きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「シャーロック・ホームズ-The Game Is Afoot!-/Délicieux(デリシュー)!-甘美なる巴里-(2回目)」(宝塚宙組)

2021年09月16日 | 宝塚(宙組)
ホームズってジェレミー・ブレッドのビジュアルに
露口茂の声のイメージだけど、
執筆された頃のドイルは若かったから
ホームズも30歳とかその辺だよな、と思いwikiを見たら、
ホームズとワトソンが会ったのは27歳ぐらいで、
「ボヘミアの醜聞」は36歳ぐらいみたいだ。
いまの真風に近いかな。

そんなわけで、お誘いいただき宙組2回目。
「生田君の作る世界」と割り切れていたので、
1回目よりは素直に見れた。
ホームズの変人ぶりも愛しいし、
モリアーティの独特の感性も好きだ。
音楽、歌、群舞の繋ぎも上手い。


ショーは華やかで可愛くて、
バラエティに富んだ場面にパリ題材の定番ソングで、
野口君よくぞここまで趣味全開で!
よくやった!という気持ち。

ロケットは凝ってるなあ、
と感心してる時に思いついた、初舞台生用か!
初舞台生は客席のペンライトの暖かい美しさは
一生忘れないだろうな。

指揮は芝居、ショーとも
上垣先生。

芝居のオペラの場面で、
一方、この頃のパリ・オペラ座地下では、、、とか思って。
なにかの作品がヴィクトリア時代の話だったよな、
と連想したのに、なんだったか思い出せない。
なんだっけ?
「エリザベート」以外で。


生田くんも野口くんも
いい具合に作品に個性が出てきたな。
ダイスケやサイトーが
大劇場デビューしてから20年以上たっているんだぜ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「シャーロック・ホームズ-The Game Is Afoot!-/Délicieux(デリシュー)!-甘美なる巴里-(1回目)」(宝塚宙組)

2021年08月29日 | 宝塚(宙組)


ホームズ&ワトソンはともかく、
モリアーティとアイリーンとレストレードは
私のイメージと合わず、話に入りきれず。
RDJのホームズも初回はそうだったから、
宙組ももう1回見れば変わるかな。

本日は阪急貸切。序盤の「暇だ」で、
「阪急交通社で旅行に行きたい」とホームズ。

ヴィクトリア女王陛下が、
どなたのかはわかりませんが
ハンガリー戴冠式のシシィのドレスをお召しでした。

ショーは、
・すごい、素晴らしい
・馬鹿だねぇ、、、(褒め言葉)
・潔く趣味全開!
が交互にやってくる。
サイトーショーを見たときのような満足感。
娘役だけの場面もあった。
クリスマスカラーはなんの意図?
白ダルマと黒ダルマが出てたけど、
ロケットはそれじゃなかった。
可愛かった!

アントワネットがクレープ?に
「あなたもトラピックス体操をご存知ね」と言い、
二人&クレープお付きが腕をぐるりんと回しながら
「ヴェルサイユに行くなら阪急交通社」
あまりにも自然な流れでした。
宙組の阪急貸切の定番なの?
他組担には謎。

終演後に真風とトラピックスイメガのキキちゃんから挨拶。
キキちゃんは、なかなか旅行に行けない状況ですが
貸切公演が少しでも皆様の憩いになれば。
真風は定型文。

マカロンライトが光る客席が美しかった。
持っていない人も踊っていて、
愛に満ちた空間にいることに少し泣いた。


自分用にキャスト整理
【ホームズ周辺】
シャーロック・ホームズ:真風 涼帆
ジョン・H・ワトスン:桜木 みなと
メアリー・モースタン:天彩 峰里
ハドスン夫人:遥羽 らら
マイクロフト・ホームズ:凛城 きら

ウィギンズ 優希 しおん
ベーカー・ストリート イレギュラーズ:花宮 沙羅
ベーカー・ストリート イレギュラーズ:春乃 さくら
ベーカー・ストリート イレギュラーズ:有愛 きい
ベーカー・ストリート イレギュラーズ:朝木 陽彩
ベーカー・ストリート イレギュラーズ:山吹 ひばり
ベーカー・ストリート イレギュラーズ:渚 ゆり


【スコットランドヤード】
G・レストレード警部:和希 そら
トバイアス・グレグスン警部:留依 蒔世
スタンリー・ホプキンズ警部:希峰 かなた
ブラッドストリート 真名瀬:みら
グレゴリー:湖風 珀
マクファースン:風色 日向
マクドナルド:亜音 有星


【モリアーティ周辺】
ジェームズ・モリアーティ:芹香 斗亜
J・モリアーティ大佐:紫藤 りゅう
フォン・ヘルダー:松風 輝
フレッド・ポーロック:瑠風 輝
セバスチャン・モラン大佐:鷹翔 千空


【政府】
ヴィクトリア女王:瀬戸花 まり
ウィリアムズ:寿 つかさ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「夢千鳥」宝塚宙組(ディレイ配信)

2021年05月08日 | 宝塚(宙組)
配信前にそらちゃんからの挨拶あり。

とにかく、そらちゃんがエロかった。
色気ダダ漏れで、女が吸い寄せられのも大納得な役を
そらちゃんに宛てた栗田先生に大感謝。
演出家デビュー作品とのことだけど、
話に破綻はなく、描きたいこだわりはわかりやすく、
美術や音楽のセンスが良いね。
今後が楽しみ。

弥生美術館で資料を見たとき、
夢二の女の好みは一貫しているなあ、と思ったけど、
今回の舞台でもそれを感じたわ。
いろんな女とくっついては離れ、
不実で純愛で、画家の業は苦しく、
ダメダメ人間なのに、
納得できちゃう和希夢二だったわ。

現代との2重構造は、
ラストをハッピーエンドにするためかな。
夢二パートだけだと
トリプルヒロインの誰かとくっついてハッピーエンド、
というわけにはいかないもんね。

芝居後のショーも良かった。
ヅカ不足の身にはロケットが嬉しかった。

あくまでも個人的な感想なんですが。
そらちゃんって今までは「上手い」が一番先に来てた。
芝居も歌も踊りも上手すぎて、
まずそれが先に来る。
一時期のキリヤンとかみたいに。
それが夢二は、まずエロくて、
DV野郎の最低男でも魅力的だった。
男役として素敵でした。

トリプルヒロインもそれぞれ個性があり
特に他万喜さんの艶やかさに見惚れました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「Hotel Svizra House ホテル スヴィッツラ ハウス」宝塚宙組(無観客配信)

2021年05月05日 | 宝塚(宙組)
一幕は幕張から帰りながらスマホで視聴。

今回は良い景子ちゃんかな。
大好きなバレエを無理やりねじ込まず、
ちゃんとした主筋に入れたから
話の流れが不自然じゃない。

「将来を約束されていたけどダメになった元バレエダンサー」
という回りくどい設定がないから、
今回の作品は見易かったな。
これぐらいでいいんだよ、景子ちゃん。

しかし、ベルギー出身とパリオペには
景子ちゃんはどんなこだわりがあるんだ?

芸術は生きるために必須。
暗い時代が開け、
誰もが劇場に行けますように。
いまのこの時期にこそ
光る言葉だ。


真風もキキちゃんも、
スーツ祭りで似合い過ぎてウハウハ。
潤花ちゃんは華やかさにちょい欠けるけど(役のせい?)、
まどかちゃんより真風との並びはしっくりくるかなあ。
どうかなあ。

景子ちゃんの「脚を怪我したダンサー」は、
正塚のタンゴ、巨匠の「少しも早く」、
岡田先生の「女豹」ぐらいの必須アイテム。

ついでに。
英語圏の話じゃないのに、
歌の歌詞は英語。

などと書いてたら、
真風がネクタイを外して潤花ちゃんを押し倒した。
ありがとう、景子ちゃん。


アメリカでバレエカンパニー。
NYCBイメージかな。
成功が映画、ミュージカルということは、
このニーナはヴェラ・ゾリーナもイメージしてるのかな。

アルバレス君はどの辺に関わったのかな。
シェヘラザードのあたり?
ちぎちゃんの「ニジンスキー」は十市くんだったな。

柚長、お美しい。

すっしー💕
楽しかったよー!

公演中止について
真風が詫びることはないよ!!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「アナスタシア(千秋楽配信)」(宝塚宙組)

2021年02月21日 | 宝塚(宙組)
千秋楽の配信を自宅で見ました。
Twitterの記録を転載します。


御崎先生〜〜

まどかちゃん、力が入ると前のめりになっちゃうのが惜しいなあ。
歌はムラより格段に良くなった。

♪やればできる は、いかにもディズニーっぽいよね。
この辺は英語だと韻を踏んでいるんだろうな。


グレヴの冗談、まさかの仕込みあり。
「千秋楽」と書かれた紙を持って
ステップを踏みながら左右に移動。
拍手を煽り、締める。
訝しげな顔で芝居を続けるまどかちゃんに、
「今日ぐらいは」と持たせ、
同じようにするように促す。
「笑顔で!」などの指導付き。

石垣島から東京までの距離を歩いたアーニャ。

うしろのダンサーも映してくれる。ありがとう!

ディマが大好きなサンクトペテルブルク。
このあとスターリンがモスクワになにもかも集中させ、
「ただの田舎町になった」とウラノワが言ってたなあ。

オルゴールが開いたのは偶然なのか、
アーニャだから開いたのか、
アーニャが秘密の開け方を知っていたのか。

祖国を出ざるを得ない。
辛い。

この手配書は殿堂に来るよね。

ずんちゃんは役の幅が広がったよねー。

苦悩するキキちゃんは美味しい。

投げた!

エッフェル塔、、、
パリ空、、、

この時期にロシア革命がなければ、
エリアナ・パヴロワもスタルヒンも、
日本には来なかったんだろうな。
アンナ・パブロワは亡命しなくてもツアーで来てたかな。

さっき系図を確認しました。
曽祖母がヴィクトリア女王ということで、
キリヤンのエドワード8世と
まどかちゃんのアナスタシアはまたいとこ。

アレクサンドル3世橋!
すっしーのマリア皇太后の夫ですね。

このときのバレエ公演はなんだったんだろう。
バレエ・リュス公演でも不評演目があったよね。

ソビエト連邦も、過去の国になっちゃったね。

バレエの場面、来た!
オデットが次期宙組娘1の潤花ちゃんでっす。
ロットバルトが100周年運動会のリレーで活躍した優希しおんちゃんです。

皇太后が信じられないのもわかるよね。
それだけ、絶望が続いたんだよね。

これが宝塚用の新曲なのね。

アーニャは自分がアナスタシアだと

思い出した?
思っている?

いまいちはっきりしないんだよね。結論ありきで。
まあ、深く考えなくていいのか。
どのみち泣くし。

グレブ!
彼の父は子供まで殺したのを、
悔やむ、ではないけど、辛かったんだろうな。
それがわかる息子だから、
父が殺したのはずの末娘が生きながらえたことが
救いでもあったのだと思う。
同時に父が責務を果たせなかった証拠はあってはならない。
2つの相反する気持ちがすごくわかる。

そこまでわかって、なお、言う。
うずくまるキキちゃんが美味しい。

ずんちゃーん!
髭なしーーっ!

一本ものは役が少ないから
ロケットがちょい長めでちょい複雑になるものだけど、
今回は加えて人数少なめだからこそ
動きが大きくて迫力があるよね。

銀橋の掛け声は「千秋楽」じゃないのか。

一本ものは、ショー部分も本編の世界観と合っている方が好きだな。
今回の流れは好きー!

まかまどのラストダンス

王族は潰えた

潰えてなければならない。
潰えてなければ、父の苦悩はなんだったのか。

すっしーーーっ!
すっしーは女役でもビジュアルに違和感がないよね。

あおいちゃんは蘭とむと同期ね。

宝塚Forever!

美風:フェアリーだから年数は言わないでください。
真風:23年間

もう一度、幕が開きました。

宙組三本締め。
掛け声は、まどかちゃん。
合いの手は「そら(宙)!」

配信、楽しかった!
映画館の大画面で見るのもいいけど、
自宅でのんびり、つぶやきながら、
皆さんのつぶやきを読みながら、
見るのも楽しいねえ。

配信を見ていた皆様、
おつかれさまでした!

宙組、ありがとう!!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「アナスタシア(東京2回目)」(宝塚宙組)

2021年02月16日 | 宝塚(宙組)






有休が必要になったので行くのを迷いましたが
結局行きました!

ヴラドの冗談は、小文字eの姿勢で、楽しe、とか
そんなかんじからのeプラスでした。

フィナーレのショー部分、
男役が銀橋に並んだところで「イープラス!」

録音でも、音がたっぷり。
なんて贅沢なんだろう。

名曲揃い。
宝塚的な見せ方も上手い。
今回は振り付けとか
オーブ版のスタッフにも
入ってもらったんだよね。
いつもにも増して外部ぽかった。
しかし、物量作戦は宝塚ならではの迫力。

役者の芝居も細やか。
うずくまるキキちゃんがたまらん。

1階ロビーに雛壇。

「春は近い」
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「アナスタシア(東京1回目)」(宝塚宙組)

2021年01月11日 | 宝塚(宙組)


コーラスがムラより迫力増し。
名曲揃い。

真風が普通に男なので、
なぜ外部でもできるミュージカルを
捻りなく宝塚でやってるんだ、
と思ったけど、
真風に「女性が男性役を演じている」感が
無さすぎなだけか!
(宝塚化カスタマイズを客に感じさせないというか)

ムラで見た時は、どうしても「追想」と比べてしまい、
ディズニーらしいお気楽感にイライラしたけど、
今日はそれをわかっているので話に入り込めてる。

ただ、物語の最大の山場が
皇太后がアナスタシアを孫と認める場面だから、
宝塚化してもディミトリーを主役にするのが難しかったんだな、
という印象。
イケコならもっと大胆に改変できたのかな。

皇太后の絶望が孫に会い、溶けていく。
すっしーの名演もあり、泣く。

多分、外部版ならお気楽ハッピーエンドでも納得なんだろうけど。
宝塚は王家の義務と責任をちゃんと身体に入れて演じちゃうからなあ。

でもアニメはさらにキキちゃんポジが
ラスプーチンの亡霊だったんだよね。
知らんけど。

ロビーのお花。


2月8日以降の夜公演チケットが2枚あるんだけど
どうなるかなあ。
公演デザートは名前はもう決まっていたと思うから
それだけでも発表してほしいなあ。
「アナ酢タシア」でしたか?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「アナスタシア」@宝塚大劇場(宝塚宙組)

2020年12月06日 | 宝塚(宙組)






ミュージカルとしての出来は良いけど、
「それを言っちゃおしめーよ」なんだけど、
「追想」を知ってると物足りない。

ここをこうしてディズニー化かあ、と思う。
ちょっと単純だよね。
アーニャは強いし。
わりと最初から観客は
「アナスタシだよね」と思っちゃうし。

けど、祖母と孫娘の場面はやはり泣ける。
すっしーの気品の説得力。

仕方がないけど役が少ないね。

真風は人の良い詐欺師で、
ずんは髭のおっさんを好演。

キキちゃんの役は、
どうなんか、2番手の役なのか。
なんともいえない。

そらちゃんは違和感無く女性。

まかまどを大劇場で見るのが
最後になるとはなあ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「FLYING SAPA -フライング サパ-」ライブ中継@日比谷

2020年08月11日 | 宝塚(宙組)


ウエクミがネタバレ厳禁と
制作発表のときもあまり話に触れなかったそうで
どんなに未体験の話かとワクワクしたら、
なんだかとってもよく知っている世界でした。

「シャングリラ」が山田ミネコなら、
こっちはもっと前の、なんならアシモフの世界だ。
いや、アシモフ前提で描かれた80年代の少女漫画家かが描くSFというか。
それを70年代ぐらいのアングラ的なビジュアルで処理してるみたいな。
ウエクミが敢えてそれを目指しているのか、
二周ぐらいまわったからウエクミ世代には新しいことなのか、わからん。
少なくとも私には、
私の学生時代には使い古されて基礎教養になった世界と同じに思えました。

水星へ、地球での記憶を消し、流刑。
既視感よね。

けっきょくは水星は流刑地ではなく新天地だったけど、
思想統制による平和な世界に、
個人の感情を取り戻すためのレジスタンス達がいて、
すべての秘密がある土地を目指す、
など、やっぱり知っている世界だな。

基本的にストプレだし、
役の割り振りがこれでいいのかわからんし、
ヅカらしくないっちゃないんだけど、
とりあえず、真風には似合っている。

宝塚でやらなくても、だけど、
でも別箱ならOKかな。

まどかちゃんはストーリー上の重要人物で、
ヒロインは夢白あやちゃんかなあ。
(彼女周辺にウエクミらしい寝取られ要素ががが)
別箱だから、まあ、いいけど、
そこも含めて、むむむ、な割り振り。
しかし、専科二人の使い方は上手い。

わかりやすい盛り上がり場面がなく
舞台全体が暗いから、
生だと寝るな。
舞台美術、音楽は好き。

カテコ挨拶で、ひとすじ涙を流す真風。
ちょっぴり、ゆりかちゃんになったけど、持ち直した。
頑張った。
東京でも上演されますように!

あのお母さんがまっぷー?
上手かったなあ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-/アクアヴィーテ(aquavitae)!!(3回目)」宝塚宙組

2020年02月04日 | 宝塚(宙組)
治道はスペイン人になりすましたにしても、
はる達や藤九郎はどうしたのだろうか。
キリスト教に改宗すればOKなの?
心を入れ替えたエリアスが庇護したのだろうか。

はる達はあのお国訛りがスペイン語に反映されていると思おう。
で、スペイン語と日本語を使い分けていると。
無理やりだけど。

前に見たときよりも組子パワーが増しているので、
トンデモは変わらないけど、
なんだか勢いで乗り切れているような気がする。

ずんエリアスの屈折の奥底の真っ直ぐさが、
話になんだか説得力をもたせている。
真風の殺陣がもう少し決まればなあ。

「アクアヴィーテ」はOPの台から降りてくる登場とか、
三人売りとそらちゃんのダンスの組み合わせとか、
好きなところはたくさんあるんだけど、
後半がちょっと長い印象。
タンゴからロケットでもいいぐらい。
金の場面がいらないとか嫌いとかではないんだけど、
ああ、もう一場面あるんだ、と、思っちゃうんだ。

2階ラウンジのデザート。
四半期ごとに変わるソフトクリームはオレンジティ。

ゆるゆるオレンジティゼリーに
チョコソフトに
オレンジソースがけ。
もちろん美味い。

予告なく現れ、すぐに姿を消す、
ゲリラ的に登場する期間限定デザートは
バレンタインなんたら。


チョコムースにベリー系の固めゼリーに
ピンクのハートチョコ。


デザートはバレンタインですが
1階ロビーには早くも雛壇が登場。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-/アクアヴィーテ(aquavitae)!!(2回目)」宝塚宙組

2020年01月18日 | 宝塚(宙組)
チケ取りをミスったので
今回は芝居だけ見ました。
どちらかだけならショーが見たかった・・・。

2回目で、気になる部分をしっかり見たつもりでも
やっぱり意味不明。
ダーイシやサイトーくんはかなり無理があっても、
「俺のドリームを見ろ!」って、
有無を言わさぬなにかがあるんだけど(好き好きはあるけど)、
大野くんはそれが薄いんだよなあ。
彼のコメディのツボがわからんなー。

ラウンジのざくろ酢ドリンク。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-/アクアヴィーテ(aquavitae)!!(1回目)」宝塚宙組

2020年01月07日 | 宝塚(宙組)


芝居はNOBUMAGAに続くトンデモオーノ。
話の筋もハチャメチャだし、
キャラもなんなんだ系で。
君ら、何語を話しているんだ?
大野くん、落ち着いて、話を作ってくれ。
個人の萌え要素を繋げて終わらないでくれ。
じゅんこさんを色悪にしたのは偉い。

真風が剣の構えが決まらないのがなー。
たまきち武蔵よりヘロヘロ。
過去に囚われているところは良い。

まどかちゃん未亡人は美しく強い。

キキちゃんが美味しい役。
例えて言うなら真風が長谷川一夫の位置で
キキちゃんが雷蔵の位置のような。
謎多き髭の助っ人。
貫禄も押し出しもある。

そらちゃんもピンでライトを浴びていたかな。
より、真ん中にきてるね。

うーん、それにしても掴みどころのない話だ。
信長はまだ史実があるから把握できたけど、
これはどうやって楽しめばいいんだ。
わからん。
大野くんはバウのときぐらいのシリアスに戻ってくれないかな。

アクアヴィーテは踊りたくさん!
ダンサーの使い方がたいへんよろしい。
バッディの例のレオタードで
バレエを踊るゆいちぃがとても素晴らしい!

真風はダンサーではないけど、
華やかで、ショースターだね。
まどかちゃんも可愛く、ときに妖艶。

キキちゃんが、踊って、朗々と歌って、頼もしい。
だけに、これからどうなるか、ちょい心配。

じゅんこさんはショーにも登場。
階段降りあり。

芝居、ショーとも、
指揮は佐々田先生。

公演デザート
「お酢マニアのサイライ(再来)」(420円)
ザクロ酢ゼリーにミックスベリーをいれ、
アロエと洋ナシを入れた黒酢ぶどう&ベリーミックスゼリーと、
ヨーグルトゼリーを2層に重ね、
ヨーグルトホイップクリームをトッピングしました。
美容、健康にいいといわれている酢を使用した、
さっぱりとした味わいの公演デザートを、ぜひお楽しみください。


今回も酢なのは予想していましたが
このネーミングは!
発表の1月6日10時には
「好きでお酢マニアになったわけではない!」
「お酢マニアはお前(デザート担当部)だろう!」
などの叫び声がこだました。
いやー、やられたよ。
お味の方ですが、そんなに酢はかんじません。
洋梨のザクザクが良い。
クリームが甘いかと思うけど、
なければ単調な味になっちゃうかな。

客席2階建物4階の公演ドリンクは
パッションサングリア

基本はノンアルコールだけどアルコール入りも可。
500円は高いけど、せっかくなので。

下のラウンジでは酢ドリンク300円が2種、販売期間不明。
10日まではおしるこ360円有り。
ソフトクリームは次回チェック。

1階には恒例の門松。

華やかです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「オーシャンズ11(2回目)」宝塚宙組

2019年07月02日 | 宝塚(宙組)
真風ダニーは、
ほんと屈折無しの詐欺師だわ。
裏の顔などない!
けど、2幕冒頭の蛇は
本領発揮なかんじだよねー。
黒い役が似合うわ-。
どちらの役でも
どっしり真ん中の貫禄。

まどかちゃん可愛い。
人妻の色気もある。
美しい背中をガン見。
(緑のドレスはキャベツみたい)

キキちゃんキラキラ。
とてものびのび。
舞台の上ですごく自由だ。

ずんちゃんも頑張ってる。
だいもんほどの突き抜けまでもうちょい。

すっしーは芝居を締めてる。

で、思い出した。
ソールの演技指導。
「うぇーい!あなただけの、うぇーい!お世話係です」だったかな。
ラッパー風に。
みんなでやったあと、ラスティを単独指名。
それを受けてかジョンソン先生は
レゲエ風のヘアでラッパーな口調でした。

ウッズ夫妻の誤魔化しは酔拳。

今回で退団する生徒さんが多いんだよね。
次回はだいぶ顔ぶれが変わるんだなあ。
寂しいなあ。
中継は行けないから
退団者を見るのは今日が最後。
ありがとうございました!


幕間に「2幕もオーシャンズ11だから」「そうなんだー」
って会話を聞いたんだけど。
え、金庫も開けずオチもなく終わっていいの?
OKなの?


客席2階(建物4階)販売の公演限定ドリンク
「キャラメルコーヒーゼリーフロート」

ゆるゆるコーヒーゼリーの上に
ミルク?とバニラアイスクリームに
キャラメルシロップの組み合わせで(たぶん)
美味しいんだけど、
ラストは細かい氷の隙間にゼリーが入り込んで
全部吸えない吸いきれない敗北感で終わります。
美味しいのに。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「オーシャンズ11(1回目)」宝塚宙組

2019年06月19日 | 宝塚(宙組)


元ライナス2人と現ライナスと、
ライナスだらけでした。

ちえちゃんはカタギと犯罪者の境界線、
蘭とむは表は善人笑顔で裏ではしっかり犯罪者
なら、
真風は真っ直ぐ明るく犯罪者でした。
裏表なく、どっちつかずでとなく、
突き抜けて犯罪者でした。
ピーチャムの弟子だね。
「俺は人殺しはしないぜ!」ってね。
詐欺が悪いと思っていない。
真風はもっと屈折するかと思っていたけど、
これも良し!

まどかちゃんは予想より大人っぽかった。
身体のラインもすっきり。
ダンス上手い。

キキちゃんはカッコよかった!
華も押し出しもあった。
ダニーとのダチ感も良かったよ。
ジョンソン先生も振り切ってた。
素晴らしかった!

言っても仕方がないけど愛ちゃんがいないのが寂しい。
いたら全体的にもう少しパンチが効いてただろうな。
ずんライナス、そらリビングストンの方が。
2人ともこれを場数にして。

ずんちゃんは2幕冒頭の白ブラウスが似合っていた。
だいもんは絶望的に似合わなかったよなあ。

そらちゃんは本公演では
初めて若手グループ筆頭を抜け単独で主要キャストかな。
すごくできる子の印象だったけど、
この位置では特に芝居部分で足りないことが目に付くけど、
これからに期待。
パレードでラメが多い衣装で単独降りで胸熱。

当社比でイェンが大きい!
前はどいちゃんとみつるだったから。

せーこのダイアナは、
一花ちゃんほどコミカルには突き抜けてないけど、
れみちゃんのような立場的な痛々しさはなく、
まあ、これが正解なのかな。

ダイアナのショーで薔薇の封印OP衣装で群舞なのよね。
そうだったね。懐かしい。
というか、まだ15年前の衣装を使うのか!

エコ夫妻のアドリブはなんだっけか。
ソールの演技教室は
「お客様、(なんとか??)しないでください」
と言いながら、
あたふた→くるくる回転、みたいな。

ダニーの仲閒は、それぞれ個性が際立っていた。
すっしーにああ言われたら飛ぶわな。

指揮はノリノリのソルティでした。


公演デザート
「オーシャンズ11」宝塚宙組 2019-06-18
「Oh! 酸酢いれるん!?」(410円)
ザクロ酢ゼリーにミックスベリーをいれ、
カルピスゼリーの上に黄桃をのせ、
桃はちみつを加えた白桃酢ゼリーをトッピングし、
さらに白桃のダイスカットをのせました。
すっきりと爽やかな味わいの
デザートを是非ご賞味下さい。


発表前から「やっぱり酢だよね~」と
予想されていましたが
それを読んだかのように「いれるん!?」とは!
「入れたんか!」と思わず叫びました。
写真のイメージより酢ゼリーが固くて驚く。
酢の味は数口食べた後に実感する。
さっぱりしてて美味しい!

2階の期間限定ソフトは新作だ。レモン系。
4階の公演ドリンクはキャラメルコーヒーゼリーフロート。

誘惑が多過ぎる劇場だわ。
次回、どちらかを
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「群盗-Die Räuber-」

2019年03月02日 | 宝塚(宙組)


原作どおりに悲劇で終わる。
冒頭ナレで早々に語ってたけど。
なんかモヤモヤ。

全体的にノリの悪いスカピン。
どこまでがオリジナルかわからないんだけど、
OPが戦隊モノなのに、劇中の歌はクラシカルで、
どうにもワクワク感が出ない。

キキちゃんはビジュアルが素晴らしくいいけど、
この若手メンバーに埋もれてる。
もっと頭3つぐらい出る存在感があると思ってたんだけど。
アマーリアの願いを聞き入れるあたりの葛藤はさすが!
なんだけど、
愛ちゃんを専科に異動させたんだから、
もっと有無を言わせぬような迫力を見たかったな。
ただ!ラブシーンはとってもエロかったです!!

もえこちゃんは歌も上手いけど、
歌に芝居を乗せるのも上手い。
ショー冒頭で若手を率いてキラキラしていて、
「来てるよ!ウハー!」だった。
じゅりちゃんは美人でヒロイン芝居が合っている。
まいあちゃんの恋心の表現はラストも納得。

狂言回しのこってぃも上手かったな。
わんたは専科かと思うぐらい
貫禄があった。
スカーだよね。

若手が頑張っていた。
それでも若手が束になってかかっても
太刀打ちでいないぐらいのなにかを
キキちゃんに見せて欲しかったな。


終演後は千駄ヶ谷駅まで徒歩。
オリンピック用の競技場って
まさしく旧青年館があった場所なのね。

巨大だった!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする