きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

東バ「ロミジュリ」上演延期

2011年08月31日 | バレエ・ダンス
東京バレエ団で、2012年1月に上演が予定されていました
ノイマイヤー版の「ロミオとジュリエット」ですが、
2014年に延期となりました。

 → 2012年1月・2月 NBS主催バレエ公演のお知らせ/東京バレエ団初演「ロミオとジュリエット」公演延期のお知らせ(NBS)

「2012年1月に東京バレエ団初演を予定しておりました、
 ジョン・ノイマイヤー振付「ロミオとジュリエット」は、
 福島第一原子力発電所の事故の影響により、
 当初予定していたリハーサル期間に、
 振付指導者が来日することができなくなったため、
 初演を2014年に延期することになりました。」

とのことです。
残念だけど、仕方がないですね。
来年1月ではなく
14年、ってことは、
そこまでノイマイヤー側のスタッフが
確保できないってことなんでしょうね。
14年なら、ロミオは弾くんかなあ。
ジュリエットが二階堂さんとか?
いずれにせよ、世代交代したところでの上演ですね。


代替公演は2つ。
ひとつは、マラーホフをゲストに迎えて
「ニジンスキー・ガラ」。

東京バレエ団<ニジンスキー・ガラ>
●公演日程
 2012年1月12 日(木) 7:00p.m.
 2012年1月13 日(金) 7:00p.m.
 2012年1月14 日(土) 3:00p.m.
●会場:東京文化会館
●上演作品
 「ペトルーシュカ」 主演:ウラジーミル・マラーホフ
  (振付:M.フォーキン、音楽:I.ストラヴィンスキー)
 「レ・シルフィード」
  (振付:M.フォーキン、音楽:F.ショパン) 
 「薔薇の精」
  (振付:M.フォーキン、音楽:C.v.ウェーバー)
 「牧神の午後」
  (振付:V.ニジンスキー、音楽:C.ドビュッシー) 
●出演
 ウラジーミル・マラーホフ(ベルリン国立バレエ団)
 東京バレエ団 ほかゲストを予定
●指揮:ワレリー・オブジャニコフ
●演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団


もひとつは、コジョカル・ガラ。
<アリーナ・コジョカルと仲間たち(仮題)>
●公演日時
 <Aプロ>
 2012年2月17日(金) 6:30p.m.
 2012年2月18日(土) 3:00p.m.
 2012年2月19日(日) 3:00p.m.
 <Bプロ>
 2012年2月21日(火) 6:30p.m.
 2012年2月22日(水) 6:30p.m.
 2012年2月23日(木) 6:30p.m.
●会場:ゆうぽうとホール
●上演作品
 「ザ・レッスン」(振付:F.フリント、音楽:G.ドルリュー)
 「エチュード」(振付:H.ランダー、音楽:C.チェルニー、K.リーサゲル)ほか
●出演
 アリーナ・コジョカル(英国ロイヤル・バレエ団)
 ヨハン・コボー(英国ロイヤル・バレエ団)
 スティーヴン・マックレー(英国ロイヤル・バレエ団)
 セルゲイ・ポルーニン(英国ロイヤル・バレエ団)
 ほかを予定


コジョカルは嫌いじゃないけど
ガラのメインになるとは思わなかったなあ。
NBSの人脈総動員、だね。
祭典会員はどちらかを選択になるのかな。
*こちらは2月。ロミジュリの予定は1月だったので
 正確にはニジンスキーだけ代替公演というのかもだけど
 同じ時期の発表だったので、まとめちゃいました。


個人的には、若手キャストで
10公演ぐらい「白鳥」をやってくれてもいいんだけどね。
興行的にゲストを迎えての公演をやる方が良いんだろうけど
代替公演なら、東バダンサーメインの公演が見たいんだよね。
っつーかさ、西村さんとか乾さんにも
白鳥を踊らせてみろよ!ってカンジー。
コメント

タイバニ22話(MXメモ)

2011年08月30日 | タイバニ
気になる点を先に書きます。

その1 イボの狙い
さらなる数字を目指して
今後の展開でも話し合おうか

偽タイガーvsヒーローズ、で、
おじさんの記憶を持っているヒーローズを再起不能にして、
2部リーグと交替させるとか?
「いつまでも同じメンバーだとも飽きるだろう」
ってイボが言ったら、アニエスさん、頷きそう。
ヒーローズの死闘はネタとして美味しいし、
視聴率90%の状態なら
ヒーローズの交替理由を別途告知しなくていいし。

本当のタイガーを知っているヒーローズを抹殺しつつ、
2部リーグの昇格(ヒーロー交替)で視聴率アップ!

イボにとっては一石二鳥!
まさに「退団公演で稼ぐ」です。
どうでしょうか。

結局はヒーローズが辛くも勝利。
そのあたりからイボが追いつめられていくとか。
アニエスさんは、その辺りで記憶を取り戻すとか?
どのみち視聴率命だから変わらなくてもOKとか?


その2 今後の展開
来週はバニーちゃんが記憶を取り戻すと予測。
そいでラスト2話はイボ打倒なので
ウロボロスの実態
とか
ルナ先生との戦い
とかが、入る隙はない。
この辺の謎は
第2期へ持ち越し
で、いかがでしょうか。

25話あたりでは、お約束で
巨大化マベ登場ですかねえ。
最近の表記に合わせて
イボって書こうと思ったけど
ほんとにデカいイボ(だけ)だったらイヤなので
ここでは人名表記。


それでは、メモ垂れ流し、行きます!
ついてきてください!!

前半
・楓ちゃん、どさくさに紛れてアポロンメディア社の
 社内に潜入。
 非常時とはいえ、セキュリティが甘い?

・おじさん、パワー発動
 クソスーツでパワーを発動すると筋肉がモリモリになるのか
 クソスーツに仕掛けがあるだけで筋肉は変わらないのか
 どっちにしろ、ケツまでデカくなってるよ

・ベンさん、林檎を齧っても歯茎から血は出ません

・スカイハイの目玉焼きの食べ方って、
 おじさんだけが知っている秘密なの?
 すする、ってことは黄身がドロドロの方が好きなのね>スカイハイ
 黄身が固いなんてもってのほかだ!とか言うのかしら。うふふ。
 関係ないけど、伊丹十三のエッセイにあった
 「綺麗な(か、正しいか)の目玉焼きの食べ方」は
 白身を先に食べて、黄身を丸呑み、だった。
 (もちろんジョークだよ)

・ネイサンの秘密は、朝・昼・晩、髭と脇の手入れをする。
 髭が濃いのね、きっと。

・「俺が人を殺すやつにみえるか?」
 ヒーローズ、みな頷く。
 除く、ローズちゃん

・牛に対して。
 「俺が貸した20ドル、まだ返してないだろう」
 それは普通の状態でも忘れたいかも。
 ダメダメ人間のおじさんから金を借りるって、
 牛ってばどれだけダメダメ?

・おじさんパワー切れ

・中継を見ていたイボ「所詮こんなもんか」
 うん、おじさんだから、こんなもんよ

・イボ→アニエスさん
 さらなる数字を目指して
 今後の展開でも話し合おうか

 ちょっと気になる台詞だね。
 アニエスさんのブラウスは赤いし

・おじさん、パワー発動時は瞳が青いのね

・楓ちゃん、能力発動
 皆さんの記憶が戻る
 イボの能力は、あくまでも記憶操作で、
 記憶の消去ではないみたいね。

・「子供あつかいしないでよね!」
 楓ちゃん、言いたいことは、つまり、これなんだよね。
 子供だからって蚊帳の外はイヤだよね。

・蝶々の柄のネクタイ=イボの陰謀、
 という短絡的な考えではなく、
 前々から、電話の会話などから怪しいと思っていたところに
 楓ちゃんの言葉がダメ押しになったんだよね、きっと。
 楓ちゃんが「蝶々」で、
 おじさんが「向き合った人の顔」とか思ってたら
 あぶなかったね。

・「うちのが」
 おじさんの表現、いいねえ。
 お父さんだねえ。

「目玉焼きのくだりのときに気づいていれば!」
 スカイハイが人前で目玉焼きを食べることはないのか。
 おじさんだけが知っているなんて
 どんなシチュエーションだったんだ!!!(謎)


・「嬉しかったよ、お前だけが信じてくれた」
 フラグ?

・「噂の楓ちゃんだろう」
 高校時代からの友人がなぜ知らないのか。
 「楓ちゃんの誕生&友恵さんの病気→おじさんの実家へ」
 の、あたりは付き合いがなかったのか?
 牛、このあたりはヤンチャ時代だったとか?
 それでも、写真ぐらいは見るよねー。
 大きくなってからは初めて会う、とか?

・「お父さんがいつもお世話になっています」
 まったくだよ、と思った人もいるかな。

・「まさか、バーナビーも記憶を?」
 それがメインですから。

・黒バニー登場
 「バーナビー」
 おじさん、この回はすべて「バーナビー」と呼ぶ。
 これもなにかの伏線なのかな。

後半
・空中浮遊をした娘を引き寄せるお父さん。
 おじさんの動きが可愛いというか、
 娘はおじさんごと飛ぶほどの能力が無いというか

・「ふざけるなーー」と叫ぶ黒バニー。
 中身は裸なの???
 黒スーツはそういう仕組みなの?

・牛、黒バニーの盾になる。
 20ドル分の働き?

・「ついてこい、バーナビー」
   掴まえてごらん~ 
   うふふ~ 
 的な追い駆けっこ、をつい想像。

・おじさん、能力発揮していないのに飛び降りる。
 そのあとのワイヤー使いも見事。
能力出さなくても
いけるんじゃん!


・斉藤さんと再会。
 「あやしいもんじゃ。
  いや、じゅうぶんあやしいですけど」
 知らなきゃ、確かにヘンタイだよね。

・斉藤さん、中継を見て記憶を取り戻す。
 おじさんとの絆が強いのか、
 イボの手抜きなのか。
 あるいは、記憶操作の影響?かかりかた?には
 個人差があるのかしら?
 もしかして、あのポーズで思い出した?

・斉藤さん、ハグされて困る。

・バイクで追い駆けっこ。
 バイクには「ワイルドタイガー」って入っているのね。
 バイクのパーツがガワに装着かと思っちゃったよ。

・あわや車と衝突。
 おじさん、上手くよける。カッコイイ。
 パワーが無くても大丈夫!!

・「初めて出会った場所」
 これ、なんていう、デートコース?

・ローズちゃん、楓ちゃんの肩に手を・・・

・おじさんの鉄拳、黒バニーにヒット
 「貴様、反撃か!」
 こういうところが可愛いねえ。

・「さあ、見せてくれ。君の力を」
 いつのまにか、中継が戻っています。


最終回のライブビュー、
TOHO系の映画館が多いですね。
やっぱり、映画化して、「紙兎バニー」の製作もぜひぜひ。
「鷹の爪団」とのコラボもいいね。
「Vit」の宣伝もいいなー。
  「楓、映画に行こうか」
  「わーい!」
  映画館にて
  「えっ?
   満席?」
  「もう!
   お父さんってば!」
  そんなことにならないよう、
  チケットはVitで・・・
とかとか。
どうでしょうか!
バニーちゃんがVitで取ってて
おじさんに一言ツンツンなことを言いつつも
3人で見ちゃうのもあり。
おじさんとバニーちゃんで、というのは
それを見てこっそり妄想で。


初見(Ust中継)のメモは → こちら
コメント

サンライズフェスティバル「鎧伝サムライトルーパー」

2011年08月30日 | TV番組など
タイバニ公式などで情報を漁っているとき
トルーパーが映画館で上映されるというので
懐かしくなって行っちゃいました。

上映されたのは以下の4本。

・「恐怖の妖邪帝王」
  脚本:海老沼三郎
  ストーリーボード、演出:杉島邦久
  作画監督:黄瀬和哉
・「謎の女妖邪カユラ出現」
  脚本:岡雅徳
  ストーリーボード、演出:杉島邦久
  作画監督:村瀬修功
・「よみがえれ、鎧戦士達よ…」
  脚本:海老沼三郎
  ストーリーボード、演出:赤根和樹
  作画監督:塩山紀生
・「カユラ!聖なる目覚め」
  脚本:大西由起
  ストーリーボード:飛鳥京作
  演出:石崎すすむ
  作画監督:進藤満尾

なぜこの4本かは謎。

とても懐かしかったです。
平成に変わるときに放映が1回休みだったので
何年前の放映かすぐわかるんだよねえ。

録画ビデオは散逸してすぐ出てこないので
こういう機会に見ることができて
嬉しかったです。

いま見ても、
村瀬さんの回の作画レベルは高いですねー。
塩山さんの太い線も好きだなー。
もうちょっと征士の出番が多い回が見られると良かったなあ。


えーと。
もちろん!
タイバニ見始めた頃に、
 ・スーツ、メンテ中
 ・斉藤さんに、倉庫にあったアンダースーツを着せられる
  「なんだか凹凸が多いなあ」
 ・能力発動!
  どこからともなく鼓の音がして
  反物が宙に舞い・・・
ってネタはすぐ思いつきましたよ!
現スーツの装着って、武装だよね~~。


