメラマン役で鬼気迫る怪演を披露し、高い評価を受けたピカレスク・サスペンス・ドラマ。共演はビル・パクストン、レネ・ルッソ、リズ・アーメッド。監督は「トゥー・フォー・ザ・マネー」「ボーン・レガシー」などの脚本を手がけ、本作が監督デビューのダン・ギルロイ。


この目も据わっているよね!

メディア 映画
上映時間 118分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ギャガ)
初公開年月 2015/08/22
ジャンル サスペンス/ドラマ
映倫 G

 

オフィシャル・サイト
http://nightcrawler.gaga.ne.jp/

 

 

Comment   Trackbacks (3)
この記事をはてなブックマークに追加

スポットライト 世紀のスクープ(2015)**SPOTLIGHT

2016-04-18 | 映画:シネコン

 暗闇にひときわ輝く、希望の光――

MOVIX京都にて鑑賞。アカデミー賞作品賞、脚本賞に輝いたということで観に行ってきました。正直ハードルが高いかなあ。記者やマスコミ関係の人には絶賛されていて凄く良い作品だと思います。真実を伝えたいということは確かに凄いことだと思います。キャッチコピーではありませんが、剣ではなくペンでそれを知らしめたということは素晴らしいことだと思うのです。
改めて記者のお仕事というのがどれほど大変なのかということは分かりました。でもそのお話を2時間に集約して映し出しのはやはり難しいような気もしてなりません。
本当のことをいえば「ルーム」のような作品の方が個人的には作品賞にふさわしいような気がしましたが、これだけ評価が高いという事はやはり本作の方が素晴らしいのかな?と感じます。


個人的には新編集長マーティ・バロン役のリーヴ・シュレイバーの存在が良かった。出番は少なかったのですが。

それぞれ良い味を出していますが・・・・。もちろんやはりこの人でしょうか。


ウォルター“ロビー”ロビンソン役のマイケル・キートン。個人的なことではない。問題はこのその組織だと言いはる。

社会的集団組織をとても重視していましたね。


このチームの主役的マイク・レゼンデス役マーク・ラファロも熱い記者魂がとてもあって良かった。向う見ずな面はたまにきずだけど・・・・。記者という職業より人間として良い人って感じがしましたね。
ミッチェル・ギャラベディアン弁護士を演じるスタンリー・トゥッチも目を離せない役でした。なかなか真実を暴露しないという弁護士としての責務ちうところでしょうか。マイクも彼から真実を聞き出そうと必死でした。

要所ではう~んそうやな真実をやっぱり伝えなあかんと観ている私自身も記者になったような感じで食い入るように観てしまいます。記者の仕事の大変さをほんまに圧倒されるばかりです。


紅一点の記者サーシャ・ファイファー(レイチェル・マクアダムス)は女性らしい視点で素晴らしい!!時には感情が湧きたつような取材でした。


間違いは許されませんから、徹底的に調べる。それも大変なお仕事だと改めて実感。到底私には無理やわと思いました。
この人は被害者。まさに神父に虐待されたと訴える証人。ちょっと怪しい感じもありましたが。

こうして一つ一つ振り返ってみるとやはりそれなりの作品なのかなあと思うのですが、やはり派手ではなく地味であるということが気持ちをそそらない原因なのかなとも思えますが。
少しエンタメ性をを望みすぎなのかもしれませんね。

あらすじ(allcinemaより)

 2001年、夏。ボストンの地元新聞“ボストン・グローブ”の新任編集局長としてマイアミからやって来たマーティ・バロン。さっそく目玉になる記事の材料を物色し、神父による子どもへの性的虐待事件に着目すると、これを追跡調査する方針を打ち出す。しかしボストン・グローブの読者は半数以上がカトリック教徒。彼らの反発を招きかねないと古参幹部は難色を示すが、地元のしがらみと無縁で、なおかつユダヤ人のバロンは強気に押し切っていく。こうして、リーダーのウォルター“ロビー”ロビンソンを中心に特集記事欄《スポットライト》を担当する4人の記者たちが調査を開始する。そして地道な取材を積み重ね、次第に事件の背後に隠された巨大な疑惑の核心へと迫っていくが…。

 

しかしこの神父よる虐待事件、ふたを開けてみたらその数思いのほか凄い数だと分かり、びっくり!そして現在もあるとかdでそれもびっくり!新聞に掲載されると新聞社に膨大な訴えが来るのです。いやあほんまに凄い話です。

解説(allcinemaより)

 カトリック教会が長年隠蔽してきた児童虐待スキャンダルを暴き出し、ピュリツァー賞に輝いた調査報道チームを巡る感動の実話を基に、巨大な権力に立ち向かっていった新聞記者たちのジャーナリズム魂と不屈の執念を描いた実録サスペンス。出演はマーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュライバー、ジョン・スラッテリー。監督は「扉をたたく人」「靴職人と魔法のミシン」のトム・マッカーシー。第88回アカデミー賞では、みごと作品賞と脚本賞の2冠に輝いた。

メディア 映画
上映時間 128分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ロングライド)
初公開年月 2016/04/15
ジャンル ドラマ
映倫 G

 これ実話だというからこれまたびっくりでショックですね。

オフィシャル・サイト
http://www.spotlight-scoop.com/

 

 

 

Comment (1)   Trackbacks (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ルーム(2015)**ROOM

2016-04-10 | 映画:シネコン

 はじめまして、【世界】。

4月8日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。たんに監禁された親子が解放されるまでのお話しを描いたものだと思っていたら、そうではありませんでした。
そういえば、先日女子中学生が2年間拉致監禁されたという事件がありましたね。それと重なりますが。このお話は主人公が19歳の時、同じように監禁されて7年間という年月狭い部屋の中に閉じ込められるというものでした。その間に妊娠して男の子を儲けます。男の子の名前はジャック。何とこの子はこの狭い部屋の中の事しか知らないという事実。

まあ窓が一つしかない。それも天窓ときているから外は見えない。外が存在することすら知らないという。


ここで生まれたからそりゃ知らないよね。母も語らないわけだから。それでも大好きな母と一緒だから。
でも時々現実から非現実な出来事が起きる。


扉の向こうからオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)がやって来る。食糧や日用品を持って・・・・。その時、ジャックは衣装部屋に閉じ込められるのだ。その向こうではどんなことが起きているのか知る由もない

そんなある日この部屋から逃げ出すことを考えるママはジャックを外へ出す作戦を練る。ジャックが死んだということをオールドニックに伝え、外の世界へ・・・・。

初めて見た外の世界にびっくり!!

 そこには青い空と木々が。。。。。

何もかもが不思議な世界に?何とか母子とも助けられることになりめでたしめでたしかと思いきや、物語は後半に入る。


何故かめでたいはずが、今までの生活から一変したため2人とも馴染めず、また適応出来ず、苦しい毎日が続く。

さてどうしてその状態から脱却出来るのか?

 母たちとの生活、上手く行くのかな?

あらすじ(Moviewalker)

ママ(ブリー・ラーソン)と5歳の誕生日を迎えたジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)は、天窓しかない狭い部屋で暮らしている。夜、二人がオールド・ニックと呼ぶ男がやってきて、服や食料を置いていく。ジャックはママの言いつけで洋服ダンスの中にいる。ママは「息子にもっと栄養を」と抗議するが、半年前から失業して金がないとオールド・ニックは逆ギレする。さらに真夜中にジャックがタンスから出てきたことで、ママとオールド・ニックは争う。翌朝、部屋の電気が切られ寒さに震えるなか、生まれてから一歩も外へ出たことがないジャックに、ママは真実を語る。ママの名前はジョイで、この納屋に7年も閉じ込められていた。さらに外には広い世界があると聞いたジャックは混乱する。電気が回復した部屋で考えを巡らせたジャックは、オールド・ニックをやっつけようとママに持ち掛ける。しかし、ドアのカギの暗証番号はオールド・ニックしか知らない。ママは『モンテ・クリスト伯』からヒントを得て、死んだフリをして運び出させることを思いつく。ママはジャックをカーペットにくるんで段取りを練習させるが、恐怖から癇癪を起こすジャック。ママは、“ハンモックのある家と、ばあばとじいじがいる世界”をきっと気に入ると励ます。しかし、「ママは?」と尋ねられると、2度と息子に会えないかもしれないと知り、言葉に詰まる。そして、オールド・ニックがやってくる。脱出劇は失敗しかけるが、ジャックの記憶力と出会った人たちの機転で、思わぬ展開を迎える。翌朝、ママとジャックは病院で目覚める。ママの父親(ウィリアム・H・メイシー)と母親(ジョアン・アレン)が駆けつけるが、二人が離婚したことを知ってママはショックを受ける。数日の入院後、二人はばあばと新しいパートナーのレオ(トム・マッカムス)が暮らす家へ行く。しかし意外な出来事が次々とママに襲い掛かる。一方、新しい世界を楽しみ始めたジャックは、傷ついたママのためにあることを決意し……。

そりゃ7年という月日はママにとっては大きなものだよね。事件についてメデイアからは色々取材を受けたりとかなりきついよねオールドニックとのこともトラウマのようになっているだろうし、平常心を保てるはずはないだろう。そんなママを唯一救ったのはやはりジャックの存在だったに違いない。

ジャックを演じたジェイコブ・トレンブレイ、小さいながら素晴らしい演技だった。もちろんアカデミー主演女優賞をゲットしたママ役ブリー・ラーソンももちろんのこと。

 

ロングヘアーなので、初めは男の子とは思わなかったね。

解説(allcinemaより)

 エマ・ドナヒューのベストセラー『部屋』を「ショート・ターム」のブリー・ラーソン主演で映画化した衝撃と感動のサスペンス・ドラマ。7年間もひとつの部屋に監禁されているヒロインと、その間に生まれ、部屋の中しか知らない5歳の息子が辿る予測不能の運命を描く。監督は「FRANK -フランク-」のレニー・アブラハムソン。

 涙することはなかったけど、この親子が7年間からたち上がり強くなる姿がとても印象的であった。

 

メディア 映画
上映時間 118分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ギャガ)
初公開年月 2016/04/08
ジャンル サスペンス/ドラマ
映倫

G


こんなに小さな小屋に閉じ込められていたんだね。ネタばれですが、2人は再度ここを訪れます。間違いなくここがジャックの世界だったのかもしれません。

オフィシャル・サイト
http://gaga.ne.jp/room/

 

 

Comment   Trackbacks (7)
この記事をはてなブックマークに追加