きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

2019年を振り返って(5)その他イロイロ

2019年12月31日 | その他イロイロ
リカちゃんは4演目4公演。
「魍魎の匣」
「青空」
「DREAM BOYS(2019年)」
「ラジオシアター 文学の扉」公開録音
「青空」はボロ泣き。
ラジオは宮沢賢治2本。
少年の声が可愛かった!
まだ引き出しがあるんだなあ。


劇団四季は2演目8公演
2019年「ジーザス・クライスト=スーパースター(エルサレム・バージョン)」@東京
2019年「ジーザス・クライスト=スーパースター(エルサレム・バージョン)」@名古屋 (マチソワ)
「エビータ 2019年版」@東京 2回
「エビータ 2019年版」@名古屋 2回
「エビータ 2019年版」@静岡
かみさくのJCSはエモい。
まだまだ見たい。
久しぶりの芝チェが嬉しかった。


宝塚、四季以外の舞台等は中継を含め下記20演目24回。
「円卓の騎士」
OSK日本歌劇団「レビュー春のおどり」東京公演
「笑う男」
かめあり亭 第41弾「新作落語の会~今は新作!いつかは古典!~ 夜噺編」
「舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice」
「レ・ミゼラブル 2019年版」2回
(バルジャン:福井、ジャベール:伊礼)
(バルジャン:吉原、ジャベール:川口)
第七回栗好みの会「柳亭市馬 柳家喬太郎 二人会」@日本橋公会堂
桃月庵白酒 独演会 「白酒むふふ~Vol.21」@板橋
舞台「銀河英雄伝説 Die Neue These ~第二章 それぞれの星~」
「エリザベート」4回
(愛希、古川、田代、成河、木村、涼風)
(愛希、古川、田代、成河、京本、香寿)
(愛希、井上、田代、成河、木村、香寿)
(花總、井上、平方、山崎、三浦、剣)
チョン・ミン指揮 イタリア交響楽団
「黒白珠」
「文治 喬太郎 桃太郎 三人会」
ひげ太夫第43回公演『マドロス豹十郎』
「ロンドン版『The King and I 王様と私』」(シネマ版)
なかのZERO笑いと健康フェスティバル2019「柳家喬太郎 春風亭百栄 withロケット団」
タクフェス第7弾『流れ星』
舞台「血界戦線」千秋楽ライブビューイング
「ビッグ・フィッシュ」
「SWAリターンズ~SWA傑作選~」


美術館・博物館等。行ったのは下記38本。
(漫画原画展もこちらに入れます)
Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 2 の世界展(3回)
「アルフォンス・ミュシャ展」@小田急新宿店
「ムンク展―共鳴する魂の叫び」
ファンタジーアート展 | 天野喜孝・弓彦の夢幻の世界
魔夜峰央原画展 第4期@米沢嘉博記念図書館(明治大学)
「小原古邨」@太田記念美術館
「田島享央己木彫展~彼は何故これを彫ったのか?~」&出版謝罪記念トークライブ
「おおやちき☆篠原烏童☆BELNE原画展」
「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
「土田よしこ原画展」
「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」
「竹宮惠子 カレイドスコープ 50th Anniversary」@川崎市市民ミュージアム
「ラフ∞絵(ラフむげんえ)」
特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」
「ギュスターヴ・モロー展― サロメと宿命の女たち ―」@汐留ミュージアム
「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展 -美しい生活をもとめて-」
「弓月光原画展」
「内藤泰弘の世界展」@池袋
木原敏江 摩利と新吾原画展
「原三渓の美術」@横浜美術館
ピクサー・ザ・フレンドシップ @松坂屋美術館(名古屋)
デビュー50周年記念「萩尾望都 ポーの一族展」@銀座松屋
「日本の素朴絵―ゆるい、かわいい、たのしい美術―」
特別展「三国志」@東京国立博物館
篠原烏童原画展&サイン会
「画業50年“突破”記念 永井GO展」
東海大学海洋科学博物館&自然史博物館
「正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―」
静嘉堂文庫美術館
「進撃の巨人展FINAL」(4回)
霹靂特展@台北
アニメジャパン
ワンダーフェスティバル

静嘉堂文庫美術館で「2個め」の曜変天目を見た!
進撃展は六本木だけの予定だったけど
上手いことヅカ遠征に絡められたので
ひらぱーも2回行けました。
ここにいれてないけど、サンファンの人形を
とってもたくさん見ました。

小山さんを除くライブ等は4本。
中島みゆき 夜会 VOL.20 「リトル・トーキョー」
「HYMN Sarah Brightman In Concert」@横浜アリーナ
「レビュー ニッポン・モダンタイムス」
「ジーザス・クライスト=スーパースター in コンサート」

その他に、スマホゲームでは、ポケ森とトロのパズル。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2019年を振り返って(4)映画

2019年12月31日 | 映画
今年見たのは178タイトル208本。

「メアリーの総て」
「こんな夜更けにバナナかよ」
「エリック・クラプトン ~12小節の人生~」
「パッドマン 5億人の女性を救った男」
「ホイットニー ~オールウェイズ・ラヴ・ユー~」
「チャンス」(午前十時の映画祭9)
「蜘蛛の巣を払う女」
「クリード 炎の宿敵」
「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」
「マスカレード・ホテル」
「喜望峰の風に乗せて」
「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰」 (3回)
「アイスマン 宇宙最速の戦士」
「王朝の陰謀 闇の四天王と黄金のドラゴン」
「映画 刀剣乱舞」
「闇の歯車」
「ヴィクトリア女王 最期の秘密」
「マイル22」
「ナチス第三の男」
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」(午前十時の映画祭9)
「メリー・ポピンズ リターンズ」
「パルプ・フィクション」(午前十時の映画祭9)
「劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉」
「サスペリア」
「ファースト・マン」
「アクアマン」
「フロントランナー」
「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian」(3回)
「小さな独裁者」
「ギルティ」
「ゴッズ・オウン・カントリー」
「翔んで埼玉」
「宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち/第七章 新星篇」
「グリーンブック」
「女王陛下のお気に入り」
「アリータ:バトル・エンジェル」
「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に」(3回)
「大統領の陰謀」(午前十時の映画祭9)
「スパイダーマン:スパイダーバース」
「運び屋」
「キャプテン・マーベル」
「狼たちの午後」(午前十時の映画祭9)
「イップ・マン外伝 マスターZ」
「サッドヒルを掘り返せ」
「探偵なふたり:リターンズ」
「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」
「ダンボ」
「万引き家族」
「ミスター・ガラス」
「ブラック・クランズマン」
「バイス」
「未知との遭遇 ファイナル・カット版」(午前十時の映画祭)
「記者たち 衝撃と畏怖の真実」
「ハンターキラー 潜航せよ」
「ねじれた家」
「ROMA」
「キングダム」
「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2回)
「E.T.」(午前十時の映画祭10)
「芳華-Youth-」
「荒野にて」
「名探偵ピカチュウ」 (3回)
「ハイ・ライフ」
「ホワイト・クロウ 伝説のダンサー」
「魂のゆくえ」
「風と共に去りぬ」(午前十時の映画祭10)
「コンフィデンスマンJP ロマンス編」
「居眠り磐音」
「レプリカズ」
「コレット」
「神と共に:第一章 罪と罰」
「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」
「ゴッド・ファーザー」(午前十時の映画祭10)
「プロメア」(10回)
「RBG 最強の85才」
「誰もがみんな知っている」
「氷上の王、ジョン・カレー」
「メン・イン・ブラック:インターナショナル」
「日本のいちばん長い日」(午前十時の映画祭10)
「アラジン」
「八甲田山」(午前十時の映画祭10)
「神と共に:第二章 因と縁」
「新聞記者」
「Diner ダイナー」
「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」
「アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲」
「さらば愛しきアウトロー」
「劇場版パタリロ!」
「グランド・マスター」
「ブルース・ブラザース」(午前十時の映画祭10)
「工作」
ドリパス上映会「生死一劍」@秋葉原(2回)
「アルキメデスの大戦」
「天気の子」
「ライオン・キング」
「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」
「ローマの休日」(午前十時の映画祭10)
「トム・オブ・フィンランド」
「命みじかし、恋せよ乙女」
「世界の涯ての鼓動」
「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」
「ある殺し屋」(市川雷蔵祭@角川シネマ有楽町)
「永遠に僕のもの」
「聖なる酔っぱらいの伝説」
「眠狂四郎 女妖剣」(市川雷蔵祭@角川シネマ有楽町)
「眠狂四郎 人肌蜘蛛」(市川雷蔵祭@角川シネマ有楽町)
「眠狂四郎 無頼剣」(市川雷蔵祭@角川シネマ有楽町)
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
「陸軍中野学校」(市川雷蔵祭@角川シネマ有楽町)
「ロケットマン
「引っ越し大名! 」
「ブレードランナー」
「荒野の誓い」
「大菩薩峠」(市川雷蔵祭@角川シネマ有楽町)
「浅太郎鴉」(市川雷蔵祭@角川シネマ有楽町)
「人肌孔雀」(市川雷蔵祭@角川シネマ有楽町)
「大菩薩峠 竜神の巻」(市川雷蔵祭@角川シネマ有楽町)
「切られ与三郎」(市川雷蔵祭@角川シネマ有楽町)
「旅はお色気」(市川雷蔵祭@角川シネマ有楽町)
「怪盗と判官」(市川雷蔵祭@角川シネマ有楽町)
「忠直卿行状記」(市川雷蔵祭@角川シネマ有楽町)
「花の兄弟」(市川雷蔵祭@角川シネマ有楽町)
「トールキン 旅のはじまり」
「若親分」(市川雷蔵祭@角川シネマ有楽町)
「アス」
「炎上」(市川雷蔵祭@角川シネマ有楽町)
「お嬢吉三」(市川雷蔵祭@角川シネマ有楽町)
「ガーンジー島の読書会の秘密」
「プライベート・ウォー」
「ベニスに死す」(午前十時の映画祭10)
「SHADOW 影武者」
「弥次喜多道中」(市川雷蔵祭@角川シネマ有楽町)
「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章」
「任侠学園」
「アド・アストラ」
「太陽を盗んだ男」
「青春の殺人者」
「蜜蜂と遠雷」
「ヘルボーイ」
「ジョン・ウィック:パラベラム」
「最高の人生の見つけ方」
「記憶にございません」
「ジョーカー」
「イエスタディ」
「真実」
「第三夫人の髪飾り」
「時計じかけのオレンジ」(午前十時の映画祭10)
「ボーダー 二つの世界」
「15ミニッツ・ウォー 」
「楽園」
「西幽玹歌」(10回)
「スティング」(午前十時の映画祭10)
「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第二章」
「空中レビュー時代」
劇場版「エースをねらえ!」
「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」(2回)
「レオン 完全版」(午前十時の映画祭10)
「永遠の門 ゴッホの見た未来」
「ターミネーター:ニュー・フェイト」
「テルマ&ルイーズ」(午前十時の映画祭10)
「アナと雪の女王2」
「ネメシス」
「サウンド・オブ・ミュージック」(午前十時の映画祭10)
「決算!忠臣蔵」
「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第三章」
「羅小黒戦記」
「台湾、街かどの人形劇」
「シティハンター」
「ウエスト・サイド物語」(午前十時の映画祭10)
「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」
「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」
「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」
「テッド・バンディ」
「燃えよスーリヤ!!」
「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」
「男はつらいよ お帰り 寅さん」

今年は複数回見た映画が多かったなあ。
「プロメア」と「西幽玹歌」は10回だよ!
フリーパス期間が1.2回と雷蔵祭があったのも
鑑賞数増の原因。

今年は本数が多かったこともあり
「今年の11本」で。

「運び屋」
老いた麻薬の運び屋と警察との攻防、と見せて、
「老いを迎え入れよ」と歌うエンディングが来るのが上手い。
人は何歳からでも変われるんだよね。

「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian」
三期を見終わった後の年末だからこそのランクイン。
1時間8話がプロローグで終わったことを思うと
ミリタリー部分、捜査部分、懐かしい一係、
複雑な親子関係・夫婦関係に、復讐譚を入れつつ、
ドミネーターもちゃんとアレする、
これを全部入れて60分!
無駄のなさが素晴らしい。
映画というよりテレビ番組スペシャルなんだけど
大画面用の絵だしね。

「ハンターキラー 潜航せよ」
息苦しさが伝わってくる潜水艦内の密室劇に屋外での銃撃戦。
政治的部分の駆け引きに、ロシア原潜艦長の義理人情。
シリアスとヒャッハーーーッのバランスが良かった。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」
長編が上手いこと収束した。
トニーの死は悲しかった。
実は時間の流れのなにかは
いまだに良くわかっていない。
それでも、あんなにロマンチックなラスト場面とは。
納得するしかない。
ありがとう。

「神と共に:第一章 罪と罰」
「神と共に:第二章 因と縁」
10本に絞れなくて
まとめて1本でもいいかと思ったけど
シリーズの1と2が両方とも高クオリティなのは
そうそうないからね~。
1は地獄巡りそのものの絵面に
2は過去世の因果関係に唸った。
単純にロング黒コートのバトルもカッコイイぜ!

「プロメア」
まさかこんなに繰り返してみるとは。
来年もすでに予約済み。
話のテンポも、セリフも、
セリフに対し音楽を入れるタイミングも、
色合いも、EDがワルツなのも、
あらゆる部分がツボすぎる。
差別被差別の部分や、
テロがチャラになるのかよ、とか
ツッコミは多々あるけど、
それでも、いいぜ!言える勢いがある。
ガロ可愛いよガロ。
滅殺開墾ビームは驚いた。

「西幽玹歌」
虚淵さんも楽しんで書いているんだろうけど
台湾側もノリノリだよね。
竹が武器すぎる!!
男前な陸天命に、
東離時代より猛々しい殤不患が
予想より心臓直撃でした。
メガネの出世物語でもあったね。

「アルキメデスの大戦」
後世の私は大和が沈むのは知っている。
でも、大和が建造されるように願ってしまう。
造船計画では勝っても
実際の戦場においては・・・。
菅田くんは頭の中は数式でいっぱいなのが
伝わってくる役作りが見事。
田中泯の存在感が素晴らしい!

「世界の涯ての鼓動」
傑作というほどではないんだけど。
死の淵、生のぎりぎりの部分にいる人の結びつき。
というのが、私は好きなんだ。

「毒戦」
韓国らしいエグみと痛さたっぷり。
潜入部分はハラハラ。
そしてラストが・・・。

次点は
「芳華」
「アド・アストラ」
「羅小黒戦記」

来年こそは本数を減らす!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2019年を振り返って(3)バレエ・ダンス

2019年12月31日 | バレエ・ダンス
今年は30公演。うち東バは21本。

東京バレエ団 スタジオ・パフォーマンス2019
「白鳥の湖」佐久間&厚地/日本バレエ協会
「海賊」上野&柄本/東京バレエ団
「海賊」沖&秋元/東京バレエ団
「海賊」上野&柄本/東京バレエ団
「バレエの饗宴2019」
「"はじめての「白鳥の湖」" ~楽しいお話と第3幕~」川島&秋元/東京バレエ団
「ダンス&クリエーション2019」
ブルメイステル版「白鳥の湖」上野&柄本/東京バレエ団
ブルメイステル版「白鳥の湖」川島&秋元/東京バレエ団
「"はじめての「白鳥の湖」" ~楽しいお話と第3幕~」上野&柄本/東京バレエ団
ブルメイステル版「白鳥の湖」沖&宮川/東京バレエ団
「赤いランタン ~紅夢~」/中国国立バレエ団
「白鳥の湖」/中国国立バレエ団
「リーズの結婚」青山&清瀧/牧阿佐美バレエ団
「ドン・キホーテ」ナグディ&サンベ/英国ロイヤル・バレエ団
「ロイヤル・ガラ」英国ロイヤル・バレエ団
「ロダン~魂を捧げた幻想」エイフマン・バレエ
東京バレエ学校 スクール・パフォーマンス【第1部】
「サマー・バレエ・コンサート」/東京バレエ団
「ドン・キホーテの夢」秋山&池本/ 東京バレエ団
「ドン・キホーテの夢」伝田&柄本/ 東京バレエ団
東京バレエ団 × 勅使川原三郎「雲のなごり」、「セレナーデ」、「春の祭典」(1日目)
東京バレエ団 × 勅使川原三郎「雲のなごり」、「セレナーデ」、「春の祭典」(2日目)
「パリの炎」 ボンダレワ&マッケイ/ミハイロフスキー劇場バレエ
「眠りの森の美女」 ソボレワ&レベデフ/ミハイロフスキー劇場バレエ
「くるみ割り人形」川島&柄本/東京バレエ団
「くるみ割り人形」沖&秋元/東京バレエ団
「くるみ割り人形」秋山&宮川/東京バレエ団
「ファンタスティック・ガラ・コンサート」

東バの「海賊」は不満たくさんのホームズ版を採用で
私はとっても残念。
海賊のテーマ曲が無いんだよねー。

良かったのは、東バの中では「雲のなごり」。
私の言葉では言い表せない面白さがあった。
新制作のくるみは立体的なツリーに感動。

東バ以外では「紅夢」が印象深い。
舞台の赤色が確かにチャン・イーモウだった。
ナチョ版眠りもハイセンスな美術が眼福。
マールイの面々も来てくれて嬉しかった。

来年は東バ以外だと、パリオペとボリショイかな。
資金繰りがやばい。
正月のキエフも行きたいんだけどねえ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2019年を振り返って(2)宝塚

2019年12月31日 | 宝塚(専科、スケジュール、雑談等)
中継込みで18演目54公演
プラス、OGベルばら専科特出、巴里祭、タカスペ。
以下、大劇場、東京劇場、中継を合わせて。

