Con Gas, Sin Hielo

細々と続ける最果てのブログへようこそ。

「死霊館」

2013年10月12日 00時40分25秒 | 映画(2013)
全米が泣いた・・・かも。


調べたら、今年は「エクソシスト」から40年にあたるらしい。

当時はオカルトブームなんて言われて、映画は半ば社会現象になった。撮影中に不可解な事故が起きたなんてことが、話題性に輪をかけた作品もあった記憶がある。

ただ、ブームというのは消費されるのが世の常で、オカルト映画も、ホラーが強調されて過激になったり、レベルの低い作品が乱造されたりするうちに、観ている側にとっての新鮮な驚きが失われていった。

それでも、それは決してオカルトというジャンルの魅力が失われたわけでは決してなく、丁寧に作られた作品はやっぱりおもしろいことを、本作は思い出させてくれる。

家に巣食う邪悪な悪魔。まさに古典的な題材だが引き付けられる。何しろ"Based on a True Story"である。

実在するエドとロレインのウォーレン夫妻が単なるオカルト信奉者ではないところがおもしろい。彼らは、超常現象は調べてみればそのほとんどが科学的に証明できるものだと言う。

そんな彼らがただ一つ外向けに話すことができなかったのが、ペロン家で起きた事件であった。

出現から攻撃、そして憑依へ。この段階を踏む悪魔の戦術は、映画の盛り上がりと非常に相性がいい。ゆっくりと遠くで起きるちょっとした現象が、直接的かつ凶暴なものに変異する様は見応え十分だ。

そして忘れてはいけないのが、ペロン夫妻、ウォーレン夫妻のいずれにも娘たちがいるということ。

これがまたみんなかわいくて、命を懸けても家族を守るという闘争心へと繋がっていく。観ているこちらも思わず手に力が入るのをおぼえる。

恐怖映画にしては甘い展開にも見受けられるが、現にペロン一家もウォーレン夫妻もその後無事に生きているわけで、家族の絆が成し遂げる描写は必然である。

それにしても、数々の悪霊がひとまずひとところに集められたウォーレン家の特別室は、その存在だけで生きた心地がしない。ひとまずおとなしく居るだけで、いつでも外に出られるようだし、とにかく娘は多難である。

(85点)
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
ウォーレン エクソシスト
コメント (2) |  トラックバック (10) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 「クロニクル」 | トップ | 「ブルー 初めての空へ」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
王道のホラー (mezzotint)
2013-11-05 00:56:59
・・・・でしたね。
もう少し怖がらせてくれると良いのですが(笑)
まあでもそれなりに楽しめました。でも実話なんですよね。
わあやっぱりマジふ〜んとは言ってられないか。
さまざまな現象って、、、、ありなんでよね。
だったらやっぱりこれは本当に怖い話です。
とはいえ、どこか絵空事 (クラム)
2013-11-09 09:58:40
mezzotintさん、おはようございます。

怖さ、いまひとつでしたか?
その辺りは、実話ということを思い返して脳内で怖さを増幅しましょうか。
マンションでも多少のラップ音はしたりしますが、
オカルト現象というのはなかなか考えにくいですね。
世の中夜でも明る過ぎることも、霊感に鈍感になる要素かもしれません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
死霊館 (Akira's VOICE)
悪魔さん怖すぎ。勘弁して下さい。  
死霊館 (だらだら無気力ブログ!)
なかなかに怖くてイイ!
タイトルデザイン_36(Becker Design) ジェームズ・ワン監督【The Conjuring (死霊館)】 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
「ソウ」「インシディアス」のジェームズ・ワン監督がアメリカで実際に起こった実話を基に描くホラースリラー『The Conjuring (死霊館)』物語・1971年アメリカ・ロードアイランド州、両親と5人
死霊館/THE CONJURING (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 40年もの間、関係者全員が口を閉ざし続けたある一家に起きた実話を 「ソウ」「インシディアス」のジェームズ・ワン監督が発掘し映画化 タランティーノが、早くも選んだ今年の10本のうちの1本 元々、....
死霊館 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年10月19日(土) 19:00〜 109シネマズ川崎6 料金:1000円(ポイントカード会員感謝の日) パンフレット:未確認 古臭いが故に目新しい。正統派オカルト映画。 『死霊館』公式サイト 元来「ソウ」の監督の奴なのだが、その後撮ったホラーは、あまり奇をて...
『死霊館 THE CONJURING』('13初鑑賞89・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 10月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:25の回を鑑賞。
「死霊館」 (或る日の出来事)
かなり怖かったぞー。
死霊館(2013)**THE CONJURING (銅版画制作の日々)
   “心霊現象の大半は科学的に解明できる”と証言する著名な学者が、キャリア史上唯一100%本物と認めた事件。 結局この前観た「悪いやつら」は記事アップ出来ず、、、、。昨日観た死霊館を書くことにしました。ジェームズ・ワン監督作品の代表的....
死霊館 (いやいやえん)
少しずつ積み重なる恐怖。 家にとりついていた霊は最早家族にとりついている。ウォーレン夫妻が関与した事で霊は怒り、いっそう攻撃性を増す。ロレインが逃げる途中でひっかかってなくしたペンダントのせいで娘のジ
死霊館 (銀幕大帝α)
THE CONJURING 2013年 アメリカ 112分 ホラー PG12 劇場公開(2013/10/11) 監督: ジェームズ・ワン 『インシディアス』 出演: ヴェラ・ファーミガ:ロレイン・ウォーレン パトリック・ウィルソン:エド・ウォーレン ロン・リヴィングストン:ロジャー・ペロ....