残念だったのは、上映中しゃべり続ける人がいたこと。
ちょっとした会話は仕方がないし、
「おおっ!」とかのどよめきレベルなら
みんなで声に出す方が楽しめるかもしれない。
けど、しゃべり続ける、ってのは勘弁して欲しかった。
自宅でTVを見てるんじゃないんだからさあ。
他にも、お金を払って見ているお客さんがいるんだからさあ。
しかも、みなさん40オーバーでしょ、どう考えても。
イベントの往復の電車で
声高に専門用語で話しまくるオタクが
そのまま年齢を重ねちゃったのかなあ。
コメント

「コクリコ坂から」

2011年08月30日 | 映画
レイトショーまでの時間潰しで見たけど
思っていたより良かった。
後味が爽やか。

原作ではいろんな話があったけど
映画は話も登場人物もすっきりさせて
見やすかった。

なんで1963年なんだろう?
と思ったんだけど・・・
日本が元気な時代、というのもあるんだろうけど
この年代だと、誰もが「懐かしい」と思うんだよね。
私が生まれる前の頃だけど
なんだか知っているようで、
懐かしさがある。
それが、自分の高校時代の甘酸っぱさと
容易に結びつくと思う。
もうちょっと新しい時代だと
その年代が高校生だった人にしか、
ピンポイントでしか、懐かしさが発生しないよね。
1963年なら、たぶん50歳代ぐらいまでが
容易に「高校生に戻れる」と思う。
上手い置き換えだね。

カルチェラタンは、前半はそりゃー汚くて。
私が校長なら立替!って言うよ、絶対。
「捨てるかどうか、悩んだら燃やせって」
って、無理。ダメ。イヤ!

メルちゃんは働き者だね。
学校に行く前に家族以外のご飯の支度なんてー。
すごいなー。

お父さんのことを夢見る場面では泣いたわ。
私もあんな夢をよく見ていた時期があったわ。
俊くんの養父は、もうちょっとハッキリ
息子に事情を教えてもいいんじゃないかなー。

長澤まさみも、
宮崎父の声の好みも
どちらかと言うと苦手なんだけど、
この作品には合っていたな。

宮崎息子の作品は初めて見たけど
確かに巷で言われているとおり
絵が平面的で
動きにもキレがないね。
静止画面は綺麗そうだけど。
自転車が坂を下るあたり
宮崎父なら、
もうちょっと「風」を感じられるような
動きになるんだろうなあ。たぶん。
コメント

2011年のブックマーク

2011年08月30日 | 宝塚(専科、スケジュール、雑談等)
9月2日発売のブックマークの写真が
キャトルのページにアップされました。

 → 2011年ブックマーク(キャトルレーヴ)

・専科
 理事、ステキ

・花組
 えりたん、渋い。
 だいもんに指さされたい。
 ずいぶん下まで入るんだね。
 あきらも渋いぜ!

・月組
 少ないなあ。
 まりも・・・
 もっと他の写真を・・・
 もりえ&マギーはカッコイイ
 
・雪組
 キタロウのポーズが。。。ぷぷぷ。
 チギはニジンスキーの写真をなぜ使わんのだ!!
 彩は咲奈だけ入るんだね

・星組
 全般的に良い写真ばかり
 すずみんは反則なまでに良い
 真風のチンピラぶりが良いね!

・宙組
 多いなー
 どれも宝塚らしいかな
 強いて言えば、まさこのターバンがアレか


チギの写真だけでも
いまから差し替えてくれないかなー。
バドも可愛いけどさ。


ついでに。
いつのまにか月バウのヒロイン、出てたんだね。
予想通り、ちゃぴでした。
コメント (2)

HandBrakeの音ずれ

2011年08月30日 | その他イロイロ
動画変換にHandBrakeを使っているのですが
長い動画だと音ずれが起きます。
出先でチラチラ見る用なので
多少のずれは諦めますが
(踊りの決めポーズと、ジャン!って音が
 そこそこ合っていれば妥協)
昨日変換していたのは
歌う口の形と音がずれまくっていて
どうしようかと思いましたよ。

音声を作って動画と合わせる、
って方法がメジャーみたいですが
私のスキルでは無理ざんす。

いろいろ試してみて、
m4v形式で作って、
それをさらに別なソフトでmp4に変換すると
妥協ラインまでは行けました。
(なぜだか、m4vでは音ずれが殆ど無し)
ただ、変換に時間が掛かるんですよね。
たとえば、メモリ2GBの母のパソコンで
2時間の動画を変換するとき
HandBrakeでm4vにするのが20分、
他のソフトでmp4にするのが40分です。
長いなあ。

DVDによっては、音ずれ無しで
変換できるものもあるんですがね。

不思議なのが、mp4にして、
パソコンで見ると音ずれは無いのに、
PSPで見るとずれまくりのこともあります。
なぜ?

もう、なにがなんだか。

と、試行錯誤を重ねていたら
私のPSPではm4vを読んでくれました。
うーん、昨日の私の努力は・・・

まだまだ答えが出ないこともありますが
今後もいろいろ試してみようと思います。

動画を入れる際、サムネイル画像も作っています。
jpegを読んでくれるので
再生して、ここぞってとこでスクショ。
ペイントで貼り付けてjpeg保存して
トリミングして縮小。
動画ファイルと同じ名前を付けて
同じフォルダに入れればOKです。
見惚れて、スクショ撮るのに失敗したことも・・・


音声・動画をいろいろPSPに入れていて思ったこと。
ウッチートートより一路トートの方が好き。

なんやかんやでPSPに入れたデータが増えていますが
それでもあと7GB残っています。
いっぱいにしすぎたら動きが重くなるのかな。
この辺も探っていこうと思います。
コメント

「イースターラビットのキャンディ工場」

2011年08月28日 | 映画
動物アニメだと思っていたら
実写とアニメの融合でした。
物語りも、ダメダメニート君と
うざいほどに才能と機転があるウサギの王子様のコンビが
成功を掴むまで、ってかんじで
まあ、よくあるパターンで。
動物ちゃん達を目当てに行った私がガックリ。

でも、動物ちゃん達、可愛かった。
ウサギもヒヨコの集団も。
これだけでも見る価値あり。

あんなに立派な家に住んでいるのなら
働かなくてもいいんじゃないかい?

それに比べて、カルロスの気の毒なこと。
基本、まじめな労働者なのにねえ。

それでも、父のあきらめ顔に傷つくニート君は可哀想だし
夢を叶えたいウサギの気持ちはわかるよ。
コメント (4)

タイバニ22話(Ustメモ)

2011年08月28日 | タイバニ
母の新PCなら性能が良くて中継もサクサクよ!
しかし、ルータが落ちやすくなっててビビりました。
中継前と、中継直後に落ちましたよ。
必要なときは何とかつながって良かった。

今週は、ヒーローズ6人が記憶を思い出す、の回

(1)クソスーツで登場するおじさん
 筋肉ありすぎ。
 ケツでかすぎ。

(2)バニーちゃん、出陣準備中
 偽タイガーと出陣しようとするが
 イボに止められる。
 「感情的になるのは唯一の欠点」
 欠点は一個じゃないとつっこむべき?
 ツンの頃はあんまり感情的じゃなかったことを
 つっこむべき?

(3)おじさんの秘策
 かつての決めポーズを見せるだけ
 これにはベンさんもがっかり。
 ヒーローズは、おじさんを
 ただの「コスプレ男」で片付けそう。
 くそスーツを安っぽいとか
 余興とか
 計測不能とか
 好き勝手言われています。
 おじさん、
 期待を裏切らないねえ

(4)おじさんvsヒーローズ
 みなさんから攻撃されます。
 空、炎、牛、の順。
 最初は常に空、
 って決まりでもあるんでしょうか。

(5)暴露大会
 おじさん、みんなの記憶を蘇らせようと
 一人一人に語りかけます。
 ・キッドには、髪飾りの話
 ・ローズには、ヒーローではな
  く歌手になりたいのを知っている話
 ・折紙には、ヒーローアカデミーに
  一緒に行ったとき
  自分はヒーローには向いていないと
  相談された話
 ・スカイハイには、目玉焼きの食べ方の話
 ・ファイヤーエンブレムには、
  彼が髭と脇の手入れをする話
 ・牛には借金話
 後半は、全国区で流していいのかー、
 ヒーローにだってプライバシーはある!
 ヒーローズは知り合いだから知っているのではなく、
 ストーカーで片付けようとします。

(6)ローズちゃん
 「俺が人殺しをするような人間に見えるか!」
 頷く人が多い中、
 ローズちゃんだけ、
 「そんな人に見えない」と涙目になります。
 さすが、恋する気持ちまでは、
 イボも変えられないようです。

(7)視聴率90%超え
 どんだけの人が見てるんだよ!
 ヒーローズに否定されるおじさんを見て
 「所詮はこんなもんか」とイボ安堵。

(8)楓ちゃん、登場
 お父さんは悪くない!
 お父さんを帰して!
 叫んだ楓ちゃんは、謎の白い光の玉を作ります。
 それが「放映に使用する精密機器に悪影響」を及ぼしたのか
 中継画像が停止。画面は砂嵐。
 そして、皆さんの記憶も戻ります。
 父「なんでこんなところに!」
 娘「どうして黙っていたの!」
 軽い親子喧嘩もありましたが
 なにはともあれ、めでたしめでたし。

(9)楓ちゃんは誰の力をコピー?
 楓ちゃんが最近触れた人は
 「アポロンメディア社1階で
  めがねをかけた、
  蝶々の柄のネクタイのおじさん」
 イボじゃないのか!
 中継を見ていた5万人はみんな
 「イボ」って絶対言う!と思っていたと思うよ。
 しかし、あの蝶々の柄までが伏線だったとは!
 そのことから、おじさんはイボの能力に気がつく。
 みんなも納得。

(10)ローズちゃん、ちょい前進
 おじさん、ローズちゃんにお礼。
 「嬉しかったよ。
  お前だけは思い出してくれて」
 頬を染めつつ、まだツンなローズちゃん。
 それに引き替え、牛!
 2回も「ゲス野郎!」と言ったことをおじさんが責めますが
 あれは記憶操作でーー、とごまかします。

(11)娘の紹介
 父は娘を同僚に紹介。娘もご挨拶。
 牛、会ったことない?の?
 空は「グッドな挨拶だ」と楓ちゃんの肩に手を・・・
 楓ちゃんは、ぶっちゃけ、
 ヒーローズはアウトオブ眼中。
 「バーナビーは?」
 お望み通り、バニーちゃん参上。
 ただし、黒。

(12)バニーちゃんの記憶は?
 さっきのように、
 バニーちゃんの洗脳を解いて、と
 娘にお願いする父。
 能力を発揮しようとする楓ちゃん。
 しかし、能力は・・・
 空中浮遊。
 さっきの空の手から、能力が移っちゃったのね。
 空「私がなにか・・・」
 天然のようだけど、仕方がないよね、
 知らなかったんだから。
 それを見て(中継画面が戻った?)
 「愚かなやつらが・・・」というイボ。
 今回は作画が悪いねえ。

(13)おじさんvsバニー
 「あなたのパートナーよ」
 周りが言っても信じないバニーちゃん。
 「俺になにかあったら楓を頼む」
 牛に頼み、二人だけの勝負をしに。
 追いかけようとする楓ちゃんを皆が止める。
 「待って」
 「危ないよ」
 「大丈夫」
 「君のお父さんはヒーローだ」
 みんな、認めてくれているんだね。

 ・・・
 バニーちゃんのメットを取ってさー、
 おじさんがバニーちゃんの耳に息を吹きかけながら
 バニー・・・って囁けば記憶なんて一発で戻る、
 と思ったのは私だけじゃないよね?

(14)斉藤さん!
 追い駆けっこをしているうちに
 某ビル内突入。
 そこは斉藤さんの研究室でした。
 緑のスーツもあるし、
 斉藤さんも中継を見て記憶を取り戻していました。
 斉藤さん自身は、
 いつ記憶を取り戻したかはわからないみたい。

(15)続・おじさんvsバニー
 おじさん、緑スーツを着て
 バイクに乗って、バニーちゃんを待っていました。
 「よう、バーナビー
  遅かったな」
 バニー、って、こういう時は呼ばないんだね。

 バイクで追い駆けっこ。
 おじさんのバイクは変形し、
 バニーちゃんのバイクのサイドカーに。
 「こうして出動しただろう。」
 (途中、モブ子登場。
  彼女も緑タイガーを思い出したみたい)
 なぜだか海辺へ。
 そこは二人が最初に出会った場所。
 「俺をお姫様抱っこしただろう」
 それでも思い出せないバニーちゃん。

(16)偽タイガーvsヒーローズ
 父を心配する楓ちゃん。
 大丈夫だよ、と慰めるローズちゃん。
 えーと、肩に手を置いてますか?
 そこへ忍び寄る偽タイガー。
 ヒーローズとの戦いになるようです。
 「あたしら騙すなんて、火傷じゃすまないわよ」
 炎、宣戦布告。

(17)グッドラックモード
 おじさんvsバニーちゃんの戦いは続いています。
 ケリをつけるためか、
 グッドラックモードに突入。
 ラストは止め絵。
 にらむ二人の絵はまさしく竜虎。
 しかしなぜ裸。
 (肩より上の絵だけです。
  期待しないでね)

予告。
おじさんは「足の裏にほくろがある方」。
サブタイは「不幸は単独では来ない」。
気になりすぎるタイトルを
日本語で言っちゃったおじさんでした。

ところで。
タイガーの能力は戻ったの?
すごく長く発揮してるよね?
途中、能力切れでカーチェイス?


21話のメモ追加。
アポロンメディア社入口の階段、急すぎ。
絶対死人が出ている!


2回目(MX放映)のメモは → こちら
コメント

8/27

2011年08月28日 | 小山卓治
ベチコちゃんの地元で開催。
ベチコちゃんと小山さんの馴れ初めの詳細版や
北海道・九州ツアーの話など
ベチコちゃんのトーク多し。

ベチコちゃんのお父様と小山さんは同じ年齢。
ただし、お父様は早生まれなので学年は違う。

ベチコちゃんおすすめの地元名物
 ・ブルーベリー
 ・こげらサブレ
  *こげらは小平市の「市の鳥」

「夢の島」あたりで、
ベチコちゃんの音が、
ちょっと骨太になったかなあ、と思った。

「最終電車」はサビの練習付き。

シークレットなので詳細は内緒。


2回目の虎丸座の時だったかに思ったこと。
小山さんとベチコちゃんの年齢差の組み合わせって
洋画にあったよなあ、
ほら、
あれ、
アマンダと
バターメーカー

じゃなくて!!
思い出そうとしたのは「ペーパームーン」でした。
この年齢差だから出せる音もあるよね。
コメント

「奥様お尻をどうぞ」

2011年08月27日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)
夢に囚われ夢の中に入った夢子を探す
探偵とその弟子。

では、ないよなあ・・・。
ストーリーは、あるような、ないような。

なにをどういえばいいのやら。

不条理でもシュールでもなく
ただひたすらくだらない。
下ネタ多し。

ただ、コントではない。
ちゃんと芝居の範疇。
サモアリナンズの「世界」シリーズより
芝居の形になっている。

だから、なんだ、ともいう。
とにかく笑いっぱなし。
記憶に残す必要なし!
それでいいのだ!!


古田さんの白ブリーフを見て
思い出したこと。
今回の古田さんや
犬顔家のナルシー(だっけ?)の白ブリーフは
舞台用の肌色パンツの上に穿いているけど
某バレエ公演でフランスの某ダンサーが
某演目で踊ったときは
まったくの白ブリーフ1枚だったようで、
前方席で見ていた人が
「具の輪郭が見えます。
 玉が2つあるのがわかります。」
って泣き言を某掲示板に書いたら
「2つあるなんて、当たり前のことを書くな。
 3つあったら報告しろ」
って返されていて、
さすがおフランスのダンサーが好きな人は
耐性が違うもんなんだな、と思ったものです。
それ以来、白ブリーフ姿を舞台上で見ると
この書き込みを思い出しちゃいます。
だからなんだと言われても困りますが。
コメント

「真夜中のカーボーイ」(第2回午前十時の映画祭 青の50本)

2011年08月27日 | 映画
田舎で辛い事件があり
くすぶっているけど
自分の容姿に自信がある男が
女の相手をして楽して儲けけようとNYへ行く。
しかし、都会はそんなに甘くなかった。


なんちゅーか、都会はシビアだね。
成功する人なんか
ほんの一握りなんだよね。
成功者として語られるのは
少数だからこそなんだ。
コメント

牛と炎が、いないよ!!!

2011年08月26日 | タイバニ
先ほどネットで見かけた商品。
なんですか、キーアクセサリーですか。

「デマプチキーラバーコレクション TIGER&BUNNY」

あらあら、斉藤さんまで。
ルナ先生までいるよ。
と、微笑ましく見ていたのですが・・・
気が付きました!
牛と炎が
いないよ!

なんで?なんで?
商品見本の写真に入っていないだけ?
それとも、ほんとにいないの?
なんかの罰ゲーム?
牛と炎だってヒーローだよおぉぉっっっっっ!!
なんでいないのよーーーー!!!


えーと。
ついでなので。
おじさんの変装、
目元を隠すだけじゃバレバレじゃん!
あれで変装って言えるの?
とずっと思ってました。
ごめんなさい
さっき、「レジェンド・オブ・フィスト」の
公式サイトを見ていて気が付きました。

 → 「レジェンド・オブ・フィスト」公式サイト

目元を隠すだけで
じゅうぶん変装になります。
素顔はわかりませんね。
おじさんもこんなかんじなのかな。

えーと、ついでなので。
おじさんの乗っている車、
雷師弟が乗っている車を思い出させるカラーリングだよね。
コメント (2)

ドニーのポストカードとか

2011年08月26日 | 映画
忘れないうちに
「レジェンド・オブ・フィスト -怒りの鉄拳-」の
前売り券を買ってきました。
映画館で購入するとポストカード付き。
黒と白の2パターンですが、
黒は顔にマスクだったので
顔がよく見える白にしました。



なんだか、「リベリオン」で
クリスチャンが着ていた衣装に似ているかしら?
とか、
やっぱ、凛々しいたい平くん、
とか思っちゃたりしますが、
こういうものは、もらっておかないとね!

今年はドニー・イヤーだわ。
 ・イップマン
 ・イップマン 序章
 ・孫文の義士団
 ・処刑剣
新作じゃないけど
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱」も。
そして、この「レジェンド・オブ・フィスト」。
6作品も見られるなんて
なんて素晴らしい年なんでしょう!!

「レジェンド・オブ・フィスト」は
9月17日より、新宿武蔵野館等で公開予定です。

 → 「レジェンド・オブ・フィスト」公式サイト

新宿武蔵野館では
8月27日より「レイン・オブ・アサシン」が公開。
ミシェル・ヨーとショーン・ユーが出るから
こっちも見たいのよね。
なんとかスケジュールを組まないと。

今度の火曜日はサンライズ・フェスティバルの
トルーパーを見る予定。
これが21時10分開映なので
その前の空いた時間で「コクリコ坂」を見ます。
今夏あと見たいのは
「シャンハイ」と「イースターラビット」。
夏期休暇があと1日残っているので
水曜日に取ってまとめて見ようかなあ。
TOHO系ならポイントで1本無料なんだけど
「ブラピが出てるけどつまらない映画です。
 文句を言われても返金できません」
と米国の映画館で注意書が出たという
「ツリー・オブ・ライフ」に
挑戦してみようかと後ろ向きに検討中。
コメント

星組のポスター

2011年08月26日 | 宝塚(星組)
次回星組公演「オーシャンズ11」の
ポスター画像が出ました。

 → 公演案内(宝塚歌劇)

たくさん写っとりますなー。
とよこさんが2番手の位置。
と言うべきなのか、
その下の3すくみ状態が
まだ続くと言うべきなのか。
3人の中では、ベニが真ん中か。
真風はやっぱりミズに似ている。
顎が長くないミズ。
それってミズって言えるのか。
研6で本公演ポスターに
こんなに大きく載るとはすごいねー。
ベニのデコが、ちょい眩しい。
コメント

「正義の歌が聞こえるかい」を聞きました

2011年08月25日 | タイバニ
二人で歌う曲とソロが各1曲。
合間に掛け合い漫才。
これがいいです!
ツンバニがおじさんを「おじさん」と呼んでます。
これを聞けるだけでも幸せです。

キャラソンって、どう聞けばいいのか
実のところ、わかりません。
キャラクターのイメージソングみたいなもん?
それを本人が歌うってこと?
おじさんの歌はそれっぽいけど
(昭和テイストだし)
バニーちゃんの歌はイメージかどうか
私には不明。
二人で歌う歌も、よーわからんかも。

なにしろ、このテのCDを買うのは
「NG5」以来なんで勝手がわかりません。
ただ大人なので
もろもろの数字へ貢献しなければならないとは思っています。
数字が良ければ「次」に繋がるし。

いや、ごめんなさい。
はっきり正直に言います。
ジャケ買いです

このジャケットで買わずしてどうするか!
ですよね。
とほほーん。

森田さんは、巷で言われているとおり
吉川晃司みたいだねー。
平田さんの低い歌声は好きかも。
コメント