きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「ザ・キング」

2018年03月31日 | 映画
ほぼ詐欺師の父が頭を下げている相手を見て検事になった男。
頭が切れる彼はやがて権力の中枢で腕を振るうことになる。


韓国近代史を織り交ぜ、
「司法はここまで腐っているのか?」
からの大逆転撃は実に見応えがあった。

やり手検事としての成功を手にしていく段階は
とても爽快で、正しくはないけれど
ピカレスクロマンとしては気持ち良い、と、
かなり後半までは思っていたけれど
最後にいろんな人に焦点が合ったときは
やっぱり、正義は大事、と思いました。
いい描かれ方だった。

「犬」のあたりは
やっぱり韓国映画だねー。

部長さんは誰に似ているんだろう。
勝野洋か小澤征悦か。
人に命令するだけでなく、
ちゃんと自分の手を汚す実務家なのが良かった。
ワンコ場面もちゃんと見てたし、
飛び蹴りも華麗だし、
歌って踊りもする。

友人との関係が良かったなー。

せっかく新宿乗り換えだからシネマートにでも行くか、
という軽い気持ちで見たけど、
実に当たりの映画だったわ。
伏線の張り方や回収も上手かった。

映画での権力構造は
リアルなのかファンタジーなのか。
あれだけ利権があるなら
大統領もああなるのも仕方がないのかなあ。
コメント

「誠の群像/SUPER VOYAGER!」@相模大野

2018年03月31日 | 宝塚(雪組)


大階段が無いのでオープニングが少々迫力不足。
池田屋の階段落ちも無し。
この辺は仕方が無いよね。

加納惣三郎の場面はすっぱりカット。
その分、土方さんとお小夜さんの心情とかが
深く描き込まれたような。

だいもんの土方はすごく合っているんだけど、
明瞭な発声による正しい音程が
こそばゆくて身悶える。

咲ちゃん2役の演じ分けが上手い。
特に山南さんの静かな信念が良かった。

翔ちゃんの勝海舟はいいねえ。
リカちゃんはネチっこくて
全く江戸っ子じゃなかったからねえ。

あやなちゃんの沖田も
お日様のような明るさが良かったわ。

真彩ちゃんは若いのに、
苦労した人妻の色気があるよね~。
だいもんと合うね~。

史実とは違う部分もあるけど
ダーイシのドリーム爆裂なので
なぜだか許してしまえるのよね。
同じドリームを見ているからね。


ショーはお披露目の再演。
人数が少ない分、迫力がある。
ロケットセンターは潤花ちゃん?
とても可愛らしい笑顔だった。

中詰アドリブは、
鳩サブレ、大仏、頼朝などの鎌倉ネタ。

人数が少なくなると
迫力が増す部分もあるよね。

野口先生が宝塚を初めて見たのは中学生の時で
「誠の群像/魅惑II」だったそうだけど、
そういえば「魅惑II」にも
「ビギンザ・ビギン」があったよね。
狙ったのかな。

カテコのご当地ジェンヌ紹介では
副組長から「神奈川の絶対王者」と紹介された
だいもんでした。


咲ちゃんのワタル化が進んでいるわ。


会場にはトップコンビの写真掲示も。
コメント

イゼルローン フォートレス(1回目)

2018年03月27日 | 漫画・小説・雑誌
『 銀河英雄伝説 Die Neue These』の放送決定を記念した
銀河英雄伝説公式テーマカフェとなる
「ダイニングカフェ・イゼルローンフォートレス」が
上野にオープンしましたので、早速行ってきました。

上野広小路交差点のセブンイレブン2階です。




新版放映記念でのオープンですが
内装はかなりかなり石黒版です。






ヤン提督になって記念撮影もできます。




物販はまだ少し。
ピンズは大阪方面で見たような・・・


メニューはこんな感じ。

版権料込みにしては、お安め、かな?

テーブルチャージを兼ね
入店ごとにマルクかディナールかがもらえます。

(写真はマルク)
まだ用途は決まっていないみたいです。

記念すべきファーストドリンクは-。
みなさん双璧とかヤン提督を頼むでしょうから-。
ひねくれ者としてはーー。
独裁者(ルドルフ・フォン・ゴールデンバウム)でーー。

リキュールベースで甘いです。
ランダム配布のコースターは姉上でした。

ご飯。
トゥールハンマーは
アスパラの生ハム巻きに
チーズとバジルソースをON。
お席で焼いてくれます。



ネタとしては面白いけど、
温かいのか冷えているのか、
どちらつかずな部分も。

もうひとつずつ行きましょう。
帝国のサングリアと
ブリュンヒルトのソーセージ。

サングリアはすっきりしていて飲みやすい。
白いボイルソーセージも美味いけど
付け合わせのザワークラフトも美味い。
金粉が湯に落ちたらせせこましく拾って
ソーセージに塗って食べますよ。
コースターはまたしても姉上!

トイレはワインセラーの向こうです。




個室にも小ネタ。


まずは、初回はここまで。
次は甘い物を食べますよ。





コメント

週末の桜と美味しいもの

2018年03月25日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
3月23日
仙台出張でした。
牛タンと


抹茶アイスパフェ


3月24日午前に「ゼリーのイエ」のゼリーが到着。

12個入り。
詳しくは後日。

ゼリーを受け取った後はお墓まいり。
お寺の桜が綺麗。


柏に出て、やなぎや食堂でお昼ご飯。

唐揚げ定食。
お肉が柔らかい!!
また小山さんのライブをやってくれないかなあ。

やなぎや食堂近くの桜。

この桜の斜め向かいの病院に母が入院していました。
昨年、看護師さん達の協力のもと
母と妹と、桜を見ました。
母の最後の外出でした。
もう1年たつんだなあ・・・。

3月25日
早起きして浅草の紅鶴へ。
12時45分の整理券をGET。

いい具合の時間なので
フルーツパーラーゴトーへ。
11時の開店と同時に店内へ。
3種の苺のパフェ。



白苺、とちおとめ、あまおう。
それぞれ味が違う。
アイスも生クリームも美味しい!!

田原町方面へ戻り、母方実家のお墓まいり。


紅鶴へ向かうとちょうどいい時間。
なにを食べるか迷って迷って迷って、
期間限定のチーズクリーム。



パンケーキはふわふわ!
だけど、食べ応えもある!!
付け合わせのコアントロー漬けオレンジと
自家製ブルーベリーソースもメチャ美味!

隅田公園の桜。






桜と金色の・・・


勝海舟の銅像。

江戸は燃えなかったね。

吉祥寺へ!
ラスカルカフェ!!




むふむふ。


ココア。


お土産にコロネを購入。


井の頭公園入口の椿。


井の頭公園の桜。










この日、帰宅したら歩数計の数字は
2万3千越え・・・
コメント

3/21めも

2018年03月21日 | 小山卓治


デビュー記念日のライブ。
35年ずっと聴いていた人も、
最近聴き始めた人も、
小山さんの歌と共にあった自分と自分の人生を
肯定できたであろう、
そんな愛情に満ち溢れていて、
でもまだ「続く」旅の途中感もある、
素敵なライブだった。

外は寒かったけど、
会場内は暑かった。


Mardi Grasでご飯を食べるたび、
「ニューオリンズはヌーベルオルレアンで元フランス領だから、
 アメリカだけどメシが美味い」
という「もやしもん」で得た小ネタを思い出す。
あと食べていないのはチョリソーかな。


コメント

ピーターラビットガーデンカフェ@自由が丘

2018年03月21日 | 美味しいもの
新橋演舞場で芝居を見た後、
微妙に時間が余ったので
気になっていたココに行ってきました。

1テーブルに1人、誰かがいます。


モフモフモフモフ!!

キューーーーッと抱いたり、
お好きなように。

カプチーノと


「タビタ夫人のティータイム」メニューから
だいくのジョンのチョコレートチャンクフレンチトースト


苺フレンチトースト


入口には大きい子もいるし


お店の内外も世界観バッチリ!






しかし、雪だ、寒かった、、、
コメント

「江戸は燃えているか」

2018年03月21日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)



(かなり前方席だったのよ、うふふ)

江戸に迫る東征軍を率いる西郷と
迎え撃つ幕府軍の勝海舟。
降伏か徹底抗戦か。
勝の家族の意見も二つに分かれる。

正式会見の前に密かに西郷は勝家に来るが。


笑いっぱなし、ドキドキしっぱなし!
噛み合わない会話の噛み合う芝居がすごく面白かった!

劇場の幕を見るまで気付かなかったけど
タイトルの元ネタは
「パリは燃えているか」だったのね。
首都が燃えるか否かの駆け引きの物語。
お互いに義も意地もある。
どこを引くか、どこを押し通すか。
江戸が燃えないのを知っていても
どこに話が落ちるか、最後までわかりませんでした。

ネタ的にはシリアスを織り交ぜつつ。
偽西郷と偽勝海舟と本物達が
入れ替わり立ち替わり騙し騙され。
単純なようで複雑な構成で
でもテンポ良く、わかりやすく。
セットが1つだから
ワンシチュエーションに近いのに
話が拡がり膨らみ、各自の見せ場もあり
とても充実したお芝居でした。


獅童くんへ「萬屋!」と掛け声を入れた方が
同じイントネーションで松岡くんに
「TOKIO!」と掛け声を入れてくださいました。
ありがとうございました!
(思い返すと、冒頭の掛け声から伏線だった?)

アドリブ合戦で松岡茉優ちゃんが笑ってしまったら
獅童くんが
「なにを笑っているんだ、
 みんなに心配をかけて!」とツッコミ、
茉優ちゃんが客席に頭を下げ、
笑いに転化してました。

獅童くんはスケベで軽快で、
でも終盤のキメは流石の迫力。
マボは色男でした。モテモテ!
ムーミン好きの坂本さんこと飯尾さんは山岡鉄舟でした。
高田聖子さんがやっぱり上手い!
風ちゃんは潔く突っ走ってチャーミング。
歌もありました。
田中圭くんは振り回れて汗だくだく。

「西郷隆盛を演じるために身体を作ると元に戻らない」
というジンクスが芸能界にはあるらしく、
藤本さんもエリザや「坂の上の雲」広瀬の時は普通体型だったのに
「JIN」のあとは西郷体型のままで、
どうなるかと思ったら、舞台で西郷とは!
この手があったか!
コメント

「ブラック・パンサー」

2018年03月18日 | 映画


超人大活躍!
昼は国王、夜は悪人を懲らしめる、、、

ではなく、
アベンジャーズ新メンバーの前日譚で、
悪人退治ではないのはともかく、
骨肉争い&内乱なのは予想外。
親族トラブルが世界を変えるところだったね。

他国の平和を唱える陛下は
平気で自国民を殺す。
ぶっちゃけ陛下より、
いとこ殿の方が魅力的。


よりも!


「え、も、も、もしかして、
 マーベルでホームズ&ワトソンが並ぶ??」
の方で頭がいっぱい。

女将軍はカッコいい!
彼女もアベンジャーズに出るみたいね。
楽しみ。
秘密兵器開発係の妹ちゃんも可愛かった!
コメント

名古屋城と東山動物園

2018年03月18日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
長野県飯田市から高速バスできたアプロちゃんと
10時半頃に栄にて落ち合い、久屋大通駅方面へ。

角丸で味噌煮込みうどん。
かしわと卵入り。

中野督夫さんが竹内まりやさんへ
レコーディングのコーラス代として贈ったうどんですよ。
土曜日は昼間のみの営業、日曜日はお休みなので
中日劇場マチソワでは行けないのですよ。
細めのうどんにしっかり味が染みていて
とても美味しかったです。
チーズを別途注文して、〆はリゾットにしました。

食後は歩いて名古屋城へ。
途中の菜の花。


お城入口の桜。

これだけ咲いていました。

入口近くの茶亭へ。
金の茶釜の復元。


抹茶とお菓子。


円い窓からお庭を見る。


二の丸のあたりだっけかな?
木蓮。


石垣。


復元されたばかりの本丸は
ものすごい呼び込み。
ついつい、入る。


びゅーてほー!




列形成(この日は列無し)のロープにも
しゃちほこ。


天守閣へ。
きんのしゃちほこがお出迎え。


エレベータで天守閣まで行き、
景色を堪能した後
(中央アルプスも見えたよ!)
階段で下へ。
各階の資料を見る。
しゃちほこの旅を知ったり


いろんな復元を見たり


日本刀を見たり。


お土産に買ったポスカ。

猫だねー。


続いて、東山動物園へ。
パオン。


ユキヒョウ。


マヌルネコ


サーバルキャット


お昼寝のオットセイ?のあたりで
難波アナザードリームから長谷寺(奈良)経由の
MK氏と落ち合う。

イケメンゴリラのシャバーニ。

私の写真では全然わかりませんが!!
顔立ちだけでなく、佇まい、雰囲気が
すでにイケメン。
本当にイケメンでした。

バイソン。


狼。


トナカイ。


わかりづらいけど、コアラ。


どえらく駆け足だし、
夕方はお休みタイムの子も多かったので
いつかリベンジしたいな。

かなり疲れ果てて、得三へ。




このあとを考えると、
ここでガツガツ食べなければなりません。(使命です)
人参とレンズ豆のマリネサラダ 。


プレーンオムレツと
豆腐と梅じゃこのパスタ。

パスタがとても美味しかった。
ごま油かな?
中華っぽい味。

白身魚と春野菜のオイル煮(バケット付き)。

白身魚がホクホク!

ブルーチーズとドライトマトのピザ。

満腹!
ご馳走様でした!!

アプロちゃんは帰りのバスの都合で
アンコール1曲目で退店。

21時過ぎにライブ終了。
各自の宿へ。


翌朝は念願の「新幹線ホームのきしめん」の「住よし」へ。

朝はてんぷらはやっていません。
美味しかった。


かなり日帰りに近い強行軍でした。
コメント

3/17セトリ

2018年03月17日 | 小山卓治




3人で。
ジオラマ
ふたりのはるか
談合坂PA
パパの叙事詩
ばあちゃんごめんね

ベチコ捌け、信夫さんと
こわれた自転車
美しい沈黙

信夫さん捌け、ソロ
もしもあの時
靖国通り

ベチコ加わり、二人で
ギャラリー
ひまわり

信夫さん加わり、三人で
世界は素晴らしい
傷だらけの天使
最終電車

黄色い声混じりの卓治コールから
アンコール
フィルムガール(ソロ)
種の歌(三人で)(会場も合唱)

「下から2番目の男」のサビを歌う
変則的なコールから
モアアンコールはソロで
NY NY

一度客電が点くが、
諦めない客。
福井さんが舞台に
歌詞カードを持って来ると大歓声。
「もー!」
帰らない客を叱りつ、
モアモアアンコールは
ソロでパラアレ。


三都市の中では名古屋は
アンコールまでは
あんまり盛り上がらない印象だけど、
今日は最初から会場が熱かった!
得三はほぼ満員。

35周年ライブのためか、
デビュー当時の話なども。
懐かしむというより、
その積み重ねで現在がある、
そんなかんじに聞こえた。
事務所のボスは、怖かったんだなあ。

スカーレットと
ベチコのバイオリンと
信夫さんのピアノが融合した音は
とても豊かだった。

昨日の大阪では
スカーレットは暴れていたらしいけど、
今日は小山さんに御されていました。
しかし、自己主張が激しい女だね。
今後が楽しみ!


得三のご飯は美味しい。
特に豆腐と梅じゃこのパスタは激ウマ!



スカーレットといえば
ヴィヴィアン・リーのキリッとした顔が思い浮かぶし、
エバと聞けば「エビータ」のヒロインだし、
マチルダを仏語読みすればマチルドで
「赤と黒」の若い方のヒロインだし、
小山さんのギターの名前から連想する女性は
気が強い、なんてレベルを飛び越してるわー。
コメント

3/16セトリ

2018年03月16日 | 小山卓治


なんば地下で迷い、
開演1分前に会場に飛び込んだ友人から
セトリが届きました。

ジオラマ
二人のはるか
談合坂パーキングエリア
パパの叙事詩
ばあちゃんごめんね
壊れた自転車
美しい沈黙
ひとつになりたい
南十字星
ギャラリー
ひまわり
世界はすばらしい
傷だらけの天使
最終電車

アンコール
フィルムガール
種の歌

モアアンコール
NY.NY(生声)
コメント

「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」

2018年03月13日 | 映画


たんなる男を巡るエロにはならず、
共同体vs闖入者の緊張感が最後まで続いた。
慈愛の心からマジックマッシュルームまでの気持ちを
キッドマンは繊細に表現してたし、
キルスティンのたやすく脱げる心の鎧も、
若いお嬢ちゃんたちの眩しさも、
コリン君の髭も良かった。

ミステリー的な部分を期待すると肩透かしかもだけど、
この監督に求めるのは美的センスだから!
現代の機械で洗ったような汚れのない衣装に
「リアリティが無い!」など言うな。
光と陰、色、奥行き、などを堪能すべき映画なのよ。
ほんと、美しい。
絵と音楽とキャスティングがカチッとはまっている。

あんな小さな女の子でも、
男が輪に入れば化学反応を起こすんだな。
コメント

「15時17分、パリ行き」

2018年03月11日 | 映画
英雄vsテロリストのアクション映画ではなく、
たまたまそこに居合わせた人は特別な人ではなく、
それぞれの人生があり、この先も続く、
という、時間の流れを映像化したような作品だった。

少年時代も観光も冗長だけど、
彼らの人生をカットすることはできないんだろうな。

メイン3人が本人達、というのが驚き!
演技も発声もぎこちなさが無かった。
脚本演出撮影の巧さもあるにしても、
彼らの演技指導をした人は素晴らしく天才に違いない。
演技力よりも、本人の実在感、は
ネタを通り越して、説得力があった。
名優の名演技とは、また違った説得力。


向こうの人はやっぱり、
撃たれたぐらいじゃ死なないんだ。
やっぱり。
コメント

「ポーの一族(2回目)」(宝塚花組)

2018年03月11日 | 宝塚(花組)


どこを取っても「小池修一郎渾身!」を感じた。

2月より音圧がすごい。
さすがラブ一郎。

みりおのドSぶりにも拍車がかかっている。

舞台転換の短い時間しかないのに、
エドガーと去ったアランは少年で、
1959年のアランは長い時間を生きたバンパネラだった。
カレーがまとう冷たい空気が
みりおアランと同じく人外になっていた。

マーゴットが、昔の少女漫画に出てくる
意地悪な巻き毛ちゃんそのものだった。

「ペガ子無しのペガ子」って、
なにか上手い言い方はないか。
まさかこんなに長く使われるとは。

さおたさんは女役化粧のままで男役群舞にIN。

ナガさんを生で観るのは今日が最後。
ありがとうございました。
おつかれさまでした!

期間限定ソフトは抹茶あん。

ゆるゆるの抹茶ゼリーにソフトクリームをON、
あんこソースがけ。
2月~6月の限定みたいです。
コメント

「HEADS UP!/ヘッズ・アップ!」

2018年03月10日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)

名優の名舞台、記念すべき上演1000回で
終了したはずだった。
しかし名優は1001回目をやると宣言。
助手から初めて舞台監督を務める若者、
制作、衣装、美術、さまざまな人が
名優に振り回される。
果たして、幕は開くのか。


役者だけでは舞台は成り立たないし、
幕が降りた後でも仕事は続く。
舞台と制作スタッフに対する深い愛は伝わってくるが、
それにしても二幕が冗長。
群像劇にしても少々まとまりに欠けた。
ダーイシならもっと上手く料理できそう。

哀川さんの生の「ソイヤッ!」は嬉しかった。


ゆーひの女役に見覚えを感じたが、
アレだよ!フローレンス!

今さんが素晴らしく芸達者だった。


中川あっきーも
流暢な台詞回しに説得力ある芝居に
感情がこもった歌、とすべてが良かった。

橋本じゅんさん、青木さやかをはじめ
出演者はみな役に合っていた。
それだけに、長すぎる話の盛り上がりポイントが
狙い通りになっていないのが勿体ない。
コメント