Con Gas, Sin Hielo

細々と続ける最果てのブログへようこそ。

「LION/ライオン 25年目のただいま」

2017年04月15日 23時02分23秒 | 映画(2017)
1,600kmも回送で走る列車があるなんて。


大海を隔てて離れ離れになった母と子が25年ぶりに奇跡の再会を果たす。それが実話だと言うのだから事実は小説より奇なり、映画にはうってつけの題材である。

多くの人は主人公・サルーの波乱の人生に寄り添いクライマックスの再会の場面で涙するために来たのだろう。そしてその期待は無事叶えられたことと想像する。

しかし、個人的にはどことなく物足りなさを感じてしまった。それほど大きな感動は得られなかった。

前半はサルーの少年時代。インドの田舎町で兄とはぐれてからオーストラリアに住む夫婦に養子として迎えられるまでの過酷な道のりが描かれる。

同じ国でも言語が違う、自分の住んでいた町の名前も満足に言えない、八方ふさがりの中で綱渡りのように何とか命を繋いでいく。

子供の行方不明は社会問題である。犯罪に巻き込まれることも多いと聞く。サルーにも魔の手が迫ったが、危険を察知して間一髪で逃げ出すという場面があった。

この映画で観るかぎりサルーはとても賢く、社会性や判断力に優れていた。故に、オーストラリアに引き取られた後も理想的と言えるキャリアを歩むことができた。

対照的と言えるのがサルーの1年後に同じ夫婦の元に連れてこられたもう一人の少年・マントッシュだ。新しい環境に順応できない彼の存在は一家に常に影を落とすようになった。

世界には貧困から抜け出せずに苦しむ子供が大勢いる。少しでも力になればと願うオーストラリア人夫婦の行為は極めて尊い。それでも本作で描かれる養子たちの心の内は単純なマッチングで解消できない大きな壁を感じざるを得なかった。

サルーにとってそれは、はぐれた本当の家族への負い目となって現れた。友人の助言で、グーグルアースと自分の記憶とを結び付けて故郷の町を探そうとするがなかなかうまくいかない。順風だったはずの人生の軌道が乱れていく。

しかし、諦めという言葉が見え始めたときに突然光明が射す。すべての謎が解け、サルーは無事本当の母や妹との再会を果たした。

奇跡の再会は素晴らしいことである。ただ、映画の描写が事実に即しているのであれば、オーストラリアにもらわれたこと、グーグルアースで故郷の町を見つけたことという2つの大きなターニングポイントは偶然によるものに過ぎず、良かったという感動よりも、そこまで奇跡が重ならなければ不幸な子供の問題は解決しないのかという重い気持ちの方が勝ってしまった。

救われたのは、最後の場面で映された実際の映像や写真の記録であった。本篇とは違う心からの笑顔に見えて、映画は苦悩の部分をデフォルメしたものだったのかもしれないと感じた。

(70点)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ゴーストインザシェル」 | トップ | 「クレヨンしんちゃん 襲来!!... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(2017)」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

LION/ライオン ~25年目のただいま~ (試写会) (風に吹かれて)
その名はライオン 公式サイト http://gaga.ne.jp/lion4月7日公開 実話の映画化 原作: 25年目の「ただいま」  5歳で迷子になった僕と家族の物語 (サルー・ブライアリー著/静山
LION/ライオン ~25年目のただいま~★★★★・5 (パピとママ映画のblog)
『英国王のスピーチ』などのプロデューサー、イアン・カニングが製作に名を連ねた実録ドラマ。幼少時にインドで迷子になり、オーストラリアで育った青年が Google Earth を頼りに自分......
「Lion/ライオン〜25年目のただいま〜」 (ここなつ映画レビュー)
感動作に涙したくて鑑賞。実話を元にした内容だという。ストーリーをネタバレしてしまうと、5歳の時のある夜、兄を待つ間に暖を取るために乗った停止中の回送列車が寝ている間に......
LION/ライオン ~25年目のただいま~(2016)**LION (銅版画制作の日々)
Movix京都にて鑑賞。こんな奇跡のようなお話があるとは驚き!しかもグーグルアースでね。でも実話だそうで、ラストでは実際の人たちが映るのであぁ~やっぱりそうなんだと......
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
DVDで観賞。今年のアカデミー賞で、作品賞を含む6部門にノミネートされた作品。 25年間迷子だった男が、Google Earthを使って故郷を見つけたという驚きの実話を映画化した感動作品。そ......