きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「ある男」

2022年11月26日 | 映画


終わってみればブッキー弁護士が主役なのに
枝葉が多くてスッキリせず。

差別やヘイトが主題にしても、
戸籍交換のあたりはもうちょい説明して欲しかったけど、
弁護士の自分探しにはいらん話か。

もそもそ台詞を言うのが自然体という邦画の理想は無くして欲しい。
役者の演技は素晴らしかった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ザリガニの鳴くところ」

2022年11月23日 | 映画


今日見た前2本が私のツボを的確に突いていたこともあり、
こちらはかなり中途半端な印象。
異端というほどではないけど規格外の者への蔑視と排除、
DVで家族散り散り、法廷サスペンス、内気な娘の成功譚、
など、ネタを盛り込みすぎ。

証拠が無さすぎでも、
陪審員が頷けば死刑の世界なんだよなあ。

家にいれば母が迎えに来る、
その気持ちだけで生きて来たんだろうな。
全てはそのための手段。

ラストのアレは彼女が犯人なのか、
事故で、愛していたのは死んだ彼で、
結婚は湿地で生きるためだったのかなあ。
映画だけでは、この辺はわからず。

いろいろ頑張ったところがあるのはわかるけど、
そもそも無収入の子供が1人であんな都合よく生き延びらないよね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「母性」

2022年11月23日 | 映画


なかなかに気味も居心地も悪い家族関係を
上手いことエグく描いてました。
子供の言うことは正論だけど、
すべてが正しくきっちり片付くのは現実的には無理だよね。
善意と深い愛に溢れた祖母も、
愛情はある意味一方通行の自分勝手でもある。
「母」は、その居心地の良さから抜け出せなかったんだろうなあ。

愛にもいろいろあるんだな。

大地さんも高畑さんも戸田さんも永野さんも、
役者の芝居が良かった。

戸田さんの老けメイクが上手くいってるときと
そうじゃないときがあるのは
意図されているのかな。
母のときと娘のときと、
違うということ?

追記
自分無しでは生きられないほど
娘に愛情を注ぐのも母性なのか。
善良な慈愛しかない、
そんな意識は全くないのに娘の生き方を決めてしまう
ある種の気味悪さを
純粋な正義が漂う大地さんだから
居心地の悪さ倍増でした。
痴呆の義母に仕えるのは
「娘」の地位に収まれた、
ということなのだろうな。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「サイレント・ナイト」

2022年11月23日 | 映画


実に好みの映画だった!
人類滅亡が迫る日、
国によっては安楽死用のピルが配布される。
親はその日を迎えるための準備をし、
子供は諦めきれない。

親は何度も何度も話し合ったのがわかる。
決して最初から「政府発表」を受け入れていたわけではない。

世界一斉にその日が来るのではなく、
徐々にやってくる。
静かに到来するのが怖かった。
自分ならどう受け止めるのか。

あんなに悪態をつけながら、
最後の時には集まる友人たち。
各々の事情もわかった。
キーラが美人。
ラストは蛇足だと思ったけど、
もしかして、ゾンビになる?
でも、例えゾンビになって死ななかったとしても
この「家族」はもういないんだよな。

滅亡映画ネタもいくつか。
「ザ・ロード」はヴィゴ主演だっけか。

後半は、みなさんの考え、覚悟がよくわかって、
ボロボロ泣いてました。
コーラのあたり、備蓄品がたくさんあったなあ。
「シェルターに入ってやりすごす」も
検討したんだろうなあ。

政府の言うこと聞いて薬を飲んだら死ぬ、
薬が配られなかった不法移民やホームレスは生き延びる、
という風刺という感想もあるみたいだけれど、
私は古典の「世界の最後の日」ネタだと受け取りました。
世界全部が無くなる日が迫ってきたら
人はどう対応するのか、を堪能しました。

そして、どうでもいいことですが、
キーラと、ジョニー娘の共演でした。
クリスティーナ・リッチを思い出すけど彼女じゃない、
と思うとリリー・ローズ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宜野座伸元バースデー@ノイタミナカフェ

2022年11月22日 | TV番組など(配信含む)
宜野座さん、お誕生日おめでとうございます!




ダイム!



10周年キービジュだっけ?








