Con Gas, Sin Hielo

細々と続ける最果てのブログへようこそ。

「僕のワンダフルライフ」

2017年10月09日 19時20分59秒 | 映画(2017)
泣かせる味じゃん。


ちょうど2年前の10月に飼い犬が急死した。一緒に暮らしていた家族が突然いなくなる喪失感は味わった者でなければ分からない。

犬が人間より寿命が短い以上は死別は避けられない運命であり、みんなそれを知っていて犬を飼うのだが、その寂しさは想像以上であり、ほとんどの人は飼い犬にまた会えたらと願う。

「最愛の飼い主に会うためなら、僕は何度でも生まれ変わる」というこの映画の主題は、飼い主の夢だ。

誰もが抱く感情に寄り添う話だから、基本的に奇をてらった演出はない。主人公の飼い主・イーサンと飼い犬・ベイリーの生活、特にイーサンの子供時代は相思相愛、お互いの息もぴったりの理想を絵に描いたようなものであった。

ただ、成長したイーサンには挫折が待っていた。父親の事業の失敗、そして自身の将来が断たれる事件の発生。塞ぎ込むイーサンは付き合っていた女性と別れ、ひとり故郷を離れる。そしてほどなく迎えるベイリーの死。

そこからベイリーの輪廻転生の物語が始まる。「イーサンにまた会うために生まれ変わる」と掲げてはいるものの、2度め3度めの「犬生」も飼い主の愛情を受けて立派に勤め上げる。

寿命を全うすれば生命サイクルは15年くらいであろうか。「フォレストガンプ」のようなはっきりとした描写はないものの、ベイリーの生活の背景に時代の変遷が映し出されていく。

はじめにイーサンの家に来たときはキューバ危機だったから、4度めの生まれ変わりはもう21世紀に入ったころなのかもしれない。イーサンは故郷の家に戻ったが喪失感を抱えたまま初老の域にさしかかっていた。

一方で4度めにして初めて飼い主からの愛を失う経験をしたベイリー。路上に捨てられて彷徨った先で偶然鼻先をかすめた懐かしい匂いを辿っていくと、果たしてそこには楽しい思い出に満ち溢れた我が家があった。

ツッコミを入れようと思えばいろいろあるんだけど、この手の話はベタな部分を強調するくらいがちょうどいいわけで、イーサンとベイリーの再会から、イーサンに笑顔が戻ってくる最後の場面まで涙腺が緩みっぱなしであった以上は何も言うまい。

ベイリーは生まれ変わるごとに犬種も性別も変わる。みんな健気でかわいいから犬好きにはたまらないことだろう。この辺りは商売上手のひとことに尽きる。

(70点)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「スイスアーミーマン」 | トップ | 「ドリーム」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(2017)」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
僕のワンダフル・ライフ (風に吹かれて)
僕の名前は ベイリーベイリーベイリー 公式サイト http://boku-wonderful.jp 原作: 野良犬トビーの愛すべき転生 (W・ブルース・キャメロン著/新潮文庫)監督: ラッセ・ハルスト
僕のワンダフル・ライフ★★★★ (パピとママ映画のblog)
愛する飼い主との悲しい別れの後、ある目的を胸に何度も生まれ変わりを繰り返す健気な犬の一途な愛を犬目線で綴ったW・ブルース・キャメロンの世界的ベストセラー『野良犬トビー......
『僕のワンダフル・ライフ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「僕のワンダフル・ライフ」□監督 ラッセ・ハルストレム □キャスト ブリット・ロバートソン、K.J.アパ、ジョン・オーティス、デニス・クエイ......
『僕のワンダフル・ライフ』 生きる目的 (映画のブログ)
 犬の気持ちも観客の気持ちも、本当によく判っている!  『僕のワンダフル・ライフ』には感激した。  犬を題材にした映画は多い。ジャンルも犬の扱いもそれぞれだから一概に......
『エイリアン:コヴェナント』『僕のワンダフル・ライフ』『スクランブル』『アナベル...... (ふじき78の死屍累々映画日記・第二章)
ユナイテッドシネマ豊洲括りで4本まとめてレビュー ◆『エイリアン:コヴェナント』ユナイテッドシネマ豊洲10 ▲なんか地味な画像引っ張ってきてしまった。 五つ星評価で......