Con Gas, Sin Hielo

細々と続ける最果てのブログへようこそ。

「ザギフト」

2016年11月03日 19時48分42秒 | 映画(2016)
善悪の配置を巧みにミスリード。


恐ろしい隣人を恐怖の核として作られた映画は何本もある。邦画でも今年香川照之がそんな役をやっていた。

いくつも作られるということは、少し切り口を変えれば通じる飽きの来ない題材と言えるのかもしれない。実際に本作もその類の話を予想した上で映画館まで足を運んだ。

シカゴからLAへ引っ越してきた夫妻の前に現れたのは夫の旧友を名乗る人物・ゴード。彼は夫妻の自宅を頻繁に訪れ、時には小さなギフトを玄関先に置いていくようになる。神出鬼没な行動やぎこちない人当たりが不気味さを醸し出し、次第に夫婦、特に妻のロビンの精神をむしばんでいく。

と、ここまでは予想どおりの展開。あとは、主人公を襲う恐怖に怯えながらサイコな旧友の討伐を楽しもうと身構えるだけだったのだが・・・。

この作品、実は仕掛けがある。

後半、生理的に驚かせるホラー要素は影を潜め、ゴードと夫・サイモンの間にかつて起きたことの謎を巡るサスペンスへと趣きを変える。

その謎の奥にあったのは、得体の知れない恐怖ではなく、対象者にとっては明らかに眼前で起きる物理的なハラスメントであった。

サイコ犯罪よりも遥かに高頻度で発生している日常の理不尽。些細なことであっても、それで人生のすべてを狂わされることだってある。

ゴードが夫妻にギフトを贈り続けたのは、本当に過去を洗い流したかったからなのかもしれない。ただ、そのチャンスは必然的に摘み取られ、ゴード渾身の最後のギフトへと繋がっていく。

繰り返しになるが、単純なホラーではない。誰も犠牲にならない(コイ以外は)し、血すら出ていないと言っていい。しかし、だからこそ、現実味を湛えたラストの各人への思い入れが深まったのだろう。

予想を覆す展開と、奇をてらわずに終始冷静な演出に徹した姿勢に感心した。

(75点)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「高慢と偏見とゾンビ」 | トップ | 「PK」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なな)
2017-03-12 00:07:00
こんばんは

こちら,エドガートンの監督デビュー作ということで。
なかなか才能のある方だなぁと思いました。
中盤から,がらりと見方が変わりますよね。
観終わったあとも,そういう仕返しだったのか!と
ある意味戦慄。
たしかに誰も死なないし血も流れないのに
怖いお話でした。
わりと繰り返し観てしまいそうな作品の一つとなりそうです。
想いをこめた贈り物 (クラム)
2017-03-19 21:44:38
ななさん、こんばんは。
最近映画館から遠ざかっています。

ショッキングな映像や音響を使わずに恐怖を描き出すのは難しく、
よく練られた演出だと思いました。
主人公の人間性がはがれてくる様子も別の意味で興味深かったです。

コメントを投稿

映画(2016)」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

ザ・ギフト(2015)**THE GIFT (銅版画制作の日々)
 何度も届く、恐怖(ギフト)。 この作品を観たいために、京都駅八条口のTジョイ京都まで行ってきました。期待ほどではなかったけど、そこそこ楽しめました。必要以上にこんな風......
ザ・ギフト (虎猫の気まぐれシネマ日記)
『パラノーマル・アクティビティ』シリーズのジェイソン・ブラム製作,俳優のジョエル・エドガートンが監督を務めたサイコスリラー。DVDで鑑賞。なかなか良くできた作品でした......
ザ・ギフト (銀幕大帝α)
THE GIFT 2015年 アメリカ 108分 サスペンス/ホラー 劇場公開(2016/10/28) 監督: ジョエル・エドガートン 製作: ジョエル・エドガートン 製作総指揮: ジェームズ・ワン 脚本......