パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ナイスガイズ!★★★・5

2017年02月22日 | アクション映画ーナ行
ラッセル・クロウとライアン・ゴズリングが凸凹コンビを組んで大暴れする痛快バディ・ムービー。70年代のロサンゼルスを舞台に、冴えない私立探偵が、ひょんな成り行きから乱暴男の人捜しを手伝うハメになり、いつしか巨大な陰謀に巻き込まれていくさまが、70年代テイスト満載に軽妙なタッチで綴られていく。共演はアンガーリー・ライス、マーガレット・クアリー、マット・ボマー、キム・ベイシンガー。監督は「キスキス,バンバン」「アイアンマン3」のシェーン・ブラック。
あらすじ:酒浸りの日々を送るシングルファーザーの冴えない私立探偵マーチ(ライアン・ゴズリング)。ある日、死んだはずのポルノ女優の捜索依頼を受け、アメリアという若い娘の存在に辿り着く。しかしマーチは、自分を探られたくないアメリアから依頼を受けた腕力専門の示談屋ヒーリー(ラッセル・クロウ)にボコボコにされ、あっさり手を引くことに。ところが今度は、ヒーリー自身がアメリアを捜す別の男たちの襲撃を受けてしまう。そこで自ら事件の解明に乗り出したヒーリーは、嫌がるマーチを無理やり相棒にして失踪したアメリア捜しを開始する。そこにマーチの一人娘でおませな13歳ホリー(アンガーリー・ライス)も加わり、ダメ男2人としっかり者の少女が始めた人捜しは、やがて思いも寄らぬ事件へと発展していくのだったが…。

<感想>70年代のロサンゼルスを舞台に、凸凹コンビが銃を撃ちまくって車を壊してと、いわゆる「バディ・ムービー」であり、しかも残酷だという展開。だから“ナイス”でもないし、男二人によるズッコケコンビ活劇であります。

アル中のヘロヘロ私立探偵のライアン・ゴズリングと、金を貰って人を殴る示談屋のラッセル・クロウの、2人組のズッコケ・アクションコメディ映画。

舞台が1977年代のロスであり、ディスコ・ブームの中で、私立探偵マーチが妄想を見ながらポルノ業界に迷い込んだ、何でも屋と私立探偵の相棒もの。

法務省の大物のご令嬢を探す仕事が舞い込んで、この法務省のお偉いさんに、60過ぎのキム・ベイシンガーが本当に綺麗で出ているのにまたもや驚く。ラッセルとキムと言えば「L・A・コンフィデンシャル」(97)の暴力刑事もの映画を思い出す。

ラッセル・クロウのお腹の出たクマさんみたいなおっさんとライアン・ゴズリングの酒浸りのダメっぷり美男探偵がおかしくて、クロウの強さタフさと、ゴズリングの弱さダメさのコントラストが笑える。

それにしても、殺し屋のマット・ボマーのイケメンぶりと強いのにはびっくりした。

ゴズリングの酒に酔って車を運転中でもね、危ないから娘のホリーが車を運転していると言う設定。父親がどうしようもないと、娘がしっかり者で頼りになる。アンガーリー・ライスが演じているが、アガサ・クリスティを愛読してる賢い子供で、事件を次々と解決していくのだ。やたらとパパの捜査に絡みたがるマーチの娘ヒーリーが、可愛いので許す。
窓の置くに見えている車があれよあれよと近づいてきて、部屋のガラスを派手にぶち破る。室内の平和が一瞬にして壊れてしまう。冒頭からかまされるこうした豪快なクラッシャー描写は、その後もたびたび繰り返されるが、それが単なる乱暴さや粗雑さにしか見えず、上手く生かされていないのが残念。

拍車をかけるのがラッセル・クロウのおじさんの暴走。彼自身のイメージとも容易に重なって見えるも、コメディ風味で処理できるレベルを遥かに超えているのだ。事態の惨状と能天気なテンションが噛みあわずに乗り切れなかったね。

この種のオフビート・タッチのミステリー・コメディ劇は、よほどの技術とセンスがないと中々出来ないものなのだが、これはそれなりに成功しているようだ。美男のゴズリングが三枚目を演じて、坂を転げ落ちるシーンがやたらと多いのに、ケガ一つしてないのがいい。まぁ、先にクロウに腕を折られてギブスをしているので、それ以上は可愛そうだもの。不発のギャグも少ないし、上手く決まっているのが良かった。でもね、ちょっと言いたいのが、アメリアを助けたのに、彼女が道に出て車を拾い、その車に撥ねられたのが惜しいです。
サスペンスフルなストーリーの後半ではかなり盛り上がるが、事件それ自体の進み具合よりも場面ごとの演出を楽しむ映画のようですね。娯楽作品に徹しているのが良かった。

2017年劇場鑑賞作品・・・39映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/

この記事をはてなブックマークに追加

セル ★★

2017年02月21日 | アクション映画ーサ行
スティーヴン・キングの同名ベストセラーをジョン・キューザックとサミュエル・L・ジャクソンの共演で映画化したホラー・サスペンス。携帯電話で謎の電波に感染した人々が次々と凶暴化していくパニック状態の世界で決死のサバイバルを繰り広げる主人公たちの運命を描く。監督は「ドア・イン・ザ・フロア」「パラノーマル・アクティビティ2」のトッド・ウィリアムズ。ボストンの空港で別居中の妻子に電話をかけるコミック作家のクレイだったが、途中で電池切れになってしまう。しばらくすると、携帯電話で話していた人々が一斉に凶暴化する。一瞬にしてパニック状態となった空港から地下鉄に逃げ込んだクレイは、車掌のトムと自宅アパートの階上に住む少女アリスと協力しあいながら、妻子のいるニューハンプシャーを目指すのだったが…。

<感想>スティーヴン・キングの原作は未読ですが、興味があったので鑑賞。このタイトルが示しているのは、スマホやケータイなど生活のために欠かせないものになっている。レシーバーから鋭い音が聞こえた途端に、ヘリのパイロットが死に墜落。この物語の発端となっている状態がリアルで怖い。ですが、アクションの編集が疑問であり、こけおどし的演出にあまり頼ってないのは良いとしても、画面的には昼間に活動するゾンビの大群から逃げつつも、スピルバーグの「宇宙戦争」を低予算でやっている感じがする。

「キャリー」や「シャイニング」など、スティーヴン・キングの原作には腕のいい監督の映画が多いので、つい比較してしまい点では辛くなってしまうのは仕方のないこと。携帯電話の電源が切れることから、人類の破滅が始まるという出だしの演出は、もたついてつまらなかったです。

その後は、携帯電話を持っている者が狂えるゾンビの群れと化すのも説明不足だし、キューザックたちが乗っている車で、彼ら(ゾンビ)を轢いていくシーンなどは、単なる悪趣味であり、主人公のキューザックはコミック作家と言うことで、彼のコミックに出てくる赤いフードの悪魔が夢に出てくるのだが、どうして、その他の人間の夢にも出てくるのかが変ですから。

こんな時にでも、別れた息子に会いたいとその場所へ車で行くのだが、ゾンビの群が押し寄せて来るし、夜には集団行動で超音波によって彼らは誘導されておとなしくなるのだ。キューザンクが主人公なのに、生きている正常な人間を集めて避難するような展開もなく、もう一人のサミュエル・L・ジャクソン爺さんが上手に作品を絞めている気がするのだが。

それに、ホラー映画の定番シーン、扉の向こう側に怖いものがいるという展開も古いパターンの繰り返しであまり効果がない。それにしても、ゾンビ映画にするには、98分に仕立てるために、いろいろと端折らざるを得なかったようで、SF調なのに原因が地球外生命体からの地球へのメッセージなのか、何だか展開が唐突すぎるように見えてしまう。

説明のつかないスーパーナチュラルな現象を描いた物語なのだろうか、最後まで取り残された感じがして、怪電波受信による民衆発狂とそれによるボストン地獄変など、ラストでひしめくゾンビたちを一斉焼殺するなど、それだけでは他の地域にいるゾンビはどうするのかとか、なげやりな感じが否めない。
ラストエンディングでは、二通りのような終わり方で、息子がゾンビと化しており助けられなくて、父親が車に積んでいる爆弾で息子もろ共に一斉焼殺することを止めて、自分もゾンビの群に並び輪になって行動している姿が映る。
ラストのまとめ方を観ると、クライマックスの悪夢的な赤いフードの悪魔のイメージは、中々の魅力でもあったのに、何故かしらどうにもならない希望のない結果となって終わるのにがっかりしてしまった。
2017年劇場鑑賞作品・・・38映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

愚行録 ★★★★

2017年02月20日 | アクション映画ーカ行
貫井徳郎の同名ベストセラーを妻夫木聡主演で映画化したミステリー・ドラマ。一人の週刊誌記者が未解決の一家惨殺事件の真相を追う中で、理想の家族と思われた被害者一家の意外な評判が明らかになっていくさまを描き出す。共演は満島ひかり、小出恵介、臼田あさ美。監督は本作が長編デビューとなる石川慶。

