きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

借りてきたビデオから

2000年10月19日 | ヲタク話(腐女子系ネタ多し)
 公開時に見ようと思ってたけど見損ねて、ようやく新作からはずされた映画「シックス・センス」と「ノイズ」について。
 うむ、はっきり言って2作とも1500円で見なくてよかった。「シックス・センス」はもっとオドロオドロ系だと思ったら、傷ついた主人公(ブルース・ウィリス)が愛を取り戻すまでのストーリーだった。イイ話だとは思うんだけど、私は彼が好きではないので、入り込めなかったな。噂のガキは良かった。ガキのお母さんが、ガキが霊を見てしまうことを受け入れたところはちょっとホロリときました。「ノイズ」はジョニー・デップ主演。この時はこれと、「スリーピー・ホロウ」ともう1作の計3作が同時公開だったんだよね。でもこの時期は「スパイ大作戦」とか「アンナと王様」もやってたので「ノイズ」まで手が回らなかったのよ。結果としては良かった。うん、こっちは明らかにデキの悪いSF。ジョニー主演じゃなきゃ公開されなかっただろうな。ジョニーも仕事選べよってカンジだ。Xファイルにネタ回しても違和感なく、しかもモルダーとスカリーを絡めても45分で充分書けるだろうね。別にジョニーが髪を金髪にしてたから「違うぞ!」と思ったわけじゃないんだよ、うん。

 この他にはガンダムTVシリーズを続行。でも26話以降ってクサるほど見てるんだよな。26話「復活のシャア」は再放送でビデオ取ってある。ドレン?だっけ?彼がシャアの操縦を見て「さすが大佐だ、いい腕をしておられる」という台詞は何回聞いた事やら。でもシャアへの誉め言葉なので聞き飽きることはない。でも、カイとミハルの話はもう見なくてもいいかな。ああ、ホントこの20年で何回見たんだろう・・・。でもやっぱ、シャアはいいよ。いま見ると結構青臭いヤツだ。20歳だもんな~。しかし大佐になったら敵の本拠地にフラフラ潜入しちゃイカンよ。っていうか、大佐という階級でテストパイロットやってるのは、すごく間違いな気がするよ。いくら最新鋭の機体に乗れるからといってもさ。(確かどこかでシャアの機体が赤いのは試作機だから目立つ色になっているというのを読んだ気が・・・)そういや6話だかのシャワーシーンのシャアとガルマ。これはデキていると勘ぐられても仕方ない、と思ったな。急ぐ話しでもないのに勝手に私室に入り込むわ、シャワールームのドア半開きにして会話するわで、尋常な関係とは思えない。やっぱり。
コメント

小山卓治トークイベント

2000年10月14日 | 小山卓治
 2部構成で前半は卓治と共演したアーティストが入れ替わり立ち替わりやってき喋り、後半が卓治によるトーク+生演奏でした。主催の角野さんがさすがプロなので話がおもしろく3時間近いイベントでしたが、あっという間に終わってしまいました。

 楽しかったんだけど・・・・。

 無謀にも途中で酒を飲んでしまった私は、ここに書くほど内容を覚えていませ~ん。おもしろかったのよ。笑えたのよ。卓治が歌を始めたきっかけは女の子にモテたかったからだとか、サイモン&ガーファンクルに入れ込んでいたとか、ま、知ってる内容だが、おもしろかった。客も殆ど卓治ファンだったし。あ、ギャラリーのナマが良かったわ。それより、「傷だらけの天使」。私ら舞台に向かって右側にあるちょっと高い位置にしつらえられた座敷で見てたの。食い散らかした皿が乗ったテーブルを前に、畳の上で、「傷だらけの天使」に手拍子を入れる。めったにできる経験ではないな。
 そうそう、今度の東京は12月20日だって。みっちゃんは申し込んだ夜会がぶつかりました。ふほほ。
 
 


【追記】
10回聞いて
同じものができたら
パクリだけど
1000回聞いて
同じものができたら
それは「継承」と
言うんだ!

は、名言だと思います。
母にもウケました。
コメント