きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「The Lost Glory ―美しき幻影― /パッショネイト宝塚!(2回目)」宝塚星組

2014年09月30日 | 宝塚(星組)
芝居は皆さん理事とガチンコ対決でどこもかしこも迫力増し。
船上でディアナを見ることができないヨロヨロのマーティン氏を堪能。

芝居としてはなかなか良いし、
役者の使い方も上手いけど、
宝塚じゃないよな。
理事チエだからこういう作りにしても
一方的に糾弾されるヒロインが哀れだ。
景子ちゃんは女性が描けないのかもな。

結局のところ、オットーがイヴァーノに肩入れする理由がわからなかったな。
理事だから「そういう人」で納得できるけど
移民の後輩だからなのかな。
それなら「そろそろ引退する。あとは頼む」
と言っても良かったんじゃないかな。
重役達は説き伏せる気でいたんだし。
なんか一言あればなあ。
「お前を一番信頼している」とかさ。
それにカーティスが対外的(コネ的)にも
新会社の社長就任は理にかなっていると思うんだ。
そんなこともわからないイヴァーノなのか。
わかりつつもどす黒い感情が生まれる、ぐらいまで
振り切って欲しい気もする。

あと、どうでもいいけど、
「イヴァーノ・リッチ」って耳で聞くと
ロシア人の父称みたい。
イワーノヴィッチみたいな。

まこっちゃんは雰囲気、方向性だけでなく、
顔立ちもみっちゃんに似ているかも。化粧も。

土井ちゃんの踊りが素晴らしすぎるわ。
堪能。


ショー。
ベニ船長のアドリブ。
「俺たちちょうど一週間後に運動会があるんだ。
 鍛えられたこの肉体美で優勝を狙うぞ!」
「イェーイッ!」
舞台も客席も大歓声&拍手。
盛り上がる左右の組子達をを見て、
「長くなるから袖の中でやろうね。」
ってかんじ。

サザクロとアパショとリオブラボーとノバボサを混ぜたようなショーなんだよね。
面白いけど、もうちょい作家の個性を感じたいなあ。

中詰の娘役の黒いドレスってボレルーだっけか?
その後ろは絢爛のロケット衣装にヒラヒラ追加だよね。
ほんと、衣装部さんの本気には毎回頭が下がるよ。
コメント

サウンドシアター「eclipseo」

2014年09月28日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)
鬼を喰らう妖狐と、陰陽師安倍晴明とその仲間との闘い。

登場人物と設定が多すぎて、話が散漫になっちゃった印象。
頼光パートは削ってもいいんじゃないかな。
マミちゃんの男役ありきなんだろうけど。
そのぶん道満と晴明を描き込む方が、終盤が活きそう。
展開がちょっと唐突。

伊礼くんの声がメチャクチャ素敵だった。
明瞭で張りのある声。
2役(もっと?)の演じ分けも良かった。
ただ体格が良くなっている?
時々伊吹吾郎に見えた。

マミちゃんは人外の役が良く似合う。

寿さんは可愛らしく山ちゃんは芸達者。
この中だと碓井さんの線の細さが際立つかな。
晴明には合っているかな。

サウンドシアターは、
どんぴしゃと全てがハマることもあれば、
やりたいことはわかるけど、と思うことがある。
今日は後者。
前者はリカちゃん出演の2本だから、リカちゃん補正で?
でも今日もマミちゃん補正が入っているはず。

舞台奥の手妻師の方の変面が見事だったけど、
最初は気付かなかった。残念。
コメント

「よしもと浅草花月」

2014年09月28日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)
90分の公演で6組出演だったかな。
テレビで見る人は、テレビの方が面白いかな。
テレビの編集で面白いところしか流さないんだろうな。
見たことがない人の方が楽しめた。

文珍は落語までいかない小噺だけど、
流石にキッチリ決めた。

サカイストの「ツヨシを意識してパーマをかけました。堂本ではなくムロ」は爆笑。
コメント

「ジャージー・ボーイズ」

2014年09月28日 | 映画
私レベルでも知っている世界的大ヒットを生んだグループの話。
「タモリ倶楽部」のテーマ曲とか、
知らずに聞いてきた曲がいくつも登場。

トミーの悪党振りがすごいなあ。
彼らをなにかと助けるマフィアのボスが
クリストファー・ウォーケンで、
色気を振りまいていた

トミー役の人がちょっとバリシニコフに似てるかな?
客席はリアルタイムで聞いていた世代も多かったと思います。
東宝ならヨチオ君が主役かなあ。
それともオーブで来日公演かな。

ミュージカル作品を映画化してるけど、
ミュージカル映画ではありません。
アーティストの伝記映画です。
「ビヨンド・ザ・シー」「最後のマイウェイ」とかと同じ括り。
それで良かったと思います。
コメント

秩父と高麗(巾着田)

2014年09月27日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
久し振りに予定無しの日です。
行楽日和だからちょっと遠足に行きましょうか。
思い立って秩父と高麗に行ってきました。

まずは池袋からレッドアロー号に乗り

秩父へ。
西武鉄道と進撃の巨人のコラボイベントの
スタンプラリーが開催されているのです。
第1チェックポイントの池袋駅を通り
第2チェックポイントは西武秩父駅の仲見世です。



ここで2つチェックしたかな?
バーコードを読み取ると録り下ろしボイスが聞けて
壁紙も貰えます。

今年は12年に一度の「秩父札所午歳総開帳」の年。
仲見世にも「観音堂」が設置されています。


一番近いチェックポイントは「高砂ホルモン」。

屋外にあるので開店前でもチェックできます。

それから札所十三番慈眼寺へ。

駅からとても近いお寺です。
目に御利益があるそうです。

お時間がある方はご休憩を・・・


続いては秩父神社。

晴天!
前に来たときは小山さんのライブ前だったので
雨だったんだよなあ・・・。
 
 → このとき

今日はなにもかもくっきり!




さらに歩き、秩父公園橋へ。

いい景色~。
ここのチェックポイントにはミカサが。

スタンプラリーはこれにて終了。

近くの札所十六番西光寺。


駅方面に歩くと、なにやら見慣れた絵が!

たい平くん画だ!
たい焼きが美味しかった!


お腹が空いたので番匠家でおそば。

はんぺんが苦手と言ったらきんぴらに代えていただけました。
健康そばセット。
美味しかったです。ごちそうさま!
もう少し行けるかな。

札所十五番少林寺。


もうちょい!
札所十一番常楽寺。


時間的にはこれが限界。
駅に戻り、エンディングのスタンプをゲットし
記念品をもらいました。


ではでは、次の目的地へ。
高麗の巾着田。曼珠沙華畑。
じゃじゃーーーーーんっっっっっ!









ほんとうに、ほんとうに、美しかった!
8割方が盛りで、ちょうどいい時期でした。
(この日、藤沢の曼珠沙華畑に行った母は負けたみたい)

コスモスも咲いていました。




馬もいました。


もうひとつのおやつ。
栗のジェラード。


すごく楽しかったです!

コメント

「アルジャーノンに花束を」

2014年09月25日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)
わかっちゃいたけど、
皮膚がピリピリしてくるオギーワールド全開だった。
繰り返されるフレーズ、大量に流れて来る台詞に多重唱。
サイトーくんとはまた違う青いライトの世界。
いつもこれだけ趣味に走れるわけじゃないだろうけど、
ヅカにいたら作れない世界だな。

文章の世界が視覚化されたのも面白かった。
原作付き、ではなく、視覚化。
文字で読んだときは、
チャーリィが天才になっていく部分ばかり目に入ったけど、
今日舞台で見たら周囲の人の気持ちがよくわかった。
自分より下の存在だからこそ愛せる。
それは愚かであるかもしれないけれど、
笑顔があったのも確か。

チャーリィが元に戻って行くのも
「見る」と余計に辛かった。
SFというより、「自分とはなにか。なにをもって自分とするのか」という、
むしろ哲学的な作品なのかな。
いや、しかし、SFは
自我や世界の根源を追求するジャンルでもあるしな。
なんてことまで考えた。

しかし、これまた言っちゃいけないんだろうけど、
あの超棒読みだったダグバ様が
こんなに良い役者になるとは誰が想像したことか!
久し振りに見た彩音ちゃんの芝居も良かった。
ヤンさんはオギーのミューズになったのかしら。
退団後の初芝居はここだったよなあ。
コメント

「イヴ・サンローラン」

2014年09月23日 | 映画
天才の孤独は見ていて辛いわ。

財団が初公認なんだよね。
ピエールの大いなる愛を刮目せよ!
ってことなのかな。

シャネルまで遡れば、知識としてそのファッションを知っているんだけど
サンローランはどういうスタイルかを知らないので
ストーリーが掴みにくかった。

サンローラン役のニネは新人ということで、
ピリピリした神経症的な雰囲気はとても良かったけど
明らかに経験値が足りず、
ガリエンヌの芝居の深さが際立っていた。
コメント

「ドン・キホーテ」スタシュケヴィチ&ロパーティン/東京バレエ団(2日目)

2014年09月21日 | バレエ・ダンス
OPのクリームは無し。
残ると滑るからホッとした。

ロパーティンが兜を落っことし割ったときはドキッとしたけど
恙無く進行しました。

ゲストは慣れてきたのか初日よりノリが良い。
ほんと良く踊ってくれたんだけどね。
ありがたいんだけどね。
元と同レベルじゃないって気持ちは拭えず。
ごめんね。

弾くんも初日より格段に良くなった。
段取りが見えない自然な動き。
踊りも勢いがあって見ていて気持ちいい。
弾くんは髪を固めたんだね。
ゆるゆるパーマよりずっといいよ。

ワシリエフ版ツッコミ。
(1)冒頭でキューピッドが矢で射たのに
 キホーテは結局キトリは恋愛対象外になる。
(2)ずっと協力体制だったのに
 狂言自殺前にやってられないとばかりに
 酒場を出るのに
 結婚式ではちゃっかり踊るメルセデス&エスパーダ。

今回は闘牛士達に小柄な人がいなくて
体格が揃っていたのも良かったなあ。

GPPでも上手四人の動きが気になって仕方がなかったわ!
ガマーシュのキトリの絶賛ぶりがいいのよ。
梅ちゃんがここまでやってくれるとは思わなかったよ!
岩国も行きたいけど無理だ。残念。
いつか東京でバジルを見せてくれいっ!


【配役等】
キトリ/ドゥルシネア姫:アナスタシア・スタシュケヴィチ
バジル:ヴャチェスラフ・ロパーティン
ドン・キホーテ:木村和夫
サンチョ・パンサ:岡崎隼也
ガマーシュ:梅澤紘貴
メルセデス:奈良春夏
エスパーダ:柄本弾
ロレンツォ:永田雄大

【第1幕】
2人のキトリの友人:川島麻実子‐河谷まりあ
闘牛士:
 安田峻介、杉山優一、松野乃知、原田祥博、
 和田康佑、岸本秀雄、宮崎大樹、入戸野伊織
若いジプシーの娘:高木綾
ドリアードの女王:渡辺理恵
3人のドリアード:乾友子、吉川留衣、小川ふみ
4人のドリアード:村上美香、岸本夏未、河合眞里、沖香菜子
キューピッド:松倉真玲

【第2幕】
ヴァリエーション1:河谷まりあ
ヴァリエーション2:川島麻実子

協力:東京バレエ学校

指揮:ワレリー・オブジャニコフ
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
コメント

「舞妓はレディ」

2014年09月21日 | 映画
マイフェアレディを現代の京都で&周防監督の業界内幕物の合わせ技。
京都の四季、そしてひたむきで一所懸命な女の子は美しい。
オープンセットも良かった。

ただ、長い。
歌をもう少し抜いて2時間弱でもいいな。
おおまかな筋はわかっているので
「まだ、ここか」と思うときがあった。
京都の雨は・・・ぐらいまでは
「来たよ、来た来た」とウハウハしてたんだけどね。

教授が舞妓に肩入れする理由が弱いかなあ。
助手君が舞妓は水商売と言い切ったのは爽快。
そこを踏まえて、の世界なんだよね。


萌音ちゃんが歌も踊りも上手かった。
あの帯と振り袖なのに綺麗に回っていた。
たぶん芝居も上手い。
いずれ東宝の舞台に来るかも。


田畑智子ちゃんは三十路の舞妓を好演していたけど
日舞はイマイチ。

タミーは芝居が上手くなった。
日舞も重心は高いけど型が決まっている。
いい女優になったな。

富司さんのはんなりした雰囲気はとても良いけど
歌わせなくても・・・。

コメント

「フルスロットル」

2014年09月20日 | 映画
2018年のデトロイトには旧九龍城のような魔窟があり、
ある目的で潜入することになった刑事は、
中の地理に詳しい警官殺しの囚人と組むことになるが・・・。

役者の身体能力を存分に活かしたアクションは
飽きることなくハラハラドキドキ。
スマートなジャッキー・チェン映画みたいなかんじ。

正義と復讐は違う、を心にメモ。

話は、まあ、読めるけど、すっきり終わって楽しめる。

ポール・ウォーカーがもういないのが惜しい、悲しい。
ファンでなくても見ておいて欲しい、
細マッチョの肉弾戦映画です。

みなさん、ポール・ウォーカーを大画面で拝んでおきましょう。
青い瞳を脳に焼き付けておきましょう。
後悔のないように。
コメント

「ドン・キホーテ」上野水香&柄本弾/東京バレエ団

2014年09月20日 | バレエ・ダンス
東バOnlyはまとまりがあって実に楽しい。
舞台だけでなく客席も東バファンばかりだから
沸点が低くて盛り上がるわ~。
水香ちゃんはキトリがよく似合う。
女王気質たっぷりなのが素晴らしく素敵。
弾くんは頑張っているけど
もうちょい決めどころをしっかり見せて欲しい。

んで、やっぱり高岸アニキ!
多少ふくよかになったけど、華やかなエスパーダだ!!
拝むしかない。
マタドール達も元気。
一人、剣の突き刺しにこだわっている子がいたな。
高木さんのメルセデスは美人。
奈良さんのジプシー娘は嘆き系。
昨日のパターンの方が私は好み。
ガマーシュの従僕は氷室くんかな?

とにかく水香ちゃんが絶好調だった!

カーテンコールのガマーシュはキトリ友人にプロポーズ。
明日はどうなるか。

木村さんのキホーテ演技もパワーアップしてた。

弾くんはヴァリエーションあたりから
ようやくのびのび踊れるようになった。
「古典」の「主役」って難しいんだな。
弾くんの回転が弱く見える。
軸がブレる以前に弱い。
真ん中で見せる踊りは、超正確か勢いかハッタリが必要で
弾くんはどれもがやや足りない印象。
高岸アニキなんか顔で踊っているのにな。
この機会を次に繋げて欲しいね。

水香ちゃんの32回転はシングルシングルと
胸の前で扇をパタパタさせながらのダブルがワンセット。

ワシーリエフ版だとキホーテとキトリは知り合いなんだよね。
木村さんと水香ちゃんだと
年の差ありすぎのロリコン爺と妙齢の女性に見えるときがあった。
1幕で求婚してたのに、バジルとの結婚をあっさり祝福するのは
夢の場面で姫に完全シフトしたってこと?
なんだか掌返しだね。


【配役等】
キトリ/ドゥルシネア姫:上野水香
バジル:柄本弾
ドン・キホーテ:木村和夫
サンチョ・パンサ:岡崎隼也
ガマーシュ:梅澤紘貴
メルセデス:高木綾
エスパーダ:高岸直樹
ロレンツォ:永田雄大

【第1幕】
2人のキトリの友人:乾友子‐吉川留衣
闘牛士:
 安田峻介、杉山優一、松野乃知、原田祥博、
 和田康佑、岸本秀雄、宮崎大樹、入戸野伊織
若いジプシーの娘:奈良春夏
ドリアードの女王:渡辺理恵
3人のドリアード:矢島まい、川島麻実子、小川ふみ
4人のドリアード:村上美香、岸本夏未、河合眞里、沖香菜子
キューピッド:松倉真玲

【第2幕】
ヴァリエーション1:吉川留衣
ヴァリエーション2:乾友子

協力:東京バレエ学校

指揮:ワレリー・オブジャニコフ
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
コメント

「羅生門」(第二回 新・午前十時の映画祭)

2014年09月20日 | 映画
死体が一つに証言は3つ。
どれが正しいのか。
真実は藪の中。

三船敏郎の匂いたつ精気に
森雅之の寝取られ男の品のある被虐性と
京マチ子の色香。

3人とも「犯人は自分」と言い張る。
無実を主張するよりも、
プライドを維持することの方が大事なんだな。


モノクロ画面ならではの光と影が美しい。


「わからん」と言うのは自分への問いだったのか。


最後は救いがあって良かった。
コメント

「ドン・キホーテ」スタシュケヴィチ&ロパーティン/東京バレエ団(初日)

2014年09月19日 | バレエ・ダンス
楽しかった!
スタシュケヴィチはシングルだけど
腰に手を置いたまま32回まわりきった!
ときどき前傾というか、あごが前に出ちゃうのが気になった。
ロパーティンは回転の止めは切れがあって良かったけど、
ボリショイのソリストならこれくらい、
の期待値越えは無かったかな。
カーテンコールで自分に貰った花束を
走ってユカリューシャに渡していた。

木村さんは老人演技がさまになっている。
無駄に優雅。すごく優雅。

梅澤君は最後まで小芝居を入れてた。
カーテンコールでキトリ友人川島さんと手を繋ぐか悩んでいたり。
ロレンツォの永田くんの芝居も良かった。
もちろん氷室くんも!
奈良さんのメルセデスは大人の魅力。

高木さんのジプシー娘は激しい感情の動き。
怒りが一番強かったかな。
ドリアードの渡辺さんはふんわり優雅で上品。
松倉さんはキューピッドらしく柔らかい踊り。
キトリ友人は川島さんと河谷さん。
ハツラツとした踊りでした。

カーテンコールにはもちろんワシーリエフ登場。
この日一番の大拍手。
ワシーリエフに促されてユカリューシャ登場。
牧さんでも思ったけど、
私が見てたバジルたちはキホーテやロレンツォになった。
少し寂しい。
ただ古典なら今の世代のダンサーでも
充分公演は成立すると実感。
嬉しい。
ノイマイヤーはまだまだたけどさ。

1幕終わりから出てくる貴族の頭は森川くんかな?

ボリショイやキーロフのダンサーって
東京文化会館の4階で見るとジャストサイズなぐらいデカいんだけど
今日の二人は日本人の中でちょうどいいぐらい。
本拠地ではどんな具合なのかしら。
今日も私は安定の2階最後列だけど、
会員券のS席だった友人は弾くんがすごくデカくて(身長も太腿も)驚いていた。


ユカリューシャはサヨナラ公演はしないのかな。
一区切りつけてくれないと、
「いつかまた踊ってくれるはず」と、
無駄に待ち焦がれてしまうよ。


【配役等】
キトリ/ドゥルシネア姫:アナスタシア・スタシュケヴィチ
バジル:ヴャチェスラフ・ロパーティン
ドン・キホーテ:木村和夫
サンチョ・パンサ:氷室友
ガマーシュ:梅澤紘貴
メルセデス:奈良春夏
エスパーダ:柄本弾
ロレンツォ:永田雄大

【第1幕】
2人のキトリの友人:川島麻実子‐河谷まりあ
闘牛士:
 安田峻介、杉山優一、松野乃知、原田祥博、
 和田康佑、岸本秀雄、宮崎大樹、入戸野伊織
若いジプシーの娘:高木綾
ドリアードの女王:渡辺理恵
3人のドリアード:乾友子、矢島まい、小川ふみ
4人のドリアード:村上美香、岸本夏未、河合眞里、沖香菜子
キューピッド:松倉真玲

【第2幕】
ヴァリエーション1:河谷まりあ
ヴァリエーション2:川島麻実子

協力:東京バレエ学校

指揮:ワレリー・オブジャニコフ
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
コメント

「The Lost Glory ―美しき幻影― /パッショネイト宝塚!(1回目)」宝塚星組

2014年09月17日 | 宝塚(星組)
ちえちゃんの初舞台が理事のノバだったんだよね。前世紀の公演



芝居は、オットーを愛し過ぎたイヴァーノの話でしたね(違)。

主演コンビの恋愛が描けない景子ちゃんの良さが活かされた群像劇でした。
ショーヴラン以来の黒い役のちえちゃんにウハウハ!
理事の大人っぽさも素敵でした。
ねねちゃんとの年齢差が芝居で活かされていました。
上流で美人で年下の女性と結婚したら
そりゃあ、いろいろ疑っちゃうよね。
ベニがいい意味で「普通の人」だった。
奇矯じゃない役も上手いな。
それが段々壊れていくのもいい。
真風はいかにも「お坊ちゃん」な雰囲気で良かった。

元ネタは「オセロ」っぽいけど
そのままラストは悲劇の方が好みだけど、
この甘さも景子ちゃんだしな。

ショー。
見た目は草野ショーだけど作家の魂は薄め。
しかし組子のエネルギーが溢れかえっているので
濃くてパワフルに仕上がっている。
省エネ芝居とセットじゃないと組子が死ぬぞ。
ちえねねは、芝居の鬱憤を晴らすように
エロエロ甘甘ラブラブ。

カポエイラの場面が特に良かった。
土井ちゃん(だよね?違ったらごめん)とのダンス対決も
とても迫力がありました。

OPの衣装、ベニと真風が上半身水色で
救命胴衣着用みたいだねだった。

芝居もショーも指揮はソルティ。

ベニ船長のアドリブは
「今日は緊張している、
 なぜなら船長(ベニ)が初乗船したときの
 香寿たつき船長が見に来ているから」
あ、乗船されているからだった間違えちゃった、
と、だんだんグダグダに。
「あなたは私のラッキースター!」で決めポーズ。
長くなるから止めるわね、で〆。

ラッキースターと言えば

♪おどれー だんしんだんしん すぴりーっつ ららら らっきーすたー

と混ぜて覚えてしまい、
いまだに切り離せません。
両方とも中村Bだよね。


公演デザート。
「The Lost Glory ―美しき幻影― /パッショネイト宝塚!」星組2014-09-17
「ハッ!ソレ食ベネイト宝塚」
さわやかなパッションフルーツフレーバーのゼリーに、
マンゴーソース、キウイフルーツ、
星形のナタデココをトッピングしたトロピカルフルーツづくしの
ハッ!とするような情熱的なデザートです。


デザート名を見たとき「負けたよ、完敗だ・・・」と思いました。
こんな名になるとは!
あっぱれ!としか言いようがありません。
そして、なぜだか駄洒落の極みの時は、美味いんだな。
今回もいろんな味、食感が楽しめて、美味しかったです。
おそれいりました!
コメント

KAMEN RIDER THE DINER(仮面ライダー ザ ダイナー)

2014年09月15日 | TV番組など
入間の帰り道、池袋で乗り換えるついでに
ずっと気になっていた「KAMEN RIDER THE DINER(仮面ライダー ザ ダイナー)」に行ってきました。
場所は西口の駅に近い方のパセラ4階。


エレベータが-すでに・・・


ロックシードがたくさん!


いろんな方の色紙等もあります



(中村くん!)


(ディケイド・・・)

三代目も座るよ!


さてさて、ご飯!
まずは乾杯のドリンク。
「薔薇のタトゥーの女(クウガ)」と「森の魔化魍(響鬼)」

魔化魍は激甘なので食事には合わないみたいです。

「シャキシャキスラッシュ大根サラダ~♠2.9(ブレイド)」


「ショッカーの極秘バクダン」

中身は・・・内緒。(というほど変わってはいませんけどね)

「超・変・身!カレーライダークウガ(クウガ)」

甘口だけど、それなりに複雑にスパイシー。

「ライダーパフェ ~宇宙キターッ! Ver.~(フォーゼ)」

小ぶりなのでするっとお腹へ。

「俺のプリ~ン!(電王)」

モモちゃんが大好きなプリンはちょい固めでGOOD!

「バロン バナナラッシー(鎧武)」


すごく楽しかった~。
今回は写真映えしそうなメニューを頼んだけど
そうでない方も美味しそうだった。

貸切等で満席の日もあるみたいですが
私たちがいったときは空いていてすぐ入れました。

店内ではいろんなライダーの映像が流れていました。
オダジョーが若かったわあ。

また行きますよ!
コメント