きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「噺舞台 落語のラララ」

2020年10月30日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)




「道具屋」柳亭左ん坊
「銀座なまはげ娘」三遊亭粋歌
「転宅」真琴つばさ
「抜け雀」柳家さん喬
「死神」真琴つばさ

落語と芝居は近いけど別なんだ
という、当たり前のことと、
顔の面を常に床に対して直角にするのが
プロの噺家の姿勢なんだとわかるイベントでした。顔だけ突き出すようになるので、姿勢が良い人には不自然な体勢なのかな。マミちゃんは下を向き気味で、
表情が見えにくいときも。

マミちゃんは「転宅」と「死神」で、
「転宅」の落とし方は切れがあった。
逆に「死神」のラストは芝居に寄りすぎて長すぎた気も。
私がスパッと切れるオチが好きなだけかもだけど。

前座は柳亭左ん坊。
訥々とした喋りは三三を思い出す。
前座だけど、すでに風格があった。

来年真打昇進が決まった粋歌は、
新作落語のなまはげ話。
会場の女性客には身近に思える部分があるからか
笑い声たくさん。

さん喬は5羽の雀の話。
さすがの芸。
可笑し味を含めながら
風景がありありと目に浮かぶ。
kyon2は師匠リスペクトなんだな、
と、いまさらながらに実感することも。

誰が企画したのかはわからないけど、
落語を聞く人が増えれば嬉しいし、
好機とばかりにチャレンジするさん喬も見れてありがたい。
(挨拶からは、なんで元ヅカと共演になったか
 まだまだわかっていないようだった。)

マミちゃんは、やっぱり!
男役がしっくりくるわ。
「死神」は男物の着物で補正をしてたのか、
わりと見慣れた体型でした。
(羽織を脱ぎ忘れてました)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かめあり亭 第51弾 新作落語の会「~今は新作!いつかは古典!~ 秋の豊作編」

2020年09月25日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)






林家きよひこ 反抗期
三遊亭美るく 千葉棒鱈
三遊亭白鳥 殿様と海

仲入り

柳家喬太郎 結石移動症
林家彦いち という


亀有で、このメンバーなので
阿鼻叫喚かと思ったら
身構えていたせいなのか、
そんなにエグくはなかったわ。

白鳥が江戸時代を舞台にした噺で、
出だしが「三太夫、これ三太夫」で、
古典みたいで、
ついつい笑っちゃう客席の方が
えげつなかったかも。
ごめんねー。

昼夜公演なのを忘れた彦いちは、
昼と夜の間に新丸子の落語会を入れたそうです。

彦いちのマクラだったかなあ。
釣りでどこか(沢?)に入るときに
入口で申込みが必要で、
今までは名前と電話番号ぐらいだったけど、
今年は「本人が特定できる特徴」欄ができたんだけど、幅が狭くて。
前の人の記入を見ると、「黒髪」「白髪」「ハゲ」「母親似」だったって。

白鳥は座布団を魚に見立てたり
かなり身体を使っていました。

皆さん、オチがシャープでした。
毎回唸るよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「よってたかって秋らくご '20」

2020年09月13日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)


今回は昼席のみ。
百栄、白酒、萬橘、白鳥なんだから、
内容は押して知るべし。
全体的にえげつなく鬼畜。

白鳥はまさかのネタおろしで
「落語の仮面 外伝」でした。


黄金の大黒:しゅりけん
寿司屋水滸伝:百栄
松曳き:白酒
仲入り
うなぎや:萬橘
落語の仮面 コロナ外伝 ナース娘:白鳥
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「THE MUSICAL CONCERT at IMPERIAL THEATRE」Aプログラム

2020年08月15日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)




帝劇コンAプロ、とっても楽しかった!
生オケは3月のラシル以来だ!
やっぱ生音はいい!
指揮は甲斐先生。
(Love一郎先生はいまどこに。)

MC。
最初は、一路、森、今井。
若い人がどうのから、
一路さんが「一路真輝でっす
と可愛く挨拶したら、
森さんと今井さんも続いて。

たっちんがレディ・ベスで苦労した階段降りネタが
その後のコーナーに引き継がれ、
花ちゃんが頑張るのを止めて見ながら降ります、と、まとめ。

万里生くんはルドルフが辛い役で、
演じ終えた後も残っていて、
フランツの衣装合わせのとき
ルドルフ衣装に似た青い軍服を合わせていたら、
途中で気持ち悪くなって、
トイレに行って戻してしまった。
でもウィーンに行き親子の墓に行ったら
それがなくなりスッキリしたと。
ちなみにフランツ衣装は17着だって。

一路さんのスタッカートのような
はっきりすぎる息継ぎにビブラートを
久々に聴いて懐かしかったわ。

あさこちゃんは変わらぬ存在感。
まなとは、芳雄くんも言ってたけど帝劇サイズ。
体格が大舞台にぴったりで押し出しが強い。
それでいてちゃんと女性。
この二人はダンスもたっぷり。

生田さんは綺麗な歌声。
たっちんは2年ぶりの舞台だって。
こちらも美声は変わらず。
新妻さんは迫力のある歌声。
ドレスが一着なのが惜しい。

城田くんと万里生くんの闇広は迫力があった。
また聞けて良かった。

最後は一路さんと花ちゃんが並んだよ。
今日の夜の回は5分押しで終了。

「レミゼには出ていませんが」が
持ちネタの芳雄くん。
トークコーナーで、上手から、
井上、瀬奈、城田、朝夏、田代のときに、
こちらはトート、と万里生くんをハブる。

「ルドルフ ザ・ラスト・キス」帝劇初演は、
王政は古臭い、民主主義万歳、二人の愛こそ真実、と、
現代の価値観で判断された演出でつまらなかったけど、
たっちんが出た再演はきちんとした話で
別物になってて面白かったな、を思い出した。


【セットリスト】
01. オープニング「レビュー THE IMPERIAL」(井上芳雄 ほか)
02. 「サウンド・オブ・ミュージック」より「サウンド・オブ・ミュージック」(生田絵梨花)
03. 「王様と私」より「シャル・ウィ・ダンス?」(一路真輝、今井清隆)
04. 「キス・ミー・ケイト」より「ソウ・イン・ラブ」(一路真輝、今井清隆)
05. 「屋根の上のヴァイオリン弾き」より「陽は昇り又沈む」(全員)
06. 「ラ・マンチャの男」より「見果てぬ夢(騎士遍歴の唄)」(井上芳雄)
07. 「スイート・チャリティ」より「ビッグ・スペンダー」(朝夏まなと)
08. 「アニー」より「明日は」(和音美桜)
09. 「ナイン」より「グイードの唄」(田代万里生)
10. 「シカゴ」より「オール・ザット・ジャズ」(瀬奈じゅん、朝夏まなと)
11. 「ピピン」より「コーナー・オブ・ザ・スカイ」(城田優)
12. 「レ・ミゼラブル」より「心は愛にあふれて」(生田絵梨花、田代万里生、新妻聖子)
13. 「レ・ミゼラブル」より「民衆の歌」(今井清隆、和音美桜、新妻聖子、生田絵梨花、森公美子)
14. 「エニシング・ゴーズ」より「エニシング・ゴーズ」(瀬奈じゅん)
15. 「オリバー!」より「愛はどこに?」(田代万里生)
16. 「ガイズ&ドールズ」より「はじめての恋」(朝夏まなと、加藤和樹)
17. 「回転木馬」より「もしも あなたを愛したら」(和音美桜)
18. 「シー・ラヴズ・ミー」より「バニラ・アイスクリーム」(森公美子)
19. 「ミス・サイゴン」より「命をあげよう」(新妻聖子)
20. 「南太平洋」より「すてきな人に恋してる」(一路真輝)
21. 「42nd ストリート」より「42丁目」(森公美子)
22. 「ルドルフ ザ・ラスト・キス」より「二人を信じて」(和音美桜)
23. 「ダンス オブ ヴァンパイア」より「フィナーレ」(新妻聖子)
24. 「天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~」より「さあ、声を出せ!」(森公美子、瀬奈じゅん、朝夏まなと)
25. 「1789 -バスティーユの恋人たち-」より「サ・イラ・モナムール」(加藤和樹)
26. 「モーツァルト!」より「僕こそ音楽」(古川雄大)
27. 「エリザベート」より「私が踊る時」(花總まり、城田優)
28. 「エリザベート」より「闇が広がる(リプライズ)」(城田優、田代万里生)
29. 「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」より「塵と灰」(井上芳雄)
30. 「マリー・アントワネット」より「100万のキャンドル」(新妻聖子)
31. 「レディ・ベス」より「秘めた想い」(花總まり)
32. 「マイ・フェア・レディ」より「踊り明かそう」(全員)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鈴本演芸場 7月上席 夜の部

2020年07月07日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)
ちょっと仕事に煮詰まったので
発作的に行って来ました。



さん喬から聞きました。
ひとつひとつ詳しく書けないぐらい
さらっと見て聞いてきたけど
ちょっと浮上できました。
ありがとうございました。

久しぶりに紙切りを見たわ。
やっぱりすごいわ。


入口の笹と短冊。
出演者の短冊はわかるんですが







これは?
誰の?
ここで見るとは思わなかったネタ。

これにすべて持って行かれたわー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「落語教育委員会」

2020年07月05日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)


一同「コント•千両みかん編」
三遊亭しゅりけん「やかん」
三遊亭歌武蔵「お菊の皿」

ー中入りー

柳家喬太郎「出世キャバクラ」
三遊亭兼好「あくび指南」


久しぶりにお客さんが入った会場での公演に
出演者皆さんがとても嬉しそうだった。
はしゃいでいた。
それは客席側も同じだよ!


幕が上がると高座で寝ている歌武蔵。
そこにkyon2が近づき話しかけ、
「千両みかん」が始まる。
みかんが千両、
にはならず、
オチは最近話題のアレ。


前座のしゅりけんはちょっと声が悪いかな。
出だしはイマイチかと思ったけど、
知ったかぶりの誤魔化し方は上手かった。


歌武蔵は公演がない間は
散歩しながら自主稽古など。
マスクをして、上下を切りながら
ブツブツ言っていたら職質。
空き巣の下見との通報があったそうで。
「世の中ステイホームなのに、
 空き巣に入るヤツがいますか!」


kyon2は、客席が市松でも十分満員の手応え、と。
(落語は満席になるのはここ最近ですよ、と)
無観客配信については、
客がいるのに反応がないことや、
マクラで飽きられているのがわかることに比べれば気が楽。
時間を考えなくていいのでマクラがどんどん長くなる。
雲助の真似の小噺なども。

飲食店にて、店員がフェイスガード、客がマスクの光景、
「機動隊が全学連を接待しているみたい」

体重90kg超えのとき2kg痩せたと三三に言ったら、
100本入りの楊枝が2本減ってどんな違いがあるんですか、
と上手いこと言われた話も。


兼好は配信もなく、久しぶりの公演。
いつもなら、頭の中からネタがすっと出てくるけど、
今回は勘が戻らず、あれこれ考え、
かぶらない噺はコレだ!と決め、
30分かけてさらったのが「千両みかん」、
コントのネタは会場に来てからkyon2が告げ、
なにも言えず。


マクラはこんなかんじ。
本題は皆さん持ち味を活かして軽快に。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ジーザス・クライスト=スーパースター」アリーナツアー(2012年)(と、四季ジャポ話)

2020年04月12日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)
「The Shows Must Go On」配信を見ました。
この版は以前にも見たことがあります。
映画館公開版を見たのか、DVDで見たのか。

