きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

OFF Special Night

2004年07月17日 | 小山卓治
OFFのイベントでした。1部は卓治がお気に入りの曲をカバー。2部は「突撃インタビュー」の特別版。ファンからの質問に卓治が答えるコーナー。3部は卓治の友人達が舞台に上がりミニライブ。総合司会は野畑社長。お疲れ様でした。
 
 楽しいことは楽しかったけど、本当の気持ちを言えば、ライブをやってくれる方が嬉しいです。お友達と楽しそうに演奏する卓治もイイとは思いますが、ピリピリした雰囲気のライブはもっと好きです。

 島山さんを久しぶりに見ました。多分97年のライブ以来だから7年振り。髪は短くなり、顔もちょっとふっくら。でも懐かしくて嬉しくて、ミニライブの後半はすっと島山さんを見ていました。

 イベント特別カクテルの「酔いどれモーツァルト」は、私には強すぎて、友人の分を味見して終わりにしておきました。「ジン・シード」は飲んだけど。

 帰宅してから「栗田ひろみ」さんを検索した人、たくさんいただろうなあ。「黒い長い髪で、いたいけな雰囲気」って卓治が言っていたけど、確かにそんな感じですね。これが(かつての?今も?)卓治の好みか。納得。

 福袋は友人二人が当てました。一人はシャツ(舞台衣装)。94年から取り出した私の記録には無いので、多分それ以前に着用したものかと。もう一人はライター、そしてシルバーリング。卓治の指は細いと思っていたけど、さすがに女性の指に嵌めたらユルユルでした。

 ネタ帳を起こすのが面倒なので、詳しい感想は後日。あ、表にあった看板を持っていった方、ちゃおが探していますのでご返却をお願いします。
 ← コレです。
私達も持っていこうか、とか冗談で言っていましたが、大きくて、持って帰りにくそうだったからヤメときましたよ。
コメント

「喝采」(2回目)

2004年07月10日 | 紫吹淳(リカちゃん)
脚本にちょっと手直しが入り、
わかりやすくなっていました。
30年前の植田先生から、
25年前の植田先生に昇格したようなカンジです。
まあ、深く考えてはいけないんですよね。
商業演劇、お約束の世界。
どう考えても金だけ出していた父親の方が悪いのに、
子供が手をついて謝るのはねえ・・・・、
とか、
本番当日にダンス・シューズを贈るってどういうつもり???
とか、
フランスの片田舎で知り合った璃香の両親は
何語で話していたんだろうとかとか。
考え出したらキリがありませんわね。

とにかくファンとしては最後の10分を堪能できれば充分です。
もう1回ぐらい行きたいなあ。
リカちゃんの燕尾のために。
コメント

ダンスマガジン8月号

2004年07月09日 | バレエ・ダンス
 久々にダンスマガジンを買いました。いつのまに1500円になっていたの!マラーホフ、ルグリのインタビュー、マチューやマルティネスの記事もあるし、提灯記事もほぼ無かったので、まあお買い得ではありました。
 マラーホフのインタビューは特別目新しい話はなかったんだけど、彼のこの10年を思い返す良い機会でした。私が見始めた頃は、容姿に優れた才能のあるダンサーではあるものの、所属バレエ団とそこの招聘元がややマイナーだったので、なかなかダンマガには取り上げられなかったんだよね。その状況は世界的にも同じで。彼が西側(事実上の区分は残っていた)に進出し始めた頃は、各種メダリストではあったけど、まだ西側で売れているわけではなかったし、「ゲストとして呼ばれる→好評で定着」なんてパターンではなく、身一つで売り出したようなもんだったので、とても心配だったんだよねえ。だからといってモスクワ・クラシックでダンサー人生を終えるには惜しくて。どこにどんな形で落ち着くか数年は不安だったけど、いまや世界各所で踊る超メジャーダンサー。本当に良かったなあ、と思います。
 ルグリのページに、ちょっと前のエトワールの集合写真があって涙が出そうでした。あの頃は当たり前だと思っていましたが、いま思い返すと黄金期だったんですよね。いまはオスタなんかがエトワールでさ。マチュー君の世代で復活するといいなあ。来年のシルフィードは誰と踊るんだろう。水香ちゃんはあまりルグリの横に入って欲しくないなあ。東バからなら友佳理さんを熱烈希望!
 世代と言えばアメリカのユース・ダンサーのコンクールの受賞者にピサレフの息子の写真があってビックリ。これまた最近まで見ていたダンサーの子供。もうこの世代が育ちつつあるのねえ。ピサレフ息子は父に似ず、スラッとした体型でした。ペトホフのところとは逆パターンね。 
 あとジョゼのページにあった「来日公演のエスパーダで人気爆発」の記述。そうなのよ!ものすごくエスパーダが良かったのよ!!彼なら次回来日公演にはエトワールになっているだろから、次にドン・キがあるとしてもバジル。エスパーダを見られるのはこれが最後!と思ってチケットを追加したかったんだけど、お金が無くてできなかった記憶が・・・。まあ、結局あれからドン・キは持ってきていないけど。
コメント

「喝采」(1回目)

2004年07月03日 | 紫吹淳(リカちゃん)
え~。お話は・・・。
なんか70年代の少女漫画みたいでした。
父への反発とか、仲間とのいざこざがあってわかりあえるとか。
不良・・・・・・・・・・。
いまどき「不良」って死語じゃない?
でも、ネットで・・・・とか台詞にあるってコトは現代の話なんだよね。
それにしちゃ、ポーーーンと芸者に5千万円出す政治家とか、
その辺は昭和初期みたいなイメージなんだよね。
植田先生の感覚も相当古いと思うけど、
さらにそれより30年くらい古い感覚の人が作った話のようだ。
私の中では「駄作」に分類されている「ザッツ・レビュー」の方が
ナンボかマシだわよ。
んんんん~、でも、商業演劇って、こんな話が多いけどさ。

幕開けは「ダンディズム」の色違い背広たくさんで、激しくデジャヴ。
ここでも着回し・・・。
浜さんと左さんの掛け合いには大笑いしながらも、
父と娘の和解とかは、たとえリカちゃんの芝居であっても
「勘弁してくれよ」と天を仰いでいたワタシでした。
好きじゃないっす、このテのネタは。
リカちゃんの芝居自体は悪くないんだけどね。
そりゃ、まんま男役だったけど。
シュウジとかいう兄ちゃんはイロのようなものだと思うんだけど、
どっちかというと、いや、あきらかに
手下(子分)に呼びかけているとしか思えないっすよ(笑)。
まあ、この辺りで徐々に女優にシフトしていただきませう。

その点、伊織さんは自然に女優でした。
私は彼女の言い分はすごく正しいと思います。
好き勝手やっている理香の方が悪いよ、どう見ても。


でもでも、ショーは良かったよ!
中階段で黒タキで「ステイ」から始まり、
ユウコちゃんと踊りまくり。
ユウコちゃんの踊りは久しぶり~~~っっっっ!
シャープで正確な踊りに惚れ惚れ~~、
と、なりたいところだけど
やっぱり、リカちゃんしか
目に入らなかったわよ

これを見ることができたので、
まあ、お金を払った価値はありました。
あ~、でも声が弱いな。
マイクさん、もうちょっと音量を上げていただけないものでしょうか。
ひとつ、よろしくお願いいたします。
コメント

「ジーザスクライストスーパースター」エルサレム版

2004年07月03日 | 劇団四季
 名作と言われているし、歌もいくつか知っているから見ておこうかな、とそんな軽い気持ちで取ったチケットでしたが、とても感動しました!メル・ギブソンの「パッション」より、うんと良かったです。ウェーバー、やっぱ天才です。ロックで、しかもイエスを「スーパースター」と歌い上げる、なので、斬新で前衛的な聖書の話だと思っていましたが、「パッション」より、ずっとずっと重みのある話でした。イエスもまた、真理に近づくため苦悩する。誰よりも「神の救い」を、なんて言えばいいんでしょうか。彼自身が熱望というより、ええと、それが存在する世界を見たがっているというか、信じたがっているというか。「パッション」におけるイエスは、すでに悟りきって、神の御許に行くだけでしたが、こちらのイエスは、まだ悩み、苦しみ、それでもなんとか真理を求める姿が人間的でした。ユダの気持ちも胸に迫りました。ただの裏切りではない。確かに彼の気持ちは「愛」としか言い表せないかも。それを持つのも、また人というもの。鞭打ちの場面、スプラッタと言われ、肉を削いでいた「パッション」より、遙かに「痛く」感じられました。なんちゅうか、「パッション」より、聖書の知識がいるんじゃないかね?
 あ、で、一番いいな、と思ったのは、イエスが十字架に掛けられたとき、イエス役の人のみぞおちが窪んでいたところ。ジェームズ・カヴィーゼルは肉付きが良かったからね・・・。
 とにかく、あっという間の2時間でした。私は四季の母音発声法とか芝居はあんまり好きじゃないんですが、この作品は歌だけだったので、とても楽しく、というか、熱く見ることができました。8月のジャポネスク版も楽しみです。
コメント

「第12回読売GINZA落語会」

2004年07月01日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)
仕事の都合で三三くんの途中から聞きました。

「湯屋番」柳家三三
遊びすぎて勘当された若旦那が湯屋の番台に上がり、妄想を繰り広げる。
三三くんは口跡も良く人物の演じ分けがうまいと思う。研精会の時から見ているから結構ベテランかと思ったら、まだ30歳だってさ!でも、いろいろ賞も取ったことだし、そろそろ真打ちになってもいいんじゃないかなあ。若いのに正攻法の古典が似合うって貴重だと思うんだけどな。

「星野屋」立川談春
旦那に心中を持ちかけられた妾は、旦那が飛び込んだら、さっさと家に帰ってしまう。そうしたら旦那が化けて出て・・・。
談春は初めて聞いたけど、落ち着いた声で、他の立川流より聞きやすかったな。したたかな妾に感情移入しちゃうので、「そんな魂胆なら先に言えよ!旦那!!」と思っちまうわ。「なみだ橋」の冒頭にも使われてたネタ?

「木津の勘助」笑福亭鶴光
大阪の木津勘助の話。
鶴光の落語をしみじみ聞くのも初めて。家族や下ネタに飛び飛びしながらも、最後までテンポ良く、面白おかしく聞かせていただきました。無知で申し訳ないのですが、木津勘助の名前も、淀屋橋の由来も初めて知りました。勉強になりました。

「猫久」柳家花緑
「猫」と言われるほど普段はおとなしい久六が血相替えて刀を出せと女房に言い・・・。
最初に「小さんの十八番でも、自分の十八番ではない」と笑いながらも言っていましたが、まさにその通り。シャープさが足りなかったなあ。意外と、彼のファンより上の世代には受けていない気がする。同世代のファン以外も開拓しなきゃダメよん。

「大工調べ」三遊亭小遊三
大工道具を滞納している家賃のかわりに持って行かれた与太。与太を明日からの仕事に使いたい棟梁は・・・。
笑点では超若手だと見える小遊三だけど、ピンで見ると案外おじさんだった。当たり前か。イイ、とは思うんだけど、前に見た花緑くんの方が好きかも。若造がポンポン言う方が合うように思うので。

久々の落語で楽しかった。特に三三くんはメキメキ上達しているようで嬉しかったです。
コメント