私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

マスコミの餌食になる裁判員制度などやめてしまえ

2009年02月28日 10時22分37秒 | 偏向マスコミ

新聞協会、裁判員に取材協力呼びかけ…判決後に記者会見

   今年5月に始まる裁判員制度に向け、日本新聞協会(新聞・通信・放送の141社加盟)は26日、国民に対して、取材・報道への理解や、記者会見への協力を呼びかける「裁判員となるみなさんへ」を公表した。

 裁判員が判決後に任意で参加する記者会見の実現に向け、裁判所の協力が得られることになった。

 呼びかけは、「裁判員経験者に対する取材・報道は、新たな制度による司法権の行使が適正になされているかを検証するうえでも必要不可欠」と述べたうえで、「守秘義務の立法趣旨と裁判員経験者の意向を踏まえ、国民の知る権利に資する報道機関としての使命を果たしていく」としている。

 新聞協会は2007年5月以降、最高裁に対し、裁判員経験者の意向を尊重するという取材・報道姿勢などを説明して、記者会見への協力を要請。

 12回にわたる意見交換の結果、最高裁側も「制度の定着という点で、裁判員の声が広く伝わることは重要だ」と理解を示し、本人の了承があることを前提に協力することになった。
(2009年2月26日22時11分 読売新聞)

(引用終了)

 官公庁が建物の一室をマスコミに提供し、それをマスコミは「記者クラブ」と称して利用している訳だが、賃貸契約を結んでいる訳ではなく、無償提供されていることはかねてから疑問に思っていた。また一室を無償提供しているだけでなく備品までも官公庁側が準備し、雑用の女子事務員がいるとすれば、それは官公庁の職員であって、給与は当然ながら官公庁側の負担となっているのであり、公務員は全体の奉仕者である筈だが、一民間企業に過ぎないマスコミ各社の便宜を図っているのはどう考えてもおかしいと言わざるを得ない。

 前に読んだ本の中に、まさに記者クラブの特権と言うべきことが載っていたが、それは神奈川県厚木市議会で、ある議員が、市が記者クラブを無償提供していることを同市長に質したものである。それは新聞の購読代や電話代も含まれていることから、これをなぜ市が負担しているのか、その理由と根拠についてであり、これに対して当時の厚木市長は「慣例であって、根拠はない」と答えたとのことである。

 まさにマスコミ特権と言えるもので、官公庁の一部をタダで占拠し、電話代どころか電気や水道料金さえも払っていないと思っているが、だからマスコミの連中はつけあがるのであり、偉そうなことを言うのであれば、建物の一室とは言え、間借りしているなら、そこが官公庁であろうがなかろうが、家賃や光熱費などを払ったらどうなのか。それがマスコミへの信頼低下に原因になっていると認識するのであれば、各社でカネを出し合って、どこかのビルの一室を借りれば良いことである。

 これもマスコミ特権の一つと言えるかも知れないが、要求されればマスコミが行う記者会見に国民はすべて応じなければならないとする根拠があると考えているようである。報道によれば今年5月に始まる裁判員制度で、裁判員となった者に対して判決後に任意で参加する記者会見の実現を画策しているとのことで、本職の裁判官でさえも判決後に記者会見することはないのだから、国民から選ばれた裁判員が任意とは言え記者会見させられることは、顔が晒されることになるからしてプライバシーの侵害となり、被告人やその関係者からお礼参りなどを受ける恐れもあるだろう。

 ましてマスコミから注目されている裁判ともなれば、任意とは言え記者会見に応じるように裁判員を執拗に追い回してコメントを取ろうとするであろうし、会見を守秘義務があるとして断れば、「国民には知る権利があるのに、それを侵害するのか」と激高するに決まっており、それは今までの取材方法からして明らかである。

 偏向マスコミが、国民の知る権利に資する報道機関としての使命を果たしていれば、「偏向マスコミ」とも、また「マスゴミ」とも言われなかったであろうし、政治家でも芸能人でもない裁判員が、記者会見で顔を晒されことは何を意味するのかが分かっていないようで、会見に協力しなけばならないとなれば、それを理由に裁判員を辞退する者も出ることが予想される。

 自分が裁判員に選ばれたことや、裁判の課程で知り得たことを他人に話してはならないとする守秘義務ががあるにも関わらず、また本職の裁判官でさえも判決後に記者会見を行っている様子はないのに、本人が会見を希望したとしても会見を行うことは裁判員制度が崩壊する恐れがあると言えだろう。

 わが家には幸いに裁判員として選任したとの通知がなかったので良かったが、裁判員制度そのものがうまく運用出来るのかと以前から疑問に思っていた。それが今回のマスコミの会見要求によって決定的になったと言って良く、マスコミが注目している裁判であればあるほど、判決後は裁判員の会見を要求するであろうし、そうなれば裁判員としても、マスコミが作る世論に沿わない判決を出すことをためらいであろうし、そこがマスコミの狙い目かも知れない。

 マスコミが裁判員に対して会見を要求すること自体が誤りなのだが、マスコミに協力することで良いこと何一つなく、偏向捏造報道を繰り返した結果、倒産間近の一民間企業に成り下がったマスコミに協力したら変な病気でもうつされるかも知れない。であるから「マスコミの餌食になる裁判員制度などやめてしまえ」と言って良いであろうし、この制度は完全に失敗だった言えるだろう。
(2009/02/28)

コメント (10)

米軍削減発言の小沢民主党には政権担当能力はない

2009年02月27日 09時18分42秒 | 民主党関連

駐留は海軍だけで十分 小沢代表が表明

 民主党の小沢一郎代表は24日、在日米軍再編に関連し「米国もこの時代に前線に部隊を置いておく意味はあまりない。軍事戦略的に米国の極東におけるプレゼンス(存在)は第7艦隊で十分だ」と述べ、将来的に日本に駐留する米軍は海軍関係だけで十分との認識を明らかにした。

 同時に「あとは日本が自らの安全保障と極東での役割をしっかり担っていくことで話がつくと思う」とし、政権交代を実現した場合は、国連活動への協力など日本の軍事的役割の拡大を通じて在日米軍基地の整理、縮小に取り組む考えを示唆した。奈良県香芝市で記者団の質問に答えた。

 これに関連し小沢氏は「米国に唯々諾々と従うのではなく、私たちもきちんとした世界戦略を持ち、少なくとも日本に関係する事柄についてはもっと役割を分担すべきだ。そうすれば米国の役割は減る」と強調した。

 政府が国会提出した在沖縄米海兵隊のグアム移転をめぐる米国との協定締結承認案件への賛否に関しては「個別の話は政権取ってからにしてほしい」と明言を避けた。
2009/02/24 23:12 【共同通信】

(引用終了)


 民主党の小沢一郎代表は福田政権時代に、自民党との大連立構想が画餅に期した際に「民主党には政権担当能力がない」とまで言って、大連立出来なかったことを嘆くような発言をしていた記憶がある。マスコミの世論調査の結果が正しければ、最近は民主党への支持率が自民党を上回り、次期総理として小沢代表が最も相応しいとされていることは、何故か政権担当能力がない筈の民主党への期待感が高まっていることになるが、小沢代表として、そのような世論が形成されている状況についてどのような認識を持っているのであろうか。

 小沢代表が「民主党には政権担当能力がない」とまで言ったのは、党内に政権を担うことが出来るだけの見識を持つ議員がいないと認識したかも知れない。国会においても与党案に反対ばかりしており、その与党が民主党案をのめば反対に回るのだから、何でも反対していなれば気が済まない議員ばかりとなれば、政権担当能力を備えていないのは当然と言って良く、小沢代表にもしものことがあれば、民主党は水と油のように考えの異なる議員が集まっているだけに過ぎない政党であるからして、分裂してしまう可能性が高いであろう。

 国民の民主党政権への期待感が高まっている中で、党代表である小沢氏の言動には首を傾げることが多く、国会に出ることより、地方を回って選挙応援することを優先し、それは外国要人と会談するかどうかも同じだと言うのだから話しにならず、これでは民主党には政権担当能力がないことを小沢代表自ら実践しているも同然ではなかろうか。

 その小沢代表が、報道によれば在日米軍再編に関連し「米国もこの時代に前線に部隊を置いておく意味はあまりない。軍事戦略的に米国の極東におけるプレゼンス(存在)は第7艦隊で十分だ」と述べ、将来的に日本に駐留する米軍は海軍関係だけで十分との認識を明らかにしたとのことである。

 さらに「あとは日本が自らの安全保障と極東での役割をしっかり担っていくことで話がつくと思う」としていることは、在日米軍を撤退させた後は、その穴埋めに日本の防衛力を増強するとの認識を持っているのであろうか。そこまで述べていないのでは政治家として無責任の何者でもなく、確か民主党は防衛費も削減するとか言っていたが、それに加えて、在日米軍までも削減となれば「何をやろうとしているのか」と国民は民主党に対して不安と疑問を持たざるを得なくなるのは当然ではなかろか。

 支那の軍事力増強に対抗して、日本も防衛力を増強するのは当然だとしても、まず、憲法第九条を改正して、陸海空軍の保持と、交戦権否認を削除し、万一の場合に国家国民を守る「戦争が出来る普通な国」にするのが先であり、また核保有国に囲まれていることからして、日本独自の核武装が必須であることは明らかである。

 確かに日本は独立国であるからして、外国軍である米軍がいつまでも駐留していることは良くないが、削減したり撤退させるとしても、日本が支那の軍事力に対抗出来るだけの防衛力を保有した後であり、また、それまでに「戦争が出来る普通な国」になってからの話しであって、先に在日米軍を撤退させてしまったのでは、軍事的空白が生じることになり、これでは支那の軍事侵攻を招く恐れがあると言って良いであろう。

 支那人と朝鮮人女性を秘書なのか愛人なのか知らないが囲っている小沢代表らしい考えだが、在日米軍の削減や撤退は支那、南北朝鮮にとって朗報であることは間違いなく、だから、支那、南北朝鮮が喜びそうな発言をして、政権獲得後は自民党を上回る友好関係の構築に努めたいと思っているかも知れない。

 この小沢代表の発言に対して、自民党内から「わが国の安全保障は根底から覆され、日米同盟にひびが入る」との批判する声が出ているが当然の事であろうし、小沢代表が極東における軍事情勢に関してどれだけの認識を持っているの知らないが、支那の凄まじい軍事力増強や、北朝鮮は核兵器や弾道ミサイルの開発し、さらには韓国までも日本を仮想敵国として海空軍を増強しているのを全く知らない筈はないだろう。

 そうなると小沢代表は、民主党に政権担当能力がないことを前述したように党代表とは思えない行動をすることで実践し、国民からなるべき支持を受けないようにして「やはり民主党ではダメだ」との世論の形成を待っているか、あるいは支那人と朝鮮人女性秘書から弱みを握られていて、敢えて支那、南北朝鮮が喜びそうな発言をして、忠誠を誓っているのではないかと疑ってしまう。

 民主党は外交安全保障の面で具体的な政策を示しておらず、政権交代を果たした後は、自民党とは違う政策をとることになるのは、インド洋における海自による給油活動に反対し、ソマリア沖における海賊対策についても態度を明らかにしてしないことから明らかである。また小沢代表が、政府が国会提出した在沖縄米海兵隊のグアム移転をめぐる米国との協定締結承認案件への賛否に関しては「個別の話は政権取ってからにしてほしい」と述べて明言を避けているように、党内で何の話し合いもなされていないか、まとまっていなことであり、これでは、民主党に政権を白紙委任状のように託するも同然ではなかろうか。

 まして社民党と連立構想があるそうだし、民主党内にも米軍を追い出し、自衛隊を廃止すれば平和が訪れると主張する連中もいるのだから、小沢代表が「あとは日本が自らの安全保障と極東での役割をしっかり担っていくことで話がつくと思う」と言ったとしても、どのような役割を担うのか党内でまとまるとは思えない。

 このように国民を不安にさせるような政党をマスコミが支持し、その政権が出来るように都合の良い報道をしているのは恐ろしいことだと言わざるを得ないし、国民も小沢代表の今回の発言や、民主党の政策について十分吟味して、判断すべきであり、政権担当能力がない民主党に政権を託せばどうなるか良く考えて欲しい。
(2009/02/27)

コメント (11)

テポドン発射は有事なのに米軍機の騒音被害とは

2009年02月26日 13時35分33秒 | 偏向マスコミ

外来機飛来相次ぐ 嘉手納基地

 米空軍最新鋭のステルス戦闘機F22が1時配備されている米空軍嘉手納基地で、米原子力空母 ジョージ・ワシントンの艦載機のFA18戦闘攻撃機や、弾道ミサイル観測機など外来機の飛来が 相次ぎ、騒音が激化している。飛来は16日の週から始まり、FA18は1時12機にも上り、 23日時点で8機が訓練を続けている。

 FA18はF15戦闘機などと比べても騒音が激しい。新嘉手納爆音訴訟の控訴審判決を27日に 控えるが、23日は那覇市内でも騒音苦情が寄せられるなど、外来機の飛来による騒音被害の 影響が嘉手納基地周辺以外にも及んでいる。

 北朝鮮の長距離弾道ミサイルの発射準備を受け、米空軍が3機所有する弾道ミサイル観測機 RC135S型(コブラボール)の2機が13日から嘉手納基地に展開。同基地への米軍機飛来に 詳しい関係者によると、2機が飛来するのは極めてまれだという。19日には航空機騒音規制措置の時間外に当たる午前3時半ごろに未明離陸した。

 ジョージ・ワシントンのFA18は8機が16日から飛来。13日にはさらに4機も加わり12機になった。14日には4機が嘉手納を離れたが、15日に別の機体が飛来し加わった。

(2009年2月24日 琉球新報)

(引用終了)

 北朝鮮がテポドン2号改良型の発射準備をしているようであり、燃料の注入が終われば発射体制が整い、一両日にも青森市か北海道函館市方面に向かって発射し、太平洋側に着弾させるのではないかとの情報が流れている。

 もし、青森市か函館市街地に着弾するようなことになれば大きな被害が出ることは確実であるからして、マスコミは国民の生命財産が侵害されることになるかも知れないのだから「住民の避難はどうなっているのか」とか「迎撃体制は出来ているのか」と騒いで政府を追及していても良さそうだが、発射準備をしていることを報じているだけであり、テレビは相変わらず通常の番組のままだとは何とものんびりしたものである。

 北朝鮮は前回のように、テポドンを日本列島の上空を越えて太平洋側に着弾させるつもりであろうが、もし失敗だと言い訳をしても日本の領土領海内に着弾させ甚大な被害が生じる事態を招けば、政府は日本に対する武力攻撃と見なして自衛隊に防衛出動を命ずるであろうか。また米軍が北朝鮮に対して反撃体制をとるなど日米安保が機能するかどうか試されることになるであろうし、普段偉そうなことを言っている偏向マスコミがどのような姿勢をとるか注目される。

   既に在日米軍や自衛隊の動きがあわただしくなっているのは予想されるところであり、日本海には既に日米のイージス艦が展開しているであろうし、沖縄には、米空軍の弾道ミサイル観測機が飛来していることが報じられていたようである。そうなると特に空軍基地は戦闘機などの騒音が激化していることであろうが、テポドンに対する迎撃体制をとるためにはやむを得ないことであって、基地周辺に居住されている方はお気の毒だが我慢して頂きたいと思っている。

 沖縄の琉球新報が「外来機飛来相次ぐ 嘉手納基地」との見出しで、米空軍嘉手納基地にて米原子力空母 ジョージ・ワシントンの艦載機のFA18戦闘攻撃機や、弾道ミサイル観測機など外来機の飛来によって、騒音被害を訴える苦情が増えていることを報じているが、テポドンが日本に向けて発射されようとしているのに、米軍機の騒音被害を記事にするとは驚きである。

 琉球新報が北朝鮮がテポドンの発射態勢を整え、それを日本に向けて発射させようとしていることを報じているかどうか知らないが、なぜ外来機の飛来が多いのかを県民に知らせることも報道機関としての使命である筈である。にも関わらず、有事になりそうなのに、いつもの調子で、騒音被害を記事にしている訳で、これでは、沖縄に向けてテポドンがの発射されるかも知れないことが分かったとしても、米軍機の騒音被害だけを記事にするかも知れない。

 わが国が憲法第九条のために自国の防衛にさえも制約が加えられているような国のままで良い訳はなく、であるからテポドンが日本の領土か領海に着弾し、大きな被害でもなければ国民が目覚めて「普通の国」になるための九条改正に向けて世論が形成されないかも知れないが、それほど日本は平和ボケしているのである。

 周辺国が「平和を愛する諸国民」でないのは明らかなのに政治家は九条改正になかなか手を付けようとせず、また日本だけが軍縮をして防衛力強化に反対する政治家もいるのだから、カルト宗教団体のような「九条の会」が各地に出来ても不思議ではないが、今回の北朝鮮のテポドンの発射準備について何かコメントを出して貰いたいものだ。
(2000/02/26)

  写真:爆音を響かせ飛び立つ米海軍のFA18戦闘攻撃機。奥にも待機中の機体が確認できる=23日午前10時ごろ、米空軍嘉手納基地(琉球新報から)

コメント (5)

掲示板 2009年2月分過去ログ (16919~16934)

2009年02月26日 08時53分13秒 | 掲示板過去ログ2009年分

16934.艱難辛苦を玉にせよ     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:2月26日(木) 8時53分
 否しかし、自民丸が傾いたダケで、逃げ出す準備を始める「賢い」つもりの鼠 共が、腐れマスゴミの過剰なネガティブキャンペーンだけで忽ち周章狼狽、次々に正体を顕わしているザマは、呆れ果てるを通り越して醜いダケですね。

 其れが「大臣になりたいが為に、議員であり続ける事を必要とするから」なのか、端に「議員であり続ける事が目標」なのかはシランが、簡単に自分の器量の 限界を曝している様じゃ、他人から自分が望んでいる以上の評価はえられないでしょうね、つまり、其奴らの器量では、国会議員を維持するのが精々と言うこと です、自分でソウ限定して見せたのだから仕方がない。

 古賀一派でさえ評価したくなる程、今の自民党は大揺れナンでしょう、所帯がでかいだけに鼠も多いと言うことだ、こういう時に右往左往して目立つのは、政 治家を続けて行く上で全くのマイナスだ、と言うのは、基本中の基本でしょう、何故なら味方の信頼を一番損なう行為だからです、つまり、一時凌ぎの積もりが 多くの味方を喪う事になる。

 政治家の器は、公益を重んじる価値観と目指しているモノへの思いの強さで量られるべき、大業を為すモノは、奉公の精神で艱難辛苦を玉にする気概を持たね ばならないが、一時の情況やアナウンスだけで、腰がフラフラして居る様では、その力があるとは、到底看て貰えない、所詮は、私益大事のコウモリ野郎と云う ことになる。 そう言う意味では、「賢い」のは、寧ろ武器には成らない、「運」「鈍」「根」が大事だ、と云ったのは、大平さんだったよな。

 西郷南州翁が、自分の甥に送った人生訓を掲げます、曰く、天意を知れ。
 一貫唯々諾 従来鉄石肝 
 日本男児は一旦引き受けた事は命懸けでやり遂げねばばならない
 貧居生傑士 勲業顕多難
 貧乏な家に優れた人士が育ち、灼かな勲業は多くの難を乗り越えた末に顕れるモノである
 耐雪梅花麗 経霜紅葉丹
 雪に耐えて咲いた梅花は拠り麗しく、霜を経た紅葉は拠り赤く美しい
 能如知天意 豈敢自謀安
 天意がかくの如きである事を能く知れば、何故、自らの安きのみを謀ろうとするだろうか


16933.感想     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:2月24日(火) 6時56分
>egoさん
 ご紹介の「矢っ張り民主党に投票しよう」って、あのしんしんさんの「一民主党ファン」賭しての意見でしかないですね、内容は・・余りに個人的なモノだと 云う外はない、誰かに共感を得て貰うと言うより、寧ろ、民主党の危険さを際立たせている様な作為を感じて、こんな手の込んだ事をする必要があるのかなと言 う気がしました。

 「危険さの認識」は、其の通りなんですし、其れをノンポリの人達に知らしめると言う手段として用いたのかもしれませんが、屈折してるなぁと言う感想で す。


16932.沖縄ビジョン     
名前:ego    日付:2月23日(月) 9時40分
民主党のマニュフェストの中で沖縄ビジョンを忘れてはいけませんね。
沖縄を、無国籍島にする?ようなことを公約で謳っていますね。
もうすぐ訪れる総選挙で先の参院選のような結果なら
日本はどうなってしまうのだろうか、心配は尽きません。

↓ やっぱり民主党に投票しよう。
http://homeyo.hp.infoseek.co.jp/minshu/manifest.html


16931.弾英樹様     
名前:abusan    日付:2月22日(日) 21時44分
民主党が極左集団と繋がっている事はこの掲示板の読者の殆どが
痛感している事ですなあ。菅直人の様な「サヨク」も居ますしね。

尤も民主党員の中にも我々に近い考えが合ったりして
キメラな様相を示しているのが日本の民主党の実情です。
只、肝心なところで左翼的な面も見せてもくれますが。

ちなみにこの掲示板の読者で民主党そのものを評価している人
は少ないでしょうなあ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~


16930.先日・・・     
名前:ころっけ    日付:2月22日(日) 17時1分
先日・・・リアルで『民主党に政権を』『反麻生』の人にあって
話を聞いたのだが・・・
 その理由はTVでそういってたからだそうです。

基本的に民主支持の人は深く考えてませんよ


16929.民主党は「第二社会党」     
名前:弾英樹    日付:2月22日(日) 14時14分
永住外国人の地方参政権、夫婦別姓の早期実現、いわゆる「慰安婦」法案……民 主党はどうしてこんなにイデオロギー色の強い政策を掲げているのでしょうか。それは民主党の支持団体・支援勢力の主張の反映であり、そうした団体出身の民 主党議員が推進しているからでもあります。それはどんな団体なのかというと、日教組、自治労、部落解放同盟……。かつての「社会党」を思い出してしまいま す。また、それらの政策の背景には、様々な左翼運動団体との「つながり」も浮かび上がってきます。「国民の生活が第一」のウラ側には一体何があるのでしょ うか。



こんな団体が民主党を応援しています
○自治労
 民主党議員のほとんどが「連合」から支援を受けていますが、その連合傘下で最大組織であるのが自治労です。この団体は、「消えた年金」問題の背景ともい われる「45分間仕事して15分休憩」という協定を結んでいたことや、日米同盟や自衛隊に反対する活動を行っていることでも知られています。もちろん、人 権救済機関設置、外国人地方参政権付与などの政策も推進しています。ちなみに自治労は次期総選挙に民主党公認の組織内候補12名を擁立すると言われていま す。

○日教組
 民主党には現在、日教組がつくる政治団体に加盟している国会議員が8名おり、衆議院副議長(横路孝弘議員)、党代表代行兼参議院議員会長(輿石東議 員)、民主党「次の内閣」の外務大臣(鉢呂吉雄議員)などの重要ポストについています。民主党政権ができれば、日教組議員が主要ポストを占めることは確実 です。

 このうち、参議院のドンといわれる輿石議員は今年1月14日、日教組の会合で「教育の政治的中立はありえない」「私も教組とともに戦っていく。永遠に日 教組の組合員であるという自負を持っている」と発言しています。

○部落解放同盟
 民主党の松岡徹議員(参院比例区)は現職の解放同盟中央書記長、同じく松本龍議員(衆院福岡一区)は同副委員長です。

○民団(在日本大韓民国民団)
 民団は次期衆院選で「外国人地方選挙権付与」に賛同する民主党候補の支援を決定し、次期総選挙を選挙権付与の「天王山」と位置づけています。昨年末、小 沢代表は民団の選挙支援に謝意を表明、「日韓の残された懸案」の処理を約束しました。外国人からの政治献金は違法ですが、選挙支援は許されるのでしょう か。



こんな左翼運動とも深い「つながり」が……
 民主党と「慰安婦」問題との結びつきは深く、民主党議員のなかには公費で出張し、ソウルの日本大使館前で行われた「慰安婦」による反日デモに参加した国 会議員もいるほどです。民主党の「慰安婦」法案は、日本では「バウネット」という団体がもともと主張していた内容ですが、この団体はかつて「女性国際戦犯 法廷」なるものを開き、昭和天皇と日本政府に「慰安婦」問題で有罪を主張したという左翼団体。民主党幹部は昨年11月にバウネットを中心とした「アジア連 帯会議」に対して、「慰安婦」法案の推進を約束しています。

 また、「戦争被害調査法」は、民間では「戦争被害調査会法を実現する市民会議」が推進していますが、この団体は靖国参拝反対運動の中心人物とバウネット の代表者の二人が共同代表の団体です。

 さらに、フェミニズム政策は民主党議員と「北京JAC」(ジェンダー概念を導入した北京会議行動綱領の実現を目指して作られたフェミニズム組織)とが一 体となって推進しています。この北京ジャックの共同代表の一人は、あの「女性国際戦犯法廷」の呼びかけ人の一人でもあります。

 それでもあなたは、「民主党に一度、政権を任せてもよい」とお考えですか?


16928.民主党の危険な政策     
名前:弾英樹    日付:2月22日(日) 14時12分
民主党に一度、政権を任せてもよい……のでしょうか?
 最近行われた世論調査では、「民主党に一度、政権をまかせてもよい」と思う人が 65%にものぼったそうです。ひょっとして皆さんの中にも、そんな気分になりつつあ る人がおられるのではないでしょうか。

 でも、ちょっと待って下さい。民主党政権が誕生すれば、どんな政策が行われ、そ
れがいかに深刻・重大な災いを日本にもたらすことになるかを知っていただき、その
うえで、「民主党に一度、政権をまかせてもよい」のかどうかを、お考えいただきた
いのです。

☆民主党の「危ない政策」
 民主党のスローガンは「国民の生活が第一」。また、「1人当たり月額2万6000円
の子ども手当を支給します」とか「農業の個別補償制度を創設します」「高速道路を
無料にします」などといった「おいしい話」だけが民主党の政策として聞こえてきま
す。しかし、国民の目に余り触れることはありませんが、公式な最新の政策集には、
いくつも「危険な政策」が掲げられています(以下は『民主党政策INDEX2008』
より)。

○「日本の過去」を糾弾し続けるための政策
 戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法案(いわゆる「慰安婦」法案)、
国立国会図書館法改正案(通称・戦争被害調査法案)、靖国神社に代替する新たな国
立追悼施設の設置など

○国民主権や言論の自由を損なう政策
 永住外国人への地方選挙権の付与、人権侵害救済機関の創設、重国籍容認へ向けた
国籍選択制度の見直しなど

○家族崩壊を助長するフェミニズム政策
 選択的夫婦別姓の早期実現、嫡出子と非嫡出子の法定相続分の区別撤廃、性と生殖
に関する女性の権利と健康(リプロダクティブヘルス/ライツ)施策の拡充など

○日教組の運動方針そのままの教育政策
学習指導要領の大綱化、教科書採択の学校単位化、学校理事会の設置など


16927.民主     
名前:ころっけ    日付:2月22日(日) 13時15分
基本、マスコミの洗脳はすごいですから
 次期総選挙は民主が勝つでしょうね
 そして新進党と同じで数年でボロボロ

しかし、これも国民の選んだ結果です
 自らの手で死刑執行所にサインをしてるのですから、致し方ないでしょうな


16926.今年の総選挙     
名前:ego    日付:2月22日(日) 9時35分
マスコミなどでは総選挙で民主党が勝つとの予想が当たり前のように
言われていますし、さきの参議院選挙も民主党が勝っているので、
本当にそうなのでしょうか。
政権交代になる可能性が高いのでしょうか。

私もナポレオンソロさん同様に民主党に国を握られたら、
恐ろしい事になると、考えていますが
本当に恐ろしい事になるのでしょうか。

マスコミの現政権叩きの姿勢は、目に余るほどではありますが、
有権者は、麻生政権はダメだけど
民主党政権(小沢総理?)になれば、
ほんとうに良くなると期待している人が多いのでしょうか。

与謝野大臣は大蔵省を全権握りましたが
次期総理か、自民党総裁は間違いないと思いますが
あの方は、一般国民に不人気の消費税増税を訴えている方なので
自民党は国民の支持を受けられるのでしょうか。

どうも、最悪のパターンに進んでいると思います。
ただ、最近小泉総理がちらほらTVに出てきているのが気になるところです。引退表明されていますが
撤回はあり得るのでしょうか。


16925.民主政権が亡国だと思う理由     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:2月21日(土) 14時43分
「民主党が政権を執ったら」を考えると背筋が凍る思いがします。

 簡単に云えば、マスコミが報じない彼らのスキャンダルの酷い内容から、有るべき批判基準を彼らに適用したら、判ることです。

 中川さんの例を挙げる前もなく、民主党の半分位は議員辞職しなくてはならないのではないか、ざっと挙げても、近藤昭一(外国勢力からの献金)山岡賢次 (不正献金)又吉某(下半身スキャンダル)小沢一郎(不正蓄財)岡崎トミ子(外国勢力の工作員)、赤松某(パチンコ業界からの献金)外にも表面化していな いモノは幾らでもあると思われる。

 民主党の半分以上を占める支持層は労働組合だが、元来、労働組合組織は、企業や公組織を母体とする組織内組織であって、その母体組織無しには、自立出来 ない寄生虫のようなモノです、曰く、労働者の帰属は労組ではなく母体組織なのです、ダカラ、常に政策立案をする立場には無く、母体組織が呈示した政策の諾 否のみを問えば善い立場に甘んじてきたワケです、つまり、旧社会党が、そして民主党が「反対か賛成しかできない」のはこの為なのです。

 中には朝日新聞の様に、組合が会社を乗っ取って終った組織も存在するが、この場合、母体組織の背後には外国勢力が潜んでいる、こんな謀略組織の懐を肥や す為にCMを出稿する企業の気が知れない、不買運動は当然ですね。

 スイマセン脱線しました。

 民主党内で政策立案能力を持った議員とは、ごく一部に限られています、諾否しか出来ないのでは唯の「数」でしか有りません、当に烏合の衆、試しに彼らが 出した閣僚人事案を看ましたが、吃驚する様な名前が並んでいました、又、百歩譲ってその人事を受諾したとして、そのうちの何人かスキャンダル(刑事事件で 逮捕など)と成った場合、代わりが居るのか、言うと大きな疑問符が着きますね。
永年、自民党に名を為さしめてきた原因は茲にあります、政策立案能力がない上、国会議員となっても国民を母体組織と考えることが出来ないレベルでは、大臣 所か議員も務まらないし、亦、任せてはイケマセン、国会議員は国民の為に体を張らねば、無価値でしょう、民主党議員に其れが出来るかと、問うてみたい。

 民主とには大臣が出来る人材が居ないのです。

 現在の未曾有の国難も、彼らには他人事でしょう、目先に大臣の椅子がちらついているダケに、選挙で勝つ事しか最早考えていないでしょう、国政所ではな い、まぁ、この辺は自民党の半分位も余り変わらないレベルだとは思いますが。

 そんな中、多寡が酒と薬の量を間違えて醜態を演じた位で、この大事な時に、重要な人材を前線から引き揚げさせて国益に適う人事と云えましょうか、背後に は米国の意志が働いている様に感じます、中川さんは、米国の意のままには成らない人でしたから


16924.昨日のブログのエントリーに対しまして     
名前:abusan    日付:2月21日(土) 9時30分
コメントの中には「支那人すら暴動を起こしているというのに。」
と言ったものが有りましたが全くその通りだと思います。
日本国民を危険に晒してまで北朝鮮人を助ける筋合いは無く
北朝鮮人にもある程度の自助努力が要求されるのが国際社会
の現実だと思われます。これはガザのパレスチナ人も同様の
話ですので。

確かに「義を見て為さざるは勇無きなり。」という格言も
ありますが、敢えて鬼の如く非情に成らなければならない
場合もあると思った次第であります。


16923.弾英樹     
名前:民主党は革命政党    日付:2月20日(金) 14時44分
チャンネル桜 渡部昇一 大道無門で
元鎌倉市議会 伊藤玲子氏をゲストに
迎えたときの模様です。
お時間のあるときに是非見ていただきたく。
民主党の実態がよく解ります。

より多くの皆様に知って頂きたいと願っています。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2901887
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2903387


16922.中川氏の件でこんなの見つけました     
名前:BWR    日付:2月19日(木) 14時24分
この女性記者説明責任を果たさなかったら袋だたき祭りww
<<<マスゴミによる中川潰しの証拠隠滅まとめ・コピペ拡散推奨>>>
2/14、中川元財務・金融担当相はG7昼食会を1時ごろに途中退席し、
財務省の玉木林太郎国際局長や日本から取材で同行した女性記者など数人で会食
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090218-00000003-maip-pol
ここでの「日本から取材で同行した女性記者」とは、
読売新聞・編集局経済部の記者である「越前谷 知子」氏である。
この件がネットで暴露されてから、読売新聞は自社サイトから越前谷氏の情報を削除している。
●削除前;越前谷氏の写真とリンク有り。
http://209.85.175.132/search?q=cache:seUENE_4fwEJ:saiyou.yomiuri.co.jp/works/hensyu/syain/index.html+http://saiyou.yomiuri.co.jp/works/hensyu/syain/index.html&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp&client=firefox-a
●2009/02/18 12:55;ここらで慌てて越前谷氏の情報を削除
http://s03.megalodon.jp/2009-0218-1255-52/saiyou.yomiuri.co.jp/works/hensyu/syain/index.html
●現在に至る
http://saiyou.yomiuri.co.jp/works/hensyu/syain/index.html
また、越前谷氏の情報に関して、まだ削除されている情報がある。
学生向け就職情報サイト「LET'S」に掲載された越前谷氏のインタビューだ。
●削除前;
http://s02.megalodon.jp/2009-0217-1651-34/www.weblets.jp/interview2007/21.html
●現在;
http://www.weblets.jp/interview2007/21.html


16921.中川財務相辞任について     
名前:ego    日付:2月18日(水) 13時52分
小渕元総理の時を思い出しました。
ただ単に酒に酔っていたとは考えられないし
その場合は、側近も一緒だったわけで、対応していただろう。

重い病気かもしれませんね。

それと、
陰謀論も少しは考えられましょう。

良い人が故、安倍元総理同様、線が細い気がします。
小泉総理のような、ずぶとさと、マスコミを手の上で転がすような
ずる賢さもあったら良かったのに。
今回の辞任は、残念ですが
体調が悪いご様子なので
ゆっくり休まれて、次につなげてほしいと思いました。


16920.中川財務相辞任についての感想     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:2月18日(水) 12時10分
中川さんが辞任してしまいましたね、対韓国姿勢に象徴される「原則に沿った対応」に、今は殆どの政治家から喪われた「硬骨」を感じていたダケに、トテモ残 念です。

 唯、今回の騒ぎを看て居て、数年前、朝日が騒いだ「言論の自由侵害事件で、TV会見を開いたNHKの長井某チーフプロデューサーが、「安倍さんと中川さ んの二人から、政治的圧力を受けました」と、朝日新聞の顧問弁護士の横で、然乍、イジメを受けた小学生の如く、でかい形をして涙ながらに語っていた場面を 直ぐに思い出しました。

 あの時、そのNHKの長井が、先帝陛下を朝鮮の現役工作員二名を検事役に仕立てて、模擬裁判で死刑にすると言う、国民を愚弄したフザケタ内容の番組を、 税金や法で定めた受信料から捻出して制作し、抗議を受けて一部の手直しはあったモノの、結局、放送すると言う暴挙を犯して居る。

 其れなのにマスコミが騒いだのは、「国民を愚弄した番組を、税金を遣って制作した」点や、その酷い内容への批判ではなく、その放送にご両人が「文句を 言った」事で。放送界の「報道の自由が侵害されたか、ドゥか」だったのだから、自分達の権利への侵害への疑いではあっても、朝日や番組を制作したNHKへ の非難や、これらが「異常である」と言う見識を示したモノではなかったのは明白である。

 つまり、昔からマスコミの売国は潜在していたダケだったわけだ、其れで違和感が残っていたのかと、ハタと膝を打った次第、今回は、会見中の呂律が回らな いシーンを繰り返し繰り返し放送するという、赫ら様なネガテゥブキャンペーンをやってましたね、で、辞めると云ったら、「意見を2転、3転させた」「麻生 首相の任命責任云々」・・、一体、マスコミは日本をドゥしたいのか、もし、朝鮮犯罪集団との手打ち~戦後賠償5兆円~1兆円キックバックという噂が本当な ら、この先マスコミ関係者がどんな目にあっても、国民は同情しないだろう、何が庶民感覚だ。

 マスコミの売国を糺すには、全て、「世論はマスコミが造る」と云うマスコミの思い上がりを、我々が何処まで叩けるかに懸かっているワケですが、我々国民 の売国マスコミへの信頼度が、安倍さんの時と変わって居ないのなら、日本は絶滅への13階段を1段否、数段登る事になりそうです、後、何段残っているのか 判りませんが。

 さて、中川さんですが、ホンマにTV観ていて心配になった。

 彼は私とほぼ同じ年です、私も自他共に認める酒飲みですが、酒を呑み続けていれば、酒量のコントロールは出きるモノで、不覚を取って飲み過ぎて居れば別 ですが、少々体調を崩しても、呂律が回らないとか、意識が朦朧とするナンテ経験はありません。

 私の経験から云えば、呂律が回らない場合、身体が別の原因でカナリ危ない状態にある事の方が多かった、ホントに大丈夫なのだろうか。

 安倍さんとも年が近く(同じ年か、一つ上)、世襲議員で、それぞれの父君が、「総理大臣を前にして無念の死を遂げられた」点でも一致しているし、サヨク にマトに懸けられた点まで一緒という、奇しき因縁を感じる。

 中川さんには、安倍さんの魅力とは亦違った、才能や雰囲気を感じさせる処があって、事実、財務大臣としても、過去の通産大臣としても、出色であったと思 う、ポスト麻生の一番手だと言って良いダロウ、唯、外務大臣をコナさねば、総理大臣になった時に小泉さんの様な事態しか期待できない事になるから、外務大 臣は是非経験して貰いたいのと、防衛大臣も、日本の防衛の現状を、内部の人間の視線で知って置くべきだと思います。

 ハードスケジュールで体力が弱っている時に、多量の風邪薬と鎮痛薬(腰痛)を飲んで、却って体調を崩して終う事は結構有ることです、でも、万が一を考え て、この際脳の血管を含む精密検査を受けて、来る日に備えて戴きましょう。


16919.中川昭一財務・金融相 辞任表明について     
名前:ピカドン    日付:2月17日(火) 15時8分
 午後の報道で中川昭一財務・金融相の辞意表明が伝わってきました。
一言で言って「実にくだらん」。連日の報道を見聞きしていても、よくまぁダラダラと同じ報道を各社とも繰り返す事。
安倍元総理の時と同じで、集中砲火の魔女狩り状態。もっと他に伝えなければならんニュースも、もっと問題提起しなければならん問題は幾らでもあるだろう。 そこまで時間割いて延々と報道するほどの事なのか、それもアホ芸能人コメンテーターが偉そうに鬼の首でも捕ったかの様に。

 また民主党幹部連中を集中してコメントを取っていたが、連中は「国辱」と言う言葉を使っていた。
私に言わせれば、国辱の代表の様な「お前が言うな」と報道見ながら呟いてしまったくらい。
そして極めつけは予算国会通過との駆け引きに利用する様な発言まで飛び出す様。
何が国民の生活第一か? どの面下げてそんな事が言えるのか改めて民主党の偽善ぶりが少しは解ったかな。だから民主党は信用出来ない。
そして多分、麻生総理の任命責任とお決まりのコースだろう。仮に直ぐに罷免や更迭していようとどうやったってああ言えばこう言う、もうそんな暇があったら 予算を通せ、海賊対策でまともな議論でもしろ。一体いま、どういう状況だと思っているのか。

 ただ、残念なのは中川氏にも甘さがあったと思う。そして脇を固める秘書官や随行者たちは注意しなかったのか、よく分からないが、それらも含めて甘いと言 えば甘い!
体調不良と言う事で会見は白川日銀総裁に任せて会見キャンセルであれば、自己管理能力は問われてもある程度不可抗力でもある。あそこまでマスゴミの餌食に 成らなかっただろうに…
トップに立つ者、一挙一動全て見られているという自覚は必要。

コメント

裁判長の傍論だけを期待する自衛隊イラク派遣訴訟

2009年02月24日 23時22分34秒 | 裁判・事件

自衛隊イラク派遣岡山訴訟、原告敗訴 憲法判断せず

2009年2月24日16時28分

 イラクへの自衛隊派遣は憲法やイラク特別措置法に違反するとして、岡山県内に住む約40人が国を相手に、派遣差し止めや違憲確認、損害賠償を求めた集団訴訟で、岡山地裁(近下秀明裁判長)は24日、原告側の訴えを全面的に退ける判決を言い渡した。

 原告側は裁判で「憲法9条に違反するイラク派遣によって原告らの平和的生存権が侵害され、著しい苦痛を受けた」と主張。国側は「派遣は原告らに向けられたものではなく、原告らの法的利益を侵害しない」と反論していた。

 同様の訴訟は全国11地裁で争われ、岡山より前に判決のあった10地裁では原告側がすべて敗訴。しかし、昨年4月の名古屋高裁判決はバグダッドを「戦闘地域」としたうえで「多国籍軍の武装兵員を空輸するのは、他国による武力行使と一体化した行動」と述べ、憲法9条1項に違反すると認定した。原告側の訴え自体は棄却したため国側は上告できず、判決は確定している。

 この日の岡山地裁判決は名古屋高裁以降初めての、同じ論点をめぐる司法判断として注目されていた。
(朝日新聞)

(引用終了)


 今月22日の日曜日に、ある祭りの一環として地元商店街がフリーマーケット方式で市を開いているイベント会場に行った時のことだが、その中に浮いたような存在としか思えない「九条の会」の連中が机を並べて、九条ワッペンなどのグッツを売っていた。その連中は男が3人で女が1人の全部で4人程で、何の話しをしているのか分からないが、お互いに談笑していたので、しばらく様子を見ることにした。

 イベント会場なので、多くの人がいたが、「九条の会」の連中に声をかけたり、パンフレットのようなものも置いてあったが、それを貰いに来る者も見ていた限りではおらず、余程「本当に九条を守っていれば戦争はないのですか」と声を掛け、どのような事を言うのか反応を確かめようと思ったが、言うことは分かっており、無駄な時間を費やすことはないとしてやめにした。

 世界広しと言えど、国の安全を憲法に託して、それをご本尊のようにして祈っていれば戦争になることはないと信じているのは九条の会の連中だけであろう。その憲法は米国製であるからして、九条の会の連中は「こんな素晴らしい憲法を作って頂き感謝します」と言い続ける親米主義者でなければならない筈だが、なぜか米軍基地反対を叫んでいるようであり、であるから、その主張に一貫性がなく何が何だか分からない。

 九条の会の連中が自らの思想を実践するとして、外出する時も夜になって寝る時も戸締まりをしないのは勝手だが、家の中には、九条が書かれたご本尊があるだろうから泥棒の被害にあうこともない筈である。だが個人的には、そのような考えでも良いかも知れないが、国家となれば、九条の会の連中の思想をそのまま当てはめることは出来ず、無防備にすることは極めて危険であり、そのような大実験を国単位で行って九条の会の連中以外の国民を巻き込むことは許されることではなく、であるから連中の考えは外患誘致に該当すると言われているのである。

 読む人によって解釈が異なる憲法九条は早期に改正した方が良いと思っているが、それは九条を巡って、不必要な訴訟が繰り返されているからである。報道によれば、自衛隊のイラク派遣は憲法違反として、岡山県の住民が違憲確認や1人1万円の慰謝料を国に求めた訴訟の判決が岡山地裁であり、近下秀明裁判長は住民らの訴えを退けたそうだが、当然の判決であり、このような不必要な訴訟が繰り返されることは、他の訴訟に影響を与えるだけであり、まったく無駄なことだと言わざるを得ない。

 この岡山県の住民が前の選挙で何党に投票し、次期選挙では何党に投票するつもりなのか知りたいものだが、九条の会が日本共産党関係であることは分かっているので、このような訴訟を起こすのも特定の思想に染まっていない普通の住民ではないのは確かであろう。

 自衛隊がイラクに派遣されることで、日本人がテロの標的となる危険性が増すなど、国民の「平和的生存権」を侵害したと主張し、1万円の慰謝料を要求したとはおかしな話しであり、慰謝料請求しないと訴訟にならないことは分かるが、慰謝料ならば政府の命令によってイラクに派遣され「平和的生存権」が侵害されることになるかも知れない自衛隊員やその家族が貰えるような訴を起こすべきである。

 連中が訴訟を各地が起こすのは慰謝料を貰うのが目的ではなく、敗訴することは想定内であって、裁判長の傍論であろうが、自衛隊のイラク派遣は違憲との判断が出ることだけを待っているのであり、であるから昨年の4月に名古屋高裁が、原告の請求を棄却した上で航空自衛隊の空輸活動は憲法九条に違反すると初判断を示したことに大喜びして、敗訴したのに上告しなかった訳で、にも関わらず違憲判決が出たと勘違いをしているのだから話しにならない。
(2009/02/24)

コメント (5)

わが国もパチンコを禁止した韓国を見習うべきだ

2009年02月23日 20時53分14秒 | 社会問題

 私が20代の頃に、用事があって神奈川県内の競輪場が近くにある駅に降りた時のことだが、その日は開催日であったことから、電車内にもそれなりの人相と風体をした連中が沢山乗車していた。電車が止まり、ドアが開くと同時に降車し、その連中は何で急いでいるのか知らないが改札口を出て競輪場の方面に早足で向かって行ったが、駅前には、レースの予想を掲載した新聞を売る女性が何人もいて、その連中に声を掛けており、その新聞と赤鉛筆を購入する者も多かった。

 その女性達の近くを通ってもなぜか私だけには声を掛けて来なかったが、それは私は競輪に行くような人相ではなく、風体ではなかったからであろうと思っている。だが、普段の生活態度が言葉遣いや人相、風体などに出ることからして、レースの予想を掲載した新聞を売る女性達でなくとも、競輪に行く人かどうか何となく分かるであろう。

 賭け事と言えばパチンコを少しやった程度で、他はやったことはないが、そのパチンコは不健全な娯楽に過ぎず、店内にはタバコの煙が充満していることから健康にも良くないと思い、20代半ば頃にきっぱりとやめてしまった。その後は、車に凝る訳でもなく、色々な趣味に没頭したものの、野山を歩くことが最も多かったような気がするが、そのためであろうか、今でも健康で、体を動かすことは苦ではなく、食事のおかずにも好き嫌いはないし、何を食べても美味しく、子供から「良く食うな」と言われているが、人間は食えなくなったら終わりだと思っている。

 今日23日に配達された産経新聞に入っていた折込広告は8枚だが、そのうち何と5枚はパチンコ屋の広告であり、かっては宣伝などしなくとも客が入っていたパチンコ屋だが、その広告が入らない日はない位になってしまった訳では、まさに斜陽産業と言って良いであろうし、既に全国各地では廃業するところが増えているそうだ。今は不景気の時代で明るい話題が少ない中で、パチンコ屋の倒産を聞くと気分も爽やかになり、何か美味しいものでも食べたくなってくる。

 「朝鮮玉入れ」と称されているパチンコだが、それは経営者のほとんどが在日朝鮮人であるからであり、年間約30兆円とも言われる売上の中から数千億円が朝鮮総連に寄付され、それが北朝鮮に送金され、核兵器や弾道ミサイルの開発などに使われている訳である。このような事実からしてパチンコをする日本人は、助ける必要もない北朝鮮を助けているも同然であることを認識して欲しいと思っている。

 ほとんどのパチンコ屋が在日朝鮮人が経営するものであることを知ってから、きっぱり止めた方もいるかも知れないが、それで良いのであり、韓国ではパチンコは法律によって禁止されたが、わが国では倒産が増えてきたとはいえ未だに存続しているのは由々しきことだと言わざるを得ない。パチンコ依存症に陥って家庭が崩壊したり、夏場の駐車場に止めた車の中で幼い子供が熱中症で犠牲になるなど、事故や犯罪の温床になっていることは明らかであり、韓国の言うことやることで真似することはほとんどないが、パチンコに関してだけは禁止したことを見習うべきではなかろうか。
(2009/02/23)

写真:朝鮮総連の最大の資金源「パチンコ業界」

コメント (17)

韓国が仮想敵国である日本に給油支援を打診するとは

2009年02月22日 22時55分31秒 | 韓国関連

韓国、海自に給油を打診 ソマリア沖で 日本は拒否

2009年2月22日8時1分

 ソマリア沖の海賊対策に海軍艦船派遣を計画している韓国が、日本政府に海上自衛隊から給油を受けられないか打診していたことが分かった。日本側はインド洋での補給活動はテロ対策に限定されているとして拒否。防衛省内には3月初めに国会に提出する海賊対策新法に外国艦船への給油を盛り込む案もあるが、首相官邸は消極的で、実現性は低いとみられる。

 11日に行われた日韓外相会談では海賊対策の協力で合意したが、海自の活動の制約もあって、実際に何ができるかは手探り状態が続いている。

 韓国政府関係者などによると、韓国側は外相会談前の実務協議で、海軍駆逐艦「文武大王」を近くソマリア周辺に派遣する計画を説明。「最も助かるのは給油支援だ」と日本側に打診した。国際テロ組織「アルカイダ」がソマリアで活動していることから、補給支援特措法を適用できるのでは、との期待もあった。

 しかし、日本側は、特措法での給油対象はテロ対策の海上阻止活動に参加している艦船に限定されているため、不可能だと説明した。

 防衛省は一方で、各国艦船の給油の需要が多いとして、海賊対策新法に、派遣される海自の任務に給油を加えることを検討。政府関係者によると、13日の官房長官、外相、防衛相の会合で浜田防衛相が提案したが、「海賊対策と直接関係ない」「審議が混乱する」などの理由で受け入れられなかった。

 韓国国防省によれば、ソマリア沖で護衛が必要な韓国の関係船舶は年間150~160隻。韓国側が韓国人乗組員のいる日本の関係船舶を護衛する代わりに、海自に韓国船の護衛を期待する声もある。しかし、海自が派遣する護衛艦は2隻で、保護対象に想定している日本関係船舶は少なくとも年間2300隻以上。新法が成立して日本と無関係の外国商船を保護できるようになっても、日本船の護衛で手いっぱいなのが実情だ。(牧野愛博=ソウル、石松恒)
(朝日新聞)

(引用終了)


 洋上で、艦艇同士が航行中に人員、物資の移送を行う作業のことをハイラインと言うそうであり、元来は索に付けられた名称であったとのことだが、最近ではこの作業自体のことを指すようで、補給艦と受給艦が並航しつつ行う方法が一般的とのことだが、併走中に操艦を誤れば接触の危険も伴うことから、高度の技量が要求されることからして、補給艦を保有する国の海軍がすべてハイラインを行える訳ではないようだ。

 現在、テロ特措法に基づき、インド洋において海上自衛隊の補給艦がテロ撲滅に参加している各国海軍艦艇に燃料などを補給する活動を実施中であり、その映像を見たことがあるが、前述した補給艦と受給艦が並航しつつの補給のようで、その間隔は約50メートル程度だとのことで、これは海自の練度が高いことを示すものであり、であるから各国海軍から称賛を浴びているのは当然と言えよう。

 ソマリア沖の海賊対策のために、3月にも海自の艦艇が派遣されるとのことで、今は派遣に向けの準備と、海賊に対する武器使用などの手順について訓練が行われているとのことである。

 ところで、韓国もソマリア沖の海賊対策のために海軍艦船派遣を計画しているとのことだが、日本より先に派遣計画を発表していたものの、まだ派遣していなかったようで、支那は既にソマリア沖に海軍艦船を展開しているにも関わらず、何をもたもたしているのかと言いたくなる。

 その韓国が日本政府に海自から給油支援を受けられないかと打診してきたそうだが、政府はインド洋での補給活動はテロ対策に限定されているとして拒否したことであり、これは当然と言えるし、また海賊対策新法に外国艦船への給油を盛り込むことも政府としては消極的であることから韓国の海軍艦艇の補給は実現しないと思われる。

 しかし、日本固有の領土である竹島を武力占領し、最近では対馬の領有権を主張し始め、さらに、日本を仮想敵国と見なして、海空軍力の増強を行って対日侵攻を目指している韓国に日本が何かしてやる義理もないし、敵国である日本に援助を要求するとは呆れたものであり、自らは出さないが、たかることだけは得意なのはいつものことである。

 韓国海軍にも補給艦があるそうだが、ソマリア沖に随伴させれば良いことで、それが出来なければ、どこかに寄港して給油を受ければ良いだろう。それとも燃料を売ってくれそうな国がないのか、あるいは韓国の破綻も近いからして燃料を購入するにもカネもないとなれば、日本からタダで貰うしかない訳で、それも期待出来ないとなれば、もう無理して派遣することはないだろう。

 海賊対策新法に外国艦船への給油が盛り込まれたとしても韓国海軍にハイラインを行う程の練度があるのかどうかであり、海自の煉度がいくら高くとも、韓国海軍の操艦能力に疑問あれば無理して行わない方が良いし、事故でもあれば謝罪と賠償を要求して来るのは明らかである。もし韓国が派遣するのであれば日本に頼らず、補給に関しては自前で何とかすべきではなかろうか。
(2009/02/22)

コメント (8)

食糧不足で北朝鮮がどうなろうと知ったことではない

2009年02月20日 14時52分12秒 | 北朝鮮関連

北朝鮮でことし食糧117万トン不足、統一部推定

   【ソウル19日聯合ニュース】統一部は19日、北朝鮮ではことし外国からの輸入や支援がない場合、こ食糧117万トンが不足すると推定した。同日の国会外交通商統一委員会に提出した報告資料で、ことしの北朝鮮の食糧需要量は548万トンだが、前年度の生産量は431万トンにとどまっていると説明した。

 これに先立ち世界食糧計画(WFP)は、昨年12月に北朝鮮の食糧状況調査結果を公開し、北朝鮮の昨年の穀物生産量は約421万トンで、輸入・支援など外部からの調達量を考慮しても、昨年11月からことし10月までに約83万6000トンが不足すると予測している。

 統一部はまた、最近の北朝鮮経済は慢性的な供給不足と対外経済環境不安定性の増加で経済政策の保守化が進んでいると指摘した。私的経済活動の制限や市場規制措置など計画経済強化の傾向がみられ、説明産業分野では金属工業と電力部門の増産を通じた経済再建を強調する一方、食糧問題は自主的解決を促していると分析した。

(2009/02/19 聯合ニュース)

(引用終了)


 官公庁や企業などで働いている方であれば、良い上司に恵まれたいと思っているであろうが、ただ怒るだけで的確な判断もせず、責任逃れをしているだけの上司では信頼しようと言う気持ちにはなれす、「また、今日もあいつの顔を見るのか」と出勤するのも憂鬱になって来るであろう。

 それでも在職中は仮にも上司であるからして、職務上の命令や指示に従わざるを得ないが、その上司が退職したならば、もう上司と部下の関係ではないのだから、町中で偶然会うことがあったとしても無視したくなるであろうし、その退職した元上司が「久しぶりだね。元気か」と声を掛けてきたとしても「どなたですか。気安く声を掛けないで下さい」と言って、知らないふりをして在職中の恨みを晴らしたいと思っている方もいるかも知れない。

 これは聞いた話だが、意地の悪い上司が定年で退職した後に、大量に輸血が必要な緊急手術をすることになり、元の職場に献血の依頼があったが、その上司の部下だった者から出た言葉は「あいつに輸血をする位ならば、採血した後にドブに捨てた方が良い」との声だったそうである。そこまで恨むことはないとの意見もあるだろうが、世の中にはどんなに謝罪しても許せないことがあるし、また、困っていたとしても助けて上げたいと言う気持ちにもなれないこともあるだろう。

 朝鮮半島の北には北朝鮮と言われる前述した意地の悪い上司と同じような国があり、韓国の聯合ニュースが報じたところによると、韓国の統一部の推定では北朝鮮は本年の食糧が117万トン不足するとのことである。食糧が不足しているとしても日本には関係のない話しで、援助することもないのだから、韓国が同胞として何とかすれば良いではないか。

 同じ聯合ニュースが北朝鮮軍が韓国政府に対し「全面対決態勢」と警告していることを報じているのだから、北朝鮮が本当に食糧不足ならば「全面対決態勢」をとれる筈はないし、韓国と戦争をする気があるならば、事前に攻撃するようなことを言う訳はなく、ある日突然に奇襲をかけるであろう。これは、いつものような「やるやる詐欺」のようで、弾道ミサイルも発射すると言いながら未だに準備中とは困ったものだが、迎撃体制を整えて今か今かと発射を待っている日米防衛当局の身にもなって欲しい。

 北朝鮮がどうなろうと知ったことではないし、もし援助したとしても感謝するどころか仇で返されるだけであり、本当に食糧不足で餓死者が出たとしても、それを敢えてニュースとして流す必要もないし知りたいとも思わない。

 それにしても偉大なる将軍様による統治が行われている北朝鮮で食糧不足が起きる筈はないと思っているが、それでも毎年のように外国から食糧支援を受けているのは、食糧不足が理由ではなく、外貨獲得のために横流しされているかも知れず、であるから、この聯合ニュースの報道を即信用することは出来ない。

 ともかく情報が遮断されている北朝鮮から何万トンの食糧が不足しているなどとする数字が出て来る訳はなく、統一部が推定したとされる食糧117万トンが不足しているとの根拠がはっきりしないことは確かで、北朝鮮の言うがままであったならば、こんな無責任なことはなく、どのような手段で推定したのかを明らかにすべきであろう。
(2009/02/20)

コメント (10)

国旗国歌に嫌悪感を抱かせることも教育なのか

2009年02月19日 08時39分57秒 | 社会問題

「日の丸・君が代」強制やめよ 都教委に通達撤回要請

原告・父母ら

 「日の丸・君が代」強制反対・予防訴訟をすすめる会などは十七日、「日の 丸・君が代」強制と従わない教職員への処分をやめることなどを求めて東京都教 育委員会に要請しました。

 要請したのは予防訴訟をすすめる会など五団体と、「日の丸・君が代」訴訟の 原告側弁護団、都立国際高校の保護者などでつくる「国際高校有志の教育を考え る会」。五団体は「日の丸・君が代」を強制した「10・23通達」の撤回など を求める署名五千七百三十三人分を提出しました。

 都教委に対し、弁護団の加藤文也弁護士は二〇〇六年に東京地裁が10・23 通達を憲法違反とする判決を出したことを指摘し、「都の異常な教育の状況を是 正するために要請を真しに受け止めてほしい」とのべました。

 「日の丸・君が代」不当処分撤回を求める被処分者の会の近藤徹事務局長は、 卒業式の「君が代」斉唱時に起立しない生徒に対して、式の最中に起立を促すよ う定めた「進行表」が多くの都立高校でつくられていることを明らかにし、「生 徒にまで起立を強制し、人権を踏みにじるものだ」と批判しました。

 国際高校有志の会の代表は、「『日の丸・君が代』を生徒・保護者・教職員の 管理・統制の道具にしているのは非常に問題。教育の名に反するようなことはや めてほしい」と訴えました。
2009年2月18日(水)「しんぶん赤旗」

(引用終了)


 祝日には玄関前に国旗を掲げているが、近所で掲げているのは一軒だけであり、2 月11日の建国記念の日に1時間ほど近所を散歩したところ、掲げている家はわずか一軒しか見当たらず、建国記念の日にしては寂しいものであった。だが、祝日に国旗を掲 げていない家の方も日の丸を国旗と認めていない訳ではなく、他に理由があるから購入してまで掲げようとしないだけであろう。

 今まで、近所の方から「玄関前の旗は何ですか?」と聞かれてことは一度もな いが、日本人であるならば、日の丸は日本国旗であることは知っている訳であ り、であるから「何の旗か」と聞かれることはあり得ないが、我が国では国旗に 関してだけでなく国歌についても裁判沙汰になるケースがあると言うのだから、 このような奇妙な国は日本だけではあるまいか。

 日本共産党の機関誌「しんぶん赤旗」が報じたところによると、「日の丸・君 が代」強制反対・予防訴訟をすすめる会などが17日、「日の丸・君が代」強制 と従わない教職員への処分をやめることなどを求めて東京都教育委員会に要請し たそうである。

 国旗・国歌に関して裁判沙汰にする連中にとって国旗は日の丸ではなく、国歌 も君が代ではないかも知れないと常々思っているが、そうであれば儀式などの際 に直立不動で日の丸に正対し、君が代を歌うことは苦痛であろうから、そのよう なことがない仕事に就けば良いと思うが、なぜか、そのようなことが多い教師な どに敢えてなって国旗・国歌に対して敬意を表さず騒ぎを起こしている訳であ り、公教育の場において個人的思想を振り回すことが許される筈はない。

 そもそも教育そのものが強制であって、それは国や教育委員会などが定めた指 針によって行われている訳であり、教師はその指針によって教育を行う義務があ るのは当然のことで、にも関わらず、教師の個人的思想によって、指針とは異な る教育が行われるようになれば、特定の思想を持った教師によって公教育が私物 化されたも同然であり、まさに恐ろしいことだと言わざるを得ない。

 前述したように国旗・国歌に関して裁判沙汰にする連中は本当の日本人ではな く、帰化した在日朝鮮人などが公教育の場を混乱させることが目的であるではと 思えてならず、生徒にまで起立を強制していることも人権を踏みにじるものだと 批判しているのだから理解出来ないが、教育そのものが強制であるのだから、国 歌斉唱時に起立を命ずるのが人権侵害ならば、学校における授業も人権侵害とな るのでないか。

 国旗・国歌に嫌う教師が、授業を行うために教室に入った時に生徒が起立も礼 もせずに席に座ったままであったならば、教えを請う立場にいる生徒が教師に敬 意を表さないことであるからして気分が良くないであろう。それと同じで国旗・ 国歌に対する万国共通の儀礼があり、かって、ソウル五輪の際の表彰式で日本の高 校生だけが起立しなかったことが大きな問題となったが、国旗・国歌に嫌う教師 どもが万国共通の儀礼を教えて来なかったからである。

 在日朝鮮人右翼が街宣車に国旗・日の丸を掲げ、国歌・君が代を大音量で流し しているのは日本人に国旗国歌に対して嫌悪感を抱かせることが目的であって、 教師が国歌斉唱の際に起立せず、生徒にも、そのように命じているとすれば手口 は在日朝鮮人右翼と全く同じであると言えるだろう。
(2009/02/19)

コメント (6)

朝鮮人が高速鉄道を扱うことなど最初から無理だった

2009年02月18日 10時26分35秒 | 韓国関連

KTX欠陥工事:コンクリート製枕木約200本に亀裂

 韓国高速鉄道(KTX)の第2期工事区間である大邱‐釜山間のレール敷設工事で、コンクリート製の枕木数百本に亀裂が入っていることが判明した。

 枕木は時速300キロで走行するKTXの列車とレールの重みを支える最も重要な設備であり、これに亀裂が入れば、レールが曲がったり列車が脱線するなど、大規模な事故につながる恐れがある、と専門家たちは指摘している。

 2010年の開業を目指して進められているKTXの第2期工事は、工事費が7兆ウォン(約4569億3000万円)に及ぶ大規模な国家的事業だ。韓国鉄道施設公団は15日、「コンクリート製の枕木の一部に亀裂が入っていることを確認し、最近レールを敷設した区間のすべての枕木について調査を実施した結果、222本の枕木に亀裂が生じているのが見つかった」と発表した。このため、亀裂が見つかった枕木の交換や、該当区間の工事のやり直しは避けられず、工事の遅れや、新たに破損した枕木が見つかる可能性も排除できない状況となっている。

 レールの総延長が254.2キロ(上下線の合計、以下同じ)に及ぶ大邱‐釜山間のレール敷設工事は2002年に始まり、現在までに96.9キロの区間でコンクリート製の枕木15万5000本が敷かれており、進捗(しんちょく)率は37%に達している。全区間では約35万8000本の枕木が敷かれる予定。

 鉄道施設公団はコンクリート製の枕木を固定するフックボルトの欠陥が主な原因とみており、亀裂が見つかった枕木については補修または交換し、亀裂が見つかっていない枕木についても補強作業を行う計画だ。

 韓国鉄道大学の鄭慶煕(チョン・ギョンヒ)教授は「きちんとした対策を講じなければ、レールが曲がって列車が脱線する恐れがある」と警告した。一方、公団側は「対策の検討や精密調査を行っており、工事に支障が出ないように努めていきたい」と話している。
永川(慶尚北道)=チェ・スホ記者
(2009/02/16 朝鮮日報日本語版)

(引用終了)


 韓国の高速鉄道(KTX)が開通する前に行われた試乗会の写真を見たことがあるが、気のせいかも知れないが乗客の顔が引きつっているように感じた覚えがある。そのうちに大きな事故が起きるのでないかと言われているKTXだが、韓国の地形では日本と同じようにトンネルや鉄橋が必要であるにも関わらず、それに合致しない平野を走るだけのフランスの高速鉄道(TGV)を選択した訳であり、そのTGVがトンネルを通過することを想定せず設計されているのは当然であろうから、今頃になってTGVの選択は誤りであったと悔やんでいたとしても手遅れである。

 これから海外旅行に行く機会があるとしても韓国に行くことは100%ないのだから、KTXに乗ることもないが、ともかく、新しい橋が落ちたり、ビルが倒壊するような国であるからして、にも関わらず、偏向マスコミが捏造している韓流ブームに騙されて韓国に行きたがる日本人がいると言うのだから気が知れない。

 そのKTXの件で朝鮮日報が報じたところによれば、2年後(2011年)の完成を目指して建設工事が進んでいる第2期工事区間である大邱‐釜山間のレール敷設工事で、コンクリート製の枕木数百本に亀裂が入っていることが判明したとのことであり、まだ試験列車さえも走っていないにも関わらず、亀裂が入っているとは驚きだが、これでは営業運転が始まれば確実に事故は起きるであろう。

 コンクリート製の枕木に亀裂が入った原因は枕木を固定するフックボルト(枕木を固定する部材)の欠陥とのことで、ボルト充填剤には防水仕様のものを注入しなけばならないのに反対に吸水性物質を使ったことからフックボルトからしみ込んだ雨水が凍結して、体積が膨張することより、亀裂を生じたらしい。軌道分野での経験を持つ者が一人もいない会社が製造したそうだが、軌道分野での施工実績がまったくなければ、引き受けるべきではなく、手抜きは当たり前で、いい加減な民族である朝鮮人が高速鉄道を扱うことなど最初から無理だった訳である。

 それにしても、韓国に日本の新幹線を輸出しなくて良かったと思っている。18日の産経新聞の一面には、黒田勝弘(ソウル支局長)の「から(韓)くに頼り」が掲載されているが「韓国は技術移転や借款など好条件のTGVを選択したのだが、当時の日本の消極姿勢は今思いだしても痛恨だ。とくに日本政府は何もしなかったに等しい。『また日本(新幹線)になったら何を言われるか分からない!』という反日感情への過剰な気遣いなど、まったく腰が引けていた。」「日本は世界に誇る経験と新幹線を『韓国のために』なぜ自信をもって強力に推さなかったのか。」と書かれているが、まったく理解出来ない。

 韓国は反日国であり、新幹線を輸出したらまさに何を言われるか分からず、また貴重な新幹線の技術を流出させなかったことは良かったと思っており、支那に新幹線を輸出したことも誤りであった訳で、もし事故が起きれば、いつものように謝罪と賠償を要求して来るのは明らかである。であるから黒田氏が「韓国に新幹線をなぜ自信をもって強力に推さなかったのか」と言い始めたのは、韓国政府などからの「新幹線にしておけば良かった」との声を聞いたから記事にしたかも知れないが、韓国と関わっても今まで良いことは何一つもないし、これからもないであろう。
(2009/02/18)

写真:手抜き工事が発覚し、真っ二つに割れたコンクリート製の枕木。(朝鮮日報)

コメント (6)

掲示板 2009年2月分過去ログ (16903~16918)

2009年02月17日 14時04分05秒 | 掲示板過去ログ2009年分

16918.フィリピン一家の問題     
名前:ピカドン    日付:2月17日(火) 14時4分
 皆さんのご意見、至極尤もだと思います。
マスコミや人権活動と称する連中の、犯罪者を被害者の如くすり替えるやり口は本末転倒。
確かに子供には罪はありませんが、法治国家として成すべき事をやった後に出来る事があれば考えれば良いと個人的にはそう考えます。
しかし、犯罪は犯罪。一度はけじめをつけなければ成りませんし、そう簡単に再入国が出来る様な国であっては成らないと思います。


16917.摘発までの展開(想像)     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:2月16日(月) 5時30分
>egoさん、何処を探しても、詳しい事件の経緯を書いたものが見つかりませ んでしたので、以下は私の妄想で書いています、余所で云わないで下さい(笑)。
 カルデロン一家は、偽造パスポートで入国した直後から様々な偽装を凝らす必要があったでしょう、先ず、夫婦で住む処を確保するには、保証人を必要としま す、大家さんに示した身許に「密入国者」と書くわけがないので、勿論是は、入国前に用意した偽装です、在留外国人の外国人登録証の常時携帯は義務ですし、 要求されれば呈示する義務がありますが、是も勿論、事前の偽物でしょう、つまり、フィリピンにそう言うモノを偽造して、密入国を手引きする事を生業とする 組織がある可能性が高い。

 入国後、就職も斡旋を受けていた可能性がありますね、その後の山は、奥さんの妊娠~出産でしょう、病院に懸かるのにも、(多分)健康保険証がありません から、病院側に高額になる出産費用を払えると言う担保を示す必要が有りますが、此処でも、密入国なのですし、簡単に借金出来ない事から、周りの人々の協力 無しでは無理だと直ぐに判ります。

 亦、市役所で外人登録証やその他をノーチェックで、住民票を造れたのは、税金の滞納がない事への評価と考えて良いでしょう。

 さて、次は義務教育の学校入学です、是は偽物の外人登録証だけでは無理です、フィリピン人の入国者には未だ「査証無し」は認められていない筈です、する と、その査証も偽造しなくては成らない、しかも、更新したモノです、唯、子供の入学審査ですので、両親の住民票が有って、外国人登録証や査証が「問題な し」と判定されれば、剰り問題はなかったのかもしれません。

 唯、その後、奥さんの不正が発覚したのには、査証更新の際の資金ショートが原因ではないかと思います、密入国の取締から逃れる生活が、子供の成長や景気 の悪化等で、少しずつ破綻してきて居る様子が伺えます、その後入管からもマークされ始めて、最後は周りの薦めを受けて、手を挙げたと言う展開でしょう。

 真面目な勤務態度は、多分本当でしょうし、入国以来全く問題を起こしていない処を看ても、密入国者とは言え、かなりマトモな外国人夫婦と言う感想です ね、こういう人でも、法は法として厳しく執行されなければ、日本の国体=国民の権利が脅かされる事になるわけです、緩和措置や例外受容は出来ない話です。

 しかし一方で、過剰に擁護されている外国人の存在が浮き彫りに成ってきます、通名の公的な使用許可や生活保護の申請の通り易さは、当国の正式国民である 日本人以上のモノを感じさせます。

 明らかに在日朝鮮族に対してのみ優遇措置を講じているのだから、外国人に対する国籍差別にこそ、人権団体は声を上げなくてはならないだろう。


16916.冷静に考えると     
名前:ego    日付:2月15日(日) 17時40分
この問題は

不法滞在の外国人の子供を、義務教育の学校にどうやって入学したのかが、一番不思議に思います。
戸籍や住民票はあったのでしょうか?
給食費は払っていたのだろうか?

文部科学省が許可したのか、
学校の現場で許可したのか
その辺を詳しく知りたいものです。


16915.改悪国籍法の再改正を求む     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:2月15日(日) 15時52分
日本人のアイデンティティーを、具体的に怪しくし始めたのが改悪国籍法でしょう、この改悪には、立法府全体の政治モラルが懸かっていると言って良い、全く 民主的ではない方法で決められたからだ、亦、司法府も腐っている事が露呈した、行政府だって、ナンノ工夫も付加しなかった、つまり、閣僚レベルでさえ「改 正内容の危険性」を認知していなかったワケです。

 もしかしたら、国籍法と言うネーミングなのに、日本国民の括りを規定するモノだとは思わなかったのか、それとも日本国民の括りなど、ドウでも良いと云う 認識しか持てなかったのか、国民たる要件を甘くすれば、主権が脅かされるのは、我々市井の市民でさえ自明の事なのに、立法のプロである国会議員にして、そ のレベルにも到達していないと言うのが現状と言うことなのでしょうか、だとしたら、我々の税金は無能者集団を養う為に遣われている事になる。

 否、彼らに足りないのは知識では無く、公=国民に対する責任感だと思いますね、皆、国会議員で在り続けることしか頭になく、当選回数を重ねて、大臣に成 るのが唯一の望みとはね、そういうパターンの例外は稀少の様です。

 改悪国籍法の再改正を迅速に行って、彼らに名誉挽回を期待したい。


16914.共同通信の記事は裏付なしの模様     
名前:BWR    日付:2月15日(日) 12時26分
http://ameblo.jp/doronpa01/entry-10192534045.html

↑比国人少女が日本語しか喋れない、との記事はマスコミの捏造の疑惑ありそうです。

更に、この父親の日本語聞いてるともっと怪しさを感じますし、外国人記者クラブでの会見に至っては外圧をかけるのか?とも疑ってしまいます。↓

http://www.youtube.com/watch?v=T7LMU9E08KI


16913.比国人一家の不法滞在に付いて     
名前:abusan    日付:2月15日(日) 8時49分
「2ちゃんねる世論」は比国人一家に厳しい様ですなあ(^◇^;)
尤も、只でさえ法に反している上、偽造パスポートを使った
と言う悪質な手口とあっては余計に2ちゃんねるナショナリズム
を煽るというものです。更にはマスゴミの比国人一家に対する
同情記事もさらに2ちゃんねる世論のナショナリズムに拍車を
かけた格好です┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

結論からいうと森法相の「非情采配」はやむを得ないと言うことです。
よって比国人一家に対して「レッドカード」を突きつけたのは
法律上当然の執行と言うことですなあ。

娘さんにはお気の毒ですが、ご両親は法律に違反したと言うことで
日本国からの退場を命じさせるを得ません。そうしないと
脱北者など「日本密入国を画策している外国人」に示しが
付きませんから┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~


16912.小泉さんの麻生発言批判を聞いて     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:2月13日(金) 11時38分
 最初から失言癖を心配していたが、この所常に麻生さんは、「墓穴を掘りす ぎ」ナンですよ、「常に批判の対象にされている」「周りが皆敵だ」と言う、トップに立つモノが必ず経験する錯誤は、頂きに登ったと言う自意識と見上げられ る立場の人間が必ず持つモノですが、マスゴミが其処を強調して攻撃した事だけで、既に自信を喪失して、狼狽しているのが顔に出ている。

 育ちの良さが裏目に出ている様な気がする、自身の迷走発言は、自民党内にドンドン敵を増やしているダケなんだと気付かないのだろうか、政治は数で決まる という原則は否めないが、その数は色んな意味での「信頼」の有無に懸かっているのがお判りだろうか、ホントに、ブレーンに諮って、自身の発言を規範すべき ですよ、モゥ。

 小泉さんのは、それに対する「喝!」だったと私は受け取って居るんですがね・

 自身が成立に政治生命を傾注した郵政民営化に対し、「見直しもあり得る」と云う婉曲=曖昧な表現のママ放置した挙げ句、「私は賛成ではなかった」発言と は、マスコミに「叩いて下さい」と急所を差し示すような不用意さでは無いか、私も是を聴いた時は、頭が可笑しくなったのではないかと疑った、剰りにも自身 の発言に対する規範が甘い、フォローも成っていない、言い訳のオンパレードとしか聞こえない。

 経済対策が麻生さんに求められている喫緊の役割と言うのは、誰しも認識している事だから、「もし、戦略があるのなら、今、見せて看ろ」と促している様に も聞こえる。

 もし小泉さんが、この発言を以て、「議員引退を撤回して、倒閣運動~総裁選を経て、総理・総裁に返り咲く宣言をする」と、言うのなら話は違うだろうが、 そんな事は1ミリだって云っていない、飽くまで、麻生支持は変わっていない、「小泉、反麻生」は、全くのマスゴミの作為的な誤解でしかない、「小泉が麻生 を見限った、倒閣開始」と聞こえた人は、マスコミの悪質な煽動に乗せられているだけです。

 逆に「光輝いて見えた小泉政権にも、闇があったのかも知れない」と、小泉政権を訝しがる人もいるが、小泉さんの政治が「闇のない政治」だったワケがな い、小泉さん以前の政治は真っ暗闇だったのだから、小泉さんは、闇の政治界にさした一筋の光、「ザ・ファーストライト」だったと云うべきだ、「光り輝い て」見えたのはマスコミの演出の所為でしょう、あの頃盛んに小泉を持ち上げていた読売は、小泉に乗っかって居れば、金が転がり込んでくる構図だったのだろ う。

 改革の光を安倍さんが受け継いだ、そしてバトンは、麻生、中川と受け継がれて、闇を少しずつ取り払って行く予定の筈だ、随って、未だに取り払われていな い闇が多く存在するのが現状認識で善いのではないかと思います。

