きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

2018年を振り返って(5)その他イロイロ

2018年12月31日 | その他イロイロ
リカちゃんは3演目3公演。
「I Love Musical ~precious time music~」
朗読劇「私の頭の中の消しゴム」
「DREAM BOYS(2018年)」
「墨の魔術師」は映画にカウント
今年は舞台が少なかったな。
来年はほどほどに増えるといいな。


劇団四季は3演目8公演
2018年「ジーザス・クライスト=スーパースター(エルサレム・バージョン)」6回
「ソング&ダンス 65」
「恋におちたシェイクスピア」
JCSは好きだけど、
キヨミチのユダは生きる糧だけど、
世代交代の時期だよね。
寂しい。


宝塚、四季以外の舞台等は下記13演目14回。
「ハンガリー国立ブダペストオペレッタ&ミュージカル劇場 ニューイヤーガラコンサート」
ひげ太夫第42回公演『天竺ダイヤモンド』
「HEADS UP!/ヘッズ・アップ!」
「江戸は燃えているか」
「1789 バスティーユの恋人たち」キャスト違いで2回
サモ・アリナンズ「ホームズ」
「三遊亭右京・神田陽子 二人会」
「メリー・ポピンズ」
「お月さまへようこそ」
「第133回江戸川落語会~新作も古典もノリノリの会~」
「レビュー夏のおどり」
「第39回 たけふレビュー ~GERSHWIN NIGHT(ガーシュイン ナイト)~」
桂文珍独演会
「珠玉の名曲をあなたとともに ラテン・カンツォーネ篇」
落語が足りない。
来年はもう少し行きたい。


美術館・博物館等。行ったのは下記28本。
(漫画原画展もこちらに入れます)
生頼範義展@上野の森美術館
「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」
「ブリューゲル展」
特別展「仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝-」
「人体―神秘への挑戦―」
「宋磁 -神秘のやきもの」
ムー認定「天空のUFO展~展望台で未知との遭遇~」
「ミラクル エッシャー展」
特別展「縄文-1万年の美の鼓動」(縄文展)
「Feel the Pearl 感じるパール展」
「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界」
「インターメディアテク」
第82回新制作展
岩合光昭写真展「世界ネコ歩き2」
特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」
「ルドン ひらかれた夢 幻想の世紀末から現代へ」
箱根ラリック美術館
「田島享央己木彫展 ‐花も嵐もお彫刻‐ 」
「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
波津彬子原画展@川越
「生誕80周年記念 松本零士の世界展」
「わたなべまさこ原画展」
波津彬子・篠原烏童・TONOのチャリティ原画展「少女漫画家の描く猫たち」
魔夜峰央原画展 第1期
魔夜峰央原画展 第2期
夜廻り猫展
魔夜峰央原画展 第3期
「一条ゆかり展」@
田島さんの作品を初めて生で見た!
なんともいえない迫力だった。
魔夜峰央展はどの回もウハウハ!


小山さんを除くライブ等は5本。
中島みゆき「夜会工場」VOL.2
島茂子「戯事」発売記念リサイタル
「ファンタスティック・ミュージカルコンサート」
OTEMACHI PLACE OPENING STAGE! (9月25日)
「珠玉の名曲をあなたとともに ラテン・カンツォーネ篇」
茂子に会えたのが夢のようでした。


おまけで。
今年の終盤に「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」にハマりました。
ありがとう、小柳ちゃん。
コメント

2018年を振り返って(4)映画

2018年12月31日 | 映画
今年見たのは133本。
字幕&吹替両方見たグリンチは1本、
オールナイトで寝た2本はノーカウント。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」
「ペーパームーン」(午前十時の映画祭8)
「キングスマン:ゴールデン・サークル」
「ジャコメッティ 最後の肖像」
「ユダヤ人を救った動物園」
「フラットライナーズ」
「彼女がその名を知らない鳥たち」
「アニー・ホール」(午前十時の映画祭8)
「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ! 」
「伊藤くん A to E」
劇場版 「進撃の巨人 Season~覚醒の咆哮~」
「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」
「パディントン2」
「嘘を愛する女」
「ジオストーム」
「ルイ 9番目の人生」
「ダークタワー」
「祈りの幕が下りるとき」
「バグダッド・カフェ」(午前十時の映画祭8)
「宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち/第四章 天命篇」
「不能犯」
「ギルバート・グレイプ」(午前十時の映画祭8)
「スリー・ビルボード」
「グレイテスト・ショーマン」
「今夜、ロマンス劇場で」
「麦秋」(午前十時の映画祭8)
「空海」
「シェイプ・オブ・ウォーター」
「劇場版 Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ」
「招かれざる客」(午前十時の映画祭8)
「15時17分、パリ行き」
「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」
「ブラック・パンサー」
「ザ・キング」
「リメンバー・ミー」
「ウィンストン・ チャーチル ヒトラーから世界を救った男」
「レッド・スパロー」
「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」
「ペンタゴン・ペーパーズ」
「聖なる鹿殺し」
「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
「パシフィック・リム:アップライジング」
「ワンダーストラック」
「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」
「いぬやしき」
「娼年」
「アンロック/陰謀のコード 」
「レディ・プレイヤー1」
「さよなら、僕のマンハッタン」
「君の名前で僕を呼んで」
「タクシー運転手 ~約束は海を越えて~」
「機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星」
「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」
「地獄の黙示録」(午前十時の映画祭9)
「ピーターラビット」
「モリーズ・ゲーム」
「孤狼の血」
「GODZILLA 決戦機動増殖都市」
「のみとり侍」
「モーリス(4K)」
「宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち/第五章 煉獄篇」
「デッドプール2」
「オール・ザット・ジャズ」(午前十時の映画祭9)
「マルクス・エンゲルス」
「ファントム・スレッド」
「ゲティ家の身代金」
「犬ヶ島」
「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」
「恋は雨上がりのように」
「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」
「用心棒」(午前十時の映画祭9)
「オンリー・ザ・ブレイブ」
「ニンジャバットマン」
「椿三十郎」(午前十時の映画祭9)
「スウィンダラーズ」
「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」
「天命の城」
「ワンダー 君は太陽」
「アメリカン・アサシン」
「トリプルX:再起動」
「雨に唄えば」(午前十時の映画祭9)
「メリー・ポピンズ」(午前十時の映画祭9)
「ボディ・ガード」(午前十時の映画祭9)
「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」
「ウィンド・リバー」
「オーシャンズ8」
「グリース」(午前十時の映画祭9)
「銀魂2 掟は破るためにこそある」
「チャーチル ノルマンディーの決断」
「カメラを止めるな!」
「SHOCK WAVE ショックウェイブ 爆弾処理班」
「プラトーン」(午前十時の映画祭9)
「アントマン&ワスプ」
「SPL 狼たちの処刑台」
「タリーと私の秘密の時間」
「トップガン」(午前十時の映画祭9)
「プーと大人になった僕」
「ザ・スクエア 思いやりの聖域」
「ハッピーエンド」
「ヒトラーと戦った22日間」
「1987、ある闘いの真実」
「灰とダイヤモンド」(午前十時の映画祭9)
「日日是好日」
「散り椿」
「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」(午前十時の映画祭9)
「トゥームレイダー ファースト・ミッション」
「劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~」
「宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち/第六章 回生篇」
「超人ロック 劇場版(魔女の世紀)」BD化記念 トークイベント付上映会
「search/サーチ」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「近松物語」(午前十時の映画祭9)
「GODZILLA 星を食う者」
「ヴェノム」
「旅猫レポート」
「ソフィーの選択」(午前十時の映画祭9)
「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」
「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」
「裸の島」(午前十時の映画祭9)
「代立軍」
「くるみ割り人形と秘密の王国」
「人魚の眠る家」
「ジャイアンツ」
「墨の魔術師」
「私はマリアカラス」
「来る」
「シュガーラッシュオンライン」
「パリの恋人」
「アリー」
「グリンチ」吹き替え・字幕
「マチルダ 禁断の恋」
「ニセコイ」
「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」

新作限定の今年の10本。

「パディントン2」
優しい気持ちに溢れ、
画面がポップで楽しく、
伏線の張り具合が良く、
エンドロールで歌い踊る彼に拍手。

「シェイプ・オブ・ウォーター」
異類婚姻譚。
美しかった。

「グレイテスト・ショーマン」
ストーリーにやや無理はあっても
歌とダンスは圧巻!