衣装、ビジュアルは現代。
舞台は屋外。とってもとっても広いです。

ジーザスに偏執的な愛を真っ直ぐにぶつけるユダと、
怒りつつも受け止めるジーザスだった。
二人の濃厚な世界だね。
マリアはただのスパイスね。

ジーザスとユダが肩を並べて出てくるカテコはいいねえ。

初演の上演前に主題歌だけ先行で出して
それがヒッピー文化に乗って世界に広まったというし、
「現在」に合わせてカスタマイズする作品なんだろうな。

改めて見ると、階段がキツそうだ。
歌いつつ演じつつ、
あれを昇り降りなんて
息が上がっちゃうんじゃないか。

んで、あんなに大勢の客が入る。
いまなお(といっても8年前だけど)
見たい人がたくさんたくさんいて、
受け入れられている作品なんだ。

ジーザスとユダが肩を並べて出てくるカテコはいいねえ。


せっかく既成を破壊してぶっ飛んだのに、
それが、仏版ロミジュリもだけど、
日本だと古典回帰になるのが面白い。
というか、異文化だと
「壊す」部分がわからないんだろうな。

四季のジャポは既成の破壊よりは
日本的様式美に振り切ったかんじかな。

プティやベジャールのところを見ても、
オリジナルを作った人がいなくなると、
それを継承するのはとても大変。
オリジナルを体感している人が伝えても、
伝えきれない部分がある。
だからジャポもいまのうちに、と思うけど、
30年以上前の演出を保つ必要があるかと言われると、
難しいなあ。

つまり、四季版再演を少しも早く!
ジャポもいまのうちに上演しておかないと!
前代表の教えを知っている人がいるうちに。

好きな版だからずっと続けて欲しいし、
四季の商売上、新演出を常に作るのは無理だけど、
JCSの本質が「現在に合わせて」なら、
本当は新版を作るべきなんだろうな。

でも、それはそれとして!
新版を作るにあたって!
もう一度、四季オリジナル版を
しっかり見直して、は必要だよね!
だから、ジャポを!


【配役】
ジーザス:ベン・フォースター
ユダ:ティム・ミンチン
マリア:メラニー・C
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こまつ座「きらめく星座」

2020年03月11日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)


ジャズが敵性音楽と言われている頃の
レコード屋に集う人々。
当時の流行歌を織り込み、(生ピアノ!)
テンポ良く、ときにはコミカルに、話は進む。

脱走兵となったレコード屋の長男を横軸に、
だんだんほぐれていく人の心。

頑なで、定型の造形と思った人が
変わる・変えられる過程がさりげなく、
でも確実だった。
みなが優しく、暖かい。

でも、ほんわか、では、終わらない。
来たるべき日が来る暗示で幕。


言葉。
言葉とはなんだろう。
どうすれば伝わるのだろう。
言葉はどれだけ、人を支えるのだろう、
なども考えさせられた。


高橋チーフはお調子者。
歌は、まあ、ねえ、、、。
でも、歌が自然に出てくる雰囲気は良かったよ!
歌はほぼ知っていました。
ヅカのショーでも聞いたことがある曲も。
皆さん声の通りがよく、
全てのセリフが聞き取りやすかった。

松岡依都美さんは堂々とした歌声で
本当に元SSKみたいでした。


同調圧力とか、
国民が一丸となってとか、
お上の言うことに従えとか、
贅沢を言うなとか、
なんだかいまの状況に似てるよ。
いずれもっと制限される日が来ちゃうんじゃないか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽朗読劇「嵐が丘」

2020年02月23日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)




90分にはまとめ切れなかった印象。
ドロドロや深さをぶっ飛ばして、
最後まで完走するのが目的だったかな。

ガラかめで見たほどの愛憎はなかった。
もう少し詳しく、と思ったところが何点か。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

OSK日本歌劇団「天使の歌が聞こえる」

2020年01月23日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)




シンガーソングライターが世に出てスターになるも、
プレッシャーなどから大切な妻や妹らとの距離が開いて行く。
いっそ自分が消えてしまえたら。
そこに天使が現れ「彼がいない世界」を見せる。

映画「素晴らしき哉、人生!」の翻案かな。

彼がいたから、誰かが幸せになった。
誰かがいたから、彼が幸せになった。
とても暖かい話でした。

出演者13人とは思えぬ濃さ。
2つの人生それぞれに現れる人は実質2役。
同じ人なのに、違う。
それがしっかりわかる。

桐生さんの真っ直ぐな芝居が
こちらの心に響いてくる。
成功したジェームズは
思い上がりじゃないんだよねー。
周囲に乗せられていく、運ばれていく。
そんな怖さも感じた。

ライバルポジのロバートの楊さんは陰キャラに見えて、
途中にはお調子者の役の時も。
そちらも可愛い。
妻のメアリー役の城月さんの妻がいじらしい。
ロバートのバカー!と心の中で何度か叫ぶ。
千咲さんの押しの強い妹エマも素敵。
あのあと成功するといいね。
天使・イブリン実花さんの踊りがメチャ良かった!
京我さんのマシューが可愛かった。
間抜けすぎても行けないし、
可愛いから許される、絶妙な位置。


今日も牛乳石鹸のお土産をいただきました。
ありがとうございました!

保湿が良いので冬場に最適!
ちょうど石鹸が切れたので明日から使いまーす!
会場の大箱と記念撮影のクマ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「rumor~オルレアンの噂~」

2020年01月16日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)


50年前の、フランス、オルレアンにあるブティック。
試着室に入ると消えるという噂。
女たちはどこに連れて行かれるのか。

かつてのミューズを使って
オギーが好き勝手に作ったショー。
「パッサージュ」とか「ドルチェヴィータ」系の
終わらない、連綿と続く夢は
ときにコミカルときに昭和歌謡、そして悪夢。

あなたの求めるオギーがここにいる。

主演はかなみで2番手としちゃん。

女性2人に男性3人、ゲストが男女1人ずつ。
いろんな組み合わせで、歌いまくり踊りまくり。
オギーの毒もそこかしこに。

としちゃんのBADDYの「罪」と、
かなみのニケには泣きそうになったよ。

グンちゃんが劇中劇の歌姫のような位置で。
オギーのミューズ!

としちゃんの踊りがこんなに近くで見られるなんて。
ありがたや。

かなみの歌声は変わらぬ美しさ。

開演前の照明から、オギーらしい青色だったし。
制約無しでショーを作るとこうなるんだね。
いいぞ、もっとやってくれ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「SWAリターンズ~SWA傑作選~」

2019年12月12日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)




創作
話芸
アソシエーション

で、SWA(スワ)だそうです。
ほぼマクラなし、中入り無しの濃い2時間。
夢枕獏からもらったチャンピオンベルトがご神体。

それぞれのカラーが出た新作落語、
その中のどこかを次の人が回収して繋げる。
トリの白鳥が頑張った!


kyon2は夏休みの親子の話
ときおり入る奇妙な話は
後から考えると次の人へ放り投げるネタみたい。
笑わせながらも、しんみりほのぼの。

昇太くんは、口うるさい妻と
その声に耐える夫との会話から始まる。
夫婦とは?ってとこかな。

彦いちは大衆演劇役者の話。
還暦過ぎても子役専科の悲喜こもごも。

白鳥は病院の怪談ネタ。
なんとか皇室ネタを入れ込もうとするチャレンジャー。


ユニット公演は久々だったそうですが、
また再始動するとのことです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ビッグ・フィッシュ」

2019年11月18日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)


映画版がすごく好きだったし、
評判が良くての再演だし、
キリヤンも気になるし、
で、見に行きました。

映像を上手く使っているし
1幕終わりのひまわり畑は美しいし、
一人何役も兼ねていて話はスピーディーに進むし、
家族の絆は描かれているし、
芝居としてはまとまっているんだけど、
私が見たいオチは無かった。

私の好きなところは、
父親の法螺話を息子が受け継いだの葬式で、
父が話していた登場人物が弔いに来て、
「法螺(嘘)ではなく、
 ほんのちょっぴりの誇張の
 『真実』だった」とわかる瞬間。
みんな、そこに、いる。
その瞬間が猛烈に感動した。

舞台だと、そういうネタばらしは難しいのはわかるけど
「そうじゃないんだよなあ」の気持ちが拭えない。
ちょっと残念。

法螺吹きオヤジは、
他人なら楽しいけど
家族ならうざいな、は
映画でも思ったな。


映画を見たときに、
ジェイクの言葉を思い出した。

  「幸福の基準は
   いかに多くの人間を
   幸福にできるかだ」
だからこの父は、とても幸せな人生だったんだな、と思った。
舞台版はその辺がちょっと弱かった。


出演者は川平さんはじめ、みな良かった。
キリヤンは可愛かったり、
包容力のある妻だったり。
女性の役に違和感がないね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「血界戦線」千秋楽ライブビューイング

2019年11月17日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)


見た人の評判がとても良く
ライビュに行くことにしました。

2幕構成。
1幕はキャラ紹介的な短編連作風。
2幕は妖眼幻視行。

皆さん、声も滑舌も良いわ!
特に岩永さん!
あの長い技名を滑らかに淀みなく。
私ならヘムサレムズ・ロッドですでに噛むわ。

ソニックも出ました!
パペットサイズであちこちに出現。
可愛い!
生で見たらわからんサイズ!
ちゃんとキーポイントになってて嬉しかったよ!

ライビュの特別映像はメ
インキャストから一言ずつと円盤宣伝。


個人的な偏見だけど、この手の舞台って、
若者が台詞をがなりたてれば熱い舞台とされ、
発声が悪いとマイクの声が割れ台詞が聞きづらくなり、
アクションも動かすのを第一で
話に沿った流れを見せるのは無視で、
背筋が伸びてない役者が多いけど、
こちらはどれも無かった!素晴らしい!

偏見、ごめんなさい。

でも、こちらの舞台は
アンサンブルまで台詞声が綺麗だった。
アクションも原作に沿って、
どういうところを見せたいか、を、
ちゃんと意識していたし、
技名も叫びで誤魔化すことがなかった。
なにより皆さんの背筋がピシッとしてた。
舞台に「立つ」というのはそういうことなのよ。
見栄え大事よ。

そのうえで、原作に沿った話をきっちり作り、
役にもそれぞれ見せ場を作っていた。
原作イメージを損なうことなく、
でもコスプレ大会にはならず
ちゃんとした芝居になってました。

強いて言えば、2幕の歌はいらないかなあ。
1幕が詰まっていただけに。

役者さんと生楽器演奏者さんが
兼業なのもビックリでした。


DCで休憩15分は厳しそうだな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タクフェス第7弾『流れ星』

2019年11月14日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)


前回見たのは2009年でした。
  「流れ星」東京セレソンDX


ちゃんと言葉にしなよ、とか、
人生やり直すのなら自身が若返らなきゃダメなんじゃ、とか
いろいろ思うところはあるけど、
それでもジンとくるわ~。

過去と現在が綺麗に繋がる上手い作り。

若手の出演者はサンシャイン規模で生声はちょい厳しいね。


【配役】
星野夏子:田中美佐子
マリー:飯豊まりえ

徳田夏子:柳美稀
内藤ヨージ:冨田翔
中富先生:三津谷亮
ボン:冨森ジャスティン
田淵兼子:川村エミコ

一平くん・信彦:松村優
どんぴさん:越村友一
小田ヨウコ:遠藤瑠美
駒村さん:若林元太

徳田慎太郎:ダンカン

星野謙作:宅間孝行
コメント
この記事をはてなブックマークに追加