きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

OUT THE BLUE~NOW HERE MEN

2003年06月27日 | 小山卓治
 コンドウトモヒロさん(PEALOUT)のイベントに卓治がゲスト出演。コンドウさんの若い女性ファンに気を使う卓治、という珍しい姿が見られました。いやもう、普段卓治で見慣れている客層とは全然違うのよ。あ~、お邪魔してすいません、ってカンジでした。

 トップバッターの延原達治さんが9曲演奏した後、卓治の登場。演奏したのは以下の7曲。
  
 (1)傷だらけの天使
 (2)Blind Love
 (3)家族
 (4)ある夜の電話
 (5)結晶
 (6)微熱夜
 (7)DOWN

卓治らしいガツンと攻める曲(1・6・7)、コンドウさんがカヴァーしてくれた曲(3)、卓治の曲の中ではいくらかは若い女性に受けそうな曲(2・4・5)、と、新しいアルバムからの曲も入れつつも初心者仕様で、バランスの良いプログラムだったと思います。こういうゲスト出演で「ユリエ」なんか歌ったらぶん殴るぞ!と思っていたので一安心。大晦日のイベントで「前夜」を歌われたトラウマがまだ癒えていないのよ。

 MCでは自ら年齢をバラなど、いつになくテンションが高かったというか、かなり頑張っていたというか。まったく自分や自分の曲を知らない人のファンならともかく、自分の曲のカヴァーを聞いたことのある人の前でのMCは難しかったでしょう。コンドウさんの先輩・お兄さん、ってイメージで喋らにゃならん、っていう気合(気負いとも言う)が見えたような気がしました。ご苦労様です。

 演奏された曲はみな好きな曲で嬉しかった。決して手抜きではなく(あたり前だけど)、短いながらも熱い演奏でした。こういうところで「微熱夜」を聴けるとは思わなかった。「この道20年」のギターの厚みのある音は、他のお二方のファンの心に残ったのではないでしょうか。

 私は体調が悪く、大変申し訳なかったのですが、卓治の演奏終了と共に帰ってしまったのですが、コンドウさんがアンコールで「負けないで」を歌ったそうで。なにかやるんじゃないかと思ったんだけど、卓治が自分のライブに呼ぶと言ってたからさ、そのとき聴けばいいや、と思っちゃいまして。本当に呼んでくれるかな?期待しています。
コメント

小山卓治Newアルバム「種」

2003年06月26日 | 小山卓治
 27日のライブ会場で買えばいいや、と思っていたのですが、新宿タワレコ販売分にはインストアライブの握手券が入っているというので昨日買って来ちゃいました。予約していないのにポスターも貰っちゃった。帰宅後はシムのインストールをしていたので、本日通勤中に聞きました。
 卓治のここ最近のアルバムって、実はちょっと苦手な部分があります。ひとつはライブの熱がアルバムから感じられないときがあること。ふたつめは卓治の声とバックの音があっていないと思われることがあること。卓治の歌声って、どちらかというと細いじゃないですか。声量がないとは違います。田中一郎さんと比べるとその違いがわかるかと思うのですが・・・。その細い声、どちらかというと技巧派ではなく、素朴な声って言うのかなあ。ボイストレーニング等をして作り上げた声とは違うっていうのか。そういう声に対して、やけに手の込んだ音を入れると、一体化して聞こえないんですよね。歌と演奏がバラバラに聞こえてしまうんです。っつうか、卓治の声が演奏に負けていると感じる時がありました。だから「Rocks」などはアルバムよりライブテープ(すいませ~ん)を聞いている方が楽しかった。
 でも今回は、わりとその辺のバランスが良いと思います。卓治の声がクリアに聞こえつつ、卓治の声が演奏をリードしているカンジ。「熱」についても、ライブ版がああなら、アルバム盤はこうなんだな、と割り切れるというのか、これはこれで良いな、と思わせてくれます。ジャケットを含むデザインもイイですね。歌詞カードで見る卓治の詞、字面で見る詞も結構素敵。
 収録曲について。「夕陽に泣きたい」は96年発表の「このままじゃいけない」を下敷きにした曲?「このままじゃいけない」のフレーズに聞き覚えが・・・。今夜のアリバイ」「ある夜の電話」はイメージ通りのアレンジ。心配していた「ユリエ」は綺麗にまとまったな、と。CDだから入れられたって気がする。A面最後にはキツイよね。一番好きなのは「汚れたバスケットシューズ」。若い頃の焦燥感とか飢餓感を思い出す。皆それを消すことなく、胸の奥に残しているんだよね。「種の歌」もリリカルなんだけど、素直に詞が心に染み入る。
 とりあえず、1回流して聞いてみた感想はこんなところ。夜にゆっくり聞きます。(いま何時?とは聞かないようにね!)
コメント