きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「The inside 1st」青柳勝太郎

2003年04月25日 | ライブ・コンサート・音楽
 青柳勝太郎さんの初のライブでした。メニューは「愛と死の輪舞(エリザベート)」「So In Love (キス・ミー・ケイト)」「★桜舞う道」「★冬虫花蝶」「永久欠番(中島みゆき)」「The Rose(ベッド・ミドラー)」「セラヴィ」「★雪のけもの」「春」「トロピカーナ【仮】」「★トビウオ」「Shining Star」、アンコールは「トロピカーナ【仮】」。( )付きはカヴァー曲。★印は勝ちゃん作詞。トロピカーナはTDLのショーの曲。サンバ系っていうのかな?タイトルは不明だけど、ものすごく聞き覚えのある曲(笑)。
 初めてのライブの最終日ということで、MCもなかなか滑らかだったかな。「The Rose」の時には、勝ちゃんがロスに行ったときの友人「ローズ」という設定で、ピンクのコートを着た女性で登場。「ロスにダンス留学に行ったのに、ダンスのレッスンを受けたのは10回」など、秘密の話を聞かせてくれました。「The Rose」を歌う「ローズ」という女性、というネタだと思うんだけど、女装に引かない客達・・・。さすがだわね。ええ、会場はどこかで見た人ばっかりでしたわ。お客様の中にはひとし君も。
 最初は、勝ちゃんのHPで見た詞に曲がつくのか、それを聞くのか・・・。と、ちょっと不安でした。いつもは、ちょっと違うジャンルの曲を聞いているもので(「♪最悪とまではいかないが ここぞってとこで決まらねえ」とかさ)。でも実際に聞くと、勝ちゃんの魅力で乗り切れました。正直言ってまじょんなさんの曲(メロディー)はあまり好きじゃないけれど、でも勝ちゃんの詞には合うのかなあ。なので勝ちゃんオリジナルの中ではギターの今井さんが曲をつけた「冬虫花蝶」の方が聞き易かったな。そうですね、リリカルなメロディーよりは「The Rose」のように豊かな声量を発揮できる曲の方が合うと思います。
 会場はレストランにライブスペースがあるようなところで、舞台が狭かった。もう少し広い舞台で、踊りとか入れてくれると嬉しいかも。大きい舞台でも独りの魅力で埋められる人だと思うので、ちょいと勿体ないカンジがしました。QueとかNestとかでやってくれないかな。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「春麗の淡き光に/Joyful!!」(宝塚雪組)

2003年04月20日 | 宝塚(雪組)
 とにかく若い!って印象です。見たことはないけど、新公って、こんなカンジ?とか思っちゃう。番手で考えると、コムちゃんは5(猛き) → 3(愛、燃える) → 3(バルセロナ)、でトップでしょ?かしげちゃんに至ってはそれの1つ下だから、6 → 4 → 4で2番手。いきなりスターブーツ。さらにその下は・・・って考えると、全然駒が揃っていないというか。せめてまーちゃんに貫禄があれば(みどりちゃんみたいにね)、と思うけど、ビジュアルや雰囲気は限りなく女役系なんだけど、演技は娘役の寄り添い系で、若手を引っ張っていくガラじゃない。こんな状態でいきなり植田芝居というのは大間違いだと思う。ここは泣かせの場面、と思っても、その意図通りにするのはまだまだ難しそう。そもそも「泣かせの場面」と気付くのか?上級生の芝居を見ると、こういう型を継承するのは必要だと思うので大いに勉強して欲しいとは思うけれど、なにもお披露目でそれをやらなくてもいいじゃない、と思う。なんで「エクスカリバー」系の、若さのノリだけで演じられそうな作品を当てなかったのか?こんなバリバリ植田色の作品がお披露目なんて気の毒すぎるわ!
 とは、いうものの。それでもタモ(お披露目はアレよ!)のように、「頑張ったよ、うん」と思わせるものがコムちゃんにないのも事実。もっと積極的に、ファンの心をゲットしようとは思わないのかな。駄作に当たれば自分の魅力でカバーする。それがトップというものでしょう。その心意気が足りない!脚本に書かれいるとおり、演出家の言うとおりに演じているだけで、どうも、自分をアピールしようと言う気持ちが見えないんだよね。ピラミッドの頂点に立っている意識がないというか。私のように、特にファンでもない者の心にも何かしら残るようにするのがトップというものでしょう。それがないので、リピートする気になれないんだよね。多分、そのあっさり感が魅力なんでしょうね。
 ショーは、藤井君なのでハズれではない。踊りも多い。が、「グローリアス」と似ている、って印象が強い。オペラ・ジャズ・スパニッシュ、といろんな要素が盛り込まれているのに、いまいち記憶に残らない。これも芯となる人がいないからでしょう。トップ二人とも踊れるんだけど・・・。
 これなら、ぶんちゃんをもう1作残して、コムちゃんをもう少し鍛えた方が良かったと思う。ぶんちゃんサヨナラが植田芝居っていのはノー・サンキューなんだけどさ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

