私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

掲示板 2003年11月分過去ログ (1757~1785)

2003年11月30日 23時46分58秒 | 掲示板過去ログ2003年分

1785.疲れ目様、管理人様、mumu様
名前:テンポ 日付:11月30日(日) 23時46分
彼の地にて我が国の関係者が不幸にも命を落とされた出来事は、
残念でなりません。
が、彼らは自らの意志にて踏みとどまった、敬服すべき存在のはず。
それを、何を勘違いしたか一部勢力はただ単に、自らの主張の裏打ちとして、彼らの死を利用しようとしている。
それは、彼らの真摯な思いに対する、冒涜でしかないのだ。
余談だが、管理人様が触れられていたが・・・・
ペルーの日本大使館が彼の地の人々の犠牲により無事解放された際に、
当時ここの大使であった青木某とか言う輩は、帰国一番にこう放言したのは、
未だに忘れない。
”日本食を食べたい、ワハハハハ!”だと!
最もこの後、職を解かれた様だが、当然の事であろう。


1784.流石はNHK
名前:mumu 日付:11月30日(日) 20時59分
(連続投稿でしたら、悪しからず)
他所とは違って、官房長官の不確かな発言を矢鱈と強調してばかりいますね。
曰く「日本人外交官の殺害はテロの可能性が高い」
日テレも最近はとみに反日色が強くなってきているような印象を受けますが、
それでも現役外交官に、今回の事件の可能性は4つあるとして一概にテロと断定は出来ないというコメントもさせてますからね。
同じテロでも、それが日本を完全に的にしていたのか、それとも外国人なら誰でも良かったようなものなのか、まだわかってない今の時点では意味合いも相当に違ってくるでしょうし、日本人としてではなくアメリカ人に間違われた可能性も“現段階では”否定出来ないとしているのに、NHKの報道振りはまるで日本が初めからテロの標的だったような言種に見えて、実に不快です。
何か亡くなられたお二人の死を卑劣に利用しているようにも見え、更に不快度数が高く感じられてならないです。
亡くなられた方達に心よりのご冥福を祈ると共に、その尊い犠牲を決して無駄に終わらせない為にも、一部の反日屋共の情報操作なんぞを蔓延させてなるものかと思わずにはいられません。


1783.所詮はもの知らずな馬鹿ですから
名前:mumu 日付:11月30日(日) 19時56分
その主張も観念的な御伽噺の類でしかないことは、少しでもまともな判断力や認識力、見識や知識、常識があれば「何をええ格好しいなことやってんだか」と白けさせるだけのことと思われます。
ただ大騒ぎしたいだけの烏合の衆に支持されて、それで自分は何て正しい主張をしてる偉いヤツなんだ、という俗物根性丸出しの自己満足に浸ってる猿山の大将が忌野清志郎な大馬鹿野郎の本性でしょう。
君が代を侮蔑しきったアレンジで歌って売名行為に走ろうとして、まんまと発売自粛という騒ぎを引き起こしたまでは良かったものの、自主制作盤として発表した途端、そんなに大騒ぎする程の代物じゃないとわかり、あっと言う間に世間を白けさせた経緯を見れば、あの馬鹿がどれだけ自分の世界だけに浸りきって現実世界を見ていないかがわかるというものでしょうしね。

長渕や内田は、それでも最近はあまりテレビ等の目立つメディアには登場していない分影響力も昔ほどではないかもしれませんが、忌野清志郎は所謂バラエティにもちょくちょく出ているのだとか、私の知人で時々ヤツをそうした番組で見かけるというので、どういうことを言ってるのかと聞いてみると、大抵はギターを抱えての出演で何かについて話すというより、下手糞な(註:知人談)歌で間を持たせられない雰囲気をどうにか誤魔化してるようにしか見えないと言っていました。
ろくに自分で自分の意見を言う言葉すら持てない馬鹿が、活字の媒体では偉そうなフレーズを使っても、そうした言葉足らずな情けない姿を見せれば逆効果でしかないという、良い見本とでも言えるかもしれません。
個人的に忌野清志郎風情の影響というのは、そんなに深刻に考えなくても良いような気はします。


1782.中野正剛の再来を待望する
名前:桑原洋一郎 日付:11月30日(日) 19時1分
日常の中の人間像

 苦難と闘う人生―中野正剛―
「シッカリシロ チチ」(『中央公論』1931年9号)

 中野正剛の人生は、苦難の連続だった。1926年、古傷の整形手術に失敗して左足を失い、1931年には、将来を嘱望していた早稲田第一高等学院1年生の長男克明を、穂高岳の遭難事故で喪った。生死の界にあった克明に、中野は電報で、「シッカリシロ チチ」と呼びかけた。さらに1934年と翌35年に妻多美子と次男雄志を相次いで喪い、中野の苦難は一層増幅されていった。悲痛の只中で、中野は足の不自由を克服して乗馬を始め、馬術競技会に出場する域にまで達した。「シッカリシロ」と、常に自らを励ましつつ、苦難と闘っていたのである。

奥参事官と井上書記官のご冥福を祈る、合掌。


1781.自衛隊に日本大使館と大使館員の警護も任務に(疲れ目さんへ)
名前:forest(管理人) 日付:11月30日(日) 18時34分
管理人のforestです。疲れ目さん長文の投稿有り難うございます。まったくおっしゃる通りです。

「イラクに自衛隊を派遣する」「戦闘地域だから派遣出来ない」との論議をして、もたもたしているから、遂に日本大使館員に殉職者を出してしまいました。イラク北部のティクリート付近で29日午後5時(日本時間同11時)ごろ、バグダッドの日本大使館用の車が移動中に襲撃を受け、奥克彦在英国大使館参事官と、井ノ上正盛書記官の2人が殺害され、レバノン人の運転手も意識不明の重体とのことです。

イラク復興に命を掛けて、国連本部が自爆テロの標的となり、デメロ国連特別代表が亡っているという危険な状況なのに、敢えて引き揚げることをせずイラクに止まり、日本大使館員として良くその職責を自覚されて、その志半ばでテロリストの標的となり殉職されるとは誠に残念なことです。国民の一人としての深く哀悼の意を表したいと思います。

今回の日本大使館員2名の殉職という事態を受けて、自衛隊のイラク派遣に反対する人は「それみたことか」と今回の事態を政府に派遣しない方向に仕向ける材料にすることでしょう。派遣に反対する人は「治安が安定しておらず危険だから派遣出来ない」と言いながら、その治安が安定していないイラクで引き揚げもせず任務を遂行していた日本大使館員のことを考えていたであろうか。また日本大使館が以前に銃撃されたことがあっても、大使館の警備や大使館員の警護については現地任せであったとは、政府にも日本国民であり同胞すら守る手だてをしてこなかったのです。

数年前にペルーの日本大使館がテロリストによって占拠された事件があったが、その事件の解決も全て現地任せであり、政府は自衛隊はおろか警察特殊部隊すら送ろうとしませんでした。その突入作戦の際にペルーの軍の将兵が戦死したことは記憶に新しいことです。

自衛隊のイラク派遣に反対する人は自衛隊員の命を心配していながら、イラクに止まる日本大使館員のことはまったく考えていなかったと言って良いでしょう。尊い殉職者を出したことは痛ましいことですが、これで日本はイラク復興支援から手を引いたら、殉職された二人の大使館員の遺志に背くことにはなると思います。
政府は自衛隊のイラク派遣に関して、日本大使館と大使館員の警護も任務に加えることを検討すべきであり、政府には国民を守る義務があることを忘れてしまっては困るのです。


1780.Re.そうだ、忘れてました
名前:ceO 日付:11月30日(日) 17時17分
>もっとストレートな表現にて言えば・・・・
>単なる売名行為じゃないのか?

売名行為でしょうね。
左翼のスローガンてのは、大方が聞きごこちの良いものばかりです。
反戦も然ることながら、反権威、反権力、解放、自由etc...。芸能人は人気商売ですから、分り易く、受けそうな左翼的スローガンを放言することで「いい人、善人」みたいに印象づけたいのでしょう。勿論、普通の見識の人がみれば「偽善」にしか見えないでしょうが。
芸能人がエンターテイメントに依るのでなく、無責任な政治的放言によって人気を得ようなどとは、虫酸が走りますね。有名であるほど影響力が大きいだけに、害も大きいですね。


1779.追悼 奥克彦参事官 井上正盛書記官(1)
名前:疲れ目 日付:11月30日(日) 14時7分
 以前に投稿したが、イラク在住の日本大使館には、自衛隊も警察も警護についておらず、大使館員やCPAに出向している日本人にも、日本政府の警護は付いていなかった。
 以前に日本大使館への発砲事件があったときも、朝日などのマスコミは、終始一貫、大使館の警備のあり方については沈黙し、大使館や大使館員の警護を日本政府が行わずにイラクの民間人に任せていることの問題提起をせず、他国のように自前の軍や警察、日本の場合は自衛隊や日本警察が大使館の警護に就かなくていいのかという、当然選択肢に入ってくるべき議論を、マスコミは無視した。
 発砲事件があった後も、「大使館、大使館員の安全のためにはどうするべきか」の議論を、朝日などのマスコミは敢えてスルーし、今回、犠牲者を出すに至った。
 かれらが、徹頭徹尾「大使館員の安全を守るためにはどうするべきか」という議論を無視してきた経過を見れば、「自衛隊員の命に関わるから派遣には反対」という彼らの主張は、彼らが自衛隊をイラク派遣したくないために構築した、便宜的な議論だったのだということがよく分かる。
 その意味で、今回、尊い犠牲者が出た責任の一端は、敢えて「大使館員の安全」の議論を無視したマスコミにもあると感じる。私は、半ば、自衛隊をイラクに出したくないマスコミによって殺されたようなものだと思う。

 以前にも投稿したが、奥参事官は生前、首相補佐官の岡本行夫氏をデメロ国連特別代表が亡くなった国連本部に連れていき、国連の半旗を見上げ、「岡本さん、これを見て、引けますか!」と振り絞るように言い、イラク復興のため、警備もつけずに東奔西走していたそうだ。
 彼らの安全については終始一貫、歯牙にも掛けなかった朝日などのマスコミが、彼らの犠牲を自己主張のために都合よく利用し、彼らが命懸けで行ってきたイラク復興支援を、逆の方角に引き戻す理論を展開するだろうと予測されるので、奥参事官が死の直前まで、イラクで業務に当たりながら外務省に送ってきていた「イラク便り」を引用し、奥参事官の遺志を確認したい。
追悼。奥参事官。井上書記官。


1778.追悼 奥克彦参事官 井上正盛書記官(2)
名前:疲れ目 日付:11月30日(日) 14時5分
奥参事官のイラク便り
「おしん!おしん!おしん!」平成15年11月11日(火)
 
 NHKの人気番組「おしん」が日本で初めて放映されたのはかれこれ20年近く前のことでしょうか。私がかつて湾岸戦争当時に勤務したイランでも、既にペルシャ語の字幕がついた「おしん」が放映されていて、日本人だとみると、どこへ行っても、「おしん、おしん」と声をかけられたものです。戦後の混乱期から我慢に我慢を重ねて立ち上がっていく姿がイラクとの戦争で疲弊した自分たちの姿と二重写しになって共感を呼んだのでしょう。また、その後エジプトでもアラビア語の字幕入りのものが放映されて大人気を博しました。そんなこともあって、戦後のイラクで是非「おしん」を放映して欲しい、そうすれば必ずイラク人の共感を得ることが出来る、と考えていました。
 CPAが資金援助して放映している、イラク・メディア・ネットワーク(IMN)という放送局があります。イラクの国営TV局は戦争中の爆撃で機能停止したために、国際会議場3階のスタジオでビデオ収録して、バグダッド郊外に設置された放送塔から電波に乗せられています。このIMNに頼んで、何とか放映してもらえないだろうかと願っていたのです。幸い、IMNの顧問をやっている米国人のボブ・ティーズデールさんが、米陸軍の関係で韓国に長年滞在し、その間、日本にも何度もやってきた縁で日本のこと、「おしん」のことに理解があり、二つ返事で引き受けてくれました。
 さて、イラク側が放映するといっても、著作権の問題、ヴィデオ・テープを複製する問題、とクリアにしなければいけない問題が沢山あります。IMNはコマーシャルなしの放送局ですので、日本側がヴィデオ作成等の費用を負担する必要があります。
 国際交流基金の協力を得て、これらの問題を乗り越えて、漸く、ラマダンに合わせて放映するところまでこぎ着けました。
 イラクでは娯楽が殆どありませんから、TVの人気は絶大です。ただ、衛視TVに人気があり、IMNは押され気味です。ラマダン中の最大の楽しみは家族揃って食事をとり、TVを見ることです。「おしん」は午後10時半から2話連続で毎日放映されています。人気も徐々に出てきているようです。私も、バスラでもサマーワでも放映されているのを見ました。私たちが街を歩くたびに「おしん、おしん」、と声がかかれば、皆が見ている証拠です。そんな日が近い将来やってくるものと思います。

「テロとの闘いとは」平成15年11月13日(木)

 今日は、悲しいニュースが飛び込んできました。イラク南部のナーシリーヤに展開しているカラビニエリと呼ばれるイタリア国家警察部隊が使用している建物が自動車爆弾テロに襲われ、18名のイタリア人と9名のイラク人が犠牲になったというのです。
 現場を見るために早速ナーシリーヤに向かいました。8月下旬の国連事務所爆破と同じ悲惨な光景に言葉がありませんでした。ここはかつて貿易省の地方事務所として使われていた建物だそうです。6月に初めて訪れたときには、カラビニエリの部隊をルーマニア兵が警護していて、CPAのナーシリーヤ本部はどこですか?と尋ねても英語を解さないルーマニア兵が身振り手振りで、日本が建設協力したナーシリーヤ総合病院の隣にあるCPA事務所を教えてくれたことを思い出します。
 今ではイラクの警察組織も大分出来上がってきて、そろそろカラビニエリの出番も少なくなってきたことだと思います。軍隊と異なり、民衆に近いところで仕事をするカラビニエリだからこそ、町中を離れずに仕事にあたっていました。
 巻き添えになったイラク人の無念さも想像を超えるものがあります。ユーフラテス河に架かる橋を渡ったところにあるこの事務所の前を偶々通りかかった学校帰りの女子中学生4名も尊い命をテロリストによって奪われてしまいました。
 これはテロとの闘いです。2001年9月11日にアメリカ人だけでなく多くの日本人もアル=カーイダのテロの犠牲になり、私たちはテロとの闘いを誓ったのですが、ここイラクでもテロリストの好きなままにさせるわけにはいきません。地元の人に尋ねてみると、確たる証拠はないのですが、このような民家に囲まれた場所に自爆テロを仕掛けるなどというのは、到底イラク人のやることではないと皆言います。
 犠牲になった尊い命から私たちが汲み取るべきは、テロとの闘いに屈しないと言う強い決意ではないでしょうか。テロは世界のどこでも起こりうるものです。テロリストの放逐は我々全員の課題なのです。


1777.そうだ、忘れてました
名前:テンポ 日付:11月30日(日) 10時46分
>しんしん様
思い出させてくれてありがとうございます。
それから、レスを頂いたスサノオ様、管理人様、そしてmumu様、
有難うございました。

忌野清志郎。
この輩も”反原発”だの、我が国の国歌たる君が代を冒涜してみたりと、確かにやりたい放題やっていますわなぁ(ハァァ)

そして海の向こうには、似非反戦パフォーマーのカリスマにて、裏では”ドラッグカルチャー”の片棒を担いだ御大ジョン・レノンなんてのも居ましたな。僕がビートルズを評価できないのは、この辺にあります。

話は変わりまして・・・・内外を問わずいわゆる”有名人”が世界情勢について語る時には、おおむね”反戦、反権力”いった観点からの場合が多いみたいですね。

海の向こうでも、イラク戦争を巡っては多くのスターたちが異議を唱えていました。しかし、ハリウッドは普段から政治権力の介入を極端に嫌っている事を考えると、(それは、50年代のいわゆる「赤狩り」への反省から来ていると僕は思うが)そのハリウッドが、政治に対して深く介入するのは如何なものか?と思いますが。

今年のアカデミー賞が、一部勢力の意向からか?まるで反戦集会の場にされそうだったのが、あと一歩でそうならずに済んだのは、彼の地に存在する良識ある人達の絶妙なバランス感覚がそうさせたのでしょうね。

ちょっと話がそれました、失礼。これからが、僕の本当に言いたい事なのだが・・・・

有名人の皆様は、反戦を旗印にして何か行動を起こすと、なんと!自らの懐に小金が入ってしまう!という厳然たる事実。
それについて、一体どれ程の人が認識しているのだろうか?

もっとストレートな表現にて言えば・・・・単なる売名行為じゃないのか?

この僕の投げかけに、一体どれだけの有名人が反論できる?

ここをお読みの有名人の皆様、どうかこの僕の投げかけにどうか答えてくださいませ。

さて、常連の皆様はどう思われますでしょうか?


1776.本日の報道2001より
名前:飛龍 日付:11月30日(日) 9時53分
やはり民主党は腰抜けである。「イラクはアルカイダだけではない。アメリカに身内を殺された人がレジスタンスになっている」などとテロを容認しており、更に「このままでは日本はアメリカに荷担する【裏切り行為】として東京でも同様の事がお起きる可能性がある。日本在住のイスラム教徒がそうする可能性もある」と完全な及び腰。自民党・平沢氏は「アルカイダの名前を語る【模倣犯】が根拠無しに単に脅しているだけだ。国内に爆薬を大量に持ち込むのは極めて困難である」との論調。そこで竹村氏がイギリスからの情報を紹介。「今日本ではイラクが危険だとか自衛隊派遣時期とかの話題ばかりですが、実際はアンマン(ヨルダンの首都)でノキアなどの携帯電話産業が現地生産に向けて話をまとめつつある。イラク復興後のイラク国民雇用確保と共にビジネスチャンスでもある。このような話はテレビ・新聞にも一切出ないが、政府も【復興後にこのような話】が既に出ているという事を国民に知らせないと先が見えない」と結んでいます。


1775.国民保護法案
名前:K.N 日付:11月30日(日) 2時4分

有事法制である国民保護法案の中に“報道の自由”を盛りこませようとNHKを中心とした左翼メディアが政府に圧力をかけて
いるようですが、これを認めたら自衛隊の行動は敵に筒抜けになるし、悪くすれば国民に対して反日・反戦デモをおこすように
呼びかけることをたくらむかもしれません。

昨日もNHKは、情報(偵察)衛星打ち上げ失敗の事を何度も流していましたが、本心では喜んでいるに違いありません。
(なんといっても、北朝鮮・中国に通じる反日放送協会ですから)


1774.反日歌手
名前:しんしん 日付:11月30日(日) 1時23分
テンポさん、スサノオさん、mumuさん、
忌野清志郎

もお忘れなく。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/3906/


1773.Reテロ予告(東京心臓部ってどこ?)
名前:飛龍 日付:11月29日(土) 19時32分
韓国には何にもないんでしょうかね?もうすでに派兵してるのに。。。
なーんかぁゃιぃ・・・>>それは中国が陰で何らかの画策をしているのではないかと・・・。以前の疲れ目氏の投稿にもあったように。韓国は今や北朝鮮にも頭が上がらず、昔ながらの中国様のいいなりであり、今更「ソウルでテロを起こす」と警告する必要はないでしょう。疲れ目氏や他の板の人が【日本がイラク派遣に躊躇】すれば一番得するのはどこの国であるか?という問いかけもありました。イラクへの自衛隊派遣をする・しない場合で損得を考えた場合、おのずとどの国が影響があるか考えればアメリカではありません。もし政府が躊躇してまごまごしている間にイラクが安定すれば日米関係にヒビが入ります。そうすると喜ぶのは中国・北朝鮮です。しかし自衛隊に被害が出ると一番困るのは小泉政権ですから、国益など無視して自民党内部・民主党から自衛隊情報をリークする輩が出ないとも限りません。戦前の【尾崎秀美】のように。大手新聞社は北京支局があるくらいですから、「情報のリークくらい」と軽く考えてもおかしくありません。その為にも内密に自衛隊の装備を重武装化し、交戦規定も緩和するなどの措置が必要となります。もしこれで現地で自衛隊が未然にテロリストからの攻撃を防止したと仮定しましょう。本来それは正当防衛なのですが、民主党のエセ人権主義者が「交戦協定違反だ。自衛隊の行動は過剰防衛である」とマスコミとぐるになって騒ぎますよ。今は「戦闘地域への自衛隊派遣は隊員の人命に関わる」などと、いかにも人命重視であるかのような立場です。しかし隊員の人命を尊重するなら、「現地でのテロ攻撃にも事前対応可能である」との一貫した立場を取るのが筋です。もしそのような事が実際に起きれば、「過剰防衛だの憲法違反だの」と自衛隊員の人命重視発言はどこへやらの発言が目に見えています。マスコミ・新聞・テレビなどもこの点について民主党の今の発言と、もしイラクで自衛隊が防衛した時の発言の相違について厳しくチェックして糾弾可能かが見所です。望みは殆どないでしょうが。


1772.テロ予告(東京心臓部ってどこ?)
名前:Y.K 日付:11月29日(土) 16時13分
マスコミが一生懸命「テロ予告」を報道するのを見るにつけ、このテロ予告はもしかして捏造なのでは?と疑ってしまう今日この頃。あまりにタイミングがよすぎ。日本が自衛隊を派遣するしないの議論は昨日今日始まった話ではないでしょう。韓国には何にもないんでしょうかね?もうすでに派兵してるのに。。。なーんかぁゃιぃ・・・


1771.似非反戦パフォーマーと言えば
名前:mumu 日付:11月28日(金) 23時47分
いつだったか、あの「シェギナ・ベイビー」が口癖の内田裕也も、何をとち狂ったんだか、クルドの難民の為に云々とかぬかして世間の大半から物笑いの対象になってたと記憶しています。

テンポ様もお疑いのように、私も長渕や内田が現地に行って、本当にその地に暮らす人々の何を見たり聞いたりして知った気になっているのか、偉そうにほざく前にちゃんとわかりやすく言ってみろと言いたい気分です。
どうせNHKやテレ朝、朝日・毎日新聞等の反日思想しかないメディアで知ったことだけを元に偏ったことを言ってるんでしょうけど、それに気付かずに自分は正義の味方を気取ってれば少なくとも自己満足には浸ってられますしね。
長渕剛の人気はまだまだ高いようですが、それは彼の政治色の強いメッセージがあるからというよりは、ただ何となくカリスマめいた雰囲気があるという勘違いで、そのファンの半分くらいは歌が好きかどうかとはあまり関係無いのではないかという気さえしてきます。

罠腫も捨明も、そして似非反戦パフォーマーの野郎共も所詮は他人のことなど本気で考えてるわけではなくて、ただの自己満足・自己陶酔を感じていたいだけなのだと思えてならないですよ。


1770.最近のNHK紅白歌合戦は(テンポさん、スサノオさんへ)
名前:forest(管理人) 日付:11月28日(金) 21時19分
管理人のforestです。私くらいの年になりますと、紅白歌合戦に出場する歌手では知らない人がほとんどです。普段でも歌番組は見ませんから知らないのは当然なのですが、それにしても日本語で歌っているのか、何語で歌っているのか分からない歌手が多いですね。ですから私はテレビ東京の「思い出のメロディー」の方を見ています。この歌番組なら知っている歌手や曲がでますから、最近はNHKの方は見ません。

テンポさんの投稿にもありましたが、長渕剛は反戦(それも反米思考か)を気取る傾向があるようとのことで、私は名前は聞いたことがあるくらいでどんな歌手か知りませんが、歌手に限らず有名になった人ほど発言には気を付けた方が良いと思っております。以前に今日のコラムの書いたことがありますが、芸能人であれば演技をうまいとか。歌がうまいとか。容姿が美しく好感を持たれているなどがその人が有名となった理由でしょうが、その仕事以外のことで、有名であればあるほど特に政治的な発言をしたり、世論が大きく割れていることで一方に荷担するようなことは言わない方が良いのです。

長渕剛が左翼の主張丸出しの様な歌を歌っているようでは、歌がうまくても、好感を持たれる歌手にはなれないでしょう。それで人気が落ちてもそれは本人の責任であり、長渕剛が「どんな歌を歌おうと自由だ。それが理由で排除されるは差別だ」と言うかも知れませんが、国民は長渕剛の歌手としての才能が素晴らしいからと支持し人気がある訳であり、歌詞があまりにも偏向していたり、また普段の発言にも首をかしげることが多ければ国民が支持しなくなり人気が落ちることがあっても仕方ないでしょう。

スサノオさんの投稿にありました長渕剛が覚醒剤に手を出したことで一切のレコード、CDを処分したとのことですが当然かも知れません。歌手である前に人間として失格でしょう。それがいくらうまい歌を歌っても偉そうなことを言っても人は信用しません。
米英軍のイラク攻撃の際に、マスコミにおだてられたのか。多くの芸能人が「米英軍のイラク攻撃に反対します」と言っていましたが、その中の好感を持っていた女優さんがいましたがいっぺんに嫌いになりました。人気商売ですから、マスコミに騙されてよけいなことは言わない方が良いです。

ノーベル賞を受賞した大なんとかという小説家がいますが、典型的な反日日本人であるがゆえ、どんな小説を書いても、この人の小説は読む気持ちにはなれません。それと同じです。


1769.中野正剛の再来を待望する
名前:桑原洋一郎 日付:11月28日(金) 19時56分
3 新聞人から政治家へ―緒方竹虎―

「新体制運動に対し日支事変に対し三国同盟に対し、大東亜戦争に対し、朝日新聞にもし幾分かの弁疏が残されているとすれば、それは一番遅れて賛成したという以外に何物もない」(「自らを語る―戦争犯罪裁判に対する準備資料―」)

  1944年7月、3年半に及ぶ東条英機内閣にかわり小磯国昭内閣が成立し、緒方は国務大臣兼情報局総裁として入閣した。信条としていた「一人一業」を棄てての、政界入りであった。緒方は言論政策を担当すると共に、繆斌を仲介とした重慶政府との和平交渉に打ち込んだ。緒方は、このいわゆる繆斌工作を通じて、戦争終結への道筋を模索していたのである。

 1945年は、緒方にとって、まさに激動の一年となった。4月繆斌工作の失敗により、小磯内閣が総辞職した。翌5月には、空襲で百人町の自宅が全焼し、亡き中野正剛の和泉多摩川の別荘に引き移り、8月の敗戦を迎えた。だが戦争終結の感慨に耽る間もなく、東久邇宮稔彦内閣の国務大臣兼内閣書記官長兼情報局総裁に就任し、わずか1月半ではあったが、敗戦処理の大役を担った。そしてその年の暮、緒方は、連合国最高司令官総司令部(GHQ)から戦争犯罪人容疑者に指名される。


1768.マモー様
名前:飛龍 日付:11月28日(金) 19時46分
2010年は韓国併合>>これはご勘弁を。朝鮮半島に手を出したら足を引っ張られます(笑
一、拉致被害者の家族を速やかに返還すること。
一、拉致の実行犯の身がらを引き渡すこと。>>これは納得です。


1767.長渕・・・
名前:スサノオ 日付:11月28日(金) 0時22分
テンポ様。私、高校時代から彼のファンでした。
が、覚醒剤使用が発覚し、言行不一致を見るにあたり、「長淵よ、お前もか・・・」と一切のレコード、CDを処分しました。
アフガンがなんたら・・・言う前にシャブ漬けの自身の反省が先だと思います。どうも日本人は昨今「禊」という言葉が好きですが、古より我国の文化の根底は「穢れ」だと思うのです。
マスゴミもそうですが、ニュース・キャスターという「読み手」がコメントする自体がおかしいものですし、コメントは押し並べて「体制批判」という「世論操作」です。今般の選挙でも一応自民の勝利で終わったという事実を無視し(選挙権を行使した国民の過半数が信任した。と理解してしかるべき)反政府論争を強引に起こしている姿は、「穢れ」以外の何者でもないでしょう。
イラク派遣にしても安全か、否かではなく、安全保障上どうなのか?という議論は致しません。前提条件を固定したがる「穢れ」ではないでしょうか?
紅白歌・・・には支那の「女子十二楽坊」なる者も出演するらしく・・・反日を国是とする国の人間を一年の締めという肝心な日に公共の電波に乗せるとは・・・なんたる体たらくでしょうか・・・
かつてテレヴィジョンの台頭で「一億総白痴時代の到来」と図らずも現代を憂いていましたが、今やテレヴィによって「一億総反日」にされかねません。


1766.祭典
名前:マモー 日付:11月27日(木) 23時34分
2010年は韓国併合
2015年は対華二十一ヶ条要求
2032年は満州国建国
100周年記念祝賀祭を国を挙げて行いましょう!
靖国神社で盛大なる祝典を!
参加したい同士の方やこんな祭典にしたいというアイデアの
書き込みをお待ちしています。
意見がまとまれば政府に建白書を提出しましょう!


1765.日本政府は
名前:マモー 日付:11月27日(木) 23時28分
次の三カ条を北朝鮮に要求する事。
一、拉致被害者の家族を速やかに返還すること。
一、拉致の実行犯の身がらを引き渡すこと。
一、拉致を命じた人物・国連でジャップ発言をした人物を自決させること。
これをかの国が受け入れない時は在日朝鮮人を虐待すること。


1764.大東亜戦争開戦記念日特別企画
名前:きらく 日付:11月27日(木) 23時26分
ビデオ上映会のお知らせ

「私たちは忘れない! ~感謝と祈りと誇りを~」 ★50分カラー作品<非売品>
(企画・製作●日本会議・英霊にこたえる会/後援●靖国神社)

私たちの国には明治維新以来、ともに力を合わせて国難に立ち向かった日本民族の誇り高い不屈の歴史があります。
かけがえのない命を国に捧げた先人たちの悲しくも尊い歴史があります。 
私たちは忘れません。国難に殉じた英霊たちへの感謝と祈りと、そして日本人の誇りを・・・

このビデオは、中国政府の圧力によってお蔵入りしたフィルムを復活させた貴重なビデオです。
このビデオを斡旋している日本会議の承諾を得て下記日程にて上映会を開催することになりました。
多数のご参加をお待ちしております。

日時:平成15年12月7日(日) 13:30~15:30
場所:かでる2・7 10階 視聴覚室 (札幌市中央区北2条西7丁目)
会場整理費:300円  主催:日本を大切に思う道民の会 
連絡先 omoukai@hotmail.com 紹介HP http://omoukai.fc2web.com 
http://omoukai.fc2web.com 


1763.紅白
名前:テンポ 日付:11月27日(木) 22時19分
常連の皆様、どうもお久し振りです。

さて、既にご存知の通り、かのNHKが”国民的番組”などど虚勢を張る(笑)、
『紅白歌合戦』の出場者が発表されましたね。

実は今回、久し振りに面白い人が出場するそうです。
その人の名は・・・・長渕剛。

実はこの人、前回出場(’90年だったか)の際に、
崩壊間もないベルリンの壁からの中継という形で出場しておりますが、
どうも”パフォーマンス好き”な性分の様でして、中継時間を大幅にオーバーさせたとかで、
同時に出場したとある大物男性歌手(名前は失念いたしました)の怒りを買った前科があります。

で、ここからが本当に言いたいことなのですが・・・・

どうもこの人、反戦(それも反米思考か)を気取る傾向があるようです。
以前、”アフガンの子供たちが苦しんでる・・・・”といった、
まるで左翼の主張丸出しの様な歌を歌ってましたし。
(というかこの人、実際にアフガンに言った事があるのかな?)

そしてさらになんと、以前こちらにて話題になった(というか吊るし上げられた?)、
”反天皇パフォーマー(?)”こと、BEGINも久し振りの出場ではないですか!

賢明な皆様はもうお解りでしょう。
今回の『紅白歌合戦』は、NHKによる反戦パフォーマンスの宣伝の場となるのではないか?
自衛隊のイラク派遣や、それに呼応したかのようなアルカイーダによるテロ予告等、
彼らが”ネタ”にしそうな状況は、揃っていますからね。
どうも、そんな確信めいた予感がしているのですが。

大晦日の『紅白歌合戦』本番と、彼らが仕組むであろう”似非反戦パフォーマンス”のあり方に、
ネット上の言論空間がどういった反応を見せるか、なんだか楽しみになってきました。
どうみても『非難の嵐に晒される』事は、間違いないでしょう。

あと、ここを読んでいるかは判らないが、長渕剛様に一言申し上げておこう。
前回はベルリンの壁ならば、今回はぜひ板門店でパフォーマンスしてくれないかなぁ?
北の人たちがどれだけ圧制に苦しんでるか、
また、我が国から不本意に拉致された人たちがどれだけいるかという・・・・
そんな現実を、歌に託したって良いんじゃないか?
もちろん、持ち時間はキッチリと守って頂きたいが(笑)。

だが、所詮は「似非反戦パフォーマー」のあんたの事だ。
これは、無理な注文と言うものか。


1762.中野正剛の再来を待望する
名前:桑原洋一郎 日付:11月27日(木) 20時50分
天下一人を以て興る―中野正剛―

「『天下一人を以て興る』、諸君みな一人を以て興らうではないか。日本は革新せられなければならぬ」(『東大陸』1943年1月号)

 太平洋戦争の戦局悪化と共に、日常生活全般にわたる官僚的統制を強めていく東条英機内閣の政策を、中野は国民の主体性を圧殺し、その社会生活を侵害するものと危惧した。演説や論説を通して、国民に東条内閣批判を訴えていた中野は、1943年に入り、近衛文麿や岡田啓介ら重臣たちと共に倒閣工作を企てた。だが中野の倒閣工作は挫折し、自ら死を選ぶことになる。


1761.テレ朝での、ある種の発言のタブー
名前:疲れ目 日付:11月27日(木) 13時41分
飛龍氏の言われる桜美林教授は、一度スパモニに出て来た教授と同じかと思う。
 その教授は生放送で、「旧フセイン政権下では、湾岸戦争後の経済制裁で、医薬品の不足などで160万人が死んだ。イラク戦争の被害は悲惨だが、死亡者は数千人から1万人ほどで、イラク戦争によって今後、経済制裁がなくなることとバランスして考える必要がある」と発言して、司会者に「その問題は来週ゆっくりやりますから」と発言を突然遮られ、しかし、その問題は二度と取り上げられず、その教授も、二度と番組に出てくることはなかった。
 首相補佐官の岡本行夫氏も、テレ朝のサンプロで、「イラクでテロは多発しているが、強盗殺人などの凶悪犯罪は、6月を期に激減している。治安は、決して悪化している一方ではない」と発言したが、その発言も、ニュースになると消えている。
 テレ朝では、ある種の発言をすると、下手をすると、発言をした本人もろとも画面から消えるといったことが起こるようだ。(テレ朝に限ったことではないかもしれないが)
 マスコミ自体が、自由で多角的な発言を封じ込め、言論や情報を取捨選択をして、ある種の情報に限って視聴者の元に届きにくくするのは、民主主義の原則に反している。
 テレ朝は、アメリカの情報操作について、熱心に報道しているが、その割には、自社でもある種の情報は一方的に捨てることによって、情報操作を行っている。


1760.被害者のご冥福をお祈り申し上げます。
名前:一介の学生 日付:11月27日(木) 12時43分
日経新聞 玄界灘の衝突事故、韓国人航海士に懲役3年

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20031127AT3K2701I27112003.html

※記事にはリンクが自由にはれない規則みたいなので、そのまま記述します。

他社が報じていないのが残念です。


1759.Re.テロリストの注文通りの報道に徹したテレビ朝日
名前:飛龍 日付:11月27日(木) 8時50分
とにかく朝日グループは世論のミスリードが伝統的です。私のところの地方新聞は桜美林大学教授の論評を掲載しています。
<ただ軍事面だけを見ると、米軍は必ずしもテロの制圧に失敗している訳では
ない。テロ攻撃の対象をみると、車やヘリコプターで移動中の米軍兵士米軍以外の施設、米軍協力者など警備が手薄なソフトターゲットが大半を占める。
米軍施設や連合軍暫定当局など厳重に警備されているハード・ターゲットの攻撃はほとんど無い。大規模な被害が出ている自爆テロも、国連事務所、赤十字、イラク警察署、イタリア軍警察司令部、シーア派のイスラム教寺院など政治的、宗教的理由から米軍が警備を控えていた施設ばかりを対象としている。
11 月になってテロが急増したのは、ラマダン(断食月)入りで夜間外出令が解除され、一時的に治安が悪化したからであろう。イラクの治安の現状は、米軍撤退を余儀なくされた1983年当時のレバノンに比べればまだ安定している。> このようなありのままの解析がとこまで出来ているのでしょう?
昨日のヤフーニュースでは中国が台湾統一に向け、西側諸国からの圧力・干渉により10年は経済発展が遅れるであろうという記事がありました。これを考えるまでも無く、中国は未だに覇権主義・膨張主義の真っ只中にあります。
これに対する戦略が出来ていないようです。


1758.中野正剛の再来を待望する
名前:桑原洋一郎 日付:11月26日(水) 17時38分
四 デモクラシーから戦争へ

1 政党政治家としての苦悩―中野正剛―

「国運を危急に救ふも、禍を転じて福となすも、皆国民各自の責任である。職業的政治屋は天下の大事を託するに足らぬ」(「総選挙に望む国民の責任」『東方時論』1920年4月号)

  1920年衆議院議員に初当選した中野正剛は、議会でのその鋭利な質疑によって、政党政治家としての名声を高めていった。だが世界恐慌と満州事変という事態に直面し、中野は苦悩した。立憲民政党を脱党して以降の中野は、挙国一致の国民組織化を試み、国民同盟や東方会を組織していった。けれども中野のそうした模索は、その政治的人生に複雑な影を投げかけていくことになる。


1757.テロリストの注文通りの報道に徹したテレビ朝日
名前:疲れ目 日付:11月26日(水) 16時27分
スサノオ氏をはじめ、スパイ防止法や破防法の適時適用に賛意をくださったみなさま、ありがとうございます。

 テロ予告があった直後の24日のテレ朝のニュース番組は、スパモニから夜のニューステに致るまで、テロ予告にひたすら縮こまり怯え、「イラクに自衛隊を派遣するのは政府による国民への脅しだ(なかにし礼氏)」といったコメントが続出する、見ていて非常に恥ずかしいものだった。
 もし外国人がテレ朝を見て、「日本人はずいぶんテロに脅えているみたいだね」と言ったら、私は日本人のプライドにかけて、「あのテレビ局は、日本でも笑いものになっているのだ」と答えるだろう。
 テレ朝の報道は、テロリストが「せっかくテロ予告をしたのだから、ぜひ、このように報道して欲しい」と希望するとおりのものだった。
 その一方で、テレ朝は、テロに屈しないイタリア軍などの情報や、自衛隊が派遣される予定のサマーワでは地元部族長が一致してCPAを支持しており、テロリストが活動しにくい状況になっていることなど、テロリストが嫌がる方面の情報は、まったく報道しなかった。
 アルカイダは、このような情報戦には長けていて、テロ予告も、「これ一本で自衛隊派遣が中止されれば、安いものだ」という、対日情報戦の一環という側面もあるだろうと思う。
 テロリストにテロ予告をされたからと言って、テロリストがこう報道して欲しいと願う通りの、ひたすら脅え、コメンテイターが顔を引きつらせてイラク派遣中止を言う、テロリストの思惑通りの報道をするのは、報道機関として情けなくないか。

 現状では、テレ朝のような放送局より、こうしたインターネットの言論掲示板のほうが、よほど頼りになるという状況が生まれているのではないか。

コメント

「2行で書く今日の主張」(2003年11月分)

2003年11月30日 22時37分37秒 | 「2行で書く今日の主張」過去ログ

◆北朝鮮の金サンがペースメーカーを付けたようで側で携帯電話を使えない。携帯がない北なら安心だ。でも金サンの外国訪問は不可能。2003/11/30

◆返り咲きを果たした加藤紘一が「イラクへの自衛隊派遣反対」と小泉政権批判。自民党に復党させてもらったのに足を引っ張るのか。2003/11/29

◆民主党が「拉致問題対策本部」を設置。拉致実行犯の釈放嘆願書に署名した人が代表だし、どんな対策をするのか。社民党よりましか。2003/11/28

◆民主党の菅代表が衆院予算委員会の後「いつでも政権交代の用意がある」と首相を批判。また架空の閣僚名簿を作り国民を騙すのか。2003/11/26

◆福田康夫官房長官が「イラクへの自衛隊派遣断念はテロを助長」と発言。評判の良くない福田長官だが、たまには良いことを言う。当然だ。2003/11/25

◆広島市長・秋葉忠利のメルマガ「アキバ通信・赤と青の広島市政」が8月16日以降発行なし。偏向した平和宣言を出して恥じているのか。2003/11/24

◆自民党は通常国会に北朝鮮へ経済制裁をするための外為法改正案を提出。政府内に慎重論。実効性の有無にかかわらずやるべきだ。2003/11/23

◆保坂祐二という大学教授を覚えて下さい。この人韓国に帰化した元日本人なのですが、帰化の目的は日本批判のためとは。ただのバカ。2003/11/21

◆田中真紀子はなぜ外相を更迭されたかを不問にして、再びもてはやすマスコミ。ニュー真紀子と言うが相変わらずで何がニューなのか。2003/11/20

◆国際テロ組織アルカーイダを名乗る組織が日本攻撃を示唆。イラクへの自衛隊派遣の牽制か。派遣中止になればテロ組織の思うつぼ。2003/11/17

◆社民党は福島瑞穂を党首に選出して再起を図るも幹事長が不在のまま。適任者がいます。田英夫ですよ。社民党の顔にきっとなれます。2003/11/16

◆イラク情勢調査のため自衛隊の調査団が出発。政府関係者や国会議員等20回以上も調査団ばかり派遣している情けない国日本。2003/11/15

◆辞任を表明した土井たか子党首の後任に福島瑞穂幹事長の昇格が内定するも反対論あり。誰になるか関心を持っている人がいるのか。2003/11/14

◆支那の戴秉国筆頭外務次官が「拉致問題は日朝2国間で話し合う方がいい」と言明。 支那に拉致問題解決を頼んでも当てには出来ない。2003/11/13

◆北朝鮮が過去の日本の植民地支配で840万人以上を拉致したと主張。1隻に100人として84000隻の船を拉致に使用したのか。捏造だ。2003/11/12

◆5月の拉致被害者を救出する集会を放送しなかったTBS。今度は石原都知事発言を字幕付きで捏造報道。謝罪で済む話ではない。2003/11/11

◆総選挙は社民党、共産党は惨敗するのは当然だが、何でこの人がと言う人が当選している。民意とはこんなものか残念でたまらない。2003/11/10

◆イラク南部は治安も安定しているから自衛隊を派遣する。では日本が軍事的脅威にさらされ治安が安定しなくなった時も米軍に依頼か。2003/11/09

◆イラクへの自衛隊派遣を総選挙後の14日に閣議決定。派遣しないことは日本はテロに屈したことになる。ひるまない日本の姿勢を示せ。2003/11/08

◆KEDOが北朝鮮の軽水炉建設事業の一時中断。日本はすでに400億円を負担。無駄なことをしたものだ。今後は北に援助はするな。2003/11/07

◆TBSは石原知事の「日韓合併の歴史を100%正当化するつもりはない」という発言を「正当化するつもりだ」と捏造。これはミスではない。2003/11/06

◆マスコミは石原慎太郎の正論を批判するが、田中真紀子の暴言には批判を手控えている。当選させたいがため国民をミスリードするな。2003/11/05

◆自民党を離党したからなのか田中真紀子の暴言がひどすぎる。また拉致問題を自分の選挙ために利用しパフォーマンスを繰り返すな。2003/11/04

◆阪神優勝パレードで神戸市では25万人のファンが集まる。左翼が応援する社民党の土井たか子の街頭演説は熱気もなく人もまばら。2003/11/03

◆田中真紀子前外相が「拉致被害者の子供は北朝鮮国籍」と発言。政治家としての資質もなく人格を疑う。新潟県民の良識を期待する。2003/11/02

◆支那の西北大学で下品な寸劇をした日本人留学生を除籍し、教師を解職処分し抗議。同じ留学生でも支那は人殺し。相殺にするのか?2003/11/01

この記事は
「2行で書く今日の主張 」としてHPに掲載されていたものです。
なお、作成した各月の分をまとめて当該月の最終作成日に登録しています。

コメント

H2Aの打ち上げ失敗は破壊活動ではないのか

2003年11月30日 19時41分33秒 | 未分類
  11月29日に鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターから打ち上げられた情報収集衛星(偵察衛星)2機を載せた国産ロケット「H2A」6号機は「第1段ロケットに取り付けられた大型固体補助ロケット(SRB)2本のうち1本を分離できなかったため、ロケット全体が約11分後に地上からの指令で爆破された」とのことである。文部科学相の諮問機関である宇宙開発委員会の井口雅一委員長は「この間、地に落ちた(日本のロケット技術への)信頼を回復するべく懸命にはい上がってきた。この失敗からまた、死にもの狂いではい上がりたい」と会見で述べたという。不都合が発見されて打ち上げが数度も延期されてきただけに今回の打ち上げ失敗は誠に残念なことであり、宇宙航空研究開発機構は今回の失敗の原因を徹底的に究明して頂きたいと思っている。

 今回のH2Aの打ち上げ失敗で、北朝鮮の情報収集に大きな支障が出ることは否めないが、既に打ち上げられている1号機だけでは「地球上の任意の地点を2日に1回しか撮影出来ない」と言う。しかし、そのことをわざわざ発表することではあるまい。これでは、「日本の情報収集衛星は2日に1回しか回って来ないので、それが来ない日なら見つからない」と思われてしまうだろう。手の内を明かすようなことを言うべきではない。

 今回の打ち上げ失敗を一番喜んでいるのは支那と北朝鮮だろう。支那の国営通信・新華社は「日本のロケットの信望に重苦しい打撃となった」と報じたとのことであるが、日本からのODAとロシアからの技術で有人宇宙飛行に成功した支那は「失敗したか。ざまあ見ろ」と今頃笑っているだろう。支那の年間の宇宙予算は約1兆円であると言われており、日本の同予算約2000億円と比べればはるかに多いが、そんな支那にほぼ同額のODAをくれてやるのは何とも納得出来る話ではありません。

 また政府は平成17年度までにH2Aの製造・打ち上げを三菱重工業に移管して、完全民営化することを決めているそうだが、機密保持は大丈夫であろうか。支那や北朝鮮の工作員が三菱重工業に入り込んで技術を盗み、また敢えて不良部品を製造して納入したり、打ち上げが失敗するような破壊活動をすることも予想出来ない話ではありません。スパイ防止法のない国ですし、そのような諜報活動への防衛が甘い国であるから、気を付けなければならないだろう。今回のH2Aの打ち上げ失敗も固体補助ロケット(SRB)2本のうち1本を分離できなかったという、かって経験したことがない想定外のトラブルであるがゆえに、その原因が破壊活動ではなかったのか十分な調査が必要であろう。
(2003/11/30)

この記事は「今日のコラム」
H2Aの打ち上げ失敗は破壊活動ではないのか
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

動き出した北朝鮮への経済制裁

2003年11月28日 19時38分57秒 | 政治
  自民党の山本一太参院議員らの若手が作る「対北朝鮮外交カードを考える会」が日本単独で北朝鮮への経済制裁が出来る外為法改正案を来年の通常国会で成立させるよう要求する要請文を安倍晋三幹事長に手渡し、安倍氏も確実に成立するように努力することを明言したとのことである。また北朝鮮の貨客船・万景峰号の入港を阻止することを目的として「特定外国船舶入港禁止法案」(仮称)も議員立法で法案を準備するとのことで、いよいよ北朝鮮への経済制裁に向けた動きが出てきたようだ。

 5月の「拉致はテロだ!北朝鮮に拉致された日本人・家族を救出するぞ!第5回国民大集会」の際に拉致被害者家族の蓮池透氏が「このままの状態だと日本国民は黙ってないぞという気持ちの表れだと思います」との発言がようやく実現されようとしている。多くの国民は、北朝鮮というテロ国家を許すことが出来ず、拉致被害者と家族を帰さないばかりか、「拉致問題は解決済み」と抗弁する北朝鮮に何とか制裁を加えて欲しいとの願いを持っているのでないだろうか。北朝鮮擁護派の野中広務や中山正暉は引退し、土井たか子は社民党々首をやめたことから、北朝鮮への経済制裁を実現するのに障害となる人の影響力はなくなっており、民主党も外為法改正案に反対せず北朝鮮への経済制裁には賛成していることから、来年の通常国会で成立する可能性があると思われる。

 拉致問題は何ら解決していないばかりか、北朝鮮は「日本は植民地支配で840万人以上を拉致した」とデタラメな主張をして、拉致問題と相殺しようとしているなど、何ら誠意のない態度を示し、さらには日本国民を逆なでするように万景峰号がいまだに新潟港に平然と出入港を繰り返しているとは何ともふざけた話である。また北朝鮮は6カ国協議で拉致問題を持ち出す日本を排除しようとしており、そのことから北朝鮮への経済制裁を一日でも早く実施して、北朝鮮が音を上げて交渉のテーブルにつかせることが絶対必要なのである。

 総選挙で歴史的な敗北をした社民党と共産党は、北朝鮮への経済制裁へ向けた関連法案には賛成するであろうか。あるいは北朝鮮と仲が良い政党ですし、将来の亡命先でもありますから反対するあろうか。社民党と共産党が何を言おうと、また偏向マスコミが経済制裁に反対する記事を書いても、国民世論は「北朝鮮への経済制裁」を支持しているものと確信している。日本はいつまでも北朝鮮に嘗められ続ける訳にはいかないのである。
(2003/11/28) 

この記事は「今日のコラム」
動き出した北朝鮮への経済制裁
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

国民を騙し総理の座を狙おうとした菅代表

2003年11月27日 19時36分16秒 | 政治
  民主党の菅代表が衆院予算委員会で相変わらずイラクへの自衛隊派遣について「危険でも行かせるのか」と吠えていたが、この人には日米同盟の重要性や、もし派遣しないことで受ける日本の国益や国際的な地位の喪失、また危険を回避し、脅かせばテロに屈する国だとの誤ったメッセージを北朝鮮の送ることになるなどは眼中にないようである。

 小泉総理は「派遣出来ないとの状況ではない」と述べ、菅代表が以前から何度も「イラクに自衛隊を派遣するな」と同じような質問をするので、総理もうんざりしたのか「同じような質問には同じような答弁しか出来ない」と、状況を見極めて自衛隊をイラクに派遣する時期を探っているようだ。

 菅代表は委員会後の記者会見で小泉総理を「論点をずらしたいつもの逃げの答弁」と言って批判しているそうだが、「派遣するな」と言う菅代表と「派遣する予定だ」という総理の考えが一致しないのは当たり前で、総理は別に逃げた答弁をしている訳ではあるまい。また、「いつでも政権交代の用意がある」と述べているが、政権公約で良いのに政権公約と言わずに「マニフェスト」と言いだしたのは菅代表が最初のような気がするが、なぜ「政権公約」と言う正しい日本語があるのに「マニフェスト」と言って民主党の新鮮なイメージを作ろうとしたのであろうか。

 菅代表は総選挙前に政権交代が出来た際の閣僚名簿を公表し、その閣僚予定者とともにテレ朝のNステに何と30分も出演して、民主党は政権政党となりうることを盛んにPRしていたが、30分間も民主党のPR番組を作ったテレ朝は公正な報道機関と言えるだろうか。その閣僚名簿は政権交代ができなかったことで菅代表はマニフェストと一緒にチャラにしたようだが、これは菅代表は最初から国民を騙すつもりのようだったのであろうか。閣僚になれないのに閣僚にすると菅代表に言われてすっかり騙された人も菅代表の本心を見抜けなかったのである。こんな国民を騙す人が総理の座を狙っていることを国民は知らなければならない。
(2003/11/27) 

この記事は「今日のコラム」
国民を騙し総理の座を狙おうとした菅代表
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

掲示板 2003年11月分過去ログ (1723~1756)

2003年11月26日 15時59分08秒 | 掲示板過去ログ2003年分

1756.首相官邸より返信メール
名前:forest(管理人) 日付:11月26日(水) 15時59分
管理人のforestです。
私の掲示板への投稿No、1743「前に進むも地獄。後ろに下がるのも地獄」については首相官邸ご意見募集に内容を一部加筆してメールしたところ次のような返信がありました。私のメールを小泉総理に読んで頂けるか分かりませんが、皆様もご意見をドンドン首相官邸までご意見をお送り下さい。
………………………………………………………………………………………………
小泉総理大臣あてにメールをお送りいただきありがとうございました。いただいたご意見等は、今後の政策立案や執務上の参考とさせていただきます。
 皆様から非常にたくさんのメールをいただいておりますが、内閣官房の職員がご意見等を整理し、総理大臣に報告します。あわせて外務省、内閣官房安全保障危機管理担当、内閣府、防衛庁へも送付します。
 今後とも、メールを送信される場合は官邸ホームページの「ご意見募集」からお願いします。

                   内閣官房  官邸メール担当
………………………………………………………………………………………………
以上です。
なお首相官邸ご意見募集のアドレスは
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/dokusha.html
です。


1755.左翼の海外移住を奨励いたします
名前:まると 日付:11月26日(水) 14時46分
国を憂う心があって体制を批判する人そしてその体制に代わって自分達が新たに何をするのかというビジョンがある人、こういう方たちは「左翼」という名義を着せられてもそれなりに頑張っていただきたいものです。しかしただ体制を批判しているだけの人、はたまた自分が国を滅ぼすようなことや売国奴的な行動に出た挙句悪いものはすべて体制のせいにしてしまう人、そういう方たちははっきり言って日本に生まれたことを後悔している人たちなのですから潔く国民の権利の一つである「国籍離脱の権利」を執行なさるべきです
そして他所の国で何静かなく暮らしてくだされば幸いです。
彼らはかつてオーストラリアを「新しい地上の楽園」として崇めてきましたがそれももう限界です。現在の覇権戦争に加担するオーストラリアなどもはや左翼の理想郷ではありません。ニュージーランドへ行かれるがよろしいかと存じます。あそこは原住民との共存にも成功していますし核兵器をめぐる問題でアメリカと対立しています。また福祉や労働組合などもオーストラリアのそれより強いそうです。「南半球のスイス」を目指す国、そしてなによりも首相が女性でグ○ンピースの息が掛かっているそうなので是非左翼の方々にはお勧めの国かと存じます。もしそこが嫌なら南アフリカへ行かれるがよろしいかと存じます。


1754.マスコミのひどさ
名前:ceO 日付:11月26日(水) 12時42分
雪印の食肉偽造事件で雪印食品は会社解散に追い込まれました。
確かに厳しく批判されるべき事件ではあったと思いますが、会社解散
に追い込むまでの過剰報道は異常です。
森首相の「神の国」発言は、確かに軽率だった(首相としては)と思いますが、辞任するほどの重大発言などでは到底ありませんでした。それをマスコミ各社は一斉に問題発言だと騒ぎ立て、支持率を急落させて辞任に追い込みました。
西村元防衛次官の「核武装」発言では、安全保障にかかわる議論を封殺し、更に勝手に更迭話を捏造して既成事実をつくり、辞任に追い込みました。
これらの事例に則せば、日テレ、テレ朝、TBSの各不祥事(事件)は各社解散、もしくは事業登録抹消、少なくとも役員の総辞職はしかるべきでは?
特にTBSのサンデーモーニングの件は、厳しく糾弾され、制裁を科されるべきです。


1753.1749の人
名前:K.N 日付:11月26日(水) 2時38分

私は、テロの可能性を否定しているわけではなくそれに対する備えをしとくべきだと書いたつもりなんですけど・・・
テロ措法があってもほとんど目に見えることはやっていないのが現状ですよ。

ハンドル・ネームからして日本人だとは思えないし、日本国内でテロが起きることを望んでるような発言があるし、もしかして在日の方ですかね(無差別テロが国内でおきたら、日本人・在日の別なく被害を受けるのではないでしょうか)


1752.う~~~ん・・・・・
名前:mumu 日付:11月26日(水) 0時47分
(連続投稿なら悪しからず)

飛龍様、ご高説は非常にご尤もと思いますが、全く同じものをしんしん様の掲示板にも載せているようですが、これは少々いただけないのではないと・・・
マルチ投稿というのは、その内容がどういったものであれ、よろしくないものだと考えますので。

しんしん様はこちらの掲示板でも常連の方のおひとりですし、他の常連の方達もしんしん様の掲示板をROMでもご覧になっていると思われますので、書き込みのどこかに他の掲示板でも投稿したということを、一言お断りになるのもひとつの手ではないでしょうかね。
(せっかくの尊い意見が、何となく価値が半減してしまったかのように個人的には思えてならず、残念という気持ちにもなります)


 1751.言ったもの勝ちなんて
名前:mumu 日付:11月26日(水) 0時22分
無意味なことを繰り返しても、ただの個人の思い込みにしか見えませんよ。

>リ・コンミョンさん
>アルカイダは絶対にやるよ。
予告したことをやらなくては「神」にそむくことになるから。

あなたがそう考えることについては別にどうでも良いですが、決まりきった事実であるかのように言い切るには、それをはっきりと証明出来る根拠のようなものを示さない限りは無理なのでは?
神に背くだの何だのと、所詮は独善的で勝手な論理を押し付けることを何とも思わない狂信者連中が掲げる神なんぞに、何の意味や重きを置くと言うつもりなのか、その程度で勝手に政府がテロリストと裏取引があったという決め付けは、見ようによってはそのテロリスト達と同じような自分勝手な意見?の押し付けをしているように見えて仕方ないですね。

>一度、意識して他国の人と接触してみな。軍隊を持っている国民の態度なんかは日本人とは全く違う雰囲気があるぜ。

あなたが過去にどこかの国の人々と接触して感じたことを、他人も同じように感じるはずだと言わんばかりの一般化をするつもりなら、とっととやめていただきましょう。
私は今でも米国人とスイス人の友人達との交流がありますが、あなたのような雰囲気とやらを感じたことなぞ、ただの一度もありませんな。
軍隊を持つ国だから、その国民は全て同じような雰囲気を漂わせているだなんてことを、よもや本気で考えるような人間が存在するとは考えたくないですね。
そんなことを言えば、その国の人々を侮辱していることにしかなりませんので。

で、結局何を言いたいんでしょうか。
他所の国が軍隊を持ってると、その国民の醸し出す雰囲気が日本人のそれと違うということは、日本人という“だけ”で皆同じような雰囲気しか出さないと決め付けている訳なんでしょうか?
もしそうなら、馬鹿も休み休み言って欲しいものです。
私は同じ日本人(本音を言えばそうとは思いたくないですが)だからって、あの癇や覆死魔なんぞと同じ雰囲気を出しているなんて、考えただけでも反吐が出そうですよ。


1750.イラクへの自衛隊派遣は中国が困る
名前:飛龍 日付:11月25日(火) 23時54分
中国は今でも国家体質は変わっていません。【東西冷戦の終結】は欧州だ
けであり、アジアでは終結していないという事になぜ気がつかないのでし
ょう?中国・北朝鮮・ベトナムなどの共産主義国家が存在しています。中
でも中国は膨張主義・覇権主義を捨てておらず、第二次大戦終了後も17回
に渡り、軍事行動を起こしています。しかしマスコミは意図的にこの事実
を避けている。自衛隊の交戦規定を大幅に緩和して、イラク派遣をすると
一番困るのは中国です。
1・北清事変のように日本が立派な態度を取れば、国際的発言力が高まり、
注目と礼賛を浴びる。
2・日本がイラク支援で相応の活躍を見せ、信用が高まるとアメリカにも
貸しが出来る。
3・北朝鮮による拉致問題解決にも国際的な協力が得られ、この問題にお
ける中国の指導力が落ちる。よって中国に【大きな借り】が出来ずに済む。
4・北朝鮮の死命を握るのは中国。3日の重油禁輸で北朝鮮は6カ国協議に
応じた。日本が活躍すると諸国からは中国に圧力がかかる。「日本は国際
協力に積極的である。今回の復興支援で軍を出さない貴国には大きな事
は言えまい。北朝鮮に重油・食料を供与しているのを止めよ。」と世界的
バッシングを浴びる。
これだけの例を出しただけでも中国は自衛隊に活躍されると非常に困るのです。
どこの掲示板かは失念しましたが、上海でビンラディンを見かけたという
未確認情報もあります。どうもビンラヒン=江沢民が裏で結びついている
ような気配があり、日本の自衛隊が派遣された場合、テロを仕掛けて来る
公算が非常に大きいです。ここはひとつ、大幅な交戦規定を緩和すすべき
ではないでしょうか? そうするとまたぞろ新聞・マスコミが騒ぐでしょ
うが、、「ならば自衛隊員の生命を軽視するのか。国際公約を守れるかど
うかの瀬戸際である」くらい言えばいいんですよ。 マスコミは散々自衛
隊や隊員の家族の人権を蹂躙しておいて、今更何をという気もしますが。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/kyouiku.html 日教組を観察する

野党は自衛隊派遣に反対ですが、以前は日教組と同じスタンスであり、
今になって何が隊員の生命の尊重だと言いたい。そのご都合主義の
変節ぶり、これを政争の道具に使うのは呆れ果てます。彼らもロング
スパンで物事を見る事が出来ないのか、はたまた中国に擦り寄りた
いだけなのか。

*首相官邸にも同様のメール送付しています。


ジオシティーズは【大日本史番外編・朝鮮の巻・もう黙ってはいられない】
の二つのサイト
が削除されています。2ちゃんねるで大騒ぎになり、今や19くらいのミラーサイトが乱立
しています。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Oasis/1060/   
これのことですね。


1749.アルカイダヘ取引
名前:リ・コンミョン 日付:11月25日(火) 22時51分
1734.テロについてへ、
あんた暢気だね。
アルカイダは絶対にやるよ。
予告したことをやらなくては「神」にそむくことになるから。
もしもテロが起きなかったなら、こう考えてください。
日本政府からアルカイダヘ取引が成立したと。


1748.前に進むも地獄。後ろに下がるのも地獄??
名前:リ・コンミョン 日付:11月25日(火) 22時45分
自衛隊派遣?
大体、言葉がおかしい。
自国の防衛隊を他国に派遣???????それで国会が右往左往???

まぁ何にしても同盟国なんだから行って米軍のお助けになれば十分に評価されると思うよ。ブッシュだけには。

真剣に考えるのならば、簡単ではないの?
小泉も石原もこの機を逃さず、自衛隊を正式に軍隊として位置づけたい考えなんだからやらせたら?
そうなれば今後、ロシア、中国などの大国は日本に対しての見方、接触の仕方、評価がかなり見直されて日本の外交も格段と有利な展開になるのでは?
当然、各国からの反発があるだろうがそれを通過すれば日本の国民もなんだかんだと言いながら、やっと世界人と堂々と意識交換が出来るものだと実感するだろう。

一度、意識して他国の人と接触してみな。軍隊を持っている国民の態度なんかは日本人とは全く違う雰囲気があるぜ。


1747.Re:馬鹿癇。
名前:しんしん 日付:11月25日(火) 21時16分
北朝鮮がテポドンを日本に撃ってきたら?

朝日新聞→一発だけなら誤射とする

菅直人→何発も撃ってきたら考える

アサッピ新聞よりも忍耐強いです。素晴らしいです。
中国人民の豚であり、北朝鮮の走狗であり、アメリカにおべっかを使う菅直人
先生は早く日本から出て逝ってください。というか、癇はとっとと逝け!
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/3906/


1746.馬鹿癇。
名前:フェニックス。 日付:11月25日(火) 19時32分
馬鹿癇が相変わらず「自衛隊のイラク派遣反対」を国会で叫んでいる。馬鹿癇よ、テポドンが飛んできてから考えても遅いんだよ。揚げ足とったり、イヤミ言ったり、皮肉言ったりしてばかりいないで、日本の国益をその低能な能味噌で少しでも考えたら。


1745.中野正剛の再来を待望する
名前:桑原洋一郎 日付:11月25日(火) 16時34分
デモクラシーの先陣に立って―緒方竹虎―

「ファッショの本山も超然の怪物も、憲法の下に政治を語らんとするからには、一たびは出でゝ選挙を争はねばならない」(「政局を検討す」『改造』1934年7月号)

 早稲田大学を卒業した緒方竹虎は、中野正剛の勧めにより、大阪朝日新聞社へ入社した。デモクラシーの機運が高まる中で、記者としての緒方が繰り返し唱えたのは、衆議院中心の議会政治であった。緒方は、その処女作『議会の話』を通じて、国民に議会政治の真髄とは何かを語りかけた。政党政治の時代が終焉を迎え、軍部の台頭が著しくなった時も、緒方は議会政治の復活を確信していた。
 38歳で東京朝日新聞編集局長に就任した緒方は、大衆社会における新聞の役割を「国民の政治教育」にあると考えていた。デモクラシーの進展は、国民の政治意識の向上にかかっていると、緒方は固く信じていたのである。


1744.イラク派遣とジェンキンス氏の件
名前:Si 日付:11月25日(火) 12時33分
自衛隊のイラク派遣もいろいろあると思いますが,米軍で「脱走兵」とされている?曽我さんの夫のジェンキンス氏について米軍やラムズフェルド長官に話をつける(訴追させない)には派遣で「恩を売る」ことも一つの方法ではないかと思います。
隊員の犠牲等々状況は大変ですが,自衛隊は国民(ここでは曽我さん)を護るために存在してるのでは?

個人的には基本的には派遣賛成ですが多少の疑問はあります。


1743.前に進むも地獄。後ろに下がるのも地獄
名前:forest(管理人) 日付:11月24日(月) 22時55分
管理人のforestです。アルカーイダの幹部とやらの東京攻撃声明で、イラクへの自衛隊の派遣を中止した方が良いのではとの声が出ています。小泉総理は「状況を見て検討している」と言っていますが一日でも早く派遣を決定したとの声明を出すべきだと思います。アルカーイダの東京攻撃声明で派遣を中止したとしたら日本は世界の笑われ者になります。ではアルカーイダが「東京攻撃の準備をしているが攻撃されたくなかったらカネをよこせ」と次なる声明を出したら、日本政府はカネを出すつもりなのでしょうか。ですから、小泉総理は「テロには屈しない」と言うだけでなく、自衛隊派遣を決定したと国民に語りかけるべきでしょう。

イラクへの自衛隊の派遣をするか。あるいは犠牲者が出たら困るからと派遣を中止するか。小泉総理は、日本は世界平和のために犠牲者が出る覚悟で派遣することで受ける批判。あるいは派遣を中止することによって世界から「日本は危険を回避する臆病な国だ」と言われる批判。どちらの決断をしても批判をされるのです。前に進むも地獄。後ろに下がるのも地獄という訳です。

イラクへの自衛隊派遣をするかしまいか。小泉総理は今頃「どうしたら良いか」と悩んでおられることでしょう。国会においてはイラク特措法はすでに成立しており、後は小泉総理の決断を待っているのです。この日本には自衛隊派遣を決定するのは総理大臣であり、また自衛隊の最高指揮官である小泉純一郎しかないのです。他の者には自衛隊派遣を決定したり、中止することは出来ないのです。

小泉総理は自衛隊の最高指揮官です。もし自衛隊派遣を中止するという決定をすれば自衛隊員は喜ぶと思っているいるかも知れませんが、私は違うと思います。イラクは治安が安定していない国だから派遣しないということで自衛隊員が今後胸を張って任務に励むことが出来るでしょうか。また世界から「日本の自衛隊は危険を冒さない。危険なことは他国に任せるのか」と侮辱され続けるのではないでしょうか。小泉総理は自衛隊は軍隊だとの認識をお持ちのようですが、世界の国もそう思っております。その軍隊である自衛隊が危険を冒さなく戦わない軍隊であると世界から思われてしまったら、いくら自衛隊が精強だと言われても世界は自衛隊を侮り、抑止力にならなくなるのではないでしょうか。

派遣が決まれば北海道の北部方面隊が行くことになっているそうですが、すでに対テロ訓練を実施していると聞いております。またイラクへの派遣を志願するか希望をとったところ派遣予定隊員の約三倍の志願者があったと聞いています。
自衛隊員は自分が犠牲になることになっても日本の誇りのために命令が出ればイラクに行く覚悟を持っているものと確信しております。

小泉総理は決断に迷っておられるようで「前に進むも地獄。後ろに下がるのも地獄」でしょう。どちらも地獄なら前に進んで頂きたいと思っております。


1742.中野正剛の再来を待望する
名前:桑原洋一郎 日付:11月24日(月) 20時35分
ジャーナリストとして

1民権の継嗣-中野正剛-

「憲政擁護、閥族打破なる稀有の国民的大運動は開始せられ、宛かも我説と呼応するが如き奇観を呈するの僥倖を来せり」(『明治民権史論』)



 早稲田大学を卒業して新聞記者となった中野には、ひとつの固い意志があった。言論によってデモクラシー運動を牽引していこうとの決意である。憲政擁護運動が盛り上がる中でまとめられた『明治民権史論』で、中野は政党と官僚政治家とが馴れ合う政界の有り様を痛烈に批判した。そして、自由民権運動の時代を回顧する中で、官僚閥との対決を高らかに宣言したのである。中野は「明治民権」の継承者たらんとしていたのである。


1741.腑抜け
名前:スサノオ 日付:11月24日(月) 7時29分
マモー様。本来、〇玉が付いてないような・・・英語の「チキン」みたいな「腰抜け」を表現する言葉ですが、今の外交(省主導型官僚主義的)にぴったり当てはまるのではないでしょうか?
拉致問題、中朝韓の内政干渉、K.N様の仰る親日国への進まない支援体制などなど、桑原様の仰ることが真に今の政治のダメ加減を表しております。外交は「口戦」といわれる闘いです。北鮮に「ジャップ」と言われたら、即座に「うるせーよ、チョン公」と言い返すぐらいの勢いがなければ国際社会で通用しないのは火を見るより明らかです。
民間企業勤務の私たちでさえ。ネゴシエーションは重要です。商売を有利に運ぶためには駆け引きも・・・ですが、やはり交渉力ではないかと思われます。だらしない政府の爛れた傷口が段々はっきりと見えてきました。道路公団の藤井みたいな旧型の官僚が幅を利かせているようでは困ったもんです。


1740.親日国があぶない
名前:K.N 日付:11月24日(月) 1時27分

テレビでは、トルコのイスタンブールのテロ事件のことを
毎日報道していますが、日本政府として明治のエルトゥールル
号救助以来親日をつづけていてくれるこの国にたいして何か
できることはないのでしょうか。民間のNGOでも良いの
ですが。

湾岸戦争のとき、イラクの日本人たちを救出してくれたこと
を忘れるべきではないでしょう(当時朝日の記者が「ODA
を払っている」からだとくだらないことをぬかしていましたが)


1739.中野正剛の再来を待望する
名前:桑原洋一郎 日付:11月23日(日) 13時8分
竹馬の友として
―修猷館・早稲田大学時代―

「帝国大学の如き注入主義の学校にて人形の如き人物を作り出して、何の益かある。彼等は人にして活気なし。猶其生あるを怪しむ」(中野正剛「早稲田の里より」『修猷館同窓会雑誌』9号)


 中野正剛と緒方竹虎は、福岡師範附属小学校、修猷館中学校での同窓であった。吉田松陰、西郷隆盛の「殉難の精神」に傾倒した中野は、柔道と猛勉強により心身を錬磨し、青雲の志を抱いて上京した。修猷館でも成績優秀であった中野は、帝国大学ではなく、あえて早稲田を志した。

 一方、剣道によって沈着の精神を養った緒方は、英語に秀で、大陸を相手とした実業家を夢見ていた。東京高等商業学校に入学した緒方ではあったが、中野の強い勧めにより、早稲田大学専門部政治経済科に転入した。狭い下宿で起居を共にした二人は、夜遅くまで議論に熱中したという。

正剛先生は常に自決は覚悟の上であったようです。政治には更にそのようであったのが窺がわれます。今のこの時代にこういう政治家が待望されるというのに、その再来は今だ何処にも見えては来ません。
早くしないと国が潰れると言うのだが。


1738.今この時代に欲しい政治家が過去にいた
名前:桑原洋一郎 日付:11月23日(日) 12時54分
中野正剛の死

「父上 民子 克明 雄志 清イ心デ御目にカヽル」(遺書とされている)

1943 年10月27日午前0時、中野正剛は自宅寝室で頸動脈を断ち、自ら命を絶った。隣室に憲兵が監視する中での、覚悟の自決であった。机上には、遺書、『大西郷全伝』、楠木正成像が置かれていた。家族に宛てた遺書の一通には、「議員辞任スル、手続頼む、多くの先輩同士に感謝す」と記されていた。

10月30日、青山斎場で営まれた葬儀では、緒方竹虎が委員長をつとめた。中野の死を悼むため、全国各地から葬儀に参列した人々は、2万人に及んだという。

混迷の今と言う時代に正剛先生が居られたら如何な事を言うのであろうか、そして如何な政治を試みるのであろうか、再来は何処に居るのか???


1737.Re:次の参院選にむけて
名前:しんしん 日付:11月23日(日) 12時32分
桑原洋一郎さんの、

>5、一から十まで政府に反対する議員も困り者だが、一から十まで政府に盲従する議員よりはましだ。常に政府党が勝つ選挙よりも、どちらかといえば、在野党の方がうけのいい選挙の方が、民主政治の趣意にかなっている。

と書かれたところですが、その点で言えば、今回の衆議院選挙は有権者の良識の
あった選挙ではないでしょうか?自民党に大勝ちさせないようにバランスを取っ
た投票で、比例区で民主党の得票が多いというのも「小選挙区・自民 比例区・民主」
というバランスを取った投票結果だと思います。
ある程度野党を贔屓目に見てあげるのは、私も必要だと思いますが、野党である
民主党(共産・社民は論外というのは桑原さんも納得されるでしょう)があまりに
もレベルが低く、私は一票を入れる気には毛頭ないと言うのが現状です。小沢
さんがするであろう民主党再編に期待はしていますが、売国&詐欺の菅に国会議員
の職はふさわしくないという考えです。

桑原洋一郎さんの投稿文はたいへん参考になります。これからも頑張ってください。(^-^)

 
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/3906/


1736.↓訂正
名前:鉄騎乗り 日付:11月23日(日) 10時46分
オリハタではなく帝京大学の降旗(フリハタ)教授でした。この方、とんでもないオヤジです。こんな教授に解説させる事自体がおかしい。


1735.これがNHKの正体か
名前:鉄騎乗り 日付:11月23日(日) 6時42分
早朝布団の中で聞いたNHKラジオで愕然としました。5:40頃の“新聞を開いて”と題されたコーナーで、帝京大学のオリハタとかいう教授が各社の社説を解説するものですが、アルカイーダが東京攻撃を示唆した事にからむ産経の「自衛隊のイラク派遣を見送った場合、日本はテロに屈した国家とされ世界の信用を失う。益々テロ組織に狙われる」との主張に対し「戦時下の軍の主張に類しており、私としては違和感を感じる。皆さんはいかがか」とコメントしました。かろうじて「皆さんはいかがか」と体面を整えたつもりかもしれきせんが、これこそがリスナーに同意を求める巧妙な世論操作です。しかも、一方で毎日や東京新聞の社説はさも正論であるかの様に紹介しており、公共性から逸脱した明白な悪意を感じました。各社の社説を詳しく解説する事のみがNHKの使命であると考えます。


1734.テロについて
名前:K.N 日付:11月23日(日) 3時44分
イスラムテロ組織(アルカイダ)の“日本テロ”発言は、今のところ
は脅しだろうと思いますが、「備えあれば憂いなし」なので政府には
しっかりとした対応をとってもらいたいものです。
あくまでも仮定ですが、テロが起きるなら、左翼メディア報道機関
(朝日、毎日、テレビ朝日、TBS、NHK)に突入してもらいた
いものです。(過激な失言をして申し訳ありません。)


1733.外交
名前:マモー 日付:11月23日(日) 1時40分
日本の弱腰外交にはあきれます。
もっと強気な外交官は
いなのですかね?
外交は国の要です!
こんな弱腰では先が思いやられます!


1732.本当の国内テロリスト
名前:St.Anger 日付:11月22日(土) 21時58分
私は、事実隠ぺいの為、殺されるかもしれません。
映画「アートオブウォー」の現実版。

それか国家予算並の損害賠償を笹川氏に請求したろかいなー!

とりあえず下記を見て、過去の新聞をチェックして下さい。(失礼
笹川式新聞辞書(帝凶=競艇=笹川)
マスコミは右翼の笹川とつるんでいる聞きます(つーか事実です。
人間人柱計画等称して、衛星を利用し、個人を観察し、あだ名をつけ新聞紙面上にプレスしていますね。「鬼ごっこの鬼みたいなもんだ」
それってさ、極悪犯罪って言うかテロなんじゃないの?
http://www.tekihatu.org/
↑笹川氏です。(帝凶=競艇=笹川)
ちなみに受信機持ってる民間人右翼語で言う「顧客」しってます。


====================================
この事実、ふつーにTV局関係者、新聞記者とかタレントの方々とかしってますよね。もちろんタブーですが。 
====================================
以下解説
下記各新聞に印刷される色の解説
主に一般紙の見出しの写真に使われる。
炎=激しい怒り 朱色=怒り 赤=注意 黄=要注意 緑=ほぼ安全 青=安全 ピンク=歓迎
他、煙、人物像、人物が頭下げている像。
http://www.tekihatu.org/
うったかった&のんだのまないが基本です。(現在も擬人化してます。
悪+用=悪酔う。溶解=酔う+買い。悪+酒=握手。
笹川ヤな言葉=さい、左良。 (再、際、最、裁、サイの漢字類)
      =素、す、彼の判断では右翼語(擬人化した言葉)&す。普通にかいわした言葉が入り乱れております。
笹川好な言葉=(ゆ、わ、う)わい、和良、うい(右良)、ゆう遊、りょう

新聞一面写真が炎、朱、赤の場合
見出し下欄の本の紹介が「仏」とか「グッバイ」とか「さらば」とか「消えた」とか
不吉な広告に気づくでしょう。(偶然ではなく、明らかに意図がある)
月=運が良い意味、ラッキー&楽も同意語 天下り=家の外にででいる意、雨=涙の意、晴れ=笑顔の意
王(お)あだ名=星野、猪木、ジーコ=http://www.tekihatu.org/
でん=伝える、りん=伝える、ベル=伝える、おでん=笹川に伝えるの意、ラン=乱れる怒り、乱、欄、覧=乱れる怒り(回覧=乱れる怒り買い)
さんざん脅迫されました、マスコミ&新聞社様。
次は「サツ=殺」ですか?自衛隊派遣(右翼)ですか?
「ケン県券検=嫌」ですか?

各新聞社の方、間違ってますか? 返事下さい。
UP=個人情報新聞紙面上1ST記事 (上げ増
DOWN=個人情報新聞紙面上記事から外れる。(下げ減
2000年10月私は、笹川語で「レース」と呼ばれる追跡を受けました、その被害届を警察に出してあります。(彼らなかなか動きませんが。
車のナンバーも控えてあります。

事実なら 俺、重大賠償請求できます。
私は、この圧力から逃れるためにアメリカLAに半年行ってました。
私は2001年にアメリカに行ってました。
LA PASADENAの英語教師宅にホームステイしていたのです。
しかしその監視は続き、アメリカ本土での私の行為行動を擬人化表現し、新聞紙上、ネットでの速報記事として彼らは掲載しつづけたのです。
一つでも立証できたのなら、彼らの行っている行為は国際犯罪と言え、口止めに私の命を狙って来るでしょう。
最後に笹川さん、俺が死んでも許しませんよ!凸
http://www9.ocn.ne.jp/~senyou/keizu5.htm
上記文書新聞社に送りました。
http://www.tekihatu.org/


1731.テロ
名前:飛龍 日付:11月22日(土) 21時15分
テロが起きるとすれば大都市圏でしょうが、地方に住む私は他人事とは
思えません。もしテロで私が命を失ったとしても、私の命程度で日本が
まともになるなら【安いもの】と考えております。


1730.次の参院選にむけて
名前:桑原洋一郎 日付:11月22日(土) 20時50分
「当選させる人、落選させる人」

1、何よりもまづ、自分はいかなる政治を希望するかという自分の意思を、はっきり決めてかかることが大切である。選挙は国民の意思を国政に反映させるために行われるというが、有権者それ自身に政治的意欲がなければ、すなわち反映する本体がなくては、いくら投票しても意味がない。・・・・

2、「出たい人より出したい人を」・・・・有権者のための選挙である以上かくあるべきが当然であろう。

3、金銭や、ごちそうや、因縁や、情実で投票しないのはもちろん、選挙の費用は、有権者の持ち寄りにしなければならないこと。・・・・

4、買収・ごちそう・哀訴・嘆願など、一切の不正な選挙運動をする候補者には、絶対に投票しないこと。

5、一から十まで政府に反対する議員も困り者だが、一から十まで政府に盲従する議員よりはましだ。常に政府党が勝つ選挙よりも、どちらかといえば、在野党の方がうけのいい選挙の方が、民主政治の趣意にかなっている。

6、・・・・立憲政治が、結局政党内閣制度によって運営せられねばならぬのであるから、今の政党を向上させて、真の公党に育て上げる準備のためにも、各政党の政綱政策をまじめに研究し、自分の希望するような政治をやる政党はどれか、よくよく見極めてから投票すること。

7、演説会場その他あらゆる機会をとらえて、有権者は各政党または候補者に向かって、具体的な政策を明示するように要求しなければならない。・・・そうして政党本部で発表した政策と候補者の言質を箇条書きにし・・・いやしくも公約を裏切った政党や議員に対しては、次の選挙の時に絶対に投票してやらぬことを覚悟すれば政党も議員も、完全に有権者によって、リードせられるようになる。

8、議場の内外で国会の品位をけがすような行為をするもの(下等な野次や、殴り合いをするようなものは、この部類に入れる)には投票しない。当選後、公明正大な理由もなく、選挙民の諒解も得ずに党籍を変更し、または他の政党に入党するようなものには投票しない。・・・

9、・・・また多数党でなければ何も出来ないから、投票しても損だと考えることも、「長いものには巻かれろ」式の封建思想のなごりであって、多数少数は有権者が投票して決めるのだという民主政治の「いろは」さえもわきまえぬもののたわごとである。・・・


1729.政治家と銭
名前:桑原洋一郎 日付:11月22日(土) 20時42分
「政治家と『金』の問題」

~現在、中央政界では、鈴木、加藤、辻元とスキャンダルが続いています。問題の大小はありますが、共通しているのは全て「カネ絡み」ということです。一般的に政治には、お金がかかるといわれています。第一には選挙ですが、国政で一億円、地方選挙で一千万円から数千万円程度かかるといわれていています。

しかしながら、選挙や通常の事務所維持等に金がかかるから仕方が無いというロジックは、全く認められません。大学とサークル(弁論部)の大先輩でもある「憲政の神様」尾崎行雄は、その著書において「川上を濁しておいて、下流の清きを期することはできない。川上の選挙が濁れば、川下の政治も濁るのが当たり前である。腐った水にボウフラがわくように、腐った選挙からは自堕落政治のボウフラがわく。日本民主化の大建築は、正しい選挙の土台の上にでなければたてることはできない。」と述べています。

 また同時に「何よりもまず、自分はいかなる政治を希望するかという自分の意思を、はっきり決めてかかることが大切である。選挙は国民の意思を国政に反映させるために行われるというが、有権者それ自身に政治的意欲がなければ、(すなわち反映する本体がなくては)いくら投票しても意味がない。」「有権者は各政党または候補者に向かって、具体的な政策を明示するように要求しなければならない。」とも述べています。

以下は『民主政治読本』(昭和21年)


1728.テロで狙うのは
名前:ego 日付:11月22日(土) 19時39分
私が思うにテロがあるとすれば、日本の自慢テクノロジー、中国が欲しがっている、チェックが無い、など考えれば、
新幹線爆破でしょう。
外国人は、富士山、新幹線(英語でShinkansen)
は日本の代名詞と考えています。


1727.我ながら
名前:mumu 日付:11月22日(土) 14時39分
かなり過激且つ無責任な部分があるように思いますが、私は日本の為にも寧ろテロが国内で一度くらい起こっても良いのではないかという考えです。

テロが起こり、その手引きをした者が国内にいたにも関わらず取り締まるどころか、それを調べることすら出来なかった、それはスパイ防止法を持たないでいたからに他ならない、そういう結論に上手く持っていけるか、それともあっさりとテロに屈して奴隷に成り下がり、屈辱的で見せかけだけの平和を甘受する体たらくを望むのか、日本の未来の為にも能無しな政治家の延命工作に利用され続けるよりも、いっそ手っ取り早く国の行く末が決まって良いのではないかと思う次第です。
テロの犠牲になった人々は果たして、一体誰の責任によってそんな目に合ったのか、自分達の安全と平和を守るはずの政治家とは一体何者なのか、それを選出した自分達には責任は無いのか、自分の身を守るのはやはり自分であり、政治家を選ぶというのはそれに深く関わっているということを観念的にではなく、実感として捉えられるかどうか、今一度国民もじっくりと考え直さないといけない時なのかもしれないとも思っています。

見る影も無く衰え、すっかり弱体化したとは言え、まだ兇惨党も捨明党も虫の息でも存在していることは事実であり、そしてそれとほぼ遜色無い程の売国奴的発想を持っているはずの罠腫党の反日政治家共が、目先の簡易的な平和の為だけにスパイ防止法の成立を飽くまでも妨げるのなら、それはそうした政治家に貴重な票を投じた有権者の責任でもあることを国民一人ひとりが理解しない中は、平和や自由は人から与えられるものでも、どこかで拾えるものでもなく、自分達自身の手で掴み取ろうという努力無しには無理だということを本気で受け入れられるようにはならないのかもしれません。

そして自民党も、破防法成立を阻むような公明党にいつまでも頼るようなことをしている限り、有権者に見放される日はいつかは来ることを文字通り心身双方で理解しなければならない、切羽詰った状況であることを以前にも増して認識してほしいものです。


1726.テロ
名前:hide 日付:11月22日(土) 9時40分
民間に行われるテロという行為は「不正規戦」なのです。
わが国がやられた中国大陸やアメリカが負けたベトナムで行われたゲリラ戦。
わが国に対して実行されるであろうテロとしては、
①.放送施設
②.官庁街
③.高層ビル群
④.発電・変電施設
⑤.交通機関
いくらでも攻撃目標はあります。
実際に今回モシ,行われるとした場合、警備の状況やインパクトを考えると、クリスマス・年末年始の割と人の多いところ・・・となるでしょうし、
あくまで,わが国の日米同盟に楔を打ち込むつもりであれば、高層ビル群
を狙ってくる可能性があると思います。市,実際に私が狙うとした場合は,新宿副都心やレインボ-ブリッジ・六本木ヒルズなどでしょう。
しかし,ここまでテロが頻発している背景には,内部で何かが起こっている可能性もあります。


1725.疲れ目様。しんしん様。
名前:スサノオ 日付:11月22日(土) 7時35分
疲れ目様。いつもながら、精緻な資料。ご賢察には敬服します。
アルカイダも反日武装戦線もある意味、アメリカと日本が育ててしまったみたいで・・・。日本は彼のオウムテロに破防法を適用しなかったがために、カルトが生き残り由々しき事態となっております。
また、佐々淳行氏が朝生で述べたとおり、スパイ防止法の上梓をことごとく潰した共産、社民の罪も追求しなければなりませんね。

しんしん様。筑紫や石坂啓は辻元の「裁判をささえる会」などというたわけた会を結成しています。公金詐取が重罪であることなどこのような仁には判らないのでしょう。搾取されたものを取り返した。ってなもんでしょうか?全く早く逝ってほしいです。


1724.他人事のようなニュースでした
名前:しんしん 日付:11月22日(土) 0時23分
飛龍さん、
>しんしんさんのHPからの紹介です。
と言っていただきありがとうございます。(^^)

◆辻元被告初公判に上申書を提出した筑紫哲也

の報告ですが、昨日、筑紫哲也は一応ニュースはさらっと流したものの、コメントはなし、
上申書のことには
全く
触れませんでした。

まあ、↓こういう人ですから… 辻元清美もいたことがあるところです。

http://www.peaceboat.org/what/mizuan/index.html

筑紫が刑務所に逝って欲しいです。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/3906/


1723.(untitled)
名前:あんぼう 日付:11月21日(金) 23時21分
今の日本人は思考停止してしまっているのではないか。拉致問題にしても、所詮人事だと思ってる人が多いのではないか?確かに自分の生活は大事かもしれない。でも、その生活を守っていくためにも眠りから醒めるべきだと僕は思う。
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=maseiron

コメント

テレ朝は「二度あることは三度ある」

2003年11月25日 18時49分07秒 | 偏向マスコミ
  テレビ朝日の久米宏のニュース・ステーションのダイオキシンに関する誤った報道で、テレ朝側が事実上敗訴した件から始まり、日本テレビのプロデューサーが、興信所を使いビデオリサーチ社の視聴率モニターとなっている世帯を割り出して、自分が担当した番組を見るように依頼して謝礼を払っていたという件、さらにTBSが石原都知事の朝鮮併合に関する発言を捏造した件とテレビ局の不祥事が続いている。

 しかし、テレビ朝日の久米氏は反省して、しばらくおとなしくしているかと思いきやニュース・ステーションで再び問題を起こしたのである。それは11月9日に行われ衆議院議員総選挙で自民党の安倍晋三幹事長ら幹部がテレビ朝日の選挙報道番組「選挙ステーション」への出演を拒否したことについて、テレビ朝日側は「経緯を考えれば、私たちにも非があった」と遺憾の意を表したとの件である。自民党はなぜ出演を拒否したのであろうか。そのNステは私も見ていたが選挙投票日前の4日に、明らかに民主党の有利となる放送を何と30分もたれ流していたからである。その放送は民主党が自民党を倒し、政権交代が出来た時の想定上の閣僚名簿を発表し、それを久米氏が好意的に取り上げていたからだ。これでは自民党側が怒って出演を拒否するのは当然ではないだろうか。

 この問題で思い出すことがある。それは平成5年(93年)総選挙で細川政権が誕生したとき、同じテレ朝の椿貞良報道局長が日本民間放送連盟(民放連)の第六回放送番組調査会で「政治と報道はいかにあるべきか」というテ-マ報告を行い、その際に「非自民政権が生まれるよう指示した」と発言し大きな問題となったことがあったのである。

 その時は、テレ朝の報道という名の世論操作が成功し、自民党を下野に追い込み細川政権を誕生させ、当時Nステのキャスターをしていた小宮悦子が「私はこの時が来るのを待っていました」と思わず本音を漏らしていた。そして今回も、テレ朝は椿発言で大きく批判されているのに、それに懲りず「夢をもう一度」と、今度も自民党政権を崩壊させ民主党を中心とする非自民政権を作るために画策しようとした訳である。テレ朝側は「民主党に肩入れしたという解釈を自民党の一部に与えた」と非があったことを反省しているようであるが、信用出来ない。はっきり「自民党政権を崩壊させるために民主党に有利な報道をするのがテレ朝の方針でした」と今度も確信犯ですと言った方がすっきりするであろう。

 それにしてもテレ朝の世論操作が失敗し、民主党政権が出来なくて、また社民党や共産党が衰退して残念でしたね。この結果は朝日新聞やテレ朝がいくら自分たちの都合の良いような報道をしても国民は騙されないということが分かった訳である。ですが二度あることは三度あると言いからして、テレ朝は次なる世論操作を考えていることであろう。「気をつけよう。暗い夜道とテレ朝報道」
(2003/11/25) 

この記事は「今日のコラム」
テレ朝は「二度あることは三度ある」
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

なぜ対テロ警備に自衛隊を動かせないのか

2003年11月23日 18時47分40秒 | 防衛省・自衛隊・安全保障
  アルカーイダの幹部と名乗るアブムハンマド・アルアブラジという者が「日本の兵士(自衛隊)がイラクに足を踏み入れた瞬間、東京の中心部を攻撃する」との声明をアラビア語誌に寄せているとの報道がなされている。この声明に信憑性があるかないか分からないが、すでにテロの嵐はイラクからトルコに及んでおり大きな犠牲者を出している。であるから、この声明を無視することなくテロに対する警戒を怠ってはならないと考える。

 しかし相手は、イラクやトルコで起きているように爆薬を多量に使い自爆したり、極めて高い軍事知識を持った特殊工作員と思える場合も考えられるが、政府はそのようなことを知りながら警備の中心を警察官だけで実施するつもりなのであろうか。私は軍事知識のほとんどない警察官が、特殊工作員という兵士を相手に警備をすることには国民は不安ではないかと思っている。

 そこで思い出すことがある。米国同時多発テロ後に、日本でも国家の中枢を警備することを可能とする自衛隊法改正案が国会に上程されたが、それに強固に反対した議員がおり、結局は自衛隊が警備できるのは米軍基地と自衛隊基地だけになってしまった。であるから、現在の自衛隊法ではテロの脅威から国会、皇居、裁判所などの国家の中枢と原子力発電所などでの警備は自衛隊には出来ず、実際にテロが発生して多数の死傷者が出て初めて都道府県知事などの要請で災害派遣が出来るだけである。

 その強固に反対した議員とは、今回の総選挙で立候補せず引退した野中広務だ。反日日本人と言えば土井たか子に次ぐ高い位置にいる人だが、「警察が長年苦労し警備してきたのに自衛隊も警備に加わるとは警察への侮辱だ」との訳が分からないことを言って自衛隊法改正案を骨抜きにした張本人である。また「自衛隊が警備してれば戒厳令のようだ」と発言する議員もいたように記憶している。

 テロリストから国や国民を守ることに反対している訳ではないかも知れないが、要するに相手が兵士として訓練を受けているテロリストであっても、その警備は警察で十分出来るし、検挙することも可能だろうと思っているのである。

 野中広務は今どこで何をしているか知りたくはないが、日本を攻撃するとの情報が信憑性があったとしたら、自衛隊にも国家の中枢を警備することを可能とする自衛隊改正案を今でも反対したことは正しいと思っているのであろうか。国会議員は国家と国民を守り、実力組織である自衛隊や警察などの装備、任務、運用などについて国民が不安を抱くようなことがないように法整備などを図っていくことが仕事ではないか。

 テロリストによる日本攻撃の可能性という情報がありながら、それを防衛するために実力組織である自衛隊を動かすことは出来ないとは困ったものである。このような状態で国民は安心出来るであろうか。社民党と共産党は衰退したが、自民党員でありながら日本の安全を考えてこなかった反日日本人・野中広務の行った弊害と罪が未だ残っている。このような人を支持していた有権者も同罪ではなかろうか。
(2003/11/23)

この記事は「今日のコラム」
なぜ対テロ警備に自衛隊を動かせないのか
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

国民保護法制は有事法制ではないのか

2003年11月22日 22時50分31秒 | 防衛省・自衛隊・安全保障
~国民の義務が明示されていない保護法制で国が守れるか~  

 政府は21日、国民保護法制整備本部(本部長・福田康夫官房長官)の会合で、国民保護法制の要旨を決定したが、地方公共団体などへ要旨説明を行った後の来年2月に法案を閣議決定し、通常国会での成立を目指す方針とのことである。

 さっそく要旨を読んでみたが、国民保護法制とは「日本が外国から武力攻撃された場合に国民を保護する規定」だとのことであり、では有事という非常事態に国民には「これをしてはいけません」との義務が沢山明記されているかと思えば、そうではなく義務を伴う「民間防衛の導入」はせず、また国民の義務が明記されておらず、国や地方自治体などからの要請にも従うか拒否するかも自由だというものであり、私は国民保護法制とは外国から武力攻撃があった際に適用される有事法制だと思っていただけに、このような法制では、果たして国や国民は守れるのかとの疑問というか不可能ではないかと思った。

 だいたい国民保護法制とう言う法の名称からしておかしいではないか。この名称では有事の際であっても、国民は今まで通りの生活や仕事を誰の制約も受けずに続けたいので、武力攻撃してきた敵に対しては自衛隊や警察、地方公共団体などに任せたい。そんな時でも国民を国はどうやって保護してくれるのかというもののようであり、また国は国民には何ら義務や禁止事項を明示せず、「あとは全部国でやりますから」という平和ボケした人が作った法案であると思わず笑ってしまった。

 国民には何ら義務がないのであるから、自宅で寝ころんでビールなど飲みながら侵略してきた敵と自衛隊との戦闘場面の生中継をテレビを見ていることも構わない訳である。まあこれは生中継が可能かどうかは別にした話だが、有事の際であっても国民の基本的人権は必ず守らなければならないとの平和ボケした発想からきているものであろう。

 有事の際に国民には多くの義務が生じ、国の統制に従い、また何でも国や自衛隊を頼らず、敵と戦闘している自衛隊の活動を妨害しないように自分たちで出来ることは自分でするようにし、さらには基本的人権はかなり制限されてしまうのは当然であって、国は国民に義務を加すことをせず、基本的人権を守ってやり、普段通りの生活させたまま有事という非常事態に対応できると思っていること自体がとんでもない誤りである。

 今でも戦争が嫌いだからと言って、憲法第九条を守っていれば日本は侵略されることはないと考えている人がおり、その戦争の原因は自衛隊だとして廃止運動をしている人がこの日本にいるが、それも一人二人ではないのである。そのような人は有事であっても国や自衛隊の統制に従うとは思えないし、もし、それが都道府県の知事であったとしたら混乱してしまうであろう。考えただけでも戦慄すべき状況が訪れ、現に戦闘が行われていない地域であっても自衛隊の展開を巡る反対運動や、国からの統制指示に従うか拒否するかでもめるなど国民同士が争うことになるであろう。

 日本民間放送連盟は政府が国民保護法制の要旨を発表したことを受けて「緊急事態における放送に関する指針」を発表したとのことで、それによると「市民の基本的人権及び知る権利を守り、自由で自律的な取材・報道を貫く」など既に述べているが、有事であっても平時と同じように報道の自由は守るということである。また政府に対し要望書を提出し、「放送事業者である指定公共機関は(避難の)警報の内容を放送しなければならない」とした政府への協力が義務づけられているようでは困るとして、同法制の指定公共機関から民間放送は除外すべきであるとしている。要するに民放連は指定公共機関に指定されていなくても避難に関する放送はするので心配するなと言う訳であろう。

 しかし、国民保護法制から民間放送が「避難に関する措置」の関する指定公共機関から外れ、有事であっても報道の自由は守ると言っているのだから、避難に関する放送をするもしないも自由であり、また自衛隊の出動を批判し、反対することも報道の自由だからとしてやりかねない。

 社民党が頑強に反対していた有事法制は不十分な内容ながらすでに成立しているが、国民保護法制は後回しにされていた。しかし、これでは、とても有事法制の一つであるとは言えず、国民保護法制の適用範囲を組織的ゲリラなど有事に準ずる大規模テロにも拡大したと言うが、それにも対応出来ないお粗末なものであり、森本敏・拓殖大学国際開発部教授は「国民は有事の際に国家の統制に従うことことを義務にしないと、いざというときに国民は従わない恐れがある」と指摘しているが、まさに正論である。

 日本国民は、有事の際には一致団結して、また国家の統制に従い敵と戦う気概があるという意識を持たないで、有事であろうと平時であろうと自由な生活を維持し、基本的人権や知る権利は持ちたい思っているようでは、こんな侵略しやすい国はないであろう。
 民間防衛体制が整備されたスイスが、なぜナチスドイツのヒトラーからの侵略を免れたのか。その歴史を検証してみれば国民保護法制が不十分どころかは全く役に立たないものと言わざるを得ない。
(2003/11/22) 

この記事は「私の主張」第191号
  国民保護法制は有事法制ではないのか
~国民の義務が明示されていない保護法制で国が守れるか~
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

掲示板 2003年11月分過去ログ (1699~1722)

2003年11月21日 21時53分50秒 | 掲示板過去ログ2003年分

1722.果たして東京でテロは起こるか(1)
名前:疲れ目 日付:11月21日(金) 21時53分
 トルコのイスタンブールで悲惨きわまりないテロが続いている。
 若い方はご存じないかもしれないが、日本でもかつて、これと同じ形態のテロが東京で連続して起きた。
 たとえば1974年に、東アジア反日武装戦線「大地の牙」と称する日本人テロリストグループが、丸の内の三菱重工業本社を爆破し、私の記憶では、三菱重工業の社員が8人死亡し、社員を中心に100人を越える負傷者が出た。(私は彼らに関するノンフィクションを読んだことがあるが、彼らは「日本大企業が行っている第三世界への搾取」に反対して反日闘争をしていた。)
 彼らの一部は、のちに日本赤軍がハイジャックした飛行機の乗客と交換で、服役していた刑務所を出て、反イスラエル・パレスチナ闘争に積極的に関わるが、下記の年表(大地の牙などの裁判資料集より)を見ると、彼らが、一つには、今イスラエルでテロを起こしているイスラム過激派勢力ともつながっており、もう一つは、こちらのホームページでも紹介されている興亜観音像などの爆破を行い、日本の植民地支配への苛烈な批判姿勢があり、また、赤軍派のよど号ハイジャックで分かるように、北朝鮮との人的つながりもあることが伺える。

(東アジア反日武装戦線に関する年表)
★は東アジア反日武装戦線三部隊(狼.大地の牙、さそリ)関連
☆は日本赤軍関連
※は国際・社会情勢に関するもの      

1970年 3月31日 赤軍派、よど号ハイジヤック
1971年11月11日★「狼」前身部隊、興亜観音像と殉国七士の碑を同時爆破
           ☆秋よリ『赤軍―PFLP・世界戦争宣言」上映連動
(投稿者注:PFLPは、アラファト傘下の、武装闘争も行うパレスチナゲリラ組織)
1972年 2月19日~28日 連合赤軍、あさま山荘銃撃戦
      4月 6日★「狼」前身部隊、総持寺納骨堂を爆破
      5月30日☆テルアビブ空港、リッダ闘争
(テルアビブ空港で奥平、岡本が銃を乱射してイスラエル人26人を殺し、73人が重軽傷を負った。生き残った岡本は一躍、パレスチナの英雄になった)
     10月23日★「狼」前身部隊、北海道大学北方文化研究施設と「風雪の群像」を爆破


1721.果たして東京でテロは起こるか(2)
名前:疲れ目 日付:11月21日(金) 21時51分
(1)より続く

1973年 7月20日☆日航機をハイジャック、ドバイ闘争
      8月 8日※金大中拉致事件 
     10月 6日※第4次中東戦争勃発
1974年 1月31日☆シンガポールのシェル精油所を爆破
      2月 6日☆在クウェート大使館占拠、シェル精油所爆破の4名を奪還
      3月 1日★『腹腹時計』V0L.1発行
      8月 9日※アメリカ、ニクソン大統領、ウオーターゲート事件で辞任
      8月14日★虹作戦(天皇列車爆破計画)中止
      8月15日※文世光、ソウル光復節式典会場で朴大統領狙撃未遂
      8月30日★「狼」三菱重工を爆破
      9月13日☆オランダ、ハーグのフランス大使館占拠、同志奪還闘争
     10月14日★「大地の牙」三井物産を爆破
     11月25日★「狼」帝人中央研究所を爆破
     12月10日★「大地の牙」大成建設を爆破
     12月23日★「さそリ」鹿8建設PH工場を爆破
1975年 2月28日★三部隊、間組本社6階、9階、大宮工場を爆破
      3月22日 泉水博、千兵刑務所で病者への医療を求めて決起
      4月19日★韓産所、オリエンタルメタルを爆破
      4月27日★間組江戸川作業所を爆破
      4月30日※ベトナム解放
      5月 4日★間組江戸川作業所のコンプレツサーを爆破
      5月19日★8名一斉逮捕
      6月25日 釜ヶ崎共闘会議の船本州治、皇太子訪沖に焼身抗議
      7月19日 北海道警察本部爆破(声明:東アジア反日武装戦線)
      8月 4日☆★日本赤軍クアラルンブールのアメリカ大使館、スウェーデン領事館占拠「狼」の佐々木規夫を含む5名釈放

1976年 1月 6日 平安神宮放火(声明:世界赤軍日本人部隊闇のつちぐも)
      3月 2日 北海道庁爆破(声明:東アジア反日武装戦線)
      8月10日 道庁爆破で大森勝久逮捕
      9月 9日※毛沢東死去
1977年 1月 1日 京都梨木神社爆破(声明:世界赤軍日本人部隊闇のつちぐも)
      2月21日 大阪東急観光爆破
      5月 2日 東大法文1号館爆破(声明:世界革命戦線大地の豚)
      6月30日 三井アルミ社長宅爆破(声明:世界革命反日戦線タスマニア1876)
      9月28日 ★☆日本赤軍、日航機ハイジャック(ダッカ闘争)
             浴田由紀子、大道寺あや子、泉水博を含む6名釈放
(投稿者注:浴田、大道寺はいずれも大地の牙のメンバーで、飛行機の乗客と交換で釈放された)
     10月27日 神社本庁爆破(声明:世界革命戦線大地のブタ)
     11月 2日 東本願寺大師堂爆破(声明:世界赤軍日本人部隊闇のつちぐも)
     11月 3日 国連総会、ハイジャック防止法決議採択
1978年10月28日 間組第二ハザマビル工事現場爆破(声明:東アジア反日武装戦線)
1979年 1月16日※イラン革命
      6月 9日 磯江洋一、山谷マンモスポリポックスの警官刺殺
     10月26日※朴韓国大統領、射殺
     11月12日★東京地裁大道寺将司、片岡利明に死刑、黒川方正に無期、荒井まり
     12月   ※ソ連、アフガニスタンヘ侵攻
(年表終わり)


1720.果たして東京でテロは起こるか(3)
名前:疲れ目 日付:11月21日(金) 21時49分
(2)より続く

1974年から5年にかけて、三井、三菱、間組、大成建設、鹿島建設など、日本の一流企業が次々にテロの標的になった頃、日本人は連続テロに震撼していたが、果たして、現在はどうか。
 大地の牙のような日本人テロリストグループが、今現在、爆弾闘争を行えるだけの力を国内で蓄え得るとは考えにくい。だが、まったくあり得ないとは言えない。たとえばオウムも、内部に北の工作員が複数入っていた疑いがあるという報道もあり、もともとはただのヨガ団体だったのが、北朝鮮の工作を受けてサリンを作り始め、日本攪乱破壊工作としてサリンテロを行ったのではないかという状況証拠が、実はかなり報道されている。旧社会党にも北朝鮮の工作が入っていたのは、半ば公然の秘密になっている。
 オウムのように水面下で工作を受け、内部でテロリストを養成しているような団体が、ほかに、まったく無いと断言は出来ない。その場合はテロリストは日本人ということになり、警察も、顔の違う外国人と違って、補足しにくいということはあるかもしれない。しかし、用心する必要はあるが、その可能性は、それほど高くないと言えると思う。
 私個人が心配するのは、日本人のテロリストより、総聯傘下の学習組など、北朝鮮や国内で工作員教育を受け、工作活動を行ってきたと言われる勢力が、今後どのような活動をするのかということだ。総聯にも学習組にも、破防法の適用はなく、いまだに彼らの全貌が分からない。
 では、アルカイダが日本でテロを敢行できるか。私は、顔や言葉がまったく違うので、彼らが集まって計画を練ったり爆弾を調達するのは、相当困難であることから、テロを実行するのはほとんど無理だと思う。
 私がいちばん心配するのは、「日本人はテロにひるむ」「テロに屈服する」というイメージを、もし北朝鮮が抱けば、「一発、東京でテロを敢行して、日本や日本世論を屈服させ、対日交渉を今より有利に進めよう」という発想が出てこないのかということだ。北朝鮮の専門家や、匿名でテレビなどに出てくる元総聯の幹部などは、北の工作員は、まだ国内で数百人の単位で活動していると言っている。
 スパイ防止法もなく、学習組などへの破防法の適用もなく、テロに対する備えは万全なのか。私は、テロの脅威に怯えることじたいが、テロリストにテロの効果を学習させ、逆にテロを呼び込むおそれがあると思う。しかし、テロを恐れないためには、テロを起こさないためのシステムや法の整備が必要だ。スパイ防止法は、ほかの国では常識的に整備されている法律であり、日本では、この法律がないためにスパイ天国と言われ、工作活動で捕まった工作員が、微罪ですぐに釈放されている。テロへの備えは、甘いのではないか。
 

参考までに、東アジア反日武装戦線のホームページにあるかれらの主張を見ると、今のアルカイダの主張と、共通する論理を見ることができる。東アジア反日武装戦線が反日で、アルカイダが反米の違いはあるが、論理の組み立て方は不思議に共通している。

http://share.dip.jp/hannichi/nenpyou/kiseki.html


 1719.続日本経済を占う
名前:桑原洋一郎 日付:11月21日(金) 19時56分
* 信用買い残の評価損率20%接近が底入れのメドか

しかし、今回の信用のしこりは深刻だ。代表的人気株のソフトバンクについては、高値で信用買いした投資家が多く、平均コストは6000円台前半、すでに評価損率は約4割まで拡大している模様。中堅証券株なども似たり寄ったりのようだ。春先は信用の売りと買いがほぼ均衡していたが、夏場以降急速に買いだけが増加し、特に投機色の強い銘柄に集中している。

相場が下げ始めてからも買い残が増加している銘柄が多く、規模から見て今日の下げで投げが一巡したとは思えない。反面、下げが急速だったためにテクニカル的には売られ過ぎの銘柄も増えており、今後の下げ余地はさほど大きくないといえる。一方、最近まで大きく上げており、高値からの下落率が15%以内にとどまっていた景気敏感セクターが急速に下げ始めたのは気がかりである。

NEC、東京エレクトロン、 NTN、安川電機、千代田化工などがこのグループ。インデックスが一段と下げるとすればこれらのセクターにネガティブな見方が強まった場合だろう(例えば米国景気の先行き不安が強まるなど)。注目されるのは大型優良株で本日プラスで引けたものが結構あったこと。

これは三共、武田、電力・ガス大手、JR各社、NTTグループなどで、ディフェンシブ、金利敏感株といわれるセクター。このことはヘッジファンドの介入があったのを感じさせ、いずれ彼らは反対売買してくるものと見られる。逆にふだんあまり目立たない中堅小型の優良銘柄に大きく下げるものが多かったのは注目される。

これは信用顧客の担保処分の売りやTOPIX型の裁定売りが大量に出たときによく見られる現象。今日の場合は前者だろう。

*  次のチャート上のメドは9423円、9224円テクニカル的には、中期的には弱気、目先的には強気と判断したい。日経225を基準に見ると、10月21 日の高値11238円から最初の急落の下げ幅が1052円。その後の戻り高値10869円から同値幅を差し引いた9817円は、本日の安値が9756円なので達成済みである。25日移動平均線からの乖離率―7.9%は売られ過ぎだし、騰落レシオ25日の79.4%は3月19日以来の80%割れで、下落銘柄の範囲も相当拡大してきたといえる。

しかし、中期指標で見ると、前述のマドを作って下げたこと(ギャップダウン)によるアイランド・リバーサル、高値での三尊天井型、26週移動平均線を下抜いてきたことなど、楽観を許さないものが多い。とはいえ、それ以上長期のパターンは、依然として上昇相場中の押し目の範囲という解釈ができ、あまり弱気になることもないだろうと思う(ただし米国が今後本格調整に入るとなると少し困ったことになるが)。

現在よりも下げた場合の重要なサポート価格を上げておくと、4月安値から10月高値までの上げ幅の半値押しとなる9423円、8月7日の安値9224円である。


1718.日本経済を占う
名前:桑原洋一郎 日付:11月21日(金) 19時31分
日本株:日経225が1万円割れ、需給の崩れは短期的

* 4つの悪材料が重なる
 
本日の株式市場は寄り付き後間もなく日経225、TOPIXとも大台を割り込み、その後も安値圏で推移するという厳しい展開となった。上昇過程でマドを開けていた10100円付近を、今度は下向きのマドを形成して下がったことにより、上値に巨大な罫線のかたまりを残した「アイランド・リバーサル」と呼ばれるパターンが形成され、しばらく下値でのもみ合いが濃厚と見られることになった(ただし近日中にこのマドより上まで反発すれば逆に強気のシグナルとなる)。

本日の下げは4つの悪材料が重なったことで説明がつく。第一が、先週以来下げの原因となっていた信用取引の含み損拡大による投げ売り。第二に、米国市場でハイテク株主導の下げがあったことで外国人が売りに出たこと。第三が、JASDAQのシステムにトラブルが発生し、10時半まで取引が停止になっていたこと。

第四に、テロ組織のアルカイダが、日本政府が自衛隊をイラクに派遣すれば東京にテロを仕掛けるとの発言をしたこと。それぞれがバラバラに伝えられたなら1%程度の下げで収まったと思うが、一斉に圧力として加わるのが分かると、無理に流れに逆らおうとする投資家はいなくなるので、買い注文の真空地帯ができてしまい、一気にサポートと目されていた9800円前後のレベルまで叩き込まれてしまったのである。

4つの悪材料はそれぞれに重要な意味合いがあるが、基本的に長期的な売り圧力となるものはなく、とりわけ短期的な信用絡みの売り物が一巡すれば下げは一巡、企業の実体価値に較べて割安との見方が次第に強まって、反発に向かうと見ている。収益トレンドが上向きであることに変わりはなく、企業の手元流動性が潤沢であるため自社株買いが再び増勢となり、また公的年金(株高となったため株式の比率が高まり買いを手控えていた)の買いも再開されると考えられる。

昨年度のような猛烈な銀行の売りは今では存在しない。短期の需給が原因の下げはむしろ買いのチャンスとなるだろう。外国人は株価が割高と見れば売るが、割安であれば買いに来る。ハイテク株や銀行株などはヘッジファンドの関与が多く、ネガティブなニュースが出ればその都度売りに来るだろうが、全体としてドカッと売りに来るような環境にはない。

アルカイダの話は全然具体性がなく、現時点では自衛隊のイラク出動に対する予防線を張っておいたと考えるべきだろう。地合いの悪さが必要以上の恐怖心を呼び起こしたと見ている。JASDAQの停止は、信用取引の追い証(含み損が一定以上になると請求される追加担保)の調達にトラブルが発生するかもしれないという疑念を起こさせ、開いている市場での換金売りを一段と加速される要因となった。

だが、逆に言えば、そういう売り急ぎ要因が重なったために株価は本来の位置より安くなっており、中長期的に見ればよい買い場提供となっている銘柄も多くなったと感じている。


1717.愕堂先生と中野先生がいたら
名前:桑原洋一郎 日付:11月21日(金) 19時13分
政党政治家としての苦悩―中野正剛―

「国運を危急に救ふも、禍を転じて福となすも、皆国民各自の責任である。職業的政治屋は天下の大事を託するに足らぬ」(「総選挙に望む国民の責任」『東方時論』1920年4月号)

1920年衆議院議員に初当選した中野正剛は、議会でのその鋭利な質疑によって、政党政治家としての名声を高めていった。

だが世界恐慌と満州事変という事態に直面し、中野は苦悩した。立憲民政党を脱党して以降の中野は、挙国一致の国民組織化を試み、国民同盟や東方会を組織していった。けれども中野のそうした模索は、その政治的人生に複雑な影を投げかけていくことになる。

確かに、中野先生が言うところの政治屋に付託した所で今迄どうにも為りませんでした。誠に政治屋という言葉も政治を食い物にする輩が時代は変われでもいるということであろう。


1716.言霊神宮提供 いろは風味の讃美歌
名前:波江究一 日付:11月21日(金) 18時37分

聖堂の薔薇窓透きて
母子に燃え揺る陽ぞ薫り
懺悔声無く凝視め居ぬ
落ち合ふ室辺我や寝よ

せいたうのはらまとすきてほしにもえゆるひそかをりさんけこ絵なくみつめ居ぬおちあふむろへわれやねよ

クリスマスを信仰抜きにツリーを飾り、ケーキを食べサンタクロースのお土産を貰ふ祭りにしておいても仕方無いと思ひ、いろは風味の讃美歌を提案します。薔薇窓とはノートルダム大聖堂にある
ステンドグラスです。ここで礼拝賛美されて居るのは三位一体の神では無く、創めに言葉ありきといふその言葉であり、言霊です。かういふものに曲つけて、クリスマスソングとして逆輸出するやうになれば、日本も真の意味で国際化し、歴史を生き抜くしたたかさを身ににつける事になると思ひます。将来この歌に霊感得て実際に日本教の聖堂を造りあげてしまふ、建築家美術家もあるかしれません。提供は言霊神宮です。
http://8504.teacup.com/namie/bbs


1715.桑原さんへ
名前:マモー 日付:11月21日(金) 17時54分
素晴らしい文章ですね。
感動しました。
政治のあるべき姿がいきいきと表現されていますね。


1714.日本はイラクに自衛隊を派遣しないとの選択肢はない(疲れ目さんへ)
名前:forest(管理人) 日付:11月21日(金) 17時35分
疲れ目さん、管理人のforestです。素晴らしい長文の書き込み有り難うございます。全面的に同意致します。

イラクへの自衛隊派遣を巡り、小泉総理は決断しているようなしていないような曖昧な話をしています。確かに治安が安定しておらず、テロリストが横行しているようなところに自衛隊を派遣して、もし戦死者(殉職者)が出たらどうするとの声がありますが、それが普段から自衛隊員が訓練などで殉職しても哀悼の意を表したことがない連中が、そう言っているのだから奇妙なのです。

もしイラクへの自衛隊派遣が決まり、万一自衛官に犠牲が出たとしたら、誠に悲しむべきことですが、それにひるまず自衛隊員が戦死しても日本が任務を中断せず遂行したということになることが、日本がテロと戦う毅然たる意志を示したことになり、ひいては悪魔のテロ国家北朝鮮への「日本は犠牲を払ってもテロと戦う。日本はこのまま拉致問題が解決しなくても良いと思っている訳ではない。いざとなったら日本は戦う意志があるぞ」と言う大きなメッセージとなるのです。であるから、日本はイラクに自衛隊を派遣しないとの選択肢はないと言いたいです。

前に主張にも書きましたが、日本はテロに屈しない国ではないのでしょうか。自衛隊を派遣しないとの選択肢をとれば、日本はテロに屈した臆病な国だと言われ続けるでしょう。過去に日本赤軍らが起こしたハイジャック事件で、日本政府はテロに屈した解決策をとり、世界から「日本はテロリストを持参金付きでばらまいた」と批判を受けました。その屈辱を忘れたのでしょうか。テロリストと対決するには、こちらも犠牲を覚悟しなければなりませんが、戦闘を職業とする軍人としてそれは覚悟の上であり派遣命令が下れば辞退する者はいないと確信しています。

疲れ目さんの投稿にありますイラク在住日本大使館員が、治安が安定していない地域でありながら、テロの屈することなく、また撤退もせず業務を継続しているとは本当に頭が下がります。自分で自分の身を守るすべがない外交官が、未だにイラクに止まっていることは、まさに勇気がいることであり、イラク在住日本大使館員は治安が安定していない地域で業務に励んでいることを多くの国民は知るべきです。

しかしイラク在住日本大使館を他国に警備して貰っているといるとは日本は何と情けない国なのでしょうか。日本大使館員は日本人ではないのか。同胞を守れずして何が国家だと言いたい。国家とは同胞が国外にいようが、これを守るのは責務ではないのか。日本人の身は日本人が守れずして誰が守ってくれるのでしょうか。もし自衛隊がイラクに派遣されても任務の中に大使館警備が入っていないとは本当ですか。日本大使館員とて自衛隊が警備していたらどんなにか心強く安心していられるのでしょう。では日本大使館が攻撃される事態になった時自衛隊がイラクに派遣されていたとして、大使館員の救助にも駆けつけず見殺しにするつもりでしょうか。

昭和25年に自衛隊の前身に当たる警察予備隊が発足して以来の殉職者は1737人であるという。これほど多くの自衛隊員が殉職していることは、まさに有事を想定した訓練をしているからではありませんか。疲れ目さんのおっしゃるとおり、尊い犠牲は何であったのでしょうか。イラクに自衛隊を派遣しないと言う選択をした場合、日本はテロに屈した情けない国だと言われることが、英霊達の御霊をお慰めすることが出来るでしょうか。テロリストの脅迫には絶対に屈しないという気概を示さないで、これから、北朝鮮というテロ国家と対決していく覚悟が日本政府にあるのか今国民は注目しているのです。


1713.温故知新
名前:桑原洋一郎 日付:11月21日(金) 16時27分
今月の咢堂言行録
(『世界と議会』2003年7月号より)
バックナンバー
咢堂言行録
世界の改造と日本の将来
専制政治の国なら、独断専行、強力手段に訴えて、すぐに効き目のあらわれるような手の打ち方もあろう。しかし立憲政治の国では、国政を一人の力でおこしたり、ねかしたりすることは許されない。国民一人ひとりが自覚して、国難を救う政治に協力し、その責任を分担する以外に途はない。

したがって、一服飲めばすぐ直るような薬はない。やっぱり、急がば回れで、国民の自覚・自主・自助・自制・自律を待つ他はない。……明治の王政維新は少数の勤皇志士でやり遂げたが、今度の民政維新は、国民総がかりでやらねば成就しない。…民政維新に最も必要なものは批判的精神である。上からの命令や指令を鵜呑みにして盲動するような国民では、とても民政維新を成就することは出来ない。行動する前に先ず批判せよ。

それが誰からの命令・指令であろうとも一度自分の良心のふるいにかけて、しかる後に行動する。そして、その行動に対しては、どこまでも責任を取る覚悟を持った人々によってのみ、民政維新は成し遂げられるのである。

王政維新は形式的維新であった。頭の上のチョンマゲを切ったが、心の中のチョンマゲは切れなかった。立憲制度は輸入したが、これを運用する精神は輸入しなかった。近代文明の皮相は学んだが、これを生むにいたった根本の精神は学ばなかった。……民生維新は、王政維新のごとき単なる外形の上のサルの人まねに止まらず、進んで精神革命にまで徹底しなければならぬ。


1712.忘れてはならない人
名前:K.N 日付:11月21日(金) 13時23分

もう一人付け加えるなら、あの東条内閣を批判して自決に
追いこまれた中野正剛氏でしょう。(現在では右翼扱い
されていますが)

私事ながら、通っていた東海大学の総長さんが、中野氏の
娘婿でした。


1711.Re:オーストラリアについて
名前:Y.K 日付:11月21日(金) 12時38分
私も新婚旅行でオーストラリアへ行きました。
シドニーですら、あのオリンピックが無かったらどうなっていただろう
というくらい田舎でした。
日本から永住で向こうへ行かれているガイドさんが言っていましたが、
日本人とは根本が違うから慣れるまでは大変だったと、しかし、慣れ
てしまうとこれほど楽な物は無い、給料は安いが休みはたっぷり
あるし、言うこと無いです。とのことでした。もう何年も日本に
帰っていないと言っていました。飛龍さんのおっしゃるとおり、
帰国がつらいのかもしれないですね。
とにかく、永住なんてとんでもないと思いました。日本はいろいろ
当たり前のように恵まれてることが多いです。よ。


1710.オーストラリアについて
名前:飛龍 日付:11月21日(金) 11時29分
初めての投稿です。しんしんさんんのHPからの紹介です。オーストラリア
は新婚旅行で1週間くらい滞在しました(かなり前)短期滞在にはいいとこ
ろです。しかし蝿が異常に多い。半端じゃありません。永住する場所ではな
いです。とにかく時間にルーズで、覇気が無い。彼の国のお国柄といえば、それまでですが、ホテルのボーイもロビーで仲間同士でふざけている。車が異常
な速度でぶっ飛び、信号が青に変わると0→400GP並に飛ばし、タクシーの
運転手は逆バンクでタイヤを鳴らして走る。印象としては国全体にピシッとし
た感じがなく、いい加減(悪い意味で)であり、日本的感覚ではそのうちブチ
切れてもおかしくありません。あの国に慣れると、帰国したらかなり辛いでしょう。体全体に力が入らず、タラーツとしてしまいそうです。


1709.そうですね。
名前:マモー 日付:11月21日(金) 8時42分
斎藤隆夫氏や
浜口雄幸・井上準之助・幣原喜重郎のような
人材が必要だと思います。
岳飛と秦繪の秦繪を
もう少し評価すべきだと僕は思います。
南北宋王朝は僕の理想の王朝です。


1708.今の政治家
名前:K.N 日付:11月21日(金) 1時18分

残念ながら今の日本の政治家には、幕末から大正デモクラシーに
かけての立派な政治家たちのような人は、ほとんどいないと思わ
れます。(政治屋だから仕方ないかもしれませんが)

少なくても陸軍と「腹切り問答」をやった浜田国松氏、「反軍
演説」を行なった斎藤隆夫氏ぐらいの肝のすわった人達に出て
来てもらいたいものです。


1707.たしかに。
名前:マモー 日付:11月21日(金) 0時22分
鶏鳴狗盗さんへ
僕は役に立てば良いと思います。
ただいかに愛国心があっても私利私欲に走れば台無しです。
韓非子はいささか厳しすぎると私は思います。
無私・無欲にただ1個の機械のように仕事をする人が
必要ではないでしょうか?


1706.何と言うか・・・
名前:mumu 日付:11月21日(金) 0時21分
今時、政治家に無私・無欲を求める人がいるということ自体、私には信じられない気持ちです。
政治は決して綺麗事では出来ない仕事です。
その程度は、今じゃ常識中の常識だとも思っています。
なので政治家は清濁併せ持ち、それを臨機応変に使い分け、ベストでなくても可能な限りベターな方向へと国と民を導いていくように務めるのが、望ましい姿勢のひとつでもあるような気がしますね。

これまでにもクリーンなイメージを売り物にしていた政治家は掃いて捨てる程出て来ては、ほんのわずか有権者の気を引きはするものの、クリーンなままのイメージを保てたにしても、さっさと見限られていたようにしか思えないのに比べ、アクの強さと濁り?も抜きん出て強い現都知事が極めて高い支持を保ち続けているという現実を見れば、清廉潔白など政治家にとっては寧ろ害でしかないのでは、とさえ思えますね。

個人的には、政治家は一般人よりももっと欲深であってほしいと思っています。
日本を色々な面において世界でも優れている国だとする為に、欲を出しまくって外国からだろうと見慣れない新しいものであろうと、積極的に取り入れ、尚且つ日本古来の良さも残したままに、というような感じで。
あれもこれも一気に、というくらいの気概は必要だとも思いますので。


1705.豪州の話題があるのはなぜだ?
名前:ego 日付:11月21日(金) 0時1分
豪州なんて、G8にも入っていない弱小国ですよ。
確かに大自然と資源は豊富です。
ただそれだけですよ。
教育、産業など日本アメリカの上に成り立ってる他力本願な国ですよ。
それから気になっていますが、豪州は州によって法律が変わります。
NSW、QLD、VIC州は、多少栄えていますが、
他は手付かずの広大な土地があるだけで、ほとんど砂漠です。
なんで豪州がどうのこうのの話になるのか不思議です。
ただ、どなたかが仰るとおり、アンザックデーという祝日は、
日本にとって、羨ましい限りですね。
パレード反対勢力もいるのでしょうか?
見た事ないですが。
日本なら在日右翼街宣車が出動し朝日毎日TBSあたりが、昔の日本軍の悪行と題して特集するでしょう。
そのような事が無いオーストラリアはその点、日本より健全なのでしょう。
オリンピックでアボリジニが主役であった事もなんとなく良かった。
まあ、豪州人はいい加減でレイジー怠け者が多いでしょうから、
日本の勤勉さには、足元にも及ばないでしょう。


1704.政治家は精錬・潔白を基準にするではなく、愛国心を基準に評価すべきと思います
名前:鶏鳴狗盗 日付:11月20日(木) 23時27分
>マモーさん

はじめまして。
「無私・無欲な政治家」が役に立つかは疑問です。
使いようがないとは言いませんが、そのような存在が有害になることもあります。
一般論として、無私・無欲な人物にパワーを感じたことがありますか?
パワー溢れる人はクセがあって、傲慢で、嫌われていることのほうが多いのです。

例えば、伯夷と叔斉の兄弟を知っていますか?
周に仕えるを潔しとせず、餓死しました。
韓非子は書のなかで、この兄弟をボロクソに言っていたような気がします。
「こんな奴ら、生きていても役に立たない。むしろ有害だ。」と。
韓非子の思想には私も同意します。

マキャヴェリも「欠点のある君主のほうが、民衆は近親感を持つもの。だから君主は女をたくさん囲え。」など言っていたはずです。

>疲れ目さん

禿同です。良い話を聞かせていただきました。
十分な装備を与えたうえで、一刻も早く派遣してほしいものです。


1703.憲政の神様
名前:桑原洋一郎 日付:11月20日(木) 20時9分
尾崎 行雄(咢堂)

 尾崎行雄(咢堂)は、真の民主政治と世界平和の実現にその一生を捧げた政治家である。若くして自由民権運動に身を投じ、保安条例によって東京退去を命じられるが、国会開設(1890年)とともに衆議院議員に選ばれ、以来、議席にあること63年、世界議会史上の記録を打ち立てた。
 彼は民主政治の確立を目指し、あらゆる権力の弾圧にも屈せず、常に民衆の側に立って闘った。その雄弁は天下に鳴り、憲政擁護運動が起こると、人は彼を「憲政の神」と呼んだ。また、軍国主義が一世を支配するに及んでも、平和の信念を曲げず、国に警告することをやめなかった。そして「世界連邦」を提唱し、議会政治の父と仰がれつつ一生の幕を閉じた(1954年永眠、享年95歳)。
 咢堂(がくどう)とは、尾崎行雄の雅号(ペンネーム)である。尾崎は青年時代、「学堂」 と名乗って執筆活動をしていた。1887年(明治20年)12 月、政府の発した保安条例によって東京退去を命じられ、愕然としたことから「愕堂」と改める。そして50歳頃より、りっしんべんを取って「咢堂」とした。


1702.今の
名前:マモー 日付:11月20日(木) 18時35分
日本は危機的状況です。
大久保利通公は日本史上最高の政治家であります。
大久保公のような無私・無欲の政治家がはたして
現在の日本にどれほどいるでしょうか?
それを思うと悲しくなります。


1701.偏ったテレビ番組
名前:K.N 日付:11月20日(木) 17時14分

昨日のNHK“その時歴史が動いた”「勝海舟-江戸無血開城
の謎」で幕末の公武合体運動のことを共和運動だといいくるめて
いました。

以前にも尊皇攘夷運動のことを過激派だと決めつけていました


1700.テロに屈しない日本人もいる(1)
名前:疲れ目 日付:11月20日(木) 17時13分
 イラク在住日本大使館が、小銃で十数発、銃撃されたという報道があった。しかしその後、大使館員が引き上げたとか、大使館業務を縮小したという報道は出ていない。日本大使館は、銃撃にもひるまずに、今後も業務を続けるようだ。
 首相特別補佐官の岡本行夫氏が、単身イラクに行ったとき、CPA(連合軍暫定当局)に外務省から出向している奥という参事官は、岡本氏と一緒に自爆テロにあった国連本部に行き、爆発で吹き飛んだ建物に、デメロ国連特別代表ほかの犠牲者を悼んで国連の半旗が掲げられているのを見やって、「岡本さん!これを見て引けますか!」と振り絞るように言ったそうだ。
 その奥氏は、岡本氏によると、住居にしているホテルから10メートルも離れていない場所にロケット弾を打ち込まれたのに、「これで当分あいつ等もこちらには打ち込んでこないでしょう」と言って、相変わらずイラク中をこれといった警備もつけずに走り回っているそうだ。
 日本大使館の代理大使は、田中真紀子氏から秘書官をクビになったことで有名になった上村氏だが、岡本氏によると、上村氏も大使館にこもり、部下のために食事を作りながら業務に励んでいるという。CPAや大使館に出向している日本人は数十人単位だが、テロに屈せず、日本に引き揚げることもせずに、それぞれの持ち場で業務を続けている。
 韓国軍は、イタリア軍への自爆テロ以降、当分は基地から出ないで状況を見るとのことだが、軍隊をイラクから引き上げることもなく、KBSニュースによると、来年3月には、3000人規模の軍による人道支援チームをイラクに増派することが固まったようだ。
 自爆テロで多数の被害が出たイタリアでは「今、軍を撤退すれば、兵士の死が無駄になる」ということで、政府はイタリア軍駐留の方針は変えないという。左系メディアの論調も、「兵士の死を無駄にしてはならない」といったものが多かったそうだ。BSでは、そういう趣旨のイタリア制作のニュースがあったあとになぜか、NHKニュースが、「イタリアではイラク派兵に批判が強まっている」といった、イタリア制作ニュースの趣旨と、正反対のニュースを流していた。
 日本のほかに、英軍にもオーストラリア軍にもテロ攻撃の予告があったらしいが、イギリス軍もポーランド軍もオーストラリア軍も、すでに軍をイラクに派兵し、テロ予告があった後も、撤退していない。
 日本は、世界中に向けて送ると言った自衛隊を送らずに、このまま様子見を続けていくのだろうか。テロリストから見ると、日本は、脅迫のメール一本で、ほかに何の費用もかからず、実質的な活動も何も必要なく、自衛隊の派遣を見送るという、「脅迫」の費用対効果の非常に大きな国ということになる。


1699.テロに屈しない日本人もいる(2)
名前:疲れ目 日付:11月20日(木) 17時11分
(1)から続く
 また、讀賣新聞の報道によると、イラクの日本大使館を警備しているのは、イラクの民間人だという。(イラクの民間警備会社に頼んでいるそうだ)日本大使館はイラクの中の日本と言ってもいい存在だが、現行法では、自衛隊の任務の中に大使館警備が入っていないため、自衛隊が大使館を守ることが出来ない。イラクはいまだ国家機構が確立していないため、イラク軍やイラク警察に警護してもらうことは出来ない。従って、在イラクの他の国の大使館は、それぞれ自国の軍や警察が大使館を警備しているが、日本大使館は、正体不明の銃撃があった後、CPA(連合軍暫定当局)に巡回警護してもらうか、米軍に警護してもらうという案が出ているそうだ。
 しかし、日本の主権の出先機関である日本大使館を警備するのは、日本自身の責務なのではないだろうか。自衛隊を派遣できないだけでなく、日本大使館の警備まで、CPAや米軍に警備してもらうというのは、一つの国として、自立した姿と言えるのだろうか。
 そもそも、CPA・米軍等がテロの標的になっているから、治安が悪化しているからと言う理由で、自衛隊が派遣できないと主張するならば、そのテロの標的になっているCPAや米軍に日本大使館を警備してもらおうというのは、論理矛盾であろう。

もし、イラクに自衛隊が派遣されたとして、万が一自衛官に犠牲が出たら、それは悲しむべきことであり、イラクに自衛隊を送るにあたって最大限の安全を確保する配慮は当然のことと思う。
 だが、戦後五十数年のあいだ、自衛官は一人も殉職していないというのは、誤った認識であり、自衛官はみな、日々、危険で厳しい訓練を受けており、訓練中の事故や、搭乗した訓練機の故障や事故などで、すでに戦後、1000人余の人が殉職されている。なぜ、自衛官がこれだけの苦しく危険な訓練に耐えているかと言えば、日本を守るため、日本の国益のため、自衛隊員の肩の上にかかった責任を果たすためだろう。
 「イラクが危険だから」という理由だけで、もし、イラク派遣に正当な正当な理由があるにもかかわらず、自衛隊を派遣しないと決定したとすれば、厳しい訓練で命を落とされた1000人余の自衛官の存在は、何だったのかということにならないか。
 国益、国の安全を守ると言うことは、それだけの負荷を伴うことであり、どうすれば国を守れるか、どうすればテロリストや独裁政権の干渉を排して国の自主性を守れるかと言うのは、国民一人一人が考えなければならない課題であろうと思う。
 先日、テロリストによる「東京自爆テロ予告」があったが、実は、東京をはじめ、日本は、すでに世界に類のない大規模なテロに見舞われている。言うまでもなく一つは地下鉄サリン事件であり、一つが被害者が三桁に上がると言われる北朝鮮による拉致である。地下鉄サリン事件は、大量破壊兵器(化学兵器)に使われるサリンを武器に使い、5000人を越える被害者が出た。この事件は、殺された村井氏がたびたび北朝鮮に渡っていたなど、北朝鮮との関わりが強く指摘されているが、全貌はいまだに分からない。拉致は、北朝鮮が国家として行ったことがすでに判明している。
 拉致に関しては、特定失踪者問題調査会が、拉致を行った組織やシステムはまだ日本国内に温存されており、もし、北当局の指令があれば、あしたにでも再び拉致を再び行えることははっきりしていると言っている。このように、テロに対する備えは、テロリストが日本を脅迫しようとしなかろうと、日本としては、当然やっていかなければならないことだと思う。テロに対する備えが出来ていれば、テロリストの脅迫は、より通じにくくなる。
 その意味で、スパイ防止法、入国管理の徹底を、日本の安全を考える上で、前向きに考えていかなくてはならないだろうと私は思う。
 日本のマスコミは、スパイ防止法に関して、「取材に制限が加わる」とか「人権侵害につながる」といった理由で、ほとんどの社が反対をしているが、すでに数々の大規模なテロに見舞われ、テロを行ったシステムがまだ温存されているとさえ指摘される日本としては、必要不可欠な手続きだと思う。

コメント

辻元被告初公判に上申書を提出した筑紫哲也

2003年11月20日 18時45分33秒 | 売国奴・反日日本人
  今日20日に、社民党の次期党首候補と言われながら秘書給与詐取事件で議員辞職した後に逮捕され、保釈中の辻元清美被告(43)の初公判が東京地裁で行われた。テレビの映像で見た辻元清美被告の表情は硬く、国会において、自分こそ疑惑の総合商社なのに他の議員を追及し「我こそは正義なり」と言ったような姿からは想像できないものであった。前週の同じ木曜日には、土井党首が辞任しており二週続けて、社民党員として、日本のためにではなく北朝鮮の国益のために努力していた反日日本人の落ちぶれた姿を見て、こんな気分爽やかことはない。

 辻元清美被告は、秘書給与詐取疑惑が週刊誌に報じられた時には疑惑を否定していたが、隠しきれないと判断したのか議員辞職して責任をとれば良いとしてバッチを外した。そして詐取した秘書給与を国に返納すれば全ての責任は果たしたと思ったようだが、「騙し取った秘書給与を返せば罪に問わないのか」との声が湧き上がった。それは、辻元被告が国会議員であった時や、その前の活動が、本当に日本のためであったなら同情もされたであろうが、そうではなかったからである。悪事を働いた者が反日日本人ならことさら厳しく追及されるのは当然ではないだろうか。

 辻元被告が議員を辞職して今は無職とのことだが、どうして生活しているのであろうか。そんな心配をすることはないが、それより誰が今でも辻元を支援し、再び国政の送りだそうと画策しているとんでもない連中がいるのではと、その動向を注視しなければならない。

 辻元被告は罪状認否で、「国民のみなさんの信頼を裏切った。この場を借りておわびしたい」と謝罪したようだが、それはひとつの法廷戦術であろう。否認したりして実刑判決が下れば即収監されてしまうから、まあ例の泣き落としで裁判官の心証を良くして何とか実刑を免れ執行猶予に持ち込む魂胆であろう。

 辻元被告は過去の人で、二度と政治家になってはいけない人と良識ある人は思っているものと確信しているが、いまだに、辻元被告を応援している人がいるようである。社民党員やその支持者であっても、辻元被告が秘書給与詐取事件で逮捕されたことが党の衰退の原因だと思い、辻元被告のことをもう支持できない人もいるかも知れないが、初公判で弁護側から反日放送局と言われるTBSテレビの筑紫哲也から「社会的制裁が現在も続いている」との、また漫画家の石坂啓らからは「マスコミに追われて疲弊している。温情ある判決を」との上申書が提出されたという。

 これは左翼・反日日本人に共通する泣き言であろう。では逆に筑紫哲也を例にして質問したいが、マスコミの一員として、社会的制裁をしたことなどが一度もないと胸を張って言えるのか。そんなことはあるまい。マスコミは「こいつは悪い奴だ」と決めたら、その報道の名を借りた社会的制裁はすさまじく、刑事的責任を問われている訳ではないのに、その対象となった人や企業を死刑判決同然の制裁を加えているではないか。それが仲間の左翼・反日日本人が批判され制裁を受ける側になると泣き言を言っているのでは情けないないか。

 辻元被告はマスコミの下した報道の名を借りた法的根拠のない社会的制裁を受けているのではなく、法に従い逮捕され、起訴され、そして今は保釈中の身で公判を受けているのであり、そこを筑紫哲也は勘違いをしているのである。筑紫が上申書が提出したのは辻元被告はもう十分に社会的制裁を受けているとからとの考えから来ているのであろうが、親交があるから何とか助けてやりたいとの暖かい気持ちを理解する人は左翼・反日日本人だけだろう。それより、マスコミの一員である筑紫が、特定の被告人に対して温情ある判決を求め上申書を提出するという行為をしていて公正な報道が出来るとはとても思えないのである。

 石原都知事の発言を捏造して報道したTBSテレビだが、この筑紫の上申書提出という行為も不祥事とは言えまいか。筑紫は法的には問題ないと抗弁するだろうが、仲間を助けたいとの安易な気持ちから、マスコミの一員であるという立場を考えない行為に報道機関としての公正さを疑われるとしてTBSの上層部が何ら注意もしなかったとしたら、すでに信用は落ちているが、TBSテレビを良識ある国民はさらに信用しなくなるであろう。
(2003/11/20)

この記事は「今日のコラム」
辻元被告初公判に上申書を提出した筑紫哲也
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

掲示板 2003年11月分過去ログ (1663~1698)

2003年11月20日 09時33分22秒 | 掲示板過去ログ2003年分

1698.オーストラリアの自治権について
名前:まると 日付:11月20日(木) 9時33分
フェルミオンさん、スサノオさん、そしてテンポさんご返信ありがとうございます。以前、他の掲示板で同じような質問をしたところこんな返答が返ってきました。

一つは「オーストラリアの国民が全財産を放棄して出て行かない限りはおそらく50年前の日本にも及びません。現在のオーストラリアの体制は日本の統治下でなんとか自治を保っていた朝鮮総督府や台湾総督府みたいなものですから。まだ皇帝と閣僚が現地人だった満州国の方がましです。」というコメントです。

それとこんな意見もありました。オーストラリアは不在地主がいるような国でしかも女王を拝する立憲君主制の国、とても左翼が礼賛できる国ではないとのことです。

オーストラリアに生まれたかった否かについては、以前知り合いに質問したところ「白人とは言っても季節労働者の家になんか生まれたくない」とのことでした。

まあ、これらの証言を合わせてみるとあたかもオーストラリアは、政治経済ともにイギリスに支配されており議員や官僚も地元生まれの白人ではなくイギリス生まれの移住者によって支配されているという見方が出来ます。それと土地所有などに関してもイギリス人の地主によって支配されていて白人とは言え現地人にはそれほど権利が与えられていないということになってしまいます。やはり白人と有色人種だけではなく白人同士でも差別とか不公平とかってあるのでしょうか?オーストラリアには。
それとアボリジニーに関して言えば、タスマニア島で大量虐殺→全滅させた時に最後の生き残りの女性をさらし者として動物園の見世物にし、彼女の死後それを標本として博物館に飾っていたという話ですそしてつい30年ほど前にようやく墓を作ってあげたそうです。そしてその他にもつい30ぐらい前までは、政府は西欧化教育ないしは原住民の文化を根絶すべくアボリジニーの村へ行って子供を拉致したりもしていたそうです。

オーストラリアって本当の人権先進国にして世界で最も公平な国なの?と思いますが。アメリカやカナダ、欧州などと比べてどうなのでしょうか?

それとニュージーランドとオーストラリアが同一の国家にならなかった理由についても気になるところです。


1697.まると様
名前:テンポ 日付:11月20日(木) 1時47分
豪州よりも「公平な国」ですか?
それはもう、北朝鮮しかないでしょう。

何故ならあの国は、偉大なる首領様を初めとした特権階級以外は、全て同様に虐げられていますからね(笑)。
これ以上公平な国もなかなか無いのでは?

おっと、冗談はこれくらいにして。
僕自身は、日本人に生まれて良かったと思います。
まると様の投げかけとは少々異なりますが、我々は今この時代の日本人に生まれて来た!
そういう厳然たる事実は、受け入れなくてはなりません。

こちらの常連の皆様もお思いでしょうが、僕はしたり顔で外国の事をことさら絶賛して、返す刀で我が国の事を非難する様な人間は、一切信用しませんね。
そんなに外国の事が良ければ、さっさと彼の国に移住するが宜しいと思います。
なぜなら我が国の憲法には、有難い事に「国籍離脱の自由」を認めているのですから。

そういう観点から言うと、いわゆる「進歩的文化人」(っていうけど、一体奴らのどこが進歩的なのか?)のほとんどは、海外に移住してもおかしくなかったはずなのですが。

我々心ある日本人は、この国の進むべき方向を誤らないように努力する義務がある。
そう思います。


1696.石坂啓ねぇ・・・・(苦笑)
名前:テンポ 日付:11月20日(木) 1時8分
>スサノオ様
思い出させて頂きありがとうございます。

どうもこのお方、女性の自由奔放な性をテーマにした作品を書いていた頃から胡散臭く思っていましたがね。
なんだか昨今のフェミニズム、ジェンダーフリーなるものの片棒を担いで居たみたいで。

上記の輩に比べて、同じ性を描いた女性漫画家ならばさかもと未明の方が遥かに好感持てますなぁ。
この方、西村真吾氏と靖国神社を訪れたエピソードを読んだのですが、あれは一読に値しますよ。


1695.日々精進!!
名前:スサノオ 日付:11月20日(木) 0時48分
マモー様。仰るとおり!!石原慎太郎氏の発言は単純明快にして的を射ています。私。就職してから自動車整備士資格を必要に駆られ取得しましたが、合格証書には運輸大臣時代の石原氏の名前があります。
最近取った若い連中のは国土交通大臣 林寛子ですから・・・同じものでも重みが違いますよ。

K.N様。その通り!!!筑紫ごときが負け犬の遠吠えのように何を言おうが説得力は有りません。言葉とは「言霊」であり、「言の葉」です。人の心に響かないのでは、まるで念仏のようなものなんです。
筑紫は長らくキャスターをしていますが「話し方」がなってないです。
捏造や誤報をなんとも思わず、思うがままを垂れ流すのでは非難こそされ尊敬されることはないでしょう。たとえ正論であってもです。

mumu様。雁屋哲ですね。この仁はかつて、石坂啓とかいう売国漫画家と一緒に何かの番組に出ていましたが、なんとまぁ、朝鮮人か支那人か、はたまた毛唐かと思うほどの「見事な偏向」ぶりでして・・・
何でしたっけ民腫に入って途中で訳の分からぬ理由でやめた・・・
「大恥巨根」じゃない「大橋巨泉」です。このロートルも外国にかぶれ。ただ単に議員の激務が務まらなかっただけかと思われます。
オーストラリアの白人がアボリジニに何をしたかといえば・・・。白人得意の人種差別による民族浄化と、生態系の破壊以外にありません。
ハンティング・ゲームで動物ならず、アボリジニを標的にしたんですから・・・。どういう訳か日本の「功」にはひたすら口をつぐんで、「罪」は論う。どこぞの売れないF-1ドライバーにホイホイ付いてく
後藤某という「尻軽女」みたいに国民総「イエロー・キャブ」(巨乳アイドル・プロダクションではない)化で白人崇拝をするならこの日本から・・・・
「逝ってヨシ!!!」ですよ。


1694.豪州人の日本人蔑視?について
名前:フェルミオン 日付:11月20日(木) 0時38分
1675の書き込みでceO様が「豪州人の日本人蔑視の激しさという風潮」と書かれていますが、管理人様への「お便り紹介」で4月30日のオーストラリア在住の山本様からの便りでは「オーストラリア人からみれば日本は経済、技術テクノロジーはずっと先進国で、憧れの国です。」と述べておられます。

私はオーストラリアのことはまるで知らないのですがどうなのでしょうか?所謂「負けを認めたくが無い故の蔑視」でしょうか?

また、この便りではアンザックデイという日があることが紹介されていますがこれは素晴らしいですね。
左翼が強調している良さというのはどうだか分かりませんが、これは日本も見習う
べきことだと私は思います。


 


1693.Si様
名前:テンポ 日付:11月20日(木) 0時24分
ご投稿拝読いたしました。

僕が思うに・・・・
この問題は、ハンセン病(いや、エイズやSARSにも相通ずる)への社会の無理解というレベルで議論されるべきものと思います。

それを、何を勘違いしたのか「単なる件のホテルへの糾弾に」終始させる意見が散見されるのは、感心しませんね。
それは、単なる偽善でしかないんですよ。
Si様がご指摘の「例の人たち」がどれだけこの件に関わっているかは解りませんが、まぁ、昨今のマスメディアは少なからず「例の人たち」の思想に簡単に共鳴するような頭の持ち主ですし、それらが垂れ流す情報を鵜呑みにする人達も多いですからね。

いわゆる客商売の皆様にとって、”風評被害”は恐ろしいものなのです。
マスメディアがその片棒を担いだ事例も多い事を、認識しなければなりません。


1692.河野洋平
名前:フェルミオン 日付:11月20日(木) 0時22分
スサノオ様、宮沢内閣時代、河野洋平は官房長官でした。
河野談話で、日本政府が公式に慰安婦問題の存在を認めてしまったことになったのは残念でなりません。

この談話が政治取引の産物であったことは今では周知の事実です。証拠が出なかったならなぜ、「証拠はない」と突っぱねることができないのか。日本政府の謝罪外交には辟易させられます。


1691.この中でオーストラリアに生まれたかったという人いますか?
名前:まると 日付:11月19日(水) 23時42分
皆さん、ご返信ありがとうございます。ちなみにこの中でオーストラリア(白人)に生まれたかったという人いますか?もし生まれなくてよかったという人は理由を聞かせて下さい。それとオーストラリアよりも公平だと思う国があったら挙げてみて下さい(具体的にここがいいよとか)。


1690.ハンセン病(熊本)の件
名前:Si 日付:11月19日(水) 23時41分
皆様ご承知と思われますが,熊本の温泉旅館がハンセン病元患者の宿泊を拒否して大騒ぎとなってます。
元患者の怒りは当然と思いますが,彼らの背後に「例の人たち」がいるような気がするのは私だけでしょうか?
もし,詳しい方がおられたらお答えいただけませんか?よろしくお願いします。
毎日新聞(だったと思う)のHPで元患者の方が「憲法違反」といわれてた。うーん?ぷんぷん臭いませんか?

尚,個人的には実家も客商売やってたので,商人が客を断るのはよほどのことであるのはわきまえています。
また,残念ながらハンセン病への偏見は社会において完全に払拭されていないのが現実であり,(だからこそ旅館側の対応は問題ですが)それに基ずく店屋にとっての悪い噂は商売が成り立たなくなるほどの被害をもたらすことも客商売の現実と思ってます。
問題自体は悲しくかつ難しいことだと思ってます。


1689.ご尤も
名前:mumu 日付:11月19日(水) 22時51分
>ego様
>豪州が日本より公平だと思ってる人は 本当に馬鹿です。はっきり言えます。

その最たる者が「美味しんぼ」の作者でしょう。
彼奴は本気でオーストラリアが「地上の楽園」だと信じて移住したまでは良かった?ものの、「住む」とまでにはいかない「滞在」と言った方が良さそうな程の間だけいて、さっさと日本へ戻って来たんだそうです。
漏れ聞いたところによれば、どうやら彼奴はオーストラリア“も”日本と同レベルくらいに住み易い、「楽園」だから当然便利なシステムのある国だと自分で確かめたわけでもないのに勝手に決め付け、行ってみたらまるで違うことの方が多過ぎて、日本の便利な社会に慣れていた上に既に寄る年並み(と思われる)の年齢の人間には殊の外住み難い所だったとか何とか・・・

公平かどうかなんて何を基準にするかにもよるということを、邪悪なまでにご都合主義を振り回す馬鹿揃いの反日屋共は初めから知らないのか、知ってて無視しているのか、いずれにしても能無しの言種なのは間違いないでしょう。
「美味しんぼ」の作者も上記の例に漏れず、馬鹿丸出しな反日屋のようですが、連中の何がいけないって口で言う程自分達の信条?を本気で貫くだけの根性がまるでないことですかね。
地上の楽園だと思ったんなら、少しくらいの不便が何だ、くらいの気概を見せてみろというものでしょう。
根性無しの能無し、常識や一般的な判断力すら無いと揃い切ってるのが反日屋の正体といったところでしょうか。


1688.石原都知事
名前:マモー 日付:11月19日(水) 18時49分
の発言は、みんなが言いたくても遠慮している事を
代わりに言ってくれているんだと思います。
聞いていて気分がすっきりします。
皆さんはどうですか?


1687.国家再生危急存亡の秋
名前:桑原洋一郎 日付:11月19日(水) 14時2分
今の、この時代は極めて混沌としている。あたかも暗闇の中を、行けども行けども先に明かりが見えない。社会状況はといえば、弱者はどんどん姿を消してゆく。その典型は、なんといっても自殺者である。今年も有史以来の、最高値を記録する事であろう。実に不名誉な事だ。更には自己破産であるが、自殺者の5倍近くになるのではなかろうか、と囁かれる今日である。我が国が、かってこういう時代はなかったのであろうか、と考えたのだ、其処でハタと閃きが有った。時は今から凡そ70年前に遡る事となる。その類似点と政治の内容を此処に記してゆきたいと思う。

類似点の項目を挙げ 70年前/ 現 在 という具合に比較してゆく。
好 況 状態は大戦景気/ バブル景気と共に浮かれた後である。
反動不況は 戦後不況/ 平成不況と言われて長引く。
大災害 迄似ている。つまり、関東大震災 /阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)
大企業の破綻としては、 鈴木商店・台湾銀行などの倒産/ 山一證券・北海道
                拓殖銀行などの金融機関の倒産。
金融資本の結束は、五大銀行(三井・三菱・安田・住友・第一)/ 四大銀行グルー
             プ(みずほ・三井住友・三菱東京・UFJ)
首 相は、浜口雄幸(ライオン宰相)/ 小泉純一郎(シシロー)
経済ブレインとして、 井上準之助(三月生まれ)/竹中平蔵(三月生まれ)
失業率の増加は、 1929~1931年4.5→6.7%/1995~2001年4.7→5.5%
仕事の減少状況は、 操業短縮/ ワークシェアリング
予期せぬできごととして、 暗黒の木曜日(→世界恐慌)
               /アメリカ中枢同時多発テロ(→世界同時不況)
その他共通点 株式の暴落・物価の下落・大企業の合併・中小企業倒産
の増加・ホームレスの増加・犯罪者の増加・デフレなどが挙げられる。

悉く似ているが、果たして国家の再生は出来るのであろうか?公明党は如何に国を運営しようというのか?腹の内は未だに読めてはいない様だが。


1686.ゆうこさんについて 2
名前:K.N 日付:11月19日(水) 12時28分

石原さんは「アジアの人を差別している」といってますが、石原さんは差別をしているのではなく、現実を言っているのだと思います。
(都内でピッキングを繰り返すのはアジア系ですし、スリ・窃盗団もほとんど在日が中心です。筑紫が目をそむける“福岡一家皆殺し事件”も中国人留学生でした。「日本の朝鮮統治」についても戦後昭和年代の外務省ですら手順をふんだという見解を出しています)

左翼メディア(テレビ朝日・TBS・NHK)は、日テレの「視聴率捏造」を鬼の首をとったようにたたいていましたが、自分達は
何をやっているのでしょうか(私は捏造を良いことだとは思っていませんが)

筑紫は、サッカー、長嶋ジャパン、女子バレーボールの応援を「偏狭なナショナリズム」だというのだから、偏向人間ですよ。


1685.ゆうこさんについて
名前:K.N 日付:11月19日(水) 2時12分

しんしんさんへ、下の三記事を読んでみましたが、もしかすると
ゆうこさんは、筑紫の手先あるいはファンなのかもしれません。


1684.はっきり言います
名前:ego 日付:11月19日(水) 1時48分
豪州は、もっとも公平な国だって?
と~~~んでもありません。
失業手当が一生もらえる?!
と=====んでもない。
貰うには払っていなくてはならない。
ただ、原住民に対しては、”土地を借りてる”という感覚で、
原住民アボリジには払っています。
恐らく豪州人から観たら、日本は公平な国で税金が安くて、
国民全体的にレベルが高い国と思っている事でしょう。

豪州が日本より公平だと思ってる人は 本当に馬鹿です。
はっきり言えます。


1683.しんしん様
名前:テンポ 日付:11月19日(水) 1時40分
リンクたどって確認してきましたが、件の投稿は恐らくご指摘の様に釣りでしょう。

そう言えば、以前トムさんとか名乗る輩が、アメリカの日本料理店うんぬん・・・・なる書込みをされていた様ですが、実はなんと!あれと全く同じ内容の書込みを「2ちゃんねる」にて見付けてしまった時には、苦笑してしまいましたわ。

ゆうことか名乗る輩もそうですが、マルチ投稿がネットの世界においては嫌われると言う事には、どうやら考えが及ばないみたいですなぁ。

というか、このご両人にご忠告申し上げたいのは、人に論戦を挑むんだったら最低限のルールは守って頂きたいと思うのですが・・・・

まぁ、コピペやマルチといった禁じ手しか使えない頭の持ち主には、解らないかな?


1682.ゆうこさんの言いたいこと
名前:しんしん 日付:11月19日(水) 0時26分
mumuさん、K.Nさん、おそらく同一人物かと思われる書き込みが他の掲示板に
ありましたがどうでしょうか。

http://fc2bbs.com/bbs?action=reply&uid=36902&tid=1395709

筑紫哲也の言動を観察するページ  からです。
http://bentures.fc2web.com/

もしかして釣りかもしれませんね。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/3906/


1681.Re:またもや
名前:しんしん 日付:11月19日(水) 0時18分
フェルミオンさん、月曜日のニュース23でもやっていました。
テレビではTBS系だけ放送したようですね(笑
まあ、中帰連の嘘証言というのが本命でしょうか?鉄板に近いです(笑
取り上げるニュースによって、その報道機関がどういうスタンスか一目で分かりますね。
朝日・TBSは本気で読者・視聴者を騙せると思っているのでしょうか…
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/3906/


1680.あくまでも攻撃的な宗教戦士達
名前:桑原洋一郎 日付:11月18日(火) 19時41分
アサヒ>テロに備え、厚さ50センチの壁 イラクの日本大使館

バグダッドの日本大使館が縦約3メートル、横約2メートル、厚さ50センチのコンクリートブロック29枚を並べた壁で、すっぽり包みこまれた。相次ぐテロ攻撃への警戒強化策だ。クレーン車で道路脇にすえつける作業は13日に行われた。請け負ったのは地元の警備会社ニアイースト。「ブロックは1枚約20トン。4、5台の乗用車が突っ込んでも、びくともしない」とワースク・ヒンドゥ社長。(全文写真掲載)
http://www2.asahi.com/special/iraqrecovery/TKY200311150179.html
---------------------------------------------------------------

読売>日本へのテロ計画中とアル・カーイダ

【カイロ=岡本道郎】ロイター通信などによると、国際テロ組織「アル・カーイダ」系の組織と幹部は16日、ロンドン発行のアラブ圏有力紙と週刊誌にそれぞれ電子メールを送付、トルコ・イスタンブールで15日起きた連続爆弾テロ、イラク南部ナシリヤで12日起きたイタリア軍警察現地本部自爆テロの犯行を認めるとともに、アル・カーイダが米国及び同盟国の日本、英国、イタリア、オーストラリアへのテロを計画中であると明らかにした。2通とも真偽は不明だ。(全文掲載)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20031117-00000005-yom-int

確かにアルカーイダがああしろこうしろは日本に対する内政干渉であることは事実だ。この様に見てみると、ことは宗教戦士を産んでいる様子です。宗教に裏打ちされた戦士は極めて強い。世に言う所のプロパガンダであり、一種の洗脳された信者の集団が暴徒化した様なものか、それ以上なのかも知れない。その人達が結束したならば、向う所敵為しの感もする、日本におけるところでは、我々が選挙のたびに見受ける、良く言えば、創価学会の投票啓蒙運動であり、悪く言えば強制投票連れ出し作戦、それであろう、と思うのだが。


1679.非常に腹の立つテロリストの「東京自爆テロ予告」
名前:疲れ目 日付:11月18日(火) 17時30分
アルカイダ系のテロリストが、アラブ系のメディアで、「もし日本が自衛隊をイラクに派遣するなら、東京に自爆テロを仕掛ける」との予告を行ったという報道があった。
 相手がテロリストであろうと国家だろうと、これは明らかに内政干渉であり、日本がイラクに自衛隊を派遣するかどうかは、日本国内で主権者たる日本人がどうするか決めることである。日本人自身が行った決定に関して、「実行すればテロを行うぞ」というのは、(メディアは「警告」と言っていたが)、明らかに国家主権に対する脅迫である。
脅迫を行う主体が、テロリストであろうと暴力団であろうと北朝鮮であろうと、一度脅迫に屈すれば、脅迫する主体は、コントロール手段として脅迫が有効であることを認識し、脅迫によって相手を支配下に置くことを覚える。
 株式総会を円満に済ませたい大企業が総会屋に屈服し、総会屋に大金を支払って総会屋に会社全体を牛耳られることになるのと同様に、テロリストの脅迫に一度屈すれば、次にテロリストは、「イラクへの復興支援に日本は金を出すな、出せば東京を自爆テロする」と脅迫し、それも効果があったとみれば、また脅迫によって、日本や日本国民をコントロールしようとするだろう。その結果としては、日米同盟関係がだんだんと空文化し、日本は結果的に、国土と国民を守るために、もっと大きな支出を迫られることになる。
 テロを国家事業としている北朝鮮は、長い間日本を脅しつけ、日本は「刺激しないように、穏便に」と資金を出し、相手はその資金や援助を使って、さらに脅迫の道具である核ミサイルを開発して、日本は以前よりずっと大きな脅威にさらされることになった。
 テロリストの願うように、もし、米英軍がイラクから撤退したとして、イラクの莫大な石油資源が、アルカイダなどの国際テロリストや、化学兵器で大量の市民や兵士を殺戮してきた旧フセイン政権の手に渡った場合、私たちの被る脅威は、計り知れない。テロリストは、9,11よりもさらに大規模なテロの計画、実行が可能になり、アメリカや同盟国への攻撃を試みるかもしれない。
 テロリストでも暴力団でも、脅迫(と暴力)で相手を支配しようとする集団に対しては、そのような脅しは効果がない、そのような暴力には負けないということを、相手に分からせる必要があると思う。もし脅迫に屈すれば、あとでもっと大きなツケを払う必要が出てくることを考え、その場しのぎではない、対策を考える必要があると思う。
 日本はテロリストの脅しには屈しない。その対策としては、入国管理を厳重に行う。国内でアルカイダや北の工作員が自由に活動できないように、スパイ防止法を制定する。北やアルカイダなどの破壊工作活動に対しては、破防法などの適用も、必要に応じて行う。
 日本人全体が、暴力や脅しには負けないことを肝に銘じて、テロリストによる干渉やコントロールを排し、日本人の主体性、自主性を守る必要がある。
 その中で自衛隊派遣を自由に論議し、日本の国益、安全保障に有益であり、日本も国際貢献しなければならないとなれば、自衛隊を派遣するべきである。


1678.1672の意見
名前:K.N 日付:11月18日(火) 17時18分

1672(ゆうこさん)の発言は、わたしの1669に
対するのかもしれません。

実際には、世の中の流れに耳を傾けないのは
社民党・共産党の方なんですがね。


1677.コスタリカについて
名前:K.N 日付:11月18日(火) 17時8分

コスタリカは、確かに常備の軍隊はもっていませんが、
治安維持のための国家警備隊と地方警備隊があるそう
です。さらにアメリカ軍事顧問団も駐在しているようです。
防衛予算費は、約8900万ドルらしいです。

上記のことが、最近左の連中がコスタリカについて口を
つぐむ理由なのではないでしょうか。


1676.オーストラリアについて
名前:一介の学生 日付:11月18日(火) 12時44分
 「メルボルン事件」で、事実錯誤のマスコミ報道・ずさんな捜査・裁判を行い、えん罪を作っておきながら、「公平な国」はないと思います。
 さらに、オーストラリア、日本両政府は、この事件のを認識しているのだから、解決のために動くべきです。


1675.オーストラリア
名前:ceO 日付:11月18日(火) 8時11分
はじめての書き込みです。

左翼によると、「オーストラリアは世界で最も公平な国」らしいですが、
白人が移住の際に、オーストラリアの原住民を大量に虐殺した過去には
触れないのですね。腹を空かせた犬を可哀想に思った白人が、原住民の赤ん坊を犬に食わせたという話まであるんですけど。ま、都合の悪いことを隠蔽するのは、普段非難している官僚以上にお手の物ですからね。
件の左翼に言わせれば、豪州人の日本人蔑視の激しさという風潮も心誘われる土地柄なのでしょうね。いっそ亡命でもして日本から居なくなってもかまわないんですけど。


1674.mumu様。
名前:スサノオ 日付:11月18日(火) 7時55分
本当に・・・全国の酒屋の番頭さん。申し訳ありません。
一部上場であるサントリーの取締役ならば、もう少し「普通」の国際感覚を持っていただきたい・・・と願っています。
それと、河野洋平が衆院議長とは・・・。またも人事に疑問です。
この仁は宮沢喜一内閣時代、我国のいわゆる戦争犯罪について幹事長?官房長?(定かでないんですが、どなたかフォローを・・)延べて解決済みの事案を蒸し返す原因になった「売国」政治屋です。
新自由クラブなどと、訳の判らぬ政党を創り、ダメになったらさっさと古巣へ帰るという「根性なし」ですからまたぞろ問題発言などしなければ良いのですが・・・。子息の勧告に従って引退していればよかったものを・・・。


1673.自分の意見を聞いてほしいなら
名前:mumu 日付:11月18日(火) 6時33分
まず何をどう主張したいのか、その主旨を明らかにしなければ、何を言いたいのかという基本を相手にわかってもらえるようにするのは、主張する側の責任でしょう。

1672では、一体全体何を言いたいのかよく理解出来ません、ゆうこ様。
違う意見とは何を指し、それを聴かないこととは何を意味するのか、単なる独り言や愚痴だけでしかないなら、それを意見だなどとは少々勘違いが過ぎるようにも思います。
増してこの程度で他人の何がどう間違っているのか、それすらもはっきりさせない段階での決めつけは、実に独裁者的な物言いにしか見えませんな。

それと自由と勝手気まま、我侭、意見のごり押し・押し付けを混同しないようにするのも、また大事だということを少しは考慮した方が良いのでは?
ゆうこ様がそうなのかどうかはわかりませんが、とかく言論の自由を突拍子も無く言い出すタイプはそう言いながらも、自分の意見以外は正しくないと言い出す傾向があるように思われますので、自由を履き違えるようなことは厳に慎むようにすることも再度大事なことではないかと。


1672.間違っている
名前:ゆうこ 日付:11月18日(火) 3時20分
自分と違う意見の人の話を聴かないことは間違っています。言論の自由とはいったい何なんですか。

(反日日本人の意味不明の投稿だと思われますが、移動せずこのままログとして残します。管理人)


1671.オーストラリアは世界で最も公平な国?について
名前:Si 日付:11月18日(火) 2時10分
日本で外国を引き合いにして自国を批判するかたはその国の良い点
ばかり強調してそことの比較で自国をけなす傾向が多々見受け
られるように感じます。

以前中米のコスタリカには軍隊がいないということで護憲の方の
桃源郷のようになってましたが,彼らにコスタリカの人口,産業,国境を
接する国,その国との関係等聞いたら何も知らず,凄い人はコスタリカ
の場所を地図上で示せません。
極端な例かもしれませんが,そもそも外国の良い所を見習うのは良しとして,ただ闇雲に他国のいい点のみ強調では「隣のうちが買ったから
うちも」とだだをこねる子供みたいと感じます。
(韓国がF-15やイージス艦をほしがってますが)

何を根拠の「オーストラリアは世界で最も公平な国」か分かりませんが
「世界で最も」なんて言ってるのはなんか胡散臭いと思ってしまいます。「地上の楽園」位に考えたらいいのでしょうか?


1670.まると様
名前:テンポ 日付:11月18日(火) 1時35分
こちらには、初書き込みでしょうかね。

残念ながら豪州の事情には疎いもので、ご投稿の投げかけにはお答えできませんが・・・・
僕が思うに、この地球上に「理想郷」の様な国は、そうそう無いと思いますよ。
たとえば、我が国の一部識者が「世界有数の福祉国家」と礼賛するスウェーデン。
だがその裏では、かの国の国民が”夫婦と子供”という、ごく普通の家庭を維持するのも難しい様な税金を負担しているという事は、この人達は決して口にはしません。

まると様がおっしゃる、豪州を手放しで礼賛する人達は、そういった裏も見抜けない人達の戯言と思うのですが。


1669.左翼勢力
名前:K.N 日付:11月18日(火) 1時30分

社民党の党首に中核派兼フェミナチの福島瑞穂がなりましたが、
どうせ証拠にもなく“護憲・人権”路線を続けるのでしょうから
来年の参議院選挙で、落選する可能性があるのではないでしょうか。
共産党も議席を減らすことでしょう。

民主党も内なる左派連中と手を切らない限り、二大政党(マスコミ
のいうところの)の一翼を担うことは出来ないでしょうね。

NHKのニュース7で選挙から1週間たっただけなのに世論調査で
「社民党と共産党の支持率が上がった」と言ってました。(情報
操作をしたに違いありませんが)


1668.オーストラリアは世界で最も公平な国?
名前:まると 日付:11月17日(月) 23時26分
かつて「美味しんぼ」の作者である雁屋哲(左翼)はそう言って移住したそうです。それに筑紫哲也もかつて報道番組の中で過当なまでのオーストラリアの福祉制度(働かない人が無期限で失業給付を受けられたりするもの。逆に働く人は高い税金を徴収される)を
礼賛しその傍らでアリのように働く日本人を中傷しました。その他にも部落開放を訴える
団体がオーストラリアとコネがあったりとまあ、左翼系の人がやたらとオーストラリアの
ことを誉めているんですよ。先日、私の知り合いのお父さん(元朝日新聞記者)に尋ねた
ところ、最近の青少年の犯罪についてもあれは政治や社会、教育が悪いからああなったと
あたかも社民党や共産党が与党になって学校で「個性を重んじる教育」を推し進め多様性を認める社会になっていればああはならなかったとのことです。そしてさらに言ったことは外国、特に歴史が浅く古い伝統もそれほどないアメリカやカナダ、オーストラリアのような国に移住していたら自らの個性を最大限に生かせ今頃はITや金融、保険などの分野で
大成功を収めていただろうとのことです。逆に日本でエリートと言われる人々は、型にはまった人達だから外国では浮浪者にしかなれないとのことです。本当にそうなのでしょうか?
それとオーストラリアがソロモン諸島なり東ティモールなどに軍を派遣していることに関しても「あれはアメリカのような利権、覇権主義によるもではなくオーストラリアの人道支援の意志によるものだ。」との見解です。
オーストラリアは、70年代に完全に人種差別が消滅したことを国内及び全世界に宣言した国で現在では政府宣伝として「多文化多次元主義を推進し難民も数多く受け入れます」
と歌っています。世界で最も差別がなく公平で弱者を救済する国としての名を世界に知らしめているのです。
左翼の人にもしオーストラリアがこのまま大国となり世界を支配することになったらどうする?と質問すると「心配いりません。むしろオーストラリアが強大になり世界のリーダーになることはむしろ望むところ。アメリカは一部の強欲な政治家や軍官僚、資本家のエゴによってそれらのために世界化や覇権主義が行われているけれど、オーストラリアがそれを行う場合は、公共の福祉のために行われるでしょう、何せオーストラリアは世界で最も公平でジャスティス、クリーンな国です。最も民主主義の精神を国民が理解している国で、最も国民の意見が政治に反映されている国です。また、世界で一番差別もなく難民や社会的弱者に対しても政府や国民全員が優しい国ですから、オーストラリアが世界を飲み込めば飲み込むほど世界の人たちは彼らによって解放され自由になれます。」と答えるかもしれません。本当にオーストラリアって左翼が理想郷とするような国なのでしょうか。
左翼系の人でもごく一部だと思いますがそう考えているのは、でもいることは事実です。


1667.またもや
名前:フェルミオン 日付:11月17日(月) 22時48分
自分の性犯罪を証言したことを、「日本軍による、組織的」慰安婦強制連行
の証拠になると思っているのか、恐らくは嬉々として?朝日の記者はこんな記事
書いているのでしょうか?

http://www.asahi.com/national/update/1117/027.html

これは訴訟と因果関係があるのでしょうかね?
この証言者が言ってるのは、一部軍人による性犯罪のことでしか無いはずです。
彼や、彼の言う将官らは軍法会議で裁かれ、賠償の責任もあるでしょうが、ただ
それだけの話でしか無いはずですがね。

この証言自体が本当かどうかも分からないことではありますけど。


1666.それじゃ本物の酒屋の番頭に悪いのでは(苦笑)
名前:mumu 日付:11月16日(日) 23時56分
今の外相は、酒屋でなくても商家の番頭以下の能力しか無いような気がしなくもないです。
番頭はその店の利益の為に、様々な交渉事を纏める能力に長けていなければならないはずですので、今の外相にそんな高等過ぎる芸当?が可能なら、もう少し北朝鮮への対応もマシなものになってるのではないかと・・・

>スサノオ様
>首相も議員バッジのない閣僚の登用をやめれば、支持率上がるかもしれませんね。

歴代のどの総理よりも、基盤となるものが多少心細い?と言われる現総理の唯一と言っても良い程の頼みの綱であるはずの支持率を上げる為なら、上記のようなことを断行しても良いと思えるのに、いつまでも拘り続ける意図がわかりません。

田中真紀子なんぞはこの際論外中の論外として無視出来るでしょうが、いくら定年制を布いたからって、いきなり今度の選挙は遠慮して下さいなんて言われりゃ、中曽根氏じゃなくても腹は立つってもんでしょう。

閣僚の進退も、誰にも相談せずにひとりで決めてしまうような総理には、根回しとは言えないまでも、それなりの配慮があって然るべきというような場合でも、そうしたことにはまるで無頓着と言うか、他人の立場や心情よりも自分の決めたことの方が何より大事と言わんばかりのごり押しを、外相にも是非やってもらいたいもんですが、どうも偏ってるような気がしてならないですなぁ。


1665.私の主張「土井氏の辞任」を読んでの続き
名前:Si 日付:11月16日(日) 22時41分
>この党の中には旧社会党員の残党がいますので

ビートたけし氏が「民主党に逃げ遅れた人が社民党に残ってる」と
以前TVタックル(だったと思う)で発言してましたがかなり的を得てる
と思ってました。
実際横路氏らのグループは考えは社民党とあまり変わらない?のに
社民の看板では「出馬しても勝ち目なし」で民主党に潜り込んで
いるのでは?と思ってしまいます。
そうなると,社民党の方が「憲法心理教への絶対的帰依」を選挙で
正直に有権者に説明したので(馬鹿)正直ではないのかな?となる
のでしょうか。
世の中いろんな価値観があるものなので左系の方がいらっしゃる
のはある意味当然と思いますが,他国のいい所のみに憧れ,自国を
おとしめ,挙句の果てに自国の安全を蔑ろにするようでは,価値観
が右でも左でも政治家としては失格で,評論家として朝日新聞に
でも自説を掲載すればいいのに。

野中氏も引退はされましたが選挙で後継者?を応援しており,しかも
当選してた。(と思われる)
結局,「子分の北京詣で」でODAのオコボレはがっちり,ってとこ?


1664.Re:私の主張「土井氏の辞任」を読んで(Siさんへ)
名前:forest(管理人) 日付:11月16日(日) 17時23分
管理人のforestです。拉致問題では社民党はだいぶ批判され、その影響で有権者が支持しなくなったことから今回のような総選挙での敗北となり、土井党首辞任となった訳ですが、確かに拉致問題の責任を社民党だけに押しつけるのは間違いです。

まず共産党としては北朝鮮が人権弾圧の国であることが明らかになり、特に北への帰還事業を推進した党の方針が誤りであったことが知られることを恐れて拉致問題の解決には何ら動かなかったのでしょう。

公明党にしても、拉致問題が大きく国民の関心を持つようになってからあわてて拉致議連に入るなどした議員もあり決して誠意を持って取り組んできたとは言えません。ですから社民党が「公明党に言われる筋合いはない」と言ったのは当然です。5月の拉致問題解決の国民大集会で西村真悟議員は「今まで見た事がない議員がきて来ていた」と暗に公明党の議員を批判していました。

民主党の菅代表も日本人になりすました北の工作員の釈放を求める嘆願書に署名する間抜けをやらかしています。この党の中には旧社会党員の残党がいますので拉致問題の解決に何ら貢献していない訳で、うまく社民党の陰に隠れているのです。まあ社民党と同じくらいの同罪と言えるでしょう。

自民党内でも親北の議員も多く引退はしましたが野中、中山など土井元党首を上回る責任がある人もいました。そんな議員は、土井元党首ひとりに批判の矛先が向いているので息をこらしているようですが惚けていてもいつかはこの始末は付けないと日本が主権国家として再起することが出来ないでしょう。さあ北朝鮮シンパ議員追放の次は支那に媚びる議員の追放です。


1663.Re:天皇制廃止
名前:K.N 日付:11月16日(日) 17時2分

マモーさんへ  私も勿論反対です。

欠史八代(私自身としては、否定するつもりはありません)は別と
しても、2000余年続いている家柄が世界の王朝にあるでしょう
か。

代々の天皇陛下は、支那や半島の王室のように贅沢な暮らしを
せず、百姓(国民)のことをいつでも考えていらっしゃいます。
それと、もし皇室がなくなったらこの国は紐帯を失い、今より
ひどい国になってしまうでしょう。このこのを望む族が教育の
場に大勢いて子供達を洗脳しているのがなげかわしいのですが
(この子供達も成長して社会にでれば、一部の人を除き、洗脳
の呪縛から目が覚めるのですが)
それといまだに昭和天皇陛下を「戦争犯罪人」にしつづける
左翼メディアがいることも許せません。
大部分の国民は、象徴として尊敬していると思います。
拙い文章でごめんなさい。

コメント

自衛隊のイラク派遣は昼間の幽霊か

2003年11月16日 18時43分46秒 | 防衛省・自衛隊・安全保障
 幽霊は暗くなってから出るものだが、昼間にも出ると言われても誰も信用しないだろう。これは自衛隊のイラク派遣を巡る日本政府が言っていることと同じで「自衛隊が出るぞ出るぞ」と言っても、「日本政府の言う事は昼間の幽霊だからなあ」との声が聞こえてきそうである。政府はいまだイラクの治安が安定していないので、万一の事態を避けるために自衛隊の派遣時期を決定していないようであり、これでは自衛隊が出る出ると良いながら結局は出なかったということになるのではないかと危惧している。

 ヨーロッパ諸国のメディアは、「日本は派遣を中止した」「日本は派兵めぐり憶病に」との見出しを掲げて、「自衛隊はイラクへ派遣されないようだ」と報道しているとのことである。要するに日本はバカにされているのである。また、そんなにバカにされても憤慨もせず、政府は派遣時期を慎重に検討していると繰り返しているだけあり、これでは日本は信用できない国だと見限られたと言っても過言ではあるまい。

 しかし、政府が派遣を躊躇する方針を撤回して、イラク派遣を決めたとしてもすでに遅すぎるのである。遅くても派遣をすれば良いだろうと思っているとしたら、中止するよりは良いかも知れないが、日本はずるい国、臆病な国というレッテルをすでに貼られているので、それを剥がすことはなかなか難しいことだ。そこで一番可哀想なのは派遣される自衛隊員である。すでに派遣されている30カ国以上の軍隊から「何だ今頃のこのこ来て日本はずるい」と言われるかも知れない。派遣しても日本は世界からバカにされ、派遣しなかったらもっとバカにされるだろう。要するに派遣時期があまりにも遅すぎるのである。

 米国からは「日本は当てにならない国」と言う声が聞こえて来たが、日本と米国は同盟国ではないのか。また日本はテロには絶対屈しない国ではないのか。もし派遣を中止したとすれば「日本はテロリストと戦う気概がない国だ」と言われ続けるだろう。

 もし、派遣が決定されれば、今回の自衛隊員の任務には危険を伴うことは間違いない。イラクには戦闘に行くのではなく復興支援にいくのだが、それでもテロリストからの攻撃を受ける可能性がある。私は派遣隊員に、日本がテロと戦う気概をが示し、危険を伴う国際貢献を行うことで日本の国際的地位の向上を期待している。そんな名誉ある派遣隊員を国民はこぞって暖かく送り出そうではないか。
(2003/11/16)

この記事は「今日のコラム」
自衛隊のイラク派遣は昼間の幽霊か
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

掲示板 2003年11月分過去ログ (1633~1662)

2003年11月16日 15時11分53秒 | 掲示板過去ログ2003年分

1662.スサノオ様、一介の学生様の御二方へ
名前:桑原洋一郎 日付:11月16日(日) 15時11分
1651の一介の学生様
1650のスサノオ様

私の投稿文にお答え戴き有難う御座います。
1651を読みますと米国の大儀無き戦争で利益を求めていると言います所は小生と同じくする所であります。更に資金援助に付いては、中国へのODAをやらずにイラクへ廻すべきとは誠その通りと小生も共鳴致す所です。寧ろその方が大いに喜ばれるかも知れません。

1650を読みますと
実際に高度な政治判断が必要だったことは否めません。しかし、既に「賽」は投げられてしまったんです。初めから様々なobjectionは有った筈なんですが、国民自らが選んだ代議士が、選んだ道です。派兵、派兵と皆さん仰いますが、「自衛官」は「兵」ではありませんし、占領軍の「援軍」として行く訳ではありません。
とありますが、一つづつチェックしてみます。
確かに高度な政治判断であり、国民も選挙に対してこの件をどの様に理解していたのかは判りかねます。確かにシーザーの言葉では有りませんが賽は投げられたのは事実です。自衛官は兵ではないと言う所は小生は危惧の念を持ちます。と申しますのは、あの中国や韓国はそう理解していないのが丸見えだからです。彼らは彼ら為りにこの自衛官と兵を上手く使い分けをして来ますが、日本人が其れに対して不用意に答え過ぎるきらいが有ると考えます。

それ故に自らが問答の其処に沈み行く事がかって有ったのではないでしょうか。いずれにしても私は、何気兼ねする事無く、自衛隊は軍隊で良いと思います。そうして憲法をその様に、国民にも理解出来る様に変えるべきでしょう。憲法解釈論はもう古い論法であり手法かと思われますが。

これからは有事法制も出てきましょうから国民に分り易く表現し、語句の理解や解釈により異なると言う前例は踏襲して欲しくないものです。
また、対支那ODAよりも云々はその様に思います。八紘一宇という字は懐かしさの様な感覚を覚えます。決して諸手を上げて賛成ではありませんが云々はそうですね、と賛同できます。そして終わりに、彼方様と一介の学生さんと、そして私と三人で派遣される諸官の御武運を祈りましょう。

取敢えず私の偽らざる気持ちを書き込んでおきました。まだまだ相通じるかどうかは疑問ですが之にて投稿致します。それでは。


1661.天皇制廃止を
名前:マモー 日付:11月16日(日) 8時24分
唱える人達がいます。
僕は大反対です。僕は若造であまり学が無く難しい事はよく分かりませんが
皆さんの御意見を聞かせてもらえないでしょうか?
よろしくお願いします。


1660.続 福島が党首に
名前:K.N 日付:11月16日(日) 1時21分

やはり福島が選ばれましたね-衆議院の横光・阿部は反発している
ようですが(大いに結構なことで)この二人は、もしかすると
民主・横路一派と合流する可能性があるのかも・・・

昨日の読売新聞・社説<社民党の退潮は時代の流れ>に「時代の
流れに反して、護憲・平和を唱えつづけるのなら、来年の参議院
選挙でも負けるだろう」とありましたが、当然なことですね。

ついでに、朝日・毎日・TBS・テレビ朝日・NHKにも退潮
してもらいたいです。


 1659.土井たか子の名誉挽回は北朝鮮にいる拉致被害者全員の奪還(スサノオさんへ)
名前:forest(管理人) 日付:11月15日(土) 22時31分
管理人のforestです。ありがとうございます。アクセスが10万になった日は一つの節目となる記念日になりましたね。なんせ日本売国党(笑い)の党首であらせられた土井たか子が辞職された日ですから。こんな嬉しいニュースを聞いたのは久しぶりで慶賀にたえませんが、次がいけない。あの中核派の福島ですか。これは土井も驚く中核派の集会で挨拶をするような反日派弁護士です。これで社民党の先は見えて来ました。でも土井たか子の名誉挽回には北朝鮮に乗り込んで拉致被害者全員を奪還してくることです。そうすればまだ再起の望みがあるかもしれません。それより北朝鮮に行ったらそのまま亡命してしまう可能性の方が大きいでしょうか。


1658.ここで、社民党に関する考察
名前:テンポ 日付:11月15日(土) 21時55分
社民党凋落の原因は、ここ一年の北朝鮮拉致問題に対する同党の対応や辻元清美の逮捕が、決定的なダメージになった事には皆様異論はないでしょう。
そして、mumu様ご指摘の通りに阪神大震災における対応の不手際も、同党のイメージダウンに繋がったのも事実でしょう。

しかし僕は、社民党の凋落はそれ以前から既に始まっていたと考えています。

いわゆる「55年体制」のもとで、当時の社会党は労働組合を支持基盤として自民党に対抗する勢力としての存在意義がありました。
しかし、その労働組合が団体再編とともに、本来の目的である労働条件の改善といった実利を重視する様になり政治闘争からは距離を置く様になってきた。
それが社会党の本当の凋落の始まりではないでしょうか?

ここで話はそれますが、民間の労働組合はこの時流の変化にうまく反応したようですが、いわゆる親方日の丸の労働組合はそうではなかった様ですね。
国労の様に、政治闘争に明け暮れた末に自らの住処まで潰してしまった所もありましたし。

話を戻しまして、労働組合という後ろ盾を失った社民党が次なる支持基盤として市民団体に眼を付けたのは必然だったのでしょう。
土井たか子が党首に就任してから、その流れは明らかでした。

新党首に就任するという福島瑞穂は、市民団体との連携を重視する姿勢を変えないそうですが。
果たして社民党の言う市民とは一体誰なのか?
社民党に投票しなかった人達は、ごく普通の市民ではないのか?

”夢見る乙女”と言えば聞こえは良いが、もはや50歳になるという、弁護士という地位もそれゆえの分別もあるであろうはずのお方が、所属する政党が普通の市民からNOを突き付けられた厳しい現実を認識出来ないとは。

僕が思うに社民党は、恐らく(じゃなかった、確実に)来年の参院選にて大敗するまでの命運でしょうね。
あるいは、福島がアメリカの公式刊行物においてテロ組織と明言している、中核派のお抱え弁護士である故のスキャンダルが明らかになるのが先か?

いずれにしろ、今後の社民党の(崩壊への)動きを、楽しみにいたしましょうか。
それでは!


1657.mumu様。
名前:スサノオ 日付:11月15日(土) 20時22分
現外相ですが、所詮は酒屋の番頭ですから、首相も議員バッジのない閣僚の登用をやめれば、支持率上がるかもしれませんね。


1656.そうですかね?
名前:mumu 日付:11月15日(土) 19時46分
1655の書き込みにある

>イラクに使う金があるなら不況対策にあてるべきです!
>内治優先!!

に、一部だけは賛同出来ると思いますが(偉そうな言い方で、悪しからず)金額が大きいかどうかは個人によって捉え方も違うでしょうから、支援するという観点で行けば、私は中国なんぞに奪い続けられるだけのODAを綺麗さっぱりと全部廃止にし、それをイラク復興に当てるというのは大賛成ですね。

いずれにしても中国への貢ぎ金を全額やめ、それを不況対策にあてれば日本にとっちゃ一石二鳥どころか三鳥くらいにもなりそうですしね。
何せそのODAから中国側が北朝鮮へ何らかの形で援助をする部分が捻出されてるそうですし、てことはODAをやめてしまえばそっちの方からも経済制裁が仕掛けられる訳ですし、日本からの援助を絶たれた中国が今後軍事に廻せる金額も減って、核開発にも支障を来して世界規模で良い方向へ向かえるでしょうし、そして何より日本の内政にとっても無駄金を使わずに済むことになりますからね。

ただ、あの能無しの外相じゃそんなことを望んでも無理な気がするのが、残念でならないですけども・・・
色々あるでしょうが、私個人としては現総理を全面的に支持出来ない理由の大きな要因のひとつに、閣僚の中でも最重要ポストのひとつであるはずの外交部門?に、前回から引き続き無能どころか、当に害にしかなりそうにない人材ばかりを登用する点に、どうにも合点が行きませんし、我慢も出来ないというのが本音です。
郵政関連のことにしゃかりきになるのも結構ですが、それよりは外交関係の諸問題の方を優先するのが筋だとも思うんですけどね。
それこそ無駄金を浮かせるのが主目的の民営化を主張するなら、対中国のODAなんぞは、その最たるもののはずだと思えてならないので。
日本国内のことなら無駄に見えても、まだどこかに利潤を追求出来そうな感じもしますけど、ODAは文字通り金銭を破棄してるも同然の無駄そのものでしかないことは、今更言うまでもないでしょうしね。


1655.イラクに
名前:マモー 日付:11月15日(土) 17時55分
使う金があるなら
不況対策にあてるべきです!
内治優先!!


1654.日本再生倶楽部のS.S様へ
名前:forest(管理人) 日付:11月15日(土) 12時32分
S.Sさん、本当にお久しぶりですね。forestです。開店から約1年8カ月でアクセス10万とは私も驚いています。こんなに多くの方が私の拙文を読んで頂けるとは驚くと同時に嬉しいです。最近はボケがやや来ておりますが、反日派を叩きつぶし、日本が素晴らしい世界に誇れる国になるように頑張るつもりです。またサイトのアクセスが100万になるころには反日派が一掃されていることを念じております。では貴サイトのご発展を心から祈っておりますので、今後ともよろしくご指導のほどよろしくお願い致します。


1653.私の主張「土井氏の辞任」を読んで
名前:Si 日付:11月15日(土) 12時12分
まったくその通りと思います。「北風」に吹かれて議席の2/3が
消し飛びましたね。
ただし,社民党のみが悪いのではなく,共産,公明も似たり寄ったり
だし(彼ら同士の泥試合は見苦しかった)
民主,自民も全体ではないにしろ土井氏に対し大きなことを言え
ない方はかなりいるのではないでしょうか?
(野中氏,管氏等々)彼らは社民党を「北風よけ」にしていたように
見受けられます。
公明党が前に社民党の拉致への対応を批判した際に,社民党は
「公明党に言われる筋合いはない」と言ったそうですがまったく
そのとうりではないでしょうか?(別に社民党の肩を持つ気は
ありませんが)
社民党にばかり気をとられずに,頬かむりしている連中に対しても
厳しく監視し声をあげ,最終的には社民党に続いて政治の場から
退場させたいと思います。


1652.イラク国民は日本の支援を求めている
名前:磐余彦 日付:11月15日(土) 2時47分
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20031113id22.htm
読売新聞の記事です。


1651.自衛隊派遣について
名前:一介の学生 日付:11月15日(土) 2時22分
 まずは、forest様、100k(10^5)HIT、誠におめでとうございます。

 桑原様。私は、自衛隊の派遣は、イラク人と戦争をするためではなく、イラクを復興させるためのものと認識しています。たとえアメリカの尻ぬぐいだとしても、日本人として、イラクを見捨てるわけにはいきません。(復興はアメリカ主導ではなく、国連主導で行ってほしいですが…)
 また、以前も似たようなことを発言しましたが、アメリカは、大義無き戦争で利益を求めますが、日本は憲法を使って、戦争参加を拒否してきました。湾岸戦争ですら拒否しました。となりのK国とは違います。日本は利益のための戦争行為には絶対に参加しません。
 
日本は戦争は行わず、他の方法で世界の平和と安定のために国際貢献する国

 イラク復興とテロリストの巣窟とさせないために活動する自衛隊は、日本人にとって誇りとなりましょう。
 資金援助など、納得できない点も多いですが(中国へのODAをやらずに、まわすべきです)、イラク派遣は行うべきと思います。
 「家族に扶養されている程度の若造が」と思われるかもしれませんが、ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。


1650.管理人様。桑原様。そして皆様。
名前:スサノオ 日付:11月15日(土) 0時41分
管理人様。100,000HITおめでとう御座います。仰るとおり次期社民党々主は福島ですね。このア・・・(失礼!下品でした)女は、「瑞穂」などという我国そのものを指す言葉をその名に持ちながら、中核派に籍を置く反日弁護士です。しかも、メディアでは「妄言」を繰り返す責任感のかけらも無い「く○れマ○コ」です。しかし、奴夷の小母さんだから付いて来た、全国の支部党員は如何でしょうか?彼等は筋金入りの論客です。福島あたりのプチ小母さんに操れる訳がありませんね。

桑原様。実際に高度な政治判断が必要だったことは否めません。しかし、既に「賽」は投げられてしまったんです。初めから様々なobjectionは有った筈なんですが、国民自らが選んだ代議士が、選んだ道です。派兵、派兵と皆さん仰いますが、「自衛官」は「兵」ではありませんし、占領軍の「援軍」として行く訳ではありません。
詭弁だと仰るやも知れませんが、あくまでも「復興支援」であります。道路復旧、インフラ修繕。訓練された自衛官諸官が直向に努力する姿は、国土を陵辱されたイラクの人々の「心」を打つことを願って止みません。支援に関して言えば、「対支那ODA」よりも意義はある!と私は思います。大義ですか?それこそは我先達が「国是」とされた「八紘一宇」の崇高な精神ではありませんか!?若輩が生意気なことを申し上げて申し訳ありません。決して「諸手を上げて」賛成ではありませんが、せめて、派遣される諸官の「武運」を祈らずには居られません。

皆様。我県で眠腫の選挙違反が摘発されました。なんでも民腫候補支援のNPO代表女性が「未成年者」に、スーパー・マーケット前でマニフェスト配布と支持を呼びかけさせ、謝礼(\3,000程度)まで払ったと言うんです。田中・ぺログリ・康夫知事は、元来。無党派を強調して、先の知事選。議会不信任による出直し知事選と圧倒的大多数の得票で当選してきました。しかし、今回の選挙では奸に「大臣ポスト」を用意させ?「首都圏で、片道2時間も通勤してる方々よりマシ!知事と大臣は通勤によって兼務できる」などと言い放ち、一部県民と議会の大多数から失笑を買っています。また、知事就任以来。鳴物入りで設置され知事シンパの職員のキャリアといわれた「経営戦略局」の局長が長期入院で交代される事態になってます。それはさておき、しかし、子供まで動員して配布しておきながら、政権党に成れなかったと。いとも簡単に「白紙撤回」するような党に政権を取らせなかった国民の民意は低くありませんね。奸は「我儘なガ○」みたいで・・・子は親の鏡と申しますが、○太郎でしたっけ?奸の倅は?やはり奸の倅でしかない・・と。おかしくなってきてますよ。


1649.既に崩壊は昨年9月よりも前に
名前:mumu 日付:11月15日(土) 0時7分
始まっていたのに、奴夷も捨明党も気付かなかったのか、拉致問題と同じようにあからさまに意識的に無視したのか、奴夷が地元から見放されるきっかけになったのは、何と9年近くも前のあの阪神・淡路大震災の時が最初だったと見る向きもあるのだとか。

近年において未曾有の大被害をもたらした震災の時に、弱者の味方であるはずの奴夷は精神的な援助をするどころか、地元に寄り付きさえしなかったことは皆様も既知のことでしょう。
有権者はそのことを決して忘れてはいなかったのだそうです。
それに比べて、天皇・皇后両陛下はいち早く駆けつけられ、なかんずく皇后陛下はお手ずから摘まれた水仙の花を贈られたとか、そのことでどれだけ被災者の皆様が元気付けられたかは、その時皇后陛下が献花された水仙の名前にちなんだ通りが出来たことでも充分伺えることだと思われます。

いくら口先で綺麗事をほざいたところで、行動も実も伴ってなければ胡散臭いし白々しいし、政治家としてこれ以上無いくらいの無責任さの方が遥かに目立つことくらい、およそ“普通の人間”なら常識として知ってなければならないことすら、奴夷を初めとする捨明党の馬鹿共はついに理解することなく終わることになるんでしょうなぁ。


1648.10万アクセスおめでとう御座います。
名前:S.S 日付:11月14日(金) 23時35分
forest様。

 大変ご無沙汰致しております。日本再生倶楽部のS.Sです。
遅ればせながら、貴サイトのアクセス10万ヒット!おめでとう
御座います。

 貴兄の心に訴える真摯な論説に、多くの共感者が賛同した結果
だと思います。私も貴兄に負けぬよう、努力をしていきたいと思
います。これからも宜しくご指導願います。

 先ずはお祝いまで。
http://www.nippon-saisei.com


1647.これは大義無き戦いではないのか?
名前:桑原洋一郎 日付:11月14日(金) 18時3分
今一度イラク戦争を考えてみるといいだろう。我々と同じ大和民族がイラクへ戦後初めてのおおびらな派兵であろう。小泉氏の策謀であると思う人、否これが国として当然と言う人色々居る。それを承知でここに掲示する。

10月24日
日本、50億ドル支援を正式表明 イラク復興支援国会議
--------------------
マドリードで開かれているイラク復興支援国会議は2日目の24日、閣僚級会合で約70カ国と国際機関が復興のため拠出する資金額を表明した。川口外相は07年までの4年間に、無償、円借款の双方で総額50億ドル(約5500億円)の支援をすると正式発表した。湾岸産油国も計20億ドルを超す支援を公表し、総額は少なくとも330億ドルに達する見通しだ。

その3分の2を日米が占めることになる。川口外相は演説で「イラクの再建は、我が国を含む国際社会の平和と安定のために極めて重要」と述べた。無償援助の対象について「電力、教育、水・衛生、保健、雇用等イラク国民の生活基盤の再建及び治安の改善に重点を置く」と説明。円借款など有償については「電気通信、運輸等インフラ整備も視野に入れる」と明らかにした。 
日本は50億ドルの表明により、最大203億ドルの貢献方針を示す米国に次いで、世界第2位の突出した拠出国となった。
【全文掲示】
 http://www2.asahi.com/special/iraqrecovery/TKY200310240357.html
--------------------------------------------------------------

諸君よ、諸君の納めた税金がこれからイラクで使われる。殺人のようなものに使われるのかどうかも良く解らないでいるという。これで良いのか、ましてや、イラクはあの時のベトナムの道を歩み始めたといえるのが現実である。
どうにもならず米国はニクソンが撤退を指令した事をまさかお忘れではないであろう。此の儘でも良いのか?本当に良いのかと聞きたい。
----------------------------------------------------------------
大義高徳の有る戦争であればだが今回のこの戦争は大義も高徳も日本に
は無いであろう。今頃になって国民が言う前に、この一点を主張しても勝てた民主党の候補者や支持者には少しだけ期待はずれだ。 政治は世の流れを的確に掴む事からである。邪見に人を貶す所には、何ら建設的な意見も生産的意見も出ては来ない。 そういう事を弁えて前便ではマニフェストならぬ中長期の政治展望を各党が示すべきだと言ったが、横からチャラを入れる輩が居たのには、この掲示板のレベルの低さに驚いた。
----------------------------------------------------------------
かって日本の首相で犬養首相が、浜口首相が殺害されている。夫々社会情勢は違うが小泉氏の暗殺が有るとすれば、経済的に明るさが見えないな点で浜口氏の近く、戦争に格好をつければ時の犬養氏と同じ様な運命か?
----------------------------------------------------------------
ここで今し方、私の所に、《小泉総理は戦略研究所の方々を呼び、イラク戦争の件に付いて話し合いを始めた》という事である。小泉氏も指導者としての、大義をどこかに求めているようだ。心は大きく揺れ始めてきたのだろう。所詮吹溜りが集まる所からは総理の心は動かし得ないのであろうか? 残念だ。
-----------------------------------------------------------
私はまだ釈然としない。国民を守る為には、軍備や軍隊を持つ事には反対をしないが之はどこに大義が有るのかいっこうに解らない。この件に関してだけは民主党が正しいと言えるだろう。小泉氏が今一度考え直して止めることは国際問題にも為りかねない。彼方此方で混迷するイラク問題と言い放つ無責任なマスメディアの輩たち。真に悩め、苦しめ、といいたい。


1646.どこかで不安が
名前:桑原洋一郎 日付:11月14日(金) 17時51分
人選ミスはもう許されないとは、私が今回の選挙前に声高に言ってきたのだが、結果的には充分にその意見が浸透はしていなかった様で誠に残念だ。私も衛星の件で急用が出来不在者投票をして海外に任務遂行の為に赴いた。しかしながら後任引継ぎ者が充分にその意図を理解していなかった事は国家存亡の秋であるからこそ、誠残念でならない。

さて、選挙の結果は如何であろうか?ここに一つ二つを述べてみよう。
「改革=自民」「マニフェスト=民主」「年金改革=公明」「憲法改悪反対=共産」「護憲=社民」。これが今回の衆議院議員選挙における各党の色分けであった。更に各党の触れ込みと言ったものがまだ国民を得心させるものではなかった。つまり今回の総選挙で各党が、国民に問いかけるテーマも、国民からの答えも実に意味不明であったといえる。

自民党はイラク問題をした隠しに隠し続けた。民主党も追及するべきを矛先を間違えていた。そこで我々国民は、各党が「政権公約」を掲げている具体的な数値目標やその実現期日を心に示し、人物を厳選しその後も公約が実施されているかを監視を続ける事だといえます。 各党が提示した資料をもとに、「政権選択」を我々は問いかけられ、不満足ながら答えは一応出された。地域によっては、多少の人選ミスは許されたようだが、引き続き瀬戸際にきている事には間違いないのだ。

そして来年の参院選に、またしても人選ミスをするならば、この国の復活は殆んどが絶望の道を歩くに違いない。かって米国の大統領に就任したジョン・F・ケネディーはこう言ったではないか。国家が諸君に何をしてくれるのかではなく、諸君らは国家の為に何が出来るかであると。
無論取捨選択は我々の総意であるが、今こそこの言葉の意味を噛み締めてみるべきかも知れない。今こそ我が国家の危急存亡の秋だから。
そして来年の参院選挙こそ、再び人選を間違えない為にも。
もう一度言う、人選ミスを許せるほど国家と国民にゆとりは無いのだからして。

国民の皆さんの一層の奮励と努力を、そうして適切な判断を求めてやまない。 以上。


1645.社民党・土井たか子の党首辞任に思う(テンポさん、K.Nさんへ)
名前:forest(管理人) 日付:11月14日(金) 16時27分
管理人のforestです。ご訪問ありがとうございます。とうとう10万ヒットとなりました。こんな硬派なサイトに多くの方が訪問されるとは私も驚いております。最近来ましたメールに、「もっと早く知ればよかった」とか「主張のひとつひとつ読んでそうだそうだと膝を叩いていて痛くなった」とか言われるとこちらまで嬉しくなります。これからも切れ味が鋭い主張やコラムを書いていきたいと思っております。

昨日10万ヒット達成の日に土井たか子がついに党首を辞任しました。二つの喜びがあった思い出に残る日となりました。土井たか子辞任の主張をいつ書くことが出来るかと待ちに待っていたのですが、ようやく今日一気に書くことが出来ました。普段から、社民党と土井たか子は、批判しなければならないことばかりですから、その怒りを主張にぶつけました。
今日アップしたのは
私の主張 
第190号 社民党・土井たか子の党首辞任に思う。
~「だめなものはだめ」の「だめなもの」とは社民党だった~
です。

これで、社民党は解党となり再起はないでしょう。また偏向マスコミも同じような末路を辿るのではと期待しております。社民党が終焉を迎えたのは多くの良識ある国民の声です。偏向マスコミは民主党を応援している報道が目立ちますが、社民党の残党がいる民主党を応援して分裂させ、旧社民党勢力が再び再起することをねらっているのではと思っております。今度の選挙での民主党の躍進は偏向マスコミの報道によるもので、社民党の衰退は本当に正しい国民の声です。社民党の拉致事件への対応や辻元の逮捕あたりから、偏向マスコミは、土井たか子が辞任する方が社民党の再起になるという主張をして、土井たか子を切り捨てて、社民党を何とか存続させようとしていましたが、土井たか子は辞任しなかったので、社民党を棄てて今度は民主党を応援する報道をするようになったのです。
社民党の犯した罪も偏向マスコミのそれも大きいものがあり、左翼イデオロギーは破綻したと言ってよいでしょう。
土井たか子は、そのうち議員辞職するでしょうが、老後はどうするのでしょうか。すでに北朝鮮から連絡が入っていて、その時は潜水艦や工作船で密かに日本を脱出して、北朝鮮で腹の出た金サンと喜び組の踊りを見ながら、地上の楽園を楽しんでいると思います。

新党首に福島瑞穂幹事長?極左暴力集団の中核派弁護士が政党の党首ですか。最悪最悪。すぐダメになることは目に見えています。まあお手並みを拝見しましょう。
ではまた。


1644.福島が党首に
名前:K.N 日付:11月14日(金) 16時3分

管理人様 10万ヒットおめでとうございます。

社民党の新党首に中革派福島が選ばれました。昨日のテレビインタビュー
で「護憲を主張して行く(まだ目が覚めないのか)。市民とネットワーク
をつくっていきたい」といっていましたが、彼女のいう市民ってプロ市民
(左翼市民団体)のことだと思います。

一般国民は、すでに社民党のことを見限っていますよ。

元自民党の江藤隆美も「戦後教育などに害悪を流しつづけたのが
社民党(旧日本社会党)である」といってました。ごもっともな
御意見で同感ですね。


1643.すみません
名前:テンポ 日付:11月14日(金) 13時10分
下記の投稿にて、慣れないタグ設定を使ったせいにて、
レイアウト上お見苦しい点がございますが、どうかご容赦ください。


1642.10万ヒットおめでとうございます
名前:テンポ 日付:11月14日(金) 13時5分
管理人様へ、改めまして10万ヒットおめでとうございます。
どうかこれからも、毅然とした態度にて主張を続けてください。
これからも常連の”端くれ”として、サイトのさらなるご発展を願っております。
(とはいえ、くれぐれもお体だけはお大事に・・・・)

話は変わりまして、ついに辞任しましたね、土井たか子。
最も僕は、むしろ遅すぎたと思いますが。
(今思えば、辻元が逮捕された時からマスメディアが一向に辞任を迫らなかったのも不思議だ。
森前首相が就任した時には、執拗に辞任を迫っていたのと同じマスメディアがねぇ)

社民党(そして共産党も)先の総選挙にて敗北したのは、激変する国際情勢の変化を読み取れず、
何かにつけて”はじめに日本国憲法ありき”とばかりに権力側を批判する、
いわゆる「護憲・平和勢力」が・・・・

「反日カルト集団」(怖っ!)

であり、彼らこそがまさに我が国の平和と安全を脅かす存在である。
そう言った事が徐々に認識されつつある事の証明であります。

改めまして管理人様、そして常連の皆様へ、
もはや大多数の国民からそっぽを向かれたであろうそんな輩が、
一刻も早く我が国から消え失せる様に、我々心ある日本人は主張して行きましょうや。

今後とも、どうか宜しくお願い申し上げます。


1641.ポスト土井は誰か?
名前:三菱F-1 日付:11月14日(金) 1時17分
大方福島瑞穂か横光克彦か…まあ福島でしょう。
プロサヨクの面々にとっては一番安心できる人間ですからね。

余談ですが横光克彦議員の顔写真を見てどっかでみたことがあると思ったら、なーんとまあ、「特捜最前線」の紅林刑事ではあーりませんか(歳がバレバレ)!
懐かしや懐かしや…


1640.アクセス10万達成の良き日に嬉しいニュースが飛び込んできました。
名前:forest(管理人) 日付:11月13日(木) 23時36分
作為さん、しんしんさんご訪問ありがとうございます。
本日、土井たか子の辞任という嬉しいニュースが飛び込んできましたが、この日が来るのを待ちに待っていた思いです。こんなに嬉しいことは最近ありません。人は引き際が大事です。どうかお体に注意され余生をお過ごし下さい。ところで土井たか子は社民党の党首は辞任するが議員辞職はしないのでしょうか。潔く責任を取られた方がよろしいと思います。議員に止まれば批判をされ続けるでしょうから健康にも良くありません。若くはないのですから、よ~く考えて下さい。

ところで私にも嬉しいことがありました。サイトのアクセスが10万ヒットとなりました。これもご訪問される皆様の励ましがあったからと深く感謝しております。これからも反日日本人が一人でもいなくなるように手を緩めず頑張っていきたいと思っております。
皆様、今後ともよろしくお願い致します。


1639.祝!10万HIT&土井たか子の党首辞任
名前:しんしん 日付:11月13日(木) 21時53分
管理人さん、10万HITおめでとうございます。
多くの人が共感できるコラムを続けた結果ですね。
これからも頑張ってください。ヽ(´∀`)ノ
キリ番はゲットできませんでした。(つД`)・。

よいことは続くもので、ついに土井たか子が党首を辞任しましたね。
ついでに日本人もやめて、北朝鮮(中国でもよし)に亡命して欲しいです。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20031113it04.htm

良くも悪くも、土井以上の人間はいませんから、社民党の解党も時間の問題でしょうね。
北朝鮮と社民党、どちらが早く崩壊するでしょうか?
民主党に吸収されるのではなく、朝鮮労働党に吸収されて欲しいです。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/3906/


1638.祝いアクセス100000!
名前:佐為 日付:11月13日(木) 21時42分
forest様
日本人よの佐為ジジイです。
アクセス10万おめでとうございます。
これからも切れ味のいい弁を期待しています。(^^)
http://www.mars.dti.ne.jp/~saitota/


1637.補足
名前:疲れ目 日付:11月13日(木) 18時38分
 下記の投稿の趣旨が、「武力で拉致被害者を奪還せよ」と思われても困るので、少し付け足します。

 北朝鮮は、金正日への中国の援助がある限り、餓死者の山を築きながらも、存続する可能性が高い。
 日本は交渉によって被害者を取り戻すにしても、「いざというときには、日本は本気になって被害者を取り戻しに来る」と思わせるものがなければ、北はとうてい要求に応じないだろうという趣旨です。
(連続投稿、済みません)


1636.再び、NHKと、自衛隊のイラク派遣について(1)
名前:疲れ目 日付:11月13日(木) 18時17分
 NHKが、なぜ米軍を攻撃する主体について、まったく報道をしないのか。
 なぜかといえば、攻撃する主体が、アルカイーダをはじめとする国際テロリストと、フセイン独裁政権の残党と、凶悪犯罪者の三者と見積もられているからだろう。
 米軍を攻撃する勢力がこの三者だということを報道ではっきりさせると、一つには、「日本が自衛隊を派遣するかどうか」は、「日本が国際テロリストとの戦いに屈するのか」どうかを国民に迫ることになる。派遣しないとなれば、日本はテロリストの脅しに屈したことになるので、自衛隊をイラクに派遣したくないNHKとしては、誰が米軍への攻撃を行っているかについては、報道したくないのだろうと思う。
 もう一つ、フセイン独裁政権がいかに残虐な行いをしてきたかについて、NHKはなぜか、このフセイン政権の残虐性にも焦点を当てようとしない。
 以下、首相特別補佐官の岡本氏の記事から抜粋する。(中央公論11月号より)
「テロリストの目的は、イラクに混乱を起こしてアメリカを撤退させることです。・・なぜ、イラクを支援しなければいけないか。人道上の配慮ということ以上に、イラクを破綻国家にしてはいけないからです。破綻国家はテロリストの栄養になる。アルカイダたちは、かつてのソマリア、アフガン、イエメン、ソマリアなどから栄養を吸って強大な組織に膨れ上がっていった。米軍の撤退によってイラクが破綻国家になれば、そこからテロが輸出され、世界が不安化します。イラクのように国中に武器があふれ、莫大な石油資源のある国がテロリストの基地になったとき、世界はどうなるか。だからイラクを法秩序のある国にして、穏健な人たちの手に戻さなければいけないのです。
 それから、アメリカは間違った戦争をしたのではないかということについて。
 たしかに僕も最後まで武力行使は何とか避けられるのではないかと願っていました。しかも、アメリカは大量破壊兵器の恐ろしさを訴えて戦争に入ったけれども、まだ見つかっていない。それで僕も迷いました。・・ところが、イラクに何度か行くにつれて思いを強くしたのは、サダム・フセインと言う人が、希代の悪人であるということです。
 ヒッラという町で 米軍の部隊長が話をしてくれたのですが、そこの集団埋葬墓地を掘ったら、3000体の遺体が出てきた。しかしその下にさらに1万2000体埋まっていることが分かって、どうしようもなく、その3000体をまた土に埋めたそうです。そういうところがイラク中にあるのです。フセインが何十万人の人間を殺戮したか分からない。
 また、ハラブジャという人口7万人のクルド人自治区の町へ行きましたが、1988年にフセインはそこに化学兵器を数十発打ち込みました。短時間に7000人が死に、さらに1万2000人が3日以内に死にました。犠牲者はすべて一般市民です。この町だけでなく、その周囲の200くらいのクルド人村落がやられている。フセインは、その化学兵器を廃棄した証拠を国際社会に示すことを拒否した。
 つまり、大量破壊兵器を持っているのではないかという疑いではなく、実際に使用した事実が厳然と存在するのです。イラン・イラク戦争の時も、イラン兵5万人を毒ガスで殺戮した。ハラブジャの惨劇を見ると、やはり国際社会はあの国家をそのまま放置してはいけなかったのだと、改めて思いました。
 アメリカがやったことすべてを手放しで支持するつもりはありません。しかし、サダム・フセインや、ウダイやケミカル・アリが統治し続ける体制を武力を用いてでもアメリカが除去しようとしたことは仕方がない。そう考えることに関して、いま僕に迷いはありません。」
(2に続く)


1635.再び、NHKと、自衛隊のイラク派遣について(2)
名前:疲れ目 日付:11月13日(木) 18時15分
この、旧フセイン政権の残虐性を、なぜNHKは、きちんと報道しないのか。
 報道すれば、「極めて残虐であったり恐怖政治を敷いていたりする独裁政権に対して、日本は民主主義国家としてどう対処していくべきか」という、NHKじたいが考えたくない、NHKの思考回路ではそういう質問じたいがあってはならないような質問を、視聴者に問うことになるために、報道しないのだろうと思う。
 NHKは、自衛隊が重要な役目を果たすような外交を、解決策として、最初から排除している。だからこそNHKは、「日本はテロに屈するのか」といった論点や、また、「残虐な独裁政権下で苦しんでいる人」には、独裁政権に殺されたと思われる数十万の遺体をも含めて、まったく焦点を当てない。
 しかし、日本の現状を考えると、日本はテロを国家事業としている国に、テポドンや核で恫喝され、さらに、三桁と言われる日本人が拉致され、抑留されたままになっている。日本はこの国のテロに屈するのか。あるいは屈しないで闘い続けるのか。
 日本は、ほかの多くの国々と違って、今まさに、日本にテロを働いた国と外交で闘っている。つまり、この先にはさらに、もっと大きな安全保障上の難問がある。
 日本は、どのようにして、北に抑留されている大勢の日本人を取り戻すのか。
 もし、テロリストが活動しているからという理由で自衛隊をイラクに派遣できないとすれば、憲法改正されても、北朝鮮に自衛隊を派遣することは不可能だ。それでは、どうやって拉致された日本人を取り戻すのか。日本は、テロに屈するのか、屈しないのか。


1634.二大政党制について
名前:K.N 日付:11月13日(木) 17時53分

私も、簡単に二大政党制にはならないと思います。

民主党も自民党以上に内部に色々な分子(愛国から極左まで)
抱え込んでいるので、菅・岡田がなにかしくじりをやったら
分裂するのではないでしょうか。それとあの小沢がいつまでも
一兵卒でいるとは思えないのですが。


それにしても小泉首相は、河野洋平を国会議長に祭り上げるとは
なかなかのものですね。


1633.我が国はイラクへ行くべきか?
名前:桑原洋一郎 日付:11月13日(木) 15時42分
こういう投稿を見たので転載する。

イラクは実質まだ戦争中だ、国民よその目を海外に向けよ。
これで良いのか、イラクの地獄を、ベトナム化を。日本人はこの事実を正視せよ。声を上げよ、行動を起こせよ。出来る範囲で我々は平和を追求しよう。

国民が選挙選挙の結果に舞い上がる様に見える昨今だが、そこには選挙の争点としてイラク戦争問題を取り上げようと呼びかけたが賛同者が余りいなかった。否、いないと心配して来たのが本当だ。 

私はここに再び、イラク戦争を提起したいと思う。戦争当時よりもブッシュ大統領が終結を宣言してからの方が兵士の死者が多いという実に変な現象が続く昨今である。つい先日、小泉首相は「復興支援、人道支援のために行く事は日本国憲法に妥当で有ると言い放った。誠に栄光の極みと言わんばかりである。

戦争に行くということとまったく違う」と強調した。だが、自爆テロが首都以外にも飛び火しているなかで「非戦闘地域」をどう選ぶのか。お金もたんまりと出してアメリカのご機嫌取りをした。この国の実情を何と思い何と見るのか? 小泉のやり方は腑に落ちないではないか。

民主党は小泉首相が言う派遣に反対する。だが、民主党政権ができて派遣をやめれば、代わりに何をするのかを迫られる。小泉首相よりもたんまりとお金を出すよ、という気だろうか。 それらに十分答えてこそ、説得力は増すのだが、此の侭ではただ反対の為の反対だ。菅氏のお得意の奇弁が続出か。 

戦後の混乱が長引くなかで、米国ではこの戦争そのものの是非が来秋の大統領選に向けた大きな政治争点になっている。そもそも米国のイラク攻撃を支持した小泉与党。反対してきた野党。政権選択の総選挙にもふさわしい争点であった筈だが、しかしながらそれは争点にはならなかったのは残念だ。

寧ろ年金問題であった。もしも民主党がこの問題を主婦層に問うようにアピールしたら、きっと逆転は可能だ、、と思いもする。創価学会のご婦人達も共鳴をしてくれたのではなかろうか。

という事は日本国民が、国外に目を向けるほどのユトリが無いと言う様に思える。つまり、目は内側に向いていて、外に向ける余裕がない。自分の老後が心配でイラク問題を尋ねるだけの心にユトリが無いと言う実証だと私は思う。果たしてあなたは如何であろうか。やはり国外は後でしょうか。

最後に一言いうが、私は国防は反対はしない。軍備は持つべきである。しかし大義なき戦争への加担は許しはしないのである。

この方の意見は自民党にしても、民主党にしても頷けそうだと思った。

コメント

社民党々首は中核派のシンパ福島幹事長か

2003年11月14日 18時41分59秒 | 社民党
  社民党は、辞任を表明した土井たか子党首の後任に福島瑞穂幹事長を昇格させるようである。まあ誰が党首になろうとも社民党の再起もないだろうし、衰退の流れは坂道を転がりだした鞠のようであり止めることは出来ないであろう。党内では総選挙での敗北の責任は福島瑞穂幹事長にもあるとの声もあり、すっきり選出されることはないと思う。だが少ない候補者の中からの選出でしょうし、ごたごたしている場合ではないからぱっと決めて頂きたいと思っている。でも、それは無理であろう。

 総選挙での敗北の責任は福島瑞穂幹事長にもあると言って、辞任した土井たか子党首への批判の矛先を福島幹事長に向けてたとしても、その批判をする社民党員も同罪ではないか。総選挙での敗北の責任は批判する人にはないのかと言いたい。社民党の政策が国民からすでに支持されなくなっているのに、そんなことはないと思い、批判する人は社民党から公認を受けて立候補した訳であろうから、社民党の「護憲・平和」を掲げる政策は正しく、当選することは間違いないとの確信があった訳であろう。それで当選した人も落選した人もそろって党執行部を批判しているとしたら筋が通らない。

 社民党に所属する議員も、一般党員も、支持者も、なぜ党勢がなくなったのかを深く考えたことはないのであろうか。「社民党は言われなき批判を受けており、その批判に毅然とした対応できなかったのが敗北の原因である」と思っているのだろうか。それは自分たちの政策や主張は正しいが、それが誤りだとの言われなき批判が党勢をなくさせたと全部他人のせいにしているのだとしたら返す言葉が見つからない。反省だけなら猿でも出来ると言うが社民党には反省するということが出来ないのであろうか。

 党員ならば党の執行部を批判することなく、憲法と心中する覚悟を持っているのであろうから、福島幹事長がもし党首になったとしたら無理だと思うが、これを支えて党勢の回復に努力された方が良いのではないか。そんなに党の執行部のやり方を批判するなら裏切って離党し、民主党の菅代表のところか、共産党にでも顔を出し、お情けで拾ってもらえばと思う。

 福島幹事長は破壊活動防止法の要視察団体になっている極左暴力集団中核派のシンパであり、中核派が関係した集会に出席し、スピーチまで行った過去がある。福島幹事長の内縁の夫は。人権派弁護士として名高い海渡雄一弁護士であり、二人とも人権派弁護士と言いながら破壊活動を続ける中核派の逮捕された者への弁護活動をしているのである。ならば福島幹事長は公党の党首としては問題があろう。辻元清美の内縁の夫は赤軍派。福島幹事長はそれは中核派とは社民党にはこんな人材しかいないのか。これでは「社民党は日本破壊を企てている」と言われても仕方ないだろう。
(2003/11/14)

この記事は「今日のコラム」
社民党々首は中核派のシンパ福島幹事長か
としてHPに掲載されていたものです。

コメント