私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

ユネスコは朝鮮人は嘘しか付かないことも知らないようで

2021年07月16日 21時49分33秒 | 国際問題

軍艦島関係者に落胆と憤り ユネスコの朝鮮人労働展示の改善要求

2021/07/13

長崎市の端島炭坑(通称・軍艦島)など「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録後の日本政府の措置をめぐり、国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会が朝鮮人労働者をめぐる表示が不十分だとして改善を求める方向となった。韓国側の意向が反映された形で、元島民らには反発が広がった。

加藤勝信官房長官は13日の記者会見で「わが国は政府が約束した措置を含めて誠実に履行してきた。こうした立場を踏まえ、適切に対応したい」と強調した。

ただ、決議案が修正される見通しはない。元島民は、軍艦島をナチス・ドイツの収容所と同列視するような韓国側による事実に基づかない主張に苦しんできた。それだけに、元島民や関係者は、ユネスコに加え、韓国側のロビー活動に対応しきれなかった政府の対応も疑問視している。

戦時中を軍艦島で過ごした高崎邦穂さん(85)は産経新聞の取材に「朝鮮人だからといって差別はしたことはない。もううんざりだ」と憤った。「韓国側が朝鮮人に過酷な労働を強いたとして挙げている資料は、まやかしの資料ばかりだ。韓国は宣伝上手かもしれないが、事実無根の主張には毅然と反論してほしい」と政府に求めた。

軍艦島の世界遺産登録に元島民の立場から尽力した坂本道徳さん(67)も「到底受け入れられない。なぜユネスコは韓国の立場だけを忖度(そんたく)するのか。日本政府は何をしているのか疑問だ」と語った。

朝鮮半島出身者の戦時中の労働状況などについては、加藤康子産業遺産情報センター長らが軍艦島の元島民約70人から話を聞き、関連資料を集めてきた。しかし、韓国側が主張する朝鮮半島出身者への差別的待遇などを裏付ける証言や資料は確認されなかったというユネスコは朝鮮人は嘘しか付かないことも知らないようで。(奥原慎平)
(産経新聞)

写真:「軍艦島」こと長崎県・端島

(引用終了)


 いわゆる慰安婦問題を捏造したのは朝日新聞だが、それに加えて強制的に慰安婦にさせられた者がいたとする日本政府としての見解を出したのは既に政界を引退している河野洋平氏であ り 「河野談話」と言われて韓国が慰安婦問題に関して日本を批判する際に利用されている訳だが、その談話を出すにあたって内容を韓国と協議したと言われている。

 韓国は慰安婦の強制連行があったことを認めて貰えば、二度とこの問題は持ち出さないと言ったことから、それに騙された河野氏は韓国の主張に沿った談話を出してしまった訳だが、日本政府として慰安婦の強制連行があったとする証拠を見つけることは出来なかったにも関わらず、ここで韓国の顔を立てておけば日韓友好にもなるとでも思ったのかどうかは不明だ。
 
 事実と異なることを談話として出し、その後の内閣でも、強制連行は確認されていないとする河野談話を上書きする談話は出されているが、河野談話そのものは消えておらず河野氏が「韓国に騙されて出してしまった。談話を取り消す」と言わない限り、永久に残るし、また河野氏に談話を取り消す勇気がないのは日本が韓国から貶められていたとしても良しとする典型的な売国奴だからである。

 歴史を捏造する国と言われている韓国だが、慰安婦問題の他にも、戦時中の朝鮮半島出身者の日本における労働は、すべて本人の意思に反するもので、過酷な労働や差別的待遇があったと主張しているが、ならば、それを裏付ける証拠を出したかと言えば、今まで一度もなく、強制連行があったと主張するのであれば、あったと主張している韓国が出すしかないだろう

 産経新聞によれば、長崎市の端島炭坑(通称・軍艦島)など「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録後の日本政府の措置をめぐり、国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会が朝鮮人労働者をめぐる表示が不十分だとして改善を求める方向となり、韓国側の意向が反映された形で、元島民らには反発が広がっていると報じている。

 かって韓国は、軍艦島において、朝鮮人に対する強制労働や差別的待遇があったことを描いた映画を製作し公開しているが、映画だからは事実と異なることを描いて観客を楽しませることもあるだろうが、韓国の場合はなぜか映画の方が真実になってしまうようで、さすが歴史の勉強は映画で行っている国民がいるらしい韓国ならではの話である。

 ユネスコは韓国に対して、朝鮮人に対する強制労働などが軍艦島で本当にあったならば、大きな問題だとし、その証拠を出して欲しいと要求しているのか。いつものように「あった。あった」と言っておけば、そのうち真実になると思っているからで、ユネスコは朝鮮人は嘘しか付かないことも知らないようで、既に軍艦島ではなく、別の炭坑で働いている日 本人労働者の映像を朝鮮人に対する強制労働の証拠だと主張していることも知らないのか。

 産経新聞の記事の中にもあるように、かって軍艦島で働いていた方の証言もあるにも関わらず、ユネスコはなぜか韓国の言い分だけを取り上げて、日本に改善を要求しているのは不可解で、そのようなユネスコに日本政府がいつまでも資金援助する必要はなく脱退を検討すべきである。
(2021/07/16)

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 政権交代して何をするのかが... | トップ | 台湾産バナナが東京五輪の選... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際問題」カテゴリの最新記事