きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

8/4めも

2019年08月04日 | 小山卓治


ものすごくファン層の年代が違いましたが
小山さんのことを町田さんがすごくリスペクトしていることもあり
若い町田ファンも小山さんの曲をしっかり聴いてくれてくれたように思います。

小山さんソロセトリ
夢の島
真夜中のボードビル
イリュージョン
家族
ばあちゃんごめんね
ギャラリー
種の歌(生声)
傷だらけの天使
アスピリン

傷天からアスピリンのサビを
続けて歌う構成。
初めて小山さんを聞く若い女性が多いときは
わりとロマンチックなバラード中心のセトリが多いけど
今日はわりと容赦なく、良い意味でいつもの曲。

MCも受けていました。
(横揺れのアレはどう書けばいいのか・・・)

セッションは、
下から2番目、カーニバル。と、町田さんの曲。
サックス入りで聞けて嬉しかった。

町田さんのバンドのドラマーが
OA演奏中に急病で欠席決定。
(ゲストに対しての申し訳なさも含め)
落ち込む町田さんに
「こういうこともあるさ。楽しもう。」と
小山さんが慰めたとか。

町田さんはハーネスでも聞いたけど
バンドの方がしっくり来るな。
急遽ドラム無しの編成で大変だったと思いますが
歌を届けようとする誠実さが熱く伝わってきました。

下北沢QUEはかなり久しぶり。
95年のdailyが印象深いな。
あの頃の小山さんのライブはオールスタンディングで、
男性ファンが多いから
後ろだと全く見えないことがあるから
頑張って最前列を取っていたな。
今は椅子が出るからありがたい。
コメント

8/3めも

2019年08月03日 | 小山卓治

入間の生声ライブ。

ここでは10回目ということで、
生声も豊かに響きます。
ギター、ピアノの音に綺麗に融合しています。

セッション参加者のギターの音色はそれぞれ違うので
耳に新鮮、御する小山さんのプロの技も堪能。

素人の私はギターはほぼ全部同じに見えますが、
小山さんは「昨年と違うギター?」など持込者に尋ねていて
すごく詳しく覚えているんだなあ、と驚き。

本編では談合坂の前奏の低音のズッシリとした音と
ピアノの南十字星が印象深い。

セッションは傷天が圧巻!
あのギターの本数で奏でられる音の厚みがすごい!
小山さんを筆頭に客席一周するパフォーマンスも楽しかった!
※たぶん公式に動画が上がると思います。たぶん!

本日のパワーワード
「奇跡の無駄遣い」
名古屋ライブの翌日の朝、
ベチコ寝坊によるデンジャラスな新幹線乗車だったけど
間に合ったお話しから。
コメント

7/27めも

2019年07月27日 | 小山卓治


今日はとっても盛り上がりました!
1曲めの傷天から客席は手拍子、歌声。
ダウンの終盤アカペラでも大合唱!

この前の横浜のセトリに近いのかな。
バンドでは無いけど
3人ならではの音。
ベチコ、信夫さんのご機嫌な演奏に、
ノリノリの小山さんの歌でした。

Dr.ベチコのお言葉は
「ひまわり35周年おめでとう!」

楽しかった!
コメント

7/21めも

2019年07月21日 | 小山卓治


10ヶ月ぶりのバントライブ、楽しかった!
「そう、この音!」と思うバンドの音だった。

ひまわりレコ発だけど
曲は新旧取り混ぜ。

煙突は小山さんによる学生の咳も!
シャドウランドがとてもロマンチック。
アスピリンはDr.役をお客さんに無茶振り!

本編撤収中にさりげなく小山さんが合図し、
アンコール呼びかけ中に
真ん中のテーブル席の人は
グラスを片付け準備万端!
でしたが、
アスピリンが始まり、
テーブルに移った小山さんが滑り膝をつく!
と、
周りのお客さんはすかさず支える!
阿吽の呼吸でした。
(小山さんのマイクコードを捌くベチコの
 ナイスサポートもありました)

信夫さんのピアノで、
小山さんはギター無しの、スタンドマイクで歌う
11:11が素晴らしかった。
シンガーとしての表現力も豊かで深いんだなあ。
バンドライブの中のソロだからこそ、より引き立つ。

木曜日、昨日、今日と、
カラーが違うライブを堪能しました!
ありがとうございました!


THUMBS UPのフードメニューは
どれも美味しいのですが
ボリューミーなご飯メニューを食べると
とうてい入らなくて
いつも悔いが残っていたスイーツメニューを
今日は食べることができました!
ブラウニー&バニラです!!



美味しかったーーー!
コメント

7/20めも

2019年07月20日 | 小山卓治




ひまわり35th発売前夜祭、
明日が本祭なので
今日はひまわり以外とファンとのセッション。

今日は歌声の強弱のメリハリがあり
聴き応えがありました。
ピアノが少し乱れたかな。

リリース当時のお話も楽しかった。

「ひまわり」原曲の
「ガソリンタウン(?)」も披露。
フレーズや「その人の女房」は「ひまわり」へ、
その他の登場人物の何人かは別な曲へ。
(「最終電車」のあの人???)
こういう枝葉がある曲と完成曲を比べると
推敲って大事だな、と実感します。
(それができるのがプロ)

セッションは男性5名。
どんどんレベルが上がってきてます。
合わせる小山さんのプロの技も
見どころ、聞きどころ。

「ひまわり」(アルバム)は発売が遅れ、
1曲めもなかなか始まらないから、
「本当に歌が入っているのか不安になった」
と友人が言ってたなあ。

友人がこのアルバムで布教。
「ひまわり」(曲)を初めて聴いたとき、
鮮やかな映像が脳内にどんどん広がって、
とても衝撃的でした。
それがいまの私の原点。

私が初めてライブに行ったのは
84年12月の渋谷なんですが、
あの頃の小山さんのMCは
「次は大人っぽい曲だからなんたら」ともう一つ、
2フレーズで、
いまはたくさん淀みなくお話しされるようになりましたね。
昔は敢えて「話さない」スタンスだったかもですが。

頭の柔らかい時期に、
そして好きな曲を狂ったように聴ける時間があるときに、
小山さんを布教してくれた友人に大感謝です。

その頃は、その友人とずっと遊び続けるとか、
小山さんを聴き続けるとかは、
思ってもいませんでした。
ライブのために飛行機に乗るなんてなああ。
コメント

7/18めも

2019年07月18日 | 小山卓治


2部構成でした。
1部は白浜さん曰く「大学のフォーク同好会」。
何人かが入れ替わり立ち替わり出演奏。

2部は白浜プロジェクト。
扇田さんだったかな、
今日のライブは、いきなりフジロックは辛いから
予行演習のために開催、との説明有り。
なるほど。
(「来てください」と宣伝がありましたが
 金曜日の1日券はすでに売り切れなんです。)

小山さんは2部から登場。
腹の底にドシンドシンと響く
大人なロックのバンドで歌う曲は
とても迫力がありました。

コメント

7/13めも

2019年07月13日 | 小山卓治




今日は生声ライブ。
単純にマイクが無いのではなく、
マイク有りとは声の響かせ方が違い、
歌声の艶をより強く感じる。

コード進行の話はプロの手の内を聞けて面白かった。
ジョンが撃たれた話から「天国のドアノブ」が圧巻。

馴れ合いではないけど和気藹々なライブでした。
カバー曲あり。


生声ライブだと歌い手の身体も楽器なのがわかるね。

兼オタなのでジュリー・ケントのインタビューを思い出す。
「レッスン?まだできるようにならないの?」と
バレエを知らない友人に言われるけど、
ダンサーの身体は楽器で、
良い状態を維持するために日々レッスンをするのだと。

※ジュリー・ケント(女性の方です)
Giselle 4 Julie Kent Vladimir Malakhov


身体が楽器で、
身体が音を奏でるのは
歌手もダンサーも同じだよね。


ライブ終了後、
キーマカレーを注文している
小山さんの声が聞こえたような、、、
(MC中で客席テーブルにあるキーマカレーが
 とても気になっていたようでした)
コメント

7/5めも

2019年07月05日 | 小山卓治




今日は「Passing」「種」「手首」の全曲ライブ。
不思議とこのシリーズは
初めて曲を聴いた時の気持ちになる。
たくさん聴いてきたのに、
とても新鮮な気持ちになる。
昔に帰るのとは違い、
改めて曲の原点が入ってくる、そんなかんじ。
切なさ、痛さ、などがピリピリ伝わってくる。

続けて混ぜて聴くと、
なんと言えばいいのか、
「Passing」収録曲のメロディは
トリッキーというのかな、
メロディをかなり弄りまくって作ったような?
いろいろ模索していた時期だったんだろうな。
「種」収録曲は、
もっと素直に音に気持ちが乗っているような?

第1部はやや調子が悪そうだったけど、
第2部では盛り返した。
「手首」のギターがとてもシャープ。
各曲の説明も面白かった。
そうか、「夕陽に泣きたい」は
断られる前提なねか。
研さんらしい。

小山さんも歌詞が飛んだけど、
パラアレを振られた客席も対応できず。
修行不足でごめん!
コメント

「ロイヤル・ガラ」英国ロイヤル・バレエ団

2019年06月30日 | 小山卓治


「三人姉妹」
振付:ケネス・マクミラン
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
編曲:フィリップ・ギャモン
ロシア民謡編曲:サラ・フリーストーン
装置・衣裳:ピーター・ファーマー
照明デザイン:ジョン・B・リード

オリガ:クレア・カルヴァート
マーシャ:ラウラ・モレーラ
イリーナ:ヤスミン・ナグディ
アンドレイ・プロゾロフ(三人姉妹の兄):テオ・ドゥブロイ
ナターシャ(アンドレイの妻):ロマニー・パイダク
クルイギン(マーシャの夫、地元の教師):ニーアマイア・キッシュ
ヴェルシーニン中佐(マーシャと恋仲):平野亮一
トゥーゼンバッハ男爵(イリーナと恋仲):トリスタン・ダイヤー
ソリョーヌイ船長(イリーナと恋仲):ニコル・エドモンズ
チェブトイキン医師(陸軍医師):ギャリー・エイヴィス
アンフィーサ(乳母):クリステン・マクナリー
女中:ミシャ・ブラッドバリー
士官:レオ・ディクソン、デイヴィッド・ドネリー、ケヴィン・エマートン、エリコ・モンテス

ピアノ:ロバート・クラーク
田舎で燻りもがく女性たち。
平野さん、軍服似合う。


「眠れる森の美女」より ローズ・アダージオ
振付:マリウス・プティパ
改訂版振付:モニカ・メイスン、クリストファー・ニュートン
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー

オーロラ姫:マリアネラ・ヌニェス

イギリスの王子:ギャリー・エイヴィス
フランスの王子:ニコル・エドモンズ
インドの王子:ニーアマイア・キッシュ
ロシアの王子:トーマス・ホワイトヘッド

王子?王?
ヌニェスは童話の姫よりリアル貴族姫。
バランス安定。


「マノン」より 第1幕のパ・ド・ドゥ
振付:ケネス・マクミラン
音楽:ジュール・マスネ
編曲:マーティン・イエーツ

ローレン・カスバートソン、ワディム・ムンタギロフ

カスバートソン可憐で妖艶。ムンタギロフ一途なボンボン。

「オンディーヌ」より パ・ド・ドゥ
振付:フレデリック・アシュトン
音楽:ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ

フランチェスカ・ヘイワード、エドワード・ワトソン

ヘイワードは人外の妖精。
惹かれる人間ワトソンはいかにも英国顔。


「ロミオとジュリエット」より 第1幕のパ・ド・ドゥ
振付:ケネス・マクミラン
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ

ナターリヤ・オシポワ、セザール・コラレス

階段だけかー。
オシポワ期待より煌めき不足。
コラレス純情で情熱的。


「シンフォニー・イン・C」
振付:ジョージ・バランシン
音楽:ジョルジュ・ビゼー
装置・美術:アンソニー・ダウエル
照明デザイン:ジョン・B・リード

第1楽章:
 金子扶生、マシュー・ボール
 クレア・カルヴァート、ベアトリス・スティックス=ブルネル、
 セザール・コラレス、ジョゼフ・シセンズ
第2楽章:
 サラ・ラム、リース・クラーク
 メリッサ・ハミルトン、オリヴィア・カウリー、
 デイヴィッド・ドネリー、トマス・モック
第3楽章:
 マヤラ・マグリ、マルセリーノ・サンベ
 アンナ・ローズ・オサリヴァン、メーガン・グレース・ヒンキス、
 レオ・ディクソン、テオ・ドゥブロイ
第4楽章:
 フランチェスカ・ヘイワード、アクリ瑠嘉
 ロマニー・パイダク、イザベラ・ガスパリーニ、
ケヴィン・エマートン、カルヴィン・リチャードソン


インCはやっぱり面白い。
バランシン、天才。
4人の女性ソリストの個性の違いもくっきり。
金子さんが美しかった!

インCを見るたびに言ってるけど、
水晶宮で見たいなあ。


マクミランが3本。
全体的に安定してクオリティは高いけど、
ドキドキは不足。



指揮:マーティン・イエーツ
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
演奏者:デイヴィッド・バッキンガム、トーマス・エリス、サラ・フリーストーン、フォーブス・ヘンダーソン、ナイジェル・ウッドハウス、エイドリアン・ゾロトゥーヒン
ピアノ:ケイト・シップウェイ (「ロミオとジュリエット」 「オンディーヌ」)

◆上演時間◆
「三人姉妹」  14:00 - 15:00
休憩  20分
ディヴェルティスマン  15:20 - 15:55
休憩  15分
「シンフォニー・イン・C」  16:10 - 16:45


日本大通り駅には私の青春が!!


コメント

6/23めも

2019年06月23日 | 小山卓治






全体的に昨日より声も演奏も調子が良さそう。
熊本初演奏の「手首」はとても気合いが入り
ジャカジャカが実にシャープ。
「最終電車」のサビは「はい!」の合図付き。
会場からの歌声もたくさんでした。

「種の歌」の生声は嬉しいけど、
説明まではマイクで良いのでは、、、
聴こえたけどね!

とても盛り上がりました!
コメント

6/22めも

2019年06月22日 | 小山卓治


小山さんは少し調子が悪いのかな。
リズムが、音が欠ける乱れが何度か。

博多のお客さんは名古屋のノリに近いかなあ。
なんとなく。
終わっての拍手は熱いけど、
歌の間は静かなかんじ?
アスピリンでも客席合唱は無し。

コメント

6/21めも(Aspirin Radio公開放送)

2019年06月21日 | 小山卓治
とても面白かった!
今の時代のレコーディング方法、
プロデューサーの役割、
音へのこだわり、
着地点への到達の仕方などの
業界話はとても興味深いし、
河村さんとベチコの音のこだわりと
譲り合い(すりあわせ)の話は
社会人としても、ためになりました。

私は仕事で責任を持って決めるのが
とても苦手なので、
音を聞いて即時に判断できる小山さんってすごいな、
と思いました。

河村さんのマーシーへの注意の細かさも、
さすがプロ、聴き分けられるからこそなんですね。

ベチコのこだわり、
特に指の動きのこだわりも
なかなか聞けない話で、
現役ミュージシャンの本音が
たくさん出ましたので、
ONE会員はぜひ聴いてくださいね。

前回は機会トラブル(?)があったため、
今回は生放送ではなく
録音しての放送になったそうです。


会場限定映像は、詳しくは言えませんが、
小山さんがすごく楽しそうでした。
コメント

6/8めも

2019年06月08日 | 小山卓治




小山さんは体調は悪そうだけど、
それゆえエネルギーを振り絞るように歌い、
熱量が高いライブとなりました。
客も馴れ合いとも違う、
阿吽の呼吸で迎え撃つ。

目黒さんのギターが軽快で、
いい具合の清涼剤。

「ユリエ」が来るとは思わなくて。
青い空と青い海。
彼女がいつか「世界は素晴らしい」と思うのか。

前も思ったけど「Thunder Boy」の
「危ないゲームを降りたのは 私の方よ」は
いまのミドリさんが歌うからよけいに切ない。
なんで若い男性がこの詞を書けるんだ。
泣かせられて、ちょい悔しい。


Mardi Grasの美味しいごはん。
シュリンプガンボ


3種のソーセージ


アボカドきゅうりトマトのサラダ


ジャンバラヤ

美味しいんですよ!
ご馳走さまでした!


今日は牧バから小山さんライブでしたが、
小山さん10周年がりぼん祭りになったときも
昼は牧バのガラだったと思います。
セメニャカ&ガリムーリンのドン・キがトリで。
マラーホフがラ・シルとか?
草刈さんもバヤを踊ってた?
たしか1993年。
コメント

6/2めも

2019年06月02日 | 小山卓治


ギターの「Rock'n Roll's Over」がすごく良かった!
「負けないで」は力強く。

お互いうろ覚えで臨んだセッションの「最終電車」で
成瀬さんが「週に4回は新宿で飲むようになった」と歌う。
NICE!

アンコールの「種の歌」は
鎌田店長のコーラス付き。

成瀬さん、いい歌声でした。
コメント

5/17めも

2019年05月17日 | 小山卓治




白浜プロジェクト、立ち位置に悩んでいた小山さんですが、
本日のライブは二部構成で、
二部のセンターが小山さんでした。

歌うのはCD収録曲以外もたくさん。

厚みのあるコーラス、
野太いロックでロマンチックなバンドの音で、
小山さんの曲。
ありがたくて涙が出る。
「クリスタル・レインドロップ」が
とってもとっても素敵だった!
コメント