あらすじ:ある日、閑静な住宅街で凄惨な一家殺害事件が発生する。被害者はエリートサラリーマンの田向浩樹(小出恵介)とその美しい妻・夏原友季恵(松本若菜)と一人娘という3人家族。近所でも評判の仲睦まじい理想の家族だったのだが、何者かに惨殺された。事件は世間を賑わせるが、未解決のまま1年が過ぎ、風化しようとしていた。週刊誌記者の田中武志(妻夫木聡)は、そんな事件に改めてスポットを当て、真相を探るべく取材を開始する。田中が浩樹の会社の同僚・渡辺正人(眞島秀和)、友季恵の大学時代の同期・宮村淳子(臼田あさ美)、浩樹の大学時代の恋人・稲村恵美(市川由衣)らから語られる。や夫婦の大学時代の知人に聞き取りを進めていくと、夫婦の意外な実像が浮かび上がってくる。そんな中、育児放棄の疑いで逮捕・勾留されている妹・光子(満島ひかり)のことが心に重くのしかかっていく田中だったが…。

<感想>まずは、映画の冒頭で、主人公の田中を演じている妻夫木聡が、バスの中で半ば強制的に老女に席を譲らされた田中が、席を立った瞬間にバランスを崩して派手に転んでしまう。不自由な足を引きずりバスを降りる彼の姿に、他の客は罪悪感に苛まれてしまう。と言うか、劇中で何度か田中は観客を驚かせる行動にでるのだ。もちろん足は悪くないのに、注意されたのが彼の気に障ったのだろう。

とにかく、妻夫木聡の無表情な演技で田中はどういう人生を送ってきたのかのヒントもない。訳ありとはいえ、最初っから表情が暗すぎるのだ。週刊誌の記者である彼が、惨殺された田向夫婦の関係者に一人一人訪ねて行って、話を聞きだすことで進んでいく。その過程において、彼の存在感を観客に印象ずけてはいけないし、記憶に残らないのもダメという役柄を妻夫木は上手く出しているのだ。

この映画の中では二つの事件が並行して描かれている。一つは田中の妹、光子で満島ひかりが扮しているのだが、3歳になる娘をネグレクト(育児放棄)したかどで逮捕された事件。もう一つは、一流大学を出て、一流企業に勤め郊外の一軒家で恵まれた生活をしている30代の田向一家の惨殺事件。田中は収監されている妹に寄り添いつつ、田向一家の惨殺事件の真相をも探っていく。

取材を重ねるごとに、美男美女の田向夫婦の裏の顔や、人としての計算高さが関係者の口から暴かれていくが、とは言え、死人に口無しの状況で、その暴露話もどこまでが真実なのかは分からない。語る人間の品性にも跳ね返り、次々と愚行の物語が積み重なっていくのだ。

ですが、それは若さゆえの過ちともいえ、誰の身にも一つや二つ覚えがある行為でもあったりすると思う。ただ、一つ言えるのは、強い立場にある者が取った優越感に満ちた行動は、彼らにとっては何でもない行為でも、弱者にとっては息の根を止めるほどの絶望に繋がり、その悲しみはまた弱者には届かないのだ。

まるでサスペンスミステリーのごとくに、観ている側では何が起きているのだろうと、田中と一緒に事件を覗いているような感覚に陥ってしまう。つまり、観客は想像力を刺激されることがこの映画の面白さだと思います。

ですが、事件を追う内に、妹への愛がより強く出ているように見えた。子供のころに母親が離婚をして再婚をした義父に、怒鳴られ殴られけられる毎日。それに妹の光子は、毎晩のように義父が寝床に入って来ては体を求める幼児性虐待である。母親がもっとも酷い、そんな我が子が再婚した夫に虐められているのを見ても、何も感じないし注意もしない。だから、いつの間にか、兄妹は体を寄せ合って息を潜めて暮らすようになる。そしてなるべくしてなったように近親相姦の間柄になってしまう。そして妊娠してしまう。

育児放棄をして光子が子供を死なせたのだが、それは自分が子供の頃に母親の愛情も受けずに育ったからであり、子供の育て方が分からないのだ。その子供の父親は義父なのか、それとも兄なのかは定かではないが、最後に光子から明かされる衝撃の告白に愚行をしてしまった兄妹がいることを知る。

それに、田向一家の惨殺事件も、実は妹の光子にも関係があり、妻の夏原友季恵は憧れの同級生であり、光子は義父に体を弄ばれても、いつか金持ちの青年を結婚するのだと希望をもち、その為にも一流大学へ入るために費用を出して貰うために、必死で我慢をして義父との関係も続けていたのだから。

それに、憧れの美女の同級生からも、どういうわけか男を紹介してもらう理由で、美人局のような感じで光子は紹介してもらった男と寝てしまうのだ。だから、公衆便所というアダナがついて回り、玉の輿どころか誰も男が寄り付かない。

底意地の悪い友達、出てくる人誰もが誰かを陥れたり、おとしめたりという連続でいかにも「ひっかけどころ」満載ミステリーを最初っから展開しているようだ。結構無茶苦茶な展開が待っていて、それが「愚行」の意味なのだろう。とはいえ妹に対して愚かじゃない兄ちゃんなんていないだろう。

妹の光子は物語の間に差し挟まれた「独白」があります。それは光子が語りかけていた「お兄ちゃん」とは、その正体はすでに観客はおのずと分かってしまうでしょう。ですが、精神分析を受けている場面での光子の満島ひかりの姿が、ほとんど無垢にも見える表情での語りは素晴らしいとしか言えない。確かに光子は愚かな生き方をしてきたのかもしれません。でもね、光子は精一杯生きてきたことには間違いはないのですから。それが全部愚かな行為なのかと言う光子。何とも言えない悲哀感が胸を突き動かして来るし、やるせない。

迷宮入りした一家惨殺事件と、再び調査する週刊誌記者田中が迫る真相とは?それは、仕掛けられた3つのドンデン返しに、ただただ、あ然とし、また驚がくして、絶句してしまい、一筋縄にはいかない物語なのだ。
2017年劇場鑑賞作品・・・37映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

キセキ ーあの日のソビトー ★★★★

2017年02月18日 | アクション映画ーカ行
異色の4人組音楽グループGReeeeNの代表曲「キセキ」誕生秘話を映画化した青春ドラマ。GReeeeNのプロデュースを手掛けてきたJINとその弟であるリーダーHIDEの青春期のエピソードを基に、兄弟が家族や仲間との衝突を経験しながら、音楽を志し突き進む姿を描く。JINとHIDEには、『ピース オブ ケイク』などで幾度も共演している松坂桃李と菅田将暉。『そして父になる』などの助監督を務めた兼重淳がメガホンを取り、脚本を『黄泉がえり』などの斉藤ひろしが担当する。
あらすじ:厳格な父の反対を押し切って音楽の道に進んだジン(松坂桃李)だったが、なかなか思うようにいかない。あるとき、父の期待に応え歯科医を目指していた弟のヒデ(菅田将暉)と仲間に音楽の才能があることに気付き、彼らに自分の夢を託す。そして、歯科医を目指しつつ音楽も諦めたくないということを父に言い出せない兄弟は、顔を出さずにCDデビューしようと考える。

<感想>歯科医とミュージシャンの二足のわらじを履く異色の4人組GReeeeN。彼らの代表曲「キセキ」の誕生エピソードと、その裏にある兄弟と家族の絆を、松坂桃李と菅田将暉の共演で描いている。監督は「そして父になる」などで助監督を務めた兼重淳。医者で厳格で亭主関白な父親に逆らって音楽の道に進むのだが、挫折をしてしまった兄のジン。一方では、父親の期待に応えようとして一浪をして歯科大学を受験した弟のヒデ。兄と違ってナイーブな心と母親想いの好青年を菅田将暉が演じている。

兄のジンには松坂桃李が、いくら音楽が好きでも冒頭からヘビメタのガンガンとうるさい音を聞かされてはたまらない。それに、レコード会社のプロデユーサーが言う様に、今時ヘビメタは流行らないのに、本人はその煩すぎる音楽で一花咲かせようと頑張っている。

だが、やはり売れないし食えないしで、CD一つ作れるわけでもなく、ただ毎日のようにライブでガンガンとがなって歌っているのだ。父親に音楽の道を進むと言う兄のジンに対して、ジンのことを殴る蹴るの挙句に日本刀振り回すのには驚いたわ。そして、出て行けの一言。

その点では、弟のヒデが父親の願い通りに医者になって親孝行をして、その合間に音楽をすると言うのだが、やはり片手間に音楽は無理で、ヒデは大学1年生の時に落第をしてしまう。やはり両立は無理なのか?・・・しかし、同じ歯科大学のバンド仲間は、学業と音楽を両立しているのだ。

そのヒデのバンドの曲を聞いて、ヒデたちの奏でる音楽に才能を感じた兄のジンは、自分の夢を彼らに託すことにするのだ。しかし、弟のヒデは1年留年してしまい、そのことで父親に怒鳴られ一時音楽を止める決心をする。

そのことで、兄のジンは自分の抱いていた夢が弟のヒデのバンドで叶うと思っていたのに、ヒデに対して怒り狂う兄のジンなのだ。それでも、弟のヒデは本当にいいやつであり、兄貴のことを想いまたバンドをやることにする。

それで、兄のジンが父親に頭を下げてヒデに音楽をやらせてくれと頼み込むも、ダメだとばかりにぶっ飛ばされる。音楽でめしが食っていけるのか、音楽は人のためになるのか、と昔気質の頑固親父は言う。医者が一番だと。それで、父親に知られるのを避けるために、顔出しなしのデビューを試みるのである。

CDショップの店員役の忽那汐里ちゃん、それに両親には、麻生祐未、小林薫が扮しており、ヒデがCDショップに通い“海援隊”のCDを買う場面で、忽那汐里ちゃんが絶対にヒデと恋仲になると思ったよ。

父親も病院で、心臓手術を受ける女子高生の心の支えが、音楽だと言うこと。そこで、ヘッドホーンをして聞いていたのが、息子ヒデのバンドでGReeeeNなのだ。それに、誰もが思い通りの人生を送れるわけではないと思う。でも、GReeeeNのように、二足のワラジを履いて両方とも成立させて、成功させている人たちもいるのだ。かなりの努力は必要ですが、好きなものを二つも叶えることが出来るのは生易しいことではないと思うから。これはGReeeeNという音楽グループのデビューまでの物語であり、実話なんです。素直にはいり込めるとても素敵な曲でした。帰りにCDショップでGReeeeNの「キセキ」を買って帰ることにしました。

2017年劇場鑑賞作品・・・36映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
トラックバック (6)
この記事をはてなブックマークに追加

王様のためのホログラム★★★・5

2017年02月17日 | アクション映画ーア行
『クラウド アトラス』のトム・ハンクスとトム・ティクヴァ監督が再び組んで、デイヴ・エガーズの著書を映画化した人間ドラマ。がけっぷちの主人公が見知らぬ土地で奮闘するものの、異文化の中で次から次へと災難に見舞われる様子が、笑いを交えて描かれる。『しあわせへのまわり道』などのサリタ・チョウドリーが医者を好演。人生に行き詰まりながらも、必死に頑張る男の姿に元気をもらう。
あらすじ:大手自転車メーカーの取締役を解任され何もかも失ったアラン・クレイ(トム・ハンクス)は、何とかIT企業に再就職する。早速出張を言い渡された彼は、祖国から遠く離れたサウジアラビアのジッダにやって来る。アランはまな娘の大学の学費を稼ぐためにも、何とかして国王に最新鋭のテレビ会議システムである「3Dホログラム」を売り込もうとするが……。

<感想>家も家族もなくし、エリート人生から転落した主人公が、娘の養育費を払うため一念発起してIT業界に転職した彼が、サウジアラビアの国王の甥と知り合いだというだけで、一発逆転を懸け、サウジアラビア国王に最新デジタル映像機器である3Dホログラムを導入させるべく彼の地を訪れるが、そこには劣悪な環境とカルチャー・ギャップの嵐が待っていた……。

飛行機の中で、サウジアラビアの人々の中にスーツ姿のアランがぽつんと座っているユーモラスなシーンがあったり、時差の関係かすっかり寝坊してしまい、砂漠へ行くバスに乗り遅れてしまいタクシーで行くことに。そのタクシーの運転手兼、ガイドなので、目的地を言っても直ぐにそこへは行かずに遠回りをしたり、食事を食べようと誘ったりする。

目的地のオフィスは砂漠に立てられたテントで、Wi-Fiもつながらない。さらに、プレゼン相手の国王がいつ現れるのかもわからず、上司からはプレッシャーをかけられる毎日。またもや追いつめられるアランだったが、予想もしない人物から救いの手が差し伸べられる。

目的地の工業地帯は、砂漠でマンションが建っていて、1階には看板だけマックやケンタッキー、それにスタバの看板とかがずらりと。5階にこのマンションの営業マンがいるというので、エレベーターはまだ付いてなく階段を上ると錆びついてボロボロの階段。そして5階のドアを開けるとそこはエアコンが効いた豪ジャスな部屋で、スーツを着こなした営業マンが酒を飲んでいるのだ。その砂漠地のサウジアラビアは、お酒は法律で禁じられていて、酒瓶を持っていたり、飲んでいるのを見つかると刑務所に入れられる。

それに、サウジアラビアの王様が所有している会社の立派なことといったら、それでもただの営業マンだと足元を見られて、王様に面会したいのに、常に王様は海外を転々としていてつかまらないので困惑しきり。フロントの女性の進めでデンマークのパーティへ出るも、そこで中年美女に摑まりセックスを迫られるし。

いつになっても王様にプレゼンできない。予想外のトラブルの数々に見舞われながらも、せめて砂漠のテントのエアコンに昼の食事とかを改善して欲しいと言うと、突然王様が来るというので、ジュータンを敷き詰めたテントにエアコンや食事も、立派な椅子までもが。

ですが、タクシーの運転手ユセフには、コメディアンのアレグザンダー・ブラックが扮していて、面白いのなんのとタクシーの中では1980年代にヒットしたロックバンド「トーキング・ヘッズ」や「シカゴ」の楽曲が流れて楽しい雰囲気にもなる。

道路を間違って聖地モスクへも連れて行くし、自分の家にも連れて行くのはいいが、ついカメラで家の周りを撮り始め、それを見ていた者がアメリカのFBIなのかと厳しく質問し、つい出来心でそうだと言ってしまい、見張りの者たちが拳銃を持ちアランを撃とうとする。運転手ユセフに助けられたからいいものを、冗談半分に物を言うのは良くない。

ベテランのハンクスが演じる営業マンは、見知らぬ地へ営業にいってもガンバルというセールスマンを上手に演じているのが最高。過酷な砂漠のド真ん中に建っている大きなテント。
苦労の末にやっと王様に逢えてホログラムのプレゼンをするも、そのホログラムにあの少しだけベン・ウィショーが出てきます。

王様にホログラムが気に入られて購入ということになるも、またもや中国の業者が出てて来て値引きのホログラムを売りつけ、アランは負けてしまう。

それでも、悪いことばかりじゃあない。背中にできたコブを自分で切ってしまい、ばい菌が入って膿んでしまう。それにストレスで倒れてしまい、病院へと行くも、親切な女医さん(サリタ・チョウドリー)が付き添って優しく看護してくれる。それに、コブが悪性の腫瘍なので手術しないとダメだと言われ、手術をして美人の女医さんと仲良くなってしまう。

彼女の海辺の別荘へ連れていかれて、つかの間のバカンスを楽しみ、女医と愛し合うようになり暫くはサウジアラビアで暮らすことにするというハッピーエンドの物語です。
誠実な人柄で前向きに進んでいく主人公をトム・ハンクスが好演しているが、そこには笑いもあり、周囲の人々に助けられながらも再び人生を取り戻してくアランの姿に、観ていて心地のよい安心感に浸りますから。

2017年劇場鑑賞作品・・・35映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/

この記事をはてなブックマークに追加

君と100回目の恋 ★★★

2017年02月15日 | アクション映画ーカ行
シンガーソングライターのmiwaと「ヒロイン失格」の坂口健太郎の共演で贈るファンタジー・ラブストーリー。時間を巻き戻せる青年が、事故に遭うヒロインの運命を変えるために一途に奮闘する姿を描く。監督は「黒崎くんの言いなりになんてならない」の月川翔。
あらすじ:女子大生の日向葵海は、幼なじみの長谷川陸と組んでバンド活動に励んでいた。本当は陸のことが好きなのに、なかなか言い出すことができず煮え切らない日々を送っていた。そんな中で迎えた誕生日の7月31日。ライブが上手くいかずに激しく落ち込む葵海は、事故に遭ってしまう。ところが葵海が次に目覚めたとき、彼女は1週間前の教室にいた。やがて戸惑う葵海に陸が思いも寄らぬ事実を打ち明ける。なんと彼は時間を巻き戻すことができるというのだ。そして陸は愛する葵海の運命を変えるために奔走していたのだったが…。

<感想>シンガーソングライターのmiwaと、若手注目株の坂口健太郎の共演によるラブストーリーなんですが、交通事故に遭った葵海(miwa)と、彼女を救うためにタイムリープを繰り返す青春ラブストーリーもの。

彼氏役の陸の坂口健太郎の爽やかでかっこいい青年に、誰でもが惚れてしまうような感じがする。ギターも練習をして自分で弾いていたというし、劇中のバンド、"The STROBOSCORP"で歌を披露するところが見どころの一つでもある。「女の子を優しく守ってやるよ」という、胸キュンなセリフに、それが出来なかったからこそ、悔しくて何度もその過去へとタイムリープを繰り返すわけ。それくらいに、全面でスクリーンに映えていて素晴らしかった。
それに、前作「マエストロ!」(2015)に出演してから2作目となるmiwaは、さすがに作曲・歌はプロフェッショナルであり、彼女の音楽があってこその本作なんですね。でも演技の方は、まだ素人っぽい感じでいいんだけれども、そのところをカバーしているのが、恋人の坂口健太郎でもあるんですよ。

昔の古いレコードの音と同時に、時も刻むレコードを、過去に戻る装置に選んだのが良かったと思う。その古いレコードをかける度に過去へとタイムリープする。2016年7月31日18時10分の 夏祭りが、何回も、何回もですからね。小道具としてのアナログプレーヤー、それが落として割れてしまい過去へとループできなくなってしまう。陸は分かるんですね、葵海の生きている過去に何度も戻れても、亡くなってしまった彼女が未来にはいけないことを。

陸のおじさんが、陸のためにとお手製のチョコレート製のレコードが登場する場面。これって食べられるんじゃないの。実際にチョコレートのレコードは音が出るんですね。おじさんに扮した田辺誠一さんも、何となくチョコレートでレコードを作るなんてことは、普通じゃないってことなの。
確か以前の映画、「100回泣くことでも、交通事故で4年間記憶喪失の恋人と彼女が末期癌で1年という命の物語で、少し似ていましたね。

バンド仲間のベース松田直哉に竜星涼、ドラムに中村鉄太の泉澤祐希と、また直哉が葵海をずっと片思いをしていることも、何か切ない感じで観てました。しかし、4人といつも一緒で友達で、いろいろ世話をしてくれるのが葵海の親友の相良里奈に扮している真野恵里菜で、彼女はマネージャーみたいなもんだった。実は真野恵里菜はベース松田直哉が大好きで、でも彼は葵海に夢中なのね。

恋って、上手くいかないものかと思っていたら、なんと、葵海が留学することになり、日本を離れるにあたって好きな陸に告白をしたいと思ってたんですね。
ところが、先に直哉が葵海に「好きだ」と告白をしてしまう。それを、本当に好きな陸に相談してしまう。彼は「あいつはいいやつだ」としか言わない。煮え切らない陸に怒りを覚えて、つい里菜の前で「直哉でもいいか…」と言ってしまう。これは、直哉が好きな里菜が、怒って口を聞いてくれなくなってしまうのは当たり前ですから。

それが事故のきっかけではなくて、バラバラになった4人の親友が、ライブで上手く弾けなかったこともあり、その後に葵海がトラックに轢かれて亡くなってしまうんですけどね。背が高い健太郎と背が低いmiwaとのラブシーンはどうするのかと心配したが、図書室でハシゴを使ってのキスシーンに、なるほどねナイス・アイデアだと感心しました。
今まで、自分の目の前にいつもいた彼女が、突然に居なくなってしまうってことは、悲しいし忘れられないし、もう一度やり直したいと思ってしまうことは良くあることです。しかし、過去に何度戻っても、現在には、彼女はもういないんですから。泣ける映画と言うよりも、現在生きている人が、過去を忘れることなく前に進んで生きるという、ラブストーリーでありながら、SFでもあり青春に音楽と盛りだくさんな作品です。

2017年劇場鑑賞作品・・・34映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断★★★★

2017年02月14日 | アクション映画ーア行
水谷豊主演の大人気TVドラマの劇場版第4弾。50万人の観衆がつめかける日本選手の凱旋パレードに危機が迫る中、杉下右京とその4代目相棒・冠城亘が事件解決に奔走する。共演は反町隆史、仲間由紀恵、及川光博、六角精児ら新旧のレギュラー陣に加え、北村一輝、鹿賀丈史、山口まゆらが出演。監督は「探偵はBARにいる」「王妃の館」の橋本一。

あらすじ:ある日、英国で日本領事館関係者の集団毒殺事件が起こり、唯一の生き残りの少女・鷺沢瑛里佳が国際犯罪組織“バーズ”に誘拐される。しかし事件は表沙汰になることなく闇に葬り去られる。7年後、バーズのリーダー、レイブンが日本に潜伏しているとの情報を受け、国連犯罪情報事務局の元理事マーク・リュウが来日、特命係の杉下右京と冠城亘が案内役を務めることに。そんな中、何者かにより外務省のホームページがハッキングされ、鷺沢瑛里佳の現在の姿と日本政府に身代金を要求する動画が公開される。日本政府はテロ組織に対して毅然とした態度を示そうとするが、折しも銀座では、日本選手団の凱旋パレードが行われ、つめかけた50万人の見物客を標的にした大量無差別テロの可能性が明らかとなる。タイムリミットが迫る中、真犯人へと近づいていく右京だったが…。
相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ

<感想>2000年の誕生以来、毎回かかさず観ているので、それに再放送も現在TVで放送中であり、劇場版第4弾「相棒」を心待ちにしていました。今作では、少女誘拐事件を発端に、日本政府にレイブンは人質身代金9億円を要求するが日本政府はこれを拒否。謎の国際的犯罪組織が、無差別テロの対象としてクライマックスの「世界スポーツ競技大会」の祝勝パレードで、50万人を標的とした無差別テロ事件が展開されるさなか、特命係の杉下右京と相棒の冠城が事件解決のため、死力を尽くすさまを描いたもの。

主人公の杉下右京を演じる水谷豊の大ファンであり、彼のシビアで頭脳明晰なところと、ユーモアもある人情派でもある右京さんの演技にも感心しきり。それに相棒の4代目となる冠城亘の反町隆史さんの、背が高くてイケメンで飄々とした性格、それに主人公を出しゃばって喰ってないところも好きですね。

今回の物語では、戦前の歴史の裏側で苦悩した人たち。憎しみが倍増し日本政府に対しての哀しみに怒り、愛、いろいろな想いに葛藤しながら、それでも前に進まなければならない。日本人として忘れてはいけない部分をテーマ性にして盛り込み「相棒」らしい作品に仕上がっています。とにかく、ラスト近くでの50万人が集う「世界スポーツ競技大会」の祝勝パレードを狙ったテロという展開は、以前の日本では考えられなかったと思います。情報社会の現在、個人情報の悪用など犯罪の質も多様化している。そうした状況下で、人間はどうやって身を守るかを、今回も考えさせられました。

TV版のドラマでも「相棒」は、よく男同士の対等な関係とみなされる。だから、息の合った二人が、男同士の絆を深めて行く過程も映されます。そのなかでも鹿賀丈史さん扮する、国際犯罪組織「バーズ」を追って来日する「国連犯罪情報事務局」の元理事マーク・リュウを演じており、白髪で貫禄十分であります。

さらには北村一輝がバーズの主要メンバーで、すべてがベールに包まれた“黒衣の男”であり、スナイパーとして登場し、クライマックスでは冠城亘扮する反町隆史さんと激しいバトルを展開します。足の長い反町隆史のスマートなアクションに期待。

そして、右京さんたちの捜査をサポートするのが及川光博演じる2代目相棒であり、現在は警察庁勤務の神戸尊役の歴代相棒の共演も見どころの一つですね。

それに、冒頭のシーンで10歳で誘拐され行方不明となっていた少女・鷺沢瑛里佳に扮する「くちびるに歌を」の山口まゆらが熱演している。また、“相棒ファミリー”も勢ぞろいしており、甲斐峯秋役の石坂浩二、そして「Season15」で参戦した警視庁総務部広報課課長・社美彌子役の仲間由紀恵の姿をとらえていた。

それに、映画の見どころの一つが、頭脳明晰な推理はもちろんのこと、スクリーンでも走る右京さんの姿が、オープニングの雨の埠頭からクライマックスでの銀座のパレードまで各所で全力疾走を披露しています。

警察組織の枠組みを超えて活動する特命係は、捜査一課よりも早く現場に到着することが多々ある。伊丹刑事&芹沢刑事ら一課の縄張りを、右京さんは我が物顔で捜査してしまうのですから。それに、刑事部長に煙たがられる右京さんは、捜査会議からつまはじきされるも、かつての相棒の神戸さんらの協力を得て、またもや捜査本部より先に真実へと突き進むわけ。

警察庁と警視庁のお偉方が顔を揃える会議にも、臆することなく突入するのが右京流であります。誤った捜査方針を覆すため、理路整然と正論を言い放つ右京さんには、拍手を贈りたいですね。

そして、犯行声明の動画に映り込んだわずかな手がかりを頼りに、今は警察学校にいる元監視官の六角精児に、動画の中に聞こえる列車の音を調べてもらい、鷺沢瑛里佳が監禁されている、犯行グループ・パーズのアジトを見つけ救出するのだ。そこで、右京はすでに逃亡している犯人の標的が、大規模な凱旋パレードでの無差別大量テロだと気付くのですから。

そのアジトで見つけた戦時中と思しき古い写真から、それが今回の犯行動機を指す鍵とにらんだ右京は、事件の核心へと迫っていくのです。つまり、首謀者である真犯人は、あの白髪の○○○・リュウであり、追い詰めて行く右京が、50万人分の致死量がある化学物質をレイブンが、パレードでばら撒くことを阻止するために、右京さんがスナイパーに対して体を張って制するのは、お見事としか言いようがありません。

さすがに、クライマックスでのパレードのシーンですが、北九州市小倉の目抜き通り6車線を半日間封鎖して、3000人のエキストラを動員しての撮影。未曽有のテロの危機に向き合う右京と冠城の姿勢、“諦めない気持ち”が、事件に立ち向かう時に2人は決して諦めません。それが警察官である我々の使命なんだと言う。
劇場版「相棒」が描き続けてきた社会派なテーマ、2008年に公開された第1作から第4作にあたる今作まで、「相棒」劇場版が一貫として描いてきたのが、“国家の正義”であり、官僚の隠蔽工作や国防問題などといった、現代の世相をは反映した骨太なテーマに挑戦しつづけており、今作ではそのスケール感がアップしており、半端じゃないですからね。どうか劇場でご覧ください。

2017年劇場鑑賞作品・・・33映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
トラックバック (8)
この記事をはてなブックマークに追加

マリアンヌ ★★★・8

2017年02月13日 | アクション映画ーマ行
俳優だけでなくプロデューサーとしても活躍するブラッド・ピットと、アカデミー賞受賞監督ロバート・ゼメキスがタッグを組んだラブストーリー。第2次世界大戦下を舞台に、ある極秘任務を通じて出会った男女が愛し合うものの、過酷な運命に翻弄(ほんろう)されるさまを描く。ブラピふんする諜報(ちょうほう)員と惹(ひ)かれ合うヒロインをオスカー女優マリオン・コティヤールが演じるほか、『127時間』などのリジー・キャプラン、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などのマシュー・グードらが共演する。
あらすじ:1942年、極秘諜報(ちょうほう)員のマックス(ブラッド・ピット)とフランス軍レジスタンスのマリアンヌ(マリオン・コティヤール)は、ドイツ大使暗殺という重大な任務のためカサブランカで出会う。二人は、敵の裏をかくため夫婦を装い任務の機会をうかがっていた。その後、ロンドンで再会し次第に惹かれ合った二人は愛を育んでいくが、マリアンヌは愛するマックスにも打ち明けられない秘密を持っており……。

<感想>第二次大戦下を背景に展開される“信頼”と“疑惑”のラブストーリーであります。任務でカサブランカで夫婦を装った二人のスパイに、本当の愛情が芽生えて結婚をする。だが、やがて妻には信じられない疑惑が向けられ、苦悩する夫は何とか妻の潔白を証明しようとするのだが、・・・。「白い帽子の女」のブラッド・ピットが主人公の英国秘密諜報員に扮していて「マクベス」のマリオン・コティヤールとの初共演によるラブストーリー。

偽装夫婦とはいえ、一緒に住んでいる部屋で美しいマリアンヌの身体を見せつけられるマックスは、次第に好きになっていくのが分かる。初めはマックスを屋上に寝かせて、自分は寝室を占領する強欲な女を演じているマリアンヌ。

目の前に美しいドスレ姿のマリアンヌが立っていれば、誰だって惚れてしまうだろう。それに、マックスを演じたブラピだって53歳なのに、目じりの皺が消えて若返ってイケメンに戻っていた。皺とりの整形をしたという噂もあるが、何しろもともと美男子なので、昔のブラピを観ているような変身したいい男、またまた惚れ直したような、そんな感じがした。

そして、周囲の反対をよそに、マックスがマリアンヌにプロポーズをして諜報員同士がロンドンで結婚する。現場任務を外れ、デスクワークにいそしみながら、娘のアンも授かり平穏で穏やかな幸せな日々を送るのだが、ところがその幸せも束の間、マックスが上司に呼ばれて行くと、妻にドイツ軍スパイの嫌疑がかけられていることを知る。

しかけられた罠によって、72時間以内に真相を解明しそれが事実ならば、自身の手で彼女を始末するように命じられるマックス。懸命に妻のドイツ軍スパイの容疑を晴らすべく奔走する内、上司から禁じられてていたにも関わらずマリアンヌの潔白を証明しようと独自の行動を取る。

パリ時代のマリアンヌを知る負傷した軍人を訪ね彼女の写真を見せる。さらには単身フランスにまで飛んで証拠をつかもうとするのだが、やはり妻は二重スパイであることが分かり、ドイツ軍将校の前でピアノを弾いていたという情報を手に入れて、妻にピアノの前で弾けを命じるマックス。
マリアンヌは、娘を預けていた中年のおばさんが、実はドイツのスパイであって娘を人質に取り、マリアンヌに夫のイギリスの情報を知らせないと娘を殺すと脅迫されていたことを話すも、そこへイギリスの情報員たちが車で押し寄せて、やむなく妻を銃殺してしまうマックス。

それにしても、マリアンヌが脅されていたとは、夫のマックスに話していれば何とかなったであろうに。マックスの心は踏みにじられズタズタになって、結局はマリアンヌの言い逃れに過ぎないのか、とも思われる。
疑心暗鬼にとらわれるマックスは、最終的には真実を探ろうと決意し調べて行くうちに妻への愛も失せて行く。実際に映画を観ていればマックスの妻に対する認識が変わっていくに従い、ブラピの演技も変わっていくというのが分かる。ラストが切ない、飛行場へ娘を乗せて車で来て、妻に本当のことを言えと迫るマックスの悲痛な声が聞こえてくるような気がした。
2017年劇場鑑賞作品・・・32映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
トラックバック (11)
この記事をはてなブックマークに追加

サバイバルファミリー★★★★

2017年02月12日 | アクション映画ーサ行
「ウォーターボーイズ」「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~の矢口史靖監督が、ある日突然世の中から電気がなくなった、との奇想天外な設定の下、ある一家の決死のサバイバルの行方を、リアルなシミュレーションとユーモアを織り交ぜ、スケール感いっぱいに描き出した異色のロード・ムービー・コメディ。主演は小日向文世、深津絵里、『過ぐる日のやまねこ』の泉澤祐希、『罪の余白の葵わかな。

あらすじ:東京に暮らす鈴木家は、父・義之(小日向文世)、母・光恵(深津絵里)、息子の賢司(泉澤祐希)、娘の結衣(葵わかな)の4人家族。仕事一筋の父親・義之はどこか頼りなく、家族の心はすっかりバラバラ。そんなある日、いきなり電気が消滅するという原因不明の異常事態に遭遇、電池も使用不能で、電化製品ばかりか電車や自動車に加え、ガスや水道といった全てのライフラインも止まってしまう。最初はしばらくすれば復旧するとタカを括っていた一家だったが、状況はいよいよ深刻の度を増していく。水も食料も容易には入手できず、義之は東京を離れることを決断する。そして一家は自転車で、祖父のいる鹿児島を目指して旅立つのだったが…。

<感想>「もし電気がなくなったら」をテーマにオリジナル脚本で描いたコメディなんですが、平凡な一家が壮絶なサバイバルを展開していくのを描いています。今年で6年になりますが、私たちが住んでいる仙台では、大震災を経験しており、その時でも前々から町内会やTVなどで、もう1回(昭和53年6月に大きな地震が来ている)大きい大地震が起きると案じていたので、常に水をケースで買い置きし、米や乾パンにカセットコンロにボンベ、レトルト食品に缶詰など。それにトイレの消毒剤、お風呂にはいつも水を貯めておくとか、そんなのは震災が来る前から準備をしていたので、なんとか家にいて一家全員で3か月間生き抜きました。こんな時こそ、家族の団結というか、カレンダーの裏にマジックで計画を立てて、家族全員で仲良く暮らすようにしておりましたね。

だからって分けで、この映画に興味があったので鑑賞したのですが、やっぱ映画だからか、観ていて危機管理がなってないし家族もバラバラで、一番の大黒柱の父親がてんでなってない。でもこんな時こそ母親が力を出して家族をまとめる役をする。
子供たちも、こんな非常事態の体験は初めてであり、両親に頼り切りになっていないで、自分たちが出来ることは自分でやるというのもいいですね。まずは自転車で妻の実家である鹿児島へと、初めは大阪では電気がついているという情報があったので、高速道路を自転車で大阪まで向かう。

その間にこの危機的状況を楽しむ斎藤一家に出会うのですが、それが家族揃ってアウトドアが趣味であり、サバイバル術に長けた彼らから、食べられる雑草とか栄養価の高い虫の情報を仕入れます。

斎藤一家には、夫に時任三郎、妻には藤原紀香、息子に大野拓朗、志尊淳が演じている。でもね、いいカッコしいして、なんですかこの家族にはムカつきますから。しかし、道端の雑草は知らないと、毒草もあるのでやめましょう。それと、虫もダメですから。

それにしても、一体どうしてなのか、原因も分からずにただ家の中で家族が愚痴を言い合って暮らすよりは、外へ出て自然と向き合い、昔の時代の暮らしぶりを体験するのもいいでしょう。戦時中はお金よりも米と交換するのに、母親は田舎へリュックを背負って行き、自分の嫁入りの着物や家財道具など贅沢品を持って米に変えてもらったそうです。ここでも、米屋の渡辺えりこさんは、高級時計ローレックスに金のネックレスなどとは交換しないといい、鈴木家の母親は父親が大事にしていた高級ウィスキー2本に、水と米一俵に裏に放置していた自転車と交換してもらうのだ。頭がいい、母は強しってことだね。

この家族は高速道路から外れて、田舎道を自転車で歩いていたら、田んぼに豚がいるのを見つけて捕まえて食べようと奮闘する場面がある。だが、その豚は飼い主がいて、農家で爺さんが一人で住んでいる家で、豚をみんなで捕まえてくれたら、燻製にした豚肉を分けてあげるからと。そして、3か月ぶりにお風呂(五右衛門風呂)に入り、水は井戸水で飲み放題で、美味しいご飯に漬物と豚肉の燻製までご馳走に成り、柔らかい布団で寝るという幸せな時間を過ごす一家。

そこでは、養豚業を仕事とし、強面な印象をもつ男の田中善一を「じんじんの大地康雄が演じております。長男夫婦が外国暮らしで、田舎に一人で寂しい暮らしをしている田中さんは、鈴木家の父親に、この田舎に残ってみんなで暮らしてくれないかと相談を持ちかけてきます。でも、父親は妻の実家の鹿児島めがけて行く計画を立てて、これからも鹿児島めがけて行くということに。

しかしですよ、せちがらいというか、水もコンビニで初めはぼったくりの1600円だったのが、暫く自転車で走るとスーパーでは同じ500ミリペットボトルが2500円と跳ね上がり足元を見てのあこぎな商売をしているのだ。しかし、そこで母親の深津絵里さんが、そこにある水を全部買うから値引きを交渉するのですね。
もっと驚いたのが暗いトンネルを通る時に、手前で地元のお婆さんたちがトンネルの道案内をしてやると料金を取るのだ。金を払わずに家族は自転車を押して暗いトンネルへと入ると、中には車が止まっていたり何かぐにゃとする物を踏んだり、人間が死んでいるというのだ。お婆さんたちは、家族の首に鈴を付けてロープで体を結んで、トンネルの中の障害物を避けながら見事に抜け通せたのだ。

それに、水族館の魚を捌いて料理して炊き出ししているのにはびっくりした。しかし、鈴木家が気が付くのが遅いので、炊き出しには間に合わなかった。

マッチもなくなり、必死の形相で火を起こそうとする小日向文世演じる父親と、彼を虚ろな目で見つめる深津絵里演じる母親。手には餅を持っているし、スーパーの横で火を起こしているという不思議なシーンになっています。それに、子供たちはスーパーに入って、残っていた猫缶とバッテリー液をたくさん持って帰ってきます。

猫缶はツナ缶なので食べられますが、なにせ味付けがされていないのでまずい。マヨネーズとか塩、醤油、砂糖とか、常備してこなかったのでしょうかね。バッテリー液は、中身は精製水だそうで飲めるんですね。その前に、父親が川で顔を洗ったりして、その川の水を飲んでしまうんですよ。「うんめえ~」なんて言ってね、それからが大変で気の毒に下痢をして水当たりですよ。

ちょうど夏の季節で良かったですよね。着る物も薄着で野宿するにもビニールを被ったりして、嵐が来て避難するにも川の橋のしたは増水して危険なのに、自転車が飛ばされてパンクになり、荷物もビニール袋に入れとけば良かったのに、吹き飛ばされて汚くなり食べ物も飛ばされて無くなってしまう。

とにかく、家を出る時にもう少し計画的に持ち物を考えるべき。ゴミ袋は結構役に立つし、新聞紙も、かさ張らないポケットテッシュも大量に買って置くと便利ですよ。それに、餅とかチョコレート、飴、ガム、常備食にいいですよね。でも、家族全員自転車を押しながら一列で歩いているシーンに、どこか哀愁が漂ってよかった。

それにしても、仙台から山口に九州と日本全国をロケして回り、撮影の過酷さでも話題になった『サバイバルファミリー』ですが、その過酷さが感じられるシーンがたくさんあり、家族総出で豚を追い回したり、川を渡るのにイカダを作って流れの急な川を渡るシーンでは、大雨も降ってきて川が増水し、父親が流されてしまうというショッキングな事態が。お母さんも足を骨折して、それでも、父親はドザエモンにならずに助かって、108日目に蒸気機関車に乗って鹿児島へと無事家族揃って行き着くのですから。
釣りが趣味という祖父に柄本明が演じていて、鹿児島で娘夫婦の家族を食の面で支えてくれるのがいいですね。こんなことが無ければ、祖父のいる遠い鹿児島まで来ることはなかったに違いない。鈴木家の父親の小日向文世さんの演技の巧いことといったら、それに母親の深津絵里さんも、どこか飄々としてのんびり感が癒しで実に良かった。
観ていてツッコミどころが満載なんですが、病院とか老人ホームとか、亡くなった人たちも大勢いるのに、何故か知らされていない。こんな時に政府は何をしているのか、何年間もの間、人間は自給自足をして生きるべく努力をし、みんな力を合わせて暮らすのでしょうかね。ラストで原因が明らかにされていません。政府もなんとか政策を立てないと、その内に暴動が起きますからね。
2017年劇場鑑賞作品・・・31映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
トラックバック (9)
この記事をはてなブックマークに追加

ダーティ・グランパ ★★★

2017年02月09日 | アクション映画ータ行
名優ロバート・デ・ニーロと、『恋人まで1%』などのザック・エフロンの共演で放つ痛快バディムービー。真面目過ぎる孫と奔放過ぎる祖父が旅に出て、行く先々で大騒動を巻き起こす様子を生き生きと描写する。メガホンを取るのは『ブルーノ』などサシャ・バロン・コーエン作品に携わってきたダン・メイザー。デ・ニーロの体当たりのギャグ、祖父と孫の珍道中に笑いがこみ上げる。
あらすじ:1週間後に挙式予定のカタブツ弁護士ジェイソン(ザック・エフロン)は、祖母の逝去の知らせを受けて葬儀に参列する。彼は一人残された祖父ディック(ロバート・デ・ニーロ)に半ば引きずられるように、祖父母の思い出の場所フロリダへと旅に出る。ところが、ディックは40年ぶりの独身生活をエンジョイし、朝から酒浸りで葉巻を吹かし、ナンパに明け暮れ……。

<感想>もう自由すぎるグランパと、生真面目すぎる孫との二人旅という設定は、正直いって使い古されたパターンですが、セリフのセンスと演技の味でなんとか勝負しています。そして、それはかなり上手くいっていると思う。

下品で違法下ネタ満載のギャグは、相当におかしくてデ・ニーロとザック・エフロンの息の合った掛け合いで愉しませてくれます。デ・ニーロと言うと、大御所ですからね、昔はギャング映画の親分を演じて大受けしたり、今じゃコメディでしか見かけなくなったデ・ニーロ爺さん。しかし、どんな役柄でもインパクトがあり過ぎて、若いザック・エフロンはタジタジで霞んで見えましたよ。

アメリカン・コメディ映画の「ハングオーバー」作品を、彷彿とさせるような花婿の孫であるジェイソン君の、バチェラーパーティをお祖父ちゃんであるデ・ニーロが、主導権を握って物語を展開させている。

長年連れ添った妻を亡くして落ち込むどころか、妻亡き後のリビングで、堂々とAVビデオを見て興奮しきりで男を爆発させていた。それからと言うものの、男の自由を取り戻して意気盛んなグランパが、孫との旅の途中で真面目過ぎる孫を焚きつけてやりたい放題ですから。

下ネタを炸裂させるわ、孫役のザック・エフロンの肉体美を見せつけるも、結局はグランパ役のロバート・デニーロがエッチな場面も含めて、全部持って行ってしまったという感じがぬぐえない。

デ・ニーロ爺さんったら、女性と見ればすぐに声を掛け、スキあらば体を密着させてニヤつくし。さらには過激なベッドシーンまで披露するなんてね。思わず心配しちゃうハチャメチャ・シーンの連続ですから。ラストでひ孫の洗礼式かと思いきや、あのベッドシーンの女性と結婚して、子供ができたということなの。ひ孫じゃなくて自分の子供なのね。これにはびっくりでした。

それにデ・ニーロ爺さんが、アイス・キューブの名ナンバー「It Was A Good Day」のカラオケに挑戦します。ザック・エフロンも、見事な歌とダンスをきっちりと披露するのも感心しきりです。それに、バカ真面目に冒頭で婚約パーティをしていた場面があり、それから爺ちゃんと旅に出るのだが、旅先で出会った元カノとよりを戻したような、最後にはその彼女と結婚することになるとはね。

爺さんの親友も今では老人ホームで車椅子生活。現実を突きつけられてしょんぼり。その親友を演じるのはダニー・グローバー。すっかり老いてしまった彼を見て、ちょっと寂しさを意識する。デ・ニーロ爺さんが、実は特殊工作員でしたみたいなネタは「ミートザペアレンツ」で大ウケでしたね。

父親と祖父ではワンクッションあるとはいえ、同じようなエピソードでも人が変わればここまで違うものかと感動してしまった。それにしても、デ・ニーロ爺さんの、やりたい放題のキャラクターになりきり演技に、下ネタ満載のセリフや裸体を披露しての、ザック・エフロンと共に体を張った演技に拍手です。

とにかく際どい脚本はないとデ・ニーロが言うが如く、際どくて破天荒な老人映画ですから。張りぼてを股間に付けた男や、顔に○○スを描いた父親が乱舞し、卑語猥語が盛大に飛び交う映画ですが、H大好きなお客さんには、きっと楽しめること間違いなし。

2017年劇場鑑賞作品・・・30映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
トラックバック (9)
この記事をはてなブックマークに追加

ブラック・ファイル 野心の代償 ★★★

2017年02月08日 | アクション映画ーハ行
大手製薬会社の薬害問題を追及する野心家の若手弁護士が、人間のさまざまな欲望が絡み合う陰謀に巻き込まれるサスペンス。『トランスフォーマー』シリーズなどのジョシュ・デュアメルが主演を務め、オスカー俳優アル・パチーノとアンソニー・ホプキンスが共演を果たす。さらに『G.I.ジョー』シリーズなどのイ・ビョンホン、『ウォッチメン』などのマリン・アッカーマンらが出演。テレビドラマ「ザ・フォロイング」などで脚本を手掛けてきたシンタロウ・シモサワがメガホンを取る。
あらすじ:アメリカ屈指の製薬会社の薬害問題を追うチャールズ・エイブラムス(アル・パチーノ)率いる弁護団は、決定的な証拠を見つけられずにいた。チャールズの事務所に所属する野心家の弁護士ベン・ケイヒル(ジョシュ・デュアメル)は、ある女性から製薬会社の秘密の臨床ファイルを手に入れる。しかし、それを機にベンは人間の欲望に振り回され、思いも寄らぬ状況に追い込まれていき……。

<感想>とにかくアル・パチーノとアンソニー・ホプキンスが共演という御大と、殺し屋のイ・ビョンホンに主人公がジョシュ・デュアメルという素晴らしいキャスティングに惚れ込んで観た。ですが、それほどに巨匠俳優2人を巧く使っているように見えなかった。

『トランスフォーマー』シリーズなどのジョシュ・デュアメルが弁護士という設定も心配になったものの、アンソニー・ホプキンスとアル・パチーノ扮する怪物キャラに翻弄されまくる役柄を演じると言う点では、その薄っぺらい感じが功を奏して中々のハマり役ぶりを見せていた。

ストーリーも「ザ・ファーム/法律事務所」に「ゴーン・ガール」を掛け合わせてみました的な感じで真新しくもないのだが、2人の御大がやたらと物語を引っ張るし、いいところをさらっていくので最後まで観てしまう。
しかし、大手製薬会社のCEOであるホプキンスの愛人、エミリーが誘拐されて、身代金250万ドルを要求してきた。これも、CEO自ら金を持って、エミリーを誘拐した犯人のところへ行くというのも変ですから。美術館で身代金を持ったホプキンスが、犯人と思われる男をぶん殴ってしまうところも変。飛び切りヤバいファム・ファタルが登場して、セックスとバイオレンスが物語を駆動するのですから。つまり、フィルムノワールのエッセンスが詰まった映画ですね。

その間に、愛人の女が主人公の弁護士を誘惑するシーンもあり、この女の狂言誘拐だとすぐに分かる。ですが、このエミリーが殺されてベンの自宅のソファに寝ているのには驚いた。ベンを殺人犯に仕立て上げるとは。誰が、いったい何のために仕組んだのか。

結局は、若い弁護士ベンを巡っての仲間の恨みとか、妻が医者なのだが夫と上手くいってないのだ。つまり、子供を流産してしまい、その後傷心の妻は夫が浮気をしているのではと勘繰り、エミリーの部屋に行き夫との中を問い詰めて、つい魔がさしたのか殴り合いになり、エミリーが薬をやっているので、倒れた先の角に、頭を打ち付けて死んでしまう。

すぐにでも救急車を呼べば助かったものの、妻は傍に殺し屋のイ・ビョンホンがいたので、自分の家へ運んでもらう。イ・ビョンホンは、アーサーの薬害の被害者であり余命宣告をされていた。だから、彼がエイブラハムに手を貸したのは、その真実を知りたかったから。まさか、アーサーとエイブラハムが癒着しているとは。

弁護士ベンの上司のアル・パチーノは、したたかな上司でホプキンスの会社の薬害問題の訴訟をやりたいので、ベンに頼むのだが、自分の大事にしている高級万年筆をベンに差し出して、絶対に勝ち取るようにとベンに期待する。それが、あっさりとホプキンスは負けを認めて、4億を支払うことに。3億は被害者に、後の1億はエイブラハムが勝ち取るのですから。
ですが、妻が愛人のエミリーを殺し、ベンが殺し屋を教会で殴り殺す。それに、ラストで呆気に取られてしまったのが、アル・パチーノが拳銃自殺をしてしまうところ。何気ない顔で
大物なのは、アンソニー・ホプキンスだと言うこと。
何ですか、穴だらけのぎくしゃくとした変な構成なのだが、本当に面白いのは、この監督が明らかにハリウッドのメインストリームとは違う映画にしようとしているところにある。意識的なフレーム使いや窓越しのショット、たっぷりのカメラの回転など、あの監督やこの監督を思い出してしまった。

2017年劇場鑑賞作品・・・29映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/

この記事をはてなブックマークに追加

疾風スプリンター ★★★★

2017年02月07日 | アクション映画ーサ行
「密告・者」「激戦 ハート・オブ・ファイト」のダンテ・ラム監督が、自転車プロ・ロードレースの世界を舞台に贈るアクション・ドラマ。出演は「激戦 ハート・オブ・ファイト」のエディ・ポン、「サンザシの樹の下で」のショーン・ドウ、「ヘリオス 赤い諜報戦」のチェ・シウォン。チョン・ジウォンがエースを務める自転車ロードレースチーム“レディエント”にアシストとして所属することになったチウ・ミンとティエン。2人の活躍でチョン・ジウォンは勝利を重ねていくが、やがてレディエントは資金難に陥り、3人は別のチームに移籍して、それぞれがエースとなって対決することになるのだったが…。

<感想>世界的に自転車ロードレースのファンは多いらしい。うちの娘もツール・ド・フランスの実況をいつも見ているので、つい一緒に見て熱くなってる。あの「疑惑のチャンピオン」で、ランス・アームストロングがドーピングをしていたという映画も昨年観たばかり。そこへ台湾各地で連載し、世界をめざすロードレーサーの物語の登場ですが、苛烈なライバル競争とともに、資金をめぐる裏話がシリアスでありました。

しかも俳優たちが実際にトレーニングを受けて、自転車に乗っているというから驚く。だからこそ、レースの迫力は満点で表情にも嘘が見られませんから。スタントマンを使わずに、俳優がレーサーを演じきっており、街中を駆け抜け、砂漠の中を走り、山道をもがくように登っていくたくさんの自転車と、それぞれ色とりどりのユニホームを着た選手を見せる、映像美の綺麗なことといったらない。

それは命がけで迫力はあるものの、けが人続出と言う宣伝用の記事を読むと心が痛む。ですが、ドキュメンタリーかと見まがうオープニングの後で、ここがクライマックスなんじゃないかと思えるド迫力のシーンが早くも登場する。しかし、それですら序の口で、次々と登場するレースシーンの凄さはもう、観てもらうしかないでしょう。猛烈なスピード感と、その運動に伴なって空間が開けて行く圧倒的な爽快さに目が釘付けになってしまう。

レースシーンの一貫したリアリティに比べ、のどかな女性スプリンターのシーヤオを巡る三角関係のロマンス劇は、必要ないと思うのだが、それが思っていたほど単純明快な物語ではないと、やがて分かって来る。そこに競技人生を左右するケガ、再起不能かと思われたどん底からの手術、ドーピングを乗り越えての復帰まで盛り込まれており、面白さもてんこ盛りなおである。

初めアシストにミンのエディ・ポンと、ティエンのショーン・ドウが、エースのジウォンの補助的な役割をしているも、いつかは自分たちもエースの座を勝ち取りたいと懸命に励むのだが。男女問わずに出てくる者たちが、どこまでも熱くて爽やかで正々堂々としているのが良かった。

そこにただでさえスピーディなロードレースの描写が乗っかるので、スイスイと観てしまう。だが、やはり上位を走っている者たちの熾烈な戦いは、トンネルの中でド付き合いの喧嘩でもしているかのように、1位の座を奪いとるかのように、2位の者を蹴散らかしても優勝したいのだ。

スピードの勝負であるとともに、過酷な格闘技を観ているかのような側面もあり、戦略と体力と集中力すべてに優れた者だけが勝者になれる、厳しくも美しい世界なのであります。
ですが、舞台も台湾南部の高雄や武嶺峠、スイスのマッターホルン、韓国の競輪場と上海など風光明媚な場所から、欲望ギラつく場所までグルグルとめぐる上に、主人公のマディソン競技までやらせたりと飽きさせないところもいい。ですが、各キャラの設定や造形がお決まりな感じであり、展開も予定調和ゆえにグイグイとこないのも正直なところでした。

2017年劇場鑑賞作品・・・28映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/

この記事をはてなブックマークに追加

フィッシュマンの涙 ★★★・5

2017年02月06日 | アクション映画ーハ行
イ・チャンドンが製作総指揮を務めた異色のファンタジー・ドラマ。新薬の治験で副作用から不気味な魚人間になってしまった青年の悲哀を、社会風刺を織り交ぜつつユーモラスなタッチで描き出す。出演はイ・グァンス、イ・チョニ、パク・ボヨン。監督は長編デビューのクォン・オグァン。真面目なフリーター青年パク・グは、高額の報酬につられて参加した新薬の治験で副作用を発症し、上半身が魚の姿になってしまう。テレビ局の見習記者サンウォンは、そんな“魚男”の存在を暴き出し、製薬会社の不正を告発する。その活躍によってサンウォンは念願の正式採用を勝ち取る一方、パク・グも魚男として一躍国民的スターとなるのだったが…。

<感想>ギョギョギョッ! 映画ファンの間で、今、フィッシュマンがキテる!  キモくてかわいくて笑って泣ける、“全く違う”社会派モンスタームービー
まさに“リアルさかなクン”!? 国民的スターになっちゃう彼から目が離せない!なんてね。魚のハリボテを俳優がただ頭からかぶっているだけで、特殊メイクやCGによる本物らしさなどハナから無視しているのだから、リアリティを云々する方が野暮ってもの。

主人公の青年が割のいいバイト感覚で新薬の治療に参加。その副作用で半人半魚の怪物=フィッシュマンになってしまう。製薬会社から慰謝料を搾り取ろうとする父親、人体実験に異議申し立てする圧力団体。世界の食糧の危機を救うノーベル賞級の新薬発明に水を差すなという愛国者たち、・・・。

世論が白熱する中、フィッシュマンはあくまでもポーカーフェイスを守る。表情筋による感情表現など一切ない、それはハリボテだから。でも、だからこそ半魚人になってしまったごく平凡な青年の悲哀が、その顔には貼りついているようで、これまでの映画の中で出会ってきた怪物たちへの連想に誘われるのだ。

ですが、グロテスクなのは本人以上に彼の自称、恋人や父親、親友、弁護人ら周囲の人間たち。彼らは口いっぱいに泡を飛ばして言い分をまくしたてるだけ。モンスター本人はというと、ただ立ちすくんで恐縮するばかり。周囲が大きな声でワァワァと主張し、他者は苛立ちと嫌悪の対象でしかないのだ。

下半身が魚ならロマンチック・コメディになるが、上半身が魚だとホラーになる。さて、こちらの魚男は風刺劇であり、貧乏フリーターが製薬会社の臨床実験の結果、突然変異__なんて事情は、大衆の同情が集まり人気者になるが、すぐさま立場が逆転し、石持て追われる身となるなんてな展開にも。

行き場のない彼と関わる新米TV局記者と恋人の騒動は、思わぬ展開へと進んでいくのだが、気弱で優しく、競争社会からこぼれ落ちてしまったような魚男。

韓国全土を巻き込んだ狂騒を逃れるように、フィッシュマンは忽然と姿を消す。それは、どんどん魚化してゆく身体が求めるままに、陸から海へと帰ることを選ぶのだ。だから深海という無際限の場所で、生き生きと泳ぐフィッシュマンの姿に、涙しない理由などない。ユーモアと社会風刺の効いたテイストが絶妙だが、最後をファンタジーにしてしまったのが惜しかった。
物語も人物描写もパターンというか、型にはまった味気無さを感じてしまう。そこが食い足りなくて残念な結果になってしまっているようですね。

2017年劇場鑑賞作品・・・27映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

未来を花束にして ★★★★

2017年02月05日 | アクション映画ーマ行
実話をもとに、1910年代のイギリスで参政権を求めた女性たちの姿をキャリー・マリガン主演で描いたヒューマンドラマ。1912年、イギリス・ロンドン。洗濯工場で働く24歳のモードは、同僚の夫と幼い息子の3人で暮らしていた。ある日、女性参政権運動活動家である友人に代わって公聴会で証言し、「今とは異なる生き方があるのでは?」という疑問を持つようになる。それがきっかけとなり、モードはWSPU(女性社会政治同盟)のリーダーであるエメリン・パンクハーストの演説を聞き、デモにも参加するようになる。しかし、女性の政治活動を不満に思う男性も多く、夫からは家を追い出され、息子と会うことも禁じられ、さらに工場長からもクビを宣告されてしまう。マリガンが主人公モードを演じ、実在の人物エメリン・パンクハースト役のメリル・ストリープのほか、ベン・ウィショー、ヘレナ・ボナム=カーターが出演。

<感想>20世紀初頭、参政権を求めて戦ったイギリスの女性たちの勇気ある行動を、史実に基づいて描く歴史ドラマです。主演は「華麗なるギャツビー」のケアリー・マリガンで、それに「アリス・イン・ワンダーランド」のヘレナ・ボナム・カーター、アン・マリー・ダフ、らが共演。

それにサフラジェット運動の実在したカリスマ的リーダー、エメリン・パンクハースト役はメリル・ストリープが、彼女の「すべての娘たちはこの歴史を知るべきであり、すべての息子たちはこの歴史を心に刻むべきである」。の言葉が、胸に響きます。

そして注目の男優陣では「白鯨との闘い」のブレンダン・グリーソン、妻モードとその夫役として「007」シリーズのほか、「リリーのすべて」でも注目を集めたベン・ウィショーが出演している。夫にしても息子への愛はモードと同じながらも、妻の行動には賛同できず辛く当たってしまう複雑な役柄に注目。そして、夫は妻が投獄されている間に息子を金持ちの夫婦に養子に出してしまうのだ。

そして未来を担う子どもたちのために声を上げた彼女たちは「サフラジェット」と呼ばれたが、その真の姿が、本作で初めて映画化された。中でも参政権運動を展開するリーダー的存在の、9回の逮捕歴のある薬剤師イーディスを紹介されて運動にかかわっていくモード。ちなみにヘレナ・ボナム・カーターが演じているのも注目です。

ですがモードは、そのことが知れて夫は家に入れてくれず、工場までクビになる始末。ネグラを教会の隅っこにマットレスを引いて毛布に包まって夜を過ごすのです。もう彼女には、参政権運動に身を捧げる道しか残されていない。2度目の投獄では、モードは食事を受け付けないハンストをして、身を細らせていつ死ぬか分からない状態。そんな時は、医者と看護婦が駆けつけて来て、口からチューブで食事を流し込むという過激さも見られる。その他にも、殴られたり蹴られたりとケガが絶えないのだが、死人がでると一大事になり、刑務官たちもクビになりかねないからだ。

その後は、女性たちはショーウインドウへの投石したり、大臣の別荘にダイナマイトで火を付けて爆発させたり、郵便ポストの中へダイナマイトを入れて爆破したりと、さらに過激になっていく。しかし、どんなことをしても政府は女性の参政権を認めない。街中での警備も厳しくなり、競馬のダービーが始まる競馬場へ向かうモードと友達の2人。

イギリスの王様の馬も出馬するというので、王様も来ている。その王様の馬が走って来るのをめがけて、モードの友達が柵をくぐって馬の前に出て蹴られて死んでしまう。これが新聞にも取り上げられ、彼女の葬儀は国で大々的に行われた。その後、やっと婦人参政権が認められるという物語。
日本でもこの運動こそ行われなかったようですが、戦前では男尊女卑の世界で、女性が政治に参加することもなく戦争に駆り出される女性の姿(ひめゆり部隊)が、数々の映画の中で描かれています。戦後の昭和の日本、ちなみに1945年12月に民主化によって、婦人参政権が認められたそうです。平成になってバブルが弾けてからの日本、2000年に入ってからの日本の姿は目覚ましいものです。若者が中心になってこれからの日本を背負っていくためにも、未来の子孫のために子供を産むだけの女ということではなくて、もっと女性が活躍する場所を認めて欲しいと思いますね。
2017年劇場鑑賞作品・・・26映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

破門 ふたりのヤクビョーガミ ★★・5

2017年02月04日 | アクション映画ーハ行
黒川博行の直木賞受賞作「破門」を、佐々木蔵之介と関ジャニ∞の横山裕の主演で映画化したハードボイルドアクション。映画製作出資金を持ち逃げされたこわもてヤクザと建設コンサルタントが、詐欺師を追って資金回収に奮闘する中、組同士のトラブルに巻き込まれていくさまを描く。監督は、『マエストロ!』などの小林聖太郎。主演の佐々木と横山をはじめ、北川景子、橋爪功、國村隼らによる掛け合いにも注目。
あらすじ:建設現場での暴力団対策の仕事を通じてヤクザの桑原保彦(佐々木蔵之介)と知り合った建設コンサルタントの二宮啓之(横山裕)は、ある日桑原のいる二蝶会に映画製作企画を仲介する。しかし企画を持ち込んだ映画プロデューサーの小清水(橋爪功)は、二蝶会が用意した出資金を持ったまま姿をくらます。桑原は二宮を巻き込んで小清水を追い、関西からマカオまで資金回収に奔走するが……。

<感想>黒川博行の直木賞受賞作「破門」は未読ですが、佐々木蔵之介がヤクザを演じるというので観ました。昨年の「超高速!参勤交代 リターンズ」でお殿様を演じていたのが良かったのですが、ヤクザも見事にハマっていて、目ん玉むき出しにして殴りかかるところなんて、思わず吹き出しましたね。

アクションの捌きもカッコいいし、インテリヤクザっぽくてこれはこれで面白かったです。対する相棒の関ジャニ∞の横山裕も、彼に引っ張り回されて子分でもないが、金の絡みで仕方なく付いていくというヘタレの感じが良く出ていたし、キムラ緑子の母親と向き合うシーンもいかにも普通の親子と言う感じが出ていた。

ですが、ヤクザがあまりにも簡単に騙されることって不自然だと思うのだが、作劇的に上手くいってないのか、仕掛けは実に複雑なんだろうが、ヤクザの金を騙して、その金で女とマカオにトンずらするっていう、映画プロデューサーの小清水もしたたかなもんだ。

だから、騙されて金を持ち逃げされても、直ぐに捕まって、しかし、何だかまた逃げられるという可笑しさが喜劇でいい。

だからなのか、全編で、追っかけに次ぐ追っかけでは、スピード感があって、捕まっては逃げる詐欺師の橋爪功のしぶとさが効いていて面白かった。

ヤクザの親分に宇崎竜童や、國村隼、他多数出演していて、それに北川景子が横山裕の事務所に出ていたけど、ほんの少しの出番で華を添えていただけなの。これはもったいないですよね。でもね、マカオにしても写真だけでロケしてないし、ヤクザ映画の「土竜の唄 香港狂奏曲」には絶対に負けているよね。

2017年劇場鑑賞作品・・・25映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
トラックバック (8)
この記事をはてなブックマークに追加