Con Gas, Sin Hielo

細々と続ける最果てのブログへようこそ。

「第9地区」

2010年04月11日 16時43分17秒 | 映画(2010)
徹底して愚かなるは人類。


異色のエイリアン作品、アカデミー作品賞ノミネート。これだけの情報で興味を強く掻き立てられます。今回の作品賞ノミネート枠の増加で最も恩恵を受けた作品かもしれません。

ある日突然UFOが南アに襲来。確保されたエイリアンは衰弱し切っていて地上に隔離。

もうこの発想だけで座布団数枚分でしょう。思えば、ゾンビはハウスキーパーに使われるなど遊び要素まで広がりを見せているのに比べて、エイリアンは不遇でした。

まあ不遇といえば、この作品の中のエイリアンの扱いは更に不遇なわけで、力で制圧できることを知った時点から人類は傍若無人な振る舞いでエイリアンを迫害し続けます。

異質なもの、自分より力のないもの。エイリアンがそうしたものの象徴であることは言わずもがな。人間とはかくも醜い存在なのかと暗い気持ちにさせられます。

主人公でエイリアンの強制収用責任者に任命されたヴィカスも例外ではなく、人懐っこそうな表面とは裏腹に冷徹に任務をこなそうとします。

しかしそこで予期せぬ事態が発生。ヴィカスの立場は迫害を受ける側に一転します。

ここからの脚本がまたおもしろい。被害者の気持ちを体感して一気に違う展開を見せるのかと思いきや、この男はそう簡単に変わらない。

実際の人間ってこうなのかもしれません。それほどまでに一度こびり付いた概念を払拭するのは難しいということ。その点、実態の分からない妻の電話の声にはすっかり油断しちゃって。

設定で引き込む強さに加えて、ドキュメンタリーを模したインタビューで繋ぐ編集も緊迫感の維持に一役買っています。

観る前に持っていた地味な印象も、エイリアンや宇宙船の造形、アクションシーンの迫力はまったく見劣りせず。まさに一級の娯楽大作に仕上がっています。

(85点)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ダーリンは外国人」 | トップ | 「ウディアレンの夢と犯罪」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
クラムさんおはようございます★ (mig)
2010-04-13 09:48:51
クラムさんも高評価ですね^^
これはつっこみどころもあるけど
それを打ち消す面白さがありましたね~。
巧いです!
こういう勢いあって(テンポ)ちょっとおバカだけど?
どこか切ないっていうのすごく好みです~♪
第10地区はもっとひどいところ (クラム)
2010-04-13 23:06:20
migさん、こんばんは。

難民化して情けないエイリアンはコメディ要素に満ちていましたが、
そちらに傾倒していくことはありませんでしたね。

斬新さが武器の作品だけに、
続篇は観てみたいような、観るのが怖いような。
P.ジャクソンの手腕に期待しましょうか。
これ大好きです (なな)
2010-08-29 19:53:43
やはり世間の評判は伊達ではなかったですね。
前半の地味なドキュメンタリー形式と
後半の派手な戦闘シーンの対比や
ブラックユーモアや風刺も効かせながら
ヒューマンな要素もほどよく盛り込んで
そして根底には人間の本質(弱さや愚かさ)に対する
深い考察も感じました。
主演のコプリーさん,素人とは思えない演技力でした。
基礎がある上にスパイスも効いてる (クラム)
2010-08-31 01:30:22
ななさん、こんばんは。

にやりとさせられる映画はいいですね。
そうした細かい要素が光っていたのは、
ドキュメンタリー部分や戦闘場面をしっかり撮っているからこそでもありました。

主演のひとが本職じゃなかったってのは驚きでした。
味をしめたのか、いま公開中の作品にも出てるとか。
そんなところまでサプライズ満載だったわけですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
第9地区 (だらだら無気力ブログ)
宇宙船が故障したために、地球に漂着し難民として特別居住区に生活する ことになったエイリアン達が地域住民との間に軋轢が生まれたために、 新たな居住区に移動させることになり、その担当者となった男の身に起こる 出来事をドキュメンタリータッチで描く。 監督は、こ...
第9地区 / District 9 (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 同じアカデミー賞作品賞ノミニーだったら「アバター」、「ハート・ロッカー」よりもわたしは断然こっち{/atten/} あ、「プレシャス」もお忘れなく{/fuki_osusu...
映画:第9地区 District 9 あまりに桁外れの「異様さ」に目が釘付け! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
機内映画その3、第9地区 District 9です。 年末にみて、あまりのインパクトに、昨年の極私的映画ベスト10に一気に食い込んだ。 さてそのインパクトとは..... ドキュメンタリー調で、この映画ははじまる。 そしてわかる、数あるSFの中でも、桁外れの「異様さ」 宇宙...
第9地区◆DISTRICT 9 (銅版画制作の日々)
 さて第9地区って? 南アフリカヨハネスブルグにある架空の難民キャンプの名称だそうです。そしてこの場所に収容されているのは、何と人間ではなくエイリアンでした!! MOVX京都にて鑑賞。あの「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の世界的成功で、ハリウッドで最も注...
「第9地区」:日本ユニシス前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}こんなところに廃墟のような鉄橋が残ってるのね。 {/kaeru_en4/}時間がたてば何だって廃墟のようになるっていうことさ。 {/hiyo_en2/}難民宇宙人のための居住区が28年経ってスラム化しちゃったようにね。 {/kaeru_en4/}「第9地区」のことか。 {/hiyo_en2/...
第9地区 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
今から28年前、正体不明の巨大宇宙船が突如、南アフリカ共和国の首都ヨハネスブルグに、突然巨大な宇宙船が飛来してきた。 それは上空に浮かんだまま微動だにせず、何が起きるのか心配していた政府もしびれを切らして、ついにヘリコプターで偵察隊を派遣。 船内に浸...
第9地区 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
今から28年前、正体不明の巨大宇宙船が突如、南アフリカ共和国の首都ヨハネスブルグに、突然巨大な宇宙船が飛来してきた。 それは上空に浮かんだまま微動だにせず、何が起きるのか心配していた政府もしびれを切らして、ついにヘリコプターで偵察隊を派遣。 船内に浸...
エイリアンVS.~『第9地区』 (真紅のthinkingdays)
 DISTRICT 9  南アフリカ・ヨハネスブルク上空に、巨大な宇宙船が飛来した。乗っていたエイ リアンたちが「第9地区」に隔離されて20年...
第9地区 (映画的・絵画的・音楽的)
 『第9地区』を渋谷東急で見てきました。  おすぎが、「いろいろな所で、書いたり、喋ったりしています。「第9地区」は“今年度ナンバー1”の映画だと…。早々と今年も始まったばかりの2月に、この作品を見 て、私は他にどんなスゴイ映画が来ても「第9地区」ほど蘊蓄の...
『第9地区』 変態を繰り返す映画 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『第9地区』の原型となった6分間の短編『Alive in Joburg』は、言葉遊びから始まっているのだろう。  南アフリカの人々に...
第9地区 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:第9地区 制作:2009年・アメリカ/ニュージーランド 監督:ニール・ブロムカンプ 出演:シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッドほか あらすじ:ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎...
第9地区/District 9(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[第9地区] ブログ村キーワード第9地区 (原題:District 9)キャッチコピー:人類、立入禁止。製作国:アメリカ/ニュージーランド製作年:2009年配給:ワーナー・ブラザース映画、ギャガジ...
第9地区 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
レンタルで鑑賞。いやぁ,世間の評判通り,これは正真正銘の傑作だわ。まず,「エイリアン難民問題」という斬新な設定がいい。そのうえ,アクション,SF,社会風刺,ヒューマンドラマなどなど,あらゆる要素がぎっしりと詰まった,豪華な福袋のような作品なのだ,これ。 ...
第9地区 (District 9) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ニール・ブロンカンプ 主演 シャールト・コプリー 2009年 アメリカ/ニュージーランド/南アフリカ映画 111分 SF 採点★★★★ 強いメッセージ性なりテーマ性を持った作品を観た直後こそ、そのことに対し色々と思いを馳せるもんですが、如何せん日々だらだ...
「第9地区」(DISTRICT9) (シネマ・ワンダーランド)
南アフリカ共和国出身の米新鋭監督、ニール・ブロンカンプが長編デビューを飾ったSFムービー「第9地区」(2009年、米、111分、N.ブロンカンプ脚本、ワーナー映画配給)。この映画は、巨大な宇宙船が漂着し、異星人が難民扱いとなった南アを舞台に、政府の新た...
『第9地区』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 第9地区 』 (2009)  監  督 :ニール・ブロムカンプキャスト :シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、 ヴァネッサ・ハイウッド、ジョン・ヴァン・スクール、マ...