きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

11/5めも

2022年11月05日 | 小山卓治


小山さんの喉は途中からヤバめ。
「フィルムガール」の1番でヤバくなったのに、
間奏で一時復活したのがすごかった。
その後も「大統領殿」では間奏を長くするなど、
プロの対処方法を見れた。
セッションの「種の歌」では篠原さんのナイスアシストも。

ある意味、会場の気持ちが一つになったし、
ほどよい緊張感もあり、
私自身はレアな回を堪能したけど、
篠原さんのファンには申し訳ないので、
ぜひリベンジをお願いしたい。

今回すごく良かったのは「キャプテン・トリップ」。
歌うだけじゃなく、篠原さんの世界観の中にいる、小山さんだった。

現在の都の規定では、会場の声出しは25%までOKとのこと。
1/4の声量か、全体の曲数カウントでの声出しか。
迷いながらも、小山さんの状況にどうにかしたかったファンは、
ようやく「種の歌」で歌えてホッとしたラストでした。


本日のともえ庵のたいやきは
青実山椒。
餡子の甘さと山椒のピリリの相性が最高!


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

青池保子原画展@吉祥寺

2022年11月05日 | 美術館・博物館(各種原画展含む)




カラー原画はアルカサル、エロイカ、イブ、エルアルコン。
モノクロ原稿は全員集合ネタの16枚だったかな。
どれもが麗しく、かっこよく。少佐、愛してます。
アクスタは売り切れ多し。

青池先生の原画を見るのは3回目。
手塚治虫記念館のBJトリビュート特集と、
京都マンガミュージアムの原画展。
京都はJSCの前に行きました。
あんなに大規模な展示は東京では無理かな。
神芝、ありがとう!
https://blog.goo.ne.jp/ytaiyo/e/f35ba9f8c7319139e1dfa063c09519c3
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「レイジング・ブル(午前十時の映画祭12)」

2022年11月05日 | 映画


ボクシングもDV男も苦手な私には魅力は感じられなかったけど、
主人公に対してこれだけムカつくのは作品としては良いのだろうな。
アメリカ人なら彼が身近でもっといろんなことを感じるのだろう。

伝説のデニーロ体重増減を見届けた。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする