きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「犯罪都市 NO WAY OUT」

2024年02月14日 | 映画


シリーズ3作目。
前作を見てなくても話しはわかります。
サクサクとテンポ良く話は進み、
敵も入れ替わり立ち替わり。
いまどこのパートなのか少々混乱する時もあるけど、
最後は綺麗に収束します。
アクションの合間にはクスッと笑う場面もあり。

マブリーの張り手の効果音が大きいのは変わらず。
楽しい!
マブリーの肉弾戦を際立たせるために、
銃撃戦にならないように話を運んでいるのが上手い。
敵の刃物が今回は日本刀だったので
個人的には気楽に見れました。
前のどちらかは広い刃が得物だったよね。
あれはちょっと苦手なの。

しかし、あの体格の人によく立ち向かっていくなあ。
敵側、それだけでもあっぱれ!

取調室のアレとか、打ち上げのお店とか、
苦労するお調子者の上司とか、
お馴染みのいろいろも出てきます。

今回は出番なしかと思った「彼」も
エンディングロールに、、、
日本公開前だけど、続編に期待!

今回はジャパンプレミア初日でした。


マブリーが!
生のマブリーが!
目の前に!
(撮影、SNSアップ可)





私のN列からはこれが限界。

マブリーを含めた舞台挨拶の内容は
いずれどこかで記事になると思いますのでそちらをご覧ください。
目の前に生のマブリーがいたら記憶なんて吹き飛びますよ!

写真のとおり、本物は巨大巨体ではなく、
背はムネムネの方が高い。
それが映画ではあの存在感。
マブリーが主演ではない「エターナルズ」だって巨体だったんだから、
芝居が入ると大きく見えるんだろうな。
舞台役者さんも素のインタビューだと細かったりするよね。
声もテンションもムネムネの方が大きかったな。
いろんなインタビュー動画で見るとおり、
素のマブリーは穏やかなジェントルマンでした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ゴールデンカムイ」(2回目)

2024年02月10日 | 映画






特典欲しさに金カム2回目。
山﨑くんの「自分は人を殺しすぎて」の時の
目の表情がなんとも言えない。
幼馴染3人のときの顔と全然違う。
これは実写ならでは。
そのあたりも含め、映像化が上手いな、と。

わかっていてもクマ、怖い。

金カムとゲ謎を見る日だから思うのですが、
杉元って「M」の実験台にされているのでは。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「白日青春」

2024年02月07日 | 映画




香港に来た難民の少年と
越境者のタクシー運転手の交流。

を、描きたいのはわかるけど
話のテンポも、場面や台詞のセレクトも悪く、
伝えたいことが明確になっていない。
家族からつまはじきも同じとはいえ、
「自業自得だよね」の気持ちが先に来る。

少年がごく自然に罪を犯すのも
「そういう状況だから」の説明より、
「彼らは犯罪者」の前提が先に来ちゃうよ。
仕方がないから、じゃないよ。

移民に対して香港は冷たい、、、
ように見えるけど
すごくせまい土地だから
無限に増やすのは無理なんだよね。
もともとフィリピンとかの出稼ぎの外国人も多いよね。
(いまはどうなんだろう。
 昔は休日の日曜日に集まってお話ししている風景を見た)

ラストは、私なら大型船に行く前に少年を突き落とすな、
とか思っちゃいました、ごめんなさい。
ああいうふうに密航して外国に行くルートが
もう確立されているんだろうなあ。

不器用なアンソニー・ウォンは見応えあり。
修理工はエリック・ツァン?
どこにもそれを書いている人がいないので
まったく自信が無いんだけど、
彼が友情出演するのは不思議ではないし。

シネマカリテでサインを拝みました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人」

2024年02月04日 | 映画


仏映画なので淡々と進むけど
主演の芝居がわりとウェットなのでいつもよりは起伏がある。

ジョニーが登場したときは「ふくよか過ぎ!」と驚いたけど、
老いが入った顔も含め、細かい芝居が実に上手かった。
仏語のせいか台詞は少なめ、
そのためか目線までとても雄弁。
さすが!!
ただのコスプレ映画だよね、と侮って
たいへん申し訳なかった。

美術、衣装が素晴らしい。

「王の友人」の演技も素晴らしかった。

メルシー伯が若い!
そうだよ、最初から汝鳥さんじゃないか!

たださ、ルイ16世が長身の美男なのは、どうなんだ。

シチュは違うけどアントワネットのお言葉にウハー!
「人が多いわね」
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「リバー・ランズ・スルー・イット 」(午前十時の映画祭13)

2024年02月03日 | 映画


大自然、森、川、田舎町、釣りの風景などが美しい。
「牧師とその妻と真面目な長男」は、
ピューリタンの理想の家庭なんだろうな。
そこが根っこにあればより深く話がわかるんだろうけど、
そうでない私はアメリカ文学の良さはやはりわからない。

雄大な川は流れる。
一方通行で遡れない。
時に急流、時にゆるやか。
川を下るボートには複数人乗ったり
ひっくりかえって消えたり。

若いブラピがハンサム!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ワールドツアー上映「鬼滅の刃」 絆の奇跡、そして柱稽古へ

2024年02月02日 | 映画




テレビで見た話と、
そのうちテレビで見られる話だけど、
大画面で見たいから!

「ワールドツアー上映」とあるけど、
特に世界各地で上映したときの映像はなく、
2話ぽっきりです。
最初にざっくりあらすじ紹介があって、
「柱稽古」編の冒頭にオリジナルだよね、
蛇と風の共闘があります。


柱が勢揃いは良い絵面。
言ってなかったかもですが、
宇髄さんが一番好きです。
TV放映が楽しみ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「哀れなるものたち」

2024年01月28日 | 映画


予告のイメージどおりで、
「人には薦めないが見て良かった珍作」系でした。
だらだら長いのはこの世界に没入するため。
浸りました。

エマ・ストーンの芝居がすごい。
脳と運動神経が繋がっていないような動きから
自我が確立されたあとの瞳まで、
こんなネタなのにすごくリアル。

たくさん脱いでいるけど、
それさえも他者から自分がどう見られるか、
意識していないから、なんだろうなあ。

思考力、知識、自我は後天的に得るもので、
肉欲は身体由来で、脳とは別な次元なのか?
男女が逆ならどんな物語に?

ラストはちょっと意外。
ゴッドが永遠の命を得るんじゃないんだ。

みなとみらいのイオンシネマ、
スクリーン扉には画像がなく文字だけなのは残念だけど、
飲食店と同じフロアなのは便利。
Kアリーナまでは徒歩圏内でした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「コンクリート・ユートピア」

2024年01月19日 | 映画


災害で地盤が崩れ、
偶然倒壊しなかったアパートの住人たちは、
余所者たちの侵入を防ごうとする。
中心となる男は、実は、、、


精神をゴリゴリ削るエグさたっぷりで、
辛くてしんどいんだけど、
韓国映画はこうじゃないとな!

寒い地域なので住居がなければ凍死する。
アパート(日本だと団地みたいなかんじ)側も
自給ができるわけではなく
周囲に略奪に行く。
生きたいと願いと、エゴが絡み合う。

中盤、女児を庇う男性を
性犯罪者と疑って申し訳なかった。

役のバランスのためかもしれないけれど、
アパート側の管理は女性が大活躍。
日本映画だとこの役は無いよね。


犬は無事ではない、と思います(T_T)
でも、わかる。
まだ「人間」を食べるところまでは到達してない。
(あのままだといずれ到達するのでは)

夫の行動は利己だけではなく、
死を間近に見てしまったからなのだろうな。
自分と妻がいつそちらになるかの恐怖。
これがあるから話も深くなる。

あと、兵役経験がね。
そうかあ。

生きるためには仕方がない?
自分ならどうする?
考えながら見ていたラストは
救いなのか、風刺なのか。
少し外まで出れば助けあう世界が存在する。

「日本語がわかる人は?」って聞く場面があったね。
あのお婆さんは・・・

奥さんは旦那さんを「オッパ」って呼んでた。
字幕だと名前。
この辺を上手く字幕にするのは難しいか。


イ・ビョンホンは端正な原田泰造から
整った遠藤憲一になってた。


これだけしんどい映画なのに、
一気に最後まで見せる
エンターテイメントになってるのが
やっぱりすごいなあ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ゴールデンカムイ」(1回目)

2024年01月19日 | 映画








すごく良かったよ!
制作はキングダムのメンバーなんだよね。
「役者にコスプレ」ではなく、
物語をちゃんと作っていた。

原作者が太鼓判を押したとおり、
かなり原作寄りです。

尺で予想はつくでしょうが、
ほんのさわりで終了です。
見終わって個人的な予想は、
のっぺらぼうが撃たれるまでは作りたいのでは?
なんとなく。
エンディング近くにあれだけのキャラを出したんだから
あと2作ぐらいは作ってくれるよね?


映画の冒頭は二百三高地で、
ここまでがっつり戦争場面が入るとは思わなかった。
山﨑くんの杉元の不死身ぶりも、
ここが原点になる人たちがたくさんいるのも納得できる。

予告の山田さんは棒読み気味で心配だったけど、
映画の中で見ると、
この台詞まわしは女性を感じさせないので、
アシリパさんぽかったよ!
変顔も似てた!
アシリパさんを子役にしなかったのは
続編を作るうちに育っちゃうからじゃ?
大人なら5年ぐらいは体型はともかく背丈は変わらないよね。
あと極寒地ロケだからもあるんじゃないかな。
未成年があの気候で何日もロケって、
やっちゃいけないと思うよ。
その辺を踏まえても子役に、と言う人は、
女児に下ネタ言葉を言わせたい欲の人なんだろうな。

チタタプが、慣れてるアシリパさんと
初めての杉元ではリズムが違うのが映画ならではだね。

他のキャストも合ってたよ!
アクションがバッチリ決まる土方さん!
イケボでカリスマ性がある鶴見中尉!
歯のカタカタがそのままだ!
白石の潜入の気持ち悪さも!
白いモフモフもいた!
リアルだった!

最初の囚人勢揃いには
房太郎っぽいシルエットもあったような。
そこまで作ってくれるかな。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「カラオケ行こ!」

2024年01月18日 | 映画


ヤクザと少年の交流、だけでなく、
少年サイドは青春モノたっぷり、
逆にヤクザサイドは匂わせ程度で、
それでいてドタバタにはならず、
すごく丁寧に作られていました。
丁寧だけど繊細に寄りすぎないので
私のようなガサツ精神にもスッと入ってきます。

あんなに細くてもおやつで炒飯を食べられる男子中学生とか!
そういう食欲の時代に声が変わるのね。
(浪巫謠を少し思い出したり)

狂児さんがバイト中に誘われてヤクザの道に入ったのも
納得できちゃうサラリと書かれるバックボーン。
聡実くんへのお願いも、決して引かないけれど
脅すわけでもない。
彼なりの線引きはしている。
微妙だけれど、確実。

配役も素晴らしすぎる。
絵の下手の組長とか!

後輩くんの正義感も先輩への憧れも、
それでやりすぎちゃうのもすごくわかる。
女の子がオカンになっちゃうのもわかるよー。
「愛」しか言えない教員に
大人の態度の生徒たちが頼もしい。

若い子は映画じゃなくて動画なのね。
いつでも停止できて巻き戻せる。
映画は進むだけ。
そうかあ。

「歌下手」は、役者さんの歌なので、
自然に下手に聞こえるものの、
まりこさん級でもタニちゃん級でもなかったよ。

好きな曲と歌える曲は違う。
名言。


野木さん脚本作品の信頼度が、
またひとつ上がった。


シアタス調布は良い映画館だった。
帰りは大変だけど、また行きたいな。
駅から徒歩2分のはずが
アプリの地図案内が変で
6分ぐるりと建物を1周させられた。
次回は2分で行く!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」パネルなど@アクスタ調布

2024年01月18日 | 映画
アクスタ調布のパネルなどを見に行きました。
























会社からなら、それほど遠くない。
自宅までは遠い。
レイトショーは止めて正解。
イオン系なので私は安く見られます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「BLOODY ESCAPE 地獄の逃走劇」

2024年01月14日 | 映画


ノイタミナカフェで予告を見て、気になっていた作品。

改造人間 vs 吸血鬼 vs ヤクザ

の、取り合わせが謎でウハウハしてたんだけど
吸血鬼はドラキュラの末裔とかではなく
人種改造で生まれた種族でした。
「吸血鬼」は名称だけ。
で、一種の宗教団体。

近未来で、コミュニティが少なくなってて、
ヤクザを殺した男が吸血鬼コミュニティで人造人間になって出て行って
それを追いかける者たちとの追いかけっこ、みたいな話でした。

ネタとしては、まあ、よくある話かもだけど
駆け続ける爽快感と、
細かいことは説明せず、
簡単な設定を元に
とにかく作りたいものを作ったぜ!の
意気込みが感じられて、なぜだか納得できる楽しさ。
アニメならではの絵と動きなので
好きな人はいるんじゃないかな。

ヒロインが、どこかのポリゴン絵で見た系で。
なんか、記憶を刺激。
誰に似ているんだろう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」(4回目)

2024年01月14日 | 映画




特典欲しさに行っちゃいましたよー。
渋谷は夕方1回の上映なので、
日曜日も特典がありました。

今回は脚本、演出の上手さを改めて思いました。
話の転換ポイントがいくつかあって
そこまでの引きや謎の開け方、
新しい話への繋ぎ方が上手く、
テンポも良いので中弛みがない。
綺麗に話がオチてからの
エンディングロールでタイトル回収は
素晴らしい!の一言です。

PPPは裏設定が多すぎて
2時間でまとめるためにバサバサ切って
監督のスペースなどで初めて知る話が多くて
スタッフには既知でも観客には全く伝わってないよ、
という部分が聞けば聞くほど出てきたけど、
こちらは、例えば長田と乙米さんは
「たぶんこうだろうな」という関係が
説明無しの匂わせなのに、
かなりの人が正確に受け取っているのが
Xなどを見てもわかる。
そういう、枝葉の切り落とし方も、とても上手い。
なので、何回見てもストレスがない。
(PPPは腑に落ちなかったので
 結果的には通ってしまったけど)

アクションの見せ方も上手いよね。

音声ガイドで「欠けている月」とあったので
今回は満ち欠けを注視しようと思ったけど
話に入り込みすぎて、そこまで気を回せなかった。

特典はもう出ないかな。
時間が合えばもう1回ぐらいは行きたいような、
自分の中では完結できているような。


ニッチなネタだけど、
トンネルを抜けかけて水木が戻った場面で
「黒い瞳」のニコライを少し思い出したよ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「エクスペンダブルズ ニューブラッド」

2024年01月14日 | 映画







いつも思うけど敵側の方が消耗品度高し。
毎回のアレやコレやで、話はほぼないけど、
「弟分」のステイサムはとても貴重。

トニー・ジャーの出番は少ない。
芝居の上手い人だ。


マリオン1階の広告にもステイサム。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「アクアマン/失われた王国」

2024年01月13日 | 映画


「弟と戦う」が予告にあり、
そこで予想される範囲の話だったけど
モモアの可愛さを堪能する作品だから無問題。

時間があれば高くて映像が鮮やか版で見たかったな。
普通の2Dはなかなかに暗い。

話のためとはいえ、評議会って
なんであんなに偉そうなんだ。
王がいないと成り立たないのに。

敵陣営にいる悪なれない博士が藤村さんに似ている。
藤やん頑張れって思っちゃう。

弟くんは半裸からいつその服に?
兄が用意していた?
虫は食べなくていいよーん。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする