きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「エリザベート 2004年版」(山口祐一郎、鈴木綜馬、浦井健治、今拓哉)

2004年03月30日 | 宝塚版以外の「エリザベート」
 まず良いところを。島崎さんの振り付けを見慣れたせいかトート・ダンサーズは思ったほど違和感がなかった。それどころか、ちゃんと芝居の中で意味をなしているので(トート様の意志であったり、人の間に漂う「悪意」であったり)、前の「踊るだけ」のダンサーよりずっと良い。ダグバ様のルドルフ。姿勢はやや悪いが、歌も芝居も踊りも身のこなしも良かった。さすが井上君より年季が入っている。もひとつフランツのプロポーズ。「馬には乗れるかい?」なんて、できないことは言わなくなった。フランツ登場のセリ上がりも好きかも。
 さて。反対にイマイチな部分を。固定装置(舞台美術)は使ってみたいんだろうけど、帝劇でやることはないだろう。それとこれらとセットの電光掲示板は・・・。絵が荒いよ。シシイが落ちるところとか鹿さんとか、なんとかならんかねえ。んでんで、なによりエリザベートがどんどん意味不明になっていくよ。1幕は、それでもまだ納得できたけど、2幕以降が・・・。「私が踊るとき」は完勝の勝ち鬨だよ。あんなに自信を持った人が、なんで次の場面で「あなたの方が自由」なんて言うんだろう。どちらかを削らないと、あまりにも一貫性がない。で、シシイが強くなったあまり、トート様とフランツの力関係もアンバランスに。トート様はまったく相手にされていない。フランツもたんなる振られ男のストーカーのようだ。シシイに対して、愛と現世の栄光を与えるのがフランツであり、「死」という自由をあたえるのがトート様のはずなんだけど、結局シシイはどちらも望んじゃいないように思える。たんにその瞬間思ったように行動したいだけの思慮の浅い女に思えて、それじゃただの我が儘じゃん!って思っちゃうのだよん。ルドルフへの拒絶のしかたもねえ。あんまりきっぱりしすぎていてさ。その後の葬式につながらないじゃん。一番はラストだよね。シシイはトート様なんて見てないよねえ。う~ん、終わった気がしないのよ。
オチの作り方を
忘れたのか?
小池先生。

祐ちゃんトートは「人間を愛したオレ」に陶酔しすぎて、「イブの息子たち」のニジンスキーみたいでした。そんちゃんはソロがあって嬉しかった。化粧もキレイよ。勝ちゃんもだいたい把握できた。
 ま、そんなわけで消化不良なので、これから星組のビデオを見ます。
コメント

TOKIOコンサート

2004年03月27日 | ライブ・コンサート・音楽
 今年も行ってきました。千鳥ヶ淵の桜は八分咲きでなかなか美しかったです。昨年はルグリのソロルを見た後に、この坂を上ったのよね、なんて思い出しました。

 今回のお席は北東2階。舞台上手側斜め後ろ。いうなれば、舞台袖から見ているなカンジでした。そのため「彼らが見ている客席」も見れて、なかなか面白かったです。特にT字型に張り出したステージの最前列に、どうみても70歳は越えた女性がノリノリで楽しんでいるのも見えました。私もこんなふうに年を取りたいものです。

 内容としましては、前回よりかなりシンプル。「見せる」から「聴かせる」にシフトしてきているように思います。長瀬なんかもアコギギターが弾けるようになって・・・(ちょいと長渕が入ったとき、会場から「長渕智也~」という掛け声が!ナイス!!)。むかしは「リードタンバリン」だったのに。。。など、すっかり親心モード。しかし、あれですな。リーダーとか山口君とか、ギターの弦、切らないよなあ。あんなに力を入れているように見えるのに。そう思うと、誰かさんは・・・。いや、言うまい。MCも、仕切る松岡、話の流れをうまく掴む山口、天然ボケの長瀬、オヤジギャグで会場の温度を下げる城島、無視されるツッコミばかり入れる国分、と、相変わらずでございました。
 踊りはアンコールに各自ソロ。私は山口君が一番好きかなあ。背筋がしっかりしているというか、ピルエットで軸がぶれないんだよね。リーダー(アフロで登場し、アフロの鬘を投げ捨てると、下にはハゲヅラが!)も割と軸がしっかりしていて手足の使い方がうまい。長瀬、松岡あたりは雰囲気で誤魔化しているのう、と。太一は身体が薄すぎる。

 今回聴いて思ったのは、アイドル系の歌と、バンドの歌と、両方がしっくり聴けるようになったな、ということ。どちらも「TOKIO」の歌になったというか。「LOVE YOU ONLY」って卓治でいうと「傷天」だと思うんだけど、前半に入って違和感が無いというか。いいことです。あ~、それで思い出した。「LOVE・・・」でTOKIOは会場のみんなに歌わせたんですけど、女の声ばかりって、なんか新鮮。いつもは野太い男性の声だからね。けへ。
コメント

小山卓治「Planting Seeds Tour」初台

2004年03月21日 | 小山卓治
 リカちゃんを見送った後は初台へ。行く気が萎えないよう、ちゃんと前売り券を買っておいたのだ。ツアーファイナル、そして、とりあえず今後の予定が出ていないことを考えると、一曲でも聴いておきたかったのだ。

 8時半頃到着なので聴けたのは「最終電車」から。最後列から見えた卓治は、とてもとても楽しそうな顔をしていた。それだけで、なんか嬉しかったよ。お客さんもたくさん入って、後ろの人は歌っている人も沢山いて、今夜はいい内容だったんだな、ってわかりました。私の位置から見えたのは卓治、宮本さん、スマイリー、中野さん。全部見たのではなく、動いてくれた時に、私の視界に一瞬顔だけ入るような、そんなカンジ。ウリのひとつでもある(笑)カースケが見えなかったのは残念。

 疲れていたので「種」のころはトイレ側の壁に寄りかかって座り込んで聴いていました。たくさん舞台に人が乗っていたみたいですね。舞台からたくさんの「音」が聞こえてきました。

 最初から行っていた友人によると、ライブの予定は未発表で、現在曲を作っている最中とか。う~~ん、やっぱり
備えあれば憂いなし
行けるときに行く。後悔しないのはそれが一番。
冬眠宣言なんて
怖くないわ!
コメント

「吠える!」

2004年03月15日 | 小山卓治
ぴあでチケットを買うとき「吠えろ」と書いてしまったのは私だけですか?

・鈴木ユウキ(OA)
昨年後半から何となく見ているので「成長したな~」と思った。以前より「人前で歌う」ことに慣れてきたように思う。CD買ったよ~ん。

・ヨシケン
う~ん、確かに街のその辺で歌っていそうだ・・・。

・KAB
見かけによらず(歌を聴きながら付けリーゼントの仕組みを考えていた。糊でくっつけているのかな???)澄んだ歌声の持ち主。今回の出演者の中で一番売れそうなカンジだ。私の好みではないけれど。

・小山卓治
客の入れ替わりはないのに、卓治登場により客席の「粗野度」が120%アップしました。
「吠えろ」
イベントタイトルに近い名前なので来ると思っていた。イベントの一発目としてはいいよね。
「欲望」
これも良い選曲だ。「吠える」曲だもんなあ。
「ユリエ」
やっぱり来たね。若いお嬢さん(ユリエの世代に近い女性)に聴いてもらいたいんだろうな。でも・・・。イントロで思わず目を伏せてしまったよ。
「負けないで」
そうか、これも「吠える」系か。なるほど。
「イエローワスプ」
実は、卓治の曲で「吠える」といったらコレだよな、と思っていました。思っていたけど、本当にやるとは思わなかった。若いお嬢さんを目の前にしては集中しきれなかったかな。イントロの時、アレだよね?多分アレだよね??と確信しきれなかった。ええと、でも。私の前のお嬢さんは、「負けないで」では自分の爪見たり~とか~だったけど、ここでは凍っていたから伝わったと思う。

と、全体的にイベント・テーマには沿った選曲だったと思います。ただ、これで新規の客をGET!というのは・・・。こうやって聴くと、やっぱり卓治って「男」の曲だ。染谷君のファン向きじゃないね。声は良く出ていたし歌詞も良く聞こえた。

・染谷俊
彼の、なんというか、脊髄反射のような叫びは私のような年寄りには苦笑でしかないんだけど、なかなか自分の世界から出る勇気のない女の子には必要なんだろうな。

合間のポエムとかとか、言い方が悪くて申し訳ないんだけど、全体的に学生イベントの延長みたいな雰囲気だったな。でも、卓治と卓治ファンを除けば出演者も客もそれに合っているわけで。アコナイのしっくり感がないのは仕方がないんだよね。体調が良ければこの「浮き具合」も楽しめたと思うんだけど。
コメント

上映会

2004年03月06日 | ヲタク話(腐女子系ネタ多し)
 3月6日、7日の月組観劇は「宿泊プラン」利用。せっかくなので、PC持ち込んで「怒濤の上映会」をしました。





その1「夜会の軌跡」
11回目の谷山浩子さんだけ見ようと思ったのに、結構見てしまった。みゆきの曲を浩子さんがモノにしているよね。二人が一緒の画面って不思議だわ。

その2「ルジマトフ四大傑作集」
94年撮影の「タンゴ」だけ見ようと思ったら結局全部見てしまった。「タンゴ」の頃のルジマトフは「なにか」を分泌というか放出している。それはリカちゃんと同種のモノなのだ。だから私は二人とも好きなのだ。「海賊」等はそれはないけど、でも彼の腕というか、上半身の筋肉は、それだけでも見る価値あり。マハリナには男役をやってほしいなあ。

その3「エリザベート」
「私が踊るとき」だけ見ようと思っていたのに、これを見た後「ミルク」から殆ど全部見てしまった。心構えなしにアサコを見てしまったので脳みそが蒸発しそうになった。

ここで夕食へ。

その4「リベリオン」
私のHP用の対談のための上映会。本当はこれがメインのハズだった。一時停止してはツッコミどころをメモし・・・を繰り返したので4時間強かかりました。クリスチャンとショーンに萌え萌え萌え。

その5「指輪 二つの塔 特別版」
ボロミア追加シーンだけ見ようと思ったのに止められず、2枚目のディスクをかけっぱなしにして就寝。3時前でした。

その6「ガイズ&ドールズ」
7時半に何となく目が覚めたので1幕途中からかけ、寝直す。夢心地にリカちゃんの声を聞く。至福。8時半に起きて9時朝食。部屋に戻ってきて、新公映像などを見る。

そのあと私はJ庭へ。お目当ての本を買い劇場へ戻ったのでした。
コメント

小山卓治「Planting Seeds Tour」名古屋

2004年03月04日 | 小山卓治
 友人も言っていたけど、1曲目の出だしはいつもリカちゃんでも卓治でもドキドキする。今日は声は出るかな~、とか。本日一曲目は「微熱夜」。正直声が出きっていなかったと思う。好きな曲だけにちょっとツライ。後半に持ってくれば声は出たのかな~、とか。しかし、「薔薇の封印」と同じで、まずかったのはこの出だしだけ。「ジオラマ」「悪夢」まずまずのデキ。
 ここでMCその1。あんかけスパ第一部。「サバラン」に行った話、ヨコイのソースをもらった話、POWDERのライブに行き、後ろの方で腕を組んで斜め45度の角度で(カッコ良く)見ていたとき、コーミのソースをもらったので、ジャケットの内ポケットに入れた話。
 続いての「さよなら恋人」はアレンジが良かった。「ある夜の電話」もしっとりまとめる。そしてピアノに行き「Rock'n Roll's Over」。お約束通り、間奏からスマイリー(ピンストライプのスーツ、灰色地に大きめの赤い円が散らばったネクタイ)が加わる。この間奏は、やぱりサックスがしっくり来る。「今夜のアリバイ」の後は「Once」。私も好きだし、この日来てくれた長野の友人も好きな曲。これにスマイリーが入るのは嬉しいな。「もうすぐ」は「ん~」がちょっとヤバメだったかな。
 MCその2。あんかけスパ第二部「スマイリー、あんかけスパを食べるの巻」。いろいろ話を聞いていたので無難そうなオムレツが乗ったのをオーダー。しかしメニューをよく見ると「卵5個使用」と書いてあったそうな(参考写真) 。あんかけスパ経験者の卓治達は満腹中枢が刺激される前に食べきったけど、スマイリーは少々時間がかかってしまったため、25分後腕組み状態。窓の外を見て気を紛らわせたりするも完食できず。「胃の中に油の幕が張られている」。あんかけスパの店が東京の進出するらしいが「絶対に箱根の山は越えさせない」と二人とも力強く宣言。さらにネタは続く。開演前のアンケート「スマイリーさんは世界一の(   )と聞いていますが(   )についてどう思われますか?」を埋めた問いにスマイリーが答えるコーナー。 いろいろあったけどメモの字は判読不明。すいません。風俗店の話になった時、お互いどんなタイプのコスプレがいいかという話で、卓治はエプロン(スマイリー:家庭的だな、卓治:ないものねだりだな)、スマイリーは普通のOL系だそうな。それから人生の幸せ度グラフ。スマイリーの幸せのピークはなんといっても紅白出場。結婚の時の数値がうっかりゼロ以下になっていたのを卓治に突っ込まれていました。卓治は・・・。本人の解説がなかったけど、説明できるかもワタシ。最高値はデビュー、最初の落ち込みはソニーとの契約切れその1、再契約が2度目のピーク、そして次の落ち込みは契約切れその2,あとは七転び八起きで今に至る、ってトコよね。ああ、他人に人生をこんなに知っているとは・・・。
 この辺りでネタは終了。舞台後方、マイクスタンドに掛けてあった帽子を各々被り、ちょっと昔に戻ったようなビジュアルで「Hustler」。卓治の「彼とはつかず離れず。一時期は本当に消息不明になった時があった。でも今はまたこうして一緒にやっている」のような解説を受け、二人で「紫の夜明け」へ。やっぱりスマイリーのことだったのか。はっきり聞いたのは初めてかも。1本のマイクに二人が顔を近づけサビを歌う。とても楽しそう。会場もようやく乗ってきて「傷だらけの天使」の「Get A Way」でこぶしを振る人も。次の「Show Time」で一度締め。
 アンコール。「俺たちは、ワン・ツーでカウントは取らない」で、「せーの」で「下から2番目の男」。「NO GOOD!」は卓治だけではなく、スマイリーまでが第2ステージへ。店内の照明も明るくなり、とても見やすかったです。TOKUZOさん、ありがとう!!大いに盛り上がった後は、スマイリーはサックスをギターに持ち替え「種の歌」。 これが本日のラストでした。
 全体的に昨年末の渋谷を踏襲しているかな?今年もネタ・ライブはあるそうで、その宣伝というか営業の面もあったのかな?私としては二人のシリアス・ライブを見たかったけど、スマイリーがあまり行かない地域の人はこの方が良いのかな?21日初台はリカちゃんのお見送りをしたいんだけど、こうして卓治を見ると、バンドスタイルの卓治のライブも捨てがたいんだよね。ああ、どうすればいいんでしょ。
コメント