きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

7/31セットリスト

2011年07月31日 | 小山卓治
熊本まで行っちゃったMK氏から
セットリストが届きました。

(Wべチコ)
夢の島
夕陽に泣きたい
談合坂パーキングエリア
青空とダイヤモンド
ひまわり
(ソロ)
路傍のロック
最初の奇跡
ロックンロールオーバー(ピアノ)
負けないで
(Wベチコ)
ギャラリー
クリスタルレインドロップ
いつか河をこえて(ピアノ)
傷だらけの天使
最終電車(サビからバージョン。ハイ!つき)

アンコール
(Wベチコ)
はるかな故郷(ピアノ)
種の歌


入り口で卓治とベチコちゃんのお見送りつき。

衣装
黒いジーンズに、織りで格子を浮き上がらせた白いシャツ。

ベチコちゃんは、黒いタンクトップの上に、エスニックなあいまいな模様な全体的にはカーキなキャミワンピ。


「会場は、ライブカフェという触れ込みだけれど、ほとんどバー。
 (紋別はどちらかと言えばスナック)
 同級会の二次会で余興で歌うのと、なんら変わらない雰囲気。
 (開演までが本当にいたたまれない)
 それをライブまでもっていくのは、卓治の気合い。
 久々に卓治の力技を見ました。」


MK氏は、昨日断念した香椎神宮に
本日行ってきたそうです。


そして例の如く、加茂川で天草大王鍋。

羨ましい・・・
でも私にはリカちゃんが・・・

続き。
まずは熊本市現代美術館。「ファッション 時代を着る」ココ・シャネルとジョン・ガリアーノは天才。そして、思考がはっきりと見える。


暑いけれど、熊本城に新しくできた商業施設「城彩館」まで行く。
「白玉屋新三郎」のかき氷!(渋谷の東急東横のフードショウに来ていてうらやましかったので。本店の人吉は遠いので。)ふんわり系。別料金の白玉はもちもち。


商業施設をぶらぶらして、外に出たら、ちょうどそこに、お城の入り口まで行く無料シャトルバスが。
宇土櫓に行って一休みと、すずんだら、あっという間に開場時間まじかに。
急いでホテルに戻って、防寒着を持って、会場に。開演、ぎりぎり。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ブリット」(第2回午前十時の映画祭 赤の50本)

2011年07月31日 | 映画
公聴会の証人の護衛にあたる刑事。
しかし、その証人は殺されてしまう。
その裏には・・・


サスペンス要素盛りだくさんで
アクションもたくさんあるし
ネタ的には好みなんだけど
話の流れ・運び方が
どうにも私には合わなくて辛かった。
もっと、シャキシャキして欲しいとか、
そのカットは必要?とか
生理的に合わないところが多かった。

それでも、カーチェイスはドキドキしたよ!
椅子の肘掛け握りしめちゃった。
証人の正体もビックリだったし!
最後の追いかけっこも迫力あったし!
好きな場面が多いだけ
駄目なところがあって残念でした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「MYSELF」(千秋楽)

2011年07月31日 | 紫吹淳(リカちゃん)
ほいほい、リカコンの千秋楽に行ってきました。
4回目とあって、リカちゃんも客席も
初日に比べると熱気が10割り増し。
楽しいわーーーーっ!

前回ネタバレ過ぎると思って書かなかったのですが
2003年のコンサートの
「Lica-Rika/L.R」の主題歌も歌われまして
テンションアップです!
「桃色クラブ」あたりの衣装も着てくれて嬉しかった!

*2003年コンサートのポスター


あとー、ヅカ時代の曲で。
「長い春の果てに」の曲も歌ってくれて!
もう一度ナマで聞けるとは思わなくて
涙だだ漏れーーー!!
あと、チャーリーとかとか。
ほんと、詰まりすぎ!盛り込みすぎ!楽しい!!

大黒さんの書き下ろしの曲も
とてもステキでした。


なんだかー
もうー
書ききれないのでー。
詳しいところはDVDを買って見てみてください。
とにかくステキ!
素敵すぎ!
リカちゃん、愛してるーー!!


今回のペンライト


客席のお客様
大黒さん、米倉さん、高橋ひとみさん、
くらりん、みっぽー、ちわわ

宮本さんもノリノリだったなー。
リカちゃんと宮本さんが
いっぺんに視界に入るとは!
幸せすぎる!!


追記
30周年・・・云々は、
初日では客席降りの「贈り主探し」のところで、
なかなか見つからないので
「このままだと私、
 30周年まで探し続けなきゃなりませんよ!」
って言ってました。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

タイバニ18話自分用メモ

2011年07月31日 | タイバニ
「TIGER & BUNNY」18話自分用メモ。
ネタバレです。
勢いだけで書く!
MX、BS待ちの人は読まないでね。




・虎、自宅を引き払う準備
 (かなり片づいている)
・ヒーローマガジンに、クソスーツ系を着た
 ムチムチボディの女性がいなかった?
・「諸事情によりヒーローを辞めます」
 カミウングアウトの使い方が違うような・・・
・他のヒーロー達からも愛されている虎
・薔薇ちゃんのツンデレ可愛すぎー。
・クリームの髪がないのは凶器だから?
 髪を通じて物を動かすんだよね。
・1つ眼の国へ行ったら2つ眼が見せ物になる。
 おじさん、熱いけど冷静。
・ジェイクは犯人じゃない
・確かに刺青ないよ!
 あの画面からして伏線だったんだ!
・確認しようと思うあたり、
 やっぱり年の功?
・ジェイクもクリームも、ウロボロスの一部に過ぎない
・親を殺した犯人の顔が近しい様々な人に変わる
 誰かが記憶を操作したみたい。
 誰かって、そりゃー、あの人でしょう
・混乱しまくる兎
・こんな状態じゃあ・・・
 「ヒーロー、辞めます」
 先に言われちゃったよ!
・楓ちゃんの能力は
 浮游でもハンドレットでも磁石でもなく
 ネクストの能力をコピーできること
 ネクストに触れたらコピーできるの?
 ハンドレット以外は誰の力?
・それを推測できる兄ちゃん。
 弟の時に調べたのか
 それとも兄ちゃんが磁石の・・・
・コピーして・・・
 最終兵器?
・虎、娘に自分の仕事をなんと説明している?
 楓ちゃんは、お父さんがヒーローなのは知らないけど
 ネクストであることは知っているのかしら?
・兎大混乱で幕
 絵がひどくて視聴者も大混乱。


自宅を引き払った虎は、兎宅に転がり込めるのか。
(な、わきゃない?)
次回に続く。
おやすみ!


追記
件の場面、見返した。
刺青の有無は見えなかった。
ただし、手袋を外しているのはわかる。

もういっこ追記
兎が、両親の技術の結晶のロボット(アンドロイド)
って説も考えたけど、
シスの能力からして無理だと思う。
5分のみのハンドレットパワーを備えるぐらいなら
もっと軍用に作るよねえ。
子供時代もあるし、子供時代の記憶もある。
その記憶さえも後付けの可能性もないワケじゃないけど。
*「キャプテン・コズミック」のジーナみたいな、
 ではないと思う。
 キスで動く無敵の機械、は見てみたくないわけではないけど。


黒幕候補はこの時点で一人だと思うんだけど。
彼が黒幕なのはOKだとして、
もろもろの動機が解明されるのかなあ。
ネクストが憎くてやっているのか、
ネクストのためにやっているのか。


MXを見て追記
・クリームちゃんの帽子は
 ジェイクと出会ったとき、彼が被っていた帽子とお揃い?
・クリームちゃん、20年前に女子高生ということは
 現在アラフォー
・点滴外しただけで容態は急変するのか
 ← 誰かが毒を盛ったと友人から指摘あり
・バニーの記憶を操作した人は
 バニーをウロボロスに接触させたかったということ?
 ウロボロスのボスが、バニーの実の父親で
 「あいむ ゆあ ふぁーざー」とかになっちゃう?
・虎鉄宅@シュテルンビルトは、おじさん一人住まいにしては広すぎ
 もともとは友恵さんと住んでいたとか?
・次週はスケートリンクでデートらしい
 バニーちゃんがおじさんの海老チャーハンを食べるらしい
・ブルーレイ化の際は、ぜひともラストのバニーの顔の描き直しもお願いします
 炎の中のおじさんも、もっとブラックな極悪顔で!プリーズ!!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

7/30セットリスト

2011年07月30日 | 小山卓治



MK氏からセットリストが届きました。

(Wべチコ)
夢の島
夕陽に泣きたい
談合坂パーキングエリア
青空とダイヤモンド
ひまわり
(ソロ)
路傍のロック
壊れた自転車
ロックンロールオーバー(グランドピアノ)
負けないで
(Wベチコ)
ギャラリー
クリスタルレインドロップ
いつか河をこえて(ピアノ)
傷だらけの天使
最終電車(サビからバージョン。ハイ!つき)

アンコール
(Wベチコ)
はるかな故郷(ピアノ)
種の歌

モア・アンコール
(ソロ・生歌)
NY.NY


衣装
黒いジーンズに迷彩色でミリタリーか?と思うと花柄のシャツの裾を出して。
昨日も思ったけれど、髪が少し切られているかも?

ベチコちゃんは、白いタンクトップの上に、大きく裾にお城や色とりどりのお花が入っている黒い膝丈キャミワンピ。



MK氏の本日の観光地は下関・門司。
とてもとても暑かったそうです。

下関・唐戸市場の寿司。
「のど黒の炙りと近海もののあじと、聞いたことのない地元の魚。」


門司では
 ・旧門司三井倶楽部
 ・旧大阪商船
 ・ブルーウィングもじ
 ・旧門司税関
 ・国際友好記念図書館
 ・門司港レトロ展望室
に行ったそうです。
国際友好記念図書館の中の
大連あかしあの「復刻ドライカレーセット」


いいなあ~
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「友だちのうちはどこ?」(第2回午前十時の映画祭 青の50本)

2011年07月30日 | 映画
イランの小学校。
先生は、ノートに書き留めること、
書き綴ることの重要性を教えている。

生徒の一人、ネマツァデは、
どうしても宿題をノートに書けない。
その辺の紙に書いてしまう。
3回注意した先生は、
次回ノートに書かなければ
退学にすると言う。

ネマツァデのノートを
間違って持って帰ってしまったアハマッド。
今日中に返さないと、
ネマツァデは宿題をノートに書けず
退学になってしまうかも!
ネマツァデに返しに行こうと思い家を出る。
でも、住んでいる町の名前しか知らない。
果たしてアハマッドは、
ネマツァデの家にたどりつけるのか。

なんてことない話で。
イランの風景が広がっていました。
物知りなんだかのおじさんとか
職人のおじさんとか、
悪気はないけど面倒な人が多いわー。

最後のオチが良かった。


でも、やっぱり、
小学校には女の子がいないんだね。
向こうの人は子供の頃から睫毛が長いんだなあ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

7/29セットリスト

2011年07月29日 | 小山卓治



遠征している友人からセットリストが来ました。


(Wべチコ)
夢の島
夕陽に泣きたい
談合坂パーキングエリア
青空とダイヤモンド
ひまわり
(ソロ)
路傍のロック
壊れた自転車
負けないで
NEW DAYS
(Wベチコ)
ギャラリー
クリスタルレインドロップ
いつか河をこえて(キーボード)
君が本当に欲しいもの
嵐からの隠れ場所

アンコール
(Wベチコ)
はるかな故郷(キーボード)
種の歌

モア・アンコール
(ソロ・生歌)
パラダイスアレイ


衣装
黒のジーンズに(私は初めて見る?)光り物の青いシャツ。をイン
ベチコちゃんは、白のフレンチスリーブのTシャツに、シマシマのキャミワンピ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「MYSELF」(初日)

2011年07月29日 | 紫吹淳(リカちゃん)
リカちゃんの芸能生活25周年記念コンサートです。

いろいろ詰め込まれていました。
とても楽しかったです。


最初は神々しくて、拍手できなかった。
魅入られてしまって動けなかったのよ。

それからも、
美しく、
凛々しく、
可愛らしく、
格好良く。

振付もイカしてる!
かっちょええっ!!
メンズ従えて踊っているけど
一番の男前はやっぱり、リカちゃん。
社交ダンス界からは
大村淳毅さん&和田恵さんが来てくださいました。
キレキレでセクシーなダンスにウットリです。

1場面1場面はちょい長め。
でも、メイン一人だから仕方がないか。

歌謡曲は必要だったのかな。
似合っていたけど。

宝塚の歌は、、、
トップ時代の歌は芝居から2曲。
「ヴァンパイア・レクイエム」は来るだろうな、
と思っていたけど
もう1曲あるとは思わなかった。
好きな曲だったので嬉しくて涙が出た。
あとはー、
コンサートの歌とか。
衣装もアレだったよー。

以前コンサートで歌った
ウェーバーさんの曲もあり。
作詞したから思い出があるんだろうけど
キーが合わないと思う。
それ以上に、
「えっ!あなたは、チェだろう!」
と思っちゃうんだな、あれは。

その他、退団後から今まで出演した作品の歌など。

本日のゲストは駒田さん。
歌うは、もちろんあの曲です!!


パンフレットはとても薄く、
リカちゃんの写真&インタビュー&経歴が載っているくらい。
ダンサー、バンドメンバーの略歴無し。


宮本さんが上手側なのが
どうしようもなく違和感。
そっちは島山さんなのに!!
しかしだ!
宮本さんが!
「ヴァンパイア・レクイエム」とか!!
ヅカの曲を弾いているんだよ。
そのベースの音でリカちゃんが歌っているんだよ!!
もう、興奮しすぎて
耳から血が出るかと思ったよ。
本当に、現実に見ると、
心臓バクバクなんてレベルじゃないです。

うーんと、、、
BACCHUSが参加したツアーは、
阪神大震災の年で、
それはヤンさんのサヨナラ公演の時で。
って、ことは。
私が宮本さんを初めて見た(聞いた)とき、
リカちゃんは花組のフェリーペか。
うひょーいっ!
どんだけ昔の話なのー!!

いろんな思いが渦巻きました。
あと1回見ます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まりも、部分休演

2011年07月28日 | 宝塚(月組)
ちょい前からネットで噂になっていましたが
まりもちゃんの部分休演が公式に発表されました。

 → 月組 宝塚大劇場公演 休演者(部分休演)のお知らせ(宝塚歌劇)


2011/07/28
月組 宝塚大劇場公演 休演者(部分休演)のお知らせ
月組 宝塚大劇場公演『Dance Romanesque(ダンス ロマネスク)』の休演者(部分休演)をお知らせいたします。

月組 蒼乃夕妃

(部分休演場面および代役)
第7章 フィナーレA-Song&Dance- 第7場B
 フィナーレの女S 蒼乃夕妃 → 萌花ゆりあ

※怪我の為、7月29日(金)15時公演より部分休演いたします。
なお、復帰時期につきましては、現在のところ未定となっております。



大事ないと良いですが。



ついでに。
月組公演「アルジェの男」特設ページに
スカステで放映された稽古場レポートの動画がアップされました。

 → 「アルジェの男」「Dance Romanesque(ダンス ロマネスク)」特設サイト(宝塚歌劇)

あちょうも出てます!!


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

檀きちとミッチーが結婚!!

2011年07月27日 | その他イロイロ
檀れいちゃんと及川光博さんが
ご結婚とのことです。

びっくり!!

ミッチーはヅカファンだから
(元)ジェンヌと結婚するのは
まあ、ありえるとは思うけど。

檀きちと!
「相棒」での共演が縁で!

ほんと驚き!!

