きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「藍宇 ランユー」

2022年11月11日 | 映画


ビジネスで成功した男が若い学生を一晩買った、
それ以降はセフレとも恋人とも家族とも、
なんとも言えない関係が続いたり、
解消されたり、復活したり、離れたり、
様々に変わる。
急速に発展する北京の、10年ぐらいかな、
それくらいの期間の話。

作中で描かれるのはダラダラした関係だけど、
脚本がとてもシャープで、
短いエピソードをスパスパ展開させて、
話運びが上手かった。

2人とも女が駄目というわけではないのに、
情熱的な愛でもなく、恋が成就して大団円でENDでもなく、
ダラダラ続くのが、とても良かった。
愛の台詞は少ないけど役者の芝居が細かく、
嘘っぽさがなかった。
良い作品でした。

序盤にガッツリぼかしが有り
「え、いまどきここまで大きいぼかし?」みたいな
揺らいだ空気が客席に漂いました。
あと、「こんな服を着たら日本人と間違われる」にも笑い声が。
私はどの辺がそうなのかいまいちわからなかったのですが、
笑いポイントだと思うので、笑いがおきて良かったです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ステラ」

2022年11月11日 | 映画


取り立て屋が失敗し、挽回しようと四苦八苦。
相棒はタクシー運転手だった父の遺品のオンボロ車。

中盤までの流れが緩く、
ギャグっぽい絵もいまいち滑り気味だったけど、
父の過去がわかり、車に愛着がで始めてからは話も深くなった。

上司が手ぬるい。
妹と恋人にはなにもしないんか。

上司がどっかで見た気がする。
どこだ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする