きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

名古屋・近江八幡・彦根(6)

2022年07月31日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
もうひとつ行きます。
竹生島です。
長浜港14時5分発に間に合いました。
琵琶湖が海みたいです。


ここに来るのも10年ぶりかな。


お昼を食べる時間が無かったので
舟着き場で近江牛のカレーパンを買いました。

階段を上って、宝厳寺の弁天様にお参りして






さっき買ったカレーパンを食べ、


唐門をくぐり




舟廊下を見て




かわらけを投げます。






島を1周すると帰りの船が出る時間です。
船が出るまでの間に、さきほど買ったクラブハリエの
ボストックをいただきます。

※コロナ禍のためか、船内で食べられないのです。

乗船。



長浜港に戻ったのは16時過ぎ。

養老PAへ。
最後のお土産などを買い、
早めの夕食も買い、車内でいただきます。




アプロちゃんに岐阜羽島駅まで送ってもらいました。
名古屋乗り換えの方が若干早いけど
乗り換えなしの19時15分発ひかりに乗車。

デザートは、車内販売のアイスコーヒーと
昨日米原駅で買ったお菓子。




アプロちゃんのおかげで
待ち時間なく、スムーズに各所に行けました。
ありがとうございました!

遠征は楽しい!
また行きたいな!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

名古屋・近江八幡・彦根(5)

2022年07月31日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
7月31日(日)
朝食はホテルのバイキング。


今日はまず、八幡山ロープウェイに乗ります。


天気が良いので、景色がクリア!

美しい~。

村雲御所瑞龍寺門跡などを拝見し









ロープウェイで下に下り、


日牟禮八幡宮参拝。





だんだん人が増えてきたので
早めに動いて大正解でした。

続いては彦根へ。
四番スクエアでひこにゃんにご対面。









可愛い!可愛い
可愛いいいいいいいいいい!
馬鹿のように写真を撮っていました。


ひこにゃんと別れ、彦根城へ。
昔の城なので、門から天守閣までが遠い。





天守閣の中は垂直に近い階段。
いつまでこの階段を上り下りできるのかなあ。
身体が動くうちに城めぐりをしないと、と
改めて思いました。

お次は「彦根美濠の舎(みほりのや)」です。
む。外観の写真がないかな。
洋菓子部門(クラブハリエのケーキやバウムクウヘン)と
和菓子部門(たねや)が併設。
昨日のラコリーナより種類豊富。
見ているだけで楽しい。
日本橋三越など東京にはない商品がたくさん!

自分用のおやつを買い。
冷たいものをいただきます。

マンゴーソルベとマンゴーアイス!
激ウマ!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

7/30めも

2022年07月30日 | 小山卓治




酒遊館のステージは蔵の中。
残響がなんとも不思議で、
エコーとはまた違う音の広がり方。
MCの声は木に吸収され聞きづらいけど、
歌声はまろやかに響きました。
今日も「クリスタル・レインドロップ」は圧巻。
セッションのラストは生声で「種の歌」を。

この回は長野の友人も参加。
感想を聞いたら「言っていいのか、わからないけど」と前置きがあり、
ビクビクしていたら「見た目は老けたね」と。
そりゃ、3年ぶりもんね。(彼女がライブに来たのは19年の辰野以来歌)
声は変わらず良く出ていたね、とのことでした。
ホッとしました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

名古屋・近江八幡・彦根(4)

2022年07月30日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
まだ間に合う!
課題だった堀めぐりの舟に乗ります。


















下船して酒遊館に行くと、ちょうど入場時間。

素晴らしい時間配分!


ライブ終了後、日曜日の仕事が入ったMK氏を近江八幡駅まで送り
私とアプロちゃんは駅前のホテルにチェックイン。

夕食をどうするか。
近江牛はちらっと食べたいけど
大量にはいらない。

良いお店がありました。
駅至近の「BISTECCA」です。
アラカルトでいろいろ頼めます。

近江牛は「赤身の希少部位」、

150gで2500円。
2人で食べて、ちょうど良い量。
ソースが2種あったけど、
塩で食べるのが一番美味しかった。

他に、ドリンク


オリーブ


滋賀県産野菜のサラダ

量も多いが具の種類も多い。
とっても美味しい!

生ハムと季節の果物

今日はグレープフルーツかな。

モッツアレラチーズ


近江牛霜降り肉の握り


満腹!
宿に戻り、大浴場で手足を伸ばし、
アプロちゃんの部屋に押し入り
ネトフリの「スプリガン」の暁さんを見せ、
就寝。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

名古屋・近江八幡・彦根(3)

2022年07月30日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
7月30日
朝食は名古屋駅でぴよりんモーニング。








お店を出たことろでMK氏と会う。
一緒にホームへ。
米原駅下車。



長野県飯田市から車で来たアプロちゃんに
米原駅前のロータリーで拾ってもらう。


琵琶湖大橋!!




道の駅で買物をし、

琵琶湖グランドホテル入口へ!



山村美紗サスペンスドラマに
よく出てくるところです。
今回は看板のみ記念撮影。
いつか、泊まる!!


浮御堂へ。







お昼はどうするか。
めんたいパークびわ湖に吸い込まれました。






めんたい鬼盛丼などをいただきます。







ラ コリーナ 近江八幡へ。









緑が青空に映えて奇麗でした。
店内は超混み!
お茶でも、と思っても全く無理!
さっき食べて良かった!

(続きは後日、足します)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

7/29 めも

2022年07月29日 | 小山卓治






サンタラは新宿を申し込み損ねたので今回が初。
男女のデュオでハーモニーがとても美しい。

「サンタラのファンは初めましてかも」というつもりなのかな?
小山さんソロはわりとバラードっぽい曲が多いセトリでした。

セッションはとても良かった。
とくに男声女声の生コーラスが入った
「クリスタル・レインドロップ」が素晴らしかった。
1人ではできない、2人では物足りない、
3人ならでは、の音色。
歌い手による混声生コーラスは初めて聞いたかな。
なんて贅沢、なんて迫力!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

名古屋・近江八幡・彦根(2)

2022年07月29日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
旧川上貞奴邸から徒歩で鐘木館へ。
輸出陶磁器商・井元為三郎の屋敷とのこと。
歪んだガラスは古いガラス!
こちらも、見た目洋館、中身は和洋折衷。








郷土人形(?)の展示も。


井元氏。

ロスで撮影とのこと。
なぜ、ダチョウ?


地下鉄駅まで歩き、今池へ。
シャントン・ルージュへ。


TONOさんの原画展が開催されていました。

美味しいプリン。



TOKUZOへ。



MK氏と合流。

TOKUZOの美味しいごはん。
ブルーチーズとドライトマトのピザ。


海苔ボナーラ。


店内のライト。


終演後、MK氏と明日の待ち合わせを決め、本日は解散。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

名古屋・近江八幡・彦根(1)

2022年07月29日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
7月30日
昼過ぎに名古屋着。
まずはナナちゃんにご挨拶。


夏らしいナナちゃんは、ビアガーデンの宣伝バージョン。

青柳総本家のケロトッツォを食べたくて
KITTEに行ったけど、売り切れ。
代わりに、「カエルのミルク風呂」をいただきます。
ミルクシェイクの上にカエル饅頭が乗っています。


KITTEからバスに乗り「旧川上貞邸」へ。


福沢諭吉の婿養子、福沢桃介と貞奴が住んでいた「二葉御殿」を移築。
外は洋館、中は和洋折衷。








1階には貞奴に関する資料や愛用の品々の展示など。














2階は名古屋ゆかりの文学者の資料など。
城山三郎の書斎再現もありました。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

シャンテ衣装展(花組)

2022年07月27日 | 宝塚(花組)



「TOP HAT」、カレー衣装











「TOP HAT」、まどち衣装











「The Fascination(ザ ファシネイション)!」、カレー衣装











「The Fascination(ザ ファシネイション)!」、まどち衣装











シャンシャンは「Cool Beast !!」





写真パネル






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ミニオンズ フィーバー」

2022年07月26日 | 映画


グルーの少年時代。
正親さんが吹替で正しき悪党役なんだけど、
正親さん本人でもいけるんじゃないかというぐらい
アニメ絵の爺さんの声にピッタリだった。

月泥棒になるきっかけで、
某白石を思い出した。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ベジャール・ガラ」/東京バレエ団

2022年07月24日 | バレエ・ダンス


「ギリシャの踊り」
音楽:ミキス・テオドラキス
The performance of this work is licenced by Schott Music Co.Ltd.,Tokyo on behalf of Schott Music GmbH&Co.KG.
Ⅰイントロダクション
Ⅱパ・ド・ドゥ(二人の若者):岡崎隼也-井福俊太郎
Ⅲ娘たちの踊り
Ⅳ若者たちの踊り
Ⅴパ・ド・ドゥ:工 桃子-山下湧吾
Ⅵハサピコ:政本絵美-ブラウリオ・アルバレス
Ⅶテーマとヴァリエーション
ソロ:池本祥真
パ・ド・セット:秋山 瑛、金子仁美、涌田美紀、髙浦由美子、中沢恵理子、安西くるみ、長谷川琴音
フィナーレ: 全員


ギリシャのソロは池本さん。
ベジャールの言語が身体に入っていて動きが自然。
激しく踊る、が、エネルギーの解放になっている。熱い。
海が美しい。


「ロミオとジュリエット」よりパ・ド・ドゥ
音楽:エクトル・ベルオリーズ
ジュリエット:足立真里亜
ロミオ:樋口祐輝


とても初々しい。
キラキラしてる。


「バクチIII」
音楽:インドの伝統音楽
シャクティ:上野水香
シヴァ:柄本 弾


柄本さんは初日よりはピシッとしてた。
水香は曲線の出し方が美しかった。
二人ならではのエモさはないけど
とにかく!生!
生のバクチ!!


「火の鳥」
音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー
The performance of this work is licenced by Schott Music Co.Ltd.,Tokyo on behalf of Schott Music GmbH&Co.KG.
火の鳥:大塚 卓
フェニックス:柄本 弾
パルチザン:
 伝田陽美、三雲友里加、加藤くるみ
 宮川新大、樋口祐輝、岡崎隼也、生方隆之介、鳥海 創


学生の思想がパルチザンを生み、
武闘派に受け継がれた、
みたいなイメージだった。
吉田松陰から奇兵隊へ、みたいな。

大塚さんは池本さんより激しくないぶん、
若い人の理想、みたいなかんじで、
それを受け継ぐのが力強い柄本さんで、
これはこれでありなんじゃないか。
伝田さんがパルチザンにぴったりハマってる。
手のキスを送るところが大好き。

今回は樋口さんが大活躍だった!
たくさん見れて嬉しい!


~上演時間~
ギリシャの踊り          14:00~14:40
休憩       20分
ロミオとジュリエット、バクチIII  15:00~15:30
休憩       15分
火の鳥              15:45~16:10
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ブレードランナー」(午前十時の映画祭12)

2022年07月24日 | 映画


前に見たときは話のテンポが合わずかなりウトウト。
リベンジの今回はかなり起きてたけど、
やはり私には合わないな、と。

どこがダメなんだろうと考えて、
SFと思うのが悪く、
「恐怖怪奇人間」寄りと思うべきなんじゃ、と。
「作られた存在」の話になるまでが遠いのよね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「謡う三太郎」

2022年07月23日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)


三遊亭げん馬 真田小僧
柳亭楽ぼう 狸賽

昔昔亭A太郎 迷答
昔昔亭桃太郎 結婚相談所
柳家喬太郎 野ざらし


アディーレ法律事務所のCMはA太郎。
A太郎の噺には撮影タイムがつきものなの?

SNSにアップしてもいいの?

謡う、がテーマだから
kyon2はすみれ荘かと思ったら、
まさかの古典。

フリーダムな桃太郎がグレート過ぎて楽しい。

トークショーは常識人スイッチが入るkyon2、
口では文句を言いながらも師匠への敬愛がダダ漏れなA太郎。
Twitterに書き込む77歳の桃太郎、それを読む桃太郎長兄は86歳。(だったかな)

落語も面白いんだけど、
トークショーで桃太郎が全て持って行く。
Twitterに書き込む77歳の桃太郎、
それを読む桃太郎長兄は86歳。(だったかな)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「アルマゲドン」(午前十時の映画祭12)

2022年07月23日 | 映画


水どうで出演者がボロ泣きなのも納得。
内容もテンポもすごく良かった。

荒唐無稽の設定でも、
ブルース・ウィルスならなんとかしてくれる安心感。

洋画につきものの変人枠はやはり理解不能。
私はシャープ大佐が一番好きだわ!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ベジャール・ガラ」/東京バレエ団

2022年07月22日 | バレエ・ダンス


「ギリシャの踊り」
音楽:ミキス・テオドラキス
The performance of this work is licenced by Schott Music Co.Ltd.,Tokyo on behalf of Schott Music GmbH&Co.KG.
Ⅰイントロダクション
Ⅱパ・ド・ドゥ(二人の若者):岡崎隼也-井福俊太郎
Ⅲ娘たちの踊り
Ⅳ若者たちの踊り
Ⅴパ・ド・ドゥ:足立真里亜-山下湧吾
Ⅵハサピコ:伝田陽美-ブラウリオ・アルバレス
Ⅶテーマとヴァリエーション
ソロ:樋口祐輝
パ・ド・セット:金子仁美、中川美雪、涌田美紀、髙浦由美子、中沢恵理子、工 桃子、長谷川琴音
フィナーレ:全員


樋口さんの前半はもう少しエネルギーが欲しいと思ったけど、
後半のたたみかけはパワフルだった。
岡崎さんの音の取り方がいいね。
だから彼の振り付けも面白く思うのかな。
パ・ド・ドゥの二人が可愛かった!
アルバレス君は今まで見た中で一番良かった。振り切ってた。


「ロミオとジュリエット」よりパ・ド・ドゥ
音楽:エクトル・ベルオリーズ
ジュリエット:秋山 瑛
ロミオ:大塚 卓


とてもドラマチックだった。
雄弁で、深い物語だった。


「バクチIII」
音楽:インドの伝統音楽
シャクティ:上野水香
シヴァ:柄本 弾


13年ぶりのバクチ!
アンケートの「見たい演目」に書き続けてきましたが、
本当に見られる日が来るとは。
水香ちゃんは本人比ではかなりエロ。
柄本さんは前半は身体がブレて
ピリッとしなかったのは残念。
日曜日に期待。


「火の鳥」
音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー
The performance of this work is licenced by Schott Music Co.Ltd.,Tokyo on behalf of Schott Music GmbH&Co.KG.
火の鳥:池本祥真
フェニックス:柄本 弾
パルチザン:
 伝田陽美、三雲友里加、加藤くるみ
 宮川新大、樋口祐輝、岡崎隼也、生方隆之介、鳥海 創


火の鳥は9年ぶり。
池本さんの火の鳥が良かった。
宮川さんの踊りがキレキレ。
女性陣も力強い踊り。
生方さんの若さも勢いに繋がっている。

~上演時間~
ギリシャの踊り          19:00~19:40
休憩       20分
ロミオとジュリエット、バクチIII  20:00~20:30
休憩       15分
火の鳥              20:45~21:10


前回の「バクチ」は「オマージュ・ア・ベジャール」だったよ。
ベジャールが亡くなってもうそんなにたつのか。
首藤君が「ボレロ」を踊っていたよ。

この時だったかな、
「バクチ」は目に入る照明がキツイって
吉岡さんが言ってたな。

「バクチ」、よく上演されるのはⅢで、
BBLの来日公演ではⅠから通しで上演されたような。
よく覚えてない。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする