きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

写真整理中

2011年11月30日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
11月26日~28日は高知旅行でした。

竹林寺に行って


牧野植物園に行って


海癒に泊まり

ライブやら足摺岬観光やら。

もうちょっとしたら旅行記と
ライブレポをアップする予定です。
コメント (4)

リカちゃん、「王様と私」のアンナ先生に!

2011年11月29日 | 紫吹淳(リカちゃん)
かしげちゃんがアンナ役で
出演が予定されていた「王様と私」ですが
病気の影響で降板、
リカちゃんが代役だそうです。

 → 出演者変更のお知らせ(ハローミュージカル!ツアー「王様と私」)

びっくりです!
事務所の先輩であるということ、
王様役のマツケンさんと共演経験があること、
などの理由もあるのでしょうが、
東宝主催でないとはいえ
このテの作品(正統派ミュージカル)の
出演があるとは思ってはいなかったので
ほんと、予想外でした。

かしげちゃんの健康状態も心配ですが
リカちゃんの体力も心配です。
「9to5」も全国公演があるようですし。
私のお財布も心配・・・。

ま、決まったからには
ついていくしかありませんね!!!

かしげちゃん、お大事にね。


発表は昨日だったようですが
旅行中だった私は、ついさっき知りましたので、
今日付の記事で。
コメント

東京バレエ団 子どものための「ねむれる森の美女」(新制作) 上演決定!

2011年11月29日 | バレエ・ダンス
オーディションのチラシにタイトルが掲載されていたので
詳細情報の発表が待たれていた上記公演ですが、
ついに、内容、公演日時、配役が発表されました。

 → 東京バレエ団 子どものための「ねむれる森の美女」(新制作) 上演決定!(NBS)

上演時間が休憩を含め1時間半というのが良いですよね。
最初に「眠り」の全幕を見たときに
あまりにも長くてビックリしましたもん。
お子さんには3時間半は無理ですよね。
キラキラした世界、そんな印象を
持ち帰ってもらえたらいいなあ。


東京バレエ団
子どものためのバレエ「眠れる森の美女」

◆公演日&主な配役
3月3日(土) 1:00p.m.  オーロラ姫:佐伯知香/デジーレ王子:長瀬直義
3月3日(土) 4:00p.m.  オーロラ姫:二階堂由依/デジーレ王子:柄本弾
3月4日(日) 1:00p.m.  オーロラ姫:沖香菜子/デジーレ王子:松野乃知


佐伯さんと長瀬くんは、いよいよ!ってカンジです。
この後は本公演でも主演を努めて欲しいです。
二階堂&弾は、このままコンビ結成なのかな。
カブキに続いて、パートナーシップを深めて欲しいですね。
もう一組は若手?
チャンスがあるのは良いことですよね。頑張って!!

コメント (2)

高知旅行(8)高知の美味しいもの

2011年11月28日 | 美味しいもの
11月25日
往路ANAで飲んだ「味一しぼり」

「オレンジジュース」ではなく、
「甘いみかんで作ったジュース」でした。

屋台安兵衛の餃子


と、おでん

大根、筍、玉子


11月26日
高知ホテルの朝食

魚の小骨が多かったけど
バリバリ食べた。

牧野植物園で小休憩中に。

土佐ジローの卵で作ったアイスと
瀬戸内れもん紅茶。
土佐ジロー、絶賛売り出し中みたいだね。

ひろめ市場「明神丸」のカツオのたたき。

奥がタレ。手前が塩。
塩の方がさっぱりしていて好み!

それだけでは足りないので、
寿司と揚げ物。
その辺で適当に。

寿司に付いていたのは甘いタレだった。
あなごに見えたのはうなぎ?
それ用のタレ?

ひろめ市場→駅の途中で買ったプリンは
高知→中村間の特急内でのおやつ。

ひまわりコーヒーは高知駅で買いました。

海癒の初日の夕食

大皿料理をみんなで食べる。
野菜も鶏肉もカツオも、どれも美味しかった!
写真を撮ったあとに出てきた
鯖のトマトソースのパスタも美味しかった。
私はあんまり鯖は好きじゃないんですが
ここでいただく鯖は生臭さ皆無で
とても食べやすいです。


11月27日
海癒朝食
メロンとバナナのフレッシュジュース


うーんと。
トースト。なんのジャムだったかな。
一番上の白いのはカスタードクリーム。
とても美味しかった。


全粒粉のパンケーキ


ココナッツとチーズのトースト

私はこれが一番好きかな~

昼食は足摺岬でカツカレー

ごはんの上に乗っているのは
MK氏注文のうどんに入っていたじゃこ天
ここまで来てカツカレー、とも思ったけど
魚は食べたし、うどんでは弱いし、、、

清水プラザ・パルで
バス待ち中にアイス。


部屋に戻り、昨日駅前で買ったヨーグルトも食べる。

文旦or柚のゼリーが入っていました。

夕食は野菜中心。
MK氏リクエストは「人参たくさん」

他にもたくさんありましたが
話に夢中で写真を撮り忘れました。


11月28日
朝食は昨日とだいたい同じなので写真無し。

お昼は中村の物産館「サニーサイド」で。

あおさが入ったうどんとか
カツオのたたきとか

時間潰しに屋外の売店のアイスを食べる。

MK氏は塩キャラメル、私は栗。

中村駅前で買ったグアバジュース



今回も美味しいものばかりで幸せ!
コメント

高知旅行(7)大岐の浜~帰宅まで

2011年11月28日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
11月28日
昨日と同じ時間に・・・
ではなく、寝坊気味。
8時からご飯なのに
起きたのは7時40分でしたよ。

朝食後、大岐の浜を散歩。

ちょっと曇り気味で波も高い。


でも海はきれい。

MK氏が足跡を付けながら歩く。


満足、満足。
海癒に戻り、最後のお風呂。
のんびりゆっくり浸かりました。

いよいよ海癒とお別れ。
バス到着までの時間を利用して
お釜を見せていただきました。





3日間、ありがとうございました。


12時18分?のバスに乗り、中村へ。
13時前に到着。
駅近くの鰹節屋さんへ自宅用の土産を買い込む。

駅から徒歩3分ぐらいにある物産館
「サンリバー四万十物産館」へ。
昼食に最後のカツオのたたきを食べ、
館内散策。
いろいろ欲しくなる。
悩ましい。

15時10分発の南風24号はアンパンマン列車。

高知までは約2時間。
諏訪が田舎のMK氏は、
この時間(中村-高知)で諏訪まで行けるかと思うと
やっぱ遠いんだねえ、と言う。
私は逆に、本家(祖父の代で分家しているので
田舎と言うにはちょっと遠い関係なのだ)の須坂は
新幹線開通前は移動に1日だったので
(いくら乗ってもまだ高崎!ってかんじ)
昼に出て日付が変わる前に帰宅できるのなら
そんなに大変ではない、と思っちゃうのだった。

高知には17時着。
17時15分発の空港バスに乗り、
高知空港は18時半発。
羽田後は、ちょっと遠回りだけど空いている経路を使い
帰宅したのは22時前でした。

今回も楽しい旅行でした!
コメント

高知旅行(6)足摺岬

2011年11月27日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
バスは海癒前を・・・
9時前ぐらいだったかな。

終点の足摺岬には10時過ぎに到着。
海癒からのバス代1,100円。

バス車内で、
「エビータ」の会員先行予約に挑戦。
携帯のネット予約ではブロックしか指定できない。
狙っている席は取れるのか?
3列だと?
私が欲しいのはそこじゃない!!
とキャンセルしかけて、
「エビータ」は座席配置に変更があって
その列こそ、私が欲しいところだったよ!
あぶないあぶない。
千秋楽を含め、狙っていた席が取れました!

ウハウハ状態で金剛福寺到着!

神様、ありがとう!




お寺を出た辺りの駐車場にある
中浜万次郎の銅像。

やなぴーの斉彬を見逃したことを、
ちょい悔やむ。

灯台


今日はちょっと曇り


「亀呼び場」の亀


亀石


こういう景色も見ながら


白山門洞へ。

前回は上から見下ろすだけで、
下まで行きたいな~、と思っていましたので、
今回は下から見上げて大満足。

門の横から見た海


再び上に上がり、白山神社へ。


バス停近くで昼食。
土佐清水へ。
町中をぶらぶらしたあと
バスで海癒に戻る。

お風呂に入って、夕食。
なんだかいろいろ喋り過ぎちゃって
ちょっと恥ずかしいです。
コメント

高知旅行(5)海癒

2011年11月27日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
海癒に到着し、受付を済ませ、お部屋へ。
今回のお部屋は「テラコッタの部屋」。





海癒のHPで見たときは
タイル貼りの部屋は靴を脱げないからイヤかも、
と思っていたのですが
こちらのお部屋は靴を脱いで上がるタイプでした!
タイルの感触が心地良いです!
足の裏にしっとり!
でも冷たくはありません。
靴下越しでもこんなに心地良いなら、
夏場、素足で過ごしたら天国でしょうね。

荷物を置いたら、すぐお風呂。
温泉棟では、なんだかリハが始まる気配もしましたが
そんなの
気にせず

横を通り過ぎてお風呂へ!
だって、この時間を逃したら
今日は入れないし!!

前回来たときは、古い眼鏡をかけて入りました。
今回はコンタクトレンズ着用。
年明けに行く旅行先は基本的に眼鏡不可なので
練習を兼ねて。
クリアな視界で入ると新鮮。
お湯が柔らかい!
気持ちいい!
サウナも堪能しました。

お風呂から出て。
やばいね、タオルしか持ってきてないね。
ブラシを持ってこなかったよ。
ドライヤーはかけたものの
ザンバラ髪にノーメイクで
リハ終了の出演者の横を通りました。
別に、もういいしー。いまさらだしー。

しばしお部屋でゆったりし、
夕食へ。
とても美味しかったです。

ライブは19時過ぎ開始。
終わったのは、、、21時頃?
ペンライトのサプライズもあり
とても楽しかったです。

終演後は夜の海へお散歩。
新月で曇りっぽい夜空は
それほど星の輝きはありません。
オリオンの三つ星がかろうじてわかるぐらい。
でも、暗い海も楽しい。
なかなか味わえない世界。

部屋に戻り、就寝。


11月27日
夜明けちょい前。


夜明け


日が昇りました。



飽きない景色。

朝食は8時から。

朝食後は、、、、、、。
飛行機に乗る前は、
本読んで、昼寝して、本読んで、お風呂入って、終了。
をイメージしていたんですが
やっぱりちょっと出かけよう、ということで
足摺岬方面へ。
コメント

高知旅行(4)高知から海癒へ

2011年11月26日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
たぶん、10時55分発のバスに乗り
はりまや橋方面へ。
名産センター前で降り、
ぶらぶら歩き、ひろめ市場へ。
カツオのたたきなどを食べつつ
いろいろ見て回りました。
駅に戻りつつ、商店街でおやつを購入。

駅に到着。

わけのわからんものができてます。

駅前の土産物屋でちょこちょこ買い足し、
13時50分発の「あしずり3号」乗車。

中村駅には15時31分着。

(バス車内から撮影)







足摺岬行きのバスは特急に連結しています。
この列車に対しては15時41分発のバスが連結します。
電車を降りて、トイレに行って(←綺麗になりました)
駅を出たすぐの2番のバス停で待っているバスに乗ると
ちょうど出発時間です。


乗車して30分ぐらいして「小浜」を過ぎたら
または、次のバス停に「大岐の浜」の文字が出たら
運転手さんに「海癒の前で止めてください」と
伝えてください。
出発前に言っておくのも良いかもしれません。
そうすると、海癒の真ん前に止まってくれます。
海癒までは40分ぐらいだったと思います。
バス代は1,110円です。(2011年11月現在)
コメント

高知旅行(3)牧野植物園

2011年11月26日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
竹林寺に続いては牧野植物園。
観光用の、いわゆるフラワーガーデンではなく、
「牧野富太郎博士の業績を顕彰する施設」なので
華やかで美しい花が咲き乱れ、ではないのですが、
高知の植物と、牧野博士の研究成果と、
植物関係の博物館、展示館と
さまざまなものを見ることができる、
とても良いところでした。

竹林寺を出た斜め向かいに
植物園の南門があり
入ったらすぐに温室があります。
当たり前だけど
暖かい!
嬉しい!!

サボテン




なんかの木


南国の花


バナナの花


夜咲き性熱帯スイレン「サー・ガラハッド」
朝の9時を過ぎると花は閉じてしまうそうです。


温室を出ます。
外にもいろんな花が咲いています。






園内は、ひたすら広い!

晩秋なので風は冷たいんですが、
日差しは強いんです。

紅葉も


牧野先生銅像

なぜ、キノコ?

若き日の牧野先生は、
なんとなくクウガの頃のオダジョーに似ている?


小高い場所からの景色。



ギリギリ海は見えない。

カンランの展示もありました。


博物館・展示館には牧野先生の生涯や
研究業績などの展示もありました。
個人で、心血を注いだ研究。
専門家でなくても鳥肌です。
人って、なんて偉大なんだろう。
子供用の植物に関する展示も
すごくわかりやすかったです。
姪達を連れてきたい。できることなら。
コメント

高知旅行(2)竹林寺

2011年11月26日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
11月26日
ツアーに着いている朝食を食べ、
ホテルをチェックアウト。
高知駅前8時出発の「MY遊バス」に乗り、竹林寺へ。

四国八十八箇所霊場第三十一番札所「竹林寺」


五重塔


大師堂


ブッダドーム(仏陀覆い屋)


紅葉も少し


狛犬?


客殿とお庭も美しかったのですが
上手く写真が撮れませんでした。
コメント

高知旅行(1)高知へ

2011年11月25日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
今年もまた高知に行ってきました。
海癒に行く前に、
高知観光の宿題もどうにかしたいね、
と、いうことで、
金曜日の夜に前乗りすることにしました。
私は結局、金曜日も有休を取って
月組公演などを見ちゃいましたけど。

基本はANAのツアー。
往復の飛行機と一泊付きで
便指定代を入れて@\27,900でした。

11月25日
羽田空港は19時出発。
高知空港へは20時25分到着。
空港バスに乗って高知駅へ。

南国土佐だ!と思っていたのに
けっこう寒い。
東京より「やや」「こころもち」
「ほんのちょっぴり」暖かいだけ。

はりまや橋付近に
21時10分頃差しかかりました。
ここで降りてアンコールだけ聞く、
ってのも考えましたが、
確か ULTRA ROCK BAR J's の入口は
舞台横だったと思ったので、
演奏中に入るのはマズイかなー、
と思って止めときました。

宿泊は高知ホテル。
高知駅の真ん前です。
荷物を置き、高知橋付近へ。
屋台は一軒しか出ていませんでしたが
それは、お目当ての「安兵衛」!
幸い、殆ど並ばず入れました。

お腹に暖かい物を入れて就寝。
コメント

「我が愛は山の彼方へ/Dance Romanesque」宝塚月組@川口

2011年11月25日 | 宝塚(月組)
月組全ツ。
私が行ける地域の土日公演は
すでに旅行の予定が入っている。
私が取るべき道は?
 (1)行くのを諦める
 (2)祝日の名古屋公演を日帰り
 (3)休暇を取って平日公演
そんなわけで、平日の川口公演に行くことにしました。

芝居は「我が愛は山の彼方に」。
再々々演ぐらいになるのかな?
私は2000年の星組ノル版を見ています。
ノル版と比較すると役がかなり少なくなっています。
「なんだとはなんだとはなんだとはなんだ」等、
無くなってすっきりした部分はあります。
ただ、ジュリメを含む女真国側の登場人物が少ないためか
メイン3人の心の揺れが少なくなっているように思います。
王から認められ、その妹と婚約しながらも
武人としての義を通したい、
その裏に恋心が揺れながらも表に出すことはない、
そういったチャムガを作るには難しいかも。
脚本的に。
まさおもかなり頑張っているけれど
やっぱり、武人よりもボンボンに見えるので
良いところのお育ちのお坊ちゃんが
理想論を述べているようにしか見えないときもある。
きりやんも、ノルさんに比べればあっさり風味だから、
国を巻き込んで「実は万姫略取に対する復讐」をするようには
あんまり見えないんだな。
せっかく役が少なくなったんだから
もうちょい主役二人を描き込んでもいいんじゃないか、
と思いました。
せっかくの植田芝居なのに、
コテコテしていないのが、
逆になんだか物足りない。
ここがあっさりになると、
万姫の心の揺らぎもわかりづらく
二股に見えかねなくなるんだよね。
越リュウのエルムチも
余計なことをしすぎで言いすぎでやりすぎにしか見えない。

それでも、この前がこだまっちの「仮面の男」だっただけに
植田芝居に安心するし、
こういった型芝居は財産だなあ、と思う。
♪あいしてる×8も、来た来たよ!
とワクワクしちゃうわ。

合戦の場面なども少人数で頑張っていたね。

でも、やっぱり、できれば、主題歌は
「♪わがあいはぁ~~ 
  やまぬぉぅ くわぁぬわぁとわぁぁぁにぃいぃぃ」 
ぐらい、ねちっこく歌って欲しいんだけど
まあ、キリヤンには合わないね。

ジュリメの魔法の短剣は高麗軍の矢に変わっていました。
そこでその仕掛けを使うか!

最後のダイビング×2も
なかなかの迫力でした。
そのあとにタイトルを叫ぶ秀民様が
いいんだよねー。

【主な配役】
朴 秀民:霧矢 大夢
万姫:蒼乃 夕妃
チャムガ:龍 真咲
永順:磯野 千尋
柳花:一原 けい
エルムチ:越乃 リュウ
玄喜:青樹 泉
楚春:憧花 ゆりの
季将軍:綾月 せり


ショーは「Dance Romanesque(ダンスロマネスク)」。
見慣れた位置にあちょうがいなくて寂しい。
超寂しい
ノートルダムの兵士も4人から3人に減っているし。
しくしく。

人数が少なくなってどうなるかと思ったけど
そのぶんみんなが大きくダイナミックに踊っているので
とても見応えがあった。
かもめも大劇場版より人数が少なく照明も明るいんだけど
そのぶん、一人一人の踊り、芝居が良く見え
感動も倍増だった。
人数が少ないことは、決してハンデではないんだ!

大劇場版と変わった場面で言うと・・・
みりおのKポップ風味は
まさおの耽美だけど野郎系にチェンジ。
良い雰囲気だった。
ノートルダムの隊長は越リュウ。
大反則なまでにカッコいい。
カモメのとしちゃんの歌も素晴らしかった。

ご当地ジェンヌ紹介は、としちゃんでした。

休暇はちょっと無理矢理だったけど、
でも!行って良かったわ!
月組、大好きだよ!!
コメント

「TAMASHII NATION 2011」にデマプチを買いに行く

2011年11月25日 | タイバニ
11月25日~27日に開催される「TAMASHII NATION 2011」の
開催記念商品のデマプチが欲しくなりました。
後日受注生産されるのはわかっていましたが
いつから予約開始で、いつ手元に来るのかわからないので
買いに行こう!と決心しました。
どうせ25日の午前は空いているし。

なにしろ初めてのことなので勝手がわかりません。
7時20分頃、列に並び始めました。
購入整理券を最初に貰うことはわかっていましたが
そこまでどれくらいかかるのか?
見当もつかないまま並び・・・
けっきょく整理券を貰えたのは9時前でした。
並ぶこと自体はPSPを持っていたので
それほど苦ではなかったのですが、
日陰で並ぶのはとても寒かったです。
指先がかじかんで来ました。

整理券の指定時間は12時20分。
喉が渇き空腹も感じましたが、
空いている今のうちに!展示ブースに入りました。

展示ブースにはさとうけいいち先生のイラスト(クソスーツ)などもありました。
ウルトラマン、戦隊、ライダーなど
いくつかのテーマごとの展示コーナーもありました。

タイバニコーナーでは、
参考作品(作ったけど商品化は未定)として
ルナ先生やクリームちゃんもいました。
ルナ先生の指先が、クッとしなっているのが
たいへん美しゅうございました。

ただ、、、
ここに入るまでは、せっかく購入権があるんだから
黒バニちゃんのフィギュアも買っちゃおうかなあ、
と考えていたんですが、
実際にフィギュアを見ると、、、
精巧で美しく、マニアがいるのはよくわかるのですが、
思っていたよりずっと小さかったこともあり、
私はもう少し大きくて
フワフワして
毛がある方が良いなあ

と思いました。
とりあえず、この分野は私の所有欲を刺激しない。
それがわかっただけでも今日来たかいがありました。

展示ブースを出て、駅前のパン屋で朝食。
入場特典のスカイハイを組み立ててみる。

「ご来場ありがとう、そしてありがとう」Ver.

時間が半端に余ったので、有楽町ビックカメラまで
上野周りで行きました。
暖かい車内で熟睡。

ビックでの用事を済ませ、
秋葉原に戻っても、少々時間が余っています。
ついでなので「東京アニメセンター」の展示を見に行きましょう。
なにか増えているかな。

入口のポスター群
ヒーロースーツ
109の広告が出た初日のイベントで
1階のブースに貼られていたポスターかな?






109の広告にも使われたイラスト


看板


横長ポスター


「ヒーローTV」ブースの画面に折紙先輩が!


時間になりましたので買い物に行きます。
並んでいる間に、購入シートに数を記入。
そのシートに、途中で確認のハンコをもらって
購入口まで進みます。
そこでシートを出し、商品を出して貰って会計。
物販列移動から会計完了まで5分ぐらいでした。
こういうシステムなのか。
ぶっちゃけ、もっと広い場所で
現物をしみじみ見ながら購入かと思っていました。
実際には、イメージとしては武道館コンサートの、
外のテントの物販コーナーみたいでした。

で!
手に入れましたよ!
クソスーツ&ウサギのデマプチ!

可愛いわあ・・・!
大満足です。
並んだかいがありました。

次の予定まで少々時間がありましたので
目に入ったアニメイトでガチャガチャとか。
カード

箱買いする方が早いのかなあ。

先行販売のガワも回しました。

発動前の虎と兎でした。

キラキラシールも買っちゃったりして。


フィギュアに関しては物欲は動きませんが、
憑き物が落ちたわけではまったくありませんでした。
コメント

星組、台湾公演決定と、バウヒロイン発表

2011年11月24日 | 宝塚(専科、スケジュール、雑談等)
噂は前から有りましたが
本日正式に発表になりました。

台湾公演決定です!
行くのは星組ちえちゃん以下40名。

 → 宝塚歌劇団 台湾公演の実施について(宝塚歌劇)

【期間】 2013年4月6日(土)~4月14日(日)(予定)

【会場】 国立中正文化中心 国家戯劇院 (1526席)
      (住所)台湾 台北市 100中山南路21-1号

【出演者】 (星組)柚希礼音 他 星組メンバー 合計40名(予定)


地下鉄駅から徒歩3分みたいなので
特にツアーにのらなくても
行くことはできるかな。
チケットも日本で手配できるかな。

演目はまだ未定みたいだけど
やっぱり1本は和物ショーなのかな。

記事中に
「この度、東日本大震災の義捐金として200億円を越す多額の支援が台湾の皆さんから寄せられたことは、日本と台湾が強い友好関係で結ばれている証とも言えます。」
と明記してくれたのは、いいことだよね。

行ければ、行きたいなー。


でも、2013年?
2012年じゃなくて???
それまで、ちえちゃん確定なの?


もひとつ発表がありました。
すずみんバウのヒロインは
はるこちゃん。
着々と来ているのかしら?
娘役は読めないわー。
コメント

「テイカーズ」

2011年11月23日 | 映画
華麗なる強盗団の、華麗なる終幕。


宣伝がネタバレ過ぎたけど、
最後がアレとは思わなかったよ。
スカッとする終わり方じゃないけど、
納得ではあるね。
アメリカ映画では珍しいのでは?
香港映画ではよくあるけど。

いくつかのドラマが複合的に絡み合うけど、
最後に上手く収束できた。よね。

刑事役のマット・ディロン(ディモンじゃないよ)の、
薄汚れぶりが良いです。
暴力刑事だけど、推理も洞察も良い。
相棒との関係は・・・。辛いね。
ポール・ウォーカーを見るのは今年2回目。
それほどチェックしてなかった作品に
見目の良い人がいるのは嬉しいことです。
ワイルド・タフガイ系でもないし
正統派ハンサムでもないかもだけど、
魅力的な雰囲気を持っています。
若き日のアナキンを演じた
ヘイデン・クリステンセンは
なんとも微妙というか。
脇で光る系でもなく、
目に残る系でもなく、
ビジュアル系でもなく、
主役系でもなく。
演技はそつないし、
今回の役の衣装の着こなしも上手い。
でも、印象に残りづらいなあ。
私の中ではとても難しい位置に
ひょこっと入っちゃった。
これからどうなるのかなあ。
コメント