私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

日本国民は韓国と北朝鮮の統一など興味も関心もない

2014年03月30日 12時12分40秒 | 韓国関連

「南北統一で最大の利益を得るのは日本」 

2014/03/28 

「韓日平和統一フォーラム」開催 日韓議員連盟の額賀会長「日本には北朝鮮の経済発展のため支援する覚悟がある」 

 民主平和統一諮問会議(民主平統)と東京大学の現代韓国研究センターは27日、東京のリッツ・カールトン・ホテルで「韓日平和統一フォーラム」(本紙・毎日新聞後援)を開催した。このフォーラムで、木宮正史・現代韓国研究センター長は「韓国が主導する形で平和的統一が達成された場合、最大の利益を得る国は、ほかの国と比較してみると日本のほかにないだろうと考える」と語った。 

 木宮センター長は「統一は、日本にとっても『大当たり』かもしれない。北朝鮮をどのように統一に参加させるか、日本がどのように寄与できるかは、韓日が協力すべき最大の課題。こうした課題を目の前にしながら、歴史・領土問題で対立している現在の状況は、両国にとって大きな損失」と語った。 

 韓国で朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が当選した直後、安倍晋三首相の特使として韓国を訪れた額賀福志郎・日韓議員連盟会長は「(統一は)周辺国に良い影響を与えるだろう。北朝鮮の経済発展のため、経済支援を行う覚悟をわれわれ(日本)は持っている。それができる環境を作っていくべき」「韓半島(朝鮮半島)が安定を取り戻し、地域の経済を繁栄させていく上で、日本は最後のカードを持っている」と語った。 

東京= 金真明(キム・ジンミョン)記者 

(朝鮮日報日本語版) 


(引用終了) 


 偏向マスコミが捏造してまで煽っていた韓流ブームだが、今ではすっかり影をひそめているようであり、それでも僅かに韓流ドラマと称する歴史捏造ドラマが放送されているものの、誰からも見ているとの話は聞いたことはなく、まったく無駄なことをしているものだと思っている。 

 本物のブームとは偏向マスコミが取り上げることで起こるものではなく、自然と起こるものなのだが、それでも偏向マスコミは、さもあるかのように「韓国は素晴らしい」とか「韓国は良い国だ」などと歯が浮くようなことを言ってきた訳である。それに騙されて韓流ドラマに夢中になったり、韓国旅行に行った方がいたとしても何ら不思議ではない。 

 だが、そのような方であっても韓国がどのような国かを知れば、偏向マスコミが言ってきたのとは正反対に韓国が嫌いになったとの珍現象が見られるようで、「知れば知るほど嫌いになる国」と言えば韓国のことを指すのは今や世界の常識になっているようだ。 

 最近、書店に行けば嫌韓本が平積みされているが、韓国とはまともな国ではないとして、それは何故か日本国民は知っておいた方が良いとする本が売れていることに他ならず、韓流ブームがなぜか嫌韓ブームに変化したのは、前述したように「知れば知るほど嫌いになる国」であったからであり、この流れはもう後には戻らないであろうし、韓国とはすなわち朝鮮人とは一切関わらないことが日本の国是になったと言えるだろう。 

 世界から嫌われている韓国に未だに親近感を持っている日本人がいるとしたら、かなりの変わり者であり、韓国がそのような国ではないことが分からず、隣国だから仲良くした方が良いと言った程度で、支援するなど良くしてやっても裏切られるだけなのに、それでも韓国のどこが良いのか教えて欲しいものだ。 

 朝鮮日報日本語版によれば27日、東京のリッツ・カールトン・ホテルで「日韓平和統一フォーラム」が開催され、そのフォーラムで、木宮正史・現代韓国研究センター長は「韓国が主導する形で平和的統一が達成された場合、最大の利益を得る国は、ほかの国と比較してみると日本のほかにないだろうと考える」と語ったそうだが、そのように思うのは勝手だが、日本国民は、朝鮮半島とは関わらない方が日本の利益になるとして、今まで韓国と我慢して関わってきたことでそれを十分に認識するに至っているのである。 

 また、この記事の最後の方に、朴大統領が当選した直後、安倍総理の特使として韓国を訪れた額賀福志郎・日韓議員連盟会長は「(統一は)周辺国に良い影響を与えるだろう。北朝鮮の経済発展のため、経済支援を行う覚悟をわれわれ(日本)は持っている。それができる環境を作っていくべき」「韓半島(朝鮮半島)が安定を取り戻し、地域の経済を繁栄させていく上で、日本は最後のカードを持っている」と語ったとされているが、朝鮮民族の統一のことなどどうでもいい話ではないか。 

 良識ある日本国民は朝鮮民族の悲願かも知れないが韓国と北朝鮮の統一などい興味も関心もないし、だから経済支援などあり得ず、そもそも朝鮮戦争は休戦中に過ぎず、だから統一など出来る訳はないのに、それでも、あたかも出来るかのように日本から事前準備のために支援を得ようとする魂胆を朝鮮人ならば既に思いついているであろう。 

 防衛庁長官経験者の額賀氏が売国奴では何とも情けない話だが、日韓議員連盟の会長でありながら、日韓基本条約で、北朝鮮への経済支援の分まで韓国に渡しており、だから朝鮮半島統一に際して韓国は、日本から受け取った中から北朝鮮への経済支援を行えば良い訳である。それを額賀氏が知らないとなれば相当な無知であり、日韓議員連盟に所属する者が額賀氏のような考えでは国益を損ねることなるし、日本の富が朝鮮半島に流れるだけではないか。少しは嫌韓本でも読んで勉強した方が良いし、自民党にも、額賀氏のような駆除しなければならないアホが未だにいるとなれば、日本が普通の国になるのは、まだまだ先のような気がしてならない。
(2014/03/30)

コメント (4)

英語表示のみで十分とするJR東海の主張が正しい

2014年03月27日 21時12分26秒 | 未分類

大動脈抱えるJR東海 中・韓国語対応 進まず 

2014/03/23 

 日本を訪れるアジア圏の旅行者が増える中、JR東日本や大手私鉄では、鉄道の駅名や乗り場などの案内表示を中国語や韓国語で示す取り組みが広がる。しかし、日本の大動脈の東海道新幹線を運行するJR東海は英語表示のみ。国土交通省は二〇〇九年、英語以外での表示の必要性を指摘したが、JR東海は「(複数の外国語を使うと表示の)文字が小さくなる」と反論し、駅での案内表示のあり方に一石を投じている。 (木村留美) 

 駅などでの外国語サービスのあり方について国交省は〇六年「『おもてなし』の観点から英語以外の外国語でも情報提供を行うことがさらに望ましい」とのガイドラインを提示した。 

 輸送サービスなどの状況に関して調べるJR東海に対する〇九年の業務監査でも「他社の駅施設では中国語や韓国語などの表記があるが、JR東海はない」と指摘。「来訪外国人の約七割がアジア圏からで外国人を意識した表記について検討が必要」とした。 

  これに対しJR東海は「国際的共通語の英語をできるだけ大きな字で記すのが基本」と主張。多言語表示は「限られたスペースの中で文字が小さくなり、見づらくなるおそれがある」と反論していた。 

 現在はキャリーバッグの扱いや緊急ドアを引っぱらないよう呼び掛ける注意書きについては英語以外でも表示。一部の券売機では多言語対応も始めたが「高齢社会に配慮し日本語を大きな文字で表記している。英語以外の外国語も表記すれば文字が小さくなり読みにくくなる」とし「対応は現状で十分」と主張する。 

 東洋大の飯嶋好彦教授(国際観光学)は「駅や電車内での対応が難しいなら、新幹線車内の座席に置くパンフレットに中国語や韓国語での乗り換え情報などを入れるといった工夫は必要では」と指摘している。
(東京新聞) 

(引用終了) 


 5年位前までは、この程世界文化遺産に登録された富士山方面に友人たちと良く行く機会があったが、最近は畑仕事が忙しくなったことや、車も軽トラックに変えたことから、富士山方面に限らず、日帰り旅行すらほとんど行かなくなってしまった。それでも「たまには一緒に」と誘われることがあるが、年をとったせいか遊びに出かけることがおっくうになり、それより畑の草むしりをしていた方が余程楽しいし、健康にも良いだろうから、適当な理由を言って、断るようにしている。 

 日帰り旅行すらほとんど行かなくなったのには別の理由があり、それは観光地など見かける簡体中国語・ハングル表記の案内板が気分を害するからであり、景観を害するだけでなく、この辺にも支那人や朝鮮人が来るのかと思うとゾッとしてしまうし、そのような案内板を富士山の近くにある温泉施設で見かけた時には絶対に一緒には入浴出来ない民族なので、今まで何度か行ったことがある温泉施設だったが、それ以来避けるようになった。 

 日本における外国人の国籍別犯罪率で1位ないし2位に位置するのが支那と韓国であり、そのような国の観光客だとしても日本国民は歓迎したくないし、親切にする必要はないと思っており、世界から嫌われている支那人、朝鮮人なのだから、なるべく自国から出ない方が良いし、出る場合は支那人は朝鮮に、朝鮮人は支那に行けば良いのであり、お互いに世界の嫌われ者同士で、気心は通じるのではあるまいか。 

 東京新聞によれば、国土交通省が2006年に「『おもてなし』の観点から英語以外の外国語でも情報提供を行うことがさらに望ましい」とのガイドラインを提示したことを受けて、JR東日本や大手私鉄では、鉄道の駅名や乗り場などの案内表示を、英語の他に簡体中国語・ハングル表記するところが増えているそうだが、日本の大動脈の東海道新幹線を運行するJR東海は「(複数の外国語を使うと表示の)文字が小さくなる」と反論し、英語表示のみで十分だとしている。これは新幹線を支那に売らなかったJR東海の主張が100%正しいし、全面的に支持したい。  

 どの国であっても案内表示は自国語が基本であって、併記するならば英語だけで充分あり、案内板の大きさがそのままで、新たに簡体中国語・ハングル表記まで加えるとなれば、JR東海が指摘するまでもなく、すべての文字が小さくなるし、そのため日本国内にある案内表示が日本国民にとって見づらくなっているのは本末転倒もはなはだしく、このような表記が支那人、朝鮮人に対する「おもてなし」だとしても、日本国民への「おもてなし」を忘れたガイドラインだと言えるだろう。  

 それにしても英語以外の外国語の案内表記に、なぜ犯罪率が高い支那朝鮮の言語が使われているのであろうか。これは支那朝鮮の犯罪者の道標となり、犯行を容易にさせるだけである。東京新聞はJR東海の簡体中国語・ハングル表記が進んでいないことをおかしいとしているが、むしろ見づらくなっている案内表示が増えていることをおかしいと言うべきでないか、  

 今や多くの外国に旅行に行く日本人が増えたが、どの国に行っても日本人のために日本語が併記された案内表示がないことを東京新聞はどう思っているのか。親日国だと言われている台湾でさえ私が旅行中に見た限りでは英語だけであり、日本だけが、支那朝鮮に配慮する形で、簡体中国語・ハングル表記が行われているのは異常なことである。  

 公明党創価学会が国交相のポストを握っているとなれば、非常に分かり易いガイドラインであり、支那朝鮮だけに優しく、配慮することが党是であり学会是のようで、高齢化社会が進む日本で、表示の文字が小さくなれば、困るのは日本人であるとの意識はないようだ。 

 簡体中国語・ハングル表記が必要なのは「◯◯してはならない」との注意書きだけで十分であり、これは日本人を不愉快にさせないことや、マナーの何たるかも知らない支那朝鮮人のためであって、だから、これこそ本当のおもてなしの心であり、JR東海ではキャリーバッグの扱いや緊急ドアを引っぱらないよう呼び掛ける注意書きについては英語以外でも表示しているそうだが、さすがJR東海であり、国交省の愚かなガイドラインなど無視すれば良いし、他の鉄道会社も見習った方が良いだろう。
(2014/03/27)

コメント (3)

大江氏の主張とは「日本は侵略されたら滅びよ」なのか

2014年03月24日 22時37分33秒 | 売国奴・反日日本人

作家の大江健三郎さんらが反対集会

2014/03/21
 

 集団的自衛権の行使容認に反対する集会が20日夜、都内で開かれ、作家の大江健三郎さんらが「次の世代を担う若者たちのために戦争ができる国づくりを進めてはならない」などと訴えました。
 

 20日夜、開かれた集会には主催者の発表でおよそ4000人が参加し、安倍総理大臣が集団的自衛権の行使容認に向けて憲法解釈を見直す考えを示していることについて相次いで反対の声が上がりました。 
 

 この中で作家の大江健三郎さんは「次の世代を担う若者たちのために戦争ができる国づくりを進めてはならない。憲法9条の理念であすの生き方をつくろう」と呼びかけました。
 

   また憲法が専門で一橋大学名誉教授の山内敏弘さんは「憲法改正の手続きを経ずに解釈の変更で集団的自衛権の行使を容認するのは、『立憲主義』の破壊そのものだ」と指摘しました。
 

 集会に参加した20代の男性は「今の政治に不安を感じ参加しました。私たち若い世代は憲法や政治と聞くと身構えてしまいがちだが、まずは身近な家族や親類と議論することから始めたい」と話していました。 集団的自衛権の行使容認を巡っては政府の有識者懇談会が来月にも憲法解釈の変更によって行使を容認する報告書を提出する見通しで、安倍総理大臣は解釈を見直す際は、与党との協議も踏まえて閣議決定する考えを示しています。

(NHK NEWSweb)

(引用終了)


    神奈川県民として、河野洋平氏のような売国奴を長年国会に送っていたことを反省しているし、国民に対して申し訳ないと思っており、既に政界を退き、今どこで何をしているのか知らないが、衆議院議長まで経験し、誰もが知っている顔なので、街を歩いていれば、罵声を浴びせられることはあっても握手を求められることはないだろう。
 

  年老いた売国奴ほど惨めなものはないだろうし、相手してくれるのは仲間だけで、外国と言えば「先生」と言われて持ち上げてくれる支那と韓国にしか行けないようで、また、今までやってきたことや、言ってきたことが間違っているとは決して思わないであろうから「バカにつける薬はない」と言われているが売国奴も同じで、治しようがない。  
 

 いわゆる河野談話を出した河野氏だが、その談話が朝鮮人に騙されたものであることが今では分かっていながら、騙されたことを恥とは思わず、間違ってた談話ならば、自ら撤回すれば良いのに、その様子もなく、旧日本軍による慰安婦の強制連行があったとする嘘が世界に拡散し、大きく国益を損ねている訳である。
 

 売国奴といえば、文学界にもいるようで、大江健三郎氏と言えば、「あの売国奴の大江か」とまで言われている有名な方で、何せノーベル文学賞まで取って方なのだから有名なのは間違いないが、世界に恥を晒す売国奴にノーベル文学賞を授与したのは、20世紀最大の冗談だと思っている。
 

 難解な書物を書くことでも良く知られている大江氏だが、安全保障に関する言動は小学生以下であり、NHK NEWSwebによれば、安倍総理が集団的自衛権の行使容認に向けて憲法解釈を見直す考えを示していることについて、20日夜、都内で開かれた行使容認に反対する集会で、「次の世代を担う若者たちのために戦争ができる国づくりを進めてはならない」などと訴えたそうである。
 

    大江氏のようなサヨクが日米安保、有事法制、周辺事態法などに反対し、すぐに戦争が始まるかのように国民に対して不安を煽っていたものの、未だに戦争が始まる様子はないし、だからサヨクが反対することは日本にとって良いことであり、集団的自衛権の行使容認も戦争を避けるために必要だと言えるだろう。
 

 支那の大軍拡や周辺国への侵略と民族浄化などに何も言わない大江氏だが、その支那や韓国が日本侵略に動いても、何もせず日本民族は滅亡した方が良いと言っているも同然で、大江氏の主張とは「日本は侵略されたら滅びよ」なのか。そのようにならないためにも、日本の防衛義務がある同盟国の米国との協力関係から集団的自衛権の行使容認は当然で、むしろ行使容認しなければ国を守ることは出来ない。
 

 「戦争ができる国」とは侵略されても防衛が出来る国のことで、大江氏にとっては日本は「戦争ができない国」の方が良いらしいが、そうであれば侵略されても何もすることが出来ず殺されことになり、日本滅亡となるが、無抵抗ならば、日本侵略を目論む支那は日本国民の安全を保障してくれると思っているのであろうか。大江氏はチベットやウィグルにおける惨状に目をつぶり、支那による日本侵略を容易にさせるために、日本を守りにくくするのが良いことだと思っている訳で、もし大江氏のような思想を持った者が政治家として多数を占めれば日本滅亡は間違いないだろう。
(2014/03/24)

コメント (3)

韓国はゆすりたかり国家として知られているが

2014年03月21日 22時24分21秒 | 韓国関連


「河野談話継承」以上の措置必要=日本との首脳会談-韓国外務省 

【ソウル時事】韓国外務省報道官は18日の記者会見で、日本との首脳会談実現のためには、日本側の「誠意ある措置」が必要との見解を改めて示した。その上で「誠意ある措置とは、慰安婦問題を解決する措置だ。河野洋平官房長官談話を見直さないことだけで、問題が解決するわけではない」と述べた。 

 首脳会談のためには、安倍晋三首相による河野談話継承の表明だけでは不十分で、日本側が慰安婦問題解決に向けた具体的な意思表示や措置を取るべきだとの考えを示したものだ。
 日本政府は、24、25日にオランダ・ハーグで開かれる核安全保障サミットの際に、日韓首脳会談とともに日米韓の首脳会談も模索している。報道官の発言は日韓、日米韓を区別していないが、日本側が条件を満たさない限り、いずれの形でも安倍首相との公式な会談は困難との認識とみられる。
 報道官は「慰安婦問題は非常に重大な人権侵害であり、被害者が納得できる方向で、早期に解決されなければならない」と強調。「韓国と日本との首脳会談についても、日本が誠意ある姿を示し、建設的対話が可能な要件が整えられれば、対話しない理由はない。要件を整えるためには、日本側が歴史問題に関する真剣な措置を早期に取らなければならない」と求めた。 
 先の日韓外務次官会談で、韓国側が首脳会談について安倍首相の靖国神社不参拝宣言などを含む3条件を提示したとの一部報道に関しては「事実と違う」と述べたが、具体的な説明は避けた。
(2014/03/18 時事通信) 


(引用終了) 


 私の子供の頃からの友人がいたのだが、今では一切付き合っていない。その理由とは、用事があって会う場合に、こちらの都合は聞かないことであり「何時から何時までの10分間だけならば会える」とかいつも言うので、その時間に遅れならないとして、早めに家を出て近くで待機し、指定された時間ちょうどに玄関のベルを押し、用事を済ませてきたのが、その10分間が経過しても、その友人は出かける様子もなく、他に来客もないし、他の用事をする訳でもないので、何のために会う時間を指定するのかと会う度に疑問に思っていたからである。  

 そのような自分勝手の考えでは「こんな奴とは付き合えない」として、友人としての縁を切っても仕方ないと思った訳で、詳しいことは書けないが、ある分野で知識が豊富なので、周囲に集まってくる方も多いが、その人間性が好きになれないとして去って行く方も多い訳で、また私生活の面でもだらしがないので、我慢して付き合って何の価値もないと判断した訳で、まるで韓国のような友人だったと今でも思っている。  

 韓国と言えば、隣国と言うだけで日本にとっては付き合う価値もない国であると思っている。なぜか韓国は日本にまとわりつくのが好きなようで、何でも日本を批判し、貶めてくるのだから疲れてしまうが、だから反日が国是になっている訳で、そのような韓国に良い印象を持っていると思っている日本国民がいたとしたら究極の情報弱者と言えるだろう。 

 今月24日からオランダのハーグで開かれる核セキュリティサミットの場で日米韓3か国の首脳会談が開催されるようだが、これは日本やアメリカが求めていた会談を韓国が受け入れる方針を示したからで、国際会議の会場などで会う機会があったとしても、「どうも」と言った程度の挨拶で十分だし、会談しても日本に何のメリットもないことは確かである。  

 時事通信によれば、韓国外務省報道官は18日の記者会見で、日本との首脳会談実現のためには、日本側の「誠意ある措置」 が必要との見解を改めて示したそうであり、核セキュリティサミットの場で日米韓3か国の首脳会談に韓国が受け入れる方針を示す前の会見だが、日本側に求める「誠意ある措置」とは何なのか具体的に言って欲しいものだし、慰安婦問題に関して安倍総理による河野談話継承の表明だけでは不十分らしい。  

 河野談話を見直す方針を示しても文句を言い、継承する方針を示しても文句を言ってくるとなれば、見直した方が良いし、そもそも河野談話とは韓国に騙されて出したものなのだから、見直して正しい談話を出すべきで、石原信雄氏の証言から、この談話は既に有名無実化していると言えるだろう。 

 韓国はゆすりたかり国家として知られているが、日本側に求める「誠意ある措置」とは要するにカネを寄越せと言っている訳で、安倍総理が河野談話を継承すると表明し譲歩したとしても、ヤクザのように「誠意を示せ」となり、さらなる譲歩を要求するのだから話にならない。 

 韓国が今まで日本の支援に感謝したことはないとなれば、日本がいくら譲歩し、誠意を示しても無駄であり、「今まで日本にお世話になった。これで終わりしたい」と言っては満足することはなく、永遠に日本を批判しカネをたかるであろう。それが朝鮮人の本質なのであり、だから首脳会談など何の意味もないし、一切関わらず、困ったことがあっても放置が一番ではないか。だが、ここまで韓国を付け上がらせた責任は村山元総理や河野氏のような売国政治家にもあるし、また未だに親韓議員と言われている者がいるが、韓国との友好など永遠にないのだからいい加減に諦めた方が良いだろう。
(2014/03/21) 

コメント

発覚した生活保護の不正受給は氷山の一角

2014年03月18日 22時23分48秒 | 社会問題

生活保護の不正受給 件数金額とも過去最悪

 働いて得た収入を申告しないなど生活保護の不正受給が明らかになった件数は平成24年度、全国でおよそ4万1000件、金額は190億円を超え、件数、金額ともに過去最悪になったことが厚生労働省のまとめで分かりました。

 厚生労働省によりますと、平成24年度、明らかになった生活保護の不正受給は、全国で4万1909件で、前の年度より6341件増えました。金額は190億5372万円で前の年度より17億円以上増えて、件数、金額ともに過去最悪となりました。また、自治体から警察へ被害届を出したり告発したりした件数は109件で、これまでで最も多くなりました。

 不正受給の具体的内容では、働いて得た収入を全く申告しなかったケースが最も多く、全体の47%を占めたほか、次いで年金を受け取っているのに申告しなかったケースが21%、働いて得た収入を実際より少なく申告したケースが11%となっています。

 不正受給が過去最悪になったことについて、厚生労働省は「自治体が不正受給を防ごうと、受給者の収入などを調査する態勢を強化したためではないか」と話しています。
(2014/03/16 NHKニュース)

(引用終了)


 30年ほど前に一度だけ宝くじを買ったことがあり、当然ながら当選しなかったので、無駄金になってしまった。それ以来、買ったことはないし、買わなければ当たらないのは分かっているが、もし間違って当選してしまい数億円の賞金を得たとなれば、もう汗水垂らして働くことはないとして毎日遊び回り、だらしがない生活になってしまう恐れがあるから今では買わない方が良いのではと思っている。

 友人に定年退職して、年金や退職金、貯蓄などがあって、特に生活に困らない方がおり、海外旅行やグルメにと悠々自適な生活を楽しんでいるようだが、自宅に戻ると虚しさだけが残ると言っており、確かにカネを使って疲れに行ったようなものだから当然かも知れない。

 私も今では年金生活者だが、だからと言って毎日遊んでいる訳ではなく、少しでも人様のお役に立ち、喜んで貰いたいことをしたいと思っている。そのために身体を動かし、働くことに幸せを感じるようにもなったし、カネはないよりあった方が良いとしても、遊ぶことより働く方が幸せなのだから、ほどほどあれば良いだろう。だから幸せとは毎日のんびりした生活をして、楽しく遊んでいては決して得られるものではないのである。 
 
 働くことが出来るのに黙っていてもカネが入ってくるから働かずに遊んでいる連中も世間にはいるようで、まさに、だらしがない生活をしている訳だが、不正受給が後を経たない生活保護受給者の中には、そのような生活をしている者がいるのではあるまいか。

 NHKニュースによれば、厚生労働省によると、平成24年度、明らかになった生活保護の不正受給は、全国で4万1909件で、前の年度より6341件増え、金額は190億5372万円で前の年度より17億円以上増えて、件数、金額ともに過去最悪となったとのことである。

 不正受給の最も多いケースとは働いて得た収入を全く申告しなかったものらしいが、病気などの事情で働くことが出来なくなったとして、生活保護受給者となったにも関わらず、その後になぜか働くことが出来るようになったとなれば何とも不思議な話であり、だから、生活保護申請時に働くことが出来ないとしていたのは嘘であることに他ならない。
 
 今回発覚した不正受給は氷山の一角だと思うし、身体障害者や高齢のために本当に働くことが出来ないのであれば生活保護受給者となったとしてもやむを得ないが、問題は就労可能年齢の受給者の場合は不正受給がないかを行政だけで調査するのは困難であり、だから異論はあるだろうが、受給者を公表するなどの措置を取るのも良いかも知れない。

 税金から給料を貰っている公務員が、それに見合わない派手な生活をしていれば、収賄の容疑があると疑われても仕方ないのと同じで、生活保護受給者でありながら、外車を保有したり、遊び放題の生活をしていれば、不正受給を疑っても良い訳で、それには、どこの誰が受給者であることを公表するしかないし、それが世間に知られたとしても恥ずかしいことではない筈である。

 このNHKニュースでは不正受給していた者の国籍まで報じていないが、厚生労働省が公表していないかも知れないとしても、国民の関心は全国で4万1909件の不正受給の中で、憲法違反でもある外国人受給者の割合であり、それを公表しないようでは、何の意味もないではないか。

 ともかく、生活保護制度が問題なのではなく、不正受給している怠け者や外国人まで受給者となっていることが問題であり、特に外国人の場合は親族資産調査など出来ないことから、申請があれば支給せざるを得ないとなれば、日本国民が納めた税金が外国人のために使われていることになり、また日本の富を吸い付くそうとする在日朝鮮人の生活保護受給者が多いとなれば、移民の受け入れは論外であることが分かるし、だから日本で生活出来なくなった外国人は強制送還が筋であろう。
(2014/03/18)

コメント

日本は韓国と共同の繁栄と利益に向かっていく気はない

2014年03月15日 20時50分49秒 | 韓国関連

日本の歴史認識は「共同繁栄・利益に障害」=朴大統領

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は11日放映の米CNNテレビとのインタビューで、日本政府の露骨な右傾化の動きに関連して「(日本の)歴史認識問題は根本的に信頼関係を損なうため、より大きな共同の繁栄と利益に向かっていく上で著しい障害になることは事実だ」との見解を示した。

 朴大統領は「北東アジアで、韓国をはじめとする隣国が平和と安定を守り共同繁栄を築くために、若い世代に友好的に力を合わせて進むことができる未来を残すことを望んでいる」と語った。

 インタビューは1月に青瓦台(大統領府)で行われた。朴大統領の人生や政治哲学などが主な内容で、CNNのシリーズ番組「Leading Women」の中で放送された。

 朴大統領は「どの分野であれ、特に政治分野は常に信頼を大切に考えなければならないとアドバイスしたい」と、「信頼」を重視する自身の政治哲学についても語った。

(聯合ニュース 2014/03/13)

(引用終了)


 米国が安倍政権になってから日韓首脳会談が行われていないことを心配し、関係修復を求めていることから、外務省の斎木事務次官が12日、韓国を訪問し、今月下旬の核セキュリティー・サミットの際に日米韓3カ国で首脳会談を行うことで韓国側と調整を図ったものの、慰安婦問題などで日本の対応に変化がなければ、どんな形であっても首脳会談には応じられないとしたことから、1泊2日の韓国訪問の予定が、夕食会のキャンセルにより日帰りとなったようである。

 韓国側から「話にならないので、帰れ」と言われたかも知れないが、夕食会が予定されていたものならば極めて非礼であり、気にくわないとして、訪問した斎木事務次官を追い返せば日本は態度を改めると思っているのであろうが、まったくの逆効果だと言わざるを得ないし、日本が日韓関係改善のために譲歩することなどなく、韓国と関わっても良いことは何一つないと認識する日本国民を増やすだけではあるまいか。

どのような状態ならば日韓関係が正常だと言えるのか様々な意見があるだろうが、今までのように韓国のゆすりたかりに応じて日本がカネを出し続けることが正常だとは思えず、また、どのような要求でも日本は従えでは同じく正常ではないだろう。だから韓国を共存出来ない国家とみなして、距離を置いた方が良いのであり、偏向マスコミやサヨク、親韓議員なども日韓関係の悪化を心配しているようだが、何も心配することはないし、今のような日韓関係が正常なのであり、韓国とは世界最悪の反日国家であることを忘れてはならない。

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と言えば告げ口外交が得意のようで、それも日本を卑下することが韓国のためになると思っているのだから話にならないが、それでも反日活動をやめないで欲しいもので、それは日本国民の嫌韓感情の高まりが十分ではないからである。だから、韓国がどういう国なのか知るためにも、朴大統領にあっては任期満了まで続けて欲しいもので、なにせ韓国民が選んだ優秀な大統領なのだから日韓関係をより良い状態にしてくれるものと期待している。

 聯合ニュースによれば、その朴大統領が、11日放映の米CNNテレビとのインタビューで、「(日本の)歴史認識問題は根本的に信頼関係を損なうため、より大きな共同の繁栄と利益に向かっていく上で著しい障害になることは事実だ」との見解を示したそうであり、相変わらず日本を卑下することしか言わない大統領だが、歴史認識が日本と異なることで信頼関係を損なうと言うのは理解出来ない。

 韓国では歴史をテレビドラマで習っている人もいるそうだが、日本で言えば確かTBSで放送されていた水戸黄門や大岡越前で歴史を習っているのと同じであり、さすが歴史を捏造する韓国らしく、大統領でさえ歴史認識がテレビで見たのと異なると思っているとなれば、一般の韓国民の歴史認識がどれほど酷いか分かると言うものだ。

 日本は韓国と共同の繁栄と利益に向かっていく気はないし、むしろ関わると日本だけが不幸になるだけで、まともな話合いも出来ない国なのだから友好などと言うものは存在しないし、それでも朴大統領は歴史認識を持ち出せば日本はカネを出すとでも思っているのであろうか。

 そのような使い古された手口に日本は二度と騙されないし、国家破綻が迫る韓国となれば、もし日本がカネ出すと言ったら日韓首脳会談に応じるかも知れない。だが、日本の歴史認識には変化はないし、韓国と関わっても日本には何の利益もないとなれば、韓国は日本に頼らず繁栄して欲しいものだが、日本の援助なしには何も出来ない国なのだから、おそらく無理だろう。
(2014/03/15)

コメント

在日隠しが朝日新聞の特定秘密なのか

2014年03月12日 20時38分15秒 | 偏向マスコミ

朝日新聞が刺殺未遂事件容疑者を日本人のように書く 朝日だけ「韓国籍」なしの通名表記

2014/03/10

 3月9日京都市右京区にて起きた刺殺未遂事件。刺された男性は、搬送先の病院で死亡したことが確認された。各社がこの事件を報道しているが、実に興味深いことが判明した。なんと朝日新聞だけが容疑者を通名で表記、「韓国籍」とも書かれていないことがわかった。何も知らない人がこの朝日新聞の記事を読むと、日本人が容疑者のように思えてしまうだろう。

 ちなみに朝日新聞の表記は「無職安東泰和容疑者(61)」である。

では他社媒体はどうなっているのだろうか。

日刊スポーツ:無職金洙吉容疑者(61)
日テレNEWS24:金洙吉容疑者(61)
NHK:金洙吉容疑者(61)
産経新聞:韓国籍の無職、金洙吉容疑者(61)
毎日新聞:無職、安東泰和(やすかず)=本名・金洙吉=容疑者(61)
47NEWS:金洙吉容疑者(61)

 逮捕された男性は自称韓国籍で金洙吉(キン・シュウキチ)と名乗っている。報道の自由があれば報道しない自由ということなのだろうか。国籍も出さずに通名表記する朝日新聞の意図は?
(ガジェット通信)


(引用終了)


 今ではネットがあることから、北は北海道から南の沖縄まで発行されている新聞各紙の論調を比較することが出来るので、良い時代になったものだと思うし、その中には極めて偏向した論調を掲げることが多い新聞から、「神」と言われ正論を述べる新聞まで色々あるようで、新聞とは購読料を払って読むものだから、事実を報道せず、どこの国の新聞なのか分からないような論調では読む価値はないだろう。

 偏向マスコミとして、批判されることが多いのは朝日新聞のようで、高級紙を自称しているし、全国紙でもあることから影響が大きいこともあり、何かと批判される訳で、既に「購読料を払ってまで読む新聞ではない」とまで言われようになっているのは何とも情けない話しだが、朝日が廃刊となればこんな嬉しいことはなく、まさに日本の夜明けとなるであろう。

  日本が支那や韓国からの言われなき批判に晒されている原因を作ったのが朝日であり、慰安婦問題や靖国神社参拝問題など、朝日が捏造報道しなければ、今でも何の問題にもなっていなかったと思われるし、だから放火魔と言われている訳で、朝日の記事で正しいのは日付だけだとまで言われているようではもはや新聞ではなく、サヨク仲間の機関紙と言った方が正解かも知れない。

  その朝日が、特定秘密保護法に対して、サヨク仲間を動員して反対のキャンペーンを繰り広げたのは記憶に新しいが、秘密があっていけないと言いながら、報道しない自由が朝日にあるようで、それはガジェット通信が報じているように、3月9日京都市右京区にて起きた刺殺未遂事件で、容疑者を通名で表記、「韓国籍」とも書かれていなかったそうである。

 他紙が金洙吉容疑者としているにも関わらず、朝日だけは「無職安東泰和容疑者(61)」との通名で表記していることから、これでは日本人が容疑者と誤認されてしまう訳で、在日隠しが朝日新聞の特定秘密なのかと言いたくなるが、ネットがある時代に、いくら在日に配慮する報道をしても、何の意味もないし、「また朝日か」と言われ、朝日では事実が分からないとして購読者をさらに減らすことだろう。

 それにしても、通名と言う偽名が在日朝鮮人に認められているのはまさに在日特権であり、日本人の場合は本名で報じられ、在日の場合は通名だけとなれば、まさに民族差別であり、また、この刺殺未遂事件の容疑者が通名を変更すれば、事件は別人が起こしたものだとの意識を持ったとしても何ら不思議ではなく、これでは犯した罪の重さなどなくなるし、在日による犯罪が多いのは、法的根拠がない通名がなぜか認められているからに他ならない。

  在日の容疑者の場合は、朝日のように通名表記では前述したように日本人が容疑者と誤認されてしまうことから真実の報道とは言えないし、また本名表記だけでは在日が通名を使っていることが日本国民に周知されないのでダメである。だから通名と本名を併記すべきあり、よって、この容疑者の場合は「無職、韓国籍、通名・安東泰和=本名・金洙吉=容疑者(61)」」と表記するのが良いし、また通名が過去に変更されていれば、そのすべてを記事の中に入れるべきではなかろうか。  

 在日朝鮮人による凶悪犯罪が多いにも関わらず、通名表記だけでは犯罪抑止にはならないし、だから朝日のような朝鮮人に優しい新聞がのさばるようでは日本国民の生命財産は守れないのであり、このように報道しない自由が社是になっている朝日が、特定秘密保護法に反対していたとなればお笑いの何者でもない。
(2014/03/12)

コメント (5)

韓国は日本が国際社会で孤立すれば嬉しいのでは

2014年03月09日 21時10分33秒 | 韓国関連

「日本さらなる孤立も」 国連で慰安婦問題訴えた韓国長官

2014/03/07

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は7日、旧日本軍の慰安婦問題について、日本政府が何らかの措置を取らない場合、国際社会でさらに孤立するとの認識を示した。

 尹長官はスイス・ジュネーブで行われた国連人権理事会に出席し、同日午前、仁川国際空港に到着した。

 尹長官は慰安婦問題に関し、「韓日両国の問題を超え、国際社会の普遍的人権に関する問題だと思う。こうした点を人権理事会の出席者にきちんと認識してもらう良い契機となった」と話した。また「今後、日本政府は慰安婦被害者と国際社会が納得できる誠意ある措置を早急に実行することが非常に重要だ」と強調した。

 尹長官は5日(現地時間)の人権理事会での演説で、慰安婦の強制性を認めた河野洋平官房長官談話を見直そうとする日本政府の動きについて、「国連に対する真っ向からの挑戦」などと強く非難し、慰安婦問題の早期解決を訴えた。


  (引用終了)


 韓国に関して何度も書いているが、ネタには困らないほどの呆れた国だと思っており、最近は書店でも嫌韓本が目立つ所に置かれているようで、これは偏向マスコミが隠していた韓国の実情をもっと知りたいとする国民が増えた証左であろうし、お早うからお休みまで、日本に絡んで批判することが国是になっている韓国とは、どのような国なのか、知っておくのは良いことではなかろうか。

 知れば知るほど嫌いになると言われているのは韓国と言う国であり、偏向マスコミが捏造した韓流ブームに騙されて、韓国旅行に行ってみたものの、こちらが日本人と分かると嫌がらせをされたり、食事が不味いだけでなく、食中毒になってしまったとの話もあり、また、見るべき観光地もないとなれば、韓国旅行ほど無駄なものはないだろう。

 NHKは韓国のことを「お隣の国・韓国」と紹介するようであり、お隣の国には間違いないが、日本にとっては迷惑なお隣の国なのであり、それは日本にカネをたかるのは当然と思っているからで、今日まで日本が韓国に支援した金額は70兆円を越えているとも言われており、さらに驚くべきことだが、そのほとんどが返済されていないそうで、日本とすれば貸したカネでも、韓国の方は貰ったカネだと思っている訳である。

 恩を仇で返すのを得意とする韓国が、日本の支援に感謝する訳はなく、それを捏造だと思っている韓国民もいるそうで、だから、韓国への支援はカネをドブに捨てるようなもので、まったくの無駄であり、いくら隣国だからとしても日本は支援する国を間違えたとしか言いようがない。

 これからの日本は、韓国に対して「助けない。教えない。関わらない」との非韓三原則を厳守し日本の富が韓国に流れないようにすべきで、4年後の2018年には韓国の平昌では冬季五輪が開催されるが、誘致したのは韓国なのだから、資金不足ではないと思うし、頑張って会場建設などをして欲しいもので、今から開催を楽しみにしている。

 日本からカネを引く手口を次々に編み出している韓国が新たな問題として、謝罪と賠償を求めているのが慰安婦問題であり、これは何の問題にもなっていなかったのに朝日新聞の捏造記事と売国奴の河野洋平が、河野談話と称して何の証拠もないのに韓国人慰安婦の強制性を認めてしまったからである。

 韓国の聯合ニュースによれば、国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は7日、旧日本軍の慰安婦問題について、日本政府が何らかの措置を取らない場合、国際社会でさらに孤立するとの認識を示したそうであり、何らかの措置とはどのような事なの か具体的に言って欲しいものだが、おそらくカネをよこせと言いたいのであろう。

 すでに日本は河野談話を検証する作業に入っており、何らかの措置を取れと言うならば韓国に支援するのではなく河野談話の検証のことであるから、だから日本が国際社会で孤立することはないだろう。まして普段から日本を孤立させようと奔走している韓国が、一転して日本の孤立を心配しているようにも思えるし、何だか良く分からないが、もし、本当に日本が「国際社会で孤立する」ようなことになれば韓国にとって嬉しいのではなかろうか。

 韓国とは日本の支援なくして国家運営も出来ない哀れな国なのであり、だから慰安婦問題と言うありもしない問題で、日本から何とかカネ引こうとしている訳だが、韓流ブームに夢中になっていた方でもさえも、今ではすっかり嫌韓派になってしまったのは、韓国による反日妄言の度が過ぎたからであり、であるから日本と韓国の関係は今後悪くなることはあっても良くなることはないだろうし、世界最大の反日国であり、友好国でもない韓国には、さらなる支援は必要なく、それを良識ある日本国民が許す筈はない。
(2014/03/09)

コメント (7)

どの国でも支那人が住めば環境汚染や治安悪化を招く

2014年03月06日 21時46分04秒 | 支那関連

なぜ中国人移民は世界中で嫌われているのか?広がる排除の動き―中国紙

2014年3月4日 レコードチャイナ

 2014年3月1日、国際先駆導報は記事「世界を恐れさせる中国人移民、なぜいたるところで“排除”されるのか」を掲載した。

 カナダ政府は2月11日、投資移民・起業家移民制度の終了を発表した。数万人もの中国富裕層が移民申請中だったが、その門が閉ざされたことになる。昨年末に発表されたフーゲワーフ長者番付によると、富裕層の64%は移民を申請中、または検討している。子どもの教育、政治リスク、退職後の生活、環境汚染などが主要な理由となった。

 特に2012年以後、中国人移民の流入は各国メディアの注目を集めるようになった。それと同時に反発する動きも目立つようになっている。中国人移民が多いバンクーバーでは不動産価格高騰の理由は中国人移民流入にあるとの認識が広がっている。ニューヨーク、サンフランシスコ、シアトルなど米国の大都市でも不動産価格の高騰、米国人のビジネス機会減少の元凶として中国人への反感が広がった。中国人富裕層の財産は汚職や詐欺、違法な所得によるものだと考えている人も多い。

 また、中国人がマナーをわきまえないとの反発も根強い。ニュージーランドでは中国人の飲酒運転、交通違反、ひき逃げなどは許しがたいとの怒りが広がっている。中国人移民、とりわけ富裕層の移民のイメージを変え偏見を排除するには、中国人移民自らの努力が必要となるだろう。(翻訳・編集/KT)


(引用終了)


 外国人が日本に来て驚くものには街中が綺麗であり、ゴミがほとんど落ちていないことや清潔なトイレなどではなかろうか。また、外国であれば金庫が置いてあるとしてすぐに破壊されてしまう自動販売機や、少し郊外に行けば、畑の脇などに設置されている野菜の無人販売所も外国人には理解出来ないかも知れない。

 日本は犯罪が皆無ではないが、諸外国に比較しても治安が良いことであり、夜間に一人歩きをしている女性が犯罪に遭うことも稀なので、これも外国人は驚くようだ。日本に日本人だけしか住んでおらず、外国人がいない国であれば、もっともっと良い国になるだろうし、だからと言って旅行者として訪れる外国人を排除するのではなく、マナーを守る外国人だけ訪日して欲しいもので、少なくとも日本人を不愉快にさせるような外国人は歓迎したくない。  

 日本人観光客の減少に悩んだ観光地が、支那人や朝鮮人の観光客を受け入れるようにしたところ、その観光地が荒れて日本人観光客がさらに来なくなり困っていたところに、対日感情の悪化から支那人や朝鮮人の観光客も来なくなった観光地がどうなったかと言えば、一度でも支那や朝鮮人によって汚された観光地は日本人観光客は以前のように戻らないのであり、これは何も日本だけの現象ではなく、世界中で普通に見られるようである。  

 世界の嫌われ民族と言えば真っ先に支那人を上げることが出来るが、そのような支那人が支那共産党の方針によって、今や世界各地に移民として流入しているのは決して良いことではない。レコードチャイナによればカナダでは子どもの教育、政治リスク、退職後の生活、環境汚染などが主要な理由に富裕層による投資移民・起業家移民制度の終了を発表し、米国では不動産価格の高騰、米国人のビジネス機会減少の元凶として反感が広がり、ニュージーランドではマナーをわきまえないとの反発も根強いとして、支那人移民の排除の動きがあるとしている。  

 なぜ支那人は世界中で嫌われているのか、支那人自身が理解しているとは思えず「これが普通だが、何がいけないのか」との認識ではなかろうか。最大の原因は、その国に溶け込むことはせず、支那人だけが住む中華街を形成するからであり、またマナーすら守らないから環境汚染や治安悪化を招くことなどが上げられるし、要する「郷に入っては郷に従え」と言う、その国での習慣ややり方に従うのが賢い生き方であるとの考えはなく、どこでも「すべて我々が正しい。まわりが従えば良いのであり、それで何事も平和で穏やかになる」との中華思想を持ち込むからであろう。  

 支那の環境汚染の凄まじさが日本に影響を与えるまでになっており、これも民度が低いから、生存に重大な影響がある大気、土壌、水質などを汚しても何の危機感も覚えず、住んでいる所がダメになれば他に行けば良いと思っている訳で、そうなると、支那人が住むようになれば、どの国であっても環境汚染が進行し、今の支那のように人間の生存に適さない国になるだろう。支那人との共存は不可能なのであり、だから移民とは武力を伴わないだけの侵略だとの認識を持たなければならず、すべての国で移民政策は失敗していることを教訓にして、日本の人口が減少傾向にあるとしても、移民だけは受け入れてはならない。
(2014/03/06)

コメント (4)

朝鮮人は朝鮮半島から出ないようにするのが一番良い

2014年03月03日 21時35分35秒 | 韓国関連

【噴水台】再び大韓民国には生まれたくないって?

2014年03月01日 中央日報日本語版

 私のいとこはおよそ20年前、ニュージーランドに移民した。暮らし向きの良かった大学の同窓生の多くが一気に海外へと旅立っていった。教育問題が一番大きかった。当時小学生だった甥や姪は、ニュージーランドで大学を卒業し、それぞれオーストラリアと韓国で仕事をしている。

移民生活中、このいとこは「ニュージーランドはつまらない天国、韓国はおもしろい地獄」と言いながら韓国を懐かしがった。万事に争いが絶えない疲れた生活だったが、それが韓国社会特有の活力と躍動性につながるということだった。韓国を離れて出る言葉なので限界はあるが、彼の友の言葉も皆同じだった。冗談半分真面目半分で「お金さえ少しあれば韓国のように楽しく暮らせる国もほかにない」と。このうち数人は子どもが成長してから韓国に戻ってきた。

ところでそれも昔話のようだ。最近、あるモバイル世論調査結果に目を引かれた。「生まれ変わるなら、大韓民国に生まれたくない」(57%)という回答が「生まれ変わるなら、大韓民国に生まれたい」(43%)よりも多かった。「生まれたくない」という回答は20代が60%で最も多かった。韓国に生まれたくない理由は過度な競争や厳しい入試、スペック(注)づくりなどだった。最も暗うつな韓国の社会現実としては「政治」が挙げられた。回答者の70%が韓国は公正でなく、両極化が深刻だと答えた。
(ドゥイットサーベイ調査)。

注:各自が持つ学歴や資格、能力などのこと。

ヤン・ソンヒ文化スポーツ部門部長待遇


(以下略。全文はリンク参照)

(引用終了)


 昭和48年(1973年)に公開された映画「日本沈没」は小松左京による同名のSF小説が原作となっており、物語は日本列島が地殻変動によって陸地のほとんどが海面下に沈没すると言うもので、そのために日本人を海外へ脱出させる「D計画」を政府は立案し、それを開始するが、巨大地震が相次ぎ、その計画にも狂いが生じる。

 日本列島の陸地のほとんどが海面下に沈没することが分かった時に、日本人としてどうすれば良いのか、学者や作家などが集まり論議し、最も多かった意見は日本人は日本列島と運命を共にするのが一番の幸せだと言うものだった。もちろん、これはSF小説の中での話であって、日本列島が沈没するようなことは現実にはあり得ないだろうが、もし、そのような事態になれば、私は日本列島と運命を共にする道を選択したいと思っている。  

 東日本大震災から、まもなく3年が経過するが、大津波によって、冷却電源のすべてを失った福島第一原子力発電所が、水素爆発を起こし、放射性物質が拡散されたとして、首都圏までも壊滅するとまで言われ、現実に首都圏を脱出し、九州や沖縄などに逃げた方もいるようである。また、ある国会議員は自分の選挙区が壊滅的な被害を受けているのに、どこかに雲隠れして、10カ月も姿を表さなかったようであり、そのような国会議員が「国民の生活が第一」などとを言っても信用出来る訳はない。  

 日本人で、海外に在住したり旅行の経験がある方であれば日本ほど良い国はないと思うであろう。日本には季節の移り変わりが織りなす美しい原風景があり、水道の水をそのまま飲めるし、世界の人々が憧れる綺麗なトイレ、また世界一美味しく、見た目の綺麗な和食。天皇陛下を戴く世界最古の歴史と文化を持っている国なのであり、だから日本人として生まれたことは幸福であると同時に何度も感謝したいし、反日サヨクのように朝鮮人と一緒になって憎い日本などと言ってような連中に対して、人差し指を頭の上でクルクル回して見たくなる。  

 もし、生まれ変われるものならば、再び日本人とし生まれたいし、間違っても世界から嫌われている朝鮮人として生まれたくないものだが、世界一優秀な民族だとしてマンセーを叫んでいる朝鮮人ならば、再び朝鮮人として生まれたいのではないか思っていたら、どうもそうではないようで、中央日報日本語版によれば、あるモバイル世論調査結果として「生まれ変わるなら、大韓民国に生まれたくない」との回答が57%で、「大韓民国に生まれたい」と回答した43%より多かったとのことである。  

 朝鮮人は、どこの国で生まれても、また移住しても朝鮮人の血を引いていれば、世界の嫌われ民族としての本領を発揮しており、だから生まれ変わらないで欲しいもので、なぜ自分たちは嫌われているのか、どうすれば嫌われなくなるのか学習する気持ちはないのかと言いたくなるが、そもそも最初から嫌われているとの意識はないかも知れない。  

 どの国に移住しようが、その国に貢献しないばかりか、同化しようともせず、迷惑を掛けているのが朝鮮人であり、だから良い朝鮮人の話など聞いたことはない。朝鮮人は朝鮮半島から出ないようにするのが一番良いし、それが世界人類にとって幸福であり、既に朝鮮半島から出て外国に居住している者や、その子孫は帰国すべきで、日本人の多くが日本列島と運命を共にする気持ちがあるから海外に移住する方が少ないのであり、朝鮮人も同様に南北朝鮮と運命を共にして欲しいもので、それは毒霧に被われて滅亡間近の支那にも言えることである。
(2014/03/03)

コメント (3)