おめでとう!
いつまでもお幸せに!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マールイ、「白鳥」、「海賊」新版の写真

2011年07月27日 | バレエ・ダンス
いつのまにやら、日本の公式サイトに
写真が出ていましたよ。

 → 「白鳥の湖」(レニングラード国立バレエ「演目を知る」)
 → 「海賊」(レニングラード国立バレエ「演目を知る」)

「白鳥」新版は道化が出るんですね。
来日メンバーに新たに加わった男の子達は
道化役なのかな?
衣装もだいぶ変わるんですね。
寂しいなあ。

「海賊」もかなり変わるみたい。
ランケデムのヒゲと眼帯にはクラクラ来ますが・・・

主演も全部出して欲しいけど、
ソリストクラスの来日メンバーも
早いとこ出して欲しいなあ。
オマールとかブレグバーゼとかとかさー。

本国組との同時公演だから
早くから振り分けを決めるのは難しいと思うけどね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

うさぎのしおり

2011年07月26日 | タイバニ
現在、有隣堂秋葉原店で
「TIGER & BUNNY」関連の書籍1冊買うごとに
1枚しおりをもらえるのですが、
シークレットの絵柄がすごいと聞いて
行ってきました。

まだ買ってない本があって良かったわ。

シークレットはうさぎでした。
似たようなうさぎの携帯クリーナーと並べてみます。





可愛いなあ・・・


あともうちょっとでMXで17話放映です。
中継を見て話は知っているけど
もういちどしっかり見るのだ。


関係ないけど。
「折紙先輩」の字面に違和感を感じていた理由がわかった!
「折神」が脳味噌にインプットされていたからだ!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ロミオとジュリエット」ケント&ゴメス/アメリカン・バレエ・シアター

2011年07月26日 | バレエ・ダンス
ケントのマクミラン版ジュリエットは
マラーホフと踊ったのを見たのですが
そのときはいまいちだったので
今回見ようか迷ったのですが
彼女の全幕を見る機会は限りなく最後かも
と思って行ったのですが、大正解でした!
やったね、私!

ケントのジュリエットはとても瑞々しく、
少女時代は超可愛く、
ティボルトが死んだ後は、大人、でした。
自分の意思で考え決め、自分の足で立ち、進む。
最近のジュリエットは子供から抜け出せない人が多かったのですが
ケントはその過程が実にクリアでした。
情熱的で、短い時間を駆け抜けていく。
スピード感があり、刹那的で、
でもその一瞬は永遠の時間で。
とても素晴らしいジュリエットでした。
私はフェリのジュリエットが大好きなので
マクミラン版を見るとフェリの幻影も見えてしまうのですが
今回、初めて!!フェリの幻影は現れませんでした!!
大感動!!です。
長い手足はすっきり伸び、
リフトされているときも美しかったです。

まー、あれだな。
マラーホフと合わなさすぎたんだな。
当時も思ったけど。
マラーホフがリフトするたび、ドキドキだったもんなあ。

ゴメスのロミオもとても良かったです。
基本、女好きで、ちゃらんぽらんでー。
女性の扱いは慣れているみたいでー。
ロザリンドへの愛はとても情熱的でー。
それが、ジュリエットに対してはマジ顔で。
その差が、いいんです。
どれだけ本気か、とても伝わってきます。
そして、熱い血もたぎっていますので
ティボルトをうっかり刺しちゃったのも自然な流れですね。

二人の演技がとても噛み合って
充実した内容でした。

マキューシオはサルステイン。
細かい踊りがとても的確。
最後までテンションもスタミナも途切れず
お調子者を演じ、踊っていました。
死ぬ場面も冗長にならず
緊張感が保たれました。
ヴェンヴォーリオはシムキンくん。
二人の弟分みたいな。
これぐらいの役の方が似合うね。

パリスのハムーディは
スッキリとしたハンサムさん。

ティボルトはサヴェリエフ。
粗野でちょっぴち鼻つまみ者テイストがあって
でもリーダー格で。
踊りもシャープで良かったです。
ヒゲを生やすか付けてくれれば、なお良かったなー。

以前ティボルトを演じていたバービーは
今回はキャピュレット卿。
ティボルトが死んで驚き悲しむ方に回ったのですね。
感慨深いわー。
相変わらずハンサムです。
妻と父娘役かー。

キャピュレット卿夫人はアブレラ。
今回唯一の残念キャスト。
インパクト皆無。
もっと嘆き悲しんで欲しいなあ。
モブに混じっちゃってる。

コプランドをはじめとする
その他のダンサーも良かったです。
「ドン・キ」より、ずっとずっと
生き生きとした舞台でした。

バルコニーは上手側に設置。
Rに座った私は階段が見えなかったけど
絶対こっちの方が好き!
バルコニー下の空間にロミオがいるのが好きなの。
ロイヤルは真ん中に持って来ちゃったので
ロミオの居場所が無くてテンション下がったっけなー。


【主な配役等】
ロミオ:マルセロ・ゴメス
ジュリエット:ジュリー・ケント
マキューシオ(ロミオの友人):クレイグ・サルステイン
ティボルト(キャピュレット卿夫人の甥):ゲンナディ・サヴェリエフ
ヴェンヴォーリオ(ロミオの友人):ダニール・シムキン
パリス(ジュリエットの婚約者):アレクサンドル・ハムーディ
キャピュレット卿夫人:ステラ・アブレラ
キャピュレット卿:ヴィクター・バービー
ヴェローナの大公:クリントン・ラケット
ロザライン:ルシアナ・パリス
ジュリエットの乳母:スーザン・ジョーンズ
ローレンス神父:クリントン・ラケット
モンタギュー卿夫人:サラ・スミス
モンタギュー卿:ロマン・ズービン
3人の娼婦:
 ミスティ・コプランド、シモーン・メスマー、クリスティー・ブーン
ロザラインの友人:カレン・アップホフ
ジュリエットの友人:
 ジェマ・ボンド、カロリーヌ・デュープロー、レナータ・パヴァム、
 クリスティーンシェフチェンコ、ジェニファー・ウェイレン、
 キャサリン・ウィリアムズ
マンドリンの踊り:
 クレイグ・サルステイン、グラント・デロング、ケネス・イースター、
 ブレイン・ホーヴェン、アロン・スコット、アイザック・スタッパス

振付 : ケネス・マクミラン
音楽 : セルゲイ・プロコフィエフ
原作 : ウィリアム・シェイクスピア
台本 : セルゲイ・プロコフィエフ/セルゲイ・ラドロフ
装置・衣裳 : ニコラス・ジョージアディス
照明 : トマス・スケルトン
指揮 : オームズビー・ウイルキンズ
管弦楽 : 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スカステニュース

2011年07月26日 | 宝塚(専科、スケジュール、雑談等)
録画していたニュース総集編を見ていたら
あちょうが出ていた。
素顔はこんなかんじなのか。
普段の声はこうなのか。
思いがけずわかってとっても嬉しかった。
(やっぱ肩幅があるねえ)
こうしてまた、消せない番組が増えた。
HDDの整理をしても追いつかない。
どうしよう。

「灼熱の彼方」の千秋楽の様子も見た。
白い衣装の方は彩凪翔でいいのかな。
演技も歌も、技術面ではまだまだ未熟だけど
それを超える、なんか光るものがあった。
勢いとエネルギーを、画面を通しても伝わってきた。
今後が楽しみ。

つぶやきでもいいかと思ったけど
流れないようにこっちに書いておきます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「遙かなるふるさと 旅順・大連」

2011年07月25日 | 映画
記録映画作家の羽田澄子氏が
生まれ故郷の中国東北部を訪ねるシネエッセイ。

1926年に大連で生まれた羽田氏は
幼少期に一時日本に戻るも
父の転勤に伴い旅順に行く。

ながらく旅順は軍港だったため
外国人の立ち入りはできなかったが
最近の開放政策で、外国人観光客の受け入れも始まり
羽田氏は生まれ故郷を訪ねる。

シネエッセイ、と銘打たれているとおり
特にドラマはなく、
たんたんと、当時の彼女の思い出と
現在の街並みが映ります。

中国で、ロシアが街を作り、日本が租借し、ソ連が侵攻し、中国に戻る。
複雑な歴史の街。

昨年の旅行で行ったので
 
 → 旅行記はここ

目新しさはないものの
ああ、見たよ、この景色、と
ちょびっと懐かしかった。

あの時代は、日本、だったんだな。
実感。

羽田氏が懐かしく思うように。
ソ連にとっても「我が町」だったんだな。
そのことも良くわかった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする