きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

よいお年を!

2006年12月31日 | その他イロイロ
みなさま、今年はいろいろお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

これから旅行用の荷物を詰めます。
義理で行かなきゃいけないので
とっても面倒です。

ではでは。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

とりあえず貼ってみる

2006年12月30日 | 小山卓治
ポスターが当たったので
貼ってみました。

スマイリーのシルエット。
場所は後日変えるかもしれないけれど
今日の処は、卓治の隣に。

友人は白衣が当たりました。

たばこ臭いそうです。 *サイン無し
東横線で同じ車両になったファンの方の誰かに
押しつけられないかと画策していたようですが
結局持って帰り、この写真となりました。


せっかくの代官山。
アランジでバカ買いしようと思っていたのに
お店の営業は27日までだった。



ライブの感想は・・・
年内は無理かも。
もう寝ます。
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年を振り返って・・・を、簡単に

2006年12月27日 | その他イロイロ
年末も近づいてきましたので、
ここで恒例の「今年を振り返って」をば。

今年はあまりにも遊びすぎて、
詳しく振り返ると目眩がしそうなので
ごくごく簡単に書きます。


【宝塚】
リカちゃんが退団した後も
順調に搾り取られています。
今年は退団者が多かった。
特に花總さんの退団は
歴史的瞬間に立ち会ったな、と。
ベルばらに拒否反応が出なくなった。
「ゆけゆけフェルゼン」も
「ペガ子に乗るコムちゃん」も楽しんだ。
逆に、景子ちゃんとは合わないことを発見。
作品的には「愛短・ネオダンディズム」がピカイチでした。
月組エンカレで
みゆちゃんのソロが聴けたのが嬉しかった。


【バレエ】
ジロとルグリに振られたパリ・オペ。
ステパネンコ&グラチョーワの並びが見られなくなったボリショイ。
今回は来たぞ!のロパートキナ&ゼレのキーロフ。
バレフェスに、マールイに、ルジに、ドナウ初演。
破産寸前。
印象深いのはルジの「ラスプーチン」かなあ。
出オチでもいいじゃん。
ルグリの全幕もありがたかった。
マラーホフの「眠り」は、どういう扱い?イロモノ?
木村さんの主役が多い年だった。
ドナウは・・・・・・。
「ここを、こうしてくれたら、再演を見る」って声が多いって事は
成功なのか失敗なのか。


【映画】
今年は出演者目当てで見た作品が多くて。
好みじゃない作品を見るのは辛いねえ。
作品的に良かったのは
 「TAKI183」
 「かもめ食堂」
 「フラガール」
邦画だよ!洋画好きな私なのに!!
「トランスアメリカ」も良かったなあ。
ウハウハ度は「スーパーマンリターンズ」が1番でした。


リカちゃんは割愛。
四季はキヨタンと「エビータ」と○ちゃんと井藤姉。


【卓治】
公式のライブ日程的には、
20本中、17本の参加(予定含む)。
85%の出席率。
欠席は、福岡、大分、京都のみ。
井口さんのDVD発売イベントを含めれば
21本中、17本の参加。
出席率は81%。
こんなんだから、「ほぼ皆勤賞」とか言われちゃうのよね。
印象深いのは、まずは熊本。
バンド+スマイリーという形は、イイ!
鎌田バンドとの「夢の島」も泣いたよ。
アコギ系では山形の「NYNY」。
初心の卓治だったよ。
ネイキッドシリーズ全制覇!
良いイベントだった。
名古屋トリビュートメンバーによる「嵐からの隠れ場所」は
ソロ、男声、女声に分けたアレンジが
思っていた以上に複雑で、うまいなーーと
ウハウハ盛り上がりながら、感心してました。
新曲の「天国のドアノブ」と「ひだまりの歌」は
いろいろ考えさせながらも、泣かされました。


それ以外では、
「どうぶつの森」に大ハマリ。
今日もゆきだるま作成さ!


来年の遊びはじめは
シヴァコフの「海賊」の予定。

その前に、年末の遊びがあるけどね。


【追記】
昼ドラ全65回を2セット完走しましたよ!
「偽りの花園」は
いまだかつてない勤勉さで感想を書きました。

 ♪ねじれー よじれー たおれーーーー

その皺よせがボウケンジャーに・・・

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

噂は噂であって、、、では、なかった

2006年12月26日 | 宝塚(専科、スケジュール、雑談等)
華城季帆ちゃんが、集合日付けで退団です。
大階段無しです。
「マインド・トラベラー」を見ておいて良かったよ。

87期が辞めていくなあ・・・。


澪乃せいらちゃんも集合日付け退団。

さびしいね。


んでもって、彩音ちゃんが緑川夫人らしい。
そう来るか!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

外は寒い

2006年12月26日 | 紫吹淳(リカちゃん)
体調は徐々に戻りつつあります。

昼休みに本屋と銀行に行こうと思っていたけど
大雨で、しかもとっても寒かったので
近場のローソンで弁当を買うだけにしました。

余った昼休み時間で工作。

昨日買ったメールブロックとキラキラシールを
DS Liteの蓋に貼ってみました。
メールブロックの鳥が見えるかしら?
キラキラシールは数枚入っていました。
余白が多いので星形に切り取ってみましたが
私の不器用な手ではイマイチ美しくないわ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ご馳走完食

2006年12月25日 | 紫吹淳(リカちゃん)
ご馳走を食べてきました。
体調が悪いので途中リタイアかも、とか思っていたけど
無事完食!
美味しかった。

16時頃、思いついて、
「これでチケット忘れていたらシャレにならんよなー」と鞄を探ったら
やっぱり無かった・・・・・・・・。
パニックになりそうになったのを抑え、家に電話。
チケットは居間のテーブルに出しっぱなしだった。
母に受け付け番号、テーブル番号を聞く。
こんなことが何回めかの母は、もう慌てない。
笑うだけだった。 お母さん、ごめんなさい
ホテルで予約したので、宴会担当に連絡したら
受付で名前を言えば入れるようにしておくとのこと。
ありがたい。


そんなこんなで、ご馳走タイム。

オリジナルカクテル「花物語」。甘くて飲みやすい。


オマール・才巻き海老・赤貝の貝殻仕立て バルサミコソース


椎茸のクリームスープ

  
ホウボウと赤座海老の浅蜊入りアクアパッツァ風
野菜が星型!


レモンのシャーベット バジリコ風味
レモンとバジリコを同時に感じた。不思議な味。さっぱり。

  
牛フィレ肉のステーキ グリーンペッパー風味のクリーミーソース
つけあわせのマッシュポテトの上の人参がトナカイ!
(有機野菜のサラダの写真は省略)


チーズのムースとラズベリー オペラ盛り合わせ
「クリスマス」ってタイトルみたい


会場。
 外のロビーもクリスマス。

中もクリスマス。

ついでに坂本君からのお花。



空きっ腹に酒を入れたので、
リカちゃん登場時にはすでにほろ酔い気分さ。
衣装をとっかえひっかえで可愛かったよ。

舞台はT字型にせり出し。ジャニーズみたいに。
私たちは貧乏くさく安い後方席だったんだけど、
舞台に対してはちょうど正面だったので
通路をキャットウォークするリカちゃんが
どんどん迫ってくるようで、とっても楽しい席でした。
せり出し舞台ギリギリまで来てくれると
オペラグラスなんか必要ないくらいの距離。

最初の白地にさくらんぼのワンピ?の時、
下から覗き込みたい、と思っちゃったりして。

「シャル・ウィ」のヘそピアス。
あれはTV局側のプッシュ。
TV局等は、「元タカラヅカ」には
露出させるような服を着せたがるんだって。
清純なイメージを覆すのが楽しいのかな。(私的見解)
「いいトシをして、へそを見せるなんて~」と
嘆いていたリカちゃん。
決して、自分の意志ではない、と強調していたリカちゃん。
個人的には。
へそピアスは、あんなもん?ってカンジ。
それよりも、あの衣装なら
もうちょっと胸を作った方がいいんでないかい?と思った記憶が・・・

