きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「ファイナルファンタジーVII」

2020年04月27日 | ゲーム(どうぶつの森など)
ファイナルファンタジーVIIのリメイクが発売された頃。
懐かしいし、流れてくる映像は美しいし、
プレイしたいな、と少し思ったのですが、
まず高いハードを買わなきゃいけないし、
ソフトもお高いし、
FF7以外やりたいゲームは特にないし、
話は7番街脱出までだというし、
なにより、リメイクはアクション要素が増えているとの噂を聞き
ゲーマーレベル的にもお財布的にも
私には無理だわ、と見切りをつけたのですが。

会社で席替えが決まり、
移動にあたっていろいろ片付けていたら
これが発掘されました。



会社の人に貸して戻って来たとき、
私はインターナショナル版をプレイしていたので
持って帰るのは後日でいいや、と思って
それきり忘れていたようです。
(その間、何年だ、、、)

いや、でも、まあ、プレステ本体は引越しの時に捨てちゃったし、
どうしようもないよねー、と思っていましたが、
この外出自粛の折、
プレイすればステイホームなんか超楽勝よね、と考え
ネットで探したら本体中古はかなり安かったので
メモリーカードと共に買いました。


早速はじめます。

ティファ!


エアリス!
エアリス!

教会の花!
涙が出てくる。

神羅カンパニーから脱出するクラウド。


炎の中のセフィロス!


ジェノバ!


コスモキャニオン!


ロケット村!


ウータイ!


メンバーも全員揃いました。


まさかまたコレの世話になるとは。


懐かしいです。
楽しいです。
まだまだ序盤です。

バレットとのデートを目指して進めています。
土日はステイホームどころか、
ステイTV前でした。
GWはバッチリです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宝塚歌劇の殿堂「柴田侑宏」 展

2020年04月21日 | 宝塚(プチ・ミュージアム、衣装展示等)
2月11日撮影









星組「アルジェの男」



ジュリアン衣装



サビーヌ衣装









サビーヌの楽屋



サビーヌの楽屋の椅子



小道具



柴田作品パネル
花組「あかねさす紫の花」


月組「激情」


雪組「琥珀色の雨にぬれて」


星組「アルジェの男」


宙組「黒い瞳」



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宝塚歌劇の殿堂「ロックオペラ モーツァルト」

2020年04月21日 | 宝塚(プチ・ミュージアム、衣装展示等)
ロクモ こっちゃん衣装










ロクモ ひっとん衣装










コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宝塚歌劇の殿堂「Éclair Brillant(エクレール ブリアン)」

2020年04月21日 | 宝塚(プチ・ミュージアム、衣装展示等)
オープニング
ベニ衣装

















あーちゃん衣装













こっちゃん衣装









ベニ パレード衣装










コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宝塚歌劇の殿堂「GOD OF STARS-食聖-」 (2)

2020年04月21日 | 宝塚(プチ・ミュージアム、衣装展示等)
エリック・ヤン衣装





ニコラス衣装



クリスティーナ・チャン衣装









小道具等
タンメン


点心


七色餃子


アイリーンが作ったアレ


料理対決の札


ニコラス応援うちわ


パラプリCD


アイリーンのスリッパ


ホン家末っ子(たぶん)


お札





台本



おまけ
ベニの手形と自分の指比較

長さがまったく違う!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宝塚歌劇の殿堂「GOD OF STARS-食聖-」 (1)

2020年04月21日 | 宝塚(プチ・ミュージアム、衣装展示等)
2月11日撮影





ホン・シンシン衣装



















アイリーン・チョウ衣装

















リー・ロンロン衣装













コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ワイルド・スピード」

2020年04月19日 | 映画
アマプラでワイスピ1st。
ワイスピは途中から見始めたので
この機会にワイスピ史を辿ります。

1stは前半はストリートレース。
後半はトラック強盗話。
前半は特に好きなネタじゃないし、
後半は、なんで強盗をやってるんだっけ、
と思い出せず。

予告で食指が動かなかったのも無理はないな。
カーチェイス自体はあんまり好きじゃないし。
この、街の強盗団が、
世界中からオファーが来るミラクルな団体にいつなるのか。
ぶっ飛びカーアクションはいつから始まったのか。
途中参加組には謎だらけ。

ファミリーのコア部分がわかったのが収穫。

まあ、つまりは、ドミニクとブライアンの出会いのお話、かな。
最後に分かり合えてよかったね。

ドミニクにはいつも女がいるのね。

ハゲマッチョ対決も、
キャットファイトもまだ無い。
市原悦子の家政婦が一作目は
まだ松本清張準拠だったようなものかしら。

ポール・ウォーカーが、
ただただ、惜しい。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ふたりの人魚」

2020年04月18日 | 映画
アップリンク見放題から1本。

ビデオカメラマンの男の恋人は、
街の運び屋のかつての恋人に瓜二つだった。
女は同一人物なのか、別人なのか。4人の人生が交差する。

画像が語り部のビデオカメラマン目線で
彼の顔が出ない面白い作りだった。

ヒロインがジョウ・シュンで、
セクシーな人魚姿の水中ダンサーと、
赤いジャージのツインテールの少女という、
両極端のビジュアルで驚いた。

オチも予想外だった。
そうだったのか、、、

映像とかは狙いすぎで、
話の繋げ方もぶつ切り気味で
ウォン・カーウァイを思い出させるけど、
彼ほどのスケールはない。
けど、そのミニマムさで
かえって良い情緒が出てた。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

申し訳ありません

2020年04月15日 | その他イロイロ
最近いただいたコメントですが
私の操作ミスで一部(たぶん5件ぐらい)を
削除してしまいました。
ポチッと押すところを間違えました。

このような言いたい放題のブログに
ありがたくもコメントいただいたのに
大変申し訳ありませんでした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ジーザス・クライスト=スーパースター」アリーナツアー(2012年)(と、四季ジャポ話)

2020年04月12日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)
「The Shows Must Go On」配信を見ました。
この版は以前にも見たことがあります。
映画館公開版を見たのか、DVDで見たのか。

衣装、ビジュアルは現代。
舞台は屋外。とってもとっても広いです。

ジーザスに偏執的な愛を真っ直ぐにぶつけるユダと、
怒りつつも受け止めるジーザスだった。
二人の濃厚な世界だね。
マリアはただのスパイスね。

ジーザスとユダが肩を並べて出てくるカテコはいいねえ。

初演の上演前に主題歌だけ先行で出して
それがヒッピー文化に乗って世界に広まったというし、
「現在」に合わせてカスタマイズする作品なんだろうな。

改めて見ると、階段がキツそうだ。
歌いつつ演じつつ、
あれを昇り降りなんて
息が上がっちゃうんじゃないか。

んで、あんなに大勢の客が入る。
いまなお(といっても8年前だけど)
見たい人がたくさんたくさんいて、
受け入れられている作品なんだ。

ジーザスとユダが肩を並べて出てくるカテコはいいねえ。


せっかく既成を破壊してぶっ飛んだのに、
それが、仏版ロミジュリもだけど、
日本だと古典回帰になるのが面白い。
というか、異文化だと
「壊す」部分がわからないんだろうな。

四季のジャポは既成の破壊よりは
日本的様式美に振り切ったかんじかな。

プティやベジャールのところを見ても、
オリジナルを作った人がいなくなると、
それを継承するのはとても大変。
オリジナルを体感している人が伝えても、
伝えきれない部分がある。
だからジャポもいまのうちに、と思うけど、
30年以上前の演出を保つ必要があるかと言われると、
難しいなあ。

つまり、四季版再演を少しも早く!
ジャポもいまのうちに上演しておかないと!
前代表の教えを知っている人がいるうちに。

好きな版だからずっと続けて欲しいし、
四季の商売上、新演出を常に作るのは無理だけど、
JCSの本質が「現在に合わせて」なら、
本当は新版を作るべきなんだろうな。

でも、それはそれとして!
新版を作るにあたって!
もう一度、四季オリジナル版を
しっかり見直して、は必要だよね!
だから、ジャポを!


【配役】
ジーザス:ベン・フォースター
ユダ:ティム・ミンチン
マリア:メラニー・C
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「THE PROMISE/君への誓い」

2020年04月12日 | 映画


アマプラ視聴。
オスマン帝国のアルメニア人虐殺の話。
民族を大量に殺す史上初の出来事は
ホロコーストの土台となったらしい。
ある日突然政府の方針で始まる。
なぜなのか、それを考える前に
残酷な現実が目の前に広がる。

縦軸はラブストーリー。
まあ、W不倫で、
やっぱりクリスチャンは寝取られ。
ちょい粗雑なところはあっても
ジャーナリストの意地とプライドは高く強く、
信念と優しさの人だった。
噛ませ犬の役の方が良い時があるんだなあぁ。
超髭。

主役はSWのパイロット。
ヒロインは男二人に愛されるのが納得の美人。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

〈熊本応援ライヴ〉改め〈ハーネス応援ライヴ〉

2020年04月11日 | 小山卓治
本日予定されていた「熊本応援ライブ」は中止、
名称を「ハーネス応援ライヴ」に改めネット配信されました。
第一部はONE会員限定公開。
第二部は一般公開。

第二部セトリ
小山さんソロ
夕陽に泣きたい
こわれた自転車
祈り

鎌田さんソロ
ハレルヤ

セッション
序章

第一部も鎌田さんソロ、
ふたりのセッションがありました。

次回の熊本応援ライブは10月18日。
ハーネスTシャツは残り1枚。
5月に8周年Tシャツを発売予定。
(利益率が高いと言われるグッズですよ、みなさん!)

ライブというのは、
アーティストと自分の1対1の真剣勝負で
その緊張感を含めて会場で楽しむものではあるけれど
それでも、こういう形でも、
「生」の音が聞けるのは
とってもとっても、ありがたい。
「いま」の小山さんの歌が聴けた。

鎌田さんのMCで、ハーネスの営業的な部分もだけど
「ライブハウスに音が鳴らない」ことが
とても辛そうだった。
早くライブハウスで音楽が聴ける日が来るといいな。


もとは熊本応援ライブでしたので。
配信に合わせてお取り寄せ。

その1
スイス(SWISS)の「スイスフロマージュ」




その2
白玉屋新三郎の白玉やわらび餅など。



第二部は黒蜜白玉を食べながら見ました。
美味しかった!楽しかった!

その3
くまモンクッキー




1と2は熊本に行くと寄るお店です。
また熊本で、実店舗で生を食べられる日が来ることを願って!
銀座の熊本館も休業中なので、いまはこれが精一杯。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「サーミの血」

2020年04月11日 | 映画


アップリンク見放題で1本目。
登場する人たちの服装からすると
主な話は60年代ぐらいなのかな。
むかしの名称だと「ラップ人」の少女の話。

彼らの脳は文明社会に適合できない、
都会に解き放てば絶滅する、
だから保護のために田舎に隔離する、
そんな政策があったとは。

放牧生活をする大人たちは
子供を彼ら専用の学校に預ける。
民族衣装着用義務で
一目で彼らだとわかり
周りのスウェーデン人からは差別され、
しかし学校ではスウェーデン語強制、
などなど、いまから見れば酷い政策は、
わりと最近まであったんだなあ。
知らなかった。

主人公の少女は、
そんなコミュニティから抜け出して
「スウェーデン人」になりたいと思う。
それだけ見ると「家族を捨てるのか!」と思うけど、
いや、わかるよその気持ち。
若くして閉じ込められ蔑まされる。
打破したくなるよね。

彼女の晩年も作品冒頭と終わりにあって。
彼らへの差別、とまではいかなくても、
区別意識はまだあるみたいで。
少数民族に対しての同化政策への非難もあるけど、
尊重しつつ並存は、難しいんだろうなあ。

少女はたぶん「スウェーデン人」になったんだろうけど。
最後に妹に言った一言が重かった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「暗数殺人」

2020年04月07日 | 映画


殺人犯が獄中で他にも殺したと告白するが
多くの者は信じない。
彼の話を聞く刑事は告白どおりの場所で白骨を発見。
だが殺人犯は、死体は運んだだけだと話を翻す。
他にもいろいろ話し出すが、どこまでが真実なのか。

名優二人のばかしあい。

だましている?
真実を話している?
信用していい?
見つかりますように。

見ていて、気持がグルグル。
どれが本当かわからない。
その仕掛けが面白い。

チュ・ジフンのだんだん「正気じゃないぞ」と思わせる笑顔、
キム・ユンソクの獣のような目、
どちらも堪能しました。

あちらの刑事はいろんな権限を持っているんだなあ。
あんなに金が必要なら、他の韓国映画で見るように
汚職をせざるを得ないんだろうなあ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「帝都物語」(1988)

2020年04月04日 | 映画
外出自粛だし
そもそも映画館は休館。
録画番組は溜まっているし
スカステでは宝塚垂れ流しですが、
せっかく有料会員なので
アマプラでなにか見ようかな、と。
先日のTVで「陰陽師」を見て、
私の陰陽師の原点って、、、
ということで、コレを見ることに。

公開時は小説を読んだ時の
イメージと違うところがあって
不満がたくさんだったんだけど、
改めて見ると、
あんなに長くて枝葉が多い話を
良くまとめたし、
わりと原作遵守でした。
石田純一も合っていた。

大スター集結も
いま思うとすごいね。
勝新の渋沢をはじめ
大御所がたくさん!
西村真琴を、彼の次男の
西村晃が演じたのがすごいよねー。
由佳理さんの姿さんは
瀬戸内さんの相手役の娘1なのを
今回初めて知りました。
公開時はまだ宝塚は見てなかったから。

凌雲閣が崩れ、
昭和2年の銀座が現れる。
まさに、「帝都」物語。

そして、嶋田久作の加藤。
完璧すぎ!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする