きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「愛、燃える/Rose Garden(2回目)」(宝塚雪組)

2002年01月29日 | 宝塚(雪組)
 東京2回目です。寝るかと思ったけど最後までOKでした。本日は1階21列18番?で、オープニングの呉兵入場の時、生徒さんが目の前を通るのさ。前見たときは下っ端兵だと思ったけど、今日見た立ち位置から想像するに、私の前を通った先頭の人ってもしかしたらかしげちゃん?
 さて、公演終盤ともなりますと、皆様の演技に熱が入ってきますね。ようやくぶんちゃんハンレイの行動が理解できるようになった。ムラで見たときは愛と国の間で揺れる男か、国に命を懸けた男かわからなかったけど(それはぶんちゃんのせいではなく、演出上の問題だと思うんだけど)今回は国が一番、それからちょっと離れて愛が2番ってトコでしょうか。すごく悪い言い方だけど、他人のお古の女でも、そのことは全然気にしないぜ!というのはある意味すごい愛だと思うんだけどね。でも、ハンレイは「越王、命!」なんだよね。女は、越王&国と同レベルではない。でも必要ってとこでしょうか。責めるなよ、西施。エンカでさえゴフに忠誠を誓っているのに、越の貴族のアンタが国を思わないってどういうことさ。そう思うのは私がぶんちゃんファンだからか?
 ショーは、ようやくパッサージュの呪縛が解けた気がする。オープニングの緑・ピンク・青の配色も気合い入れて乗り越えれば大丈夫だったし。後半部のファンタンゴ?轟さんとハマコちゃんの歌は迫力あるよね~。ああ、ハマコのベルが見たいわ~。そう、あとこのシーンのぶんちゃんの踊り、なんかノルさんを思い出す。星組の特色なのかな。溜めて肩を大きく動かすとか。「♪胸が痛い~」で銀橋渡るのもとっても好き!しかし相変わらずローズアダージオが嫌いだ。エセバレエ。
 ぐんちゃんもいよいよお別れかと思うと寂しい。そんな好きな人ではなかったんだが、やっぱり長く見ているしね。昔読んだ4コママンガで、いかにも不良って子が「親が死んでも泣かないけど、歌丸師匠が死んだら泣くな」ってのがあった。ぐんちゃんにはそれに近いものがあるかも。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雑談

2002年01月23日 | ヲタク話(腐女子系ネタ多し)
 昨日の火サス、犯人と疑われた男の元愛人が水島かおりさんだった。榎田さんね。彼女は土曜ワイドでもハイミス(死語?)のストーカーで途中で殺される役だった。もしかして、こういう役が多い人なのかな?で、榎田さんっていうのはその中でも、なんというんでしょ、通し役っていうか、子供向け特撮だからそこそこいい役だったというか。それってさ、本公演では通行人掛け持ちだけど、博多座なんかに行くとパレード一人降りと同じようなポジションアップなのだろうか?とちょっと思った。越リュウのごとくね。

 最近買った雑誌というか本というか。ガンダムがたくさん載っている本を買った。初代を安彦さんが漫画化していて、初代とZの間のシャアとハマーンの話を北爪さんが描いているの。これを読むと自分のおたく加減がわかる。やっぱね、
同人誌の
パロディより
生シャアが
一番燃えるわねっ!

ああ、シャア、好きだよ~。マスクしてブイブイ言っている( ← 本当には言ってないよ!)シャアってステキだわ。しかも安彦画。北爪さんの方のもね。ララァが出てきて、ララァがシャアを好いているのが嬉しい。前に読んだ富野さんの小説だとさ~、ララァが(男として&人間として)好きなのはアムロで、シャアへは義理で動いている的なカンジがしてすごくイヤだったのよ。そしてまた、それを突き詰めて考えるとさ。もちろん初代見ていた頃の自分の思い込み(ララァはアムロなんかより、ずっとずっと×100シャアが好き)が否定されるのがイヤっていうのもあるんだけど、それ以上に
シャアが
アムロに
負けるのが
許せないのだ!!

アムロの方が好き、ってのは、シャアよりアムロの方が魅力がある、ということなのかい?という疑問を持つことすらイヤなのだな。スパロボ大戦においても、常にアムロよりシャアのレベルを高くしていたし。ああ、おたくだ、私。いまさらなんだけど。

 ま、でもこういう風に好きなのはシャアだけかもしれない。だってハーロックは無条件に好きなんだもん。例えていうならトップオブトップ。批判なんか聞いても鼻で笑って受け流せるのさ。あ、そういえばこの前ゆりかもめに乗って台場駅を通ったとき「台場正」なんて言葉が頭に浮かんだわ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「愛、燃える/Rose Garden(1回目)」(宝塚雪組)

2002年01月14日 | 宝塚(雪組)
 記憶以上に眠い話だった。大劇場で見たときは絶賛していたのに。それは多分「大海賊」を見たあとだったから。そしてトドさん個人と、グンちゃん個人には合っていたから。例え作品的にアレでも、トップに合っていればとりあえずOKと思う心がすでに出来ているのね。あああ。しかし、それでも芝居は好きな部分があるし、歌が頭に残るからいいと思うの。「愛は 愛は~」とか「万歳 万歳 ごおう~ふさ~」とか。しかしショーが・・・・。「100万本のバラ」の次に「野ばら」が来るなんてシュールすぎるわ。ほんに、岡田先生の焼き直し失敗作のようだ。魅惑IIでグン&わたるのシーンは意味不明でビデオで見るときはだいたい飛ばしているんだけど、今回もそんなシーンがあったね。ローズ・アダージオ。なんであれを使うのか。まだローズワルツの方がいいのでは?
 しかしな。ぶんちゃんがエロオヤジ臭くなってきたので、そこは楽しめる。スーツの踊りのトコロの足の開き方、腰の落とし方。ほほほ~。エロエロ~。好きよ~。あと手の伸ばし方とか上げた足とのラインとかキレイになっていたわ。それ以上はあまり語りたくないね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「SHOCK」

2002年01月08日 | 宝塚(専科、スケジュール、雑談等)
 私がなぜ堂本光一主演のミュージカルに行ったかといえば、それはひとえに樹里ちゃんのためである。そして樹里ちゃんはカッコ良かった!すっかりジャニーズに溶け込んでいたわ。宝塚でいうなら3番手ぐらいのポジション?歌は長いソロがあり、踊りも男役の踊り多し。アンドレなんかよりずっと見どころがあった!良い仕事をさせていただいて、ありがとう喜多川さん!!なんでも昨年の鈴木そのかちゃんは相当ジャニファンから嫉妬のため嫌がらせがあったらしいが、樹里ちゃんにはないそうで。そうでしょうな。だってさあ、女じゃないもん!男にかなり近い男役だもん!!嫉妬の入る隙間はなかろう。ははは。
 内容はねえ。ちょっと中だるみしたかな。ショーの部分は楽しいんだけど、個人的に堂本&翼の芝居っつうのは好きじゃないんで、台詞だけの時はちょいと辛かったな。特に劇中劇の「ハムレット」と「白鯨」。あれさあ、それを知らない人だとなにがなんだかわからないのでは?翼君がいきなり踊れちゃうようになったりとかは別にいいし、悪霊でオチにするのも、まあ、いいんだけど、光一君の2役はわかりづらかった。せめてアデルとルシルぐらいには・・・。
 振り付けは名倉加代子さん。私は常々普通のダンサーが宝塚の踊りをしたらどうなるのか疑問に思っていたけど、答えが出たように思いました。やっぱ宝塚の方がいいわ。もちろん技術的にはここに出てた人の方が上なんだろうけどさ、やっぱねえ、宝塚って小顔で脚が長い人の集団だってわかった。まず外的に同じ人を集めるというのは、なんと贅沢なことなんだろう!!そして一定の美学に基づいた見せ方、決め方。これはやはり宝塚ならではのものなんだ。だから私は見に行く。わかりやすいわあ。
 セットは高所恐怖症の私には少々怖い物アリ。みんなよくあんな高いところに立てるよな。あとアンサンブルにアクロバットのような人達がいた。最近多いね。そうそう。私、ジャニーズの、特に子供が嫌いなのよ。だからコンサートとか誰かのバックで踊っているのがすごく嫌い。だってみんな自分の世界に入っちゃっているんだもん。でも今回は概ね「アンサンブル」として踊っていたのでそんなに気にならなかったわ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ガイズ&ドールズ」@宝塚大劇場(宝塚月組)

2002年01月05日 | 宝塚(月組)
 思いついたところ、行きます。まず、えみくらちゃん。むちゃくちゃカワイイよ~!あのポスターの鬘じゃなく金髪で裾がクリンとしている髪なんだけど、カワイイっす!!オヤジ心丸出しになりそう。タニのネイサン。どう見てもリカちゃんより年下で「老舗」というには若すぎる。でもそれ以外の演技とか歌は悪くない。やっぱ天海に雰囲気が似ているかも。このまま「若さが俺の持ち味だぜ!」と我が道を行ききれるならトップも案外いけるかも。キリヤンは鬘がヘンな気がするんだけど、ちゃんと女だった。確かに他の劇団のミュージカルを見ているようだった。それぐらい自然な演技。ユウヒは歌が良くなり存在感が増した。こりゃ路線入りですな。彼女の場合なら未沙さんがつけたという肉布団はかえってヘンね。さららんとほっくんはシュウマッハーの下の弟分ってとこでしょうか?これから売り出しまっせ!というアピールを見ているよう。ケロは美味しい!美味しすぎる!!出番が多いわけじゃないんだが、強烈だ!好きだケロ!!そして越リュウ!私の記憶の中では初めての通し役だ!すごい!こんなに台詞があるなんて!!しかもスーツでカッコイイぞ!!!越リュウファン必見です。あとはゆら&美々のテンションの高さが良かった。あと忘れちゃイカンのが末子さんだ!踊っているぜ!特にクバーナ?の場面。その紫のドレスは、ほさっちーのサザクロの衣装ではないか?似合うぜ!若手ダンサーの地位をキープだね。
 とにかく、えみくらちゃんがいるからできた舞台。これは檀&三恵じゃダメだった。強いていえばグンちゃんが似合うか?しかも若手娘役の出番はないから三恵ちゃんが「大海賊」で辞めた理由もわかった気がした。えみくらちゃん、歌もいいよ。このサラのために月組で抜擢されたんじゃないかと思うくらい。
 一番ヤバイのはリカちゃんでした。あのね、歌はね、音程が外れたまま朗々と歌いきる方が、音はそこそこ正確だけど声量が足りない場合よりもうまく聞こえるというのがわかったよ。リカちゃん苦しそう。えみくらちゃんがいなければアカンかったかも。しかも、リカちゃんって、やっぱ大作向きじゃないかも。特にみきちゃんのH2見てるから。アメリカン・コメディってあそこまでやらなきゃダメなんだよね。ああ、月組&宝塚ファンの方、ごめんなさい。ファンとして、とりあえず謝っておきます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする