Con Gas, Sin Hielo

細々と続ける最果てのブログへようこそ。

「塔の上のラプンツェル」

2011年04月03日 16時27分16秒 | 映画(2011)
今日の夢、明日の夢。


童話の短篇が元ネタという。

つまりは、多くのキャラクターやエピソードはオリジナルということで、やっぱり巧いなと思う。

お相手となるフリンは盗賊として登場する。あっさり仲間を裏切って塔の上へ逃げてくるフリンは胡散臭さに満ちている。

途中で出会う酒場の猛者たち、冒頭からフリンの好敵手として大活躍の白馬・マキシマス。

彼らとの出会いは、ラプンツェルにとっては初めて見る外の世界の象徴であり、フリンには自分が社会の中でどう位置づけられているかの指標となる。

勇気を持って本音でぶつかることで扉の向こうへ進んでいくラプンツェル。そんな彼女に知らずと感化され、人間性を取り戻していくフリン。

観ている側は自然と二人を応援する度合いを高め、酒場の男たちもマキシマスもそれに加勢する。

やがて二人は必要による結びつきを越えて、いつの間にかお互いが信頼できる関係を築き上げる。

「夢がかなってしまったら、どうすればいいんだろう」と不安を口にするラプンツェルに、フリンは「それが楽しいのさ。次の夢を探すんだ」と告げる。

夢を送り続けるディズニーの本領発揮というところか。

ハッピーエンドは分かってる。クライマックスの仕掛けもおおよそ予想がつく。それでも観ていて幸せな気分になれるのは、それが生きていくために必要なものだからに違いない。

それにしても、今回のヒロインも明るくかわいく魅力的だ。吹き替え版を観たが、中川翔子も器用にこなしていた。

タイプは違うが、もうピクサー印がなくともディズニーの長編アニメというだけで十分観に行きたくなりそうだ。

(90点)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ザファイター」 | トップ | 「阪急電車 片道15分の奇跡」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当に☆ (mezzotint)
2011-04-03 20:43:47
いやいや本当に素晴らしい作品でした。
そちらでも2Dは1日1回ですか、、、?
別途料金がいるからだけでなく、わざわざ
立体的にする必要があるのか?!と思う
んですよね。まあ仕方ないですね。
マキシマスにパスカルという動物キャラの
あの表情の豊かさもさることながら。
やっぱり主人公ラプンツェルのあの躍動感に
何とも言えず、、、。フリンも素敵でした。
素晴らしいアニメーションの世界は、観る者
に暫し安らぎをくれたような・・・。
この後2回目鑑賞(仕事で)しましたが、
2度観ても飽きませんでした(笑)
長々とコメントすみません!
☆クラムさん (mig)
2011-04-03 23:29:24
こんばんは☆

私は皆さんほどハマっていないけど
この今の時期にピッタリの、勇気と夢もらえる素敵な作品でしたよね
しょこたん、声優としての才能にびっくり。
ほんとに器用な子ですよねー、
1日2回 (クラム)
2011-04-10 03:02:15
mezzotintさん、こちらにもありがとうございます。

先週観たのですが、今週は2Dの上映が1日2回に増えていたようです。
どちらにしても、お客さんかなり入っているようではありました。

時期的に元気が出るものを求める人が多いのでしょうね。
津波を彷彿とさせる水の場面には少しはっとしましたが、
あの程度の描写で上映延期や中止といった措置がとられないでよかった
と改めて思いました。

昨年の「プリンセスと魔法のキス」でも思いましたが、
ディズニーが描く少し新しいプリンセス像が気に入っています。
今回はプリンスまで新しくなりましたが。
これからも期待したいと思います。
勇気と夢 (クラム)
2011-04-10 03:06:11
migさん、こんばんは。

いまだTDRが営業再開できない中で、
ディズニーの世界に触れられる貴重な機会だったと思います。
忘れていた、失くしかけていたものを思い出したという感じ。
中川翔子はこれからの仕事にも期待ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
塔の上のラプンツェル(2010)通常版:吹き替え (銅版画制作の日々)
 原題:Tangled MOVX京都にて鑑賞。通常版は吹き替えしかありませんでした。3Dはどんな感じかしらね。 原題の意味は絡む。つまりラプンツェルのこの長い髪の毛が絡むということでしょうか。それにしても凄いシンプルなタイトルですね。髪長姫、ラプンツェルが誘拐され...
塔の上のラプンツェル 2D 吹替版 /TANGLED  (我想一個人映画美的女人blog)
タランティーノの去年のベストムービー5位 1位はピクサーの「トイストーリー3」だしタラちゃんほのぼのあったかムービー上位に入れてて驚。 タランティーノベストムービー2010 この「ラプンツェル」は小さい頃、分厚いグリム童話全集の中で読んでて、とくに印象に残...
塔の上のラプンツェル (Akira's VOICE)
「素敵」としか言い様がない! 
『塔の上のラプンツェル』 あなたも超能力者? (映画のブログ)
 ディズニーは『魔法にかけられて』で失敗したと思ったのだろう。結局『魔法にかけられて』のジゼル姫をディズニー・プリンセスから外すことに決定した。何しろ、おとぎの国のジゼル姫が現代のニューヨークへ...
映画:「塔の上のラプンツェル」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年4月13日(水)。 映画:「塔の上のラプンツェル」。 【監   督】バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ 【製作総指揮】グレン・キーン、ジョン・ラセター 【製   作】ロイ・コンリ 【脚   本】ダン・フォーゲルマン 【美   術】ダグ...
塔の上のラプンツェル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
第50作目となるディズニー・アニメ。18年もの間、外の世界を知らずに高い塔の上で暮らしてきた少女が、大泥棒との出会いをきっかけに未知なる世界へと旅立つ物語。「ボルト」のバイ ...
■映画『塔の上のラプンツェル』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
キュートな髪長姫が歌って踊って、愛する人と夢を実現させていく、映画『塔の上のラプンツェル』。 ディズニー長編アニメーション第50作目となる記念作品である本作は、目にも美しく耳にも楽しい、夢のように素敵な作品です。 夢を持ち続けることの大切さ、その夢を愛...
「塔の上のラプンツェル」 (ここはここ)
映画アニメ2D 「塔の上のラプンツェル」 TANGLED (日本語吹替)を観ました     バイロン・ハワード/ネイサン・グレノ監督(ディズニー) 2010年 アメリカ うちのとこでは3Dに割引券は使えないので、2Dが来るのを待って観たのだけれど、 これは3Dで観...
『塔の上のラプンツェル』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 塔の上のラプンツェル 』 (2010)  監  督 :バイロン・ハワード、ネイサン・グレノキャスト :マンディ・ムーア、ザッカリー・リーヴァイ、ドナ・マーフィ、ブラッド・ギャレット、 ロン・パール...
【映画】塔の上のラプンツェル…文化的な親子(?)はポーランドの祭りに思いを馳せる (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日二度目の記事投稿(一度目はこちら) まずは近況報告から 昨日2011年10月22日(土曜日)は朝から小倉に出かけました。一緒に行った嫁さんが美容院に行く(所要予定時間2時間とのこと)というので、その間私は小倉をブラブラする事に… そういえばこの日が、HOBBYB...
「塔の上のラプンツェル」(1回目) (或る日の出来事)
2011年公開作品を、いまごろ見てみて…すばらしいよ、ラプンツェル!