 確かに、世界経済が平穏な時分に決められた郵政民営化は、周囲の環境が大きく変わりつつある現在、見直しが必要だろう、麻生さんも具体例も挙げてはい る、しかし、そういう話は、内部で区切りを着けて、方針をハッキリ出してから言い出すモノだ、あやふやなウチに話を持ち出しては叩かれるだけなのは素人が 看ても判る、渡辺喜美の離反の理由も、何となく判る様な気がする、但し、この期に及んで、感情論で「一抜ける」のは、味方から長期的な信頼を失う、政治家 は傍目が大事だと悟っていないのは、唯の「賢いが」「鼠でしかない」事を自ら満天下に知らしめた愚行と認識しているが。


16911.マスゴミについての所感     
名前:ころっけ    日付:2月13日(金) 10時31分
世界のマスコミをみると(特に先進国)多くの共通点がある。
 それは反政府である、という一点だ。

マスコミの歴史と定義、そしてその役割からみてマスコミは政府を監視して、その自浄作用として役割を果たす。
 ただ日本の場合、少し違うのが
反政府=反日となっている点だ

 米国の場合 反共和党、反民主党と各メディアによって特色がある。米国メディアの政府叩や、反大統領をけなす報道はあたりまえ、その内容はすさまじく、 日本の比ではない。
 だが、いくら米マスコミが反政府でも自らの国旗を踏みにじることは決してない。
 それに対し、日本のマスコミの報道は反政府を通り越し反日となっている。日本の利益より諸外国の利益を優先させる。
 他国にマスコミ数あれど、このような報道姿勢のマスコミはそうそうない。非常に珍しい形といえよう


16910.先ずは売国マスゴミから潰しましょう     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:2月12日(木) 15時2分
 麻生さんを叩いているのは、主に野中のオッさんの関係者でしょう、子分の古 賀は政権の身内なんですが、元共産党員のオッさんの繋がりから云って、韓国サヨクー朝鮮政権ー共産シナ中央の線が疑わしいのですが、モゥ一つの線である解 放同盟の線は、現在は古賀が抑えている情況でしょう。

 その指揮の下、マスゴミ達の形振り構わない「麻生降ろし」の目論見は、麻生降ろし後、民主政権誕生、韓国への5兆円規模の資金援助、1兆円のキックバッ クをマスコミ界で山分けの筋書きだそうだ、リーマンショック以降のCM出稿削減で、毎日新聞・TBS、朝日新聞・TV朝日などは軒並み壊滅的な打撃を受け ているそうな、唯一出稿を増加させているのが、パチンコ、サラ金業界でしょうから、現状を維持してくれる在日に足を向ける訳にはいかないし、生き延びる起 死回生の術は、モゥ、1兆円の山分けで入る臨時ボーナス獲得しかない、その為には分け前を決める小沢をどうしても舞台に立たせなくては成らないし、その闇 資金を叩くわけには行かないだろう。

 こんな茶番をやられているのに、未だに、マスコミ信者が、マスコミの誘導に釣られて、「民主党に政権を取らせてみたら」と云う、マスコミはリストラを やっていないんですよ、軒並み「平均給与が1200万以上」ある企業群です、其奴らを助けるのに「税金を盗ませる」ワケです、そして誰も告発しない、こん なのやられても誰も判らないワケです。

 一番好いのは、TVを看ないでビデオだけにする事でしょう、レガシーメディアの資本が入っていない有料TVでも宜しいが。


16909.毎日新聞 また捏造? 麻生氏のポスター破られる?     
名前:BWR    日付:2月12日(木) 10時59分
猥褻記事を世界中に垂れ流した毎日新聞にまた捏造疑惑です。
既にご存知の方には恐縮ですが、詳細は以下をご覧下さい。

http://blog.goo.ne.jp/doanobudoanobu/e/5229310f5ce4a59464ed7daaa5569bb4

ちなみに近所の社民福島氏のポスターには、たまに金正日の写真が
貼られてたりするんですが記事にならないですね。


16908.書き込む前にモゥ一寸考えて看たら、どう?     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:2月9日(月) 9時2分
>むらさきいも
 自分のバカさ加減を細かく説明して、ドゥするの(嗤)。

 自由とは放埒ではないのよ(ッテ云ったって、判る頭じゃ無さそうだな・・)、何でもありだったら、お前みたい名のがワンサ涌いて出て、エロサイトか何か ワカラン様になるだろ、ダカラ、自由って云っても、規則に沿ったモノでなければ成立しないのよ。

 この板のポリシーとして、管理人さんが、彼が私費で運営する板の運営管理上の判断基準を示しただけなのに、言論の自由の定義がオカシイだって、まぁ、マ スコミがやって居るのを、言論の自由だと理解して居るのなら仕方がないですな、アンタみたいな、礼儀を弁えない連中は、他の人達に不快感を与えるダケだか ら、私なんかは速攻削除して欲しいのですが、管理人さんは、削除は慎重にしているし、削除するときはちゃんと通達している。

 アンタは、自身の権利や自由に対する理解が中学生並しかないことを、掲示板で発表しちゃっているのですよ、HNじゃなかったら、全国的に大恥を書いてい る処ですよ、良かったね。


16907.釣りですかあ     
名前:abusan    日付:2月9日(月) 7時58分
むらさきいもへ

こういう事は2ちゃんねるでやりな(^_^メ)
それともお前は左翼だと名乗るつもりか??( ´,_ゝ`)プッ
左翼が聞いて呆れるがね┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~


16906.(untitled)     
名前:むらさきいも    日付:2月8日(日) 23時46分
>掲示板は「言論の自由」を保障しています。ただし、「左翼や右翼思想 の持ち主」「テロ組織の構成員」「カルト集団」「反日日本人」など、国民の敵の「言論の自由」は保障しません。
↑こういうのは言論の自由っていわねーーーーー(笑)
私的な掲示板の管理は自由なんで勝手にやればいいけどぉ、
言論の自由を妨げる連中は大抵「反○○」的な言論の自由は保障する必要が無いっていうお。

{日教組=工作員、民主=ミンス(笑)、マスコミ=マスゴミ(笑)}←朝鮮のスパイ(笑)
自民は大好き(はあと)
正しい認識と思ってるお馬鹿ちゃん。
本当は皆同じ穴の狢。


16905.日本精神の復活を皆で求めよう     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:2月7日(土) 18時19分
>ピカドンさん
>>欧米の先進国を見ると政党は変われど、愛国心の固まりです。
 ですよね、英国の労働党/保守党、米国の民主党/共和党、ドイツのキリスト教民主党/社民党で大体2大政党で占められていると言っても云いようですが、 党の方針に指示階層から来る違いはあっても、両党とも愛国保守的ですが、フランスダケが例外と言うか、半大統領制とも呼ぶべき、複雑な政治機構で、共和制 と議院内閣制を足して2で割った様な形を採って居ます、社会党や共産党が有力である事も屡々です、それでも、殊、国を護ることになると剰りブレは無い様で す。

 余談ですが、欧州各国で国防意識が強いのは、歴史的に欧州が面積の割りに国境を画する国が多く、侵略や圧政に対する地域の叛乱などで、国境線付近に不安 が常在していて領土=国と云う意識が強かったからです、亦、国によって政治形態が多様ですから、為替や通貨の面で複雑で経済の障害となっている場合が多 く、EUの様な、経済面での合理的機能を求めて国家集合が採り易かったのでしょう、亦、経済格差に拠って起こる労働力の移動は、既に飽和状態にあると看て 良いと思います、是から起こる要素が大きい東アジアとは全く異なる状況と言って良いでしょう。

 それでも、経済変動に処するに「遅れ」が目立って、国家集合のメリット機能が働かなくなっている様です。

 日本では公務員が堕落し始めています、個人の奉公と言う観念の重要さを教えてこなかったのが、最大の原因ですが、そう言う意味では、学者、教育者は最も 堕落していると言って良いでしょう、其れを煽り立てているのがマスコミであると言うのは云うまでも無い事ですが。

 日本精神の侵略を此処まで許してしまって居る事に我々は気着かねば成りません、先ずは個人の覚醒から、家族や、周囲の友人を伝って、日本の伝統精神の何 足るかを求める雰囲気を造り上げましょう、世を変えて来たのが商業主義なら、元に戻す有効手段も商業主義の中にある筈です。


16904.政治家、官僚、公務員に倫理観はあるか?     
名前:ピカドン    日付:2月6日(金) 14時8分
ソロさん
>その人事ルートを固定化するのは、登用元への組織評価を固定して居るのと同じですよね
是は一種のタチの悪い随意契約の様なものですね。
登用や契約に関して何処からも文句の出ない確固たるものとまでは言いませんが、大方の場合は釈然としない事が多すぎます。
酷い者では世襲(家業)が罷り通っているのもこの世界ではないでしょうか。

人事ルートの固定という意味に於いては、私の知りうる周りにも天下り先を作るための事業と思われても仕方のない、公共事業そして随意契約。今、行政訴訟を 起こしていますが、こんなのは氷山の一角です。
彼らに掛かれば税金などは我が身が痛む訳ではないから、私腹を肥やす道具の一つでしょう。既得権益の最たる者と言っても過言では無い、その甘い汁のノウハ ウを知り尽くしている彼らに倫理を説いても釈迦に説法。

まぁ私などの本音では、きれい事だけでは世の中動かないとも考えていますから、本筋さえ忘れていなければ多少の事なら(内容にも寄りますが…)目を瞑る…  その代わりにやる事だけはしっかりやれと思っております。
しかし今の世の中、日本人としての本筋すら忘れ、多少どころかやりたい放題、やらなきゃならん事はやらない、そう言う政治家、公務員、教育者が多すぎま す。
武士道とは一言で言うならば「見返りを期待せず」と解釈していますが、全く持ってほど遠いですね。

欧米の先進国を見ると政党は変われど、愛国心の固まりです。しかしながら我が国はどうでしょう。自民の中にも売国議員有り。民主党に至っては売国の固まり の様な党。
その他の野党は推して知るべし。我々国民がしっかりとした愛国心を持ち賢くなるのが先だと思います。
何故もっと「国益」と言う事を考えないのでしょうか。
今のままでは、例え空からミサイルが降ってきても、現在の日本人なら目は覚めないのでは無いだろうか。


16903.谷人事院総裁の横暴発言に思う     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:2月6日(金) 8時48分
 読売TVの辛坊さんの言に拠れば、「昭和28年以降、人事官3人のうち1人 は報道機関の幹部経験者の指定ポストで毎日、朝日、読売、NHK、日経の退職幹部が歴任してきた」そうです、特に、「毎日、朝日の子弟枠は堅い」そうで す。

 人事院って、公務員の人事査定をする処でしょう、「人事院勧告で、我々の給料を決められるんだ」と中学校の時の担任が云っていました、その人事院の査定 基準って、キット「世間並み」なんでしょう、だから民間から経済関係者を登用する、「世間の基準を好く知っている」と云う評価からでしょう。

 でも、その人事ルートを固定化するのは、登用元への組織評価を固定して居るのと同じですよね、登用されるのは個人なのにです、何らかのクオリファイでも 有れば未だしも、灼かな理由も無く、登用元を「自動的に」決めて来たのなら、登用された人に払われるのは我々の税金ですから、「癒着ではないか?」とタッ クスペイヤーとして一言文句が言いたくなるのは当然です。

 「人事を慣例化する事が、癒着を生み、評価基準を形骸化させる要素になる」のは、誰が考えても判る事でしょう。

 評価者との馴れ合い体制をギブアンドテイクで固定する事で、評価を形骸化している、エリート官僚達の「如何にして、社会から金を合法的にふんだくろう か」と言う、「浅ましい考え」しか見えてこないですね。

 日本の真の改革は公務員改革から始めなければ成らない、と私も思いますが、最後の改革も公務員改革である様に感じます、拙速な切り崩しは、この日本の舵 取り者の造反を招くと心得なければならない、舵取り者の裏切りは、日本丸の行く先を亡国港にしてしまいます。

 公務員とて日本人であり、日本国民の筈、自分の国の将来を、自分達の目先の小さな既得権に拘泥する剰りに真っ暗なモノにして良いものか、亦、一般の国民 側も公務員に対する敬意を示す姿勢は保持するべきでしょう、但し、公務員が公僕としての意識に目覚めていたらの話ですが。

 公に資する仕事をする人間の心得を著したモノが武士道であろうと思いますが、ならば、公務員もその端くれと云うことになります、武士道を知り、国家国民 の為に、滅私奉公してこその公僕ではないでしょうか。

 日教組を含めた反国家的な言動をする「公務員」は、絶対に公の為に成りません、公を扱う立場にあって私を公に優先するのは、唯の「害務員」です、特典を 返上して退職して貰いたい。

 愛国保守であるべき公務員が腐っていたら、日本は絶対に再生できません、この国は、在留外国人の権利を国民と同等にする様な、世界の為の日本である前 に、日本人である貴方と貴方の子孫の為の国でなければならないのです。

コメント

テレビがつまらなくなっても誰も困らない

2009年02月15日 23時26分57秒 | 偏向マスコミ

テレビがつまらなくなった、その理由とは?

2月13日 11時28分

 「テレビがつまらなくなった」と言う意見をよく聞くことがありますが、何ででしょうか? 確かに僕も思春期の頃より一生懸命テレビを見ることが減ったと実感しております。制作サイドには耳が痛い話だと思いますが、制作会社のスタッフとして番組に関わっている現役ディレクターのYさんに話を聞いてみました。

 「僕はテレビをダメにした理由は2つあると思います。ひとつはインターネットをはじめ様々なメディアが登場したことですね。たとえば、話題の番組を見逃したら、学校のクラスで話題についていけない、ということってよくあったと思うんですが、話題になるような名場面はたいていYOUTUBEにアップされていますよね。これなら、わざわざテレビの前にかじりつく必要もありません。また、ネットで動画を配信できる時代になったことも大きな要因。しかも、ネットの番組は、地上波ではできない面白い試みもたくさんできる。『江頭2:50のPPPするぞ!』とか。あと、DVDでも自由度の高い試みはできますしね。また、制作費がそれほどかからないからさほど儲からなくても上から怒られない、などがあると思います」
(以下略)
(日刊 アメーバニュース)

(引用終了)


 私の知り合いで80歳代の老夫婦がいるが、パソコンは持っていないのでネット環境がある訳でなく、またビデオデッキもDVDプレーヤーもないので、テレビ放送を見るのが楽しみの一つだったそうだが、先日、訪問した際の世間話しの中で「どのチャンネルを見ても面白くない」と嘆き「若い時に見た映画をまた見てみたい」と話したので、とりあえずビデオデッキかDVDプレーヤーを購入することにして、昔の映画を録画してあるビデオやDVDを私が少し持っているので、それを見て楽しんで貰うことにした。

 外出もままならない年寄りにしてみれば、テレビを見るのが楽しみの一つだとしても、見るに耐えない番組ばかりで、それも日本のテレビ局でありながら、日本人向けの番組とは思えないものが増えてくれば、飽きられてしまうのは当然であり、「テレビは娯楽の王様」とか「楽しくなければテレビではない」など言われた時代もあったようだが、今では完全な斜陽産業であり、見る価値もなくなってしまったと言えるだろう。

 アメーバニュースに、制作会社のスタッフとして番組に関わっている現役ディレクターの話しとして、テレビがつまらなくなった理由の一つにネットの普及だとする記事が掲載されているが、ネットのせいにするのは誤りであり、番組制作側が視聴者が見てもつまらないように制作しているからであろう。

 生放送でない限り、出来上がった番組を放送前にディレクターなどはチェックするであろうが、その際に放送に値する番組なのかと少しも思わず、また視聴者がつまらないと感じていることにも関心はなく、本当に高視聴率が期待出来ると思って放送しているとすれば驚きを禁じ得ない。

 テレビや新聞が真実を伝えていないことがネットの普及によって明らかにされ、また捏造や偏向に対して国民からの苦情や抗議さえも無視しており、これではマスコミは完全に信用できないとする世論が形成されてしまった訳であり、 かっては「テレビで放送した」とか「新聞に掲載されていた」と言うだけで信用されたこともあったようだが、今では「また捏造だろう」とも言われるようになってしまった。

 政治に関する報道は未だに椿事件の繰り返しであり、まさに偏向報道と言えるし、また、事実ではないことをさも事実のように報道したり、創価学会のCMが流れ、明らかに日本人向けではない朝鮮ドラマが未だに放送されているようでは、テレビ離れはますます進むであろう。

 テレビがつまらなくなったと言っても誰も困ることはないが、しいて困るのはテレビ局の関係者だけであろうし、今ではテレビをほとんど見ることがなくなったことから他のことが出来るようになり、有意義な時間を過ごせるようになったと思っている。
(2009/02/15)

コメント (10)

小沢民主党代表は同盟国である米国を信用しないのか

2009年02月13日 22時41分00秒 | 民主党関連

米国務長官との会談に前向き=民主・小沢氏

 民主党の小沢一郎代表は12日夜、都内の料理屋で国民新党の亀井静香代表代行らと会談した。出席者によると、小沢氏は、16日に来日するクリントン米国務長官から会談を打診されていることに関し、「会ってもいいと思っている」と前向きな考えを示した。
 また小沢氏は「おれはまったく米国のことは信用していない。日本の国益を守るために言うべきことは言わないといけない」とも語ったという。(了)
(時事通信 2009/02/12-23:29)


(引用終了)


   日本の政治家の中で、支那人や朝鮮人女性を秘書しているのは民主党の小沢一郎代表くらいであろうが、この事実からしても、小沢代表の政治姿勢が分かるし、次期衆院選で民主党が勝利すれば小沢総理が実現するかも知れないが、そうなると、この女性が秘書として総理官邸に出入りすることになれば日本の国家機密が支那や朝鮮に漏れる恐れがあり、これは日本の安全保障にとって重大なことだと言わざるを得ない。

 朝鮮人の女性秘書は反日活動をしているそうで、小沢代表を通じて得た政治情報を定期的に在日韓国大使館の担当官に通報しているとなれば、スパイ行為と言って良いだろうが、例によって、小沢代表の闇の部分を報じることはない偏向マスコミは無関心であり、それどころか、民主党政権が出来るようにと麻生総理を叩き、自民党はすっかり国民の信頼を失っているとする印象報道を繰り返している。

 世界で一番信用出来ない民族は支那人と朝鮮人だと確信しているが、それは独善的であり、また排他的な考えから世界各地で問題を起こし嫌われているからであって、それでは友好国すら出来ないのは当然だが、そのような民族の女性を秘書にしている理由だけで、小沢代表を信用することが出来ないと思っている方も多いのではあるまいか。

 その小沢代表が、16日に来日するクリントン米国務長官から会談を打診されていることに関し、「会ってもいいと思っている」と述べたとの報道があり、また「別の日程が入ってる」として会談しないとの情報もあり、今のところ、会談が実現するかどうかはっきりしないようである。

 インドのシン首相との会談を寝不足だとしてドタキャンした小沢代表だが、クリントン米国務長官と会談するのかしないのかはっきりさせないのは大変失礼だ思うし、次期総理候補とされている小沢代表のぶれた言動を偏向マスコミは批判すらしないのはいつものことで、これが麻生総理であったならば、凄まじい批判を加えていたことであろう。

 また小沢代表が「おれはまったく米国のことは信用していない。日本の国益を守るために言うべきことは言わないといけない」と語ったとされているが、だから「会ってもいいと思っている」と、なにやら人を見下したようなことを言ったのであろうが、米国とは安保条約を結んでいる同盟国であり、にも関わらず「信用していない」とまで言ってしまったとなれば次期総理候補として極めて不適切であり、腹の中ではそのように思うのは勝手だが、敢えて口に出してまで言うことではない。

 外国の要人と会談するのであれば「日本の国益を守るために言うべきことは言わないといけない」と小沢代表は考えているようだが、支那に行って胡錦濤国家主席と会談した際に東シナ海ガス田問題やチベット問題で言うべきことは言っていないようであり、米国は信用出来ないが、支那は信用出来ると言う訳であろう。

 残念なことだが憲法第九条や国民の国防に対する意識から、日本の安全保障は米国の協力が不可欠であり、にも関わらず、民主党は政権交代を訴えるだけで外交・安全保障政策に関して、基本方針すら示しておらず、これでは米国として小沢代表と会談してその考えを聞きたいのは当然である。

 米国が小沢民主党政権は日米同盟に影響する反米政権と捉え、日本国民はそれを選択したとなれば「日本の反米は本物」として、米国の対日戦略が大きく変化し、米国の後ろ盾がなくなった日本は安全保障の面で重大な危機を迎えることになるだろう。
(2009/02/13)

コメント (4)

日本が建国した日を素直に祝えないとは

2009年02月11日 23時25分39秒 | 売国奴・反日日本人

   2月11日の建国記念の日には朝7時に国旗を玄関前に掲げたが、今年の元旦から新調した国旗に換えているので、風に吹かれてはためく国旗を見ていると何とも気分がさわやかになってくる。まもなく6歳になる初孫はまだ国旗には関心を示さないが、祝日になると私が必ず掲げているのを見ていて、そのうちに「何の旗?」と聞いてくるであろうが、その時は、世界には多いの国があることや、いずれの国にも国旗あって、それを汚したりすることはいけないと教えるつもりである。

 近所では祝日に国旗を掲げているのは我が家の他にもう一軒あるが、午後になって近所を1時間ほど散歩した際に確認したところ、国旗を掲げている家は一軒しかなかった。祝日に国旗を掲げる義務のようなものはないが、日本人は国があってこそ自分がいるのだとの意識をもっと持つべきであり、そのためには国の象徴になっている国旗を大事にすべきではなかろうか。

 建国記念の日はいくつかある祝日の一つだが、祝日にしない方が良いと思っている連中もいるようで、建国記念の日に反対する集会が毎年のように行われているが、反対していながら仕事を休み、他の祝日と同じような過ごし方をしている者もいるだろうし、また反対するためにわざわざ集会を開いている者もいる訳で、建国記念の日を素直に祝えないとする連中の頭の構造はどうなっているのか知りたいものである。

 かっては紀元節と呼ばれていた建国記念の日だが、反対していなければ日本はまた戦争でも始めるとでも思っているようで、 防衛費がGNP(国民総生産)の1%を越えたから戦争が始まるとか、有事法制が出来た時も同じような事を言っていたが、反対する連中の被害妄想であり、軍靴の足音さえも幻聴のように聞こえてくるそうで、ともかく、日本が建国した日を素直に祝えないと言うのだから余程日本が嫌いな連中なのであろう。

 建国記念の日を祝うことで戦前回帰になっていれば、もう何回か建国記念の日があったのだから、既に戦争が始まっていなければならないが、そのような気配さえなく、だいたい戦争の時代より遙か前のことで、まして戦争には何ら関係がない建国を祝うことがなぜいけないのか。憲法改正に関しても同様だが、戦争に繋がるとして反対するしかないのは他にこじつける理由らしいものがないからであり、日本が嫌いな連中なのに、その嫌いな国の憲法だけは死守しようとしているのだから、何だが良く分からない。
(2009/02/11)

コメント (7)

「何でも選挙」「ともかく選挙」の民主党

2009年02月09日 18時22分38秒 | 民主党関連

海賊対策の前に選挙を=民主・政調会長

  民主党の直嶋正行政調会長は8日のNHKの番組で、ソマリア沖での海賊対策について「今の麻生内閣の支持率から見ても、選挙をまず先にやって、新しい政権の下で実行すべきではないか」と述べ、早期に衆院選を実施し、国民の信任を得た新政権が行うべきだと強調した。(了)
時事通信(2009/02/08-11:30)

(引用終了)


   政府は、ソマリア沖の海賊対策のために、海上警備行動を発令して海上自衛隊の護衛艦2隻を派遣する方針を固め、またP3C哨戒機の派遣も検討しているとのことで、3月中の活動開始を目指し、防衛省の調査団も出発したとのことであり、調査団はジブチなど周辺国の港湾や空港設備を視察するほか、各国の海賊対策の状況を調べ、帰国後、運用要領をまとめるようである。

 海自派遣に向けて準備が進んでいるのに、未だに民主党の態度はふらついており、ソマリア沖では日本船も海賊の被害にあっているからして、国民の生活を守るために政府に早急は海賊対策を迫るべきだが、にも関わらず「国民の生活が第一」と言っておきながら、海賊の定義を議論している段階だと言うのだから話にならない。

 民主党の直嶋正行政調会長は8日のNHKの番組内で、ソマリア沖での海賊対策について「今の麻生内閣の支持率から見ても、選挙をまず先にやって、新しい政権の下で実行すべきではないか」と述べたとのことであり、まさに「何でも選挙」「ともかく選挙」などと考えているようで、民主党は選挙の後でなければ何もしたくないのであろう。

 次期衆院選で政権交代が行われるかどうか不明だが、仮にそのようになったとしても海賊対策は継続すべきであり、中断するようなことはあってはならないからして、もし民主党政権となった場合にも、海賊対策のために海自派遣は継続することを今から明らかにしておくべきだが、なぜか政権交代を叫ぶだけで政権公約すら国民の前に示さないのでは、民主党政権でも良いのかどうか判断することすら出来ない。

 多くの国民は海賊対策は必要と思っており、今回の政府の海自派遣を支持しているであろうが、であるから、民主党としては、国民から支持を得られそうなことは政権交代を果たした後に実行したいと思っているかも知れない。

 海賊対策は選挙があろうがなかろうが、早急に対応すべき問題であり、「国民の生活が第一」ならば、与野党問わず協力すべきであり、そもそも海賊対策を政府に最初に迫ったのは民主党議員であったような気がするが、政府が海自派遣を決めた途端に、「それは選挙の後で」となった訳で、これでは政府が検討中の海賊対策の新法案で焦点となる武器使用要件について民主党は賛成することはなく、「それも選挙の後で」となるかも知れない。
(2009/02/09)

コメント (6)