花組 3演目9回
「CASANOVA」3回
RIO ASUMI SUPER TIME@045「恋スルARENA」1回
「A Fairy Tale -青い薔薇の精-/シャルム!」5回

月組 5演目18回
「ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)」2回
「Anna Karenina(アンナ・カレーニナ)(2019年版)」3回
「夢現無双/クルンテープ 天使の都」5回
「チェ・ゲバラ」3回
「I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-」5回


雪組 3演目6回
「ファントム」2回
「20世紀号に乗って」1回
「壬生義士伝/Music Revolution!」3回


星組 4演目15回
「霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS(エストレージャス) ~星たち~」6回
「アルジェの男/ESTRELLAS(エストレージャス) ~星たち~」2回
「鎌足 ~夢のまほろば、大和(やまと)し美(うるわ)し~」1回
「GOD OF STARS-食聖-/Eclair Brillant(エクレール ブリアン)」6回


宙組 3演目6回
「黒い瞳/VIVA! FESTA! in HAKATA」3回
「群盗-Die Rauber-」1回
「オーシャンズ11」2回

今年は雪組と宙組のチケット運が無く
全ツが見られなかったのが残念。
ハリゴシはチケットはあったけど
台風で公演中止の払い戻し。
それを埋めるように、まさかの!
友会で大劇場のみりお千秋楽公演が当たる!
驚いたね~~。
あるところにはあるんだねー!
花組ポーズもやってきたよ。
そういえば正月公演と、
その前の鏡割りと
トップ勢揃いの口上も見たんだなあ。
それにより、サンファンの人形も
1月1日から見る幸運。

今年の作品として良かったのは、
エルベ、20世紀号、食聖、エクレア。
紅あーは退団公演が良くて幸せだなあ。


来年はみつる退団。
頑張ってチケットを取るよーーーっ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2019年を振り返って(1)小山卓治

2019年12月31日 | 小山卓治
今年参加は下記41本。

小山卓治ワンマンライヴ 1/12 東京 新宿御苑 ライブ&バーRuto
小山卓治 × 白浜久 1/26 東京 阿佐ヶ谷 harness
小山卓治ワンマンライヴ 2/02 東京 江古田 マーキー
小山卓治“生声”ワンマンライヴ 2/16 東京 東銀座 Flor de cafe 樹の花
小山卓治 × 町田直隆 3/02 東京 阿佐ヶ谷 harness
〈夢の島〉30周年記念盤発売ツアー 3/23 東京 高田馬場 四谷天窓.comfort
新・全曲ライヴシリーズ #2 〈ひまわり〉+〈Circle Game〉 3/31 神奈川 横浜馬車道 パラダイスカフェ
熊本応援ライヴ 4/14 東京 阿佐ヶ谷 harness
小山卓治 × 鎌田ひろゆき 5/05 東京 阿佐ヶ谷 harness
〈日々是響音元年 東京編〉 5/17 東京 高円寺 ShowBoat
アコースティックお寺ライヴ2018 5/25 岐阜 揖斐川 真教寺
アコースティックお寺ライヴ2018 5/26 岐阜 海津市 中島寺
小山卓治 × 成瀬昭 6/02 東京 阿佐ヶ谷 harness
小山卓治ワンマンライヴ 6/08 東京 自由が丘 Mardi Gras
小山卓治ワンマンライヴ 6/22 福岡 music bar S.O.Ra. Fukuoka
小山卓治ワンマンライヴ 6/23 熊本 BATTLE-BOX
新・全曲ライヴシリーズ #3 〈Passing〉+〈種〉 7/05 東京 荻窪 ルースターノースサイド
小山卓治“生声”ワンマンライヴ 7/13 東京 東銀座 Flor de cafe 樹の花
フジロック2019 前夜祭 7/18 東京 秋葉原 CLUB GOODMAN
《ひまわり》35周年記念ライヴシリーズ “前夜祭&先行発売” 7/20 東京 新宿御苑 ライブ&バー Ruto
《ひまわり》35周年記念ライヴシリーズ “バンドライヴ” 7/21 神奈川 横浜 Thumbs Up
《ひまわり》35周年記念ライヴシリーズ “名古屋・京都 2Days” 7/27 名古屋 Music Bar Perch
小山卓治“生声”ワンマンライヴ 8/03 埼玉 入間市文化創造アトリエ AMIGO
〈音響熟成 ~小山卓治 × 町田直隆バンド~〉 8/04 東京 下北沢 CLUB Que
小山卓治 × 目黒寿安 8/17 東京 阿佐ヶ谷 harness
河村・ベチコの【祝】披露宴フェス! 8/24 東京 渋谷 eplus Living Room cafe
SSW presents〈シリーズ・音楽書簡 vol.2~拝啓で始まる手紙〉 9/07 神奈川 新横浜 LiT
~ 祈りがかなう時~ ユーカリが丘のサンセット again 9/14 千葉 佐倉市 Soba Cafe 3○1
62nd Birthday Live 9/16 東京 江古田 マーキー
小山卓治 ワンマンライヴ & オープンマイク in 辰野 9/28 長野 辰野 OREAD
小山卓治 × 町田直隆 10/6 東京 阿佐ヶ谷 harness
R.G.B Vol.1 小山卓治 × スティング宮本 10/16 東京 阿佐ヶ谷 harness
熊本応援ワンマンライヴ 10/26 東京 阿佐ヶ谷 harness
東海ツアー 2Days 11/3 静岡 藤枝 &Sugar+南瓜
小山卓治ワンマンライヴ -Fumiyo's Happy Birthday!!- 11/10 東京 一橋学園 ローリングビーンズ
鎌田ひろゆきニューアルバム発売記念ライブ ~あれから僕らは~ 11/15 東京 吉祥寺 MANDA-LA2
Takashi Enomoto Presents〈Twin Live vol.8 小山卓治 & 榎本高〉 11/16 東京 代々木 アルティカ7
高橋研デビュー40周年記念祭 Free Fallin' 11/30 東京 渋谷 Star Lounge
小山卓治ワンマンライヴ -Thank You!! 2019- 12/15 東京 新宿御苑 ライブ&バー Ruto
白浜久Project〈日々是響6音元年 Vol.2〉 12/27 東京 吉祥寺 ROCK JOINT GB
小山卓治 × 鎌田ひろゆき 12/30 東京 阿佐ヶ谷 harness

公式HPに掲載のライブは63本なので
出席率は65%。
頑張ったなあ。

※小山さんは65本と言ってたけど
 あとの2本は新宿でのトリビュートと
 白浜さん榎本さんハーネスのゲストかな。
 65本なら出席率は63%です。

それでも北海道には行っていないし、
大阪も東北も行ってないし!
だいぶサボったつもりだったんだけどなあ。

一番印象に残ってるのは
7月13日の樹の花。
生声ならではの声の艶が素敵だった。
昨年はなんとなく不完全燃焼だったバンドライブも、
今年は、そうだよ、その音だよ!のジャスト感があって良かった。

最近は名古屋近郊が熱くていいね。
「いま」の小山さんを
すごく受け入れている感じがします。

今年はなるべく数文字でもいいから
感想を残そうと思ったけど
数回は書き漏らしました。
その中でここで書き足したいのは目黒さんの音。
帰国子女とのことで、音がすごくドライ。
冷酷とかの意味ではなく、
湿気たっぷりの反対の意味。
日本の土壌にはない空気感が
小山さんの音と合わさると
曲になんともいえない化学反応があるのが
聞いていて楽しいです。

あと、ライブそのものとは関係ないのですが
熊本ライブからUSJに行こうと思ったときに
「ぷらっとこだまのように
 熊本から新大阪までの安い券があるはず!」
と閃き、探したら本当にあったときは
自分を褒めたくなりました。
やったね!

来年は!北海道にも行きたい!
日程が合いますように。
今年復活のスマイリーが
ギタリストとして参加するのを
楽しみにしています。

あと、、、
ほいほい行かずに
少しサボろうかなああ。
(無理かな)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「男はつらいよ お帰り 寅さん」

2019年12月31日 | 映画

妻を亡くした満男が偶然にイズミと出会う。
彼女との日々を思い出すと、
そこには懐かしい伯父の姿も。

現代パートと今までのシリーズの映像が入り混じるけど、
話はわかりやすい。
歴代マドンナの美しいこと!

ゴクミは芝居は久しぶりなんだっけ。
昔から上手い方じゃなかったけど、
今回もセリフ回しはかなり固い。
でも、表情は良い。
年齢を重ねたからこその深い表情がある。

葛飾の人たちは変わらぬ濃い関係。
イズミ側はどうにもならない父母との関係。
どちらも鮮やかに描かれる。

しかし、アレだな。
映画だから仕方がないけど、
柴又の団子屋があれほど美人ホイホイだとはな。
まとめて見るとかなり怪奇。

寅さんシリーズはTV放映で見てたので、
当時の旬の女優さんの煌めきを
大画面で堪能できて良かった。
鬼籍に入った方も、、、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」

2019年12月31日 | 映画

いわゆる完全版かな。
主にリンとのやりとりが追加。
夫婦のわかりあう筋道も明確に。
怒りあえるのは仲が良いからなんだなあ。

わかっていても晴美ちゃんの場面などで涙。
お隣の年配の男性も
すずの家族の行方のあたりで涙をぬぐっていました。

いろんな思想を感じるのもありだけど、
まずは、あの時代に生きていた人たちが
確かにそこに居た、を実感したい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「燃えよスーリヤ!!」

2019年12月31日 | 映画


インドでカンフーと思いきや空手マンだった。
過去話と妄想が多すぎて話が掴めない。
テンポも悪い。
戦いの頃にはもう飽きた。
戦いの部分は迫力があったんだけどね。

無痛症=強い、ではないはず。
戦いにおいては若干有利だけど
肉体の限界は変わらないんだしなあ。

父の気持ちはよくわかるけど
心配のあまり長年息子を監禁するのは
もはや虐待では。
いろいろモヤモヤ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/30めも

2019年12月30日 | 小山卓治


今年最後のライブでした。
「南十字星」も「オリオンのティアラ」も
愛する人への想いに満ちていました。

和気藹々のステージと会場との会話も楽しかった!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ファンタスティック・ガラ・コンサート」

2019年12月29日 | バレエ・ダンス




オーケストラ演奏にオペラオペレッタ歌唱にダンスと盛り沢山の内容でした。
素人にも耳馴染みな曲が多くて楽しかったです!

神奈川フィルの公演にゲストの形式だと思うけど
目当てはバレエなので、このカテゴリーで。

上野&秋元の黒鳥は基本通常版。
アダージオで少しロットバルトの絡みが増える。
王子ヴァリはチャパドじゃ無い方。
聞いたことがない(?)リリカルな曲で
ロットバルトソロ有り。

水香ちゃんは絶好調。
脚も綺麗に上がる。
役より本人が出せるからすごく生き生きしている。
秋元さんは端正に恙無く。
アルバレス君は秋元さんの後だと
踊りの詰めの甘さが目につくかな。

秋元さんは実寸は弾くんより背が低いようだけど、
顔の大きさを含めた身長バランスや、
芝居の雰囲気は水香ちゃんに合うと思うんだなあ。
川島&柄本、上野&秋元、で、いいじゃん。
なぜダメなんだ!

舞台のオーケストラの前面で
ダンサーが踊る。
ああ、この音は1stヴァイオリンか、とか
音の出所が目で確認できるのも楽しい。

ダンスは「リベルタンゴ」で、
こちらも水香がキレキレ。
アルバレス君は水香ちゃんと体格は合うんだけどね。
エモーショナルな部分が圧倒的に足りない。
プリンシパルはそこが違うのね。
振付どおり踊る、に、
プラスアルファは、難しいんだね。
なるほど。

カナケン3階からの景色。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-(5回目)」宝塚月組

2019年12月28日 | 宝塚(月組)
友人がチケットを取ってくれたので
千秋楽公演に行ってきました。
ジャンプもしたよ!

製菓部のアドリブは
たまきちかゆりちゃんへ。
「ああ、君。ハッピーバースデー!」
さらりと言いました。
言われたゆりちゃんはウキウキ。

さちかちゃん、
「(パパさんは)千秋楽中継を見に行くのかな?
 中継会場の皆さーん!」のアドリブ。

他にもたくさんあったと思うけど
書けるほど覚えているのはこれだけ。

書き忘れていたけど
エマの最初の黒白ワンピは
正塚BJを思い出すわ。

前にも書いたけど、
この作品はオリジナルはもっと皮相的で
シリアスな部分もあるらしいけど
日墺記念年の上演ありきだから
かなり翻案したみたいだけど、
それでいいんじゃないかな。
主題歌は耳に残ったし。
家族や愛する土地に対する
温かい気持ちが舞台にも客席にも充満していて
見ていてすごく幸せな気持になったよ。

退団者は3名。
全員娘役でした。
たまきちが退団者にかける言葉が優しく、
こうして下級生に目を配っているんだなあ、と、しみじみ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/26めも

2019年12月26日 | 小山卓治

小山さんは、エレキ、ギター、ヴォーカル、ピアノと大忙し。
小山さんの曲は7曲。
 ・Yellow Centre line
 ・Rock'n Roll's Over
 ・逃げ出せ
 ・クリスタルレインドロップ
 ・ハヤブサよ
 ・YELLOW WASP

前3曲は、一度歌からメロディを切り離し、
音のみでアレンジし、
再び歌詞と合体させたようなかんじ?
この歌はこのイメージ、っで固めすぎてた自分を発見。
聞いていてとても新鮮でした。

意外すぎるアレンジは、良い悪いではなく、面白い。
音とはこんなに自由で、変幻自在なんだな。
それでいて歌の本質が変わらないのが不思議。
このアレンジには違和感を感じる人もいるだろうけど、
せっかくいつもと違うことをしているんだから、
これぐらいやって楽しませて、と個人的には思います。

プロジェクトは「大人の部活」みたい。
大人が好きなことを好きなようにやっている。
しかし、一流のプロの技なので、
ちゃんと商業ベースになっている。

小山さん曲の中ではクリスタルが一番好きかな。

CDは年明けに聴きます。

年内はもう時間が無いですー。

休憩を挟んでお着替えがあったのが意外でした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「テッド・バンディ」

2019年12月24日 | 映画


ザック・エフロンによる再現ドラマみたいだった。
恋人の悔恨だけはグサっとくるけど、
それ以外は特に彼自身や事件について深掘りしてない。
もっと話があると思ったんだけど。

エフロンの不気味さは良い。
「彼は無実」という視点から描いているように見えて
彼の明るい微笑みの不気味さですべて帳消している。
この辺が見どころなのかな?

彼の、なんでしょう、恋人?内縁の妻?は
リリー・コリンズ。
若い可愛い子ちゃんから
しっかし芝居のできる役者に移行中。
眉毛はやっぱり太い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」

2019年12月22日 | 映画


ドラゴンと人間は共存できるのか。
ヴァイキングの首領となったヒックの選択は?

そうするしかない、のはわかるけど
辛い選択だったね。
それだけに、ラストが嬉しかったよ。
ついでに髯のおっさんヒックも良かったよ。

ドラゴンの聖地が美しかったな。

無駄なキャラがいないのが
相変わらず凄い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-」(中継)

2019年12月22日 | 宝塚(専科、スケジュール、雑談等)


OPは新曲。
軽い組コーナーは花組シャルム、雪組レボリューション、星組エストレ、宙組アクア。

トップトーク、初出場の二人のうちカレーは初々しい。
まこっちゃんが淀みないのはベニに鍛えられたからか。

宙組コーナー。
ベルばら、王家、風共、ソーラン。
キキスカなど女装あり。
雪組コーナー。
ルパン、ひかりふるみち、コングラ。

専科(扮装付き)は、
カチャ蘭陵王、みつる貧ちゃん、理事ゲバラ。

トップソロ。
カレー花男(たぶん。歌詞的にそうかと推測)、
まこっちゃんショーヴラン、
真風ネバセイ、
だいもん舞夢、
理事は猛き黄金の国。

2番手のラテンメドレーで第一部終了。

愛ちゃん、あきらの2番手位置に胸熱。

第二部は娘役コーナーから。

花組コーナー。
あきらメインの項羽と
トップコンビメインでミーマイ、
全員で、なんだっけ、ショーの歌。
【追記】 コメントから教えていただきました。花男の主題歌とのことです。

星組コーナー。
愛空でうたかた、みんなでナポレオン、
まこっちゃんソロは黒豹、全員で桜花。

コンビシャッフルは柴田コーナーで2番手と娘1。
キキ華、咲まど、愛きほ、あきらひっとん。
公開不倫3組と、ちょい前の先輩後輩。

みつる、カチャの並びに凪翔IN。
謎か未来か。

フィナーレも令和新曲。
から、〆はさよならみなさま。
カテコ挨拶はメリクリハピニュー。


タカスペは、
1年を振り返っての組コーナー&特集&定番ソング
が、基本だけど、
今年は、雪宙は版権物中心で、
星花は代替わりしたばかりで新トップ大劇場公演はまだ、
ということによるのか、
出題範囲が、組コーナーはこの20年、
柴田コーナーはこの30年ぐらいでした。
ウエクミの趣味かな。

自力ではチケットが取れなかったのですが、
流山会場をお譲りいただけました。
ありがとうございました!
結果的にはみつるの最後のタカスペでした。
もう、この風景は見られないんだなあ。
愛ちゃんのうたかたでのスターブーツも胸熱。

トークコーナーでは
熊本県出身の理事と真風が
イチャイチャしてました。
理事の人吉はかなり鹿児島寄りなんだけどねー。

中継映像としては
あーさとずんちゃんが結構抜かれていたように思うけど、
たんに私が見慣れているから目に入るのかなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加