私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

掲示板 2009年7月分過去ログ (17091~17125)

2009年07月31日 23時45分34秒 | 掲示板過去ログ2009年分

17125.民主法案     
名前:ころっけ    日付:7月31日(金) 23時45分

@元慰安婦だと名乗り出た外国人に国家が謝罪と金銭の支給を行う「戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案」
http://www.dpj.or.jp/news/?num=11043
@戦時中の日本の加害行為を調査する「恒久平和調査局」設置
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/youkou/g16401027.htm
@外国の国籍を保有してても二重国籍を許可する国籍法改正
http://bbs68.meiwasuisan.com/bbs/bin/read/news/1248628521/l50
@日本在住の外国人への地方参政権付与
http://sankei.jp.msn.com/politics/election/090723/elc0907232004007-n1.htm
@韓国への1兆円以上の金銭譲渡
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK019753520081125
◎沖縄の3000万人移民政策&主権の委譲
http://www.dpj.or.jp/news/?num=576
◎製造業の派遣全面禁止(日本国内の会社が海外に移転)
http://diamond.jp/series/inside/09_07_18_002/
◎消費税15%
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-07-05/2009070501_01_1.html
◎日本の外貨準備金の放出(輸出企業の崩壊)
http://amaterus.jp/cgi-bin/news/patio.cgi?mode=view&no=9799
◎公務員の賞与・給与の増額
http://yawanews.blog82.fc2.com/blog-entry-1106.html
◎ゆとり教育の復活
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090725-00000082-mai-pol
◎北朝鮮に対し対話外交(北に物資及び金銭の援助)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090526/plc0905261915025-n1.htm
http://ameblo.jp/campanera/entry-10297090097.html
◎天下り全面禁止(退職した公務員を国が再雇用して、一生国が面倒を見る)
http://turenet.blog91.fc2.com/blog-entry-1716.html


17124.中共経済考 1     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:7月29日(水) 21時56分
 中共の経済発展の終焉を遅らせているのは、紛れもなく先進国だろうと思いま す。

 就中、日本は資本財の大口需要家が中共である事は否めない事実であり、世界全体の需要の収縮が止まった許りである現在から云えば、加工国家の急速なシフ トは成功しにくいと思われ、その事が中共経済の延命に寄与していると思います。

しかし、中共経済の危険性は、嘘八百の公的な数字も然る事ながら、その内部の複雑な政治構造に起因する事は、衆目の一致する処でありましょう、7つの政治 拠点、7つの経済区、7つの軍制区、7つの言語圏と、恰も7つの異なる国を一つに集合させた様な形で、中華人民共和国が成立していて居る様に見えるが、実 態は共産党が各軍を手懐けて支配しているダケというのが現実ではないだろうか。

巷間言われている、チャイナリスクの「複雑さ」とは何か、まず、共産党中央からして、「団派」と呼ばれる、純粋培養的な精子思想集団の共産党青年団と「江 派」と呼ばれる江択民元国家主席を中心とした、主に上海市出身の政治局員からなる利権集団の二派の対立・競合があったのが、胡錦濤現国家主席の暗殺未遂事 件(これを5・1事件と呼びます。)までであったが、この事件の後、命拾いをした胡主席は、自分の王国と噂されている四川・チベット方面に隠遁しますが、 不思議なことに、江択民がこの事件以後表舞台から消えたのです。

一説に拠れば、江氏は急性の重大な生命にかかわる病気を患って以来、虫の息とか、ITの帝王と呼ばれた息子も1000人の共産党トップリストからさえ抹消 されているから、事実上失脚したのと同じ状態になっている様です。

胡氏は、江派の混乱に乗じ、温家宝を抱き込み、加えて軍の支持を獲得して見事、復権を果たしました、その間、北朝鮮がミサイルをぶっ放したり核実験をやっ たりと、世界の耳目を引きつけていたのは、昨今と同じ現象ですね。

江派は番頭格の曾慶紅が実権を掌握しましたが、彼は、歴代共産党の幹部・軍の英雄の子息・郎党が、親の残した権力や名声をフルに利用して。恰も貴族階級の 如く振る舞っている、所謂、「太子党」の保護者でした。

太子党の特徴は、彼等の殆どが欧米の留学経験者であるということで、当然ながら、世界各地に居る華僑集団と連絡があり、その国の支配層と密接にコミットで きる独自のネットワークを持っているという点でしょう、例えば、米国筋ならブッシュ前大統領の弟は、エネルギー関連のアドバイザーとして大枚の年収で雇わ れていますし、今や台湾国民党総統の馬英九もつながりがあるとの噂が強い、しかし、気をつけなければならないのは、国民党は、元来、温州商人の宋家がスポ ンサーですから、バリバリの反日でしょう、つまり、太子党は、親米であっても親日ではない可能性が高い。

これ等の勢力の他に、明らかに軍を背景とした勢力が複数入り乱れているのは確かなのですが、内容までは判りません。

 日本にとって気懸りナノは、太子党と軍の関係です、軍は明らかに反米です、挑発行動は目に余るほど酷い、しかし、軍も7つの軍制区に分かれているのです から、一枚岩というわけでもない。

取敢えず、天安門事件後の綱紀粛正で活躍して頭角を現し、特別区とは言え、上海市の市長にしか過ぎなかった江択民が、国家主席まで登り詰められたのは、偏 に広東軍制区の協力にあると云われています、つまり、国民にも容赦がない、残酷なのでしょう。

是に対する胡氏のフランチャイズは前述の通り、四川・チベット・青海・雲南地区なのでしょう、つまり、内陸部です。

 中共ではご存じの通り、内陸と沿岸部の所得格差が尋常でない程あり、震災以後その格差は更に広がった事でしょう、沿岸部が内陸部を奴隷j化している様に も見えます、何れ大きな火種となるでしょう。


17123.中共経済考 2     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:7月29日(水) 21時55分
余談ですが、その震災の時直後に十万という軍団を震災の一番酷かった地域に投入していますが、決して、この地域が先端軍事施設の集積地であった事や、救護 や復旧の為ではなかった事が重要です、兵を動かしたのは当然、胡と温でしょう、彼らが兵を動かすのは、この機会に、主に少数民族で作られている反胡勢力を 一網打尽・根絶やしにしたのではなかったか、もしそうなら、彼らはどこまでも冷酷な人間である。

この様に、中共の内部は、力の微妙なバランスの上に成立していると言えましょう、表向きは共産党支配に異議を唱えるモノ等一人もいてはイケナイ国ですが、 権力をめぐる暗闘は凄まじいものが予想されます。

胡氏は軍の機嫌を取る為に、昇給、昇格に拠って、235万人居る軍の平均給与を2倍に引き上げています、しかも2年間で2回も。

 こんな魑魅魍魎の国がなぜまとまっているかと云えば、考えられるのはただ一点しかない、好調な経済繁栄状態を維持しようという点でしょう。
 
 図らずも、14億人の異民族同士が同じ価値観で何故纏まって居られるかと云えば、経済第一主義という、拝金教のお陰というワケですが、こんな話を日本も 米国も嗤える立場にはありません、唯、「地獄の沙汰も金次第」を地で行っている程というのが中共の在り様でしょう、そして、中共の経済的な破綻は実はもぅ 起こっていると言えるのではないか、ただし、それは民主的な支持で政治が成り立っている先進国レベルの尺度の話で、所謂、国利民福が念頭にかけらもない、 共産党という寡占支配層の為だけの機能する国の経済の在り様から云えば、共産主義者さえ儲かれば嘘でも本当でも構わないのでしょう。

 何れにせよ市場開放策を採って以来、全体主義的。専制主義的な傾向はさらに強まったと考えて間違いはないのですから、羊頭狗肉の印象はこれからさらに顕 著になってゆくでしょう。

 幾ら、工業化が進もうと中共の大衆の大多数は農民です。

  日昇って即ち耕し、日暮れて即ち寝る、帝力何処んぞ我に在らん

 そこには漂々として居る様で、しっかりとした農民の心意気が記されていますが、この歌が詠まれたのは、周代だと云われています、拝金教が横溢する様で は、こんな農民も今はきっと死に絶えているのでしょう。

 中共は何れ自壊するでしょう、中共が繁栄を続けられるには、内需が現在の数倍なければ無理だろうし、先進国が彼らを必要としなくなればそこで終わりで す。

 こういうチャイナリスクを考慮しないで将来の展望を語れる経済人は居ないでしょうし、居たら唯の無能です、問題はいつ手を引くか、どのようにして手を引 くかですが、代わりに挙げられているインドには別の問題が存在します。

 つまり、11億人の労働者層はチャイナと同じですが、インドはかつての日本の様に、やがて自力でオリジナルブランドを立ち上げ、やがて国際市場から日本 を駆逐する程成長する可能性があります。

 日本人の経営者層の中共贔屓の本音には、自力で資本財を生産するには、100年くらい懸りそうな中共と、凭れ合いうを続けたいという部分がありはしない だろうか。

 何れにせよ中共の自壊の際には、文革・天安門に劣らない悲劇が起りそうない、いやな予感がします、前述の2事件の時と比べ、比較にならない程コミットメ ントが深まった日本が巻き込まれるのも判り切った事です。


17122.日本は日本人だけのものではない?     
名前:ego    日付:7月28日(火) 15時3分
民主党に政権を取らせる事があったら、主権移譲され、
日本は日本人のものではなくなります。

外国人の為の法律なんて、いらないんです。
良いわけがないじゃないですか!

より多くの有権者が賢明な選択をされることを願って止みません。


17121.日本の自殺     
名前:光    日付:7月27日(月) 1時2分
 今日、週刊文春を読んだら、衆院選の予想が出ていました。それによると、自 民は半減で150議席程度、民主は倍増で260議席以上、単独過半数もありうるとか。
 いったいどうなるのでしょうか。この道は、いつか来た道。また失われた10年がやってくるのか。細田幹事長が言うとおり、日本人は、この程度の国民なの か。何とかは死ななきゃ直らないというが、一度死ぬ苦しみを味わったのに、まだ分からないのでしょうか。今度こそ本当にだめかもしれない。


17120.安倍政権時の参院選     
名前:ego    日付:7月26日(日) 17時17分
安倍政権時の参院選でも、民主党の売国政策とマスコミの安倍総理批判を繰り広 げて、結果は民主党の圧勝、安倍総理引き下ろしが成功したわけで、
今回も衆議院選ではそのような悪夢の繰り返しになるのでしょうか。

衆議院本会議での細田幹事長の活躍を打ち消すかのようにマスコミの
揚げ足取り工作で麻生総理同様、悪者イメージを国民に植え付けるかのような、仕返し報道を見る限り
これはもう、マスコミにいいようにやられていますね。
麻生総理の大きな欠点は、マスコミ対策が下手なことではないでしょうか。
日本を守るためにも、しっかりして欲しい。

衆院選結果民主党政権では、
世界で裕福で平和な国ニッポンは過去の話となることでしょう。


17119.民主党を信任する愚かさ     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:7月26日(日) 14時56分
>ころっけさん
>>自分も愛知なので近所ですねw
 そうなんですか、以後宜しくお願いいたします。


 民主党が下級公務員の利益の為というか、組合エリートの利益を擁護する団体であり、外国の国体切り崩し工作に加担している、と謂う方向性がハッキリ見え てきました。

 掲げるトンデモナイ政策の数々は、丸で、「これでも私たちを信任しますか?」と訊いている様に見えます、それでも信任されると踏んでいるのは、如何にも 有権者が耳目を貸さないか、騙されているからでしょう。

 フェミナチ板で田舎者氏が、「多くの民主党支持者は、新発売を待ち兼ねる購買者の心境だ、政治にファッション感覚で臨むほど、日本の有権者の政治意識は 低い」と喝破しておられましたが、私も本当にそう思います。

 本質の危険性や情報には耳も貸さず、「ただ新しい」「代りがほしい」ダケで投票する、現状が世界と比べ如何に恵まれた状況なのかを全く放送しないマスコ ミは、「打つ手をすべて打って居る」のを、「もぅ打つ手が全くない、だめ政権」と位置着ける、情報操作に完全に騙されて居るだけ。

 「痛い目に遭えばわかる」段階ならいいですが、「容認したら、お終い」のレベルである事も全く分かって居ないし、「俺には関係ない」と無関心を決め込ん でいるのが私の周りも殆どです。

 民主党が政権党になれば、表向き政治が混乱するだけに見えますが、目立たない処で何を遣るかわかったもんじゃない危険性をこの連中は持っていますね。

 民主党の危険性が露見した時は、日本は取り返しのつかない処まで追い詰められている事でしょうね。


17118.8・15参拝は日本の首相の年中行事にせよ     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:7月25日(土) 22時55分
>egoさん、ご無沙汰しておりました、幸い拉致は免れましたが (嗤)、暑い名古屋に監禁されている様な態です。
>>選挙直前に麻生総理は靖国神社に参拝していただきたいと願っています
 そうですね、その為の31日選挙じゃないのかと思って期待しています。

 鎮魂の夏、護国の鬼となられた方々の「国を護る魂魄の力」を借りれるのは何れの党か、云わずと知れた事ですが、8月15日に参拝もしないのでは、端から 無理だと思わずには居られません。

 麻生さんは元より外交の上手な人ですが、朝鮮のミサイル発射、核実験には毅然としたコメントを発した、是が小沢なら、鳩山なら出来ただろうか、と思え ば、この未曾有の国難を乗り切れる経済と外交の才覚を持っているのは、麻生太郎しか居ない。

 町村さんもアイヌ問題が無ければ、その腹の据わった姿勢から云って、双壁と云って善いと思うのですがね、願わくば麻生さんと一緒に参拝して、新内閣の外 務大臣に再登板してほしい、そして中川昭一さんは幹事長辺りで再起してほしい。

 引退した小泉さんの色を払拭するのはいいですが、靖国参拝は、彼も云って居た通り、彼の十八番ではありません、マスゴミやシナが云うパフォーマンス等で はなく、日本の首相の年中行事として定着させる位、重点を置いてもらいたいですね。


17117.最近の民主党考察     
名前:ころっけ    日付:7月24日(金) 12時50分
学生が左にぶれないのは無学者である
社会人が右にぶれないのは世間知らずである。

 次回民主が政権をとるでしょうが逆に考えれば、日本人にとって考えるいい機会なのかもしれません。

 マスコミが散々叩いた
   大阪府(橋下)が財政を黒字に転換
     自民支持
 マスコミが散々持ち上げた
   大阪市(平松)が財政赤字により第二の夕張へ・・
     民主・社民支持

マスコミが叩いたほうがいい政権なのでしょうねw

あ、そうそうナポレオン・ソロさん
 自分も愛知なので近所ですねw


17116.心配していました。     
名前:ego    日付:7月22日(水) 22時47分
お待ちしていました、ナポレオンソロさん。
愛国がすぎて、北に拉致でもされたのかと心配しておりました。笑

衆院選の争点を国防・自衛にと言うなら、
選挙直前に麻生総理は靖国神社に参拝していただきたいと願っています。かつて国防の為に犠牲になられた英霊への感謝の気持ちを政府を代表して参拝いただ き、
それを堂々と国民に向かって問うて頂きたい。
それが出来ないようなら、無理でしょうね。。。


17115.自民党の衆院選対策案     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:7月22日(水) 21時39分
 皆さんお久しぶりです、実は名古屋に引っ越しました、やっとネットが開通し たので、亦、書き込みさせてください。

 さて、衆院解散、選挙ですね。

 政治がおかしくなっているのは、目先の便利だけを追い求めて、政治家を道具化、手段化してきた、誰あろう有権者の所為でしょう、特に地方ではそういう傾 向が常識です、地方の企業家にとって、地方に仕事を持ってきてくれる政治家が、善い政治家、役に立つ政治家である事には変わりがない、だから、下級上級を 問わず、公共工事の差配に近い公務員が政治家に成りやすい政治風土なのでしょう。

 我々はこの政治風土に飽き飽きしているのです、だから、マスコミの空念仏が耳に心地よく聞こえる。

 唯、目先の事しか見えない癖に、根本的な部分で変化を求めるのは大層危険である事は考えなくとも直感で判る話ですが、今回はその現象が起こりそうだとマ スコミが盛んに煽動しています。

 しかし果たして、其処まで有権者が騙されっぱなしなのでしょうか。

 民主党の選挙対策用の政策を疑問視する声があちこちで起こって居るのは知っています、では、自民党はドゥかと云えば、殆どが従来の選挙対策しか頭にな く、民主・公明と同じく「国民の生活を守る」になっています。

 これでは相変わらず無策のままと同じか尚悪い、そう云う自分のことしか考えて居ない党中央の姿勢に、立場の弱い議員から叛旗が翻っても可笑しくない。

 党の一致団結を唱うのなら、強烈に党の姿勢をシンボライズするものが必要でしょう。

 それは何か、周りを見渡せば直ぐに判る事です。

それは国防です、経済的な意味の生活ではなく、生命と財産という意味での生活、「日本人の幸せな生活を守れるのは自民党しか居ない」のは明らかでしょう、 他の党が外国との融和・友愛一辺倒で、危険な隣国の様々な形の侵略を容認・看過している事とは対照的です、朝鮮のミサイル発射や核実験を毅然として非難し た麻生さんの姿勢を多くの国民は支持したと私は思います。

 日本は切迫した状況下にあるかもしれないのです、国民が国防の重要さに気がつけば、外国人参政権容認が如何に危険な事かが判るでしょう、攻めてくる敵に 無抵抗のまま降伏することになりかねない、防衛目的の撃ち合いで、治安系公務員が侵略者を射殺したら、殺人罪で検挙されるなんて事になるのです。

 国防・自衛権を否定したら、侵略者にむざむざ殺される事を理解できないレベルなら、家族も護れず皆死ぬしかない、殺人者に首を差し出すのは愚か者でしか ありません。

 それとも人を殺してまで生き延びたくないとでも、それなら仕方が有りませんがね。

 逆に、この国防への姿勢を踏み絵にして、自民党内にも潜む売国勢力を放逐してしまいましょう、国防を主眼に置けば、国民新党の中には自民回帰を目指すモ ノが出てくると私は思います


17114.無防備主義者の暴力     
名前:BWR    日付:7月21日(火) 14時7分
既にご存知の方多いと思われますが、普段からナイフで武装していたらしい「平 和主義者」がこんな事やりました。↓以下引用

13日午後7時5分ごろ、軽乗用車の男が同市の男子大学生と車の通行をめぐって口論になり、ナイフで腹を数回刺して逃げた。大学生は重傷。箕面署が捜査し 発見逮捕。男は箕面市桜ケ丘の中井多賀宏容疑者(36)護憲活動家。当初「にらみ合いになり刺した」と認めていたが、その後の調べに「頭が真っ白で覚えて いない」と否認している。
 http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20090714-518233.html
・中井 多賀宏(なかい たかひろ)は、詩人、憲法活動家、ミュージシャン。大阪府大阪市生まれ、大阪府箕面市出身。 関西学院大学在学時から、主に差別問題を中心に各種人権問題に取り組み、大学院中退後、
 憲法の価値を広めるべく憲法講師としての活動を始める。2004年に「みのお9条の会」の立ち上げに参加、呼びかけ人となる。2007年3月、「箕面市 平和のまち条例」請求代表者として箕面市議会にて陳述。


17112.【犯罪マスコミ組織】中日新聞     
名前:鳥居    日付:7月19日(日) 23時48分
覚えのない契約書など文書偽造したり、犯罪企業に恐喝する悪党軍団。
犯罪企業と犯罪専売店どっちもどっち。

http://www.geocities.jp/daiichiko1962/
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%B8%AD%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E+%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E7%B5%84%E7%B9%94
http://www.geocities.jp/daiichiko1962/
http://www.geocities.jp/daiichiko1962/


17111.自民党は麻生総裁を変えてはならない     
名前:forest(管理人)    日付:7月17日(金) 21時8分
>ピカドンさん

麻生総裁を引きずり下ろそうとしている自民党内の連中は、総裁を変えれば衆院選に勝てると思っているのでしょうか。それでも選挙に負けてしまったならば、 どう言い訳をするつもりなのか聞いたみたいものです。ともかく麻生総裁に責任のすべてを押し付けようとしているのは見苦しいもので、今は麻生総裁を支え て、来るべき衆院選を戦うのが筋であり、「自民党は麻生総裁を変えてはならない」の一言だと思います。

それよりも民主党の言う「政権交代」が国民にとって、どのような影響があるかを、事実を示して国民に訴えることが大事であり、特に政権公約から外したと 言っているものの、民主党の悲願である定住外国人への参政権の危険性について知らない国民を啓蒙すべきではないでしょうか。

鳩山代表は衆院政治倫理審査会への出席を拒否しており、やましいことがなければ出席をして弁明すれば良いのですが、拒否するようでは、都合が悪いからで、 今は必死になって証拠隠滅を図っているのでしょうが、秘書すら表に出さないのはその証左です。

ともかく、自民党は憲法改正を党是とする政党で、保守政党としての初心にかえり、日本の政党としてやることをやれば、必ず支持者は以前のように回復するで しょうし、ここは下野する覚悟を持って麻生総裁を支えて行くのが最善の道だと思っております。


17110.同じ負けても王道で負けるべし     
名前:ピカドン    日付:7月17日(金) 14時59分
自民党内が内紛で益々失点稼ぎ?をしているようです。
もう何をしてもこの流れは大きく変わらないと思っています。
人気知事を担いでみたり、この期に及んで首相を変えようなどとはとても常人の考える事とは思えない。何か感覚がずれているのではないだろうか。
そんな見え透いた事をすれば、返って国民を舐めた行為と受け取られ、その結果が東京都議選に出た。勿論、マスゴミ共が煽った事は言うまでも無いでしょう が、これではオウンゴールも同然の始末。

それよりも、本来のあるべき姿に立ち返り、民主党の様々な「矛盾」を最後の最後まで追究して貰いたい。
麻生総理の緊急経済政策の内容と成果は勿論の事、国防意識の欠落した民主党の正体、民主党鳩山由起夫代表の掲げる定住外国人への参政権、その先には国政選 挙への参政権に繋がる危険性、等々選挙まで1.5ヶ月、ありとあらゆる場面で訴える事が最も必要な事ではないかと感じています。
まだまだ多くの国民は知らされていませんよ。

小沢元代表や鳩山代表の政治資金問題など敵失もあるでしょうが、おそらくはご当人達に手が伸びない限りもうそれ程関心はないでしょう。
自民党自身、保守として軸足を外している事への反省、行政改革が手緩かった事に対する反省と軌道修正を約束し、ここは王道、正攻法に立ち返り、同じ負けて も立ち直れる様に保守としての意地を見せて欲しい者です。
離れていった保守層も必ず戻ってくる者と信じています。
ガタガタ内輪揉めしている時か!


17109.細田博之幹事長良く言った!     
名前:ego    日付:7月15日(水) 22時16分
下記、衆議院(7月14日本会議)での細田博之幹事長発言です。

まさに真実、そのままを発言されています。
この発言は、まっとうな国民のご意見をそのまま、細田幹事長が国会で言ってくれたと思う!
これをマスコミが、報道しないのはおかしい。

この発言は、国会での答弁です。
細田博之幹事長の発言をとくとご覧ください!↓

PS 国会での汚いヤジが酷過ぎる。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php


17108.民主、鳩山氏は狂ってる。     
名前:ego    日付:7月15日(水) 17時42分
9日の鳩山の発言ですが

--貨物検査特別措置法については 
(問責を提出する事で審議拒否する場合)

 「貨物ですか。それはどのぐらい時間がかかるかによりますけれども。果たして今すぐに必要なのかどうかと。北朝鮮がノーだといえばなかなか検査ができな いという状況ですから、そう簡単に法案が上がってもすぐに実施ができるという状況でもないかもしれないと。そのことを考えればですね、本当に緊急かどうか ということは検討する必要がありますね」

この人、狂っているでしょう??
世界の恥とは、こんな狂ってる人を支持する有権者も恥と言えよう。
日本は日本国民だけのものじゃないと、堂々と言えるくらい狂っているんですよ。
はっきり言って、ほかの国でこのような発言をしようものなら
支持率うんぬんよりも、暗殺されるくらい恐ろしい発言ですよ。
こんな発言をされて、日本人として黙っているわけにはいかない。

自民党の武部!麻生総理を責める前に、
日本人として、この狂った人の批判をするのが先だろう。
なんで、民主党の悪だくみを暴かないのか。
指摘しないのか。
自民党の馬鹿さは、マスコミをスピーカーに使って
有権者に伝えることが出来ていないという事に尽きると思う。
マスコミを使えないようでは、特ア工作に勝てるはずもない。
小泉総理は、うまかった。
小泉再登板を望む。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/276144/


17107.民主党公認で出れば良い訳で、問題があっても偏向マスコミは黙認してくれる     
名前:forest(管理人)    日付:7月14日(火) 20時41分
>egoさん

私も民主党のマニュフェストを読むと、とても支持出来ない政党であるとの認識に至りますし、また支持母体のほとんどが反日売国勢力ですから、もし民主政権 ともなれば、恐ろしいことになるのは火を見るより明らかで、それでも民主が良いと言う方は、日本はどうなっても良いと思っているのでしょう。

確かに自民党はダメになりましたが、良識を持った方も多いですから、再生に向けて努力すれば何とかなりますが、民主党の場合は、政権を獲得すれば、売国法 案を次々に成立させて、取りかえしのつかないところまで、日本をダメにしてしまうでしょう。

次期衆院選で有権者はどのように判断するか分かりませんが、今後も民主党政権は危険であると訴えて行きたいと思います。

偏向マスコミが民主党の不祥事を大きく取り上げないことは、政治家になって、その特権で甘い汁を吸おうと思うのであれば、民主党公認で出れば良い訳で、問 題があっても偏向マスコミは黙認してくれるのですから、こんなうまい話はありません。鳩山代表の件は、検察でも動かない限り、報道されることはないでしょ う。ではまた。


17106.資本主義の企業は庶民から金をむしり取る。     
名前:木地外    日付:7月14日(火) 16時23分
資本主義の企業は庶民から金をむしりとる。エコだのなんとかいって今まで使っ てたものを引き取ってエコ商品を買いましょうと言ったって、今まで使ってたものは当然ゴミとなって分解もせず、かえって有毒だったりして土壌、水を汚染し たり。またエコの商品を作るにもどれだけ自然を破壊する危険物質、汚染物質を大量に使い、コマーシャルではさも涼しげにその裏を見せず、当社の製品はエコ ロジーですと、ペテン広告会社を使い、宣伝する。企業、広告会社は、脳にドーパミンや快感物質が分泌する仕掛けを知っているし、巧妙に商品、広告に仕掛け る。で、
ペテン師は庶民から金をまきあげる。騙されむしりとられるのは庶民。


17105.戦後日本にカラスが増える訳     
名前:木地外    日付:7月14日(火) 16時10分
生き物の世界は人間の社会の鏡のようだと思うことがある。
戦後日本にカラスが増えたのはカラスのような人間が増えたからなのではと思うことがある。環境を破壊すればそれなりの微生物が発生したり。因果応報なの か、神、自然の摂理なのか。


17104.ジェットボート     
名前:木地外    日付:7月14日(火) 16時1分
ジェットボートをしている人間を見ているとb男、b女そのものだ。海川を騒音 でわめきちらし、人や動物、魚を脅かす。おまけに何の生産性もない行為にガソリンを大量消費して、地球温暖化に貢献している。まあ外見からみてしても人間 性がわかる・・・。


17103.婚活は雲散霧消する     
名前:木地外    日付:7月14日(火) 15時55分
やはり不誠実な女だ。景気が悪くなれば主婦という逃げ道があるわけだ。不景気 ゆえ婚活が流行る訳か。景気が良くなれば婚活という言葉自体、雲散霧消する。


17102.街は煩悩の塊     
名前:木地外    日付:7月14日(火) 15時48分
人には大きかれ小さかれ108つの煩悩があるという。東京あたりはすごい煩悩 の数なんだろうなあ。108×人口の数か。堅気が欲を出せばb団が群がりそのまた下には・・・。


17101.女は化粧をするように嘘をつく     
名前:木地外    日付:7月14日(火) 15時43分
女は一部のすばらしい人たちを除き畜生だ。感情なまま言いわめく野蛮な畜生。 昔パソコンがでた頃この畜生はものすごい差別、偏見をしていた。パソコンを持っているだけでものすごい差別を受けた。マスコミもそうだった。それが今はど うだろう。どいつもこいつもパソコンを使ってる。その畜生が感情のまま子供を産んで主婦をしながらパソコンを使ってる。本当に九図だ。女が不誠実な訳だ。 化粧、カツラ、整形手術にシリコンのカップ。社会でいうなら粉飾決算あたりか。九図には九図の行った報いがくる。


17100.モンスターペアレンツが産まれる訳だ。     
名前:木地外    日付:7月14日(火) 15時31分
団塊の世代は九図。その証拠にモンスターペアレンツがでてきた。これは団塊の ジュニアの世代だ。やはり・・・。餓鬼が餓鬼を育てられるのか?日本のモラルがここまで落ちたのは団塊の世代から。アメリカを見習うのなら、まだキリスト 教の信条でも研究したほうがマシだった。いやそのほうがよほどよかった。


17099.日本人のモラルは地に落ちた。     
名前:木地外    日付:7月14日(火) 15時22分
やはり団塊の世代だ。こいつらの世代からモラルが地に落ちた。昔ならおじいさ ん、おばあさんが万引きをして、大量に捕まるなんて夢にも思わなかったことだろう。それが今、現実だ。アングロサクソンに負け、いい所を真似るのなら別だ が、悪い所を真似た結果こうだ。団塊のジュニアもクズだ。自分さえよければよく、人口が減ったら嫌な仕事は外人を引っ張ってきてやらせればいいという奴ら だ。九図が九図を産み、また九図が産まれる。団塊のジュニアのそのまたジュニアも九図だ。九図にはそれなりの報いがくるのを知らない。苦しみ始めてやっと わかってもそれは永遠にちかいほどの苦しみの長さのほんの入り口。


17098.日本はいずれ他国の領土になる。     
名前:木地外    日付:7月14日(火) 15時8分
日本人は馬鹿だ。k首相にあれほど投票した馬鹿日本人だ。何でもかんでも民間 がいい、資本主義は絶対的、万能神なのか。日本人が馬鹿になったんだから、その代表者には残念ながらそれなりの人物しか選出されない。ないものねだりは出 来ない。移民を受け入れるのは確実らしい。
日本がはじめてやることだ。しかし・・・治安悪化は確実だ。あのヨーロッパ諸国でさえ、手を焼いて暴動とか頻繁だ。某国なんて奴隷の人種がトップに立っ た。やはり使う者は結局使われる。カルマの法則は避けられない。移民によって国が乱れるのは見えている。日本ならなおさらだ。しかしそれもアングロサクソ ン、ユダヤ系の遠い謀の途中にすぎないかもしれない。もしくは、ロシア、中国がゴタゴタのスキに仕掛けてくるかもしれない。


17097.ゴルフは野蛮者がするもの     
名前:木地外    日付:7月14日(火) 14時49分
この前目撃して唖然とした。河川敷の堤防から農家の田圃にむかって打ちっ放し の練習場のようにゴルフボールを打ちこんでいる連中(30代くらい)がいた。日本のモラルもここまで低下したか・・・。ここまでくると立派な不法行為だ。 ましてやその球を苦労して拾うのはおじいさん、おばあさん・・・。やはりゴルフをする連中は人間の苦図だ。河川敷から川に向かってボールを打ちこむ奴らな んてザラにいる。どこが紳士のスポーツなんでしょう。山を削りなんの生産性もない芝生を養生するために、大量の農薬をぶちまけ山川を汚染させる。ゴルフ場 に出入りする面々はb団、ペテン、オレオレ詐欺、水商売、資本主義の搾取者ばかりだ。苦図にはやっただけの報いがくることを知らないんだろうか。


17096.堂々とできる民主党の悪事     
名前:ego    日付:7月14日(火) 14時5分
forestさん、ご無沙汰しています。

民主党の鳩山代表の日本は日本国民だけのものではないとか、民主党のマニュフェストで、主権移譲、外国人(地方)参政権、個人献金のみOKとする(外人の 献金可?)など、
日本を売るとはっきり言っている民主党に、なぜ日本国民は支持するのでしょうか。
まさに売国ですよ。
日本なんて売ってしまえと思っている国民が多いのでしょうか?
日本ほど格差や差別が少ない(法律上でなく、実際に)国は無いと思うが、国民は“楽園”ドリームが高いのだろうかと
はたから見て、強烈に感じます。

何を期待して民主党に投票するのか、聞いてみたい。

自民党がもっと良い政党になってほしいという期待からなのか。


17094.民主党の朝鮮寄りの姿勢が良く分かる     
名前:forest(管理人)    日付:7月13日(月) 21時53分
>egoさん

お久しぶりですね。今回の都議選の結果は、有権者の判断ですから、その結果を事実は事実として受け止めなければなりませんが、言いたいことは民主党のどこ が良くて支持したのか聞いていみたいものです。

21日衆院解散となるようですが、船舶検査法案は、参院で審議入りしないまま廃案となるようで、民主党の朝鮮寄りの姿勢が良く分かると言うものです。

解散となれば検察当局が動くかも知れませが、小沢氏よりも悪質な鳩山氏の偽装献金問題がこののまま闇に葬られてしまったら、法治国家が泣くと言うもので す。マスコミは民主が政権をとることになっても追求しないでしょうね。その偽装献金の一部がマスコミからのものではないかとの噂があり、マスコミにとって 民主党政権の方が何かと都合が良いから応援していると思っております。


17093.民主党は、内閣不信任案で北朝鮮貨物検査特別措置法案を流すつもりか?     
名前:ego    日付:7月13日(月) 16時43分
総理は「臓器移植法改正案や北朝鮮貨物検査特別措置法案などの重要法案をきち んと成立させたい」と表明した。さらに、民主党が内閣不信任決議案を提出した後の、重要法案の審議状況などを見極めて、解散に踏み切る考えを示した。

今国会で何としてでも早期通過させなければならない北朝鮮貨物検査特別措置法案を、理由の乏しい内閣不信任決議案を提出し、可決を妨害しようとしているよ うに思えてなりません。
清廉潔白で突っつきようがない麻生総理に対し、
鳩山、小沢などどす黒い疑惑のオンパレードなはず。
お気楽なものです。
万が一政権を取ったら、マスコミは一斉に疑惑を追求できるのでしょうか?
ちょっと下品ですが、笑って読めますので↓
http://xianxian8181.blog73.fc2.com/blog-entry-1219.html


17092.とりあえず     
名前:暴漢者    日付:7月8日(水) 0時10分
http://www.youtube.com/watch?v=k354akEKAZw

幸福実現党のPRです。
このカルト教団は、むやみやたら夢や理想を掲げすぎな気もしますが、これが現実に起こらないとも言い切れないでしょう


17091.(untitled)     
名前:たろう    日付:7月6日(月) 18時21分
民主党への政権交代が現実味を帯びてきましたね。
これは自民党の責任だと思っています。
民主党は国家の基本政策すら明確にできないのに
自民党が結束して攻撃をはねかえせないなんて、、これはどう考えてもおかしい。平成中野学校さんがまとめた『民主政権100の不安』です。http://blogs.yahoo.co.jp/koudookan/48835506.html

コメント

プリンス側の事情を考慮せず日教組の主張だけを認めるとは

2009年07月31日 00時10分21秒 | 裁判・事件

ホテル業界戦々恐々…プリンスホテル当然の全面敗訴も

日教組使用拒否

 グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)が昨年2月、日教組集会の会議場使用や参加者の宿泊を拒否して日教組から訴えられていた問題で東京地裁は28日、プリンス側に請求通り約3億円の支払いなどを命じた。プリンス側は翌日控訴したが、大量の右翼街宣車が抗議に押しかけ、周辺への深刻な影響が予想されても、「集会の自由」によって契約見直しは許されないとした今回の判決に、ホテル業界は内心、戦々恐々だ。

 日教組は一昨年3月、旅行代理店を通じ、毎年数千人規模で開催する「教育研究全国集会」の仮予約をプリンスに申し込み、5月に正式契約した。しかし11月に入り、プリンスは突然、会場使用などの拒否を通告。日教組の申請を受けた東京地裁は12月に会場使用を認める仮処分を出したがプリンスは従わず、昨年の集会は57年目にして初の中止に追い込まれた。

 「契約後、前回開催地の大分・別府の状況を調べた結果、街宣車が約150台集まり、開催1カ月前から抗議活動が始まるなど、想定を大きく超える内容だと分かった。当ホテルは品川駅に近く、周辺には病院や学校もあります。仮処分が出ても、絶対に会場を提供するわけにはいかなかった」(プリンス広報)

 実際、集会が予定されていた2月2~4日にはホテルから半径2キロ圏内にある北里大や聖心女子学院など12の学校で入試が行われており、「7000人超の受験生が騒音や交通規制に悩まされ、取り返しのつかない事態になりかねなかった」(同)という。

 それでも、ホテルには宿泊者が感染症にかかっている場合や暴力団など風紀を乱す恐れがある場合を除き、宿泊拒否はできないとする旅館業法が適用される。一度契約した宿泊予約は原則として解約できないため、今回の全面敗訴は当然ともいえるが、ホテル業界の“本音”はあくまで別だ。

 「実際に150台もの街宣車に騒がれては、ホテルの信用問題にかかわる。プリンスが3億円の支払いを覚悟してでも使用を拒否したのは当然。今回の判決が今後のホテル業界に与える影響は計り知れない」(大手ホテルチェーン営業部長)

 ホテル内では、婚礼や顧客企業の重要会議なども行われており、プリンスが集会を許可していれば失うものはさらに大きかっただろうという。今回の問題はプリンスが日教組と契約してしまったことが発端ではあるが、客室や会議場に余裕があれば、ホテル側はそもそも断ることはできない。各ホテルには何とも頭の痛い判決なのである。

ZAKZAK 2009/07/30

(引用終了)


 日教組の全体集会と言えば、毎回のように右翼団体の街宣活動が行われることから警察当局では、厳重な警備実施が余儀なくされる状況であり、そのために付近住民な大きな迷惑を被る訳で、集会を開催するなとは言えないが、開催するのであれば、付近住民に迷惑がかからない適当な場所で行うべきであり、もちろん批判すべきは右翼団体だとしても、仮にも教師の集会なのだから、場所の選定は特に気をつけるべきであろう。

 報道によれば、東京地裁は28日、グランドプリンスホテル新高輪が会議場使用や参加者の宿泊などの契約を一方的に破棄し、全体集会が開催出来なかったとして日教組からの訴えられていた件で、プリンス側に請求通り約3億円の支払いと謝罪広告の新聞掲載を命じたそうである。

 この判決については賛否両論があり、正式契約しているにも関わらず、それを一方的に破棄することは法的に許されないとし、騒ぎを起こしているのは右翼団体であって、警察による厳しい取り締まりが必要であり、日教組には責任はないとして擁護する意見があるのは当然だろう。

 朝日新聞はプリンス側の責任は極めて重いと批判した上で、「こうしたことが続くと、今の日本は自由に集い、自由にものを言える社会なのか、疑問に思えてくる。」と書いているが、日教組と反対の立場にいる方や、そのような団体などの集会が、何らかの圧力で中止になっても、このようなことは書いてこなかった記憶があるが、朝日のスタンスは常に反日サヨク寄りであること再確認出来た訳である。

 ひねくれ者の私としては、この判決には納得出来ない点が多く、それはプリンス側の契約を破棄した事由について何ら考慮されたものではないからであり、日教組の集会が受験シーズンと重なるなど、もし開催すれば、付近への影響は計り知れないからであって、今までの集会が平穏に行われていたならばまだしも、そうではないのだから、時期と場所を考えずに開催を強行しようとした日教組の責任はないのかと言いたい。

 これはプリンス側が日教組と契約したことが間違いだが、予約の申し込みがあった時点で日教組と分かれば、適当な理由をつけて断れば良いし、今回の判決が確定した訳ではないが、ホテル業界とすれば、他の客の迷惑となり安全の確保を難しいとなれば、日教組と分かれば最初から排除するようになるであろうし、全体集会は必ず民間のホテルで行う必要もないのだから、どこかの学校の体育館でも十分であろう。

 プリンス側の「当ホテルは品川駅に近く、周辺には病院や学校もあり、仮処分が出ても、絶対に会場を提供するわけにはいかなかった」「日教組の集会が受験シーズンと重なり、周辺12の学校で入試が行われることから、受験生が騒音や交通規制に悩まされ、取り返しのつかない事態になりかねなかった」との主張を東京地裁は認めなかった訳だが、これはプリンス側が仮処分を無視したことへの報復判決と捉えても良いであろうし、そうでなければ、日教組の請求通りの損害賠償を認める筈はないからである。

 日教組の集会と分かればいかにして断るかをホテル業界は模索するであろうし、それとも日教組の方から断らざるを得ないように、例えば、右翼団体の街宣活動に対して、日教組として、どのような対処をするかの警備計画書みたいなものの提出を求めることや、ホテルあれば当然だが、そうでなくとも、警察の警備以外も独自の警備が必要として、その費用を請求し、それを拒否するのであれば契約しないとすべきであろう。

 プリンス側は控訴したそうだが、当然であり、プリンス側の違約金まで払う覚悟を持って付近の平穏を守ろうとした苦渋の判断を全面的に支持すると共に、上級審で、プリンス側の事情を考慮した良識ある判決が出ることを期待したいものである。
(2009/07/31)
   

コメント (5)

解約すれば受信料の支払いは不要との画期的な判決だ

2009年07月28日 23時42分03秒 | NHK問題

NHK受信料未払いはダメ!東京地裁「自由意思で契約、解約できた」

2009.7.28 15:37

 放送受信契約を結んでいるのに受信料の支払いに応じなかったとして、NHKが東京都練馬区の男性(35)と江東区の男性(40)に、未払い分の支払いを求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。綿引穣裁判長はNHK側の訴えを認め、請求通り男性2人にそれぞれ8万3400円ずつの支払いを命じた。

 被告側はこれまで「男性らは思想に基づいて受信料の支払いを拒否しており、自宅に受信機を設置してあるだけで受信料の支払いを強制されるのは、『思想・良心の自由』を定めた憲法19条などを侵害している」と主張していた。しかし、綿引裁判長は「男性らは自由な意思に基づいて受信契約を結んでおり、解約の方法も事前に知ることはできた」と指摘した。

 また、被告側が「民放のテレビ番組だけを見ていた」などと主張していたことについては、「NHKの番組を一切試聴せず、民放番組のみを試聴することが日常生活において一般的とはいえない」と退けた。

 判決によると、男性らは平成14~15年にNHKと放送受信契約を締結。いずれも16年3月31日まで受信料を支払っていたが、同年4月以降は支払いをやめていた。

 被告側代理人は会見で、「『契約書があるから契約が成立している』ということしか書いておらず、極めて形式的な判決」と批判。NHK側は「全面的に主張が正当と認められた適切な判決」とコメントした。
 (産経新聞)

(引用終了)


 このところNHKに対する批判の声が多いようで、去る4月5日に放送した「NHKスペシャル シリーズ JAPANデビュー 第一回 アジアの“一等国”」に関して事実と異なる放送が行われたことで、取材先の台湾においても批判されている。また、同番組は放送法違反だとして、当該番組出演者から抗議と訂正を求める文書が提出され、さらに約1万名もの原告が損害賠償請求や慰謝料などを求めて東京地裁に提訴したとのことで、この有様では「みなさまのNHK」とか言っている暇はないだろう。

 今や「NHK問題」と言われるように、偏向した報道放送に対する姿勢や、異常に高い職員給与、国民から徴収した受信料をOBの年金に補填しているなど、これではNHKを存続させるかどうかアンケートをとったら、廃止すべきとの意見が多いだろうし、それでもNHKを見ないと情報格差が生じるとか言って国民を脅迫しているが、偏向しているだけでなく、すっかり特亜寄りとなった番組が多いとなれば、NHKを見れば見るほど反対に情報格差が生じてしまうのではなかろうか。

 報道によれば、そのNHKの受信料を巡る訴訟の判決が28日、東京地裁であり、放送受信契約を結んでいるのに受信料の支払いに応じなかった男性2人に対して、綿引穣裁判長はNHK側の訴えを認め、請求通り男性2人にそれぞれ8万3400円ずつの支払いを命じたそうである。綿引裁判長は「男性らは自由な意思に基づいて受信契約を結んでおり、解約の方法も事前に知ることはできた」と指摘し、また「NHKの番組を一切試聴せず、民放番組のみを試聴することが日常生活において一般的とはいえない」として、「民放のテレビ番組だけを見ていた」などと主張していた男性2人の主張を退けたとのことである。

 NHK側は「全面的に主張が正当と認められた適切な判決」とコメントしているようであり、確かに契約をしていれば支払いの義務はあるだろうから、NHKとしては契約をしている者が何かの理由で不払いになったとしても、支払いを求めて訴訟を起こせば勝訴することが分かった訳だが、綿引裁判長が「男性らは自由な意思に基づいて受信契約を結んでおり、解約の方法も事前に知ることはできた」と指摘していることは、解約をすれば支払い義務はないにも関わらず、男性らは、なぜその方法をとらなかったのかと理解して良いのであろうか。

 放送法によればテレビを設置すればNHKと契約しなければならないらしいが、契約は自由意思に基づいたものであるとすれば、義務だと思って契約したが、契約は自由であるならば、この男性らは最初から契約しなかったと主張出来るし、そうなると契約そのものが無効になるからである。

 これでは、NHKは勝訴したことを喜んでいられないと思うし、自由意思により受信契約するも良し、また契約解除するも良しと言うことになり、それもNHKを見る見ないに関係なく出来ることになり、そもそも解除出来ない契約など存在しないし、であるから契約しなければ受信料の支払い義務はないとする画期的な判決だと思う。

 ただ綿引裁判長が「NHKの番組を一切試聴せず、民放番組のみを試聴することが日常生活において一般的とはいえない」と述べていることには違和感を覚えたが、まだテレビが日常生活においてなくてはならぬものと思っているようであり、NHKを含んだほとんどのテレビ局が反日偏向だけでなく、すっかり特亜寄りとなってしまったことで視聴者ばなれを起こし、既に斜陽産業に転落していることを知らないようである。

 2年後には地上波がデジタル化に移行されるにも関わらず、国民に受信契約を迫り、何とか受信料を集めようとする今の方法が、これからも通用するとは思えず、デジタル化を機会にスクランブル化することによって受信料の公平な負担は解決するのに、それを敢てしなかったNHKの責任は極めて大きいと言わざるを得ない。
(2009/07/28)

コメント (19)

民主政権で日本の教育が日教組に支配される

2009年07月26日 22時59分27秒 | 民主党関連

小沢代表代行:輿石氏の入閣に言及

 民主党の小沢一郎代表代行は25日、甲府市内で開かれた山梨県内の教職員と同OBで作る「山梨県民主教育政治連盟」の学習会で講演し、地元選出の輿石東参院議員会長について「(政権交代後)内閣の枢要な地位を占めることは間違いない」と述べ、入閣の可能性に言及した。

 輿石氏は日教組出身で、政権交代した場合に文部科学相に起用されるとの見方もあり、自民党内で早くも批判が出ている。小沢氏は「来年の参院選後は、参院議長という名誉ある地位も待っている」とも付け加えた。【渡辺創】

毎日新聞 2009年7月25日 20時54分

(引用終了)


  21日に衆議院が解散した後の友人知人達との世間話で、政権交代がなされて民主政権が出来るかも知れないとする話が多いが、それを選択するかしないかを決めるのは国民であって、その結果、もう修復できない程にメチャクチャな状態になってしまったとしても、「こんな筈ではなかった」と嘆いても遅いのであり、であるからして民主党を支持することは日本崩壊に加担するとの認識を持っていた方が良いであろう。