下手前方に元気の良い客が居ると思ったらるんぱさんだった。
汗をかいたリカちゃんにハンカチを渡していた。
同じテーブル(たぶん)にはわたる君。
「(男から女へ)治療中」とリカちゃんに紹介される。
MC中、リカちゃんが、
 ・男役10年、そして女に戻るまで10年
 ・男役はスイッチ一つでなれるけど
  女役は数少ないスイッチを模索中
と、いうところで、
「スイッチ無いでしょ」と、わたる君を指差し。

メンズふたり。
片方は最初に衣装が王子様系。
なんとなくサソリを思い出す。
もう一人はワイルド系。
髪型から、小津家長男だったら良かったのに。
さもなきゃ、みつ君とかさあ、と
なんとなく考えていたら、け。ちゃんも同意見だったようだ。

アンコールで。
バンドとコーラスとメンズを引き連れて歩くリカちゃん。
「サザエさんみたい」だとさーーーー。
そんなリカちゃんが好きよ。

楽しかったわ!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

不覚・・・

2006年12月25日 | 小山卓治
R&Bのクリスマス&新年カード。
(サイトに行くとポップアップで現れるアレ)
カッコイイと思っちゃった。。。
不覚。。。



「eyes9号」のフォトは「葛西臨海公園」。
真冬の水族館か。
このへんから夏用の壁紙を作ってくれないかなあ。
爽やかで涼しげな壁紙が欲しかった夏。
32枚目の写真。
額は全然大丈夫そう。
渋江くんとか徳山さんとか
「ヤバそうだよなあ・・・」と思うときがあるんだけど。
卓治は思わないんだよなあ。


私は、音声はまだ聞いていないんだけど
聞いた友人からの報告。
「Aspirin Radio」の中で

 (山形に)関東から来てくれた人が、
 バスの関係で(最後まで見ずに)帰ったのだけれど、
 間に合ったのかなぁ

と心配してくれていたそうで。
ごめんなさい。
私たちは帰ったのではなく
翌日の観光のため
新庄行きの最終新幹線に乗りたかったのよ。
観光のために卓治を切り上げる。
本末転倒。

「eyes9号」は、後日ゆっくり見ます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

風邪です

2006年12月24日 | その他イロイロ
一回よくなったと思ったんだけど
再び悪化しました。
鼻と喉に来たから最終段階だと思うんだけど、
大事を取って、今日のお見送りはパスします。
最近は、トップさんのお見送りは必ず行っていたんだけどねえ。
コムちゃんやまーちゃんの緑の袴を見ておきたいんだけどねえ。
でも、明日はリカちゃんのDSだから。
夕方から夜の2時間強、ビル風に吹かれるわけにはいかないのよ。
ごめんね。


昨日のBS番組。
マールイのくるみを目当てに録画したら
ウィーン版エリザの記者会見もあって
ちょっと得した気分。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

TV番組イロイロ

2006年12月21日 | TV番組など
「オーラの泉」
檀ちゃんが出た。
太一が嫁に!と言っていた。
身の程知らずめ。
私は檀ちゃんを個人的に知っているわけではないけれど
江原さんや美輪さんの言っていることに
頷くところが何点か。
強い人だとか。
基本的には男の子だとか。
シードで上がっていくとか。
オーラの色は、ついに放映されなかったね。
何色だったんでしょ。
檀ちゃんは、正面顔より、
右からナメた顔の方が美しい。
綺麗だったわ。
目が光っている。(涙だけではなく)
確かに、最近いないタイプかもねえ。
2では出生地が変わったことにいろいろ言われていたけれど
お父さんが亡くなったと聞いて、納得。
それを機に、本籍を移すとか、いろいろあるかもしれないよね。
抜擢時にいろいろあったでしょ、って
江原さんが言っていた。
確かにあったよなあ。
一番のアレは、「小林家の縁戚(現校長の甥等、諸説有り)と婚約したから
泊付けのためにトップにした」という話。
専科移動の頃に「あれは破談になったから」というフォローまであった。
臍で茶を沸かしちゃうような話だけれど
知人は本気で信じていたなあ。
それだけ、美人だったという事よね。
逆か。美貌だけど、なにもできなかったというか。
(宝塚史上初の、卒業時最下位からのトップ就任)
でも、その美貌だけでも、充分価値はあったし。
歌が流れてしまったので、
美貌だけが取り柄というのもバレてしまっただろうか。
(個人的に、芝居は良いと思うけど)
それでも、いいじゃないか、美人なんだから。


