きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「TOKYO ACOUSTIC NITE 2001」小山卓治 他

2001年02月27日 | 小山卓治
 今は亡き日清パワーステーションで定期的に行われていたアコースティック・ナイトが復活。今回は元甲斐バンドの田中一郎さんのバンドと一緒でした。僭越にも卓治があと。田中さん達が先に演奏。不思議なのよね。新バンドとしては卓治のキャリアに負けるから?卓治がこのイベントに割と古く出てるから?田中さんはやっぱうまいね。ギターも歌も。田中さんのファンの人に見覚えアリ。以前のイベントにもいらっしゃたわ。最前列中央に座っているのにジャンプするのさ。
 本日の卓治の演目 
  ・手首
  ・PARADISE ALLEY
  ・SHOW TIME
  ・Gallery
  ・YELLOW WASP
  ・長すぎる夜と遠すぎる朝
  ・ついてねえや
  ・Night Walker
(アンコール)
  ・いつか河を越えて
  ・傷だらけの天使
 印象深かったのはやっぱり「YELLOW WASP」。ギターの音が鋭くて、聞いてる方が切り裂かれそうだった。そして「傷だらけの天使」。なんと田中さん達と一緒。田中さんが間奏を弾く!素晴らしい!!田中さんが「GET A WAY」とコーラスを入れる!ブラボーッ!!これほど豪華な「傷だらけ」が今までの18年間にあっただろうか?いや、ない!もう、ありがたくって涙が出そうだったわ。拝みたいぐらい。
 5月1日にライブが決定の告知。渋谷WEST。そして3月4日のインストア・ライブについては客席からフォローはいりまくり。「3月4日」「吉祥寺」「新星堂」全部教えて貰ってやがんの。また皆さん集まるのよね。しかし吉祥寺の駅ビルで「YELLOW WASP」。いいのだろうか。

 卓治と田中さん。田中さんの方がキャリアも上だし、メジャーだし、ファンも多いだろうし、技術は格段に上。それに比べて卓治は・・・。しかし田中さんはうまいが故に誰のバックも務まる。でも卓治は無理だろう。実際やってないし。なんかそれって宝塚で技術のある人が脇役ができるのと同時に、真ん中でしか使えない人がいるのに似ている、と思った。

 赤坂グラフティはなかなか綺麗な内装でした。座って食事をしながら演奏を聞く・・・という本来のライブハウス。オーダー取りに来るなんて久しぶり。しかし明太子スパゲッティが800円なのに、超小盛りだった。同じ値段なら高菜チャーハンがお買い得よ。
コメント

小山卓治「YELLOW WASP発売」

2001年02月23日 | 小山卓治
 この曲を初めて聴いたのは90年3月。最初の感想は「私が殺人を犯しても誰かに気持ちを代弁してもらうのはイヤだな」だった。私の気持ちは私にしか絶対にわからない。知ったかぶりをされて、それが一人歩きをされるのはゴメンだ。次に思ったのは「7年前の朝 親父だけを残して俺達帰ってきた」の部分。私は両親が好きだ。例えそれが実の親でなくても変わらないだろう。実の親に会いたいと思っても家族や国を捨てることはないと思う。なのに日本国籍が取れるというだけで夫や家族を捨ててくる人達がいる。それを選択させてしまう中国という国が怖いと思った。第3にこの曲の捉え方を迷った。社会派のメッセージソングなのか、ただのロックなのか。卓治が正面から正義を歌うのは違うと思った。でもロックと捉えてシャウトしながら「イエロー・ワスプ」と叫ぶファンの人たちを見ると、どこまでこの曲のことをわかっているんだろう、とも思った。だからあまり好きな曲ではなかった。
 
 少し年をとり、そして以前よりロックがわかるようになった今に聴くと、楽曲としてのレベルの高さに驚いた。どうしうようもない閉塞感・怒り・嘆き・絶望が詞だけでなくメロディーからも伝わる。いや、メロディーと詞が融合することによってものすごいパワーが生まれている。「てめえらも黄色だ」の叫びが心を突き刺す。思想ではなく、ただ単に「俺」個人の気持ちが伝わってきた。当初の思いはまだ拭いきれないけれど。
 
 黄色。名誉白人。日本が先進国に入っているのはなぜだろう。白人と戦争をして勝たない限りは欧米に認められないのか?「てめえらも黄色だ」と叫ぶ人は白人に同じ目で見らてもこんな気持ちを持つのか?「てめえらも黄色だ」。「同じ」黄色のくせに自分たちを差別するのかという問いは、同時に私たちを「黄色のくせに」と見下してもいるからではないか?お互い同じ目で見ているのではないか?

 そしてマキシシングル。カッコイイけど音を作りすぎている。ライブでギター1本で聴く方が100倍くらい良い。どうしても盤に落とすとパワーダウンする。でも「イエロー・ワスプ」を「黄色いワスプ」に「どうして差別されるんだ」を「どうしてそんな目で見るんだ」の歌詞の変更はいい。より伝わるものがある。
コメント