動物のお医者さん

2003年04月17日 | TV番組など
 花ゆめ連載初回から読んでいた私。あの佐々木さんの独特な雰囲気がどうなるかと思い見ましたが・・・・。そうねえ、原作の雰囲気を壊さないがために、あまりにも原作に忠実すぎて、たんに2次元の絵を、3次元で表現しているかんじかなあ。原作を読んでいればそれなりにおもしろいけど、単純にドラマとして見たらどうなんでしょう。指輪以上に原作を知っているかどうかで受け取り方が違ってきそう。1,2回は「そっくり~」と面白がれても、それ以降はどうなるかな。飽きてきそうな気もするし。かと言って、オリジナル設定バシバシだしたら原作ファンに叱られそうね。
 ま、内容はともかく、チョビはそっくりでした。般若顔で青い目。これだけでも当分見る価値はありますね。漆原教授も結構似ている。和久井映美って太った?イマイチ「博士課程」の知性が足りない。役者だとその辺が出ちゃうからキツいね。お祖母さんはまあまあかな。ハムテルは、天然というには、ちょっと計算が見えるタイプだなあ。ま、今時のドラマ主演できる子でハムテルにぴったりの人はいないから仕方がないか。筒井道隆なんかどうでしょう?いまさらか。
 二階堂の要君。私はそれほどイメージじゃないんだけど、意外と評判は良さそう。ネズミ見て悲鳴上げて逃げるところとか。確かに災難に巻き込まれるタイプの顔かも。歯並びは相変わらず。会社の人が予告か特番を見て「二階堂は合っていると思う」とか言っていた。これからも見そうだ。だから私は
ウッカリ
「氷川君」と
言わないように
気を付けなきゃね


未だに慣れないんだよなあ、「要君」って。あ、君付けもマズイのか。これでお茶の間(笑)の人気者になるといいなあ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「花の宝塚風土記/シニョール ドン・ファン」@宝塚大劇場1回目(宝塚月組)

2003年04月13日 | 宝塚(月組)
 本当は香港に行って「マンゴープリン食べ比べツアー」をしているはずでしたが、肺炎騒動のため中止となり(理由:店が閉まりまくりだから。病気自体は怖くない)代わりに奈良へ行って来ました。帰りは大劇場経由。他に行くトコないんか、ワタシ。
 和物のショー。後半は疲労のため寝ましたが、オープニングは華やかでした。これだけの人数で踊ると迫力がありますよね。初舞台生の口上もあるし、疲れていないときに見たら楽しいと思います。男役の青天は基本的に好きじゃないんですが、リカちゃんはカッコ良かったわ~。くららちゃんは、まだまだ着慣れていないかな。コウちゃんはさすがの動き。サエちゃんは華やか。キリヤンが実に晴れ晴れとした顔で、伸びやかに歌っていました。ようやく頭一つ抜けたもんね。ユウヒは前回女役だったせいか、今回かなり大柄で逞しく見えるような。さららんの白塗り顔がわかって我ながらビックリ。
 芝居は、イマイチかな~。過去を悔やむリカちゃんとかとか、絵ヅラを優先した結果、内容がついていっていないような気がする。見た目も、そしてプレイボーイの部分も濃くて素敵なリカちゃんなんですが、それを取り巻く話がその濃さについていっていない。コウちゃんの役はもっとドロドロした方がいいんじゃないか?これがケロなら嫉妬・憧れ・そして愛も含めた説明の付かない感情を表してくれると思う。コウちゃんは物足りないなあ。くららちゃんのジルも、なぜそこまで入れ込むのかわからない。サエちゃんは良かったと思う。たーたん・ガイチの間に入ってトップ説が浮上すると腹立たしいけど、コウちゃんとなら、華やかさが目についていいと思う。何も考えていなさそうなセルジオはいいかもしれない。包容力がありそうだし。さららんはカワイイ。コモちゃん美人。ユウヒ男らしい。あいあいもしっとりした色気があった。
 とにかく脚本が平坦。謎解きも最後に台詞で説明されて土曜ワイド劇場のようだ。もう少し「泣かそう!」という、あざとさがあっていいんじゃないか?リカちゃんの見た目によりかかりすぎ。エステのシーンもいらない。言葉もちょっと・・・。今時「若い子」を表すのに「超・・・」も、外交官夫人の「ナンパされちゃった」もヘンだと思う。あとるいるいの「彼と付き合っていると自分が特別な存在に思えた。彼にはその力がある」って「ダンサー」のケントの台詞と被るのは気のせい?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

はぐれ刑事純情派

2003年04月02日 | TV番組など
 久しぶりに見たけど、やっぱヌルい話のドラマだわ。結局は人情話かい。病気のお袋さんのためか。は~ひ~~。リーダー城島も、さんざん携帯でやり取りしていたのに、最後は血まみれで歩くかい。そりゃ、絵的にはいいだろうけどさ。あれだけ泣け!って言われると涙も引っ込むわね。わざわざ出演させて殺さんでも。ユカちゃんがいつまでも中途半端だから?
 川上麻衣子は相変わらず不幸な女の役だ。荻野目慶子はいかにも舞台系の芝居だね。定食屋の女将さんにしては色気がありすぎだ。本田傳太郎の悪人振りはステキだわね。てへ。
 ほさっちーは、どこかで喋りが良くなったって書いてあったけど、ええええええ?変わってないじゃん。でも美人だよな~。これから賀集君と共演か。氷川君、じゃないや、要君とも「新・愛の嵐」で共演で、これでライダー二人と共演かあ、と思ったけど、ほさちが出てた時はヒースクリフの少年時代だったわね。これからもたまには見ようかなあ。でもこのドラマ、いつも不幸な女が泣いていてイライラしちゃうんだよな~。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

レスリー・チャン自殺

2003年04月02日 | 映画
yahooより転載

*****************************
自殺か…レスリー・チャンさん転落死

 香港の人気俳優で歌手のレスリー・チャンさん(46)が1日夜、香港の高級ホテルから転落して死亡した。共同電などによると自分で書いたとみられる遺書を身につけており、地元警察では自殺とみて調べている。

 チャンさんは香港中心部にある五つ星のマンダリン・オリエンタル・ホテルの一室から午後6時半(日本時間午後7時半)ごろ飛び降りた。間もなく救急車でクイーン・マリー病院に担ぎ込まれたが、午後7時6分(日本時間午後8時6分)に死亡が確認された。遺書には「胃酸逆流的問題」「感情波折」など、最近の感情が不安定だったことをうかがわせる文が記されていた。

 現地の芸能関係者によると日本で現在公開中の映画「カルマ(原題・異度空間)」の撮影中だった昨年5月に不眠症に陥り、周囲から精神的に不安定だと指摘されてきた。新作映画「美麗上海」の撮影もキャンセル、入退院をくり返していたとの情報もある。

 日本では歌手として97年、00年、01年に公演を開催。常盤貴子の銀幕デビュー作「もういちど逢いたくて 星月童話」で恋人役を演じてファンも多かった。

********************************
最後の2行は疑問。日本でも人気が高かったから常磐貴子の相手役を演じたんであり、この映画から人気が出たわけではないと思うんだけど。それはともかく、ショックのような、そうじゃないような。亡くなったこと自体はショックだけど、彼は自殺しそうなタイプでもあるような。沖雅也の自殺を思い出した。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする