きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

8/27めも

2022年08月27日 | 小山卓治




染谷さんを初めて見たのがいつかはすぐに思い出せないけど、
04年の青山円形劇場で見たのははっきり覚えている。
その後も小山さんとのジョイントで何度か見たけど、
ずっとキラキラしている。
色褪せていない。
すごいね、いいね。
ファンの方もキラキラしてる。

小山さんは自分の客層より若い染谷ファンを意識したのか、
ソロはバラード的な曲多し。

西本さんは、さすが!としか言いようがない。
メジャーの最前線で、
大ホールで活躍してきた人の音は
素晴らしく圧倒的でありながら、
ボーカルを立てる。
拝むしかない。

そんな3人によるセッションは、
ワクワクの楽しさMAX。
すごく面白かった。
小山さんも染谷さんの早口な曲を歌い切った!

また3人で、が、あるといいな。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「キングメーカー 大統領を作った男」

2022年08月27日 | 映画


韓国映画らしいエグい話を期待して行ったんだけど、
画面が暗すぎて、誰がなにをやっているかが掴みづらく、
話に入れなかった。

独裁政権、軍事政権と続いて、
大統領が絶大な権限があるにしても、
「影」があそこまで都合良く動かせるのかなあ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「スワンソング」

2022年08月27日 | 映画




「ゲイの元カリスマ美容師が最後の仕事に向かう」
というあらすじから想像するような華やかさはなく、
老いること、先立たれること、残されること、失うこと、消えることの
辛さの話ばかりで、描き方も半端なポエムで、
後半までは乗れなかったんだけど、
「なにか」を残せたのがわかった場面はじんときた。

エイズでパートナーを失うも、
彼の遺産は甥にすべて持っていかれ、
仕事も部下に奪われ、家も失い、
老人ホームで死ぬだけと思っていたけど、
彼の存在は誰かの役に立っていた。
都合の良い解釈だとしても、
悪くなかった、
そう思えたなら、良かったな。

登場する女性の殆どがふくよかで、
その辺はリアルだった。

作品としての質はあまりレベルは高くないけど、
役者の演技は素晴らしかった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ドライビング Miss デイジー」(午前十時の映画祭12)

2022年08月27日 | 映画


ユダヤ系老婦人と初老黒人の友情物語。

初見。
若いときに見たら、
「なんだこのババア」と思ったかもだけど、
いまの年齢だと彼女が頑ななのが良くわかる。

反発したりいろいろあった二人だけど、
最後のパイの場面で泣いてしまったよ。

黒人だけでなく、ユダヤ人に対しても、
若い警官はあそこまで見下すんだなあ、とか、
社会情勢も鮮やかに取り込んでいた。
息子がああ見えて最後まで善人で、
母としてもデイジーは良い人で、
だから息子も気にかけるんだろうな。

名優のさりげないガチンコ芝居も素晴らしかった。

デイジーはメイドが死んだ後は自分で料理して、偉いなあ。
刺繍とか手仕事もしてるし。
私なら無理。
私が老いたらどうなるのかなあ。
スカステ流しっぱなしか。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ブエノスアイレス 4Kレストア版」

2022年08月25日 | 映画


すごい勢いでスクリーンに客が吸い込まれていたの
はシネマサンシャインの会員デーで安かったからか。
にしても、ほぼ満杯。
こんなに大きいスクリーンで、
美しい4Kで見られるって、とても幸せ。

振り回す小悪魔ちゃんと、
パスポートを隠しちゃう狂気と、
いつ見ても痛々しくて好き。

ファイが途中から生死もわからずフェードアウトするのが、
なんともいえず、良い。
レスリーのスケジュールの都合だとわかっていても、
はっきり終わらないのが良い。
収拾のためにウィンと女の話を撮影したのに
バッサリ捨てたのも良い。
トニーの手料理を食べたい。

すごくどうでもいいことだけど、
エンドロールを見て気づいたんだけど、
アパショあたりでミトさん達が歌っていたのは「シボネー」だったのね。
ずっと「シボレー」だと思っていたよ!
「N」がある!って気づいた時の、私のパニックたるや。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「2046 4Kレストア版」

2022年08月25日 | 映画
2046

初映以来と思っていたけど、
麺を食べるコン・リーは何度も見た気がする。
どこで見たのかな。

改めて見ても話がない。
ようで、最後の「2046号室」で、
そうかあ、、、と、
ピースが嵌まる。
これが快感のウォン・カーウァイ。

スケベ中年のトニー可愛い
コン・リー様!(五体投地)
カリーナ様!(五体投地)
チャン・ツィイー、可愛い
フェイ・ウォンーーッ

で、うっかり見ちゃうけど、
役者ファン、監督ファン以外に
需要があるのかなあ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「愛月ひかる TALK&LIVE」@ 東京會舘

2022年08月23日 | ライブ・コンサート・音楽




愛ちゃんのトーク&ライブショー、
司会は中井美穂さん。
歌は、夜の部は「美しき生涯」主題歌とアシナヨ。

後ろの方のテーブルだけど、
念のため化粧をして大正解。
トークの時、後方の台へ移動。
愛ちゃんがすぐそばを通ってくれました。

ドリタイで着ていた肉食獣系ジャケットは極美さんへ。
他の形見分け、研一まで行き渡るように少しずつジブロップに入れた。
いま会いたいジェンヌは?→瀬央さん。
瀬央さんの新しい面白映像もゲット。

モアダンのアシナヨ。
歌ウマのこっちゃんと同じフレーズ!
自分なりのパワー系のアプローチで。

今度のラジオドラマ、
すみ花ちゃんとガチンコ芝居ができて嬉しかった。
ガヤの録音、石川禅さんが話しかけてくれた。

「美しきし生涯」新公主演、
兜の飾り(通称ひこにゃん)が揺れて大変だった。

ファンからの質問
オフで見かけたとき、話しかけてもいい?

回答
すっぴんとか、帽子を目深にかぶっているときなどは、
できれば話かけないで。
あと、夢の国でも。
あ、ここは笑顔で、
「どんどん話しかけてください」と言うべきでした?

中井さん
そういう正直なところが魅力

グッズのポスターなど、鋭意作成中。

メモなしの記憶なので、
ニュアンスと思っていただければ。
お話たくさんで楽しかったです。


ご馳走
スパークリングワイン


穴子と夏野菜のミルフィーユ仕立て、トリュフ風味


冷製スープ パリソワール


パン


牛フィレ肉のポワレ 赤ワインソース マスタードピクルスと共に



つけあわせの野菜が星型!

フロマージュブランの軽いムース スープ・フリュイ・ルージュ

黄色い円はパリパリの焼き菓子かと思ったら
パイナップルの飴掛けみたいなかんじでした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「新章パリ・オペラ座 特別なシーズンの始まり」

2022年08月23日 | 映画




コロナ禍のパリオペを追うドキュメンタリー。
劇場が閉鎖され、狭い場所でストレッチなどを続け、
ようやく劇場再開でレッスンやリハを重ね、
バヤ上演を待つばかり。
しかし初日寸前に再閉鎖、公演は配信のみに。
辛い出来事が続く中、
配信公演後にエトワールが誕生した。

その後、劇場はヌレエフ版ロミジュリで再開、
ここでもエトワールが誕生した。

42歳の定年がある彼らは、
コロナによって現役の時間が減らされる。
絶望に繋がる気持ちを引っ張る芸監オレリーの力強さよ!
いまパリオペを率いているのがオレリーで良かった。
新エトワールを日本で見られるかな?

偶然か、意図してか、
閉鎖前も再開後も、
演目はヌレエフ版なんだ。
ちょい前まではコンテ主流で、
こういうご時世なら録音の少人数コンテの方が上演しやすいだろうに。
いまパリオペに求められるのは古典全幕なのかな。
オケへの仕事提供も含めて。

フランスのドキュメンタリーのわりには話に起伏があり見やすかった。
ダンサーは、踊るということは自身のエネルギーの解放であること、
劇場の観客とは、共に舞台を作るということ、
あたりも明確に出ていた。
私たち、求められているんだあ。
そうかあ。
ありがとう。

マチューもすっかり貫禄がついて。
ドミニクに手を引かれていた小さな男の子が、
こんなに立派になって!
感涙。

バヤでエトワールになった子はブロンズアイドル役で。
ヌレエフ版は全身塗りだから総裁と握手しようと思って、
あ、無理、から、肘をコッツン、だったのに、
オレリーはガバッとハグ!
祝福のコールドの子もハグ。
このときは衣装に触らないよう
肩のあたりをグッとしていたような。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「マトリックス レボリューションズ」(午前十時の映画祭12)

2022年08月23日 | 映画


つまりはコンピュータウィルス的な?
いまとなってはよくある話でも、
映像は迫力がある。
結果が想像できても攻防戦は手を握った。

カンフーをここまで自然にハリウッドが組み入れたのも
この作品からなのかなあ。
エキゾチックではなく、かっこいい系。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

狡噛慎也バースデー@ノイタミナカフェ

2022年08月22日 | TV番組など(配信含む)
今年も行ってきました。
狡噛さん
39歳のお誕生日
おめでとうございます!


入口で体温測定。

これがドミネーターなら、
私は執行対象。

今年のメニュー。
狡噛ワイルドバーガー 10th ver.


選べる辛さは真ん中の「デコンポーザー」で。

ちょうどよい辛さでした。

SPINEL ケーキ 10th ver.




友達が黴みたいと。

かもすぞ〜

狡噛慎也 バースデーカクテル 10th ver.

ノンアルコールで。

今年のディスプレイ




特典。
友人分も入れて記念撮影。


今年もレシートは狡嚙さんだらけ。


狡噛さんが39歳。
虎徹さんとバイソンさんもそれぐらいなんだよね。
で、サイトーくんの大劇場デビューもそれ
たぶん。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ドン・キホーテの夢」伝田&柄本/東京バレエ団

2022年08月21日 | バレエ・ダンス


柄本さんはさすが看板スターの存在感と自然な芝居。
踊りは気負い過ぎたのか、軸がブレるときも。
快活なキトリの伝田さんは、
ソリストとしては抜群に濃いけど、
やはり物語を紡ぐ部分は弱く、
プリンシパルはなにをクリアしているんだろう、
と素人には解けない謎とまた向き合う。

結婚式で捌けていくときのお姫様だっこでクルクルとか、
見せ場のフィッシュダイブでバランスを崩しかけたり、
何度も組んだペアでも難しいんだなあ、
と、これも素人感想。

安村さんのパワフルでナルシスティックで
高岸さんを思い出す。
エスパーダはこうでなければ!
アルバレスさんがこの芸風ならなあ。

ラストで、キトリが来るかと思ったらバジルでガックリなガマーシュなど、
細かい部分で芝居が沢山あった。
弾け方は今日の午前が一番だった。
ガマーシュがキトリの友人になにか渡してなかった?

32回転は手拍子が起こりかけるも、
拍手で打ち消されました。良き。
ブラボー隊がいたのが残念。

キトリの友人、加藤さんが黄色でかな。
配役表の最初の方が黄色なのかな。
旧マールイは同じスペインでも
回によって黒白交代があった罠。


主演のバランスは涌田&池本が一番良かったかな。
しかし、まずは、場数!
若手にチャンスがあるのは良いことだよね。


【配役】
キトリ/ドゥルシネア姫:伝田陽美
バジル: 柄本 弾
ドン・キホーテ:ブラウリオ・アルバレス
サンチョ・パンサ:海田一成
ガマーシュ:鳥海 創
ロレンツォ:岡﨑 司
エスパーダ:安村圭太
キューピッド:足立真里亜

ロシナンテ(馬):芹澤 創、星野司佐
お嫁さん馬:山下湧吾、加古貴也
二人のキトリの友人:加藤くるみ、髙浦由美子
闘牛士:樋口祐輝、大塚 卓、和田康佑、後藤健太朗、中嶋智哉、南江祐生

協力:東京バレエ学校

※音楽は特別録音による音源を使用します

~上演時間~
第1幕 15:00~15:45
休憩    15分
第2幕 16:00~16:25
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ダンサーズ・トーク in めぐろ(上野&宮川)

2022年08月21日 | バレエ・ダンス


水香ちゃんの憧れのダンサーはギエム。特に脚のライン。
プティから脚で語ることを教わった。
宮川さんの憧れのダンサーはマラーホフ。無駄のない動き。
バレエ学校の先生がマラーホフの師。
ジャンプの着地について厳しかった。
「いちからやり直し」は、バーからだった。

外国の舞台は傾斜がある。
水香ちゃんは15歳のローザンヌで初経験。
ペットボトルが転がるぐらい。
踊れない、と思ったが
日本人出場者の付き添いの先生から
傾斜の緩い舞台後ろの方で踊るよう助言をもらった。
宮川さん、ジャンプで楽なところもあるが
後ろに下がるのはキツイ。
女性のサポートで軸がブレないように気をつける。

リフレッシュ。
水香ちゃんはドライブして海へ。
宮川さんはドライブの他、楽器。
ガマーシュが持つギターの弦を張り替えた。
からの、
外国人ダンサーはラ・クーアが好き。
ルグリもカマルゴも。
ドイツのサウナは水着なしの混浴。
二人とも入口で引き返した経験あり。

男女逆で踊ってみたい役。
宮川さん、ブルメイステル版白鳥のスペイン。
(東バ初演の奈良さんは第一歩のリテイクが38回!)
水香ちゃん、由良之助ソロ。

シューズの苦労も。
女性は本番中でも模索。
水香ちゃんは踊りによってメーカーも変える。
宮川さんは20年ぐらい、決まったメーカー。

バヤ。
ニキヤは着替えているか、踊っているか。
頭飾りは重い。
ブロンズアイドル。
3幕からの出番。
人がまわりから捌け(でも舞台袖にはぎっしり)、
ひとりで階段に待機するので緊張する。
塗料は塗るのも落とすのも大変。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ドン・キホーテの夢」秋山&生方/東京バレエ団

2022年08月21日 | バレエ・ダンス


ロシナンテの演技が良い。
小芝居がたくさんで大元気。

秋山さんはさすがプリンシパル。
踊りも真ん中芝居も堂々と。
ドゥルシネアの片足移動も介添なし。
生方さんは最初は段取りが見えたけど、
だんだんバジルになってきた。

生方さんもアルバレスさんも長身で手脚が長いから
すごく、なんというか、ルジ並みを勝手に期待しちゃうんだな。
もう少し、二人とも、独自の色があればなあ。
惜しいと思ってごめん。

樋口ガマーシュ、ノリノリで楽しい。
和田キホーテの細かい芝居も良い。
岡崎サンチョ、間が素晴らしく良い。

キトリ友人は足立さんが黄色かな。

夢の場面、女性ダンサーをたくさを出すため、
また、セオリーとして、
チュチュ群舞が必要だったんだろうなあ。
ヅカでいうロケットかー!
なんてことを考える。

今日も32回転時の手拍子禁止のアナウンスあり。

喋る親子連れと、喋る外人客に挟まれた席でした。
ひゃー!

カテコで、樋口ガマーシュも山田ロレンツォも飛んだ。
岡崎サンチョはバク転。


【配役】
キトリ/ドゥルシネア姫:秋山 瑛
バジル:生方隆之介
ドン・キホーテ:和田康佑
サンチョ・パンサ:岡崎隼也
ガマーシュ:樋口祐輝
ロレンツォ:山田眞央
エスパーダ:ブラウリオ・アルバレス
キューピッド:工 桃子

ロシナンテ(馬):宮村啓斗、山仁 尚
お嫁さん馬:小泉陽大、寺田瑠唯
二人のキトリの友人:足立真里亜、長岡佑奈
闘牛士:鳥海 創、岡﨑 司、後藤健太朗、中嶋智哉、芹澤 創、星野司佐

協力:東京バレエ学校

※音楽は特別録音による音源を使用します

~上演時間~
第1幕 11:30~12:15
休憩    15分
第2幕 12:30~12:55
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京バレエ団 公開レッスン

2022年08月21日 | バレエ・ダンス


椿姫パ・ド・ドゥで使われる曲がかかったとき、
木村さんがアルマンのポーズを、、、

毎回思うけど、
1回言われただけでよく覚えられるな。

見方がわかってきたので、
だんだん身体の可動域が広がる流れが見える。
素人でも。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ドン・キホーテの夢」涌田&池本/東京バレエ団

2022年08月20日 | バレエ・ダンス


涌田さんはこの前の東文主演が糧になったような
パワフルかつチャーミング。
踊りも芝居も大きい、でも大袈裟ではない、
スーッと観客に入ってくる。
池本さんも手脚が綺麗に伸びた気持ちの良い踊り。
なにより二人がラブラブなカップルに見えるのがいいわ!

馬鹿ップル、でも応援しちゃう!
って流れが必要よね。
中川さんが経験値を積むのは超必要なので
午前舞台を否定するつもりは全くないけど、
バウ主演と東上KAAT主演は違うんだなあ、と。
でもチャンスがあるのはいいよね。
乾さんにも踊って欲しかったよう、、、

大塚さんのエスパーダはTHEイケメン!ってかんじ。
女にモテモテの説得力。
長身ってほどではないけど
顔・手脚の大きさ長さのバランスがいいのかなあ。
立っているだけでも綺麗なんだよなあ。

サンチョの後藤さんは芝居が上手く台詞も明瞭。
ロシナンテとの掛け合いも良かった。

ガマーシュは岡崎さんにしては大人しめかな。
要所要所の芝居の決めはしっかりと。

子ドンキ孫ドンキを見すぎると、
本公演に馬がいないと物足りなくなるね。

2幕開始前に「32回転時の拍手は止めてね」アナウンスあり。
効いたのか、32回転時に手拍子なし。すごい。


とにかく、涌田さん、凄い、偉い!
エリザベートを演じた後でも
全く芝居が変わらなかったカチャを見てるので、
こんなに短期間で主演経験を活かせるのって凄いよ。
ひと皮剥けたかんじ。


【配役】
キトリ/ドゥルシネア姫:涌田美紀
バジル:池本祥真
ドン・キホーテ:中嶋智哉
サンチョ・パンサ:後藤健太朗
ガマーシュ:岡崎隼也
ロレンツォ:山田眞央
エスパーダ:大塚 卓
キューピッド:足立真里亜

ロシナンテ(馬):宮村啓斗、山仁 尚
お嫁さん馬:小泉陽大、寺田瑠唯
二人のキトリの友人:金子仁美(黄)、中沢恵理子(橙)
闘牛士:ブラウリオ・アルバレス、樋口祐輝、和田康佑、玉川貴博、鳥海 創、岡﨑 司

協力:東京バレエ学校

※音楽は特別録音による音源を使用します

~上演時間~
第1幕 15:00~15:45
休憩    15分
第2幕 16:00~16:25
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする