私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

掲示板 2007年12月分過去ログ (16103~16147)

2007年12月31日 21時48分35秒 | 掲示板過去ログ2007年分

16147.寒いですね     
名前:forest(管理人)    日付:12月31日(月) 21時48分
>ピカドンさん

偏向マスコミが民主党の政権公約に危険性があり、とても政権党としてなりうる政党ではないことも報じず、そのために民主党への支持が高いことを危惧してい ます。もし政権を獲得したら、国民は初めて騙されていたことに気づくでしょうが、失われた10年どころか、もっと長く影響が残るでしょうね。

今日は一段と寒い感じですが、今年と来年は宮番になっているので地区の神社に初詣にくる方への世話役として間もなく出掛けます。3時間位は寒空の中にいな ければなりませんので防寒対策の準備をしています。これも地区の一員として氏神様をお守りすることは順番になっているので仕方ありません。

色々あった一年ですが、お世話になりました。今年より来年が良い年になることを願っております。


16146.今年を振り返って     
名前:ピカドン    日付:12月31日(月) 19時26分
色んな事があった一年でしたが、
ただただ、この国が普通の国になる事を願うだけです。
日本がまともな国として再生される事を願って止みません。

寄せ集めの売国腐れ左翼に政権を渡してはいけない。自分の手で自分の首を絞める様なものだ。

昨夜からの雪で、山間部はすっかり雪景色になりました。少しお正月らしくなりました。
来る年が皆様にとって幸多からんことを。良き年をお迎え下さい。
管理人様 今年一年ご苦労様でした。


16144.中国は『熱烈歓迎』協力期待     
名前:ホッシュジエンの国内ニュース解説    日付:12月28日(金) 9時49分
中国政府は、福田総理大臣の中国訪問について「熱烈に歓迎する」と
述べたうえで、首脳会談を通して日中両国が政治的な信頼関係を深め、
各分野の協力を進めていくことに強い期待感を示しました。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    対米協力で反中国感情をウェブで盛んに
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  /    煽らせてるのは、もう先刻ご承知の事だろう。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l いってらっしゃい。(-∀-)

07.12.28 NHK「中国は『熱烈歓迎』協力期待」
http://www.nhk.or.jp/news/2007/12/28/k20071227000160.html


16142.イラク 自爆テロ相次ぐ     
名前:ホッシュジエンの国内ニュース解説    日付:12月26日(水) 13時9分
25日、バグダッドの北200キロのベイジで、プロパンガスを
配給していたトラックに自動車が突っ込み、爆発しました。この
爆発で周辺にいた25人が死亡、85人がけがをしました。ベイジは
イスラム教スンニ派の住民が多い石油精製の拠点で、現場は精製施設
で働く従業員が住む住宅街です。爆発の際には、ガスの配給を受けよう
と大勢の人たちがボンベを持って集まり、地元の自警団と警察官が警備
に当たっていたということで、爆発物を積んだ自動車による自爆テロと
みられています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __     またテロだ。そして相変わらず
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  /    犠牲者は民間人だけだ。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| という事はまたブッシュ政権が対テロ政策
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 正当化のために動き出したという事ですね。(・A・ )

07.12.26 NHK「イラク 自爆テロ相次ぐ」
http://www.nhk.or.jp/news/2007/12/26/k20071226000016.html
07.12.26 NHK「南米ボリビア 爆弾テロ相次ぐ」
http://www.nhk.or.jp/news/2007/12/26/k20071225000086.html


16133.偏向放送局の連中の高笑いが聞こえる改正放送法     
名前:forest(管理人)    日付:12月25日(火) 21時51分
>たろうさん

NHKは民放がなかった時代であればまだしも、いまでは必要があるかないかと問われれば「必要ない」と答えますね。だいたい受信料は高いし、同じ金額を出 せばBSやCS、スカパーなどから選択すれば遥かに多くの放送を受信することが出来ます。給与も高いようで、また人も多いようで、以前NHK教育TVのあ る番組の収録を依頼され手伝ったことがありますが、「なんでこんな沢山人が来るのか」との印象があります。改正放送法は改悪ですね。偏向放送局の連中の高 笑いが聞こえるようです。


16132.ネパール王朝滅亡へ     
名前:abusan    日付:12月25日(火) 11時46分
読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20071224i211.htm

ギャネンドラ国王は贅沢を極め、皇太子も良からぬ噂が多く立ち
各政党は王制廃止で一致したそうです。天皇陛下こそ心をお痛め
になられてると想像しますが、プータンの国王は「明日は我が身」
ぞと王室の人々を叱咤された事でしょう。

先帝の教えは大事だと言うことをネパールは示したと言えます。
http://blog.so-net.ne.jp/absente/


16131.醜い経済大国     
名前:kodaimoso_hahe    日付:12月24日(月) 22時59分
醜い経済大国では、国民を少ない報酬でたくさん働かせるノウハウについて日夜 研究されているのでしょうか


16130.放送法改正     
名前:たろう    日付:12月24日(月) 22時50分
フォレストさんの主張のとおりですね。
私も改悪だと思っていました。NHKなどそもそも必要なのでしょうか?
政治家はNHKが恐くて、そのことを誰も言わない。
チャンネル桜の水嶋さんによりますと、NHK職員の平均給与は民放よりも高いとか。その民放は民間のトップクラスですから、
それは、法外な額と考えて間違いありません。
先の参院選挙では民放もNHKも格差、格差とバカのひとつ覚えのように
言っていましたが、公共の電波を使って格差の恩恵を十二分に享受しているのが彼ら放送人です。
安倍政権が倒れて、いやな世の中がやってきましたね。
だめなものはだめだと勇気を持って我々も言い続けるしかありません。


16129.びら配り     
名前:たろう    日付:12月23日(日) 12時31分
こんなあたりまえすぎることを一審が無罪にしたことこそ驚きですね。


16125.福田首相はどうにかしてしまったのでしょうか?     
名前:ヒロ    日付:12月22日(土) 22時15分
北朝鮮の軽水炉建設費債務、日本が事実上「肩代り」
北朝鮮の核実験
 政府は、北朝鮮が返済することになっている朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)の軽水炉建設費用に対する国際協力銀行(JBIC)の融資残高448 億円について、事実上、肩代わりすることを決めた。

 政府がKEDOに資金を拠出し、KEDOが同銀行に返済する形を取る。資金の拠出は来年度から最長5年間にわたり、来年度当初予算案に約90億円を計上 した。

 外務省幹部は21日、「北朝鮮に今後、返済を要求する」として、「肩代わり」ではないとの立場を強調した。ただ、「北朝鮮が今後、返済に応じる可能性は ほとんどない」(政府関係者)と見られており、北朝鮮の債務を日本国民の税金で補てんする形となるのは不可避の情勢だ。与党内からも、対応を疑問視する声 が出ている。

 日本政府は1999年4月に、KEDOが北朝鮮に供与する軽水炉型の原子力発電所2基の建設資金として1165億円(10億ドル)を上限に、JBICが KEDOに融資することを閣議決定。融資分は、北朝鮮がKEDOを通じて返済するが、北朝鮮が返済しない時は、日本政府が損失補てんするとしていた。北朝 鮮の核兵器保有宣言などを受け、06年5月に軽水炉建設事業の廃止が決まり、448億円が焦げ付いた。

(2007年12月22日9時11分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20071222i202.htm
--------------------------------

 こんなにお金が有るのなら薬害肝炎訴訟の和解金に充当できないのでしょうか?何故、ヤクザのような北朝鮮の借金を肩代わりするのでしょうか?韓国で新し い大統領が決まった事と何か関係が有るのでしょうか?大統領選挙の公約で日本がお金を出すと言っていた金額と同じなのが気になります。何か裏取引でも有る のかと勘ぐってしまいます。


16122.和解案拒否     
名前:オコゼマン    日付:12月21日(金) 17時52分
薬害C型肝炎訴訟和解案を原告側が拒否しましたが、どうして蹴ったのでしょう か?私には理解出来ないのです。

「福田総理が被害者を突き落とした」等と言う表現が報道されていましたが、そう云わせた政党が裏に居る気がしたのは私だけでしょうか?

マスゴミはそろって政府批判的な印象操作をしている様にしか見えません。

そもそもC型肝炎治療に決定打は無く、治癒率は極めて悪いのが現状です。
もし国の過失以前の分まで救済(金を払う)前例を作ると、今後の新薬承認に影響が出るのは必至だと思います。

原告にそこまで考えている人は居ないかも知れませんが、万一C型肝炎治療の特効薬が開発されたとしても、妙な救済などが足かせとなり、世界中で日本だけ新 薬承認が遅れ事態となれば、困るのは患者だと思いますが・・・

そんな事はどうでも良い人達(一部の政党を含む)が、和解案拒否の糸を引いた気がするのですが、考え過ぎでしょうか?


16112.自爆テロ推奨の子供向けDVD販売 英国     
名前:ホッシュジエンの国内ニュース解説    日付:12月20日(木) 17時39分
 イギリス中部・リーズで自爆テロを推奨する子供向けのDVDが販売されて
いたとして、治安当局は17日、出所を特定するための捜査を始めた。
 DVDに収められているのは、母親が自爆テロを行った後に娘も後を追う
決意をするという内容の歌。「私もママの後を追うわ」などと全編アラビア語で
娘が歌い、英語の字幕が付けられている。
 治安当局は通報を受け、このビデオの出所を特定するための捜査を始めた。
リーズは、05年7月のロンドン同時テロ事件の実行犯3人が住んでいた場所。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    自爆テロの効果はむしろ第三者への恐怖心だ。
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  /    という事はそれで得をするのは対テロ政策
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~  を推進する米・英の国家機関という事になる。
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ならビデオ製作も国家機関か委託業者ですね。(・A・ )

07.12.20 日テレ「自爆テロ推奨の子供向けDVD販売 英国」
http://www.ntv.co.jp/news/99729.html


16110.本国も在日達も本当に今でも感謝しているのですか?     
名前:ピカドン    日付:12月18日(火) 1時2分
神楽さん
こんばんわ、質問・ご指摘に少し質問が混じりますが、ご容赦下さい。

感謝をしていると言う事が
>関東大震災のとき「300人の朝鮮人を守った日本人警察署長のこと大川常吉氏」
がいた…
これを持って証明されたという事なのですか?それも戦後間もない1953年、50年以上も前の話で、当時の朝鮮人達の日本に対する思いと現在とでは日本に 対する思いは変化していると思いますが、如何でしょうか。そして今はもう在日3世の時代ですよね。
当時のそれは1つの事実としてその時代の中であった事で否定する者ではありませんが、だからとて今この2007年現在までの半島そして国内の在日達が行 なってきた、言われ無き反日は何を意味するのでしょうね。今起こっている事を1つ1つ上げても仕方のない事ですが、大川署長のお話をもって神楽さんは彼ら は今も感謝しているそれは永遠に変化していないという事で宜しいのですね?。
まぁ今現在の半島と在日達とをどう区別するか、または区別する必要はないとするか…

>あくまでも疑問に感じた事に関する質問です
DNAの事ですよね。私がそう感じている事を書いたまでですが、比喩的な書き方が神楽さんに取っては「差別的」発言と感じられたのかという事でしょうか?  もしそうであれば以前石原都知事の同様の発言に速攻噛みついたマスコミもありましたが、同様の思いをされたという事なのか、それとも単純にDNAは科学 的証明はされていないとする事に対しての警告なのか…またはその両方か?。
朝鮮族のみに見られる特別なDNAが確認されたと言うような記事を見た事がありますが、それが性格を左右するモノであるかどうかは確認されていません。
がしかし、風習、習慣や教育で大きく影響される事はあるのかもしれない。


16107.ピカドンさんに質問です。     
名前:神楽    日付:12月16日(日) 22時4分
ピカドンさん、こんばんわ。神楽です。

ピカドンさんの投稿に関して疑問がわきましたので、質問さして頂きます。

>感謝する事を知らない民族とは
関東大震災のとき「300人の朝鮮人を守った日本人警察署長のこと大川常吉氏」
がいた。助けられた朝鮮人の人たちは在日韓国人団体は1953年、鶴見区にある
大川署長の墓の横に顕彰碑を建てたそうですが?どうなっているのでしょうか?
ピカドンさんの主張が正しければ「顕彰碑」なんか建てないと思いますが?

>相手に対して嫌な思いをさせる事は彼等のDNAに組み込まれているのでしょう。
その根拠は一体なんですか?人の性格を決める遺伝子は発見されているらしいです
が、ハッキリとした事は分かってみたいで、今後の研究の成果が待たれている
段階にも関わらず「DNAに組み込まれている」という主張される根拠はいったい
何処にあるのですか?

以上、あくまでも疑問に感じた事に関する質問です。


16106.映画「南京の真実」の試写会     
名前:ego    日付:12月15日(土) 23時23分
こちらでリンクされているチャンネル櫻製作映画「南京の真実」の試写会です。

■映画「南京の真実」第一部「七人の『死刑囚』」試写会■

    日時:平成20年1月25日(金) 17時開場予定
    場所:よみうりホール
       東京都千代田区有楽町1-11-1読売会館7階
       電話03-3231-0551
http://www.yomiuri-fudousan.co.jp/yomiuri-hall/syuuhennannnaizu.html      

■映画「南京の真実」第一部「七人の『死刑囚』」撮影完了報告大会■
日時:平成19年12月14日(金)
       【昼の部】開演14時 (開場13時30分)
       【夜の部】開演18時30分 (開場18時)
場所:九段会館
       東京都千代田区九段南1-6-5 電話03-3261-5521
       http://www.kudankaikan.or.jp/access/index.html
内容:映画「南京の真実」特別予告編上映
   南京攻略戦に参加された旧日本軍の皆様の証言VTR上映シンポジウ   ムほか

これについては佐藤守さんのブログ↓
http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/


16105.嫌われる事では支那の上を行く韓国     
名前:ピカドン    日付:12月15日(土) 14時21分
abusan様
韓国人と仕事で接点があった人の多くは、敢えて口に出さない人でも彼等の態度や思想には嫌気がさす事が多く、もう二度と一緒に仕事はしたくない。業務なら ば致し方ないが、感謝する事を知らない民族とは出来ればつき合いたくない。
相手に対して嫌な思いをさせる事は彼等のDNAに組み込まれているのでしょう。


16104.ホント、なめられてるよねぇ     
名前:Dr.kanzaki    日付:12月15日(土) 11時34分
極左もそうだけど、最近の保守連中も似た様な連中いるしねぇ

>特定朝鮮人には抜本的な「教育的指導」が必要の様です

これに関しては支那が非常に精巧にプログラムを作っているからパクったらええんとちゃう?溥儀もこれで洗脳された訳だし、まず、洗脳の呪縛を解くことから 始めないと…

でも、アヤツらすぐファビョるからなぁ。これが問題。一番は徹底した行進の練習させることなんだけどねぇ。一糸乱れぬ行進が完成した後に教育開始だな。
http://shikaishi.de-blog.jp/shakaiwokiru/


16103.確かに反日朝鮮人共は自爆テロリストですなあ     
名前:abusan    日付:12月15日(土) 9時22分
かんざき先生

>いや待てよ、自爆お笑い集団か?自爆テロ集団とどっちが似合ってるかな?

全く、矛盾する事を平気で主張するのが金日成主体思想派(主思派)
連中の様で┐(´ー`)┌ これは極左連中にも見られる特徴
の様ですなあ。我々日本人も随分とナメられたもんです(^_^メ)
http://blog.so-net.ne.jp/absente/

コメント

今日のコラム総目次(2007年分)

2007年12月31日 16時37分04秒 | 今日のコラム総目次
今日のコラム総目次(2007年分)

12月
◆何の意義もなかった福田総理の支那訪問(12/30)
◆無防備平和条例と憲法9条で戦争はなくならない(12/28)
◆県民大会より軍命令の集団自決との証拠を出すべき(12/25)
◆捏造放送の自由が認められた改正放送法が成立(12/23)
◆国際的孤立は憲法9条で死刑制度ではない(12/21)
◆祖国の参政権より日本の参政権を欲しがる在日韓国人(12/19)
◆競技の主役である選手さえも避ける北京五輪(12/16)
◆在日韓国人が祖国の参政権を持つことになるようだが(12/14)
◆政党ビラ事件の逆転有罪判決の理由を報じない朝日新聞(12/12)
◆テレビ朝日の「報道ステーション」また捏造放送か(12/10)
◆法務省の死刑執行に関する情報を公開を支持する(12/08)
◆福田総理は自衛隊の最高指揮官ではないのか(12/06)
◆民主党議員46人が国会をさぼって支那に慰安旅行か(12/04)
◆米空母と随伴艦の台湾海峡通過を断固支持する(12/03)
◆支那の海軍艦艇乗員のイージス艦視察中止は当然(12/01)

11月
◆表現の自由の名の元に捏造報道を奨励している民主党(11/29)
◆パスポート取得時に指紋登録を義務化せよ(11/27)
◆日本のマスコミを訴える支那のウナギ業界団体(11/25)
◆公明党が外国人参政権に熱心なのは在日信者のためか(11/24)
◆偏向マスコミによる捏造報道ほど恐ろしいものはない(11/23)
◆指紋摩耗のため採取出来ない韓国人は入国させるな(11/21)
◆思想の自由を越え外患誘致になる九条真理教の信者達(11/20)
◆大変珍しい在日韓国人による指紋採取に関する正論(11/19)
◆米軍移駐に反対ならば交付金を貰えないのは当然(11/18)
◆自称平和団体の抗議を期待する支那海軍艦艇初寄港(11/16)
◆環境汚染が凄まじい支那への修学旅行は中止せよ(11/15)
◆やはり在日特権を享受していた在日朝鮮人(11/14)
◆北朝鮮が反対するならば新テロ特措法案を成立させよ(11/13)
◆支那は経済発展を止めれば環境汚染も止まる(11/11)
◆事実関係を争わず妄想にふける大江健三郎(11/10)
◆韓国サムスンが日本から撤退。次ぎはヒュンダイか(11/09)
◆米軍機の燃料不足による着陸は緊急性がないのか(11/08)
◆民主党は混乱を招いた小沢騒動にどう責任をとるのか(11/07)
◆公の場において国旗国歌を拒否した演劇演出家(11/06)
◆政権担当能力がないと小沢代表に指摘された民主党(11/05)
◆消費者から見向きもされなくなった支那産の毒野菜(11/04)
◆給油活動からの撤退で何故か動揺している民主党(11/03)
◆インド洋から帰国する海自隊員に労いと感謝を(11/01)

10月
◆広島は核廃絶まで核攻撃から市民を守らないのか(10/31)
◆教育委員会の職務命令無視の教職員名収集は当然(10/29)
◆集団自決の教科書記述は支那にとって軍事的な効果あり(10/28)
◆なぜか自衛隊殉職隊員追悼式には出席した福田総理(10/27)
◆感謝する台湾に感謝し、恩を仇で返す韓国に呆れる(10/26)
◆自衛隊のパレードだけを忌み嫌っている日本共産党(10/24)
◆米国でも創価学会がカルト指定されるのは時間の問題か(10/22)
◆20万人を下回る県民大会を開催出来なくなった沖縄県(10/20)
◆自衛隊を貶める民主党の新テロ特措法案への対案(10/19)
◆武器輸出禁止3原則の速やか撤廃を(10/18)
◆楽しみにしている民主党のテロ新法への対案(10/16)
◆海自撤退でテロリストに感謝される民主党(10/15)
◆世界最大の三峡ダムが世界最大の惨事を招くか(10/14)
◆「国民の自衛官」の皆様。ありがとうございます(10/13)
◆差別を持ち出して経済制裁解除を要求する在日朝鮮人(10/12)
◆弁護士にとって正義とは被告人を無罪にすることか(10/11)
◆安倍総理の退陣で、うごめき出した売国政治家(10/10)
◆拉致日本人はいないならば、制裁継続で国交正常化もない(10/09)
◆主催者発表が11万人ならば11万人になるのか(10/08)
◆A級戦犯に再度責任を取らそうとする分祀論(10/07)
◆支那産食材への不信感よりも支那人に対する不信感(10/06)
◆対北朝鮮制裁は延長するだけでなく強固な追加制裁を(10/05)
◆慰安婦も集団自決も何が何でも軍関与にしたいのか(10/04)
◆補給活動は憲法違反だと言いはじめた小沢民主党(10/02)
◆日本人を拉致するような北朝鮮とは国交がない方が正常(10/01)

9月
◆小沢代表は自ら進んでアフガンに調査に行くべきだ(09/30)
◆国民を愚弄しているNHKの受信料値下げ案(09/29)
◆亀井氏から人間の資格がないと批判された鳩山法相(09/28)
◆今度はテロ特措法で追い詰められた民主党(09/27)
◆病人に対するいたわりの言葉さえもない朝日新聞(09/26)
◆自民党総裁選の投票内容を盗撮した日本テレビ(09/25)
◆福田氏は対北朝鮮対話路線に転換するのか(09/24)
◆フランス移民暴動は対岸の火事ではない(09/23) 
◆日本国への忠誠を放棄している民主党の白真勲議員(09/22) 
◆北朝鮮と同様に安保理決議を無視する民主党(09/21) 
◆在日朝鮮人の厚顔無恥を助長する田中宏・龍谷大教授(09/20) 
◆民主党は過酷な任務に励む海上自衛官に恥をかかすな(09/19) 
◆自民党は福田氏を本当に総裁に選出するつもりなのか(09/18) 
◆安倍総理退陣でテロ特措法延長の重要性を知るとは(09/17) 
◆開票前に福田氏選出が決まっている自民党の総裁選(09/16) 
◆久間氏発言を勝手に失言と決め付けた偏向マスコミ(09/15) 
◆入院した安倍総理を未だに鞭を打つ偏向マスコミ(09/14) 
◆退陣表明した安倍総理の無念さを思う(09/12) 
◆九条の会は支那や北朝鮮など外国に行って布教せよ(09/11) 
◆補給活動中止は西側世界から離脱したとみなされる(09/10) 
◆日本国民の言論が弾圧される人権擁護法案(09/09) 
◆新聞では社会を見つめることは出来ない(09/08)
◆政府の北朝鮮貨物船の入港拒否を支持する(09/07) 
◆朝日は年金横領を今頃になって知ったのか(09/06)
◆NHKを見ないと情報格差が生ずるのか(09/05) 
◆在日社員のために対応を誤った積水ハウス(09/04) 
◆在日韓国・朝鮮人に対して指紋押捺を再開せよ(09/03) 
◆外患誘致を目的とする売国平和団体(09/02) 
◆竹島はひょっこりひょうたん島なのか(09/01)

8月
◆民主党の対案は民間人では危険過ぎる(08/31)
◆支那人観光客を誘致すれば日本人は行かなくなる(08/30)
◆温家宝首相が支那脅威論をなくせと批判とは(08/28)
◆平成19年度富士総合火力演習を見学して(08/27)
◆朝日新聞にとってのアジアとは特亜だけか(08/25)
◆法相としての職務執行を批判する死刑廃止論者(08/24)   
◆インドネシア独立のために戦った残留日本兵(08/23)
◆支那は尖閣諸島の占領を諦めていない(08/22)
◆日本海の呼称名変更で定まらない韓国の主張(08/21)
◆民主党はテロ特措法延長反対の理由を示せ(08/20)
◆食の不安と環境汚染の北京五輪が1年後に迫る(08/19)
◆戦没者とその遺族を冒涜した河野衆議院議長(08/18)
◆在日朝鮮人は祖国の水害復旧を支援しないのか(08/17)
◆偏向マスコミが騒がなければ靖国問題はない(08/16)
◆夏が来れば自衛官を罵倒した田岡氏を思い出す(08/15)
◆大気汚染で史上最悪の北京五輪になる予感(08/13)
◆今でも自衛隊の災害派遣活動は続いている(08/12)
◆閣僚の参拝が一人もいないとは全く情けない(08/11)
◆外国人参政権を先取りした小沢氏と朝鮮人秘書(08/10)
◆批判ならば安倍総理は参拝して批判されよ(08/09)
◆不二家の信頼回復に繋がらないBPOの見解(08/08)
◆支那で橋が崩落する原因は支那製だから(08/06)
◆感謝されている海自の活動を中止するのか(08/05)
◆何でもマスコミに発表すれば良い訳ではない(08/04)
◆毒が入った支那産の食品を差別するのは当然(08/03)
◆原爆投下に関して異見を封殺する被爆者団体(08/02)
◆拉致問題への関心を失わせた偏向マスコミ(08/01)

7月
◆偏向マスコミの世論誘導が成功した参院選(07/30)
◆借金を返済せず敵視するなと脅迫する北朝鮮(07/29)
◆集団自決命令訴訟の法廷で大江氏は何を語る(07/28)
◆NHKの受信料値下げを批判する朝日だが(07/27)
◆民主党の応援団になり下がった偏向マスコミ(07/26)
◆NHK受信料の値下げでなくスクランブル化(07/25)
◆わが国周辺の核保有国を利する被爆者団体(07/24)
◆国旗拒否の反日病の教師は韓国へ転地治療に(07/23)
◆朝鮮総連施設には公益性がないのは当然(07/22)
◆「MADE IN CHINA」の製品に世界が毒殺される(07/21)
◆新風の候補者の事を全く紹介しない産経新聞(07/20)
◆旧日本軍遺棄化学兵器は支那が処理する問題(07/19)
◆韓国のドラマが未だに放送されている訳は何か(07/18)
◆地震対策よりテレ朝出演を優先した小沢代表(07/17)
◆支那への環境対策に限ったODAでもドブに棄てるようなもの(07/15)
◆特亜国人を国政の場に送りこむ民主党の狙い(07/14)
◆米国の歴史の残る恥ずべき慰安婦決議(07/12)
◆天皇陛下の北京五輪開会式ご臨席に反対する(07/10)
◆またもや手抜き工事だった支那の高速鉄道(07/07)
◆原爆投下発言を巡る久間防衛相の辞任に思う(07/04)
◆韓国人は久間防衛相の発言を評価すべきでは(07/02)

6月
◆集団的自衛権行使があってこそ真の日米同盟(06/30)
◆慰安婦決議で対米追従に豹変した朝日新聞(06/28)
◆支那人に環境汚染対策を説いても無駄(06/26)
◆軍命令による集団自決は慰安婦と同じ構図(06/22)
◆社民党が政権公約発表とは何かの冗談なのか(06/20)
◆米軍ヘリは故障しても不時着も認めないのか(06/17)
◆早速抗議集会を開催した自衛隊を貶める連中(06/14)
◆リニアで支那との「技術交流」は狂気の沙汰(06/12)
◆防犯カメラに反対する犯罪者の味方朝日新聞(06/09)
◆陸上自衛隊の情報保全隊の調査活動は当然(06/07)
◆脱北者は韓国に移送し、対北制裁は更に強化(06/05)
◆広島の原爆資料館が反日資料館になるのか(06/02)

5月
◆挺身隊と慰安婦の同一視は韓国に責任あり(05/31)
◆荒唐無稽な主張で品位を欠く人権派弁護士(05/29)
◆在日朝鮮人にとって日本は住みづらい国に(05/26)
◆支那人団体観光のビザ発給拡大では治安悪化(05/24)
◆支那は新幹線を走らせる前に国民に教育を(05/21)
◆朝鮮総連の関連施設に公益性がある訳ない(05/17)
◆番組復帰への激励の声が皆無な筑紫哲也氏(05/16)
◆改憲反対は平和を愛さない諸国民のためか(05/14)
◆受信契約を強制するNHKの送りつけ商法(05/11)
◆批判を控えた支那の微笑戦術に騙されるな(05/09)
◆薮蛇になった日本を糾弾するホンダ議員(05/06)
◆支那に安全な食糧生産を期待するのは誤り(05/04)
◆韓国は反日でなければ事後法で財産没収か(05/02)

4月
◆未解決の拉致問題を軽視する山崎拓氏(04/30)
◆必見!「俺は、君のためにこそ死ににいく」(04/27)
◆治外法権のメディアになったテレビ朝日(04/24)
◆朝鮮半島出身と指摘される事が名誉毀損とは(04/22)
◆官公庁内の記者クラブはマスコミの特権か(04/18)
◆温首相の無礼な態度は氷を解かす旅にならず(04/16)
◆税金を私物化した辻元氏が安倍総理批判とは(04/13)
◆自衛隊は役に立たないとして貶める筑紫哲也(04/11)
◆兵庫県議選で現職落選し、議席ゼロの社民党(04/09)
◆報道と表現の自由はあるが捏造の自由はない(04/07)
◆訪日前に安倍総理の参拝を牽制した温首相(04/04)
◆陸自ヘリ墜落。殉職された4隊員を悼む(04/01)

3月
◆メディアの信用失墜を加速させた捏造TBS(03/30)
◆河野氏は強制性を否定する修正談話を出せ(03/27)
◆防衛省を悩ますPAC3展開に批判的な首長(03/24)
◆支那人の醜態を晒す北京五輪の成功を祈る(03/22)
◆蒸し返さない筈が蒸し返された慰安婦問題(03/20)
◆慰安婦問題に終止符を打った政府答弁書(03/17)
◆やはり政治献金に弱かったホンダ米下院議員(03/15)
◆憲法改正反対なら古賀氏は自民党を離党せよ(03/12)
◆仲井真知事は支那の恫喝に屈せず尖閣視察を(03/10)
◆日弁連の無責任体質は朝日新聞とそっくり(03/08)
◆国益に反する小沢氏の安倍総理に対する批判(03/05)
◆慰安婦募集に強制性はないのに妄言とは(03/03)

2月
◆職務命令を拒否した教師は懲戒免職が相当(02/28)
◆菅直人氏の都知事選への立候補を期待する(02/25)
◆掛け金未払いで年金受給を求める在日朝鮮人(02/23)
◆中川氏の指摘はマスコミにも向けられたのか(02/21)
◆北の出先機関である朝鮮総連に経済制裁を(02/19)
◆国民の信頼を得る努力を放棄した日弁連(02/17)
◆報道機関に自浄作用があると言う朝日新聞(02/15)
◆来日外国人の指紋採取がなぜ人権侵害なのか(02/13)
◆拉致問題の解決なき北朝鮮支援はあり得ない(02/11)
◆支那で遺棄化学兵器の発掘を継続するのか(02/08)
◆マスコミが報じない支那人のザンビア大虐殺(02/06)
◆恥をかくことになる米下院の慰安婦決議案(02/04)
◆靖国参拝でなぜ取り返しがつかなくなるのか(02/03)
◆韓国では忘れ去られた「あなたを忘れない」(02/02)

1月
◆安倍総理の靖国参拝の事前公表は必要なのか(01/31)
◆NHKの番組改変問題で朝日の主張は崩れた(01/29)
◆ついに宇宙規模まで汚染を拡大させた支那(01/26)
◆政治家は支那の「微笑戦術」に騙されるな(01/23)
◆自衛隊を侮辱した社民党の阿部知子氏(01/21)
◆上田札幌市長は自衛隊嫌いではなかったのか(01/19)
◆朝鮮学校生の受験を拒否した玉川大学を支持(01/17)
◆何ら効果はなかった山崎氏の北朝鮮訪問(01/15)
◆日本国民の品格を失わせる演出をしたNHK(01/12)
◆支那韓国が懸念を示すなら防衛省昇格は正解(01/11)
◆今度は「東海」ではなく「平和海」とは(01/09)
◆武装難民は発見次第に即射殺の方針で(01/07)
◆いまだに防衛省発足を悔しがる朝日新聞(01/05)
◆有識者会議の報告書の白紙撤回は当然だ(01/03)
◆今年も元旦から笑わせてくれる朝日の社説(01/01)
コメント

何の意義もなかった福田総理の支那訪問

2007年12月30日 23時40分54秒 | 政治

福田首相が帰国 訪中の意義強調「大変内容があった」 

   中国訪問を終えた福田首相は30日夜、羽田空港着の政府専用機で帰国した。首相は中国出発前、山東省曲阜市で記者団に「今回の中国訪問は大変内容のある訪問だった。中国の指導者といろいろと突っ込んだ話をした」と振り返り、今回の訪中の意義を強調した。

 首相は「日本と中国が互いに協力すると両国以上の力を発揮できる。この協力関係がないと、地域、世界全体に決していいことはない」と指摘。そのうえで 「日中両国の国民同士が深くお互いを理解することが必要だ。そういう理解の中で、お互いにどういうところで協力しあうか、具体的に考えていくことが必要 だ」と述べ、日中間の新たな協力関係構築に改めて強い意欲を示した。

 首相は30日午前、孔子の古里、曲阜市の孔子廟(びょう)を訪ね、「温故創新」との書をしたためた。見学後、記者団に「日本でも最近静かな論語ブームが あるらしい。2500年前の孔子の教えが今でも世界中の至るところで重用されている。温故知新。故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る。そういう感じ がした」と述べた。

 孔子廟は世界遺産に登録された儒教の聖地。今回の訪問は首相の希望だったという。
(朝日新聞)

(引用終了)


 福田内閣の支持率が下がる傾向にあるそうだが、最初からこの内閣は支持しておらず、期待もしていないので、支持率が下がったとしても残念とも思わず、今で も福田氏を総裁に選出した自民党の判断は正しくなかったと思っており、また安倍前総理には凄まじい批判を繰り返していた偏向マスコミだが、福田総理とは政 治信条が同じなのか、批判を手控えている様子もあり、であるから偏向マスコミから批判を浴びないような政治家に共通するものは国益に反する行動をとる傾向 があるようだ。

 わが国の政治家の中には支那に媚びる者がおり、支那と友好関係を維持することが大事だと言って、支那が理不尽な要求をして来たり、内政干渉をしてきたとし ても、福田総理のように「相手の嫌がることはしない」として、支那に抗議もせず、「友好関係の維持」「互恵関係の発展」などと言われて騙され、明らかに支 那に非があることであっても、日本に責任を押しつけられ、支那の方が譲歩して、日本の方に何らかの利益をもたらすことは過去に一度もなかった。

 12月27日から福田総理は支那を訪問し、温家宝首相、胡錦濤国家主席などと会談し、30日に帰国したが、「大変内容のある訪問だった。いろいろと突っ込んだ話をした」と訪問は大変意義があったと強調しているが、本当に意義があったのか。

 例えば東シナ海において支那が日本のEEZにまで及んでいると思われるガス田を勝手に開発し盗掘している問題について、解決に向けて支那が譲歩した様子も なく、話合いを継続することで結論が先送りされただけであり、大歓迎を受けた福田総理だが、東シナ海のガス田開発問題一つをとってみても日本側が得たもの は何もない。

 支那に好意的な態度をとり、友好や協力関係は大切だと考えている福田総理が訪問してもこの有様なのだから、支那に媚びる政治家の誰が行って同じあろうし、 福田総理が「両国の国民同士が深くお互いを理解することが必要だ。」と述べて日本と支那の協力関係構築に改めて強い意欲を示したそうだが、それは甘い期待 と言うべきで、友好や協力関係を築くためには日本側が一方的に譲歩し、協力するとは日本が支那への一方通行的なものであって、今まで支那が日本に協力した ものはあったのかと思い出してみると「バンダ」と「トキ」しかなかったではないか。

 福田総理は支那に何をしに行ったのか。環境や省エネの技術などを提供することも決まったそうだが、支那が日本に提供してくれるような技術もないのに協力関係とは笑わせる。

 東シナ海のガス田開発問題で何らかの進展があるのではと期待した向きもあろうが、進展させるためにはともかく日本も中間線付近で試掘を開始するしか支那が 譲歩することはないであろう。支那は日本の主張する中間線は認めないと言っているが、だが中間線ギリギリの支那側で採掘している現状まま推移するとは思え ず、日本の出方によっては必ず中間線を越えて採掘を開始することあろう。
(2007/12/30)

コメント

無防備平和条例と憲法9条で戦争はなくならない

2007年12月28日 21時45分31秒 | 売国奴・反日日本人

 全国各地で「無防備平和条例」の制定を目指す運動が行われているそうだが、運動を盛り上げ賛同者を1人でも多く獲得し、そのためにカンパを集め、街頭など で署名運動を行うなどして関心を持ってもらいたいと考えていることであろう。数日前に、神奈川県内の某市で行われている本条例制定の直接請求署名運動に協 力を求めるビラを入手したので読んでみたが、唖然とするばかりであり、これは単なる思想を越えて、ほとんど宗教と言って良く、現に請求代表人になっている 者の中に牧師がいるからして何となく納得してしまう。

 そのビラには「署名運動にご協力ください」とし、署名期間が書かれ、「請求代表人」「呼びかけ人」「私たちが賛同しています」の個人名があり、また会の連 絡先、条例案の趣旨、集会の案内なども掲載されている。裏面は「いちばん大切なこと それは戦争をしないこと」「平和憲法・憲法9条を活かし、平和を守り 育てるまちづくりを進めよう」が見出しになっているビラだが、憲法9条がここにも出ていることは、例の「九条の会」と同じような連中が行っている運動かも しれない。

 「いちばん大切なこと それは戦争をしないこと」と主張していることは確かに正しいが、支那や北朝鮮以外のほとんどの国は戦争をしないための抑止力として 軍隊を保有しているのであろう。だが、それでも戦争と言うものは、こちらにその気がなくとも相手が仕掛けてきて戦争になることもあり得るし、その時にいか に被害を少なくするかを平時において様々な法整備を行い、国民がとるべき行動や義務、また制限される権利をあらかじめ認識しておくことも必要であり、わが 国でも有事法制に基づき「国民保護計画」を各自治体が作成し、戦時における国民がとるべき行動として既に訓練も行われている。

 「無防備平和条例」が制定されると、「国民保護計画」による「自衛隊と自治体との連携した訓練」は行わないこととなるようで、その代わりに「日頃から自治 体独自の平和外交・平和施策を積み重ねることで平和を守り育てて、もし万が一戦争という事態になっても、国際人道法に基づく『無防備地域宣言』をして市民 の命と財産、重要な文化財を守るべきだと考えます。」とのことであり、これは国の世話にはならず、平和を守り育てている自治体に任せておけば良いと言うこ となのであろう。

 「自治体独自の平和外交・平和施策」とは具体的に何をするのか良く理解出来ないが、自治体であれば外国のある都市と姉妹都市の提携することがあるが、それ が「平和外交・平和施策」などであろうか。それと「無防備平和条例」を制定した自治体に観光に訪れる外国人を暖かくもてなすことも含むかも知れない。

 この条例の制定を目指している連中でも、平和を守り育てているだけでは戦争という事態は避けられないと考えているようで、その点が「九条の会」のように憲 法第九条を守っていれば戦争は起こらないと考えている連中と少し異なるような気がするが、それでも「無防備地域宣言」をすれば少なくとも市民に被害が及ぶ ことはないと考えているようであるからして、「九条の会」より一歩先に進んだ考えに至ったようである。

 であるから、「憲法第九条を守っていれば戦争は起こらない」と主張していることに対して、「それでも万が一戦争が起きたら」と反論された際に、「あらかじめ『無防備地域宣言』をしておけば戦争が起きても市民だけは安心なのです」と言いたいのであろう。

 このビラの中に「無防備で住民の安全は守れるの?」との質問に「武力紛争時においては、攻撃は軍事施設や戦闘員に向けて行われます。ですから私たち丸腰の 民間人が戦闘に巻き込まれないためには、それから離れる必要があります。『軍隊といるから安全』なのではなく『むしろ危険』なのです。」と書かれている。

 万が一戦争が起きても攻撃を受けるのは自衛隊の基地や自衛隊員に対してだけで、民間人が攻撃されることはないと言う訳であろうが、これは戦争になっても自 衛隊員が戦死するのは当然で、民間人の近くに自衛隊がいるとかえって攻撃を受けるおそれがあるとしており、この思想を越えた宗教は国家として無防備宣言を すれば、軍事施設が廃止され戦闘員もいなくなり、民間人だけになれば国際人道法に「無防備地域を攻撃してはならない」と定めているから、戦争が起こること もないと言う訳なのであろうか。

 このような妄想が書かれてビラは読まずにほとんど棄ててしまうのだが、どのようなこと書かれているか参考のために読んでみたものの、賛同したり、カンパに 応じたり、署名に協力しようとは絶対に思わない。この条例の制定を全国では21の自治体が目指しているそうだが、「戦争はしない、させない協力しない」と の意思表示のために「無防備平和条例」の制定を目指している連中は憲法第九条は国として武力を保有しないことを謳ったものであるとして「反軍反戦」「反自 衛隊」の考えを持つことは勿論だが、世界でわが国が戦争を起こす最も危険な国家だとの認識を持っている反日日本人であることは論を俟たない。
(2007/12/28)

コメント

県民大会より軍命令の集団自決との証拠を出すべき

2007年12月25日 21時35分10秒 | 反日・極左団体

「強制」外し、怒りの声 軍隊美化を指摘 「集団自決」検定問題

 高校歴史教科書の「集団自決」(強制集団死)検定問題で、訂正申請の記述内容について文部科学省の教科書調査官と教科書出版社が、日本軍による「強制」 の文言使用を避ける形で調整していることに、「教科書検定意見撤回を求める県民大会」実行委員からは22日、怒りの声が上がった。
 代表団として25日に上京する副実行委員長の小渡ハル子県婦人連合会長は「県民大会の前に戻ってしまった。11万6千人の思いを踏みにじるもので、許せ ない」と話し「文科省が記述にこだわるのは、軍隊を美化したいという思いが見え見えで、背景には軍事化が進む日本の流れがある。だからこれだけは譲れな い」と強く訴えた。
 県民大会事務局幹事で代表団の平良長政県議は「もし事実であるならば許せない。県民大会が成功したのにもかかわらず、申請をやり直す文科省のやり方について憤りを感じる」と話した。
 実行委員の「青春を語る会」の中山きく代表(白梅同窓会会長)は「手りゅう弾を渡し、受け取った側の住民は命令として受け取っているので強制。文科省は住民の意思を尊重すると言いながら結局、沖縄の要望に添っていない。強制という文言を使用してほしい」と訴えた。
(12/23 10:04)
(琉球新報)


(引用終了) 

 かっ ての戦争中に住民による集団自決は沖縄に限らず各地で発生しているとのことであり、また戦後になってからも、敗戦の責任をとって家族と共に自決した元軍人 もいたそうであり、であるからして現在の価値観では理解出来ない面もあるが、当時は生き恥を晒すことを極端に嫌って潔く自決することを選択した日本人が多 かった訳で、それは軍人に限ったことではなく、軍人以外の一般国民にもあったことは確かなようである。

 9月29日、沖縄県宜野湾市で住民による集団自決に関連して「教科書検定意見撤回を求める沖縄県民大会」が開催され、主催者側の発表によれば11万人の参 加者があったそうだが、この大会の目的は高校歴史教科書から日本軍の命令によって集団自決が強制されたと記載されていたものが、強制を裏付けるものがない として、「強制」の記述を避けるようになったことに抗議し、あくまでも軍の命令によって住民の集団自決が起きたことを記述するように要求するものであり、 これでは軍命令の証拠はないが、強制はあった筈だとして軍隊を貶めることが大会の真の目的であるような気がしてならない。

 住民による集団自決があったことは事実であるが、それが軍命令による強制であったかどうかが論議となっているもので、もし強制であれば生き残った方がいる とは思えず、軍が自決を命じたのであれば、確かに命令通りに自決したかどうか確認する筈であり、実際には生き残りがいるからして強制ではなかったのではあ るまいか。

 軍命令によって集団自決が行われたとの証拠がない以上、それを教科書に載せることは出来ないのは当然で、県民大会の参加者数も11万人ではなく、もっと少 ない人数であったと検証されており、にも関わらず、未だに11万人の参加があったと言い続けている連中の言うことなど信用は出来ず、仮に11万人の参加者 がいたとしても、抗議集会を開催すれば教科書検定に影響を与えることが出来ると言う悪例になってしまうからして怒りの声を上げたとしてもどうすることも出 来ないであろう。

 琉球新報によれば「教科書検定意見撤回を求める沖縄県民大会」の効果はなく、文部科学省の教科書調査官と教科書出版社が、日本軍による「強制」の文言使用 を避ける形で調整していると報じており、これに対し県民大会の実行委員が反発しているとのことで、副実行委員長の小渡ハル子県婦人連合会長は「県民大会の 前に戻ってしまった。11万6千人の思いを踏みにじるもので、許せない」文科省が記述にこだわるのは、軍隊を美化したいという思いが見え見えで、背景には 軍事化が進む日本の流れがある。だからこれだけは譲れない」として、11万人がいつのまにか11万6千人に膨れあがっているが、何だか月日が経過すること に参加者数が増えてくるのは支那が主張するかっての戦争中の犠牲者数のようである。

 また軍隊を美化とか言うのはおかしいし、軍命令による住民の集団自決があったどうか事実を明らかにすることであって、軍命令があったとの証拠がないことが 軍隊を美化することになると文句を言っているようでは、軍隊を貶めるために集団自決があったどうか事実を明らかにすることなどどうでも良く、「軍命令は あった」「軍に強制された」と騒いでいれば良いことになり、これではまったく説得力はない。

 県民大会事務局幹事で代表団の平良長政県議が「県民大会が成功したのにもかかわらず、申請をやり直す文科省のやり方について憤りを感じる」と話して いることも見逃せない。この県議は県民大会が成功したと思っているようだが、教科書の記述を県民大会を開催することで圧力を掛け書き改めさせることが出来 たと自供しているのも同然で、騒げば騒ぐ程に教科書の記述を自由に変更できると勘違いをしているようである。

 沖縄県民の一部であろうが、軍命令による住民の集団自決があったことは譲れないとして、その証拠もなく、それを否定する証言は無視して旧日本軍を貶めよう とするのは、沖縄県民はあの戦争による最大の被害者だとして美化したいのであろうが、だが偏向マスコミによって封じられていた事実がネットの普及によって 明らかにされるようになったことで、県民大会を開催して巻き返しを図ったようだが、事実であるかどうかはっきりしないものは教科書には記述できないだけで あり、住民の集団自決は軍命令によるものであったのが事実であれば証拠を出すべきであり県民大会を開催することではあるまい。
(2007/12/25)
コメント (5)

捏造放送の自由が認められた改正放送法が成立

2007年12月23日 22時18分14秒 | 政治

改正放送法が成立・NHK改革に重点、経営委の監督権強化

 NHK経営委員会の監督権限強化などを柱とする改正放送法が21日午前の参院本会議で可決、成立した。焦点となっていた番組を捏造(ねつぞう)した放送 局への新たな行政処分の導入は、民主党などが「表現の自由への介入」と強く反対したことから削除した。2008年春の施行を目指す。

 NHK改革では非常勤だった経営委員の一部常勤化、委員で構成する監査委員会の設置などを盛り込む一方、経営委による個別の番組編集への介入は禁止した。通信と放送の融合に対応し、過去に放送したNHK番組のブロードバンド(高速大容量)配信は解禁する。

 短波ラジオの国際放送への「命令放送」制度に関しては、総務相が指定できる内容を限り編集の自由への配慮規定も設けた「要請放送」に改める。海外への情報発信力を高めるため、テレビ国際放送は新たに外国人向けを分離し、番組製作を子会社に委託する。(10:26)
(日経ネット)

(引用終了) 


 テレビを見る機会が最近めっきり減り、新聞のテレビ番組欄に目を通しても、見たくなるような番組もなく、たまにはニュース番組を見ることはあっても、終わ れば消してしまうし、今までは画面を見ていなくともテレビのスイッチを入れたままで無駄な電気を使っていたことがあったが、今ではそのようなことはなく なった。

 「楽しくなければテレビではない」と言われていた時期があったが、それでも見なければ他に色々なことが出来るだろうから、ロクな番組しかやっておらず、ま た正しい情報を流しているかどうかも分からないので、テレビでやっていたからとすぐに信用してはいけないのは何度か捏造放送を繰り返しているテレビ朝日や TBSなどの例があるからである。

 ところで改正放送法が12月21日午前の参院本会議で可決、成立したそうだが、原案にはあった番組を捏造した放送局への新たな行政処分の導入は民主党など の反対で削除され、NHK改革では経営委員による個別の番組編集への介入は禁止となり、総務相が短波ラジオの国際放送で流す「命令放送」に関しても編集の 自由への配慮規定も設けた「要請放送」に改められたとのことで、テレビ放送局への国民の信頼が損なわれているにも関わらず、これでは何のために法改正をし たのか意味がなく、かえって改悪されているではないか。

 国民が最も望んでいた番組を捏造した放送への行政処分が削除されたことから、どのような嘘でも、デタラメな放送しても今後は咎められないことになった訳で あり、それがバレた時に「視聴者の皆様に誤解を与えてしまった」と謝罪とは言えないような弁解をするだけで、本当はない事をあるかのように偽って番組を 作ったことを認めようとせず、まるで騙された視聴者の方が悪いかのようである。

 番組を捏造した放送への行政処分が削除されたのは民主党などが「表現の自由への介入」と強く反対したことらしいが、「表現の自由」は無制限に認められてい る訳ではなく、公共の福祉に反したり、他人の生命身体や名誉及び財産を侵害してまで認められていない筈であって、にも関わらず捏造放送をすることも「表現 の自由」の範囲内として行政処分の対象とはならないとは驚きでの何者でもなく、捏造放送を繰り返し、モラルさえも失ったテレビ放送局に表現の自由を語る資 格はないだろう。

 テレビ朝日やTBSなどにとっては捏造放送が法的に処分されないことなったのだから、今度は捏造三昧の放送が出来る訳で、大変嬉しいことであろうし、それ が民主党が「捏造放送しても良い」として、行政処分を削除してくれたのだから、民主党が自民党を叩くために、テレビ朝日やTBSなどは更なる捏造放送をし て後押しをするのではなかろうか。
(2007/12/23)

コメント

国際的孤立は憲法9条で死刑制度ではない

2007年12月21日 21時37分51秒 | 偏向マスコミ

孤立深める日本 「死刑停止」の国連決議で

2007年12月19日12時28分

 国連が18日、死刑の執行停止を求める総会決議を初めて採択した。「世論の高い支持」を理由に死刑制度を存続している日本は、今年は年間で77年以降最多となる9人の死刑を執行するなど、世界の潮流とは逆行。国際的な孤立を深めている。

 「世論には死刑制度や死刑執行にかなりの支持がある。国連の決議があっても我が国の死刑制度を拘束するものでは、まったくない」。決議を前にした18日 の閣議後の記者会見で、鳩山法相は語気を強めた。「死刑を存続するかしないかは内政の問題だ」という政府の立場を改めて強調するものだ。

 凶悪犯罪に対して厳罰を求める声を背景に、このところ日本では死刑執行のペースが上がる傾向にある。鳩山法相は今月7日、3人の死刑を執行した。前任の 長勢法相の執行人数も在任10カ月余の間に10人を数えた。鳩山法相の「死刑自動化」発言をきっかけに法務省内に執行のあり方を検討する勉強会ができた り、執行対象者の氏名を公表したりする動きはあるが、執行停止や制度廃止に至る論議は低調だ。

 死刑廃止を訴えてきた団体は、国連決議をきっかけに停滞する状況を変化させたい考えだ。再審で無罪となった元死刑囚の免田栄さん(82)は10月に国連 本部に赴き、討論会で「拘置所で別れの握手を交わした死刑囚は覚えているだけで56人。冤罪だという人も何人もいた」といったエピソードを通じて死刑廃止 の必要性を訴えた。死刑廃止議員連盟も、03年以来凍結されている死刑停止法案を来年の通常国会に提出する考えを示している。

 国連総会の決議に法的拘束力がないことについて、神奈川大法科大学院の阿部浩己教授(国際法)は「法的拘束力がないことだけで議論を進めれば、国際社会の営みは限りなく意味がなくなる」と指摘する。

 日本は総会に「北朝鮮の人権状況を非難する決議」などを積極的に提案している。阿部教授は「自国に有利な決議は最大限利用し、不利なら『意味がない』では説得力がない。日本は決議に反対することによってどんな社会を実現したいのかを主体的に示すべきだ」と話す。
(朝日新聞)

(引用終了) 


 国連で、死刑の執行停止を求める総会決議が初めて採択されたようだが、採決は、賛成104、反対54、棄権29で、死刑制度を続けている日本、米国、支那 などは反対したとのことであり、この件を報じる朝日新聞は、「今年は年間で77年以降最多となる9人の死刑を執行するなど、世界の潮流とは逆行。国際的な 孤立を深めている。」と死刑存続に反対する姿勢を示しており、それも一つの考えなのであろうが、それだけの理由で死刑存続に反対するには説得力を欠くと言 わざるを得ない。

 いつも朝日の報道には感謝していることであろう支那が決議に反対し、日本と同調したことから、朝日は支那に「国際的な孤立を深める」と忠告した方が良いで あろうし、日本より遥かに多くの者を死刑にし、「死刑大国」とも言われている支那には何も言わずに、日本政府に対してのみ死刑廃止を求めるのであればおか しなものである。

 この決議に反対した国が54カ国もあったのだから「国際的な孤立を深めている。」とは言えないし、それより本当に国際的孤立をしているのは軍隊の保有と交 戦権が認められていない憲法9条の方であり、世界でこのような憲法を持っている国はなく、また憲法9条が世界の潮流として広がる様子もないことから、朝日 としては憲法9条のために日本が孤立していることを憂いて、これを改正するための世論の醸成に努力すべきではないのか。

 今年の死刑執行が多いのは、今まで執行命令書に署名しなかった法務大臣がいたことから、執行が先延ばしされてしまったので、それをまとめて執行したに過ぎ ず、歴代のすべて法務大臣がその職務をしっかり果たしていれば、死刑執行が集中することもなかった訳で、朝日はその職務を果たさなかった法務大臣がいたこ とをなぜ報じないのであろうか。

 この朝日の記事の中で、神奈川大法科大学院の阿部浩己教授(国際法)が「自国に有利な決議は最大限利用し、不利なら『意味がない』では説得力がない。」と 述べているようだが、わが国にとって国連における死刑の執行停止を求める総会決議は不利だと判断されれば反対するのは当然であり、何ら問題ではない。

 朝日の御用達の大学教授ともなると、朝日の報道姿勢とそっくりなコメントを出すようであり、朝日にとって有利な報道は最大限利用し、不利なら敢えて報道してこなかったではないか。

 死刑の執行停止を求める総会決議にわが国が反対したことを朝日は「反対するのはおかしい。賛成すべきだ」と言っているわけだが、朝日がそう言っているなら ば、尚更死刑制度は維持すべきであり、死刑が確定しているものの執行されていない死刑囚がまだいるとのことであり、刑事訴訟法で確定から6カ月以内の執行 が決められていることからして、法の厳格な適用を期待したい。
(2007/12/21)

コメント (3)

祖国の参政権より日本の参政権を欲しがる在日韓国人

2007年12月19日 20時33分55秒 | 在日問題

 在日韓国人に、来年から韓国の国政選挙への参政権が認められることになるそうだが、これは韓国の公職選挙法では、国籍を持っていても国内に住民登録がない 国外在住者には選挙権を認めてこなかったからで、それが違憲と判断されたことから、韓国籍を持ちながら外国で暮らす19歳以上の有権者約230万人も投票 出来るように法改正が行われるとのことである。

 今までなかった参政権を得ることになったのだから在日韓国人にしてみれば嬉しい話である筈だが、なぜか嬉しくないと思っている方もいるようで、誰に投票す るのか分からないからとして、それより日本に住んでいて韓国のことより日本のことの良く知っているからと日本の参政権を要求し、その理由として税金も日本 に払っていることを理由にあげているのだから驚きである。

 税金を払っているかいないかで、参政権が付与されるかされないかの違いがあると言っているのは世界では在日韓国人だけだろう。いわゆる在日特権など貰える ものは何でも貰ってきた在日韓国人が、祖国の参政権をようやく貰えるようになったのに嬉しくなく、敵視している日本の参政権の方を欲しいとは何か何だかよ く分からないが、在日韓国人とはどこの国の人なのか言いたくなる。

 在日韓国人を保護する義務は日本政府ではなく韓国政府にある訳で、もし在日韓国人が外国で何かのトラブルに巻き込まれたら韓国政府が対応する訳で、その祖 国の選挙に関心を持ち、自らの意思で候補者の中から意中な人を選択出来るのは嬉しい訳だが、祖国の参政権を得ることになっても在日特権のような美味しいも のではなく、反対に今まで逃れて来た兵役の義務を課せられることを危惧しているかも知れない。

 祖国に戻らず、在日特権でぬくぬくと暮らして行きたいと考えているのが在日韓国朝鮮人であり、税金を払っていると言いながら、減免されていたことがばれて おり、にも関わらず日本の参政権が欲しいとは祖国の参政権より、日本の参政権の方が新たな在日特権を要求し、それが享受出来るからであろう。

 日本の参政権を得るために帰化すれば良いのではとの声もあるが、帰化したとしても日本のためではなく祖国のためになる事しかしておらず、であるから在日韓 国人は日本に住みながら祖国に忠誠を誓っているに他ならず、それが帰化の有無には関係ないのだから、このような連中と日本人が仲良く暮らすことなど不可能 であることは論を俟たない。
(2007/12/19)

コメント (5)

競技の主役である選手さえも避ける北京五輪

2007年12月16日 22時33分54秒 | 支那関連

直前合宿は中国避け続々日本へ 北京五輪で欧州勢

2007.12.13 21:10

 北京五輪の最終調整地として欧州勢に日本が人気だ。スウェーデン選手団やオランダ陸上代表チームが福岡で事前合宿を行うのをはじめ、英国、ドイツ、フラ ンスといった主に欧州の代表チームが日本での事前合宿を計画している。背景として今夏の陸上世界選手権で自治体などと交流ができたことに加え、中国では大 気汚染や食品の安全性などで不安視されることも影響しているようだ。

 日本オリンピック委員会(JOC)が13日に開催した競技団体とJOCパートナー都市を集めた会議で、20カ国近くの海外チームから各競技団体や自治体 に事前合宿計画の打診があったことが報告された。まだ調整中のところも多いが、福岡県・市では来年7月22日~8月19日までにスウェーデンの17競技の 選手団(175人~200人)を受け入れるほか、オランダ陸上代表チーム(33人)も7月30日~8月18日まで事前合宿を張る予定だ。福岡市の関係者に よると、11月になって突然、当初中国国内で事前合宿を計画していたベルギー選手団からも打診を受けたという。

 このほか英国水泳代表が7月下旬から約1カ月間、大阪市で事前合宿を計画しているなど、単一競技の代表チームからの依頼も多く、JOCではこの日の会議 で、合宿誘致の成功例や陸上世界選手権での課題などを紹介。海外チームからの打診に対する連絡体制などの情報交換を行った。

 JOCの市原則之常務理事は「オリンピックムーブメントのためにも事前合宿は受け入れたい。(東京五輪)招致にもつながっていく」。事前合宿の受け入れは16年五輪の東京招致に向けた“足場”にもなりそうだ。
(産経新聞)

(引用終了)


 来年の8月に開催が予定されている北京五輪だが、大気汚染や食品の安全性などの問題が山積しており、今のところ、開催場所の変更や延期されることにはならないようであり、であるから参加する各国の選手や役員の間に不安が高まっていることは間違いないであろう。

 報道によれば参加する各国の選手の最終調整地として日本が注目されているとのことあり、スウェーデン、オランダ、英国、ドイツ、フランスなどの欧州の代表チームが事前合宿を計画しているそうで、このままでは、おそらく支那の面目丸潰れの大会になる可能性が高いと思われる。

 最近は偏向マスコミが、日本の食品会社の偽装問題をやけに取り上げるようになったのは何か意図的なものを感じており、それは支那の死者まで出している食品 問題があるため、それから目をそらすためでないかと思っているが、だから支那から「日本の食品会社の偽装を探して叩け」との指令でも来ているのではないか と勘ぐってしまう。

 大気汚染や食品の安全性などの問題で参加する各国の選手が試合直前まで北京入りを控えるとなれば選手村を作ったとしても、ガラガラになるであろうし、また 選手村で出される食事でさえも安全かどうか分かったものではなく、万全の体調で北京入りをしたものの、出された食事で食中毒になってしまったのでは堪った 物ではない。最近も日本の高校生が支那に修学旅行に行ったところ下痢の症状が出た者がいたそうで、どの食べ物が安全で、あるいは危険なかのか分からないよ うな国に行けば当然のことである。

 偏向マスコミは支那の環境汚染や食の安全について積極的に取り上げている様子はなく、その何倍も日本の食品会社の偽装問題を取り上げているが、これも支那にとって都合が良くないことは報道を控えるとのいつもの偏向した姿勢をとっているのであろう。

 ところが欧州では、支那の凄まじいし環境汚染の様子が日本以上に報道されているからであろうか、であるから選手などから北京に行くことに不安を覚える声が 起きているのは当然であって、だから直前まで日本で事前合宿していたいと思うわけであり、支那にとっては面白くない話だろうが、日本が各国に事前合宿に呼 びかけているわけではなく、文句を言ってきても仕方ない話だ。

 このままではの開会式の入場行進に参加各国の選手全員が出ることなく、国旗を持つ選手か役員だけの国もあるかも知れない。その国旗を持つ役でさえ誰が勤めるか決めるのは大変だろう。

 観戦のために生命の保障さえ危ぶまれる北京五輪に行くことはないし、テレビで見ているだけで十分であり、多額な旅費を使って行ったものの、衛生観念がなく、公徳心も欠如している支那人が住むような国でどのような被害に遭うか分かったものではない。

 北京五輪はサバイバル五輪とも言われているが、健康を害さず生きて帰れるかどうか分からないような国で五輪を開催する必要性があるのかどうか疑問であり、競技の主役である選手さえも避ける五輪では、もう支那人だけで北京五輪を開催した方が良いかも知れない。
(2007/12/16)

コメント (2)

掲示板 2007年12月分過去ログ (16062~16102)

2007年12月15日 09時16分36秒 | 掲示板過去ログ2007年分

16102.支那人すら敵に回す南朝鮮人     
名前:abusan    日付:12月15日(土) 9時16分
ピカドン様他、常連の皆様

レコードチャイナ
http://www.recordchina.co.jp/group/g13645.html

かようにウリナラ起源を捏造するのですから嫌韓は日本人の
専売特許では無い様子です。ピカドン様の書き込みにも有るように
地球上津々浦々で嫌われまくっているようですね(^_^メ)

逆に言えば反日サヨクが如何に南鮮人を美化していったかと
思うと余計に怒りがこみあげます凸(`、´メ)Fuckin

こうやって我々日本国民を貶める大江健三郎他反日日本人が
一番の「思想犯罪人」です(ー_ーメ)

特定朝鮮人には抜本的な「教育的指導」が必要の様です。
http://blog.so-net.ne.jp/absente/


16096.特亜を除く親日な東南アジア     
名前:ピカドン    日付:12月13日(木) 18時19分
日本/日系企業視察のため東南アジアを視察した友人から話を聞きました。
ベトナム、タイ、ラオス、カンボジアを中心に回ったようですが、何れも比較的に親日で特にベトナムはここ近年日本企業の進出は著しく、またベトナムの人は 非常に感性が我々日本人に近く、勤勉で真面目。とても共産主義一党独裁とは思えないほど、資本というものにまた、契約や約束事に関しては比較的に忠実のよ うです。支那の様な言論統制や弾圧など全く縁がないと言ったようにさえ感じたと。
http://www.hoteltravel.com/jp/vietnam/maps.htm
また、国土地形が非常に日本と似ており、何となく親近感が沸きますね。

国民の約80%が40歳以下(戦争の影響)という非常に平均年齢の若い国でこれからの更に伸びるでしょう。ただ、インフラ整備などはまだまだ2割程度しか 行き届いて無く、日本の力を必要としているようです。
現地日本人のベトナム、タイの人達とのつき合い方は、基本的にその国の人達の国民性であるとか習慣を尊重し、勤務や就業規則なども出来るだけ現地の意見を 取り入れて行っている事が非常に良い様で、日本人や日系企業に対するイメージや評価は頗る良いようです。
小泉前総理の歓迎垂れ幕などもその親日度を現す一つのバロメータの様なものと感じました。

ここ最近韓国企業の進出が目覚ましいようですが、彼等はベトナムや周辺国の国民を安価な奴隷という感覚で扱っているらしく、労使紛争やトラブルが多いと言 います。
また、支那とは国土問題も抱えており決して心情的に良い関係ではないと言われているようです。
ただ、上もにも書いた様に若者が大変多く、大学は出たけれど就職先が無いというのが現実で殆どは日系企業などへの就職を希望するようですが、韓国企業に就 職しても奴隷の如く扱われ辞めてしまう者も少なくないとか。ベトナムの国民は比較的従順で穏和な人が多いと聞きますから、韓国の攻撃的、威圧的な民族に とってはやりやすいのでしょう。
ベトナムでもタイでも何処でも、相変わらず韓国と支那は自分たちの価値観を押しつけ、何処へ行っても軽蔑の対象のようです。


16094.現代用語の基礎知識 「アサヒる」を正式に認定     
名前:松本    日付:12月13日(木) 1時10分
いやあ、良識の勝利ですねー。

「安倍する」を「現代用語の基礎知識」に載せるべく、プロ市民達の積極的な働きかけがあり、

それを阻止すべく、保守陣営の積極的な働きかけがあった訳ですが、

前評判ではプロ市民優勢と見られていましたが、

蓋を開けてみると、保守陣営の圧勝。

「アサヒる」がしっかりと載りました。

そして、「安倍する」の項目はなく、索引は、細字・・・細字のときはそういう項目はなく、ある項目の中の説明ででてくる、という事を意味しているのです が、

「安倍する」は、「アサヒる」の語源として説明されているのです。 すげえ、完勝。

つまり、朝日新聞が「安倍する」というデッチ上げを行ったことが、認められたのです。

すごいぞ、保守陣営。ビクトリー。

って、私はなーんにも気がつかず、惰眠をむさぼっており、
ただ、十一月の末に、「どうも手ごたえがない」という某団体の話を聞いただけだったのですけどね。

それにしても、日本にも真実のために、地道な活動をしている保守勢力がおり、
また、有識者にも健全な判断力が残っていた事は、
素晴らしい朗報だと思います。

ハッハッハッ
真実を捻じ曲げ、デッチ上げをして、日本を貶めるプロ市民に
良識の鉄槌がくだりましたな。


16092.abusan さんへ     
名前:Dr.kanzaki    日付:12月12日(水) 12時54分
>>テロリスト集団と言うのもアホな集団です。

テロリスト集団の前に自爆がつくんじゃ…

いや待てよ、自爆お笑い集団か?自爆テロ集団とどっちが似合ってるかな?
http://shikaishi.de-blog.jp/shakaiwokiru/


16089.司馬史観をも否定した朝鮮総連     
名前:abusan    日付:12月12日(水) 8時40分
ソース::朝鮮新報
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2007/06/0706j1210-00005.htm

毎度の事ですが、先ず日本憎しありきの為、朝鮮半島に優しい
司馬遼太郎すら敵に回しています( ´,_ゝ`) プ

どこまで敵を作れば気が済むのやら┐(´ー`)┌
テロリスト集団と言うのもアホな集団です。
http://blog.so-net.ne.jp/absente/


16087.沖縄はたかられやすい     
名前:そーめんまん    日付:12月11日(火) 14時3分
東シナ海ガス田開発問題が北京で話合われ、例によって話は
平行線を辿り、首相訪中までに解決を目指す方針で一致した
と言うが、まさか訪中の土産に国益を損なうような妥協など
しないであろうか。

我が国固有の領土である尖閣諸島問題も絡むだけに、場合に
よっては訪中を中止する選択だってあるはずだ。
「話があるなら、そっちから来い」と言う姿勢も大切である。
外交では出向くという事は下手に出るのと同じではないか。
国益など頭の隅にすらない外務省の事務屋に先導されて、も
うこれ以上将来に禍根を残さない事だ。


どいつもこいつも沖縄を食い物にする知恵だけはあるようだな・・・


16086.小沢代表 労組票を掘り起こせ 衆院選へ『産別』行脚次々     
名前:ホッシュジエンの国内ニュース解説    日付:12月11日(火) 13時13分
小沢氏と産別労組の会合は10月下旬から今月10日までに電力総連や
自動車総連幹部らと相次いで実施したが、この間に自民、民主の大連立
構想が表面化。代表の辞意表明で党内が大揺れの状態になっていたことも
あったが、小沢氏は一貫して「(組織内民主党)候補者を甘やかさず、
叱咤(しった)激励してほしい」と産別労組に支援要請を続けてきた。
小沢氏は今後、年内に4産別労組幹部とも相次いで会談する予定で、労組
重視の姿勢を強めている。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    労組トップが政界と関係するのは
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  /    分かるが、体制側じゃ反対だろう?
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 民主は実質自民ですから。労組幹部が財界側と
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 癒着し、この国を軍国化へ導く手先になる訳ですね。(・A・#)

07.12.11 Yahoo「小沢代表 労組票を掘り起こせ 衆院選へ『産別』行脚次々」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071211-00000063-san-pol&kz=pol


16083.神楽様、指紋の消失について:     
名前:いわお    日付:12月9日(日) 15時43分
太平洋戦争中、わが国からアメリカに向けて風船爆弾なるものを
偏西風に乗せて飛ばしたことがありました。材料は和紙にコンニャク
糊を塗ったものだそうですが、作成に動員された女学生(今で言う
女子高生)は、指紋がすりへって消失したと何かで読んだ記憶があり
ます。
 話は変わりますが、私が口座をもつ銀行では、掌の静脈パターンを
読取る端末を導入しました。暗証番号も必要ですが、読取り装置の
ない端末のために、別の暗証番号も登録させられました。


16079.2007/11/21の今日のコラムを読んでみて     
名前:神楽    日付:12月7日(金) 21時16分
実は、私の右手の人差し指と中指の指紋はやたらと薄い。人差し指は
ほぼ無いといっても差し支えないと思う。何故か?仕事でヤスリを使う
のだが扱い方が悪いのか、それとも持ち方が悪いのか分からないがヤス
リに擦れて削れてしまったようだ。
自分の父親などは、親指と人差し指と中指の指紋が消えかかっている。
仕事で工具の取り外しや取り付けを頻繁に行なうため、擦り切れてしま
ったらしい。
弟はさらに酷くて右手の全部の指の指紋が消えかかっている。仕事で薬
品を使うのだが、それの影響だろう
知り合いのMさんは、木工系の加工をしているのだが作業で紙やすりで磨
く工程がありそれによって右手の指の指紋はおろか手のひらの文様まで消
えかかっている
つまりだ、仕事の内容で手の皮が擦り切れて指紋がやたらと薄くなるとい
うことはあり得るわけだ。当然の如くこういう人たちは、指紋を認識する
機械では認識しにくいわけで、そういった人達は一体如何したら良いのだ
ろうか?

という訳で、指紋を認識する装置の事を少し検索して見ると面白い事が分
かりました。
つまり、高齢者や乾燥肌の人、生まれつき指紋の薄い人、指の油が少ない、
汚れて酷い人や美容師さんやアトピーなどの皮膚炎で皮膚が荒れている人
は、指紋の認識がし辛いとか。そのため、指紋認識による施錠できる鍵に
は、非常用として暗証番号を使う事も可能だそうです。


16077.いえいえ(^^ゞポリポリ     
名前:abusan    日付:12月6日(木) 0時17分
ピカドン様

打ち間違いで思わず三星電子を思い出してしまいました(笑)
http://blog.so-net.ne.jp/absente/


16076.すいません     
名前:ピカドン    日付:12月6日(木) 0時6分
abusan様
下の投稿で御名を間違えました
ご無礼申し上げました


16075.ルール<紳士協定?     
名前:ピカドン    日付:12月6日(木) 0時1分
abusun様
ルールで決められて無いだけに、紳士協定はある意味で重いと考えなければならない事のように思います。

守る事が至極当然の暗黙の了解(ルール)ですね
と考えます

的確なご指摘ありがとう御座います


16074.ルール明文化は野蛮な者を制する為かと     
名前:abusan    日付:12月5日(水) 22時58分
ピカドン様

>彼等にルールを教えるのは「猫に小判」

と言いましょうか、紳士協定も知らぬ野蛮な奴等を懲らしめる為に
ルールを明文化したのでしょうなあ┐(´ー`)┌

グローバル化すると言うことは不正や悪事を働く者をも
想定しなければならないって事の様ですな!!

全く面倒な話です。
http://blog.so-net.ne.jp/absente/


16073.おそらくSPAMでしょう     
名前:abusan    日付:12月5日(水) 22時54分
いわお様

私はSPAM書き込みとして無視してました。
何れ管理人forest様が削除されるだろうと思ってましたので(^^ゞポリポリ

時々あるのですよね┐(´ー`)┌害人による投稿が。
http://blog.so-net.ne.jp/absente/


16072.ご注意     
名前:いわお    日付:12月4日(火) 14時40分
本日、偶然このブログを見つけ、興味深く拝見しました。
掲示板を開いたところ、No.16067,16068,16071 に怪しい書込みが
あります。ご注意ください。意見、コメント等は、また
追って書かせていただきます。(御覧になったら消去されて
かまいません)


16070.野球日韓戦     
名前:ピカドン    日付:12月4日(火) 10時31分
同胞の韓国紙ですら「(韓国の)金卿文監督は名誉を失った」と。

そもそも名誉があったか?

紳士協定、暗黙のルールが守れない者に名誉など無い

彼等にルールを教えるのは「猫に小判」


16069.南鮮野球の事     
名前:abusan    日付:12月4日(火) 9時52分
紳士協定を破った上に憎っくき日本にも負けて屈辱の上に屈辱を
重ねてしまいましたね。しかし、もっと深刻なのは自ら恥知らず
で嘘つきな野蛮国家で有ることを世界に晒し上げて国家信用を
更に失ったことです。これが一番大きい(^_^メ)

勝つためなら手段を選ばない、そういった卑劣な連中には
鉄槌を下して徹底的に懲らしめるべきです!!
http://blog.so-net.ne.jp/absente/


16066.>民主党の小沢一郎代表ら衆参46人が訪中     
名前:ピカドン    日付:12月4日(火) 0時13分
「他人に厳しく、自分に甘い連中だ」のようです。
言い換えれば「日本に厳しく、支那に甘い」

「南京大虐殺遭難同胞記念館」という支那の偽造の代名詞で
あるとされたものが、近々改修を終えて一般公開されるらし
いですが、民主党の連中はそれに合わせていったのかな?

民主大訪中団は以前から決まっていたようだが、それにしても
今行きますかね。やっぱり支那には甘い!
テレビではそれ程取り上げていませんね。ややスルー気味でしょう。

星野ジャパンが昨日の韓国戦につづいて台湾にも勝ち、北京五輪に
出場が決まった。北京はどうでも良いが日の丸が一段と綺麗でしたね。

それにしても、とても外国でやっているようには感じなかった。
台湾の観客の何ともお行儀の良い事。
支那や韓国じゃ、ああはいきませんよ。
やはり国民性とDNAの違いだな。


16065.民主党の小沢一郎代表ら衆参46人が訪中     
名前:ego    日付:12月3日(月) 21時56分
>>民主党の小沢一郎代表ら衆参46人が訪中する余波を受けて、 6、7日の衆参本会議が中止に追い込まれた。

ピカドンさん
首相の訪中どころか、民主党46人も訪中して、何の話をしに行ったのだろうか。
もしや、極楽接待でも受けているのか。

国民は怒るべきですね。
どうしようもない連中だな。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071203-00000946-san-pol


16064.首相訪中までに解決?     
名前:ピカドン    日付:12月2日(日) 21時22分
東シナ海ガス田開発問題が北京で話合われ、例によって話は
平行線を辿り、首相訪中までに解決を目指す方針で一致した
と言うが、まさか訪中の土産に国益を損なうような妥協など
しないであろうか。

我が国固有の領土である尖閣諸島問題も絡むだけに、場合に
よっては訪中を中止する選択だってあるはずだ。
「話があるなら、そっちから来い」と言う姿勢も大切である。
外交では出向くという事は下手に出るのと同じではないか。
国益など頭の隅にすらない外務省の事務屋に先導されて、も
うこれ以上将来に禍根を残さない事だ。


16062.遺棄化学兵器の処理は支那に任せて日本は引き揚げてしまえば良い     
名前:forest(管理人)    日付:12月1日(土) 21時30分
>egoさん

支那には何度も騙されているのに、これからも騙され続けて、遺棄化学兵器の処理に税金を投入するのかと言いたくなります。武装解除となれば武器弾薬などは すべて投降した敵軍に目録と共に引き渡すことになっているでしょうから、そのような目録を探そうとしなかった外務省の責任は大きいと思いますね。

また化学兵器だけを引き渡さず、こっそり遺棄したとは考えにくく、遺棄されていた化学兵器を掘り返したところ、日本製に混じってロシア製や、支那製の化学 兵器も同じ所から出てきたそうで、それは一括して遺棄したとしか考えられません。

旧日本軍がロシア製や、支那製のものまで遺棄することはあり得ないので、武装解除され化学兵器も引き渡し、その後、支那が処分に困って遺棄したものである ことはあきらかです。

この支那の主張を聞き入れてしまうと、そのうち、日本製の電器製品が遺棄されているとして、日本に処理せよと言ってくるような気がします。引き渡された化 学兵器がどうなったか日本は関知することではありません。化学兵器の他にも引き渡した武器弾薬がある訳で、それも遺棄されていれば処理するのでしょうか ね。

今まで投入して税金で出来た化学兵器の処理施設で、持ち帰れるものは持ち帰り、それが出来ないものは諦めるしかありませんが、後の処理は支那に任せて日本 は引き揚げてしまえば良いでしょう。この件で河野洋平氏の弁解を聞きたいものです。

コメント

在日韓国人が祖国の参政権を持つことになるようだが

2007年12月14日 20時44分33秒 | 在日問題

在日韓国人、5年後韓国参政権へ 連絡準備会設置しPR

2007年12月13日

 2012年から韓国の国政選挙に在日韓国人が投票できる見通しとなり、そのメリットを知ってもらおうと、複数の在日韓国人の市民団体などが「在日韓国人 本国参政権連絡準備会」を設立した。準備会委員長の李健雨(こぬ)さん(55)が13日、大阪市内で会見し、「政権を選ぶ権利の重要性を知ってほしい」と 話した。

 韓国では、国外に居住する自国民の選挙権を認めていなかったが、今年6月、憲法裁判所が「憲法不合致」とする判断を出した。この判断を受け、5年後の国会議員選挙と大統領選挙から、在日韓国人を含む在外韓国人も選挙できる見通しとなった。

 日本では、外国人の参政権を認めていないため、在日韓国人にとって、初めて、選挙を通じた政治参加となる。だが、祖国での参政権に対する在日社会の関心は低く、李さんは「選挙権を行使することで、韓国政府の在日への関心は高まる」と訴えた。
(朝日新聞)

(引用終了) 


 在日韓国人が韓国政府に参政権を求めないで、日本に参政権を要求しているのは異常の何者でもないと思っており、参政権とは日本国籍を持ってる国民に与えら れているもので、日本政府の好意によって住まわせて貰っているだけの単なる住民に過ぎない在日韓国人に、日本の参政権を付与することはあり得ないことであ る。

 それが5年後とは言え、ようやく在日韓国人に韓国の参政権が与えられることになったのは良いことで、在日韓国人と言っても韓国人なのであるからして韓国の 参政権を持つのは当然のことであり、にも関わらず、今まで付与されて来なかったことがおかしいのであって、それが、ようやく在日韓国人も祖国の政治に参加 出来るようになったのは、韓国政府が在日韓国人を同胞として認めた訳で、これが本来の姿であり、日本国民の1人として心から祝福したい。

 今頃になって韓国政府が在日韓国人に対する棄民政策の方針を転換して参政権を付与することにしたのはなぜであろうか。今まで在日韓国人は祖国に対して何の 義務も果たして来なかったようで、韓国人ならば兵役の義務もあるだろうが、それすら果たさず、在日特権を享受して来たのだから、在日韓国人は日本人にも韓 国人にも嫌われている特殊な存在であった訳である。

 それが参政権を付与することになったのは韓国経済が没落傾向にあり、日本の援助も期待出来ないとなれば、その建て直しのためにパチンコマネーなどで潤う在 日韓国人の富裕層から参政権を付与する見返りに納税させるか、あるいは何らかの名目で援助をさせようとしているのではなかろうか。

 在日韓国人に韓国の参政権を与えられることになったからと言っても日本の参政権を要求しなくなるとは思えず、在日特権に守られて、ぬくぬくと暮らして来た のだから帰化することもなく、更なる特権を得るために、その手段として日本の参政権も要求するための運動を継続して行くことであろう。

 日本の参政権を要求するのではなく、帰化すれば良いのではとの声があるが、それは前述したように在日特権を手放したくないからであり、また在日韓国人がな ぜ祖国に帰ろうとせず日本に住み続けるのは、祖国から裏切り者と言われており、差別を受けているからであって、そのような裏切り者に忠誠を誓わせて帰化さ せたとしても、再び裏切ることは明らかで、現に民主党公認で当選した元在日韓国人が日本を裏切り、在日韓国人のために参政権を付与しようと奔走しているで はないか。

 在日韓国人が韓国の政治に参加するのは当たり前の話だが、だからと言って日本の参政権を要求しなくなるだろうとの楽観的な見方をしない方が良いであろう。 今までの在日韓国人の日本人でもなく、韓国人でもない中途半端な考え方が、韓国政府の計らいで晴れて韓国人として認められ祖国の政治に参加出来るように なったとしても、そのひねくれた考え方には変化はないと思っていた方が良さそうである。
(2007/12/14)

コメント (3)

政党ビラ事件の逆転有罪判決の理由を報じない朝日新聞

2007年12月12日 21時35分59秒 | 偏向マスコミ

政党ビラ配布で逆転有罪判決、東京高裁が罰金5万円

 共産党のビラを配るため、東京都葛飾区内のマンションに立ち入ったとして、住居侵入罪に問われた同区の僧侶、荒川庸生被告(60)の控訴審判決が11日、東京高裁であった。

 池田修裁判長は「政治ビラを配布する目的自体に不当な点はないが、住民らの許諾を得ずに立ち入った行為に違法性がないとはいえない」と述べ、荒川被告を無罪とした1審・東京地裁判決を破棄し、罰金5万円(求刑・罰金10万円)の逆転有罪判決を言い渡した。
(2007年12月11日15時32分 読売新聞)

   ……………………………………………………………………………………

党ビラ配布:1審無罪の僧侶、罰金の逆転有罪…東京高裁

 東京都葛飾区のマンションに共産党のビラを配布するために侵入したとして、住居侵入罪に問われた僧侶、荒川庸生(ようせい)被告(60)の控訴審で、東京 高裁は11日、1審・東京地裁の無罪判決(06年8月)を破棄し、罰金5万円の逆転有罪判決を言い渡した。池田修裁判長は「政党ビラ配布という目的自体に 不当な点はない」と認めつつ「マンション住民はビラ配布目的を含め、部外者が立ち入ることを禁止できる。被告の行為が相当性を欠くことは明らか」と指摘し た。

 弁護側は「ビラ配布は政治的表現の自由の一つとして憲法で保障されている」などとして、無罪か公訴棄却を主張した。しかし、高裁は「表現の自由は必要不 可欠な基本的人権だが、他人の財産権を不当に害することは許されない。住民らの許諾を得て立ち入ることまでは禁止されていないのだから、有罪としても憲法 に反しない」と退けた。

 判決によると、荒川被告は04年12月23日午後2時20分ごろ、葛飾区の7階建てマンションに入り、共産党の「都議会報告」などのビラを3~7階27戸のドアポストに入れた。注意した住民が現行犯逮捕し、23日間にわたり身柄を拘束された。

 検察側は罰金10万円を求刑したが、1審は「ビラ配布の目的だけであれば、共有部分への立ち入り行為を刑事上の処罰の対象とするとの社会通念は、いまだ確立していない」と指摘し、住居侵入罪の成立自体を否定した。

 ビラ配りを巡っては、東京都立川市の防衛庁官舎に自衛隊イラク派遣に反対するビラを配って同罪に問われた男女3人を1審・東京地裁八王子支部が無罪(04年)としたが、東京高裁が05年に罰金10万~20万円の逆転有罪判決を言い渡した(被告側が上告中)。
(毎日新聞 2007年12月11日 15時59分)

  ……………………………………………………………………………………

共産党ビラ配り、僧侶に逆転有罪

 ドアポストに共産党のビラを配布する目的で分譲マンションの廊下に無断で入ったとして、住居侵入罪に問われ、1審東京地裁で無罪になった東京都葛飾区の 僧侶、荒川庸生被告(60)の控訴審判決公判が11日、東京高裁であった。池田修裁判長は住居侵入罪が成立すると判断し、1審判決を破棄、罰金5万円(求 刑罰金10万円)の逆転有罪判決を言い渡した。

 マンション玄関ホールには「パンフレットの投函(とうかん)、物品販売は厳禁」などとの張り紙がされていた。1審判決は「政治的なビラ配りを禁じていたことが来訪者に伝わるように表示されていなかった」としていた。

 判決理由で池田裁判長は、住民の総意としてマンションへの無断立ち入りを禁じていたと判断した上で、張り紙の内容や張り方を検討。「各戸のドアポストへ のビラ配布のための立ち入りが予定されていなかったことは明らか。そのことを来訪者に伝えるための措置がとられていなかったとはいえない」と述べ、住居侵 入罪が成立すると結論付けた。

 荒川被告側は「立ち入りを処罰することは、表現の自由を保障した憲法に違反する」などと主張していた。これに対し池田裁判長は「表現の自由は絶対的に保 障されるものではない。思想を外部に発表するための手段でも、他人の財産権を侵害することは許されない」と述べ、この主張を退けた。
(産経新聞)

  ……………………………………………………………………………………

政党ビラ配り事件 罰金5万円の逆転有罪判決 東京高裁

2007年12月11日15時05分

 東京都葛飾区のマンションに04年12月、政党のビラを配布するために立ち入ったとして住居侵入罪に問われた住職荒川庸生被告(60)の控訴審で、東京 高裁(池田修裁判長)は11日、被告を無罪とした一審・東京地裁判決を破棄し、改めて罰金5万円とする逆転有罪判決を言い渡した。検察側は一審で罰金10 万円を求刑していた。

 荒川被告は04年12月23日午後2時20分ごろ、支援する共産党の「都議会報告」などを配るためにマンションに入った。各戸のドアポストに投函していたところ、住民に通報されて逮捕、起訴された。

 一審判決は06年8月、「ドアポストまで短時間立ち入って配布することが明らかに許されないという合意が社会的に成立しているとはいえない」などとし、 検察側がこれを不服として控訴していた。高裁は「住居侵入罪の成立を否定した一審判決は法令の適用を誤っている」と指摘した。

 荒川被告側は即日、上告の手続きを取った。
(朝日新聞)

(引用終了) 


 共産党のビラを配布する目的で分譲マンションの廊下に無断で入ったとして、住居侵入罪に問われた東京都葛飾区の僧侶、荒川庸生被告(60)に対しての控訴 審判決公判が11日、東京高裁であり、池田修裁判長は住居侵入罪が成立すると判断し、1審判決を破棄、罰金5万円(求刑罰金10万円)の逆転有罪判決を言 い渡したとの報道がなされている。

 1審の東京地裁では判決は「政治的なビラ配りを禁じていたことが来訪者に伝わるように表示されていなかった」として無罪となっていたが、池田裁判長はマン ションへの関係者以外の無断立ち入りを禁止した張り紙の内容や張り方を検討したところ住居侵入罪が成立すると判断したようで、極めて妥当な判決であり、こ れを支持したい。

 荒川被告側は、政党のビラ配布は表現の自由の一環だとして、マンションの廊下に立ち入りことが処罰されるのはおかしいとして無罪を主張していたようだが、 池田裁判長は「表現の自由は絶対的に保障されるものではない。思想を外部に発表するための手段でも、他人の財産権を侵害することは許されない」と述べ、荒 川被告側の主張を退けたようであり、表現の自由とは他人にどのような迷惑が掛かったとしても無制限に許されているものではないのだから、当然過ぎるほど当 然な判決理由と言うべきである。

 個別ポストに政党ビラを配布している荒川被告に対して、マンションの住民が「やめてくれ」とか「出て行ってくれ」とか注意をされた時に、「申し訳ない」と 謝罪して、ビラ配布を中止して退去すれば、通報もされなかったであろうが、「表現の自由だ」と逆に文句を言ったから通報されて逮捕となったのであろう。

 これは共産党のビラ配布だから逮捕されたもので、例えばピザ屋のビラ配布なら住民も咎めないし、通報もされないとか言う方がいるが、ピザ屋であれば住民か ら退去するように要求されれば、荒川被告のように「表現の自由だ」とか言わずに、「申し訳ない」とマンションから出て行くであろうが、もし、そのピザ屋が 「ビラを配布しないと注文が来ないので、仕事の邪魔をするな」と文句を言ったりして住民の退去要求に応じなければ、この共産党の僧侶のように通報され、逮 捕されるようなことになるかも知れない。

 ところで、この裁判の件を報じている新聞各社の扱いに大きな違いがあり、読み比べてみると池田裁判長が逆転有罪判決を言い渡し理由についての各社の考え方が良く分かって大変面白い。

 読売新聞には「政治ビラを配布する目的自体に不当な点はないが、住民らの許諾を得ずに立ち入った行為に違法性がないとはいえない」と述べたことが、毎日新 聞には「表現の自由は必要不可欠な基本的人権だが、他人の財産権を不当に害することは許されない。住民らの許諾を得て立ち入ることまでは禁止されていない のだから、有罪としても憲法に反しない」と被告弁護側の「ビラ配布は政治的表現の自由の一つ」との主張を退けていることがそれぞれ掲載されており、妥当な 報道と言えるだろう。

 この裁判の件は産経新聞が一番詳しいようであり、住居侵入罪が成立する理由として、住民の総意としてマンションへの無断立ち入りを禁じる張り紙の内容など から「各戸のドアポストへのビラ配布のための立ち入りが予定されていなかったことは明らか。そのことを来訪者に伝えるための措置がとられていなかったとは いえない」と述べていることを掲載しており、住民として平穏を守るために、立ち入る目的が何であれ、関係者以外の者が各戸のドアポストまで無断で立ち入り ことを許している訳ではないとして、無断立ち入ったことは違法性があるとの理由を報じている。

 さて朝日新聞だが、池田裁判長が逆転有罪判決を言い渡し理由についての記載がなく、「住居侵入罪の成立を否定した一審判決は法令の適用を誤っている」と書 かれているだけで、これでは読者は被告を無罪とした一審・東京地裁判決のどこが法令の適用を誤っていて、住居侵入罪が成立すると判断し、逆転有罪判決を言 い渡し理由が分からない。

 朝日としては、政党ビラ配布の目的があれば、マンションの住民の総意で、関係者以外のマンションへの無断立ち入りを禁じる張り紙があったとしても、表現の 自由は憲法に保障されているのだから、無断で立ち入って住民に不安を与えても構わないと考えているのであろう。他人の財産権を侵害してまで表現の自由は絶 対的に保障されるものではないとする池田裁判長の逆転有罪判決を言い渡した理由を抜かして、「荒川被告側は即日、上告の手続きを取った。」と書き、 被告側に最高裁で無罪判決を勝ち取るまで応援するかのような報道である。

 このような逆転有罪判決となった理由も報じられていない新聞を読まされる読者は可哀想であり、他紙を読んでいれば分かることが、朝日だけを読んでいれば分 からない訳で、これが無罪判決ならば、その理由と、無罪判決は当然とする識者の見解を嬉しそうに報道することであろう。これでも朝日は偏向していないと 言っている人がいれば、病院に行かれた方が良いかも知れない。
(2007/12/12)

写真:逆転有罪判決を受け東京高裁前で抗議する荒川庸生被告(左から2人目)

コメント (5)

テレビ朝日の「報道ステーション」また捏造放送か

2007年12月10日 21時39分23秒 | 偏向マスコミ

マック改竄 テレ朝が証言者偽装

2007.12.8 00:10

 テレビ朝日は7日、日本マクドナルドの調理日改竄(かいざん)問題について、11月27日放送のニュース番組「報道ステーション」に証言者として登場し た女性が、番組の関係者で、当時すでに店をやめていたにもかかわらず、制服と店長代理のバッジを着けて出演していたことを明らかにした。同夜放送の番組内 で古舘伊知郎キャスターは「視聴者に混乱と誤解を与えるもの。間違ったやり方だった。申し訳ない」と謝罪した。

 この女性は、顔を隠したうえで赤白ストライプの制服姿で元店長代理として登場し、サラダの調理日に改竄があったという内容の証言をしていた。しかし、放 送直後から、インターネットなどで「元店長代理がバイトの制服を着ているのはおかしい」「モデルチェンジ前のユニホームでは」などと疑問視する声が出てい た。同社にも視聴者から、おかしいと指摘があったという。

 女性は番組の関係者で、収録を担当したスタッフは社内調査に対し「無理強いしたわけではない。相談してそういう形がいいでしょうと提案した。制服のほうが証言者としての真実味が増すという狙いだった」などと説明したという。

 同社広報部は「視聴者に誤解を与えたが、証言そのものは改竄を裏付ける真実だととらえている」としている。

 マクドナルドの改竄問題は、都内の4店舗で売れ残ったサラダの調理日時のシールを翌日のものに貼り替えていたことなどが判明。同社の原田泳幸会長兼CEOが記者会見して謝罪した。その後材料に賞味期限切れのものが使われていたことなどもわかった。
(産経新聞)

(引用終了) 


 テレビ朝日に「報道ステーション」と称するニュース番組があるようであり、ほとんど見ることはないので、どのような番組であるか承知していないが、時々番 組内で古舘伊知郎キャスターが失言したり、捏造放送が行われたことが知れてネットで大騒ぎになることがあるようで、「またやったのか」といつも呆れかえて いる。

 デタラメな情報を垂れ流し、偏向報道を繰り返すテレビ朝日を信用してはならず、真実を伝えるニュース番組であると思って見ていると自分でも気が付かないうちにおかしな思想を植え付けられてしまうので、このようなアホなニュース番組など健康のためにも見ない方が良いだろう。

 11月27日の同番組で、日本マクドナルドの調理日改竄(かいざん)問題について店長代理のバッジを着けて制服姿で元店長代理として登場した女性が、「サラダの調理日に改竄があった」などと証言したことについて、疑問視する声が出ているとのことである。

 それは登場した女性が着ていたものはアルバイトの制服で店長代理が着るものとは異なるとのことであり、にも関わらず店長代理まで勤めていた経歴があれば、 それすら知らないのはおかしいなどと指摘されたことから、12月7日に放送された番組内で古舘キャスターは「視聴者に混乱と誤解を与えるもの。間違ったや り方だった。申し訳ない」と述べたそうだが、これでは謝罪したとは言えず、事実ではない捏造放送をしてしまったことを認めなければ謝罪にならないであろ う。

 誤解とは「意味をとりちがえること。まちがった解し方をすること」であり、これではテレ朝は正しい放送をしたが、それを誤って解釈したり、騙された視聴者 の方が悪いと言っているのも同然ではないか。「間違ったやり方だった。」とまで言っているのであれば、「捏造した番組を作って放送してしまった」とはっき り謝罪して、その責任を明らかにすべきであろう。

 食品業界の賞味期限の偽装などを批判している報道機関が、捏造した情報をニュースとして流してしまったのだから、番組内でキャスターが「申し訳ない」と言 うだけで、誰も責任をとらないとなれば、今後は食品業界の偽装問題など追及出来なくなるが、このまま惚けるつもりなのか。

 しかし、日本マクドナルドを退職して関係がなくなった女性に、その制服を着せて内部告発のような証言をさせることは問題であろう。退職した者から制服を返 却させるのはマクドナルドに限らず、どこの企業でも同じであろうから、テレ朝では、この制服をどのような手段で手に入れたものか明らかにすべきではなか ろうか。

 この女性がマクドナルドを退職する際に制服を何らの理由で敢えて返納せず、それを退職記念と称し、保管しているだけで人目に触れる状態でなければまだし も、わざわざそれを着てマクドナルドに不利益になるような証言をすれば大きな問題になること位考えが及ばなかったのであろうか。

 証言をした女性は、以前マクドナルドに勤めたことがある「報道ステーション」の番組の関係者とのことだが、元従業員であったとしても、その制服を着用し、 店長代理のバッチを付けて、あたかも現役の従業員であるかのように偽装して証言させることは正に報道の範囲を逸脱した演出による印象操作と言うべきであ る。

 マクドナルドに勤めていたことがあったとしても、実名はおろか、その店舗や時期なども明らかにしておらず、まして番組関係者と言うのだから、証言に信憑性はあるとは言えず、テレ朝として、その証言が正しいかどうか裏付け行ってから放送すべきではなかったのか。

 このままでは証言をした女性は過去にマクドナルドで店長代理としても、またアルバイトとしても勤めたことがないと言わざるを得ないし、テレ朝にもドラマ撮 影のために衣装部のようなものがあるだろうから、そこからスタッフが借りて来て、また台本まで作って「サラダの調理日に改竄があった」などと台詞として言 わせて、それを証言のように偽装したとしか考えられない。

 テレ朝は情報を偽装し国民に伝えてしまった訳であり、まさに捏造と言うべきであって、それを謝罪だけで済まそうとしているとすれば、もう他者を批判する資格はないであろう。
(2007/12/10)

コメント (4)

法務省の死刑執行に関する情報を公開を支持する

2007年12月08日 20時52分43秒 | 政治

藤間静波死刑囚ら3人死刑執行、初の氏名公表

 法務省は7日、東京、大阪両拘置所で同日午前、殺人罪などで死刑が確定した藤間静波死刑囚(47)など3人の刑を執行したと発表した。

 同省は、これまで死刑執行の事実と人数だけしか発表してこなかったが、犯罪被害者などから死刑執行に関する情報を公開すべきなどの声が高まっていたこと を受け、死刑囚の氏名や犯罪事実の概要、執行場所の公表に初めて踏み切った。死刑執行は今年8月23日に3人が執行されて以来で、鳩山法相が就任して初め て。国会会期中の執行は極めて異例。

 死刑が執行されたのは、藤間死刑囚(東京拘置所)のほか、府川博樹(42)(同)と池本登(74)(大阪拘置所)の2死刑囚。

 藤間死刑囚は神奈川県藤沢市などで1981年~82年、女子高生とその母親、妹を含む5人を殺害するなどした。府川死刑囚は99年、東京都江戸川区のア パートで無職の女性とその母を刺殺するなどした。池本死刑囚は85年6月、徳島県日和佐町(現美波町)で、隣人ら3人を猟銃で射殺するなどした。

 死刑執行を巡っては、鳩山法相が今年9月、死刑執行を法相の署名なしに自動的に進める考えを提案。省内に勉強会を設け、制度の見直しに意欲を示してい た。鳩山法相は7日の衆院法務委員会で「死刑という非常に重い極刑が法に基づいて適正に粛々と行われているかどうかは、被害者あるいは国民が知り、理解す る必要がある」と、公表に踏み切った理由を述べた。

 同省によると、死刑確定者は6日現在で107人いたが、この日の執行で104人となった。
(2007年12月7日13時26分 読売新聞)

(引用終了) 


 法務省が死刑執行に関し、今までは執行の事実すら公表して来なかったが、それを執行された死刑囚の氏名や犯罪事実などを公表するように方針転換したようで あり、12月7日に同省が公表したところによると、殺人罪などで死刑が確定していて同日午前、執行された死刑囚は、藤間静波(ふじませいは)(47)。府 川博樹(42)。池本登(74)の3人とのことである。

 この方針転換は良いことであり、死刑判決を受けるような凶悪な事件を起こした者が、いつ死刑が執行されたのか知りたいもので、特に社会を震撼させるような 事件であった場合には国民の関心事の筈で、死刑囚の氏名や犯罪事実などを公表されれば、事件の記憶がよみがえり、「ようやく死刑になったのか」と思われる 方も多いことであろう。

 特に被害者遺族であれば、犯人の死刑が確定しただけでは、裁判が終わっただけだとの思いしかないであろうから、死刑が執行されてこそ被害者の墓前に報告に 行けるのではないかと思う。もちろん死刑が執行されたとしても被害者が生き返る訳ではないが、被害者遺族にしてみれば、これで被害者も成仏出来るとの区切 りにもなるであろうし、そのためにも今回の法務省の方針転換は被害者遺族の感情に配慮したものであろうと思われる。

 ところで、今回の執行された死刑囚の氏名や犯罪事実などを法務省が公表したことについて、いつものように 死刑廃止議員連盟などが執行を批判していたが、 今回は犯罪事実が公表されたことから、その驚くべき罪状を読んで、これでは死刑になっても仕方がないと思われる方がほとんどではなかろうか。

 死刑廃止の向けて論議をするのは良いとしても、死刑制度がある現状のままでは執行を停止することなど出来る訳はなく、議員連盟は批判するだけでなく、執行 を停止する法を整備をすることを先にしなくてはならないし、それには国民世論の支持が必要だが、死刑制度は廃止した方が良いと考えている国民は少ないよう であるからして、難しいであろう。

 さらに社民党の又市征治幹事長が今回の3人の死刑執行に強く抗議しているようだが、社民党が死刑に反対しているようでは、死刑制度をなおさら残すべきと思うし、いつ解党になってもおかしくない微少政党である社民党が何を言っても注目されないことは確かである。

 又市幹事長は「今回の執行は、死刑制度の廃止に向かう世界の流れに逆行したものである。」と述べているが、社民党の言う世界とはどこを指すのか教えて欲し いものであり、今までの社民党の主張を聞いていると支那と北朝鮮のことだと何となく想像しているが、ではその二国で死刑制度の廃止に向けて流れが出来てい るのかと思えば、まったく正反対であり、公開処刑まで行われているそうで、これに対して社民党が何か言った記憶がないが、おかしいではないか。

 世界の流れに逆行したものはダメだとなれば、憲法9条も流れに逆行していると思うが、その証左に憲法9条を自国の憲法に取り入れたいとする国がまったくないからであり、このような社民党の主張こそ世界の流れに逆行しているものと言わざるを得ない。
(2007/12/08)

コメント (1)

福田総理は自衛隊の最高指揮官ではないのか

2007年12月06日 18時31分48秒 | 防衛省・自衛隊・安全保障

海自帰国行事欠席の首相  みなさんに花を持たせるため

 福田康夫首相は4日の参院外交防衛委員会で、海上自衛隊のインド洋派遣部隊の帰国行事に出席しなかった理由について「他の出席者に花を持たせるため」と説明、苦しい"言い訳"に委員会室は失笑に包まれた。
「官房長官も防衛相も行かれ、民主党の方も、与党の皆さんもたくさん参って歓迎の意は十分尽くされでいた。皆さんに花を持たせるってこともあるじゃないですか」

 11月23日の補給艦「ときわ」の帰国行事を欠席した理由について民主党の白真勲氏に尋ねられた首相はこう答弁した。
首相周辺は「行く気はあった」というが、防衛省幹部は「11月28日の栄誉礼拒否といい、首相が自衛隊をどう思っているのか分からない」と失望感をあらわにした。
2007/12/05
産経新聞(ネット上のソースなし)

(引用終了) 


 福田内閣の支持率はそれほど低くはないようだが、何を考えているのはイマイチよく分からず、また指導力を発揮しているような様子もない福田総理を見ている と、日本の舵取りを安心して任すことが本当に出来るのか疑問に感じることばかりである。安倍前総理の時には凄まじい批判を繰り返していた偏向マスコミだっ たが、福田内閣になった途端、手のひらを返すように批判が収まってしまったのは、偏向マスコミにとって福田総理は都合の良い総理大臣だと思っているに他な らない。

 内閣総理大臣として、当然なすべきことをしなければ批判すべきなのに、それをしないのは偏向マスコミにとって、なすべきことではないと思っているからであ り、それは11月23日に、東京・晴海ふ頭においてテロ対策特別措置法の失効に伴い、給油活動を終えてインド洋から撤収した海上自衛隊の補給艦「ときわ」 の帰国行事に福田総理が出席しなかったことを何ら批判していないことである。

 福田総理は自衛隊の最高指揮官であり、その自覚があるならば、帰国行事に出席して、厳しい任務を終えた隊員の労をねぎらうべきであったろうし、それを敢え てしなかったのは、その自覚すらないことになる訳で、また11月28日に防衛省で行われた自衛隊高級幹部会同の際に栄誉礼を拒否したとのことであり、これ は、最高指揮官として自衛隊から敬意を示されたくないとの意思表示であって、自衛隊を侮辱するものではなかろうか。

 12月4日の参院外交防衛委員会で、福田総理は帰国行事に出席しなかった理由を「官房長官も防衛相も行かれ、民主党の方も、与党の皆さんもたくさん参って 歓迎の意は十分尽くされでいた。皆さんに花を持たせるってこともあるじゃないですか」と述べたそうであり、官房長官や防衛相が出席するのと自衛隊の最高指 揮官として総理大臣が出席するのではまったく意味が違うこと位は分からないのかと言いたくなるが、これでは、防衛省幹部が福田総理が自衛隊についてどのよ うに思っているのか分からないと失望感をあらわすのは当然であろう。

 自衛隊の最高指揮官として自覚がなかったのが、阪神大震災の時の村山総理であったことは、誰もが認めることであろうし、それは自衛隊を嫌う政治信条から決断すら出来なかったことから多くの犠牲者を出してしまったからである。

 福田内閣になってから大きな災害もなく、福田総理が自衛隊の最高指揮官として重大な決断をしなければならない事態は今のところ起きていないが、自衛隊側か ら何を考えいるか良く分からない総理として失望感があることは決して良いことではなく、決断するのは総理しかないとの事態になった時、果たして自衛隊との 意思疎通がうまく行くか疑問であり、何となく不安を覚えているのは私だけであろうか。
(2007/12/06)

写真:任務を終えて帰国した補給艦「ときわ」の隊員たち

コメント