「学校へ行こう」
マラーホフが出ていた。
例の縞々を着ていてた。
吹き替えの声がメチャ男っぽかった。
山寺さんのオカマキャラの方が
彼の声に似ていると思うのだが。
39歳と言っていたが、放映日は38歳だよね。
1968年の1月生まれだから。
2の実況の「似ている人」の中に
「生瀬勝久」ってのがあって、納得。目から鱗。
ここで放映したって事は
今後の「マラーホフの贈り物」で
「牧神の午後」をポリーナちゃんと踊るって事かしら。
踊って欲しいわ!!
ドイツの観光案内も面白かった。
真面目な長野君に、ボケの三宅君。
いい組み合わせだ。
クランコの学校に行っている日本人の女の子も、
中村さんも、マラーホフも、
「強く。自信を持って。前に出てアピール」と
望月さんに言ってましたね。
プロで食べていくには、それが肝心なのでしょうね。


火曜日は、これと、「スーパーバレエレッスン」と
「幻魔大戦」がバッティング。
「スーパーバレエレッスン」は日曜日の再放送を録画することにしました。
ルグリ先生との再会は、もうしばらく我慢。


細川さんの出演番組。
「ズバリ言うわよ」は
一言二言のコメントのみでした。消去。
「アドレなガレッジ」。
品川を嫌いと言い張る姿は子供のようだ。
その姿に加え、最近小山さんを見てきたもんだから
35歳の細川さんが、とっても若く見えた。
「物喰う細川さん」の画像もGET!
この人は、物を食べる姿が幸せそうで良いよね。
V6の東京ミシュランに出てくれないかなあ。
三宅君に説教しながら・・とかさ。見たいな。
今後の出演番組確認のために細川さんのHPに行ったら
すっきりして、とっても見やすくなっていました。
「風に吹かれる細川茂樹」の写真はとっても好きだったのですが
露出情報が小さいフレームの中で見辛かったのよね。
年末から1月かけては、出演予定がたくさん!
見逃さないようにしないと。
文中にアルファベットを多用するのは、どうでしょう。
リカちゃんじゃないんだから・・・

 
 
【追記】
どーでもいいことですが。
檀ちゃんと細川さんって、同じ年齢なのね。
1971年生まれ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

訃報:岸田今日子さん、青島幸男さん

2006年12月20日 | その他イロイロ
女優の岸田今日子さんが亡くなりました。

岸田今日子さんが死去 劇団円創設、映画「砂の女」主演(朝日新聞) - goo ニュース

私の世代では、なんといってもムーミンなのですが、
「この子の7つのお祝いに」系の不気味演技も好きでしたし、
「保毛尾田保毛男の姉」も大好きでした。
「今夜は最高!」で、「普通の女性の役」を演じていたのも印象深いです。
最近(もうちょっと前か)では、
岩下志麻さんと2時間ドラマで共演していましたよね。

今日は青島幸男さんの訃報だけでもショックなのに、

青島幸男さん死去 元東京都知事・意地悪ばあさん(朝日新聞) - goo ニュース

岸田さんの訃報で追い打ちをかけられました。

青島さんといえば、、、、、
都知事で都市博中止の人ですが、
個人的には「いじわる婆さん」です。

お二人のご冥福をお祈りします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

どうぶつの森の新住人

2006年12月19日 | ゲーム(どうぶつの森など)
一昨日ぐらいでしょうか。
さすらいのアンデスさんが旅立ちました。
仙台・山形旅行中、引っ越してきたのはグレオさん。



傷だらけのブタさんです。
グレオは「グレた男」なのでしょうか。
渋い台詞を吐くオレ系です。
ちなみに、この写真を撮ったのは
山寺駅を後にした仙山線の中でした。


今日パッチから写真をもらいました。
ゆきだるまも作り方のコツがわかってきたような。
黒い薔薇がようやく咲きました。
充実の村生活。
あとはシーラカンスだな。
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

山寺のネコ

2006年12月18日 | 旅行(お散歩・遠征含む)


可愛かった!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宝塚、来年後半のラインナップについて

2006年12月18日 | 宝塚(専科、スケジュール、雑談等)
仙台・山形旅行中に発表になり、
すっかり祭に乗り遅れちゃいましたよ!
仙台ライブ終演後、け。ちゃんが携帯で情報をGET!
星の「エル・アルコン」があまりにも笑撃的で、
ライブの印象すべてがすっ飛びそうになったので
「物販する小山さん(←小山さんに関する最新の記憶)」を
反芻しながら仙台の街を歩いた私たちでしたよ。

以下、日程順に一言感想。

「大坂侍」脚本・演出/石田昌也
月組公演。
5月19日(土)~6月4日(月)バウホール、5月22日(火)~6月18日(月)日本青年館
キリヤン主演。
某所の「司馬遼原作」は、これのことか。
石田さんの時代劇だし、ハマればヒットかも。

「ダル・レークの恋」作/菊田一夫 潤色・演出/酒井澄夫
月組公演。
5月22日(火)~6月18日(月)。
九州を含む西周りの全国ツアー。
なんでいま、「ダル・レーク」?
あさかなで「帯グルグル」か。
あんまり耽美じゃないよなあ。
あさこが「帯グルグル」されるところは見たいけど。
全ツで一本立てかあ。
キリヤンがバウだから、ペペルはゆーひだね。
(ラッチマンは主役でした。訂正します。
 訂正ついでに3番手はヒロインの従兄弟でした)
あさきりを狙うのか、キリヤンを健康上の都合で全ツから外すのか。
フィナーレの振付はダレンさん?

「バレンシアの熱い花」作・演出/柴田侑宏 演出/中村 暁
「宙 FANTASISTA!」作・演出/藤井大介

宙組公演。タニ&ウメ大劇場お披露目。
6月22日(金)~7月30日(月)宝塚大劇場、8月17日(金)~9月30日(日)東京宝塚劇場。
柴田先生の50周年記念?
芝居の方は、これも噂通り。
トリプル主演に近いはず。
タニ、とむ、最後の一人は誰だ?
中村Aに大不安。
藤井君のショーは、ワタシ的にはハズレの予感。
「宝塚マイム」系になるんではなかろうか。ドキドキ。
赤面するような蘭とむが出ちゃうのか?

「舞姫」脚本・演出/植田景子
花組、みわっち主演。
バウホール、6月16日(土)~6月25日(月)。
期間的にはズレるけど、梅芸のウラなのかな?
景子ちゃんで鴎外。ドイツ娘を捨てる鴎外。
エリスは踊れる子で頼む。っても、花組ならよりどりみどりだな。

「源氏物語 あさきゆめみしII」脚本・演出/草野 旦
花組、梅田芸術劇場公演。
7月7日(土)~7月23日(月)。
再演なのか、リメイクなのか、続編なのか。
それより、刻の霊は誰なのか。
まとぶん?

「シークレット・ハンター」作・演出/児玉明子
「ネオ・ダンディズム!II」作・演出 岡田敬ニ

星組博多座公演。8月1日(水)~8月23日(木)。
ネオにII。どこまで追加されるのか。
中国マフィアスタイルで「瑕」を歌いながら階段を降りてくるとうこちゃんは
激しく見たい。「惜別」の差し替えも楽しみだ。
しかし!
芝居はこだまっちだ。
どうしよう。

「Kean キーン」脚本・演出/谷 正純
星組+理事の日生劇場公演。年9月1日(土)~9月23日(日)
ブロードウェイ・ミュージカルらしい。
古い作品の復刻の場となるのか、日生は。
でも、原作付きの谷先生は悪くないハズ。
ちょっと期待しても良いかしら。
博多と日生、振り分けはどうなるのか。

「MAHOROBA」作・演出・振付/謝 珠栄
「マジシャンの憂鬱」作・演出/正塚晴彦

月組公演。
8月3日(金)~9月17日(月)宝塚大劇場、10月5日(金)~11月11日(日)東京宝塚劇場。
あさこがようやく駄作から脱却!
長かったよなーー。駄作3連発は。
(3作目はまだだけどさ)
正塚芝居は故・ダイアナ妃ネタか。
偶然にも7月のオーストラリアバレエ団の「白鳥の湖」も同妃ネタだ。
ショー、芝居の順で上演。
ショーは海外公演の試演って噂もあるが、はてさて。

「アデュー・マルセイユ」作・演出/小池修一郎
「ラブ・シンフォニー」作・演出 中村一徳

花組公演。
11月2日(金)~12月15日(土)宝塚大劇場、08年東京宝塚劇場。
イケコオリジナル。焼き直しにならないことを祈るだけ。
いや、焼き直しでもいいから、当世ネタは入れるな。恥ずかしいから。
「アデューとあるから退団か?」の噂もあり。
ショーは中村B。期待薄。

「エル・アルコン―鷹―」脚本・演出/齋藤吉正
「レビュー・オルキス―蘭の星―」作・演出/草野 旦

星組公演。
11月2日(金)~12月15日(土)宝塚大劇場、08年東京宝塚劇場。
芝居は、個人的には、来年の目玉ですよ!
とうこちゃんのピカレスク・ロマン。
とうこちゃんを料理させたらピカイチの齋藤君。
ビジュアル優先、勢い最優先の齋藤君。
原作改変時代考証無視の齋藤君。
その彼が、大劇場で初芝居。
さてさて、どうなることやら。
楽しくもあり、
非難囂々になりそうな予感にドキドキもして。
それにしても「エル・アルコン」だよ!
  エル・アルコン-鷹-  七つの海七つの空
なぜ、いま、これか。
それとも、ずーっっとやりたくて狙っていたのか齋藤君。
余談ながら、エロイカ連載中に、編集部の方から青池先生へ
「少佐を日本で活躍させよう」ってことで、
日本ならではのネタにするために、ヅカと絡めさせる、
って提案があったそうだ。
青池先生は断られたそうですが。(そりゃ、そうだ)
そんな青池作品を宝塚化。
ああ、原作ファンの方、ごめんなさい。
最初から謝っておきます。
キャプテン・レッドはレオン君だよなあ。しぃちゃんの方が合いそうだけど。
(12/22訂正!ティリアンはとうこちゃんだよ!
 大間違い、失礼しました) 
ショーはまた草野ラテンなのかな?
タイトルに主演者名が入っているのがちょっぴり不吉。


遠征をしたいのは、タニ&ウメお披露目と「エル・アルコン」。
博多座は要検討。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

旅程

2006年12月17日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
15日。
全休を取り、上野10時14分発やまびこ111号に乗る。
 2階立てMAXだ!

12時20分仙台駅着。
翌日の「快速湯けむりこがね号」の指定席を取る。
駅ビルで昼食のため寿司屋へ。
さび抜きと言ったのに、わさびが入っていた。
ウニ・イクラが無い(←ちょっと苦手なの)安いセットを頼んだのに、
ウニ・イクラがある高いセットが出てきた。
寿司自体は美味しかったんだけど。

仙台13時44分発仙石線で、本塩竃14時22分着。
塩竃神社などを見る。


本塩釜15時25分発の仙石線で松島海岸へ。15時33分着。

ぶらぶら歩きながら写真を撮っていたら
笑う女性がいた。MKさんだった。
特に待ち合わせても居なかったが、偶然会えた。
松島を見渡せる場所で抹茶をいただいたりした。

松島海岸17時2分発、仙台17時39分着。
今夜の宿、仙台ホテル1階でケーキを買い、部屋へ。
しばし休んだ後、牛タンを食べに。

広瀬通の「おやま」という店に入ってみました。
美味しかった!
ぶらぶらと匂当台公園の方へ。
光のページェントが美しかった。


仙台 HEAVEN。
開演前にけ。ちゃんと合流。

19時半開演予定が、入場が手間取ったためか
15分押しで開演。
終演は22時20分頃。

ホテルまでは徒歩。
着後、ケーキを堪能。


16日。
東北本線(途中から陸羽東線)9時33分発「快速湯けむりこがね号」で鳴子温泉へ。
 自由席なら普通乗車券で乗れます!直通!!
11時20分鳴子温泉着。
鳴子峡まで歩く。さらに見晴台まで歩く。

4kmぐらい歩きました。
疲れた頃にタクシーが通りかかったので、駅まで戻る。
足湯に浸かったり、買い食いしたり。
陸羽東線鳴子温泉15時発、新庄16時3分着。
ロッカーに荷物を入れ、16時20分発奥羽本線で山形へ。17時29分着。
駅ビルで夕食、と思ったが、ピンと来るところがない。
とりあえず、タクシーでライブハウスまで。
ライブハウス斜め向いぐらいに肉屋に併設されたお食事処を発見。
山形牛のすきやきを食べる。
 金沢屋牛肉店。

18時50分過ぎ「山形 FRANK LLOYD WRIGHT」に入る。

ライブ前にすきやきを食べたバチが当たったのか
最前列しか空いていない。
時間によっては中座しなければいけいないのに!
定刻開始を願っていたけど、
この日は
20分押し
トップバッターの近藤さんが終わった時点で
ライブハウスの方に、21時45分にタクシーを呼んで貰うことにする。
2番手の鎌田さんの終演後に席を立ち、後ろに下がる。
21時45分。
「カーニバル」の前奏を聞いたところでタクシーへ。
定刻に
始まっていれば・・・


22時04分。山形発の新幹線で新庄へ。
駅前の「ルートイン新庄」に泊まる。

17日。
新庄発8時11分の陸羽西線で古口へ。8時半着。
舟発着所まで徒歩。
9時40分。最上川下り開始。こたつ舟。


10時40分着、草薙温泉着。
予定ではこの辺で時間を潰し、
12時5分のバスで高屋駅へ行こうと思っていたのだが
時間潰しができる雰囲気ではなかったので
タクシーを呼び、新庄へ。
11時半頃、新庄駅着。
新庄11時45分発の奥羽本線で山形へ。12時51分着。
山形でゆったり昼食を・・・と思ったが
予定を前倒しし、13時21分発の仙山線に乗ることに。
駅ビルで弁当を買い、車中で食べる。

13時40分、山寺駅着。
800段の階段を昇る。
800段以降は冬季封鎖されていた。


仙山線山寺駅14時58分発、仙台15時58分着。
新幹線18時26分仙台発の予定を16時54分発へ変更。
最後の土産を買い込み東京へ。(私は上野乗換)

20時前に家に着きました。


ライブレポは明日以降。

ライブ告知あり。
3月21日、吉祥寺で、この3人で。
3月中に、この3人でみちのくふたたび。
21日は確定みたい。
3月中は未定?
コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まだまだ旅の途中

2006年12月17日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
旅の途中です。
ホテルルートイン新庄のフロント前のPCから
書き込んでいます。
ベッドは広いし、大浴場もあるし、駅前だし、
気持ちのいいホテルです。

昨日のライブは20分押しで始まったので
小山さんの本編のラスト「カーニバル」が聞けませんでした。
定刻で始まっていれば
アンコールもギリギリ聞けたかも。。。

でも「フィルム・ガール」も「NYNY」も聞けたし。
「NYNY」は、デビューアルバムのA面の1曲目。
それを思い出させるような、
実にフレッシュな「NYNY」でした。

仙台では「物販する小山さん」も見られたし。
なかなか楽しいツアーでした。
*りぼんは釣銭の用意をしていなかったようだ。

今日はこれから、こたつ舟で最上川下り。
(西村先生のお告げで行けることになりました)
雨みたいです。

心残りは、旅の途中で
宝塚の来年後半の予定が出たことね。
祭りに乗れなかったわ・・・。
 ・とうこちゃん+齋藤くん+エル・アルコン。
 ・タニのお披露目はバレンシア
 ・月は大劇正塚、ツアーはダル・レーク
いろいろ出たなーー。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする