きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

金沢・武生・鯖江(1)

2018年10月20日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
10月19日
東京駅18時24分発のかがやきに乗車。

初めて乗る北陸新幹線!

北陸新幹線限定のスジャータ加賀さつまいも味のアイス。

さつまいも味とバニラ味のミックスぐらいの味。

20時55分金沢駅着。
早いね~。
30年ぐらい前に金沢に行ったときは
B寝台の夜行だったよ。
終業後に出ても着くようになったんだ。
暗いからよくわからないけど
駅前がすごく整備されている。

ホームでけ。ちゃんと合流。
バスに乗り、片町下車。
私の間違いで少し迷いながら
本日の宿に到着。
村田屋旅館。


クラシカルな日本旅館です。







片町の表通りから1本入ったところにあります。
繁華街至近とは思えぬ静かさでした。

部屋で少しまったりし、

片町のバス停に出て、MK氏と合流。
「志な野」へ。


店内の会話は、大将も女将さんも客も
ほぼほぼ「やっほー」のみ。
メニューも「やっほー茶漬け」のみ。

ご飯とお出汁はおかわり自由。
私は3杯いただきました。
腹が重い。
(ここに行くための金沢前泊でした)


10月21日
せっかく金沢に来たので兼六園へ。













雨も降らず、暑すぎず、寒すぎず、
絶好の観光日和。
松はスマホのカメラには入りきらないスケール。

ついでなのでお城も入口だけ。





百万石、すごいな~。

土産物屋街で金箔ソフトクリームのハロウィン版をいただきます。

お姉さんが金箔をペロリンと乗せる
職人技も間近で拝見できます。
金箔の味はしません。アイスは美味しいです。

城近くの金沢物産館にも寄りました。
加賀麩 不室屋のお吸い物を購入。

母の大学時代の友人(二人の付き合いは50年以上でした)が金沢出身だったので
このお吸い物をよくいただきました。
懐かしい。
妹にLineしようかと思いましたが
最近さすがに「遊びすぎ!」と言われたので
母の仏前に供えるだけにしておきます。

ほどよい時間にバスが来たので、金沢駅へ。
明るいところで見る金沢駅は
発狂したとしか・・・。







すごく驚いた。
長野駅よりもっともっと凄かった。
新幹線が来るとはこういうことか。

駅構内の土産物屋も浮かれた賑わい。
門のレプリカはお触り可だったので
ツンとまさを乗せました。


ひゃくまんさんの表


ひゃくまんさまの裏


いろいろ買い込んだので、武生に行きますよ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「マイライフ・アズ・ア・ド... | トップ | 金沢・武生・鯖江(2) »

コメントを投稿