「今夜、ロマンス劇場で」
手を触れ合えない切ない関係に泣き、
映画への深い愛に泣きました。
キャストが全員ぴったりハマってた。

「スウィンダラーズ」
逆転のオチのスカッと感が
素晴らしい!
騙されたよー!

「チャーチル ノルマンディーの決断」
ゲイリーの方は結論ありきのチャーチル像だったけど、
こちらのブライアン・コックス版は、
チャーチルも同盟国も迷い悩んでいて、
その果ての結論だったのがよくわかった。
首相の決断によって戦死者数が変わる、
その恐怖の当事者の苦しみがクリアだった。

「カメラを止めるな!」
今年話題の作品。
二重構造も良かったし、
ポンとかさりげない小ネタも楽しいけど、
映画を作る苦労がなんとも良かった。
ピラミッドは感動した。

「プーと大人になった僕」
プーが可愛いんだよー!
もこもこプーとユアンの組み合わせが
けしからんぐらい可愛いんだよー!
作曲家本人が出てくるエンディングもいいけど、
冒頭の「森を出て行くロビン」に号泣。

「ボヘミアン・ラプソディ」
クイーンの曲は素晴らしいけど、
それによりかかることなく、
フレディがどういう人物であったか、
それを伝えようとする芯が
はっきりしていてたので
娯楽作品としても楽しかった。
自分もライブの観客になったようだった。

「search/サーチ」
台詞が少なく、画面で話を進めて行く。
大画面だから話の流れが良くわかる。
映画館で見てこその作品。


次点群
「彼女がその名を知らない鳥たち」
「ザ・キング」
「恋は雨上がりのように」
「タクシー運転手 ~約束は海を越えて~」
「銀魂2 掟は破るためにこそある」
「代立軍」

今年は邦画と韓国映画の当たり年だったわ。
コメント

2018年を振り返って(3)バレエ・ダンス

2018年12月31日 | バレエ・ダンス
今年は「ダンス&クリエーション」2回を除き37公演。うち東バは19本。

「椿姫」ラウデール&レヴァツォフ/ハンブルク・バレエ団
「ニジンスキー」/ハンブルク・バレエ団
「白鳥の湖 ~大いなる愛の讃歌~」/サレンコ&タマズラカル/東京シティ・バレエ団
「ドン・キホーテ」オブラスツォーワ&ソボレフスキー/牧阿佐美バレヱ団
「バレエの饗宴2018」
「真夏の夜の夢」(1日目)
「真夏の夜の夢/セレナーデ」(1日目)
「真夏の夜の夢」(2日目)
Noism特別公演「MirroringMemories―それは尊き光のごとく」
「真夏の夜の夢」(3日目)
「真夏の夜の夢/セレナーデ」(2日目)
「海賊」ポラコワ&チェリェヴィチコ/ウィーン国立バレエ団
「綾織る身体 踊り場・叩き場」@足利織姫神社
「白鳥の湖」上野&柄本/東京バレエ団@鎌倉芸術館
「白鳥の湖」上野&柄本/東京バレエ団
「白鳥の湖」川島&秋元/東京バレエ団
「白鳥の湖」沖&宮川/東京バレエ団
「ドン・キホーテ」ウルド=ブラーム&エイマン/東京バレエ団
第15回世界バレエフェスティバル<プログラムA>
横浜ベイサイドバレエ(8月4日)
横浜ベイサイドバレエ(8月5日)
第15回世界バレエフェスティバル<プログラムB>
第15回世界バレエフェスティバル<ガラSasakiGALA>
プティパ生誕年記念〈夏祭りガラ〉/東京バレエ団(1日目)
プティパ生誕年記念〈夏祭りガラ〉/東京バレエ団(2日目)
子どものためのバレエ「ドン・キホーテの夢」川島&秋元/東京バレエ団
「ロシア・バレエ・ガラ 2018」
「オネーギン」レイリー&ヴィシニィーワ/シュツットガルト・バレエ団
「上野水香プロデュースバレエJewels from MIZUKA Ⅱ」
「ジゼル」井脇&菅野/Iwaki Ballet Company
「20世紀の傑作バレエ 2」東京バレエ団(1日目)
「20世紀の傑作バレエ 2」東京バレエ団
「マリインスキーのすべて ~スペシャル・ガラ~」マリインスキー・バレエ
「ドン・キホーテ」シャキロワ&スチョーピン/マリインスキー・バレエ
「白鳥の湖」オスモールキナ&パリッシュ/マリインスキー・バレエ
「ザ・カブキ」東京バレエ団(1日目)
「ザ・カブキ」東京バレエ団(2日目)

バレフェスはかつての綺羅星スターはいなくなったけど、
安い席で見たから不満なし。
ファニーガラは男女共楽しんでるのが伝わってきた。
「真夏の夜の夢」を完走したのは我ながら馬鹿だわ。
いまだに感想が書けてない〜。
Noismを初めて見たけど実に美しい世界だった。
井脇さんのジゼルが素晴らしかった。

来年は東バの海賊ね。
最初の海岸無しだよね。
有る方が好きなんだけどなー。
コメント

2018年を振り返って(2)宝塚

2018年12月31日 | 宝塚(専科、スケジュール、雑談等)
中継込みで22演目48公演
プラス、トクスペ、タカスペ。


花組 5演目8公演
「ポーの一族」2
「MESSIAH(メサイア)-異聞・天草四郎-/BEAUTIFUL GARDEN -百花繚乱)」3
「メランコリック・ジゴロ -あぶない相続人-/EXCITER!!2018」
「蘭陵王(らんりょうおう)—美しすぎる武将—」
「Delight Holiday」


月組 5演目17公演
「カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-/BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-」7
「『THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald's last day~』フィッツジェラルド最後の一日」(宝塚月組)
「雨に唄えば」(宝塚月組)
「愛聖女(サントダムール)-Sainte d'Amour-」千秋楽中継@日本橋(宝塚月組)
「エリザベート」(宝塚月組)7


雪組 3演目6公演
「ひかりふる路(みち) ~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~/SUPER VOYAGER!」2
「誠の群像/SUPER VOYAGER!」@相模大野
「凱旋門/Gato Bonito!!」3


星組 5演目9公演
「うたかたの恋/Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』2
「ドクトル・ジバゴ」2
「ANOTHER WORLD/Killer Rouge(キラー ルージュ)」3
「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀/Killer Rouge 星秀☆煌紅」(宝塚星組)1
「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀/Killer Rouge 星秀☆煌紅(アメイジングスター☆キラールージュ)」@國家戯劇院(宝塚星組)1

宙組 4演目8公演
「WEST SIDE STORY」(宝塚宙組)
「不滅の棘」(宝塚宙組)
「天(そら)は赤い河のほとり/シトラスの風-Sunrise-」3
「白鷺(しらさぎ)の城(しろ)/異人たちのルネサンス —ダ・ヴィンチが描いた記憶—」 3


「トークスペシャルin東京」輝月ゆうま、叶羽時、蓮つかさ
「タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!」


大劇場公演で
芝居&ショーとも良かったのはアナワ&キラル。
カンパニーは宝塚で白鳥がエキサイティングだった。
BADDYは群舞が総踊りで平面的だったのが残念。
ポーも、みりゆきカレーの関係性が良かった。

あとは、台湾公演!
現地の熱い声援が楽しかった。
sexy you
sexy rouge は
電光掲示板で表示されたときは
思わず噴き出しちゃったよ!!
観光も楽しかった!

マギーちゃん、スミス、ちゃぴ、などの
退団が淋しかったなあ。
コメント

2018年を振り返って(1)小山卓治

2018年12月31日 | 小山卓治
今年参加は下記32本。

小山卓治 × 河村博司 1/09 神奈川 横浜 パラダイスカフェ
小山卓治 × 鎌田ひろゆき 1/20 東京 阿佐ヶ谷 harness
小山卓治 × 白浜久 2/03 東京 阿佐ヶ谷 harness
小山卓治 35th Anniversary Live 3/17 名古屋 今池 TOKUZO
小山卓治 35th Anniversary Live 3/21 東京 自由が丘 Mardi Gras
小山卓治 35th Anniversary Live 3/25 東京 吉祥寺 STAR PINE'S CAFE
熊本応援ワンマンライヴ 4/14 東京 阿佐ヶ谷 harness
小山卓治 35th Anniversary Live 5/12 北海道 札幌 Space Art Studio
小山卓治 35th Anniversary Live 5/13 北海道 小樽 CRU-Z
小山卓治 × 宮本美香 with 別府克彦 5/21 東京 阿佐ヶ谷 harness
アコースティックお寺ライヴ2018 5/26 岐阜 海津市 中島寺
アコースティックお寺ライヴ2018 5/27 岐阜 揖斐川 真教寺
小山卓治 × 河村博司 6/09 東京 阿佐ヶ谷 harness
Ruby's Arms 10th Anniversary Live 6/16 東京 千駄木 Ruby's Arms
《NG!》35th Anniversary Live 6/22 東京 荻窪 ルースター ノースサイド
小山卓治 × 湯川トーベン 7/07 東京 阿佐ヶ谷 harness
小山卓治ワンマンライヴ〈HARUKA〉 7/21 福岡 music bar S.O.Ra Fukuoka
小山卓治ワンマンライヴ〈HARUKA〉 7/22 熊本 BATTLE-BOX
小山卓治 生声ワンマンライヴ 7/28 埼玉 入間市文化創造アトリエ AMIGO
小山卓治 × 鎌田ひろゆき 8/05 東京 阿佐ヶ谷 harness
小山卓治 × 鈴ノ木ユウ 8/18 東京 阿佐ヶ谷 harness
小山卓治ワンマンライヴ〈HARUKA〉 8/25 神奈川 横須賀中央 YTY
小山卓治 with Wonder 5 バンドワンマンライヴ〈HARUKA〉 9/15 神奈川 横浜 Thumbs Up
小山卓治 × 塚本晃 9/17 東京 阿佐ヶ谷 harness
小山卓治ワンマンライヴ&オープンマイクin OREAD 9/29 長野 辰野 OREAD
小山卓治ワンマンライヴ 10/06 東京 江古田 マーキー
熊本応援ライヴ -VANISHING POINT COMPLETEd- 10/13 東京 阿佐ヶ谷 harness
小山卓治ワンマンライヴ -stop over- 10/20 福井 鯖江 tetote
小山卓治 × 近藤智洋 11/17 東京 阿佐ヶ谷 harness
小山卓治ワンマンライヴ 11/24 東京 自由が丘 Mardi Gras
小山卓治 × 黒水伸一 × 信夫正彦 12/02 東京 阿佐ヶ谷 harness
小山卓治 × 鎌田ひろゆき 12/30 東京 阿佐ヶ谷 harness

公式のライブは51本なので
出席率は62.7%。
頑張った!

アスピリンラジオはカウントせず。

今年の1本は、、、
難しいな。
11月24日の自由が丘かな。
前半の厳しい迫力と
後半の自然に温かなる雰囲気と
どちらも良かった。
鯖江は近県の根強いファンと、
初めて聞く人や久しぶりに来た人など
ないまぜになった客席に
歌が染みこんでいくのが見えて楽しかった。
お寺2本も定着している実感があった。

あと8月25日の横須賀。
ライブが始まるまで、
8月中に、というか
次の週に兵庫県の宝塚大劇場に行こうか
すごくすごく迷っていたけど
ライブで曲を聴いていたら
なんだかすごくエネルギーが湧いてきて
帰りの電車の中でチケットやホテルを
バシバシ決済しちゃいました。
その節はありがとうございました。

来年も行ける範囲は行きたいと思います。
唄旅、あるかな。


ちなみに友人はラジオを抜くと34本で
今年の1本は12月16日の高田馬場だそうです。
コメント

12/30めも

2018年12月30日 | 小山卓治




今年最後のライブは阿佐ヶ谷ハーネスの鎌卓。
小山さんのDogsが迫力ありました。
Hot Butterは男声女声に分かれての会場コーラス&
男性の「ほっといてよ」付き。
最後は鎌田さんの序章。
今年一年ありがとうございました!

来年。
唄旅があるかも?
小山さんは白浜さんと新ユニット結成で
エレキギターを弾くかも?
コメント

DOUBLE DECKER! ダグ&キリル in ナンジャタウン

2018年12月30日 | TV番組など
シリーズ構成がグダグダ過ぎて
作品としてはあまりにも残念なダブデカですが、
好きな部分も多々ありますので
イベントをやるなら行きますともさ!

あわせまして、
久しぶりの「すけきよみち」です。
マスクを取ったらただのクマ、
あなたと私ですけきよみち。
白いマスクが、すけきよ
銀のマスクが、きよみち、です。


入園しまして、ダブデカのイベントコーナーを目指します。













まずは録り下ろしボイスの回遊型アトラクションにトライ!

制限時間は24分。
ダグまたはキリルの指示に従って
ナンジャ内をウロウロしますが、
さっぱりわからん!
もともと地図は読めないし!
まったく謎解きができないままタイムアップ。
とりあえず参加景品を貰います。
ミニクリアファ&レターセットと

続きからできるコードももらいました。
もう1回はトライしたいです。

HOEROチョコバーをひとつ


写真撮影はできませんでしたが
大型ルーレットを2回まわしました。

A賞のキャンバスサコッシュ&チャームと
C賞の長方形缶バッジ




フード。
対アンセムポテト。



やばいお薬は色つきマヨ系。

カリアゲの唐揚げ

柔らかい

ディーナ&ケイ


マックス&ユリ

女の子はデザートセットなのね。

ブロマイド4枚


グッズ売り場でガチャポンを回し

お目当てのマモルくんが一発で出た!!


期間中にもう1回行く予定です。


園内でモジャヴに遭遇。

カッコイイわーーっ!

帰りがけに記念撮影。





余談。
ナンジャに行く途中に
ピカチュウとイーブイに遭遇!

可愛い~~。
コメント

「珠玉の名曲をあなたとともに ラテン・カンツォーネ篇」

2018年12月28日 | ライブ・コンサート・音楽
杜メインのスペシャルゲストが榛名さん。
その他は月組率高し、若手多し。
スミスもジョーもすっかり女性でした。
前半はラテン、後半は昭和歌謡やシャンソンから
ランベスウォーク、〆は幸せを売る男。

好きだったOGが
歌い続けいて嬉しい。

榛名さんは新大阪駅でシャルル・アズナブールを見て、
サインをいただいたそうです。
コートの胸元あたりにサインをいただいたとき、
彼は少し背伸びをしていたとのことでした


【出演】
杜けあき、榛名由梨(特別ゲスト)
こだま愛/成瀬こうき/舞風りら
美翔かずき/瑞羽奏都/鳳真由/貴澄隼人/輝城みつる/空乃みゆ/水沙るる
コメント

「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」

2018年12月28日 | 映画


現在の話は撮り溜めて見てないので主筋はあまりわからないし、
「ライダー妄想説」は小さい友達にわかるかはさ1ておき
やっぱり良太郎の登場にはテンション馬鹿上がり
ネタバレ後に行ってもこんなにドキドキするんだから
初日に見た人はどれだけ心臓ズッキンだったか。
モモちゃん達も変わらぬ可愛らしさだった!
動きが、あのときと同じ。

それよりなにより!
サムズアップするクウガが嬉しかった。
泣きそうになった。
クウガの劇場版が見たかった。
テレビ版の上映会ではなく、
一瞬だけど、映画に登場して、
少しだけ思いが遂げられた。
響鬼さんのドンドコもあったし、
エンディングは平成ライダー主題歌ミックスだし、
見に行って良かったよ!
コメント

「ニセコイ」

2018年12月27日 | 映画
TOHHOのフリーパスで見たい映画があったんだけど
開始1時間以上前でも、割当上限に達したのでOUT。
なんてこったい!
フリーパスがこんなに使えないとは!!
もう日比谷に出ていたので、
このまま家に帰るのは、と思い
そこからでも入れるところに行ってきました。


原作未読。
少年漫画の実写版ということだけど
どこまで原作再現かわからないけど、
演出のセンスや間がものすごく悪かった。
「ここで笑わせる」が、
わざとらしすぎて全く笑えない。
コマの再現かもしれないけど、
やりようはあるんじゃないかな。

ドリームなのはわかるけど、
高校の文化祭でクラスの出し物であのセットって、、、


「俺物語」の監督さんだけど、
残念なところだらけなのは配役優先だったのかな。
ヒロインはいかにもモデル出身だなと思う発声と演技。
素人すぎると私は思うけど
ターゲット層には受けるんだろうなあ。
もうひとりの転校生役は素人以前。
初恋の彼女は技術は稚拙でも
芝居はいちばん良かったな。
ネタ的に無理でも、
彼女とくっついて欲しかった。

DAIGOは台詞回しは重いけどビジュアルは良かった。

中島くんはジャニーズという大所帯で
ふるいにかけられて、この位置、なだけはある。
ファンでは全くないけど
彼のプロフェッショナルな部分にだいぶ救われました。
コメント

「一条ゆかり展」@弥生美術館

2018年12月24日 | 漫画・小説・雑誌


本日最終日の一条ゆかり展に行ってきました!
盛況でした!

「有閑倶楽部」第1話の原画が
まるまる展示されていました。
懐かしかったなあ。

一条ゆかりは「砂の城」世代です。

原画を見てたら、
「2番トーン」と指差している人がいました。
ツワモノよ!
コメント

「ザクロ」でランチ

2018年12月24日 | 美味しいもの
前から気になっていた
日暮里の「ザクロ」に行ってきました。
夕やけだんだんの下、
ひみつ堂の近くです。

店内の天井には美しいランプがたくさん。


しあわせランチ1080円は、
まず基本セットが来ます。

(まだセット途中です。ナンも来ました。)

食べていると、大皿料理を持った店員さんが
各席に配りに来ます。
配給みたいなかんじです。
具材の説明があるので苦手なら断れます。
なにが来るか、どれが自分の席まで来るかは運次第。

肉団子とかとか。


羊の脳味噌も食べました。
白子みたいでした。
(白子は苦手~~)

ムサカは強制。

このチーズが胃への攻撃力が半端ない。

写真には撮れなかったけど
春巻きが美味しかった!

デザートを注文するのが〆の合図みたいです。
シャーベットが来ました。

かき氷に近い氷ジャリジャリのレモン味。
基本セットにある薔薇のジャムをかけると
美味しさが倍増です。

まだいけそうだけどこのあとがあるし、
で、店を出てから腹の重さがじわじわ来ました。
勢いでたくさん食べちゃいました。

少量多種を食べられるので、
お一人様こそ行くべきですね。
スパイシーだけど辛くはないです。
コメント

「マチルダ 禁断の恋」

2018年12月24日 | 映画


ニコライ2世とバレリーナと禁断の恋。
「王冠をかけた恋」で、
ヘッセン公女とは政略みたいに描いているのがなんだかな。
異教の外国人と恋愛結婚しなければ
ラスプーチンも来なかったのかなあ、とかも考えた。

アレクサンドラがオカルティズムに傾く素地は描かれていました。

恋バナとしても関係性がわかりづらく
なぜそうなったとかなど
話の筋も説明不足気味。

バレエの衣装の生地は現代的で踊りやすそうだった。
ウラノワの映像で見る生地はゴワゴワだよね。
スカート下の部分とかも現代アレンジはあるけど
型は当時っぽく、ドガの絵が動いているようだった。

32回転は当時の人もびっくりよね。
コメント

「アリー/ スター誕生」

2018年12月23日 | 映画


噂通り映画としてはグダグダ過ぎ。
途中から見ていて辛かった。
ダメダメなブラッドリー・クーパーを愛でる、
ガガを大画面で見る、
この2点に特化しすぎ。

クーパーかガガのファンなら楽しめると思います。
ニュースでチラリとしか知らなかったガガの曲を聴いてみたくなりました。

とにかく、脚本が全く練れてない。
クーパーの道楽に金を払ったようなもの。
(フリーパスで無料で見たけどさ)
「ボヘミアン・ラプソディ」は
娯楽作品としてもレベルが高かったなあ。
こちらは「スターを出しておけば
『スター誕生』になるよね」って安易さしかない。
コメント

「グリンチ」

2018年12月23日 | 映画


16日に吹替版を見たんだけど
朝早かったせいか、
思ったより毒が無かったせいか」、
なんだか乗り切れなくて半分ぐらい寝てしまったのでした。
フリーパスで字幕版でリベンジ。

クリスマスを楽しく過ごしたいのはいいけど、
「みんなで」「あなたも」の圧は辛かった。
一人でもいいじゃんか。

犬はなぜ忠実なのか。

洋ちゃんも上手かったけど、
字幕で見るとカンバーバッチぐらいの
おじさんの声の方がしっくりくるわ。

字幕版も少し寝たけど
8割は起きていたと思うけど
やっぱり話はいまいち好みじゃなかった。
ラストの大団円までが、なにも無さすぎるよなあ。
子供時代に孤独なだけであそこまで?

家の前の悪口は誰が書いたの??
その説明は欲しかった。

グリンチや動物の毛のふわふわ感は
素晴らしく良かった。
触りたい!
ミニオンのミニストーリーも楽しかった。
コメント