Con Gas, Sin Hielo

細々と続ける最果てのブログへようこそ。

「ダーリンは外国人」

2010年04月11日 16時05分02秒 | 映画(2010)
選ばれし人、井上真央


井上真央には運がある。

昼ドラの子役から「花より男子」のサプライズヒットで一躍主役級になったのも、起用当初は複数人の有名人の末席だったのが今や堂々とメインを張っているみずほ銀行のイメージキャラクターも、彼女には流れを引き寄せる何かがあると思う。

その「何か」とは?

突き詰めていくと本作の主役が彼女で必然ということがよく分かるのだが、それは、ひとを幸せにするオーラではないか。

原作はよく立ち読みで見ているが、一言で言えばほのぼので、かつ元気が出る漫画。

実写にしたとき誰が合うかと見渡してみると、これが意外となかなかいない。彼女以外には。

そんなわけで、トニー役の外国人も合わせて配役はほぼ文句なしの本作なのだが、それだけではいかないところがコミック原作の難しいところ。

最大の難問は動画と書籍の時間軸の違いにある。

コミック本は、コマの一つ一つ、またはコマとコマの間の間隔にメリハリがあることで、受け手に伝わるスピードの変化が自在なのだが、動画は時間の速さと画面の大きさが一定で縛られるからどうしても間延びして感じるのだ。

コミック原作をテレビアニメ化するのでさえもそう感じるのに、実写化となれば難易度は更に上がる。

その意味では、今回の映画化で、さおりとトニーの出会いから結婚までの物語を基軸に置いたことは賢明だろう。

ただやっぱりさじ加減は難しい。原作を知る者にとっては異文化のネタがなければ「ダーリンは外国人」ではないわけだから、後半の父の逝去あたりから続くシリアス路線はどうみても冗長。

しかも長く引っ張った割りには雪解けが急速だから、言ってみれば「度肝を抜かれた」のはこっちの方。

まあ、次回があるならもう少し軽くしてもらえればということで。今回の配役ならば、たぶん次も観ると思う。

(60点)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「シャッターアイランド」 | トップ | 「第9地区」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2010-04-11 22:22:16
なるほど!
これ、このキャスト達じゃなきゃ泣けなかったかなーって思ってます
(いまいちかなーって思ってたわりに後半涙流してしまった(^^ゞ)
井上真央・・
茜からつくしになって、しっかりつくしを払拭して繭になって、今回さおり・・
キャラが全然違うわけじゃないのに、
これをやってのけるのは、やっぱり彼女の実力じゃないかと思ってる。
あ、別にヒイキ目に見てるわけじゃないが・・。
あなたのコメントは面白いね。
ありがとうございます。 (クラム)
2010-04-13 00:43:15
コメントありがとうございます。

このキャストじゃなければ辛かったと思います。
少し点数が辛めなのは期待値を込めてです。

身に余るお言葉を頂だいして恐縮してます。
ふっと感じるところを、もう少しうまく言葉にできればと日々頭をひねっています。
よろしければ、これからもお立ち寄りください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ダーリンは外国人 /My darling is a foreigner (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 小栗左多里の大人気コミックエッセイ「ダーリンは外国人」の映画化★ この本を手に取ったのは当時外国人とつきあってたから。本屋さんでちらっと読んだだけだ...
ダーリンは外国人 (勝手に映画評)
小栗左多里の人気コミックエッセー「ダーリンは外国人」の映画化。 さおりがトニーと付き合い始めた頃から、結婚するまでの時期が、舞台に設定されています。映画化されているこれらのエピソードが実際にこの時期のモノかは不明ですが、エピソードそのものは、原作本で見...
ダーリンは外国人 (だらだら無気力ブログ)
小栗左多里の同名コミックエッセーを『花より男子』の井上真央を主演に 迎えて映画化したラブコメディー。 異文化で育った外国人と日本人のヒロインとのあいだで起こる日常の悲喜 交々やギャップをユーモラスに描く。漫画家を目指してイラストレーターをしているさおり...
ダーリンは外国人 (単館系)
ひょんなことからアメリカ人のトニー(ジョナサン・シェア)と交際することになったさおり(井上真央)。漢字に一目ぼれして日本にやって来...
映画「ダーリンは外国人」 (Thanksgiving Day)
映画「ダーリンは外国人」を観てきましたー!! この映画は、公開を知ったときから面白そうだなぁと思って、絶対観に行こうと心に決めてたんですよ。 原作もよく本屋さんで見かけてますしね。 小栗左多里の人気コミックエッセー「ダーリンは外国人」を映画化した、...
ダーリンは外国人 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ダーリンは外国人'10:日本 ◆監督:宇恵和昭◆出演:井上真央、ジョナサン・シェア、国仲涼子、大竹しのぶ、戸田菜穂、入江雅人、川岡大次郎、坂東工、國村隼、パトリック・ハーラン、ダンテ・カーヴァー、JJ、ガウ ◆STORY◆漫画家を夢見るイラストレーター、さおり...
『ダーリンは外国人』の後味は? (映画のブログ)
 「ぶん殴る」の「ぶん」て何だろう?  アメリカから来たダーリンの質問には、日本に生まれ育った人でもタジタジである。  しかし、言...
ダーリンは外国人 (映画的・絵画的・音楽的)
 チョット軽めのラブコメでもと思って、『ダーリンは外国人』を渋谷のヒューマントラストシネマで見てきました。 (1)見て少々驚いたのは、この手の映画にしては、随分といい俳優が脇役を務めているなという点です。  なにしろ、主人公さおり(井上真央)の母親が大竹し...
【映画】ダーリンは外国人…面白く無かった (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
色々考えた挙句、困って“…面白く無かった”とダイレクトなサブタイトルにしちゃったピロEKです 昨日2011年10月10日(月曜日・体育の日)は前の記事での予告通り、部屋の掃除をしました。私の部屋は寝室とオタクアイテム保管(の一部)を兼ねており、オタアイテムを避...