Con Gas, Sin Hielo

細々と続ける最果てのブログへようこそ。

「アリスインワンダーランド」

2010年05月04日 02時25分48秒 | 映画(2010)
超資本主義市場は居心地がいいのだろうか。


この映画には致命的欠点がある。それは私が元ネタをほとんど知らないこと。

というわけで、いくらT.バートンJ.デップのコンビと言えども、観る前から期待はしていなかったのである。

結果を言えば残念ながら予想は的中。世界観に観るところはあるものの全体にはすっきりせずじまい。

たとえば、どなたかの記事で見かけたような気がするが、赤の女王の扱いに情けの一つもないというのはどうなのだろう。

生き物の命は奪わないなんて言って、アリスに化け物の首を取らせる白の女王もなんだかなと思うし。

ちなみに2-D吹替版で観たのだが、前半にしっかり眠気に襲われ、白の女王のあまりの下手さに更に萎えた(エンドロールで確認したら深田恭子だって。どうかしてるよ)。

本作を観て改めて思うこと。それはT.バートンとJ.デップの関係である。

二人の相性に疑問があるわけではない。問題はデップがあまりに大きな存在になり過ぎたこと。

故に二人の映画は巨大マーケットを意識した作りを余儀なくされているのではないか。

その象徴がA.ラヴィーンの主題歌だ。

もちろんアヴリルが好きじゃないから言うのだが、あれはエンドロールの中でも浮いているし、あんな起用をしなければいけないところに問題がある気がする。

「エドウッド」のころくらいマニアックなネタを追求する方が二人にとっては楽しいように思えるのだけど、勝手な思い込みか。

(50点)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「クレヨンしんちゃん 超時空... | トップ | 「プレシャス」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~♪ (由香)
2010-05-06 23:16:22
お邪魔します♪
PCの調子が悪いそうで、、、お見舞い申し上げますです。

で、、、映画ですが、期待していたのですが、キャラの奇抜さは良かったけれど、それだけって感じで、、、フツウの映画でした~

バートン監督&ジョニーだからこそ期待も大きかったわけですが、逆に、二人のコンビにいささか飽きもあったりして~(滝汗)
ジョニーに奇抜メイクのない、人間ドラマを演じてもらいたい昨今です。
GW終わりました。 (クラム)
2010-05-08 23:35:41
由香さん、こんばんは。

何とも言えないですね。
奇想天外も続けていくと、それだけでは物足りなくなってしまうようで。
キャラに特化せず、世界観や物語の方にこそ味付けを凝ってほしいものです。

と言いながら、バートン印が入っている「9」あたりには
また期待をしてしまうのですが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アリス・イン・ワンダーランド 3D 字幕/ALICE IN WONDERLAND (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click あくまでも、 ティム•バートンが描く、不思議の国のアリス」{/m_0150/} アリスファンも、バートンのファンも、 そしてバートン×ジョニー・デップ7度...
♯23 「アリス・イン・ワンダーランド」 (cocowacoco)
映画 「アリス・イン・ワンダーランド」 ALICE IN WONDERLAND を観ました         ティム・バートン監督 2010年 アメリカ 時間が合わなくて、2D字幕を観ました。 観る前は、もっと不思議なハチャメチャな世界を想像してたのだけれど、それはあまり感じ...
アリス・イン・ワンダーランド (だらだら無気力ブログ)
ルイス・キャロルの名作『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』を基に ヒロインのアリスが19歳に成長し、再びワンダーランドに迷い込んで冒険 する様を描いた冒険ファンタジー。 監督は『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン監督。 ヒロインのアリ...
アリス・イン・ワンダーランド (★YUKAの気ままな有閑日記★)
 「もはやジョニーじゃないっ」初めてジョニーがマッドハッターの扮装をしている写真を見た時に叫んだ私。だけど、映画はと~~~っても楽しみにしていましたティム・バートン監督のアリスの世界ってどんなだろう?って思って。まず公開初日に一人で2Dでじっくり観て、そ...
アリス・イン・ワンダーランド (Akira's VOICE)
「見た目」だけは,かなり面白い!!  
アリス・イン・ワンダーランド (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ルイス・キャロル著のあまりにも有名な小説『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』(1951年には2つの物語を絡めたディズニーが映画『ふしぎの国のアリス』が公開)の続編にあたるディズニー映画『アリス・イン・ワンダーランド(原題:ALICE IN WONDERLAND)』は...
『アリス・イン・ワンダーランド』が挑戦したものは? (映画のブログ)
 意外や、面白い映画だった。  なんて云うと、お叱りを受けそうだが、ティム・バートンやテリー・ギリアムの作品は下手に期待するとはぐら...
アリス・イン・ワンダーランド (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:アリス・イン・ワンダーランド 制作:2010年・アメリカ 監督:ティム・バートン 出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイほか あらすじ:不思議の国の冒険から13年後。19歳に成長したアリスは、母...
アリス・イン・ワンダーランド/Alice in Wonderland(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[アリス・イン・ワンダーランド] ブログ村キーワードアリス・イン・ワンダーランド(原題:Alice in Wonderland)キャッチコピー:世界はもう、マトモではいられない…。製作国:アメリ....
『アリス・イン・ワンダーランド』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 アリス・イン・ワンダーランド 』 (2010)  監  督 :ティム・バートンキャスト :ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、 アン・ハサウェイ、クリスピン・グローヴ...
【映画】アリス・イン・ワンダーランド…ワシコウスカに萌えるか否か (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは近況報告から… 昨日、2010年9月11日(土曜日)は夜勤明けで朝7時頃に寝たにも関わらず、何故か午前中に起床。 で、午後からは娘のリクエストでイオン八幡東ショッピングセンターに行く事に。 私としては特に目的も無...