ごはんとか








レシート


コースターとか




次回映画ポスター



髷チカさんって着物が似合いそう。
ピンク系の着物に襷をかけて忙しく御膳を運ぶ旅館の仲居さんとか、
黒い着物の未亡人とか。

ラジオ大喜利で宜野座さんが、
「素人ものなのに素人ではないのは、どういうことか!」と叫んでいました。
関さんが、そりゃそうだな、とおっしゃっていました。


おまけ。
ラムちゃん。


お台場の夜景
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京国立博物館創立150年記念 特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」

2022年11月20日 | 美術館・博物館(各種原画展含む)


宙組千秋楽の日でしたが、国宝展14時半回に行ってきました。
圧巻でした。
いままで収集、保存してきた方々、
そして今回の展示を企画、調整、実行した方々、
皆様に感謝です。
ありがとうございました!

最後に撮影可能エリアあり。


挂甲武人の埴輪もありました!(ミニチュアは家にあるよ!)


一部は見たことがあるけど、
一堂に会する、というのが重要なんだよね。
視界全てが国宝!
なんて贅沢な空間!!

三日月宗近の三日月も見てきました。
刀剣コーナーがあって胸熱。
「人殺しの道具を展示するのはどうか」って
言われていた時代があったんだよね。
旧陸軍を連想する人もいたし。
ゲームのおかげで流れが変わった。
ありがたし。

と、書きつつ。
ゲームの元ネタを愛する、以上の情熱を感じるときがあるので、
やはり魔性の存在なんだなあ、と思ったり。
中国や西洋の剣、日本の剣でも青銅の剣には
ここまで美しいとは思わないし、引き込まれないよね。
それぞれの良さはあるけど。

と、書きつつ。
ゲームの元ネタを愛する、以上の情熱を感じるときがあるので、やはり魔性の存在なんだなあ、と思ったり。中国や西洋の剣、日本の剣でも青銅の剣にはここまで美しいとは思わないし、引き込まれないよね。それぞれの良さはあるけど。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「蜘蛛巣城(午前十時の映画祭12)」

2022年11月20日 | 映画


マクベスの方だった。
霧の中を移動する森とか、バシバシ矢が刺さるとか、
ラストは迫力がある映像だったけど、
芝居を含めた様式美の世界は朝早い回では頭に入らず。

三船さんでさえ台詞が聞き取りづらい音声がなんとかならないなら
字幕を入れて欲しいわ。

山田五十鈴の存在感はさすが。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「HiGH&LOW -THE PREQUEL-/Capricciosa(カプリチョーザ)!!(3回目)」(宝塚宙組)

2022年11月16日 | 宝塚(宙組)


ドラマ1期の総集編を見てのヅカロー3回目なので
話もキャラもよくわかった。
ほんと、野口先生、ぴったりなキャストで
1時間40分によくまとめたなあ。

それぞれのグループの、
それぞれの正義もよく伝わってきた。
よくよく考えると1グループあたりの持ち時間は少ないのに
個性の違いがばっちりわかる。
演出だけでなく、役者の深堀があるよね。

カナちゃんが、健気で。
彼女の笑顔に、覚悟に、泣いちゃう。

ホワイトラスカルズのロッキーの後ろにいる女性が着ているミニワンピ、
サンシャインの時のすみ花ちゃんの衣装かな。



なぜ、こんなに熱いんだ

って、まったくだー!
見ているだけで暑くなるよー。

ロケットの芯は優希しおんちゃんらしい。
リレーの子だよね。
運動会で活躍すると、一生、はないけど
10年は言われるんだね。
キヨちゃんは清原さんで、
野球選手の姪らしい?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー」

2022年11月13日 | 映画


うーん、なんだろう、
無理やり敵や戦いを捻り出してるかんじ。
マーベル作品だけど、超ローカルな戦い。
海洋族は他社と被るからトリトンとかにできないのはわかるけど、
「ククルカン」というのは腑に落ちないわ。

ラストに王様の息子が出てきて驚き。
2代目のブラックパンサーなのかな。
後付けだから仕方がないんだけど、
王様が妻や息子を隠す人には思えないんだなあ。

前作では妹ちゃんだった役者さんが
今回急遽主役に繰り上がってしまったのは
大変だとは思うけど、
やっぱり大作の主役は合わない。

エンドロール後にいつもの文言はありますが、
映像はありません。
映像は主要キャスト紹介後が最後です。
2Dはわからんけど。

海の民の肌が青くて「アバター?」と思いました。

海の世界に行く道のりで、「川口浩探検隊」と思う。

夜とか海底とか、暗い場面が多かったので
IMAXにして正解でした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ダンス・ヴァンドゥ Danse Vingt-Deux ~牧阿佐美の世界~」牧阿佐美バレヱ団

2022年11月13日 | バレエ・ダンス





第1部 「誕生日の贈り物」
音楽:アレクサンドル・グラズノフ
振付:サー・フレデリック・アシュトン
衣裳デザイン:アンドレ・ルヴァスール
振付指導:クリストファー・カー
青山 季可、清瀧 千晴
阿部 裕恵、佐藤 かんな、三宅 里奈、
光永 百花、高橋 万由梨、今村 のぞみ
水井 駿介、石田 亮一、大川 航矢、
近藤 悠歩、正木 龍之介、小池 京介

アシュトンらしい足捌きを堪能。
ゴージャスな雰囲気。
ダンサーの皆さんもキラキラ輝いている。


第2部 牧阿佐美の世界
「トリプティーク(青春三章)」
音楽:芥川也寸志 1953年作曲『弦楽のための3楽章(トリプティーク)』
振付:牧阿佐美
ソリスト:阿部 裕恵、中島 哲也

前にどこかで見たかな。
今回はこれが一番好き。
音楽と踊りがとてもリンクしている。
音楽そのものでもあり、若人の青春でもある。
芥川さんの曲がまた良いのだ。


「カルメン」
音楽:ジョルジュ・ビゼー/ロディオン・シチェドリン『カルメン組曲』
振付:牧阿佐美
カルメン:光永 百花
ホセ:逸見 智彦
エスカミリオ:菊地 研
死神:田切 眞純美
隊長:塚田 渉
女工:久保 茉莉恵

カルメン視点中心というのかな、
ホセとの愛より、3人の男を渡り歩く。
なんだか潔くてカッコいい。


「シンフォニエッタ」
音楽:シャルル・グノー
振付:牧阿佐美
上中 穂香、大川 航矢

バランシン的マスゲーム系といえばいいのかな。
音の視覚化。
フォーメーションの面白みを満喫。


「ライモンダ」より夢の場のパ・ド・ドゥ
音楽:アレクサンドル・グラズノフ
振付:牧阿佐美
ライモンダ:茂田 絵美子
ジャン・ド・ブリエンヌ:近藤 悠歩

古典パ・ド・ドゥ。
一幕ラストだっけ、甘やかな踊りの方。
気品溢れるお二人。


「時の彼方に ア・ビアント」よりパ・ド・ドゥ
音楽:三枝成彰
振付:牧阿佐美、ドミニク・ウォルシュ、三谷恭三
カナヤ:今村 のぞみ
リアム:ラグワスレン・オトゴンニャム

恋人同士の話かな。
美しかった。


「フィナーレ」
全員



指揮:デヴィッド・ガルフォース
演奏:東京オーケストラMIRAI
芸術監督:三谷恭三


いま思い返すと、
踊る三谷さんに間に合ったのはラッキーだったんだな。
見れる機会になんでも見ておかないとな。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「すずめの戸締り」

2022年11月13日 | 映画






前作と前々作では都合の良く現れる理解者が気味悪かった。
今回はほぼ全員が都合の良い善意の人なので、
そこはあまり気にならなかった。

全体的にはシンプルな恋物語。
ミミズが収まる理屈がもう少しわかりやすければ。
神様は気まぐれ。

御茶ノ水のあそこは会社の近くだ。

叔母さんが、「思ったことがある」ことを、
言葉に出したのは良かった。
すずめも、叔母さんへ言えて、良かった。
普段は心の奥に閉じ込めていることを
表に出せる、出してもいいんだ、って
それを素直に描いていた。

「きれいな景色だね」と言う草太さん、
否定するすずめちゃん、
その時そこにいた人と、いなかった人、
それぞれに映る景色は違う。
それはいまならわかる。
いつかわからなくなるかも。
こうしてアニメに描いてくれたのも良かった。


芹澤さんは友情を超えているのでは。
勿体ぶっておじいちゃんは
なんの役にも立たなかったね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「じゃじゃ馬馴らし」ぺティナ&ウルバン/モナコ公国モンテカルロ・バレエ団

2022年11月12日 | バレエ・ダンス




面白かった!
マイヨー作品はわかりやすく、お洒落!
クランコ版だとそもそもキャタリーナが暴力的で、
まず親の躾が悪い、とか、
ペトルーチオも女の尻を叩くとか、
原典がそうだからにしても、
むむ、と思うところが、
マイヨー版には無いのでストレスフリー。

2部も、2人の間の距離が徐々に詰まっていって、
従属とか屈服ではなかった。

ラストのキャタリーナがチャーミングだった。
仲良きことは美しきかな。

主演のペティナの脚が長くてまっすぐで、
いかにもマイヨー作品向きだった。


【配役等】
キャタリーナ : エカテリーナ・ぺティナ
ペトル―チオ : マテイユ・ウルバン

ビアンカ : ルー・ベイン
ルーセンショー : レナート・ラドケ

女家庭教師 : 小池ミモザ
グレミオ : ダニエレ・デルヴェッキオ

未亡人 : アナ・ブラックウェル
ホーテンショー : シモーネ・トリブナ

バプティスタ : クリスティアン・ツヴォルジヤンスキ
グルーミオ : アダム・リースト

メイド :
ガエル・リウ、クセニア・アバゾワ、
アシュリー・クラウハウス、ハナ・ウィルコックス、
キャサリン・マクドナルド、テイシャ・バートン=ローリッジ、
ポーシャ・ソレイユ・アダムズ、ジュリエット・クライン

従者 :
アレシャンドレ・ジョアキム、ベンジャミン・ストーン、
アレッシオ・スコニャミリオ、ロジェ・ネヴェス、
アルチョム・マクサコフ、ジーノ・メルクス、
クーン・ハブニット、フランチェスコ・レッシュ

4人の女性たち :
クセニア・アバゾワ、ハナ・ウィルコックス、
ジュリエット・クライン、アシュリー・クラウハウス

2人の女性たち :
ハナ・ウィルコックス、アシュリー・クラウハウス

森 / 盗賊 :
アルチョム・マクサコフ、アレッシオ・スコニャミリオ、
ジーノ・メルクス、ベンジャミン・ストーン、
フランチェスコ・レッシュ、アレシャンドレ・ジョアキム

振付 : ジャン=クリストフ・マイヨー
振付アシスタント : ベルニス・コピエテルス
音楽 : ドミートリー・ショスタコーヴィチ
装置 : エルネスト・ピニョン=エルネスト
照明 : ドミニク・ドゥリヨ、マチュー・ステファニー
衣裳 : オーギュスタン・マイヨ―
衣裳アシスタント : ジャン=ミッシェル・レネ
台本 : ジャン・ルオー(ウィリアム・シェイクスピアに基づく)

◆上演時間◆
第1部 17:00~17:50
休憩 20分
第2部 18:10~18:10
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ドント・ウォーリー・ダーリン」

2022年11月12日 | 映画

理想的な暮らしに生じた綻び。
この世界は現実か夢か。

SFネタしてはよくある話で、
理想郷を60年代ぐらいのアメリカっぽいのは面白かったけど、
「夢か現実か」の繰り返しが思わせぶりがクドくて、
「きっかけ」や「覚醒」の仕掛けも手際が悪く、
途中はかなり飽きた。

「悪夢の中のフローレンス・ピュー」という存在に頼りすぎ。
終盤のカーレースは予算獲得のためのサービスか。

映画としてはかなり期待外れだったけど、
MGMミュージカルのようなダンス場面(だけ)は良かった。
バレエ教師に掲げられていた写真は
クリス・パインだったか?
なんとなくヌレエフぽかった。

60年代のマッチョな一家の大黒柱、が
女に養われる男の理想なのかなあ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「藍宇 ランユー」

2022年11月11日 | 映画


ビジネスで成功した男が若い学生を一晩買った、
それ以降はセフレとも恋人とも家族とも、
なんとも言えない関係が続いたり、
解消されたり、復活したり、離れたり、
様々に変わる。
急速に発展する北京の、10年ぐらいかな、
それくらいの期間の話。

作中で描かれるのはダラダラした関係だけど、
脚本がとてもシャープで、
短いエピソードをスパスパ展開させて、
話運びが上手かった。

2人とも女が駄目というわけではないのに、
情熱的な愛でもなく、恋が成就して大団円でENDでもなく、
ダラダラ続くのが、とても良かった。
愛の台詞は少ないけど役者の芝居が細かく、
嘘っぽさがなかった。
良い作品でした。

序盤にガッツリぼかしが有り
「え、いまどきここまで大きいぼかし?」みたいな
揺らいだ空気が客席に漂いました。
あと、「こんな服を着たら日本人と間違われる」にも笑い声が。
私はどの辺がそうなのかいまいちわからなかったのですが、
笑いポイントだと思うので、笑いがおきて良かったです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ステラ」

2022年11月11日 | 映画


取り立て屋が失敗し、挽回しようと四苦八苦。
相棒はタクシー運転手だった父の遺品のオンボロ車。

中盤までの流れが緩く、
ギャグっぽい絵もいまいち滑り気味だったけど、
父の過去がわかり、車に愛着がで始めてからは話も深くなった。

上司が手ぬるい。
妹と恋人にはなにもしないんか。

上司がどっかで見た気がする。
どこだ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする