Con Gas, Sin Hielo

細々と続ける最果てのブログへようこそ。

「告白」

2010年06月05日 23時26分24秒 | 映画(2010)
過酷という種類のエンタテインメント。


「嫌われ松子の一生」が06年2位。「パコの魔法の絵本」が08年1位。

競馬予想で言えば連対率10割、本命ぐりぐり二重丸の中島哲也監督作品と来たら、期待しないわけがない。

しかし果たして、その大きな期待を決して裏切らない、というよりも、またあらぬ方向から強烈な一撃を打たれた。簡単に言えばそんな作品だった。

宣伝の中では、「いのちの授業」なんて言葉が見られるのだが、観終えると単純にそんな話なのかなと疑問が湧く。

突き詰めていけば少年の狂気のお話だし、物語の背景もそれほど目新しいものがあるわけでもない。気味悪いクラスの雰囲気もややステレオタイプだ。

何より犠牲者はためらいなく出てくるし、主人公の教師の信念が「復讐」である以上、命の大切さと真っ直ぐに言ったら上滑りしてしまう。

ただ観続けるほど入り込んでしまう。理由を考えればそれはただ一つ、やはりこれは復讐を描いた娯楽作なんだと思う。

そう考えると、中島監督と相性が悪くないことも十分理解できる。

さすがに、これまでの作品と比べると色調は全体に抑え気味の感はあるが、それでも映像と音楽のメリハリの効き具合が心地良い。

たとえば冒頭の森口の告白の場面。

淡々と独白を続ける教師、単純に無視しているのではなく半分は聞こえていている生徒。これだけで作中における両者の立ち位置をあっさり描き切っているし、時折挟み込まれる短い映像が、微細な緊張感とともに話の鍵となる物を確実に伝えている。

スロー、リピート、逆回し。正攻法な手法も多用。特に終盤の爆発の場面では、大きな力に押されるように観ている側は溜飲を下げる。

「いのちの授業」じゃ、すっきりしちゃいけないでしょ。と思いかけたところに森口の最後の言葉。

主演に松たか子を選んだのは正解だった。凛とした中に、覚悟の毒を持っているたたずまいが素晴らしい。

子役たちも熱演だった。秀才も凡人も誰もが過酷。よく耐えてよく演じた。

Radioheadも良かったね。

(95点)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「9<ナイン> 9番目の奇... | トップ | 「マイブラザー」 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2010-06-07 21:54:52
こんばんは★コメありがとうです。

クラムさんも大絶賛ですね~!

わたしはそこまでハマらなかったけど
楽しめました。

どのシーンも美しい事へ逆に不満が(笑)
といっても原作読んでないながらも楽しめちゃいましたけど★
ひさびさの読書 (クラム)
2010-06-07 23:57:15
migさん、こんばんは。

原作、1日であっさり読み切りました。
基本的に忠実になぞりながら、ところどころ切ったり変更したり、
確実な意図が伝わってくるようで、改めて映画の力を見直した次第です。

画像は美しかったですね。職業病だから仕方ない?
でも、そのあたりも含めて素晴らしいと評価しました。
こんばんは (なな)
2010-06-09 23:13:23
わたしもこの作品高評価です。
(今年のベストテン入り決定かも)

>観続けるほど入り込んでしまう。
>理由を考えればそれはただ一つ、
>やはりこれは復讐を描いた娯楽作なんだと思う。

大好きなんですよ,復讐を描いた娯楽作。
パク・チャヌク監督の復讐3部作も
タランティーノの「キル・ビル」も。
そしてこの作品は確かに娯楽作ではありながら
ホラーのようなおどろおどろしさも漂って
こたえられない風味がありますよね。
マゾっ気のある自分には好みの作品でした。
こんにちは~♪ (由香)
2010-06-10 10:07:06
お邪魔します♪

>復讐を描いた娯楽作
しまった!私の感想にもそういう類の一言を書けば良かった(笑)
鑑賞後に妙にアワアワしちゃって、上手く言葉が纏まらなかったんだけど、とにかく負のパワー全開で気分が良くないながらも引きつけるエンタメでしたよね~
演じた皆さんはお見事でした。相当キツカッタと思います。
松さんはスゴイ女優さんになってきましたね~
ヴィヨンの妻も良かったけど、コチラも上手かった!
3本の指 (クラム)
2010-06-12 00:44:23
ななさん、こんばんは。