 自民党は確かにダメになったが、国家国民のためにダメはダメなりに様々な施策を講じる努力をしている様子はあるものの、民主党は元からダメであり、良くなることもないだろうし、子供手当て、高速道路無料など国民受けの良い政権公約を発表しているが、いずれも税源の確保が曖昧であり、また、それはもっと恐ろしい法案を隠すためものであって、もし民主政権となれば、国民が良く知らなかった外国人参政権付与法案や人権擁護法案などを次々に成立させることは間違いない。

 民主党の支持母体は朝鮮総聯、民団、自治労、部落解放同盟、日教組などで反日を叫ぶ連中ばかりであり、民主政権となればどのような政策が行われるか今から予想されるし、要するに日本と日本国民にとって幸福や国益をもたらすようなことは行われないと思っていた方が良さそうである。

 民主党の支持母体の一つになっているのが日教組であり、所属議員の中には何人か日教組出身がいるようで、山梨県選出の輿石東参院議員会長もそうだが、報道によれば小沢一郎代表代行は25日、甲府市内で開かれた山梨県内の教職員と同OBで作る「山梨県民主教育政治連盟」の学習会で講演し、輿石氏入閣の可能性に言及したとのことである。

 もし輿石氏が文科相に就任したら、日本の教育が日教組に支配されるのは明らかで、民主党を支持することは例えば公立学校の式典などでの国歌斉唱と国旗掲揚が禁止されることになるであろうし、また輿石氏が「教育の政治的中立はありえない」と述べているのは日教組の方針として「反日偏向教育」を行うことを示唆していることになり、それは子供達に反日思想と自虐史観を植え付けることに他ならない。

 民主党の政権公約である子供手当てや高校無料化などに国民は騙されようとしている訳であり、教育の政治的中立を失っては困ると思う国民であれば、政権交代を果たせば輿石氏を文科相にしようとしている民主党を支持してはならないのは当然である。
(2009/07/26) 

  写真:日教組のドンと言われている民主党の輿石東参院議員会長


 輿石東氏の写真の変更について

 読者の方から、輿石東氏の写真が、
彼らしくない(本当は子供が
怖がる
ような顔をしているのでは?)
とのご指摘がありましたの
で、
2004年の参院選に当選した際の写真
に変更させて頂きました。

なお変更前の輿石氏の写真(左)
を参考までに掲載致します。




  

コメント (8)

民主の給油活動承認などは外国人参政権付与のための釣りだ

2009年07月23日 21時06分54秒 | 民主党関連

【09衆院選】民主がマニフェストに対北貨物検査実施を明記

2009.7.23 01:39

 民主党の衆院選政権公約(マニフェスト)の原案となる「政策集INDEX2009」が22日、明らかになった。北朝鮮政策では国連安全保障理事会決議に基づく貨物検査実施など「断固とした措置をとる」と強調している。

 政権交代の可能性が強まる中、昨年の政策集で言及していた「在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)の検証」などを削除し、米国との対立色を薄めるなど現実路線に舵を切りつつあるのが特徴だ。

 対米関係では、昨年の政策集で「抜本的な改定に着手する」としていた日米地位協定について、「改定を提起する」と弱めた。米軍再編や在日米軍基地のあり方についても「不断の検証を行う」との表現から「引き続き見直しを行う」とするにとどめた。

 北朝鮮については、再核実験や弾道ミサイル発射を「明白な脅威で、断じて容認できない」と指摘。大量破壊兵器やミサイルの開発、保有・配備を放棄させるため、国連決議に基づく貨物検査や追加制裁実施など、「断固とした措置をとる」と強調した。

 民主党は先の国会で、政府が提出した北朝鮮特定貨物検査特別措置法案の審議に応じなかったが、政権を獲得した場合、早期に同法案を成立させる意向を示したものだ。

 同党が反対したソマリア沖などの海賊対策についても、「適切な手続きで海賊対処のための活動を実施する」と明記。「海上保安庁のみでは対応が困難な場合はシビリアンコントロールを徹底する仕組みを整えた上で、自衛隊を派遣することも認める」とした。

 宇宙開発についても、平成21年度中に各省庁の宇宙関係部署と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の企画部門を内閣府の下に一元化する方針を表明。税制面では、酒税に関し、アルコール度数に比例した新税制を検討するとしたほか、たばこ税は現行の「たばこ事業法」を廃止、健康増進目的の新法創設を打ち出した。

 靖国神社参拝については、「A級戦犯が合(ごう)祀(し)されていることから首相や閣僚の公式参拝には問題がある」として、無宗教の国立追悼施設の建立を明記。永住外国人の地方選挙権については、「結党時の基本政策に『定住外国人の地方参政権などを早期に実現する』と掲げており、この方針は引き続き維持していく」とした。
(産経新聞)

(引用終了)


 民主党の小沢一郎前代表は、新テロ対策特別措置法に基づくインド洋における海自の給油活動について「憲法違反」とまで言って反対し、派遣期限までに特措法が延長されなかったことから、海自部隊は活動を4ヵ月に渡って一時中断せざるを得ない状況に追い込まれたが、これは日本の国際的信用を失墜させたと言えるだろう。

 また民主党はソマリア沖における海賊対策のため自衛隊派遣も、国会の事前承認にこだわって反対し、さらに北朝鮮政策では国連安全保障理事会決議に基づく貨物検査実施も、政府が提出した特定貨物検査特別措置法案の審議に応じず廃案に追い込んでしまったが、政府自民党案だと何でも反対し、国政を混乱させることか野党としての民主党の責務であるかのような対応であった。

 外交安全保障に関しては与野党ともそれほど見解の相違がないことが、国民を不安にさせない筈であり、民主党が政権交代する気持ちがあれば、何でも反対ではなく、提出された政府案を検討し、修正を要求したり、対案を出すなどして、より良い法案にするために、与野党が協力することが必要ではなかろうか。

 今は野党だとしても、国民世論の変化によって、将来は政権を担当することになるかも知れないのだから、それが政権交代に向けての国民の不安をなくすことにもつながるし、ただ政府案に反対することしか考えていないのであれば、政権担当能力を問われ当然であり、反対だけならば誰でも出来るからである。

 21日に衆議院が解散し、8月30日には民主党が政権交代を目指している総選挙が行われるが、あれほど反対していたインド洋における海自の給油活動、ソマリア沖における海賊対策、対北朝鮮貨物検査実施などを認めることに方針転換したようであり、これは政権交代が視野に入ってきたことで現実的な対応を取らざるを得ないとしても、では何で今まで反対してきたのか説明すべきであろう。

 小沢前代表がテロ特措法の採決の際に国会を抜け出して欠席し、その理由を「国民にとって重要法案ではないからだ」とのたまったが、要するに、民主党にとって、海自の給油活動などはどうでも良いことで、政府案だから賛成するのはしゃくだとして反対しているに過ぎないのであり、民主党は自分達が出した法案まで審議せず反対することもあるのだから、反対のために反対することも極めて自然なことで、驚くことではない。

 だが、民主党が海自の給油活動などの継続を認めることに方針転換したのは、良い方に解釈すれば外交安全保障に関して政権交代がなされたてもブレがあってはならないとして国民の不安を解消する目的であろうが、そうなると、国民は民主党を中心とする新政権が出来たとしても、安心だとする気持ちにさせることになるであろう。

 それが民主党の狙いであり、政権交代を成し遂げるためには、今まで反対であったものでも賛成に転じることは恥とは思わず、その目的のためには何でもすると言う訳で、これでは自民党政権とあまり変化がないのではと国民の多くが騙され民主党を支持すれば政権交代がなされてしまうことになり、そうなれば民主党の結党時からの基本政策である「永住外国人の地方参政権付与」や人権擁護法案の成立に向けて動き出すであろうし、要するに海自の給油活動などの継続承認に転じたのは、参政権付与などのための釣りであると思っていた方が良さそうである。

 こども手当、高速道路無料など、民主党のマニフェストを読めば、「民主党の方が良さそうだな」と思う国民が多いからも知れないが、それこそが民主党の謀略に引っかかっているも同然であり、鳩山代表が「日本列島は日本人だけのものでない」と言ったのは、日本を特亜国に献上しようとしているに他ならず、そのためには参政権付与と人権擁護法案が絶対に必要なのであり、民主党議員のほとんどは特亜国に洗脳されているとしか思えてならず、目が泳いでいる鳩山代表を見れば、完全におかしくなっている売国奴としか言いようがない。
(2009/07/23)

タイトルの変更とお詫び 

 当初のタイトルは「民主の給油活動継続承認などは参政権付与などのための釣り」でしたが、 諸般の事情から「民主の給油活動承認などは外国人参政権付与のための釣りだ」に変更させて頂きます。23日に発行致しましたメルマガは当初のタイトルのままですが、次号発行の際に変更した旨のお知らせをすることと致します。タイトルの変更によって読者の皆様には大変ご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます。(管理人:forest)
   

コメント (5)

国旗を掲げている政党は自民党しかないとなれば

2009年07月22日 01時19分10秒 | 政治

   21日午後、衆議院が解散となり、第45回総選挙が8月18日公示、同30日の日程で行われることになった。今回の総選挙の焦点は、自民、公明両党の連立政権を維持出来るのか、それとも民主党を中心とする新政権が実現するかにかかっており、都議選の結果で分かるように偏向マスコミの世論誘導は成功しつつあると言って良く、どんな些細なことでも叩いてきたのでは麻生内閣が支持を失っていくのは当然で、それとは対照的なのは、民主党擁護の姿勢であり、鳩山代表の偽装献金問題を深く追求することはなく、すべて秘書のせいにして逃げようとしているのに、その秘書の行方すら探す気はないらしい。

 偏向マスコミが民主党を中心とする新政権を期待しているから、民主党にとって都合の悪いことは報じないことになっているのであろうが、なぜ民主党政権を期待しているのであろうか。理由は二つあり、一つ目は、経営危機に陥った際に公的資金の投入を民主党は約束したのでは言われており、当然ながら政権与党でないと実現出来ないからして、政権交代に向けて、双方の思惑が一致し、だから偏向マスコミによる気持ち悪いほどの民主党を擁護する報道がなされているのであり、椿事件の教訓は生かされないどころか、現在も行われている訳である。

 二つ目は、テレビ局に対する電波利用料の大幅な引き下げを民主党は考えていると言われており、軒並み赤字転落したテレビ局にしてみれば、こんな良い話はなく、だから鳩山代表の偽装献金問題をほとんど報じなかったのではと思っている。

 民主党を中心とする新政権が実現するかのような情勢だが、本当に民主党に政権を担当させて良いのかと思うし、民主党について様々な情報を得れば得るほど、日本国民のためではなく特亜国の利益になるような政策を推し進めようとしているのだから、日本の政党とは言い難いのである。

 党大会において民主党は国旗を掲揚しなかったそうであり、また小沢前代表の女性秘書に支那・朝鮮人がなっていることや、日教組、自治労、朝鮮総連、民団などから支持されていることからして、政権を担当すれば、どのような政治が行われるか分かると言うもので、それでも民主党が良いのであろうか。

 麻生総理は21日午前開かれた自民党両院議員懇談会で「ここに国旗が掲げてありますが、当然のこととして国旗を掲げている政党がどこにありますか」と暗に国旗を掲揚しないまま党大会を開いた民主党を批判していたが、そのような回りくどい言い方ではなく「日本の舵取りを担おうとしている民主党が国旗を掲げていないのは不思議でならない。日本国民のための政治が行われるかどうか疑わしい」と言うべきであったろうし、特に在日外国人に参政権を付与して、日本国民にどのような利益をもたらすのか問うても良かったではなかろうか。

 祝日には国旗を必ず掲揚している私として、国旗を掲げている政党は自民党しかないとなれば、自民党はダメだと言われていても、強いて支持するとなれば自民党になるが、なるべく早く反日カルト公明党創価学会と組むことを止めるべきであり、それこそがここまで支持を失った最大の原因であるからである。
(2009/07/22)
 

コメント (4)

在特会の会場使用を拒否した三鷹市の事なかれ主義

2009年07月20日 00時03分59秒 | 売国奴・反日日本人

三鷹市:慰安婦問題で協働センター利用、双方の申請承認せず /東京

 三鷹市は14日、従軍慰安婦問題に取り組む市民団体が「市民協働センター」(下連雀4)へ利用申請したのに対し、慰安婦問題関連の展示に反対する別の団体が「申請は無効」として重複する期間に利用申請したことを受け、いずれの申請も承認しないことを決めたと発表した。

 市民団体「フィリピン・元『慰安婦』支援ネット・三多摩」(同市)は4月、展示会(7月29日~8月3日)をセンターで開くため口頭で仮申請を行った。別の市民団体「在日特権を許さない市民の会」(品川区)は1日、市のホームページで展示会の開催を知り、「本申請がされていない」と抗議。その上で同期間に同じ場所で別の展示会を行う申請書を提出した。

 その後、先に仮申請した市民団体も申請書を出したが、センターや市には双方から電話、ファクスなどで700件以上の意見提出がされるなど業務に支障が生じ、7日には後者のグループがセンターや市役所周辺で抗議活動を行うまで発展。センターは管理上の支障があるとして、双方の申請を不承認とした。
〔多摩版〕
毎日新聞 2009年7月15日 地方版

(引用終了)


 「在日特権を許さない市民の会」が、慰安婦問題の展示会を三鷹市の「市民協働センター」で開催するために、同施設の管理運営を市から委託されていた三鷹市協働ネットワークに対して申請書を提出し、施設利用料まで払っておいたところ、同センターでは管理上の支障があるとして、その申請を不承認としたのはなぜであろうか。

 同センターが管理上の支障があるとした理由は同じ日程で、「フィリピン・元『慰安婦』支援ネット・三多摩」との団体が「中学生のための慰安婦展」を開催する予定で、混乱が予想されると思ったのであろうが、支援ネット側は口頭にて予約はしていたものの、申請書は提出していなかったにも関わらず、在特会が既に申請書を提出してしたことを知り、あわてて申請したから、重複予約のような形になった訳だが、これはどう考えても先に申請書を提出した在特会の会場使用は承認すべきべきあり、支援ネット側の申請に関しては不承認とするのが筋であろう。

 事なかれ主義の見本みたいなやり方だが、これでは公平中立でもないし、同センターは支援ネットの会場使用は今まで口頭予約だけで済ませていたかも知れず、そうなると使用申請書の提出もされず、施設使用料すら払っていない疑いがあるが、同センターの管理運営をしている三鷹市協働ネットワークに、サヨクと同じ思想を持つ者がいて、サヨク団体には便宜を計り、また施設使用料をごまかしているとすれば大きな問題になるのは間違いない。

 正式な申請を行って慰安婦問題の展示会を開催しようとした在特会に対し、同センターは申請を不承認として、施設貸し出しを拒否したことは明らかに言論の自由に対する侵害であるにも関わらず、いつも言論の自由を叫び敏感に反応する自称市民団体はなぜか沈黙しているのは奇妙であり、これが在特会だけに会場使用を認め、支援ネット側を不承認とすれば凄まじい批判をするのであろと思っている。サヨクは仲間の言論の自由さえ守れば良いと思っており、そうではない方や団体がどうなろうと関心がないのはいつものことである。
(2009/07/20)    
  

コメント (9)

拉致事件解決を諦めさせる北朝鮮の目論見に乗った田原総一朗

2009年07月17日 23時27分49秒 | 偏向マスコミ

「有本さんら生きてない」田原総一朗さんを提訴

 ジャーナリストの田原総一朗氏(75)がテレビ番組で、拉致被害者の横田めぐみさんと有本恵子さんについて「外務省も生きていないことはわかっている」などと発言した問題で、有本さんの両親(神戸市長田区)が16日、精神的苦痛を受けたとして、田原氏に1000万円の慰謝料を求める訴訟を神戸地裁に起こした。

 訴状などによると、田原氏は、4月25日に放送された討論番組「朝まで生テレビ!」で、政府が2人の生存を前提に交渉していることが日朝交渉を難航させていると指摘、「生きていない」などと発言した。

 両親は16日午後、記者会見し、「外務大臣や外務省幹部は田原氏の発言を否定している。わが子の生死にかかわることなので、裁判で明らかにしたい」という声明を出した。

 田原氏は「表現は乱暴だったが、外務省高官への取材に基づく発言だったことを法廷で主張する」とコメントした。
(2009年7月16日20時25分 読売新聞)

(引用終了)


 私の知り合いに80歳を越えているにも関わらず、杖突きながらも元気に働いている方がおり、お年のせいで動作はゆっくりなのは仕方ないが、それでも良く働いていることは間違いなく、それに比較して、まだ20歳以上も若い私がへこたれるようなことはあってはならないとの思いがある。だから、毎日のように体を動かして体を鍛えるようにしており、携帯電話の歩数計を作動させているが、一日一万歩以上歩くことはざらで、雨が降って外での活動が出来ないと、何だかイライラしてしまうこの頃である。

 ジャーナリストの田原総一朗氏のように有名になるとテレビに出る機会も多いであろうが、若い時であればまだしも、映画もシルバー料金で見られるようになった60歳を過ぎたさえない男がろれつが回らない口調で老体をさらけ出すのは、視聴者にとって余り気分の良いものではなかろうし、家でテレビを見ているのは老人が多いとしても、同じ老人ばかりが出てくることが多いとなれば、娯楽としてのテレビの楽しみを奪うようなものであろう。

 女優と呼ばれている方の若かった頃の映画を見ると、確かに美しく、それは脇役と言われていた方であっても同じだが「今ではこのような方はいない」と思うことが良くある。誰でも年をとるのは当たり前だとしても、その女優と呼ばれている方が今では年をとり、見るからに老けている姿を見るとがっかりすることも多い。それは、どんな方であっても、引き際があるものだと思う訳で、特に映画やテレビに出るような方であれば尚更ではないかと思っており、若い時に引退された女優であっても今や杖付いている老人になっているかも知れないが、その姿を見ることはない訳で、だから、若い時のイメージのまま私たちの記憶に残っているのは良いことだと思っている。

 田原氏は75歳だそうだが、80歳を越えても働いている方がいるのだから、75歳だとしても引退すべきだとは言わないが、公共の電波を使って人様の話を聞かずに、自分の考えを押し付けて不愉快な思いをさせているような老人は、前述したように娯楽としてのテレビの楽しみを奪うようなものではなかろうか。

 既に報道されているが、4月25日に放送されたテレビ朝日の「朝まで生テレビ!」での中で、北朝鮮による拉致被害者の有本恵子さん=拉致当時(23)=と横田めぐみさん=同(13)に安否について「外務省も(2人が)生きていないことが分かっている」と発言したそうである。有本さんの父親、明弘さん(81)と母親の嘉代子さん(83)は、その発言の真意を確かめることと、16日に、田原氏を相手取り計1千万円の慰謝料を求める訴えを神戸地裁に起こすとのことで、田原氏を初め偏向マスコミは好き勝手なことを言いながら責任も取らないのはいつものことだが、生きていないのであれば、その根拠を示すべきだとの反論に対して、情報源を明かせないとして逃げているのだから話にならない。

 有本さんや横田さんが生きていないとする情報は田原氏の言によると、外務省の幹部から聞いた話らしく、取材を録音したテープもあるそうだが、もし、その外務省の幹部が、有本さんらは生きていないとする情報を把握していたとすれば、それを有本さんや横田さんの家族に伝えず、なぜ、北朝鮮とのつながっている疑惑のある田原氏のような者に伝えたのか大いに疑問である。

 日本国内において拉致被害者死亡説が広まるのは北朝鮮にとって望むところであり、だから偽の死亡証明証を出してみたり、偽の遺骨を出して、拉致事件は解決したとの演出をしてきた訳で、それは反対に「北朝鮮は信用出来ない」とする国民世論となってしまった訳で、田原氏は有本さんらの死亡説を外務省の幹部が掴んでいると言っているが、それが正しいとは外務省の幹部としても言えないから、有本さんの家族らに伝えてこなかったかも知れない。

 にも関わらす、「生きていないことが分かっている」という風評のようなものを流したのは無責任であり、それは拉致事件の解決を諦めさせる北朝鮮の目論見に田原氏が乗ってしまったのも同然で、有本夫妻にとっては慰謝料を貰うのが目的ではなく、政府が拉致被害者は生きているとの前提で拉致問題の解決に努力しているのに、田原氏が死亡説を公共の電波を使って流したとの衝撃は大きいとし、だから真相究明のために提訴したのであろう。田原氏が明かせないとしてきた情報源を裁判の過程で明らかにするかどうか不明だが、明らかになればなったで、また騒動となるからして、それはそれで期待したいと思っている。
(2009/07/17)   

写真:公共の電波を使って人様に不愉快な思いをさせている田原総一朗
   

コメント (5)

民主党政権ならば北朝鮮船貨物検査法案は成立しないかも

2009年07月15日 23時33分37秒 | 民主党関連

北朝鮮貨物法案、与党が民主党に幹事長会談を申し入れ 民主は難色

2009.7.15 17:34

 自民党の大島理森(ただもり)国対委員長は15日午前、民主党の山岡賢次国対委員長に対し、自民、公明、民主3党による幹事長会談を呼びかけた。

 北朝鮮関連船舶への貨物検査を可能にする特別措置法案を今国会で成立させるためだが、山岡氏は、麻生太郎首相に対する問責決議を参院で可決したことを理由に、難色を示した。

 貨物検査法案は、14日の衆院本会議で与党の賛成多数で可決され、参院に送付された。しかし、野党は、参院で問責決議を可決後、一切の審議に応じない方針を決めており、衆院解散に伴い、審議未了廃案となる可能性が濃厚となっている。
(産経新聞)

(引用終了)


 民主党は、北朝鮮関係船舶の貨物検査を可能にする特別措置法案に賛成する方針で、鳩山由紀夫代表も「反対する立場ではない」と表明していた記憶があるが、都議選に勝利した勢いで、次期衆院選も勝利間違いないと確信したのであろうか、もう与党の言うことは聞かないとして、同法案が、14日の衆院本会議で与党の賛成多数で可決され、参院に送付されたものの、参院で麻生総理に対する問責決議を野党の賛成多数で可決したことから、一切の審議に応じていないようであり、21日には衆院解散となることからして、このままでは審議未了廃案となりそうである。

 鳩山代表は同法案に関して「緊急性がある話では必ずしもない。政権を取った後速やかに審議し、成立を図っていくことが必要だ」と述べたそうだが、北朝鮮関係船舶の貨物検査は国連安保理において日本の主導によって決まった対北朝鮮経済制裁決議案の一環でありながら、その日本が衆院解散があるからとして、審議を拒否して先延ばししたのでは世界の国々から信用を失うであろうし、特に北朝鮮に対して誤ったメッセージを送ったのも同然であろう。

 衆院解散は21日の予定であり、それまでの間に審議し可決成立させようと思えば出来る訳であり、確か民主党は国連中心主義のはずだが、その国連で決まったことであるならば与野党問わず全会一致で法案を通すのが筋であろう。だが、政権を取ることしか眼中にないようであり、仮に民主党が政権を取ったとしても、党内には旧社会党の残党はいるし、朝鮮総連から支持を得ているようでは成立するかどうか分かったものではない。

 今は野党の一員だとしても、いつかは政権を取りたいと思っているであろうが、その目的だけで動いたり、動かなかったりしているから「政権を取った後速やかに審議し、成立を図っていく」などとの発言が出てくる訳で、緊急性がないのであれば、政権を取った後速やかに審議する必要もないだろうからして、ゆっくり審議すれば良いではないか。

 鳩山代表に対する献金がどこからのものなのかが良く分かるコメントと言って良いであろうし、現在実施中の対北朝鮮経済制裁に関しても、民主党政権になれば緩和されるか、中止になる可能性もあるだろう。献金を貰っていれば、制裁など出来る筈はないからであり、民主党は外国人でも党員になれるそうで、またサポーターと称する者にも外国人がいるかも知れず、その外国人が要求している参政権などが民主党政権となった場合に実現する可能性は高いと言えるし、民主党の政権交代の目的は支那と北朝鮮、韓国に対して友愛を持って接して、様々な便宜を図って利することであり、それとは反対に日本の国益は大きく損なわれ日本が日本でなくなるかも知れないのである。
(2009/07/15)

コメント (2)

鳩山代表の疑惑を隠して都議選で勝利した民主党

2009年07月14日 00時39分29秒 | 民主党関連

  12日に投票が行われた東京都議選は、自民公明が過半数割れし、民主党が改選前の34議席から53議席に躍進し、自民党に代わって初の都議会第1党になった。多くの都民が民主党公認の候補者に投票した結果だが、その結果を事実は事実として受け止めなければならないとしても、民主党のどこが良くて投票したのか聞いて見たいものだ。

 告示直前になって公認されたばかりで知名度もなく、政治家として通用するかもどうか分からない方が民主党の候補者だと言うだけで、投票し、当選させてしまって良いのかと言うことでああり、政治を左右する有権者の判断は重いものだが、偏向マスコミによって作り出されている民主擁護と、政権交代への流れに対して、疑問を感ずることなく、何となく民主を支持したとなれば、その判断が正しいとは言えないであろう。

 民主党は鳩山代表の個人献金虚偽記載問題を都議選勝利の勢いで、沈静化を狙っていることであろうが、世論調査では、鳩山代表の説明に納得出来ないと回答する者が多いにも関わらず、次期総理にふさわしいとして麻生総理よりも鳩山代表をあげ、また鳩山代表の辞任を求める者は少ないのは何とも奇妙な話だ。

 虚偽記載とは大変大きな問題であり、また脱税の疑いも出てきているにも関わらず、そのような疑惑を抱えながら政権交代が行われたならば、鳩山代表は総理に就任後に、この問題に加えて新たな疑惑が発覚すれば、国会で追求されることであろうし、今のように「秘書を信頼したのはうかつだった」などと答弁すれが審議は止まることは間違いないだろう。

 総理大臣なってすぐに議員辞職に追い込まれるようになったとしたら、世界からの日本の政治に対する評価は落ちるところまで落ちるであろうし、それを回避するには民主党は鳩山代表を総理にさせないことである。それよりも、偏向マスコミの世論誘導に騙されないことであり、民主党に政権を託して安心なのか。「日本列島は日本人だけの所有物ではない」「定住外国人の参政権ぐらい当然、付与されるべき」などと言っている鳩山代表がもし総理に就任すれば、売国法案を次々に成立させることは間違いない。

 都議選で、民主党が勝利したのは偏向マスコミが鳩山代表の個人献金虚偽記載問題を隠匿したからに他ならず、まさに日本をダメにするために偏向マスコミと民主党は協同歩調をとっていると思って良さそうであり、偏向マスコミが擁護するような政党で、良かった政党など今まで一度もないからである。
(2009/07/14)

写真:個人献金虚偽記載問題を抱える民主党の鳩山代表
   

コメント (29)

与那国への陸自配置に反対する声だけを紹介する中日新聞

2009年07月12日 23時42分20秒 | 偏向マスコミ

陸自配置で割れる与那国 賛成「島の振興に」、反対「中国を刺激」

   防衛省が南西諸島の国境にある沖縄・与那国島に陸上自衛隊の部隊を配置する検討を始めたことが波紋を広げている。島の近くには中国が領有権を主張する尖閣諸島があり、中国は警戒の目を向ける。島内でも経済効果への期待がある一方、緊張を高めれば台湾との交流で島おこしを目指す構想が台無しになるとの懸念もあり、意見は割れている。

 「私が来たことが答えだと思ってほしい」

 8日、歴代の防衛庁長官・防衛相として初めて与那国町を訪れた浜田靖一防衛相は、外間守吉町長にこう答えた。外間町長は先月30日に上京し、浜田氏に陸自配置を要請したのだった。浜田氏との会談後、外間町長は「100人規模の駐屯地ということでお願いしたい」と期待を示した。

 与那国町が陸自を誘致するのは、衰退する島の振興のためだ。かつては台湾との交易で栄えたが、現在の人口はピーク時の8分の1の約1600人に減少。切り札として陸自配置を求める声は強く、町議会は昨年9月に誘致を決議していた。

 一方の防衛省としても、与那国島など南西諸島の防衛は現行の「防衛計画の大綱」で掲げた課題。第一弾として、那覇の陸自第一混成団を本年度末に旅団へ格上げし、2100人に強化する予定だ。浜田氏は「災害でもできることがある。議論は当然だ」と、与那国への配置に積極的だ。

 だが、警戒の目を向けるのは中国だ。尖閣諸島の南約150キロの与那国島に陸自を配置するのは、尖閣諸島の実効支配を強化するものでもあるからだ。中国外務省の秦剛副報道局長は「日本がこの地域での平和と安定に結び付く行動を取るよう希望する」と陸自配置をけん制する。

 島内世論も割れる。与那国町は「国境交流構想」として台湾との直接航行を復活させ、島の活性化を目指している。陸自配置で中国を刺激すれば台湾との交流にも阻害要因に。「昔からの自然な結び付きの中で島おこしを考えていたのに軍隊が来ては国家と国家が角突き合わせる話になってしまう」。構想を進めてきた関係者の一人は、そう言ってまゆをひそめた。
(中日新聞 2009年7月12日 朝刊)

(引用終了)


 偏向マスコミの姿勢の一つに、近隣諸国とは友好関係を維持したいがため日本の方から刺激を与えてはならないとするものがあり、例えば支那が東シナ海で日本の権益を犯してガス田開発を継続していることや、日本固有の領土である尖閣諸島の領有権を主張しているだけでなく、先島諸島近海において原潜による領海侵犯が行われたのは、沖縄までも奪おうとしている証左ではないかと思われるが、そのような事態になっても日本の方から支那を刺激させるような行動をしてはいけないと言う訳である。

 今まで支那が「日本を刺激するから」との理由で、日本近海における軍事行動などを自粛したことなどなく、反対に敢えて日本を刺激することばかりしてきたと言って良く、であるから、支那を牽制する意味からも、刺激することならば何でも行った方が良いし、今回、防衛省が沖縄・与那国島に陸上自衛隊の部隊配置を検討していることも、確かに支那を刺激するかも知れないが、だからと言って何が問題なのかと言いたい。

 与那国島に陸自配置が検討されていることが明らかになると、まさに予想通りの記事が中日新聞に掲載されており、それは陸自配置によって支那を刺激することになり、また与那国町では「国境交流構想」として台湾との直接航行を復活させ、島の活性化を目指しているそうだが、陸自配置で台湾との交流にも阻害要因にもなるとこの構想を進めてきた関係者の一人は話しているとのことである。

 だが、外間与那国町長は浜田靖一防衛相に対して陸自配置を要請し、町議会も昨年9月に陸自誘致を決議しているなど実名が記載されているにも関わらず、なぜか陸自配置に反対する「関係者の一人」と称する方だけは匿名になっているのは不可解であり、そもそも支那を刺激するからでは理由になっておらず、支那の方が刺激をするから配備するのではなかろうか。

 自衛隊がイラクに派遣された際にも、「たった一人の派遣反対運動」を記事にしていた偏向マスコミだが、今回の「関係者の一人」と称する陸自配置に反対する者も一人かも知れないし、そうなると、中日新聞が敢えて記事にするまでもなく無視しても良いであろう。それよりも町議会が陸自誘致を決議しているようでは、陸自配置を求める島民の声は相当あったであろうが、それを紹介せずして、反対する「関係者の一人」の声だけを紹介するなどしているから、偏向マスコミと言われているのであり、中日新聞と言うくらいだから、中国(支那)の立場で記事を書いているのかも知れないし、それは、この記事の中に、なぜ与那国に陸自配置が必要なのかについて何の記述もないからである。
(2009/07/12)
   

コメント (6)

自分達が提出した法案の審議を拒否する民主党

2009年07月10日 23時35分04秒 | 民主党関連

 衆院倫選特委が流会 民主欠席で質疑できず

2009.7.10 11:52

 衆院政治倫理・公選法改正特別委員会は10日午前、政治資金規正法改正案を提出した民主党議員が欠席したため、質疑ができないとして流会となった。

 民主党は9日の理事会で改正案の10日採決を要求。与党側は拒否し、河本三郎委員長(自民)が職権で10日の質疑続行を決定したため、民主党は委員会欠席を表明していた。今後、審議には応じない意向だ。

 委員会では与党を中心に鳩山由紀夫民主党代表の政治資金虚偽記載問題の追及が続いていた。
(産経新聞)

(引用終了)

 鳩山由紀夫民主党代表の資金管理団体による政治資金収支報告書の虚偽記載問題は、「すべて秘書が勝手にやったことだ」と鳩山氏は説明し、国民からの批判は甘んじて受けると言っているようだが、責任をとる様子はないようである。ならば秘書を告訴するなりして、なぜ故人や献金の事実がない者などからのいわゆる偽装献金が行われてしまったのかを明らかにすることが政治家としての責任であろうが、告訴する様子もないとなれば、鳩山氏も偽装献金を知っている共犯であるとしか思えない。

   その民主党内から鳩山氏に対して、代表辞任を迫るなどの批判の声がほとんどなく、反対に擁護する声ばかりなのは、民主党に所属する議員の不祥事に関しては、お互いに庇い合い批判は控えるとの取り決めでもあるのかと勘ぐってしまう。

   水と油のように決して混じり合うことがない考え方を持った連中がそれでも集まって政党の体をなしているだけに過ぎないのに、お互いに庇い合い批判は控える事に関してはなぜかまとまっている訳で、これでは小沢前代表の件でも分かるように党内には自由も民主主義もない証左と言えるし、そのような政党が「民主」党を名乗っているのだから、何が何だか分からない。

  報道によれば、10日午前、民主党が提出した政治資金規正法改正案を河本三郎委員長(自民)の職権で開いた衆院政治倫理・公職選挙法改正特別委員会において審議しようとしたところ、民主党は欠席したそうである。その理由は鳩山氏の政治資金収支報告書の虚偽記載問題を与党が追及していることのようであり、だが、この問題が発覚した際に鳩山氏は「民主党には関係ない。あくまで『衆議院議員・鳩山由紀夫』として説明する」として会見に応じた記憶があるが、にも関わらず、党の方針なのか委員会を欠席したのは不可解であり、矛盾の何者でもない。 

 批判するのは得意のようだが、同じ問題で批判される立場になると、逆切れして逃げ出すようであり、民主党が提出した法案でありながら、欠席して審議拒否するとは法案を成立させる気がないも同然で、これでは、もし民主党が政権与党になった場合でも、審議拒否が行われるかも知れず、国会が混乱するのは明らかであろう。

 しかし、偏向マスコミによる民主党擁護の姿勢は変わることはなく、それは民主党をますますダメにすることにも繋がるし、それは日本をダメにすることであり、偏向マスコミから批判されない政党や政治家が政権を担当することは国民に不幸をもたらすことは間違いない。
 (2009/07/10)
    

コメント (12)

慰安婦展を開催するサヨク団体にはなぜか優しい共同通信

2009年07月08日 23時59分43秒 | 偏向マスコミ

三鷹で慰安婦パネル展が暗礁に 反対団体、会場を重複予約

   市民団体が従軍慰安婦問題を扱うパネル展のため東京都三鷹市の施設を会場予約したが、開催に反対する団体が「予約の申請書類が出ていない」として後日、同じ会場を重複して予約したため、開催が危ぶまれていることが6日、分かった。

 主催者は「過去にも口頭で予約しており、市の手続きミス」と批判。会場の市民協働センターを管理する市コミュニティ文化室は「2団体とも正式受理せず保留扱い。数日中にどうするか決めたい」としている。

 主催者の「フィリピン元『慰安婦』支援ネット・三多摩」によると、パネル展は今月29日~8月3日。4月にセンターに口頭で会場予約し、市は6月26日に市のホームページに「中学生のための慰安婦展」とイベント案内を掲載した。

 市などによると、このころから市や主催者に中止を求める電話やメールが相次ぎ、市はイベント案内を削除。さらに中止を求める「在日特権を許さない市民の会」などが、支援ネットが会場を借りる申請書を出していないことを確認し、パネル展と同じ時期に会場を借りる申請書を提出。その後、支援ネットも申請書を出し、予約が重複する形になった。
2009/07/06 20:42 【共同通信】

(引用終了)


   新聞記事であったか、本で読んだのかは確かな記憶はないが、小学生の子供から「お父さん。売春って何のこと」と尋ねられた父親は、返事に困って「良く分からないが、春にデパートなどでやる大売り出しのことではないか」と嘘をついたそうである。その後、その小学生の子供を連れて、あるデパートに買い物に行ったところ、入り口に「スプリング セール」と書かれた大きな看板があったことから、その子供は「お父さん。ここで売春やっているよ」と声を出したそうで、当然ながら周囲の買い物客の笑いを誘った訳であり、その父親としては赤面して、穴があったら入りたい心境であったであろうが、だからと言って小学生の子供に本当の意味の売春と何かを教えるのは早すぎることは言うまでもない。

   共同通信によれば、東京都三鷹市の市民協働センターにおいて、「フィリピン元『慰安婦』支援ネット・三多摩」が主催する「中学生のための慰安婦展」が、今月29日~8月3日に開催する予定になっているそうである。だが、会場予約の不手際から開催が危ぶまれているのは自己責任であろうから仕方がないとしても、中学生であっても慰安婦すなわち売春婦のことを教えるのは早すぎると言えるし、今月29日からとなれば夏休みに入ってすぐだが、この慰安婦展にわが子を連れて行く親がいるとは思えないし、もし、そのような親がいるとしたら、その親の家庭教育は間違っていると言えよう。

   開催が危ぶまれているのとの記事を良く読むと、慰安婦展の開催に反対する「在日特権を許さない市民の会」などが、支援ネットが会場を借りる申請書を出していないことを確認し、パネル展と同じ時期に会場を借りる申請書を提出したとのことで、これでは開催が危ぶまれている原因は申請書を出していなかった支援ネット側にあり、在特会にはないのは明らかだが、そうなると「三鷹で慰安婦パネル展が暗礁に 反対団体、会場を重複予約」との見出しは誤りであり、記事の内容を読まず、見出しだけを読んだだけでは、在特会が嫌がらせのために予約したかのような印象を受けてしまうが、いつものようにサヨク団体にはなぜか優しく、都合の良いような記事を書く偏向マスコミの特癖の一つである。

   また「重複予約」についても変であり、支援ネット側が「過去にも口頭で予約しており、市の手続きミス」と批判しているそうだが、市の施設などを借りる場合は、電話で仮予約をしても、一定期間内に、使用申請書を提出し、使用料を納めて正式な使用承認となるのは普通であろう。支援ネット側が一定期間内に、電話での仮予約以外に何もしていなければ、予約を放棄したも同然であろうからして、先に申請書を提出した在特会の方が正式な予約とみなされる訳で、支援ネット側があわてて申請書を提出したとしても、すでに予約が入っているのだから「重複予約」とするのは誤りであり、支援ネット側は日程をずらすか、会場を変更するしかないであろう。
(2009/07/08)
  

コメント (8)

経団連の武器輸出3原則の見直し提言に賛同する

2009年07月06日 01時33分41秒 | 政治

武器開発「乗り遅れ」懸念  経団連「輸出3原則」見直し提言

 日本経団連の防衛生産委員会(委員長・佃和夫三菱重工会長)は3日、年末の「防衛計画の大綱」改定に向け、戦闘機などの国際的な共同開発に参加できるよう武器輸出3原則の見直しを求める提言案をまとめた。共同開発に加わらなければ、最新鋭機器を調達できない可能性が高まるなど、防衛力強化に支障をきたしかねないためだ。経団連は14日の理事会で提言を決定し政府与党に実現を求める。

 次世代戦闘機F35が、米国を中心にイギリス、イスラエル、シンガポールなどの各国共同で開発されるなど、武器や装備品の国際共同開発が主流になりつつある。武器の機能が向上し、開発費用が高額になってきたことがその背景にある。

 提言案はこうした現状を踏まえ、「1国だけで最先端の装備を開発・生産する時代は終了したと言っても過言ではない」と強調。米国などが軍事技術の流出に神経をとがらせる中、共同開発に参加できなければ、最先端の装備を求めても、「グレードの低い装備を提供される可能性が高い」と指摘した。

 このため、国際共同開発に開発初期から参画できるよう提案。国際共同開発の前に行われる民間企業間の基礎技術の共同研究への参加や、国内での装備開発時に必要な海外の部品調達に際し関連技術の海外への提供を可能にするように求めた。

 また、国の防衛関係費の減少傾向が続いていることから、戦闘機や哨戒機、護衛艦などの高度な装備のほか、独自開発が必要な潜水艦や戦車、宇宙を利用した早期警戒衛星などに予算を重点的に配分することも求めている。

 武器輸出3原則については、自民党国防部会が緩和を盛り込んだ提言を出しているほか、政府の「安全保障と防衛力に関する懇談会」でも見直しの方向で議論が進んでいる。

                 ◇

【用語解説】武器輸出3原則

 1967年の佐藤栄作首相(当時)が決めた際には、輸出禁止先が共産圏や国際紛争当事国などに限られていた。76年の三木武夫内閣当時の政府統一見解で事実上、すべての武器と関連技術の輸出が禁じられた。その後、米国に限っては技術提供が認められ、ミサイル防衛システムでは共同開発や共同生産なども可能になった。しかし、米国以外の国との共同開発は不可能なままで、防衛力の維持・強化に支障が出始めている。
(2009/07/04 サンケイ・ビジネスアイ)

(引用終了)


   海上自衛隊に配備されている「US-2型救難飛行艇」は、開発製造してい新明和工業株式会社によると、救難救助に加え、消防、旅客輸送、物資輸送、海洋観察といった用途拡大も可能であることから、国内初の大型輸送機の輸出を視野に営業活動を行っているとのことであり、そう言えば、数年前に海外から森林火災などの消火の際に大型水槽を備えた飛行艇として輸出を求められているとの記事が産経新聞に掲載されていた記憶があるが、その後、実際に輸出された様子はないようである。

 US-2は武器も搭載しておらず、明らかに民生用の飛行艇ともなりうるにも関わらず、輸出されなかったのは、自衛隊で使用しているとの理由だけで反対する連中がいることや、三木武夫内閣当時に武器輸出3原則との政府統一見解が示され、すべての武器と関連技術の輸出が禁じられているからである。

 この武器輸出3原則があるがゆえ、コストダウンが出来ず、自衛隊が使っている武器は世界一高価だと言われており、そのために毎年のように莫大な防衛費をかけているにも関わらず、武器の調達が思うように出来ず、三木内閣の政府統一見解を今まで守ってきたための損失は計り知れないものがあり、おそらく数十兆円を越えるのではあるまいか。

 日本経団連の防衛生産委員が、戦闘機などの国際的な共同開発に参加できるよう武器輸出3原則の見直しを求める提言案をまとめたとの報道がなされているが、経団連の提言の中に「1国だけで最先端の装備を開発・生産する時代は終了したと言っても過言ではない」と強調しているのは、武器開発には膨大な開発費が掛かるからに他ならず、この提言は極めて当然で、現実的であり全面的に賛同したい。

 もし武器輸出が解禁されたからとしても、支那、韓国、北朝鮮などの軍拡に貢献するようなことはせず、武器輸出はもちろんのこと、技術提供もしてはならず、また共同開発など絶対にしてはならないのは当然である。

 紛争の拡大を狙って紛争当事国などに武器輸出をすることは「死の商人」と言われており、それは日本という国の信用にも関わることでしてはならないが、そうではなく日本と友好関係にある国へ武器が輸出されることになれば、むしろ、日本に対して敵対心を持っていないことを示すものであり、かえって友好関係は深まるであろうし、今でも東南アジア諸国から、退役する護衛艦を譲って欲しいとの要望が来ているが、政府として、それに応えるべきではなかろうか。

 イラクに派遣された陸自部隊の装備品で、外国軍隊の注目を集めたのは「軽装甲機動車」だったらしく、それをバックに陸自隊員と記念写真を撮ったり、「輸出してくれないか」との要望があったらしいが、輸出が可能となって大量生産が出来るようになれば、調達価格が下がることになるからして同じ防衛費でも、装備の充実が図れる訳である。

 特亜国の恫喝によって、国防を真剣に考えなけばならなくなってきた時期に、経済の活性化と技術水準向上のために武器輸出が解禁されれば、こんな良いことはなく、輸出したり、共同開発をする国を誤らない限り、武器輸出に反対する理由もないし、日本の技術力をもってすれば、とてつもないモノを作ってしまうような気がしてならない。
(2009/07/06)

写真:海外から輸出を求められている「US-2型救難飛行艇」
 

コメント (7)

支那が反発すれば陸自部隊の与那国配備は効果あり

2009年07月04日 00時09分53秒 | 防衛省・自衛隊・安全保障

与那国に陸自配備検討 防衛省 中国など反発の恐れ

2009年7月2日 朝刊

   防衛省は一日、陸上自衛隊の部隊を南西諸島の国境にある与那国島に配備することを検討する方針を固めた。同省首脳が明らかにした。日本防衛の重点を旧ソ連を仮想敵国とした北方から南西諸島に移す配置見直しの一環。年末に決定する新「防衛計画の大綱」に反映させたい考えだが、周辺には中国が領有権を主張する尖閣諸島があり、中国の反発も予想される。

 沖縄県には現在、那覇に陸上自衛隊第一混成団が置かれている。混成団は島しょ防衛を打ち出した現大綱に基づき、本年度末に旅団に格上げされ、約千八百人から二千百人へ増強される。しかし、与那国など先島地方は沖縄本島から約五百キロ離れており、部隊配備を検討することとした。

 外間守吉・与那国町長は先月三十日、浜田靖一防衛相を訪ね、陸自誘致の要望書を手渡した。浜田氏は「国境の島である与那国島は国防上も重要」と積極的に検討する考えを表明。近く与那国町を視察する意向も伝えた。

 与那国島への部隊配備は以前も検討されたことがあるが、インフラ面の不備などから見送られた経緯がある。また、与那国町は台湾との直接航行で振興を目指す「国境交流構想」を推進中で、地元には部隊配備で周辺国を刺激し、構想が停滞すると心配する声もある。
(東京新聞)

(引用終了)


  15年位前だが、沖縄県にある石垣島、西表島に行ったことがあり、那覇で石垣行きに乗り継いだ際に搭乗した飛行機は当時南西航空と言っていた航空会社のものであった記憶がある。石垣空港に到着して、タラップを降りて空港ビルまで歩いて行く途中に、10人位しか乗れない小さなプロペラ機が駐機しているのを見たが、後で聞いたところ与那国島行きのようで、石垣島まで来ても、ずいぶん遠くに来たものだとの印象があったのに、与那国島はさらに台湾寄りにあるとのことで、まだまだ遠い訳で、日本も随分広いものだと思った次第である。

 台湾で行われてた総統選の際に、支那はミサイルを台湾北部の海域に撃ち込み、これを牽制したことがあるが、晴れた日には台湾が見えるという与那国島の方は、怖くて漁にも出られなったそうであり、また海自はおろか海保も与那国周辺海域に派遣されることはなく、島民は「万一の場合、助けてもらえないかも知れない」と思ったとしても不思議ではないし、その不安から、自衛隊を誘致する声が島民の中から沸き起こったのは当然と言えよう。

 東京新聞が報じるところによれば、その与那国島に陸上自衛隊の部隊を配備することを防衛省は検討する方針とのことで、これは島民を安心させると共に、支那への牽制になることからして、一旦部隊の配備を決めたならば、支那が何と言おうが、中止するようなことがあってはならず、それは、また島民を落胆させることであるからである。

 東京新聞は支那の反発を予想しているようだが、だから何か問題でもあるのかと言いたくなるし、日本の領土のどこに自衛隊を配備するのか決めるのは日本であり、支那が反発するかも知れないとして、配備しないと言うことはあり得ない。これで支那が本当に反発してきたならば、牽制になった訳であり、であるから、陸自部隊の与那国島配備の効果があるかないかは支那の反発の有無で分かる訳だ。

 それにしても偏向マスコミの特徴だが、特に特亜関係の報道となれば反発を煽るような記事を書くようであり、それこそ余計なことだと言わざるを得ないし、今回の与那国島への陸自部隊の配備が、日本の安全保障上なぜ必要なのかを日本人の立場で考察すれば良いのであって、それがなされないから偏向マスコミとかマスゴミとか言われているのではなかろうか。
(2009/07/04)

写真:与那国島の位置(東京新聞から)

コメント (12)