ななさんがベストテンなら、こちらはTOP3入りがほぼ間違いなさそうです。
好きですねー。原作買っちゃいましたもん。
文庫本なんて何年ぶりに買ったか憶えてません。

パク・チャヌク作品も、なんと「キル・ビル」も観ていないのですが、
なんかおもしろそうですね。
ちなみにマゾっ気は一切持っていませんが
演じるだけでトラウマになるかも (クラム)
2010-06-12 00:48:57
由香さん、こんばんは。

言葉がまとまらないと言えば、こちらも同じですよ。
他の方のページを見たら、なるほどと唸るような記事がたくさんありました。

松たか子は、単なるキレイな女性ではないんですよね。
キツそうで少し苦手なくらいですが、
だからこそこの役にはぴったりだったと思います。
対して、子役たちはどう感じたでしょうね。
アクの強い役に変に影響されなければよいのですが。
そんな心配をするくらい強烈な作品でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
告白 (Akira's VOICE)
命を知るための課外授業。  
「告白」:白河バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}この建物は? {/kaeru_en4/}学校経営支援センター。 {/hiyo_en2/}最近は学校でもいろいろなことが起こるから、こういう施設の重要性も高まっているのかしらね。 {/kaeru_en4/}「告白」みたいな事件も起こっているのかな。 {/hiyo_en2/}もちろん中島哲也監督...
告白 (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 去年、本屋大賞受賞した、湊かなえの同名ベストセラー小説の映画化{/ee_3/} 本は読んでないんだけど、 娘を殺された教師が教室で、犯人はこの中に二人いる。と告白。 それだけでもう既に面白...
告白 13歳ってこえ~っノォオオオオオ!! な~んてねっ。 (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=24 -9-】 映画の予告編を映画館で観るようになって、是非見たいと思ったこの「告白」だけど、ちょうどそのころ、母が読み終えた本をいつもながら何冊かあったので、なんだか解らずにしばらく読み進めていたら、なんと偶然、この映画の原作の「告白 (双葉文...
愛情から生まれた欲望の数々。『告白』 (水曜日のシネマ日記)
教え子に幼い一人娘を殺された中学校教師の告白から様々な人間模様を描いた作品です。
『告白』 はじけたのは何か? (映画のブログ)
 「私には判っている。」  『告白』の登場人物たちが、何度か口にするセリフだ。  「私には判っている。」  そう云いながら、判ってい...
告白 (だらだら無気力ブログ)
2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを基に、愛する娘が 自分の教え子に殺された中学校の女性教師がその教え子に復讐する様を 描いたサスペンスドラマ。 『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』の松たか子を主演に迎え、『パコと 魔法の絵本』の中島哲也監...
『告白』お薦め映画 (心をこめて作曲します♪)
★★★★★浅はかさ、狡猾さ、残酷さ、優しさ、親子・友人関係など、生徒たちの行動と内面が浮き彫りになる。同じくらいの子を持つ保護者の方はゾッとするかもしれない。教育熱心な優しいお母様は、息を吐いて吸うのをお忘れなく。それでも是非味わって欲しいこの緊張感。...
これが私の復讐です~『告白』 (真紅のthinkingdays)
 ある中学校。終業式当日の教室で、1年B組の担任教師・森口悠子(松たか子) が告白を始める。  「娘の愛美は事故死などではなく、この...
告白 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
2009年の本屋大賞受賞作である,湊かなえ氏の原作は一応買ってあるが,未読の方が衝撃が大きいかと期待して読まずに劇場へ。冒頭の教室シーン,まるで学級崩壊のような状態の子供たちに向かって,終始声を荒げるわけでもなく,淡々と話す女教師,森口(松たか子)の態度に...
告白 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
苦手な分野の話だと踏んで、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえさんの原作は未読。映画もノーチェックで観る気はなかったが、評判がいいようなので、悩みに悩んだ挙句恐る恐る観に行ってみた―【story】とある中学校の1年B組、終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(...
映画「告白」(ネタバレ注意) (MAGI☆の日記)
映画「告白」を見てきました。同じシーンを違う視点で繰り返すことによってどうして犯罪が起こったのか、なぜ少年は殺人を犯したのかなどの動機が明らかになっていったので個人的に...
告白 (松たか子さん) (yanajun)
映画『告白』は、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』などで有名な中島哲也監督が、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえ氏の同名小説にほれ込んで映画化した作品です。 松たか子さんは、主演の教師・森口悠子 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ...
映画「告白」 (Thanksgiving Day)
話題の映画「告白」を観てきました。 映画館に置いてあるリーフレットや予告編を観てから、ずっと気になってたんですよ。 テーマからしてちょっと重くて怖そうですし。 原作も話題になってましたしね。 2009年本屋大賞に輝いた、湊かなえのベストセラー小説が原作...
「告白」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 作家・湊かなえのデビュー作にして、2009年第6回本屋大賞に選ばれた傑作ミステリー小説を映画化。 自分の生徒に一人娘を殺された中学教師の復讐劇を、様々な視点から淡々と...
最近見た映画の感想 (にき☆ろぐ)
様々な映画を見たのですが、個別で感想を書く気力がないのでまとめて感想書きます久しぶりにたくさん映画を見ましたよ告白今話題になっている映画です。私も予告の時点で興味惹かれ...
告白(2010) (銅版画制作の日々)
告白が、あなたの命につきささる。 遅まきながら、鑑賞して参りました。実は6月の気になる映画、観たい映画には入れてなかった。「嫌われ松子の一生」の中島監督作だということを知ったのと、そしてブロガーさんの評価もかなり良いこともあって、、、、。これはやはり観...
『告白』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「告白」□監督・脚本 中島哲也□原作 湊かなえ□キャスト 松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、下村直樹、橋本愛■鑑賞日 6月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> ...
「告白」えげつない…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[告白] ブログ村キーワード  「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也 監督最新作。「告白」(東宝)。公開前から『かなりの問題作』って声が聞こえてましたが、なるほどこれは、予想された以上に“衝撃の問題作”でございましたよ。  とあ...
告白 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
告白’10:日本 ◆監督:中島哲也「嫌われ松子の一生」「下妻物語」◆出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃◆STORY◆女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私...
[映画『告白』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆仕事を定時で終え、近所のプールに行き、サウナに入り、イオンモールに行き、フードコートで食事をして、レイトショーで映画を観てくるという充実した一日でした。  明日も仕事があるので、このレビューは短信でごめんなさい。  でも、みんなに評価の高いこの作品だ...
【映画】告白 (新!やさぐれ日記)
▼動機 バカにしに ▼感想 驚くほど良く出来た映画化 ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故...
■22. 告白 (レザボアCATs)
'10年、日本監督・脚本:中島哲也プロデューサー:石田雄治、鈴木ゆ たか、窪田義弘原作:湊かなえ撮影:阿藤正一、尾澤 篤史照明:高倉進美術:桑島十和子松たか子  森口悠子岡田将生  寺田先生(ウェルテル)木村佳乃  犯人Bの母日本の中で、一番病んでいて、一番不...
告白 (ここにあるもの)
信じることと、憎むことばかりが心を支配している蛹の時。 ひとつのパーツが、全てを粉々に壊してゆく。そこに救いはない。 都合よく救われない。要するに、そういうこと。 2009年本屋大賞受賞した湊かなえ『告白』の映画化。 本屋大賞といっても、読書が苦手な私には全...
告白 (映画的・絵画的・音楽的)
大評判の『告白』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)この映画の原作本である湊さかえ氏の同名の小説は、一昨年の『週刊文春』の「ミステリーベスト10」で第1位であり、また本屋大賞をも受賞していますから、いつもだったらとっくに読んでいるところなのですが、なぜ...
AKB48には全く興味ないんだけど、初日舞台挨拶に行けなかったので、どうせだから第2回選抜総選挙で1位になった大島優子を見てきた『... (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする、超アナログ式“そんじょそこらの映画サイトやワイドショー、芸能誌、スポーツ新聞より無駄に詳しい舞台挨拶レポ...
告白 (単館系)
中島哲也監督といえば下妻物語や嫌われ松子の一生ですよね。 この2作品は作りがよく似ていたのでああ、同じ監督だとすぐわかる映画のはずな...
映画「告白」 (itchy1976の日記)
映画「告白」公式サイト 映画「告白」映画情報(eiga.com) ○作品情報(eiga.comより) 監督・脚本:中島哲也 プロデューサー:石田雄治、鈴木ゆたか、窪田義弘 原作:湊かなえ 撮影:阿藤正一、尾澤篤史 照明:高倉進 美術:桑島十和子 製作国:2010年日本映画 上映時間:1...