私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

拉致問題が解決しても北朝鮮に援助する必要はない

2008年06月29日 23時07分49秒 | 北朝鮮関連

六カ国協議に日本だけ取り残される?いいだろう。拉致問題解決なしにビタ一文出す必要などない

 北朝鮮を「テロ支援国家」と指定していた米国が心変わりしたことで、拉致被害者家族会はがっくり肩を落としている。政権が対北強硬派の安倍前首相から融和派の福田首相に代わって以後、頼みの綱は米国だけとなっていただけになおさらだろう

 ▼家族会の心中を慮ってかブッシュ大統領もライス国務長官も、指定解除は拉致問題の先送りを意味しない、解決に向けて努力していくといった発言をしている が、これはリップサービスに終わるだろう。名を捨てて実を取った北が自国に不利な拉致問題で日本に譲歩するわけなどないからだ

 ▼こういう展開は十分に予想されていたのに、福田首相は対北経済制裁の一部を解除し、さらにテロ支援国家指定解除が濃厚になると「核問題解決のためには望ましいことではないが歓迎すべきこと」と容認発言をしていた。つまり米国の軟化に理解を示すメッセージを送っていた

 ▼こうなったら対応はただ一つ。自力解決あるのみ。与野党問わず心ある議員たちが一致して立ち上がり、断固経済援助協力などを拒絶することである。六カ国 協議に日本だけ取り残される?いいだろう。拉致問題解決なしにびた一文出す必要などない。困るのは残る五カ国の方なのである

 ▼交渉ごとは相手の弱みにつけ込むことだろう。その点、北にとって日米とも与しやすい相手であることを証明してきた。だが、ここで一転日本が変わる。そう、主権国家としての気概を行動で示すことである。
(2008/06/28 東海新報・世迷言から)

(引用終了)


 北朝鮮によって拉致誘拐された日本人被害者のうち、数人について は帰国を果たすことが出来たが、ほとんどの方は生死不明のまま未だに北朝鮮に捕らわれたままであり、これは日本の主権が侵害されていることに他ならない。 世界の常識から言えば軍事行動をしてまで日本人被害者を奪還すべき事案であるが、憲法第九条が足かせとなってそのような選択肢がとれない訳であり、日米安 保はそのような日本に代わって米国が軍事行動をするものであった筈だが、拉致を主権侵害とせず、人権問題としたため日米安保が発動されず、また米国は北朝 鮮へのテロ支援国家指定を解除したことから、今後、拉致問題で米国が動くことを期待するのは無理かも知れない。

 北京で何度も開催されている六カ国協議だが、これは北朝鮮の核開発を如何にして中止させるのかが主な議題となっており、日本としては協議に参加している米 国や支那などの他国とは異なり拉致問題を抱えており、その解決に向けての協議が含まれるのは当然なことだが、北朝鮮は解決済みを繰り返すばかりで日本を協 議から外そうとしており、このまま六カ国協議に日本が参加を継続したとしても、拉致問題は解決しないまま北朝鮮への経済援助に日本の莫大な税金が投入され ることになるだけであって、また北朝鮮の核保有が容認され、日本がその脅威に晒されると言う最悪の結果になる恐れがある。

 であるから、もう六カ国協議から離脱し、日本単独での拉致被害者の奪還に取り組み、また国の安全保障を考えるべきであって、日本と日本人を守るのは日本で あり、同盟国である米国でさえ、北朝鮮へのテロ支援国家指定を解除してしまうのだから、北朝鮮の核の脅威に対して米国の核の傘でさえ危ういと言わざるを得 ない。であるから、日本独自の核抑止力を維持しないと、北朝鮮による核による恫喝に屈することになるであろう。

 拉致問題が解決していないにも関わらず、北朝鮮との国交回復や経済援助の話が出ているのは信じられないことであり、国交を回復すれば拉致問題も解決するの ではないかとの淡い期待を持っている連中もいるようだが、今まで北朝鮮に何度も騙されて来たことを学習していないのかと言いたくなる。

 そもそも拉致問題の解決とは何かと言えば、生存している拉致被害者がいれば帰国させることは当然なことであり、もし死亡しているとなれば、その死亡の原 因、遺骨の返還を要求すべきであり、拉致とは誘拐であって、それが北朝鮮による国家犯罪であるからして、解決には北朝鮮が国家として日本に謝罪し、賠償す べきで、また拉致の実行犯と首謀者の引き渡しを含むのは当然であり、金正日が「拉致は一部の盲動的英雄主義者が行ったようだ。すでにその者達は処分した」 と言ったとしても信用出来る訳はないし、それで終わる話でもない。

 6月28日付けの東海新報のコラム世迷言に、「六カ国協議に日本だけ取り残される?いいだろう。拉致問題解決なしにビタ一文出す必要などない」との趣旨の 記事が掲載されているが、要するに拉致問題が解決しない限り、経済援助も制裁の解除もしないと言うもので、これこそ多くの国民の総意であろう。

 あの朝日新聞も驚くような偏向した多くの地方紙があるなかで正論を述べているのがこの東海新報だが、「拉致問題が解決したとしても、ビタ一文出す必要など ない」と言って欲しいものであり、拉致被害者の帰国が実現したとしても、それをもって拉致問題が解決したとは言えず、前述したように反対に金正日に対して 謝罪と賠償などを請求し、それが果たされた後である。

 日本は六カ国協議から離脱すべきであって、支那、韓国という特亜国につき合っているだけでも、多くの富が失われてきたことからして、それに北朝鮮が加わる ことになれば更に損失を増やすだけであり、協議に参加している各国の思惑は北朝鮮に対する経済援助を日本に任せたいとして、対北朝鮮経済制裁を継続中の日 本が協議から離脱することを恐れていると思われる。また拉致問題が解決したとしても北朝鮮に経済援助することはなく、そもそも日韓基本条約で韓国に対して 北朝鮮の分まで渡してある筈であり、であるから韓国が未だに保管しているであろうから、日本が六カ国協議に敢えて参加しなくとも韓国が保管してあるカネを 出せば良いだろう。

 ともかく、軍事行動によって拉致問題を解決するのでなければ六カ国協議から離脱し、対北朝鮮経済制裁を更に強化するしかなく、米国が北朝鮮をテロ支援国家 指定から解除したことは遺憾なことであり、とても歓迎出来ないが、いつまでも他国に頼ることなく、東海新報が書いているように「主権国家としての気概を行 動で示すことである。」が、日本のとるべき道であろう。
(2008/06/29)

コメント (12)

掲示板 2008年6月分過去ログ (16477~16509)

2008年06月28日 09時30分37秒 | 掲示板過去ログ2008年分

16509.日本を取り戻す     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:6月28日(土) 9時30分
 今回、米国のブッシュ大統領が朝鮮のパフォーマンスに応えてテロ支援国家指 定解除に踏み切った事に関して、日本の自立の必要性をひしひしと感じました、特に、福田首相に代表される「殊勿れ主義」は、彼の様に無能、無気力、無策が 服を着ているが如き政治家でも総理大臣が務まるという、日本の政治の空洞部を見せられた思いです。

 先ず、日本の国とは如何なる構造に拠って成立しているのか、表立つ部分は見えても、裏側は一切見えてこない、その範囲は正に群盲評像の域を出ようがない のですが、私達にはソレしか手段がないのも現実です。

 云えるのは、強烈な既得権破壊者だった安倍さんの後の総理は、無能と無気力が服を着た人でなければ困る人達がこの国の裏側に巣食って居ると言うことです ね。

 しかも、同じ派閥から出て居て、その実質的な領袖は、あのサメだと言うことはその集団の影響力の範囲を示していると云えないでしょうか、サメ自身には何 か企てる頭は無さそうですが、上のモノの云うことはよく聞きそうです、そう言えば福田も此奴も早稲田ですね、しかもサメは裏口組、因みに田中真紀子も早稲 田だった。

 人の上に立って人を支配するのを当然と思っている様に見える東大を始めとする、国立大学卒の官僚の本音は「民衆は愚昧」でしょう、最初から舐めてかかっ ているし、民衆の方も、政治は目先の功利に役だてばソレで良い位にしか思っていない。

 官僚出は中央に顔が利くとは、陳情する相手や申請や要請を行う先に対する顔ですから、裏情報まで手に入るし、実務・事務も当人が本職だったのだから、怠 業でクビになったのでない限り大丈夫でしょう。

 そう言うドライな関係が政治家と民衆bの間にあって、利益誘導型地方政治
が日本の伝統になったと云えましょう、しかし、彼等官僚出の中には、政治家として公に奉仕する場合に、自分の政治信条や理念が官僚のソレと一向に違わない モノになっている、所謂、「官僚でしかない」人も大勢居て、そう言う人は、唯々諾々と地方の有権者の請託に応えるしかないし、国益より地方の益を優先して いる事に、ナンの疑問も持てない、所謂、陣笠代議士なのです。

 処が、此処に異色の政治家が現れます、出身大学は私学で、官僚も経験していない、中には私企業にも勤めた経験もない、親父が代議士で、その秘書をやりな がら、政治の世界の空気を胸一杯吸って育って、親父の引退と共に、地盤・看板・カバンを引き継いで政治家となった連中です、二世、三世の政治家で、世襲政 治家とか揶揄されている人達です。

 現在の日本は、この人達によって掌握されていると言って良いでしょう、改革派でさえ、安倍・中川・麻生三氏を始めとして、石原、小泉、渡辺・・と枚挙に 暇がない、守旧派にもそう言う出自の人は大勢居ます、いわば、日本板の太子党政治なのでしょうか、逆に官僚出身の政治家は、専門集団として扱われており、 各省で大臣をやっているのは、嘗て能吏として名高かった人達です、残る私が売国派とする加藤・山崎、古賀・谷垣・野田(毅)・二階などは、所謂世襲性は薄 いでしょう、まぁ、河野親子のような、三代或いは四代に亘って
も売国しかできない、リベラルバカもいますが。

 我々は、保守とされる側でさえ、是だけの売国や足枷を背負っているのです、一体我々国民は何を基準に議員を選んできたのか、亦は、選ばなかった結果とは どの様な現実なのかを真剣に考え、そして、行動を起こさねば成らないと思います。

 一般に政治家は汚職をするモノ、金に汚い物と言う事が半ば常識の様に云われています、勿論私見ですが、こういう現実にした半分の責任はマスコミにあると 言って良いと思います、後の半分の責任を勿論政治家と民衆で分かつべきだと思う位、マスコミの作為報道の影響は大きいと思う。

 彼等の巧妙さはその内容ではない事だ、当たり障りのない言い方でも、繰り返し繰り返し、これでもかと言わんばかりに放送すれば、頭の中に政治や政治家へ の嫌悪が刷り込まれる、特にTVは視覚も手伝うから、印象操作以外の何物でもない。

 日本を変えたいのなら、我々の真剣な反省は勿論ですが、先ずマスコミから偏向外国人や反日帰化人を排除する事が先決でしょう、当然、帰化基準も厳しくし て行くべきです、当人が過去に反日活動をして居れば、何故反日を止めたのかを問うべきだし、工作活動の為の帰化ではない事を示す一つとして、原籍復帰の可 能性を否定する内容の誓約書を提出させるべきです。


16508.RE人権法案・参政権法     
名前:やっチャン    日付:6月27日(金) 9時48分
人権法については「差別された」と言えば「差別」と認定されるのでしょう。そ の人が「差別だ」と感じれば・・・。
参政権法は外国籍の人でも付与する法である。例えばその人が属している国が反日強行国であった場合反日で勢力を日本が政治的にも受け入れたことになる。  朝鮮半島人は組織の綱領に「本国の方針に順じる事」
と有るそうです。ならその在日は本国の方針に逆らえない!!。
地方政治が大混乱し、日本では無くなるでしょうね!!。トホホ


16507.我々が直面している現実。     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:6月26日(木) 21時39分
 先ず、人権擁護法案の執拗な提出は、解放同盟が自分達の利益享受の根拠に なっていた法律の期限が切れて法的な根拠を喪ったから、その代わりとするに、恒久的な効力を維持できる法案を通す必要があるからだと云う話を聴いた事が有 ります、もし、そうなら、今回は提出見送りでも、毎回出てくるでしょうね、此方も恒久的な監視が必要です。

 永住外国人に対する地方参政権の賦与に関する法案は、上記の人権擁護法案と密接な関係にあると言えましょう、先ず、法案が通って差別を固定すれば、在日 居留の人を「朝鮮人」と呼んだだけで逮捕されますし、罰金も科せられる可能性が有ります、差別かそうでないかは、「差別されている」とされている側の気分 次第で決まりますし、殊に拠れば、当事者同士には関係なく2万人にも及ぶ、構成者の国籍不明の委員会が「差別だ」と認定すれば、当事者間の認定の有無に関 わりなく逮捕されます。

 これは、明らかに人権を侵害しています、人権擁護法案が成立すれば、人権を侵害するのが明らかなのです。

 もし、人権擁護法案を通すのなら、先ず、日本にいる差別の対象となる既成の被差別者をゼロにしてからでないとイケマセン、つまり、永住権を持つ韓国・朝 鮮人の全て、部落差別の被害者、特に同和利権に胡座をかいている被差別に対する撫養政策をメシの種にしていると見做される人々を全員、国外排除してからに して欲しい、ソウでなければ、少数で特定の人達に対する立法と言うことになって、擁護法案の立法化そのものが残る大多数に対する差別を合法化する事になる でしょう。

 こういう馬鹿げた立法運動は他の国で起こった試しがない様です、それだけ日本では、隣国勢力の静かな侵略が進行していると言う証拠でしょう、此処から日 本人は覚醒して、日本を立て直さねばならないワケです。


16506.闇の法律<人権法・外国人参政権法>     
名前:やっチャン    日付:6月26日(木) 20時33分
人権法案・永住外国人地方参政権法(何れも仮称)
に付いての皆様のご意見をお問いしたいです。
自分はこの二法は亡国法案だと認識して居ますです。理由その他はおいおいカキコしたいと思いますが先ず皆様のご意見をお聞きしたいのです。宜しくお願致し ます。


16505.上に立つモノと策を練るモノの資質の違い     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:6月26日(木) 16時35分
>やっチャンさんへ
 26日の「宮崎正弘の世界ニュース速読み」の中に、
 昔、陸軍省の将校で、米軍の上陸する日と場所を次々と予言した人が居たが、大本営は取り合わなかった、しかし、この予言は悉く当たりました、終戦後、 GHQがこの事実に関心を持って、本人を呼んで問い質した処、「上陸する半年前に、缶詰の価格が暴騰する」事が時期策定の根拠だったとの事、物事を冷静に 見つめる事ができる人を重用できなかった、亦は、並び立たない構造だったのでしょうね。

其れに倣ったわけでは無いだろうが、あの西村慎吾議員が、覚醒剤の元売り価格が、日本が対朝鮮制裁を始めた頃の葯10倍になった事から、万景峰号に拠る大 量麻薬密輸の可能性や、朝鮮国内の窮乏情況を指摘しています。

是非ご一読を


16504.RE:ナポレオンさんへ     
名前:やっチャン    日付:6月26日(木) 13時24分
大変的を得たご意見ありがとう御座いました。確かに山拓は以前より北朝鮮には 熱心でしたね~。そう言う事もうなずけます。要するに売国利権議員なんですね。でも、日本政治家はそのような輩が多数を占めて居るのでしょう目。これでは 日本が本当の意味での独立国家にはなれない
と言うことです。トホホ!!。


16503.日朝国交正常化? 朝鮮は未だ戦争当時国じゃないの?     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:6月26日(木) 9時51分
 日朝国交正常化を尻押ししているのは、米国だけではなく、日本の建設業界の 中にも必ず居ます、山拓などは其の先棒の担ぎ手に過ぎません、此奴を声高に非難できるのは、拉致問題解決に心血を注ぐ事に政治活動を制限されたと思しき安 倍さん位なモノで、他の議員は金を貰っているから云えないのでしょうね、キット。

 43年の韓国に対する「復興援助金」で巨大な建設利権が生じましたが、建設会社の指名で、仲立ちをする政治家が儲かる仕組みを関係者は学習し、「援助詐 欺」と名付けたい位の受益構造を確立したのだと思います。

 当時の韓国の国家予算の5年分と言う大枚の復興援助金でしたが、その使途は予め決められていました、殆どを、地下鉄、高速道路、港湾施設と言ったインフ ラ建設など建設土木工事が占めていたのは、勿論、日本側から資金供出を引き出した当人である朴大統領の要求に沿ったモノだったでしょう。

 しかし、金は出来ても韓国側にこの大事業をこなせる経験や技術を持った肝心の建設業者が居なかった、そこで、日本の建設業者から選定する事になったワケ だが、是は、日本の建設業界にとって、降って湧いたような大仕事であり、選定段階では、日本の建設会社各社が落札に血眼になったのは、想像に難くない。

 当然、建設族議員は尻を嫌と云うほど叩かれたでしょうし、結果、金の出入りを差配する省庁に迄不透明な部分が生じたとしてもオカシク無い、そこを非難し 有ったり、密告・暴露合戦をやったところで一文の特にも成らない、そこで、報道を含めた枠である種のルール・協定が成立したと云うことではないか、その差 配を行うのが、結局の処、田中角栄だったと。

 「援助は、事業の開拓である」事に皆が気付いたワケです、国内の建設業だけでは、やがて潰しあいにしか成らないのに、戦時賠償と云う大義名分を掲げれば 大仕事が海外に唸るほど発生する、元はと言えば、日本が出した金ですから、些かも恥じ入ることはないし、外国企業との競争も事前に排除が可能なワケです。

 この絵を書いたのは、シベリヤから帰国したばかりの故瀬島龍三さんではなかったか、その後の東南アジア向けの賠償や援助に関して彼が暗躍して居たと聞き ます、それで、齢40近くになっての入社(伊藤忠商事)なのに、トントン拍子に出世して、社長、会長、そして経団連の会長まで務められました、嘗て、上司 に当たる服部卓四郎氏と組んで大本営の中核を形成し、戦争を仕切った当事者ですから、権謀術数に懸けては、右に出るモノは居なかったでしょうから、当然と 言えば当然なのかも知れません。

 戦時賠償事業も一巡して、海外の旨味のある仕事も減って、青息吐息の日本の建設業界にとって「50年は遅れている」朝鮮は、大義名分さえ立てば、「夢よ モゥ一度」の大事業が始まる可能性があるわけです、それで「日朝国交正常化」等と、同盟国韓国が戦争を継続中の筈の当事国と国交を結べる道理もないのです が、自分の単なる願望を平気で公的な看板に使える無神経さを顕わにしている議員こそ、朝鮮への賠償金で一儲けしようと、企んでいる国賊だと思わねば成りま せん。

 それにしても目先の金を一番欲しがっているのは、矢っ張り、政治家なんですね、情けない。


16502.福田政権 考 №2     
名前:やっチャン    日付:6月26日(木) 8時38分
北朝鮮に提出せよと言うのは「核を放棄する」と言うことは一行も書いてないの です。「核開発」の計画書」みたいなものでしょう。
《詳細は出てみないと分からないが》


16501.福田内閣 考     
名前:やっチャン    日付:6月26日(木) 8時32分
福田首相殿、貴方は外交の有効カードを容易く放棄するのですか??。北朝鮮テ ロ支援
国家指定解除に付いて早々と容認する愚行を犯しましたね!!。何たる事か!!米国は
今や北朝鮮の核保有問題は片隅に置いている事に気が付かないのですか?米国は正常化
を急いでいるのですよ。最終的には北朝鮮の核保有を認めさせられるでしょう条件付け
てね!!。日本としては、あくまでもテロ支援国家指定に反対し続けるのが「外交カー
ド」でしょう。それを事もあろうに早々と容認する。「しかたないでしょう!!」と投
げやりに記者に言う。何と浅はかな首相でしょうか。日本の舵取りは任せていけません
ねそんな考えしかないのなら・・。(それとも、あ!!と言う秘策があるのかな?有っ
て欲しいね」
あくまでも反対する姿勢を貫けば米国も一目置くでしょうに!。これでは何時まで経っても米ければならないでしょうに。
戦後、蜃気楼内閣の上を行く最低首相である。
米国の北朝鮮テロ支援国家解除の件で安易に容認すろと発言。有効な外交カードを簡単に放棄した。米国は今あせっているのです。北朝鮮問題を早く終わりにし たいのです。核も今後開発はしない8透明化)を条件で核保有国として容認するだろう。北の核保有で困るのは日本だけである事を認識すべきでしょう。日本 は、あくまでテロ支援国解除を反対を貫けばいいのです。
容認する事により拉致問題進展無くして資金支援をする事になるでしょう。
この様な愚鈍な首相を頂いた日本国民は不幸で


16500.へ~~~!     
名前:やっチャン    日付:6月25日(水) 14時2分
毎日新聞が言論弾圧!!これだけでニュースになります。
彼らマスコミは国がやり過ぎを指導すると「言論弾圧だ」の大合唱するのに己がしている事は総て正義「●○よりベンはは強し」でいいのかな~??。こんな事 だから「マスコミ亡国論」何て出てくるのが!!。


16499.にゅーすっ     
名前:ころっけ    日付:6月25日(水) 13時39分
毎日の件ですが
「被害者」の少女マンガ作者が問い合わせると「処置を取るがブログに書くな」と言論弾圧されたそうです
 言論弾圧、マスコミのすることじゃないですね
http://itainewssokuhou.seesaa.net/article/101495716.html


あと、最近日本の国家のリマスター版なるものが人気らしいです
http://www.nicovideo.jp/watch/sm345104
 個人的になかなかに( ・∀・)イイ!! 


16498.毎日変態記事     
名前:やっチャン    日付:6月25日(水) 12時57分
まったく論外です。事もあろうに、日本国籍の大新聞がいくら海外向けと言って もですね。嫌、海外向けだからこそ問題有るのです。日本が嫌いな記者様が書いたのでしようけど(そうしておきましょう)毎日は訂正記事を書くべきでしょ う。それが出来ないのなら「日本破壊分子」のレッテルを貼るしかないですね!!。竹橋本社に貼るしかね~。


16497.同感     
名前:やっチャン    日付:6月25日(水) 12時47分
全く同感です。よ、ころっけ殿。共産主義同盟さんには悪いが日本では共産主義 は根付かないと思うよ。何故なら、何だかんだ言っても世界中見回しても日本ほど格差の少ない国は無いし・・・。


16496.どーてもいいこと・・・・     
名前:ころっけ    日付:6月25日(水) 11時41分
革命的共産主義者同盟か。。。
 問題提起&排除はは正直簡単・・馬鹿にでもできる
 だが、大切なのは問題解決

 例
 『自動車があるから交通事故はおきる
  問題提起・排除型  → 自動車を廃止しよう
  問題解決型  → では交通事故がおきないよう、こうゆう法案を通そう

  問題があるから、じゃそれを取り除こうという安直な考えは議論する価値すらない


16495.対北朝鮮外交 考     
名前:やっチャン    日付:6月25日(水) 11時10分
米国がテロ支援国家指定解除は規制の事実でしょう・国益自国の都合でする国。 福田も容認せざるを得ないでしょう。
そこで、問題となるのは米国は核保有国として認める可能性が有るのです。日本は核の危険にさらせれます。日本も核保有の是非を議論すべきです。


16494.資本家の意識革命を!!。     
名前:革命的資本主義推進同盟    日付:6月25日(水) 9時24分
共産主義??何だこれは?掲示板が違うのではないですか?今や世界的に共産主 義は崩壊の一歩手前!。一世紀前の理論では同調者は居ないでしょうね!。あの中国に於いても一部地域の限定では有るが市場資本主義を導入しているでしょ う。共産主義者同盟のパワーは認めますが日本では受け入れられないでしょう。せいぜいコップの中でエネルギーを発散して下さい。この日本国は世界的に見て 一般民衆も豊ですよ!。
負け組・勝ち組は一部マスコミの造語。それに踊らされて自分は負け組と錯覚しているにすぎない。
掲示板を間違えないでその手の掲示板に移動して下さいね。同調者も居ることでしょう。


16493.アキバ事件に思うⅡ     
名前:革命的共産主義者同盟    日付:6月25日(水) 8時48分
全国の労働者、とりわけ青年労働者の仲間に心から呼びかける。今こそ、労働者 を虫けらのように扱い、労働者の生き血をしぼり取って生きのびようとする資本家階級とその帝国主義政府に対して、正義の階級戦争に総決起しようではない か、と。サミット決戦をその突破口にしよう。
 働く仲間たちよ。競争と分断をうち破って、仲間と団結しよう。監獄大学をぶち破る法政大の学生のように闘おう。不当起訴された15人と団結し革命をやろ う。
 労働者こそ社会の主人公だ。労働者が働くことをやめてしまえば、資本家は搾取ができなくなり、力を奪われ、彼らの世界支配はたちまちひっくり返ってしま うのだ。今、われわれに必要なことは、そうした労働者階級のもつ真の底力をはっきりと自覚し、団結し、資本家階級を打倒するために立ち上がることだ。
 労働者にとって団結ほど大切なものはない。団結することは、奪われた共同性を奪還することだ。そして、団結こそ資本家階級に勝利する最強の武器だ。労働 者階級は数世紀の間、どんなに弾圧されようとも団結を求めて闘ってきた。労働者階級こそ資本主義社会を変革し、階級のない社会をつくりだすことができる唯 一の革命的階級なのだ。今、それをなし遂げる時が来ている。


16492.アキバ事件思う     
名前:革命的共産主義者同盟    日付:6月25日(水) 8時46分
秋葉原事件で25歳の派遣労働者の青年を絶望的な行動に走らせたものは何か?  それは、労働者を人間扱いせずバラバラに分断して搾取するこの社会と資本への煮えたぎる怒り、屈辱感、孤立感、絶望感だ。人間としてのプライドをずたず たに引き裂き、取り替え自由のモノ、部品としてぞんざいに扱い、搾取し尽くし、どんなに働いても苦しさから逃れられず、資本家だけがますます豊かになって いく資本主義社会――“こんな社会なんか滅んでしまえ!”という強烈な復讐心だ。
 それは、けっして特別なものではなく、いま希望や未来を奪われている多くの若者たちに共通する怒り、憎しみだ。
 「ふざけるな! いい加減にしろ! 俺たちは人間だ!」。青年労働者の怒りは今や堤防決壊的に爆発し始めている。


16491.いろいろres     
名前:ころっけ    日付:6月25日(水) 2時48分
いろいろレス有り難うございます
もう少し細かく説明しますと

よく世間で『負け組』といわれ、本人もそのように感じてるのは

まず、低収入で、自分は世間の敗北者なんて思い込んでる方のことです。
 そのような人は、まず第一に『よい企業に就職』それだけを感じ、それが不可能な時点で諦めていると思います。

だが本来の『負け組』はそこで諦めているヤカラだと思います。
その点『やっチャン』氏と同意見です。

よい場所に就職できない、なら自分で会社を興せばいいと思うのですよ。
 たしかに資金がないという人もいますが、なら小説家でも漫画家でもいいと思うのですよ
 自分両方とも10作以上つくり応募しましたよw
ついでにドラマ脚本とか、とにかく元でのからない事探してとりあえず全部チャレンジしてみました

自分は広義の意味でいいたかったのは
勝ち組とは「諦めず常に上昇志向にある者」
負け組とは「上を諦め、努力することを諦めた者」といいたかったのです
誤解させて申し訳ありません


16490.毎日新聞が変体英文記事を世界に発信     
名前:BWR    日付:6月24日(火) 23時53分
http://www.excite.co.jp/News/it/20080624075721/JCast_22306.html

この件の投票お願いします。


16489.負け組・勝ち組 考     
名前:やっチャン    日付:6月24日(火) 20時43分
たかし様 確かにその通りだと自分は思います。小泉改革後それを否定的に扱う マスコミ等の造語と心得ます。小泉改革は中途半端な改革で有るがゆえにひずみが拡大したものとおもいますが・・。徹底的に改革を行いそのひずみを是正すれ ば良い事です。
かく申す自分も学歴は中卒ですがサラリーマンをしています。有る程度の地位にいますので負け組とは思いません。要はその人の意識の持ち方でしょうね。脱サ ラと一概に言いますがこれは勤め人より苦難が多いでしょう自分の思うようには行きませんよ!!。


16488.RE:ころっけさん     
名前:たかし    日付:6月24日(火) 20時7分
 勝ち組、負け組って雰囲気で勝手に作った言葉で格差社会の代名詞みたいにし て使われているわけで、今、一部マスコミでは、収入の安定しない、将来性の暗い派遣社員を負け組として扱っているように思います。

 ころっけさんのように会社を作り、成功するのは一般に就職するよりも一段とハードルは高くなります。起業というのは、今、問題となっている勝ち組、負け 組とは趣旨を異にするのではないですか。

 自衛隊出身の有名な企業家もいましたが、持てはやされるだけ持てはやされたあげく罪人のようになって没落していきましたしたが、彼をマスコミが言う勝ち 組、負け組というだけでは判断できません。

 私は、世間が悪くて負け組になったと言う奴らは、努力も我慢もせず自らの欲求が満たされないことを世間の責任にしているだけで、本当は選択肢などいくら でもあるという事を申し上げたかったのです。


16487.負け組?勝ち組?     
名前:やっチャン    日付:6月24日(火) 19時58分
この世の中負け組・勝ち組と言う方は居ないと思うのですが・・。
負け組と思えばその時点で心が負けています。勝ち組と思えば心の豊さが失われて居ると思うのですが・・。


16486.勝ち組、負け組み     
名前:ころっけ    日付:6月24日(火) 19時26分
自分適には、『就職』と選択枝を選んだ時点で
大きな意味での『負け組』と思います

 自分は、上司があまりにも馬鹿なので自分で独立し、開業してます
就職難なら自分で会社つくりゃーいいじゃん

 ・・と思うんですけどね

 大抵、大きな自叙伝のでる企業家『松下幸之助』等は 自分で開業して会社を興したんです。本田宗一郎もそーでしょw
 所詮。就職しか選択肢のないと考えた時点で敗北はきまってるんですよ


16485.大阪府職員の自衛隊研修賛成     
名前:勝手に橋元応援団    日付:6月24日(火) 9時20分
自衛隊にて研修する事に大賛成です。心・体・精神を鍛え直す執拗あります。私 も一企業から研修参加した経験から言うのです。人間厳しく規律ある訓練をすることで考え方もかわります。府民の為にどうするべきか自ずから答えが出てくる でしょう。研修終了した感激は「やりとげた!!」と言う感激大いに泣きましたよ!!。


16484.勝ち組、負け組み     
名前:たかし    日付:6月24日(火) 7時3分
秋葉原での悲惨な事件から2週間、連日殺人予告などで逮捕されている。
マスコミは、この事件を単純に「勝ち組、負け組み」などという価値観の原因にしようとし、それが思慮の足りない若者を煽る結果となっているのではないか。

学歴が無く将来性の無い職業にしかつけないなどということはない。

どうぞ、自衛隊に入隊していただきたい。学歴など不問。やる気さえあれば、特別食国家公務員として立派な人生が送れることを約束します。

但し、規律厳しく自由が制限される覚悟はしっかりとお持ちください。


16483.核武装と憲法改正考     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:6月23日(月) 22時33分
>最先端通常兵器を装備しようがせいぜい局地的戦闘に有効であって近代戦には 糞の役にも立ちません。
 最先端の通常兵器って、非核兵器と言うことですか? 核兵器を上回る通常兵器って、モゥ有るんじゃないかと思います、例えば高出力レーザー砲とかなら、 SFの世界でなく実際に音速で飛ぶミサイルを撃ち落とせるダケの瞬間的な威力を発揮するレベルに達しているのは、カナリ前に発表されています、下手をすれ ば、複数のレーザー砲で狙えば、都市を一撃で蒸発させられる威力まで高まっているかもしれません。

 唯、核兵器の様に持っているだけで、相手に影響力を及ぼすモノは、朝鮮のように明らかに不完全でも敢えて公開されますが、現在の科学力では対抗力を発揮 出来ないレベルのモノになると、それ以上を目指されるのを嫌って、亦は、制御力の奪取を狙って戦略が別の展開に成るのを嫌い、敢えて公表しないと言う場合 も有るでしょう。

 とは言え、私も日本は核を保有するべきだと思います、何故なら、日本の周りは全て核装備を宣言した、或いはその疑いのある国ばかりですから、亦、実質日 本にいる米軍基地には、戦略核ではありませんが、持ち運び可能な戦術核は有るでしょう、つまり、現在でも持っているのと何等変わりはありません、唯、米軍 が日本の為にソレを遣うかは疑問です、戦術核だろうが戦略核だろうが、日本にとって必要なのは、外交の後ろ盾になる核なんです、日本が自由裁量で使える核 とソレを許す法律です。

 私は日本が核保有国にさえ成れれば、国連の常任理事国になるなんて絶対反対です、そも国連の本当の訳語は、戦勝国連合なんですから、敗戦国の日本がその 常任理事国になった時点で、国連は名前を変更しなくてはならないでしょう、Unted Nationsのnationは[戦勝国]と言う括りなんです、ソレが証拠に、中華民国やソ連が、中華人民共和国やロシア連邦に名前ばかりか、中味も換 わっているのに已然として常任理事国の地位にあるのはドゥ言う事なのでしょうか、戦前戦後を通じてこの世界を牛耳って居る勢力が確かに存在する一端を示し ては居ないでしょうか。

 貴方の仰る通り、このまま国連に居ても集られるだけですが、無条件とか単独で抜けると、世界の敵と見做され、戦前の様に孤立させられて、やがて填められ る事になるでしょう。

 かといって、常任理事国になる事は安保理のメンバーになることですから、内外共に認める軍隊を持たねばなりません、安保理で議決すれば海外派兵も行わね ばなりませんから、憲法九条は常任理事国になった時点で破棄と同じ事です、否、成るのなら破棄する事を条件にされるでしょう。

 其処までは望ましく思いますが、問題はあちこちで起こっている、米国の国益の保護を目的にした戦いの肩代わりをさせられるで有ろうと言うことです、それ なのに、武器輸出も開発も出来ないのは相変わらずで、バカ高い兵器を買い続けなければならないという事です、しかも、逆らえば、直ぐに敵視されるでしょ う、米国が一番警戒しているのは実は日本だったりします、嘗て戦った敵でベトナムを除けば最強だったのですから。

 私は、憲法改正とか、新憲法制定は、別の次元でやればよいと言う人の意見にも一理はあると思うようになりました、直ぐに脱米国は難しくとも、米国の影響 力を友好裡に弱め、その分自己負担を増やして行く事が今の日本には必要なんだと思います。


16482.16486  続     
名前:まことチャン    日付:6月21日(土) 21時9分
いくら、最先端通常兵器を装備しようがせいぜい局地的戦闘に有効であって近代 戦には
糞の役にも立ちません。抑止力とはなりえないのです。
そこで、日本の対応ですが、日本が将来に於いても日本で有り続ずけるには、日本も核保有国となる事も検討するべきです。
国連安保理事国は核」保有国で占められています。その意味するところを考えれば自ずとして核保有の議論も出てくるハズですが一部平和ボケ主義者の圧力で掻 き消されてしまいました。
こんな、状態では理事国はおろか主権国家として認められず、国際的影響力は無いでしょう。国連の大蔵省の地位に甘んじて何時までも敵国としか見られないで しょう。
日本人よ目覚めよ・日本政府よ目覚めよ!!!。


16481.アメリカの野望     
名前:まことチャン    日付:6月21日(土) 18時27分
米国は今あせっています。どうしても北朝鮮と関係修復をしなければならない事 情が有るのでしょう。先ず、テロ支援国家解除に進む為、譲歩に譲歩を重ねるでしょう。そして、最終的には今後の核開発の停止のみで妥協するでしょう。今、 有る核兵器は今後の話し合いになるでしょう。核保有国として認めざるを得ないでしょう。
そこで、日本の対応ですが、あくまで拉致問題解決なしで国交は無い!!と主張しつずけるべきでしょう。日本を除く5ケ国は資金が欲しいだけです。屁理屈を 付けて支援を迫ってくるでしょうが応じなければいいでしょう。
北朝鮮の核保有で一番困るのは日本でありアメリカ・中国・韓国ではありません。日本だけが危ないのです


16480.シナ海     
名前:でんす    日付:6月20日(金) 0時24分
http://shopworld.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_bed7.html


16479.南京の真実 上映試写会     
名前:ピカドン    日付:6月19日(木) 17時28分
地元の方、広島県近隣の方で、ご来場可能な方は是非お出かけを。

【広島県広島市】
日時 :
   平成 20年 6月 21日(土) 14時00分 開映
   ※ 監督・水島総の挨拶を予定しております。
場所 :
   広島西区民文化センター 大ホール
   広島県広島市西区横川新町6-1

今後の上映日程
http://www.nankinnoshinjitsu.com/blog/

我々の父祖や日本人が言われなき不名誉をかけられたままになっています。
軍律厳しい日本軍が虐殺など無かったとこの目で再度確かめたいと思います。


16478.台湾問題の悪化     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:6月17日(火) 6時59分
 台湾人民が民意で民進党でなく、国民党を選択したのですから、この事態は仕 方がないでしょう、国際的にも「一つの中国」を表明する立場にある国民党ですから「台湾問題は国内問題である」事を認めている事になります。

 つまり、国民党の救援声明を受けなければ、否、もしあっても、ドラスティックな軍事侵攻以外の手段で台湾がシナに呑み込まれるのなら、日米はそれを拱手 傍観するしかないのは判りきったことです、シナがやるのは、少々の軍事的行為があったとしても国内鎮撫でしかない。

 肝心の米国が、不干渉を決め込んでいる理由は、そう言うことでしょう。

 民進党は政権に胡座をかいて、目先の利益追求に汲々とし、国民の信頼を大きく裏切った過去の数々の自爆行為を一生の悔いをを以て、自らの十字架とすべき でしょう、彼等の再起は彼等の面子の刷新から始めなければならない。

 この問題は、元よりこの地域の海底ガス資源の存在が確定してからの事ですから、全ての問題黒幕に居るのは人民解放軍であることは明らかです、解放軍は政 治的に独立した制御系を持つ希有な軍隊です、外国による抑制はカナリ限定的だと看て良い、すると、もし挑発行為が事故によって、銃撃戦等交戦状態を惹き起 こしたなら、日本も米国も、戦争を覚悟する以外ドウしようもない事は端から明白です。

 そんな中で今回、台湾は、日本が国際的に後に引けない様な挑発行為を行い、結果、日本を苦況に立たせたのだから、管理責任者である馬政権には、戦略を 持っての事かと問いたい、それとも「一部の跳ね上がり」ですますつもりだろうか。

 私は馬英九を全く信用していない、出自から米国よりだとされているが、彼の言動から、中味は上海の汚職にまみれた共産党幹部と全く同じだと感じている。

 馬と国民党政権を支持したと言うことは、取りも直さず、台湾民衆が「台湾国民より、台湾省民になることを選択した」と言うことであり、その選択となる鍵 を握ったのは、内省人であり、原住民だろう。

 この事態を変えるには、再び選挙に勝てば良いのでは最早無く、軍事クーデターしかないのですが、そう言う事態すら予想出来なかった自分達の不明を呪うし かない。

 我々は、台湾がシナに呑み込まれるのを拱手傍観するしかないのだろうか。


16477.何の為の巡視船だったのか     
名前:ピカドン    日付:6月16日(月) 20時41分
台湾の遊漁船が、我が国領土の尖閣海域を侵犯し、排除しようとした我が国の巡 視船「こしき」に衝突、台湾の遊漁船は沈没したが、これは自業自得では無いのか?
第11管区海上保安部の那須秀雄本部長は「沈没させ、負傷させてしまったことは遺憾」と謝罪してしまったらしいが、相変わらず弱腰の姿勢にはがっかりを通 り越してもう諦めの境地。
これで今後台湾からも舐められる事になるだろう。何事も最初が肝心、またまた最悪の処理と対応をしてしまった。

台湾は、抗議船や巡視船を日本の領海内に送り、堂々と侵犯し我が国はそれを黙認。
腰抜けもここまで極めれば、お終いではないのか。
自国の領土・領海を護るのに自衛隊を派遣出来ないようでは、もう何とも言いようがない。
張り子の虎以下だ。
バカ政治家共は尖閣諸島を支那と台湾に差し出す事を黙認したに等しい。
これが、逆の立場でも我が国は頭を下げたんだろうな。

コメント

米国に逃げられ核武装を含む国を守る体制の確立を

2008年06月27日 23時33分31秒 | 政治

福田“全方位土下座外交”…北核申告を精査なしで歓迎

与党からも批判噴出

 福田康夫首相は26日、米政府が北朝鮮へのテロ支援国家指定を解除すると発表したことに対し、北の核計画申告を精査することなく歓迎する意向を明らかに した。領海をあいまいにしたまま中国と合意した東シナ海・ガス田問題に続き、相手の言い分をほぼ受け入れる“福田流土下座外交”に、拉致被害者家族だけで なく与野党議員からも批判が噴出している。

 「(日米が)緊密に連絡を取り合うことが非核化実現に必要だし、拉致問題も解決できる道が開ける。それ以外、ないじゃないですか」

 福田首相は同日夕、語気を強めて記者団にこう語ったが、逆に何もできない福田政権の弱さを印象づけてしまった。

 前日夜、首相はブッシュ米大統領と電話で協議し、北朝鮮問題について意見交換した。ブッシュ大統領は北への指定解除にあたり、「(日本人拉致問題を)決して忘れない。日本の懸念は十分理解している」と語った。

 あくまで、「理解している(understand)」であって、「同意する(agree)」ではなかった。政府・与党内にも指定解除を懸念する声は強いが、福田首相は拉致問題を前進させる担保を何も取らず、手続き開始を受け入れた。

 このため、拉致被害者、横田めぐみさん(失踪当時13)の母、早紀江さんは26日、「国民を助けることができない国とは一体何なのか。日本政府は裏切らないでほしい」と不信感をあらわにした。

 自民党首脳も「米国は勝手だ。クリントン政権の失敗を繰り返そうとしている」と批判し、同党の尾辻秀久参院議員会長は「米国に抗議すべき。米国産牛肉を全部輸入禁止にするくらいすべきだ」と語った。

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は「拉致問題が棚上げされるだけでなく、北の核の脅威が逆に増大する」と懸念を表明。超党派の拉致議連会長である平沼赳夫元経産相も「日米関係にヒビが入りかねない」と批判した。

 米国が指定解除に傾斜したのは、ブッシュ大統領の任期が残り半年しかない中で、核問題前進を「外交的成果」としたいことが大きいとされる。加えて、レア メタル(希少金属)の埋蔵など、潜在価値が約267兆円ともいわれる北の鉱物資源に世界各国が注目していることもありそうだ。

 日本にも、日朝国交正常化に前向きなグループがあるが、拉致被害者を見捨てて「百害あって利権あり」とならなければいいが。

ZAKZAK 2008/06/27

(引用終了)


 福田総理は就任後の会見で「在任中に拉致問題を解決したい」と述 べていたような気がするが、官房長官時代に拉致被害者の家族に対してとった態度からして口先だけだろうと思っていた。また、対北朝鮮制裁という圧力にも否 定的な考えがあり、その外交姿勢は対話の方を重視したいようで、先の日朝実務者協議で北朝鮮側と拉致問題の再調査で合意したことから、早速、万景峰号の入 港禁止措置を解除するようであり、再調査によって新しい事実が出て来るかどうか不明であるにも関わらず、順序が逆ではないかと言いたくなる。

 米政府は北朝鮮が26日に核計画を申告したことから、テロ支援国家指定を解除すると発表したことが報道されているが、日本国民にとって、これほど失望させ るものはなく、北朝鮮の非核化に向けての様々な施策を講じるのは当然だが、日本は絶対に解決しなければならない拉致問題を抱えているのであり、政府とし て、米政府がテロ支援国家指定を解除したことで、拉致問題の解決が遠のくことがないように日本独自の新たな制裁などを講じなければならない訳だが、福田総 理にそれを期待しても無理だと言えるだろう。

 圧力よりも対話を重視し「交渉がなければ(拉致問題は)、解決しないだろう」と福田総理は述べているが、であるから自民党の山崎拓氏が北朝鮮を訪問してい ることにも不快感を示すことなく、対話という交渉を継続すれば北朝鮮は拉致問題を解決してくれるものと思っている訳で、拉致の被害者である日本が加害者で ある北朝鮮に拉致問題を解決するようにお願いしているとは情けない話である。

 米政府が北朝鮮をテロ支援国家指定から解除したことは北が核兵器を保有しているから米国でさえ譲歩せざるを得ない訳で、もし北が核を保有していなければ とっくに叩き潰されていたことであろうが、このことは核を保有していなければまともな交渉など出来ないことを物語るものであると言えよう。

 世界で唯一の被爆国である日本は、世界で最も核武装する権利はあると言う方もいるが、なぜか、核武装に関して論議さえも許さない風潮があるのは由々しいことであり、また反日サヨクによる反核運動も日本の核武装を阻止するための特亜による謀略かも知れない。

 ともかく、日本国民を守ることは政府の責任であり、米国にとって日本の拉致問題など所詮他人事であって、その問題には理解は示すが、解決に向けて何をするかは日本が独自で決めることではないのかと考えているであろう。

 政府として最も頼りにしていた米国に逃げられてしまったのでは日本は自分で自分の国を守る体制を確立しなければならないであろうし、もし尖閣諸島に支那の 人民解放軍が侵攻してきたとしても、米国の支援を受けられるとの補償はこれでなくなったと言えるし、その際には日本単独で戦わざるを得ないだろう。核武装 していないことで、日本は北朝鮮にまで舐められているのであり、拉致問題の解決などを含んで自分の国は自分たちで守るため核武装を真剣に検討する時になっ たと言えよう。
(2008/06/27)

コメント

日本と支那の関係を象徴した「さざなみ」が支那訪問

2008年06月25日 22時57分08秒 | 支那関連

護衛艦「さざなみ」、地震「お見舞い」物資を中国海軍に渡す

  【湛江(中国広東省)=石間俊充】中国海軍南海艦隊司令部がある広東省湛江を訪れている、海上自衛隊の護衛艦「さざなみ」は25日午前、四川大地震の「お見舞い」物資を運び出し、中国海軍のトラックに積み込んだ。

 毛布300枚や非常用缶詰約2600食などが、被災地に届けられる。

 その後、海自隊員が中国海軍のミサイル駆逐艦「深セン」に、中国海軍の軍人約100人がさざなみにそれぞれ乗り込み、甲板上と艦橋を視察した。中国海軍 の軍人は甲板上ではカメラを取り出し、ミサイル発射装置の外観を撮影したり、記念撮影をしたりしていた。(センは土へんに「川」)

 視察後、中国海軍の男性上尉は「さざなみは高い戦闘能力を持っているが、最新鋭の艦艇ではないのではないか」と話していた。
(2008年6月25日14時29分 読売新聞)

(引用終了)


 支那は四川大地震の援助物資の受け入れを、空自の輸送機による方 法では断ったが、海自の護衛艦による方法では受け入れたようであり、24日、海自の護衛艦「さざなみ」(4650トン)が、支那の南海艦隊司令部がある広 東省湛江港に入港したそうだが、その際に毛布300枚や非常用缶詰約2600食などを「お見舞い」として支那側に引き渡したとのことである。

 昨年の11月28日、東京・晴海ふ頭に支那海軍のミサイル駆逐艦「深セン」(6000トン、乗組員350人)が入港しているが、これは日本と支那の防衛相 会談で艦艇と相互訪問を実施することが決まり、「深セン」はその第一陣となった訳で、そして今度の海自の番であった訳だが、これもスムーズに入港出来た訳 ではない。

 支那国内では反日世論があるため入港反対の声があるとのことで、今回は四川大地震の援助物資を受け入れるために支那共産党として反対論 を押し切ったかも知れないが、まして防衛交流としての艦艇と相互訪問なのだから、受け入れるのは、いつも日本だけと言う訳にはいかないのは当然である。

 支那海軍のミサイル駆逐艦「深セン」が、晴海ふ頭に入港した時には支那人留学生らが、支那の国旗である巨大な五星紅旗を振って歓迎していたが、海自の護衛 艦「さざなみ」の湛江港に寄港した際には、歓迎行事らしきものは行われたようだが、在留邦人が国旗・日の丸を振って歓迎することは出来たのであろうか。産 経新聞に同じ大きさの小さな日の丸と五星紅旗を手に持って振っている人々の写真が掲載されているが、さすが五星紅旗の方だけ大きいものにはしなかったよう だ。

 お見舞いとして贈られた四川大地震の援助物資が被災者の元に確実に届けられることなく、横流しされることであろうが、それは国家食糧備蓄庫を管理する者が組織ぐるみで備蓄食糧を横流ししてしまうような民度が低いと言うか、モラルがない国民であるからである。

 それにしても派遣したのは護衛艦「さざなみ」とは、日本と支那の関係を象徴したかのような艦名であり、派遣する艦艇を決めたのは防衛省か海自であろうが、敢えて「さざなみ」にしたとすれば、これは日本政府と支那への皮肉とも言えるだろう。

 護衛艦「さざなみ」には支那海軍の軍人約100人が乗り込み視察したそうだが、カメラを取り出しミサイル発射装置の外観を撮影していたとのことで、視察後 に「さざなみは高い戦闘能力を持っているが、最新鋭の艦艇ではないのではないか」と話したのは、支那海軍のミサイル駆逐艦「深セン」が入港した時に、イー ジス艦の見学が予定になっていたが、米国の反対で他の艦艇に変更になった経緯があり、支那の軍人として何とかしてイージス艦を見たいから、「(さざなみ は)最新鋭の艦艇ではない」と話したのであろうが、いくら防衛交流とは言え、まして支那であるからして最新鋭の艦艇を見せる必要はなく、それなりの艦艇で良いのである。
(2008/06/25)

写真:広東省湛江港に入港した護衛艦「さざなみ」(産経新聞)

コメント (2)

死刑執行は鳩山法相の生まれながらの性格に起因とは

2008年06月23日 23時13分23秒 | 偏向マスコミ

死刑執行、半年で13人!鳩山法相の際限なき危うさ

●2カ月に1度のペース

  「いったい、何を考えているんだ」――。17日の宮崎勤など3人の死刑執行で、就任から半年間で13人の執行にGOサインを出した鳩山邦夫法相に、こんな声が噴出している。

 鳩山は法相就任時に、「法相が署名しなくても自動的に死刑が執行できる方法はないか」と言い放ち、“ベルトコンベヤー発言”と批判された。が、そんな外 野の声は一切、意に介さない。実際、ほぼ2カ月に1回のスピード執行が続いている。本人は「慎重にも慎重な検討をした結果」と言っていたが、どう考えたっ て「慎重」には見えない。

 「1990 年代前半は、4人の法相で3年以上も死刑執行がなかった。当時の左藤恵法相が宗教的信念から署名しなかったことや、死刑反対論が強かったからです。そんな 時代が信じられないほどの変貌ぶり。しかも、07年までの10年間は死刑確定から執行まで約8年だったのが、今回の3人は2、3年に大幅に短縮されてい る。強権国家への流れができつつあるようで不気味です」(司法関係者)

 死刑ラッシュは、終身刑創設の動きが始まるなか、死刑存続にこだわる法務省の執念との見方もあるが、鳩山自身の生まれながらの性格にも起因するのではないか。

 明大講師の関修氏(心理学)はこう分析する。

 「チョ ウのコレクションが趣味の鳩山法相は、生命を尊重するという意識がやや希薄なのだと思います。整然と並んだチョウの標本を見てウットリする。整然としたも のが好きなのです。そんな法相にとって、確定した死刑を執行しないのは“ルール違反”。死刑執行で職務を全うし、ルールを守った自分を美しいと思っている のではないか」

 むろん、法務省の意向だとか、タカ派政治家としての“信念”もあるのだろうが、それだけではとても理解できない行動だけに、心理的な分析が妙に説得力をもって感じられる。

 現在、死刑確定者数はおよそ100人。鳩山が法相でいる間に、あと何人執行されるのか。

【ゲンダイネット 2008年6月18日掲載記事】

(引用終了)


 「ゲンダイネット」と言う、夕刊紙日刊ゲンダイをもとに作成、編 集されている情報提供サービスがあるそうだが、かなり偏向しているようであり、朝日新聞のように、ネットの世界でも批判のネタにされることが多いようであ る。そのゲンダイを買ったことは一度もないし、電車の網棚に置き忘れてあったのを読んだことがあるが、一度読んだだけで朝日と同じように、カネを出してま で読むような新聞ではないとの印象を持っている。

 その 「ゲンダイネット」が、18日に 「死刑執行、半年で13人!鳩山法相の際限なき危うさ」との記事を掲載しているが、要するに2カ月に1度のペースで鳩山法相が死刑執行命令書に署名してい ることに対して「いったい、何を考えているんだ」との声が噴出していると言う訳だが、死刑制度に反対している連中であれば、そのようなことを言っても何ら 不思議ではない。

 噴出していると言いながら、死刑制度に賛成している方が多いのだから、そのような声も紹介すべきだが、それは無視されており、「いったい、何を考えている んだ」と誰が言っているのかも分からないようなコメントを紹介するだけで、鳩山法相が「慎重にも慎重な検討をした結果」と言っていることに「どう考えたっ て『慎重』には見えない。」と書いている。

 ゲンダイは、「死刑執行には慎重さが求められる」と言いたいのであろうが、ならば、死刑判決の確定後、6カ月以内の執行が刑事訴訟法で決められているが、 その6カ月を過ぎ、2年も3年も経過しているのに執行されないことを異常とは思わず、それでも「慎重さが求められる」のであれば、いつになったら執行をし ても良いのか知りたいものだが、それとも、慎重のままで、法相は執行命令書に署名するなと言いたいのか。

 法相に就任しても、宗教的信念から署名しなかった方も過去にはいたようだが、それこそ職務怠慢であり、マスコミは国民のために仕事をしない政治家を良く批判するが、なぜか署名しない法相を批判することはなかった。

 また「強権国家への流れができつつあるようで不気味です」との司法関係者のコメントが紹介されているが、いやしくも司法関係者であるならば、死刑確定から 執行までが2、3年に大幅に短縮されたとしても、それでも刑事訴訟法で決められている6カ月は過ぎているからして、鳩山法相は法を無視した訳ではなく、に も関わらず「強権国家への流れができつつあるようで不気味です」とは理解出来ない。

 さらに鳩山法相は法に従って執行命令を出しているに過ぎないにも関わらず、「生まれながらの性格にも起因するする」とまで書かれており、これは明らかに中傷であり、いくら報道とは言え何を書いても良い訳ではなかろう。

 続いて明大講師の関修氏(心理学)の分析が紹介されており、日刊ゲンダイに登場するような人物なので、おかしなことを言うのは当然かも知れないが、「チョ ウのコレクションが趣味の鳩山法相は、生命を尊重するという意識がやや希薄なのだと思います。整然と並んだチョウの標本を見てウットリする。整然としたも のが好きなのです。そんな法相にとって、確定した死刑を執行しないのは“ルール違反”。死刑執行で職務を全うし、ルールを守った自分を美しいと思っている のではないか」とは趣味として昆虫採集をしている人々を敵にしたような発言である。

 確かに標本にするためには昆虫を殺す必要があるだろうが、そのような人々は生命を尊重しない自然破壊者ではなく、反対に熱烈な自然愛好家であり、それは生 命の大切さを昆虫を通じて分かっているからに他ならない。鳩山法相がチョウの収集家であることは承知しているが、だからと言って「生命を尊重するという意 識がやや希薄」まで言うのは、前述したように、趣味として昆虫採集をしている人々を敵にしたも同然であり、私が子供の頃には昆虫採集をするの者もいたが、 最近の子供はあまりしなくなり、だから身近な昆虫から生命の大切さ知ることも出来なくなった訳であり、関氏は明大講師までやっているらしいが、子供のうち から生命を尊重するという意識を芽生えさせるには、昆虫を友にするのが一番良いことなど心理学が専門の講師には分からないであろう。
(2008/06/23)

コメント (9)

わが国は法治国家であることを朝日は認識していない

2008年06月21日 09時45分14秒 | 偏向マスコミ

朝日「死に神」報道に法相激怒 「死刑執行された方に対する侮辱」

2008.6.20 11:08  

 今月17日に宮崎勤死刑囚(45)ら3人の死刑執行を指示した鳩山邦夫法相を、朝日新聞が18日付夕刊で「死に神」と報道したことについて、鳩山法相は 20日の閣議後会見で、「(死刑囚は)犯した犯罪、法の規定によって執行された。死に神に連れていかれたというのは違うと思う。(記事は)執行された方に 対する侮辱だと思う」と強く抗議した。

 「死に神」と鳩山法相を表現したのは、18日付朝日新聞夕刊のコラム「素粒子」。約3年の中断を経て死刑執行が再開された平成5年以降の法相の中で、鳩 山法相が最も多い13人の死刑執行を行ったことに触れ、「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」とした。

 会見で、鳩山法相は「私を死に神と表現することがどれだけ悪影響を与えるか。そういう軽率な文章を平気で載せる態度自身が世の中を悪くしていると思う」と朝日新聞の報道姿勢を批判した。
(産経新聞)

(引用終了)


 「死(に)神」の意味を広辞苑で調べると「人を死へ導くという 神」となっており、大量殺人を敢行した犯罪者は確かに「死(に)神」と表現しても良いであろうが、朝日新聞が18日付夕刊のコラム「素粒子」に掲載した見 解によると、死刑が確定している殺人者への死刑執行を命じた法務大臣の方が「死(に)神」となってしまうようである。

 朝日新聞が死刑制度に反対するのは勝手だが、現刑法には、殺人などの凶悪犯罪に対して「死刑に処す」との罰条がある限り、裁判官が殺人などを犯した被告人 に死刑判決を下すこともある訳で、その判決が確定した後に、事務方から上がってきた死刑執行を命ずる書類に法務大臣が署名押印することは法に従って、その 職務を遂行しているに過ぎないが、それを朝日は「死(に)神」と表現したのだから名指しされた鳩山法相がその報道姿勢を批判しているのは当然ではなかろう か。

 「素粒子」に掲載されたのは「永世死刑執行人 鳩山法相。『自信と責任』に胸を張り、2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神。」だそ うだが、仮にも自らを高級紙と自負している朝日が、サラリーマンなどが酒の席で、酔った勢いで鳩山法相のことをそのように表現するのであれば公になる訳で もなく、単なる政治的漫談だろうが、新聞に掲載したとなれば異常の何者でもない。

 朝日は死刑制度に反対しているからだとしても、鳩山法相は法に従って死刑執行を命じているだけであって、にも関わらず朝日は死刑制度に反対する思想を優先 させて批判している訳で、これではわが国は法治国家であることを朝日は認識していないのも同然ではなかろうか。どのような凶悪犯罪を敢行しても、その刑罰 から死刑をなくように刑法改正を要求するだけであればまだしも、鳩山法相が死刑執行を命じたことを批判するのは明らかに間違いである。

 死刑制度があって法相が執行を命ずる職務があるにも関わらず、それを宗教上の理由とかで在任中に一度も執行指示書に署名押印しなかった法相がいたようだが、そのような法相こそ職務放棄していると言えるが、それを朝日は批判していた記憶はない。

 死刑執行を命じた法相が死に神となるのでは、死刑判決を下した判事や、死刑を求刑した検察官も。また死刑を執行した刑務官も同じく死に神との認識を朝日は 持っているのであろうか。さすがに犯罪者の人権を最大限尊重し、被害者感情を無視している朝日らしいが、国民感情としては凶悪な犯行を敢行した犯罪者はこ そ死に神だと思っているであろうから、いかに朝日が基地外新聞であるかを改めて認識した方も多いことであろう。
(2008/06/21)

写真:宮崎勤死刑囚らの死刑執行を発表する鳩山法相=17日午前、法務省

コメント (6)

偏向のレベルを越えている日本最先端の八重山毎日新聞

2008年06月19日 23時53分00秒 | 偏向マスコミ

自衛隊音楽隊コンサートで抗議集会 地区労など平和団体

 八重山地区労働組合協議会(大浜明彦議長)を中心とした「平和憲法を守る八重山連絡協議会」は16日午後、陸上自衛隊第1混成団音楽隊による公共施設を使用してのコンサート開催に対し、抗議集会を開く、と発表した。
 同協議会は、「軍隊・自衛隊の音楽隊は部隊の戦意・士気を鼓舞し、高揚する目的で結成されている」とし、と、異議を唱えている。

 大浜議長は「ここ八重山も戦争により、マラリアなどで多くの人たちの命が脅かされた。23日には『慰霊の日』を迎えるというこの時期に、自衛隊がコンサー トを行うことは理解できない。多くの皆さんに集会に参加してもらい、自衛隊の活動や米軍基地撤廃などについて考えてほしい」と強調した。
 抗議集会「平和な八重山に軍服を着た音楽はいらない集会」は18日午後5時30分、新栄公園に集合し、ビラ配布を行ったあと、午後6時10分から同公園で、沖教組や高教組、九条の会やえやま、いしがき女性9条の会などがリレートーク形式で、抗議・意見を表明する。
(日本最南端の新聞社::八重山毎日新聞オンライン)

(引用終了)


 「八重山毎日新聞」と言う位だから毎日系の新聞社なのであろう が、全国にはあの朝日新聞も驚くような偏向した新聞があるそうであり、その中で沖縄が特に酷いと聞いているが、この「八重山毎日新聞」が報じている「自衛 隊音楽隊コンサートで抗議集会 地区労など平和団体」との記事を読むと、偏向と言うより、反日サヨクの機関誌と言った方が正解であり、 「八重山毎日新聞」は日本最南端の新聞社とのことだが、偏向のレベルを越えていることでは日本最先端の新聞社と言った方が良いかも知れない。

 この記事は陸上自衛隊第1混成団音楽隊のコンサート開催に反対する「平和憲法を守る八重山連絡協議会」の抗議集会のことであり、反対の理由は「音楽隊とい う形であれ、市民生活のなかに自衛隊が入り込んでくることは容認できない」とのことだが、この協議会の連中は自衛隊に特別な偏見を持っており、多くの職業 の一つに過ぎない自衛隊員を差別することも正義だと思っているようである。

 このコンサートが自衛隊によるものでなければ反対するとは思えないが、自衛隊となるとコンサートでさえも反対する訳であり、そこまで自衛隊を忌み嫌うこと に病的なものを感じるが、そのような連中でも災害などに遭うかも知れず、それでも「市民生活のなかに自衛隊が入り込んでくることは容認できない」として自 衛隊による救援を拒否するのであろうか。

 そうではあるまい。自衛隊の災害派遣活動に感謝し、その活動を頼もしく思っている訳ではないとしても、それを拒否するどころか、何くわぬ顔をして自衛隊の様々な救助活動を受け入れ、少しでも対応が遅れると文句を言うであろうと思っている。

 沖縄では急患輸送に陸自のヘリ部隊が活躍し、また不発弾処理も自衛隊でなければ出来ないが、「市民生活のなかに自衛隊が入り込んでくることは容認できな い」のであれば、それも拒否して自前でやれば本物だが、それはそれとして自衛隊を利用しているではないか。であるから、市民生活のなかに自衛隊はなくては ならない存在なのである。

 それにしても、この八重山毎日新聞の「自衛隊音楽隊コンサートで抗議集会 地区労など平和団体」との記事の関連する記事としてリンクしているのは「市民会 館使用許可で抗議 自衛隊音楽会で九条の会」「音楽通し平和の尊さ訴え 平和祈念館でコンサート」「労組などが抗議集会 陸自音楽隊演奏会」「自衛隊不発 弾処理隊の常駐要請決議 市議会に抗議次々と」「地区労など抗議行動 陸自音楽隊演奏会」「市長に不発弾処理隊の常駐拒否を要請 9条の会など3団体」 「陸自不発弾処理隊常駐要請に抗議 新日本婦人の会八重山結班」など沢山あるが、その中に新石垣空港の建設現場で不発弾が発見されることがあることから、 石垣市議会が「自衛隊不発弾処理隊の常駐を求める要請決議」を行ったことにも反対する連中がいるのだから驚きを禁じ得ない。

 要するにこの連中の言うことは自衛隊は不発弾処理をしても良いが、その時は沖縄本島に常駐している処理隊をその都度派遣し、常駐はするなと言う訳であり、石垣市議会が常駐はすることになれば「財政的にも負担軽減につながる」との決議文も無視されているようだ。

 ともかく、9条の会などが出ていることは自衛隊がなくなれば平和になると思っている連中のようであり、だから自衛隊によるコンサートにも反対するのであろ う。このような運動を行っている連中の頭の中の構造はどうなっているか知りたいものだが、私達とは大きく異なることは確かであろう。
(2008/06/19)

写真:自衛隊第1混成団音楽隊によるコンサートに対する抗議集会を開くことを発表した大浜議長(中央)

コメント (3)

福田総理の北京五輪開会式出席はまさに予想通り

2008年06月18日 23時21分55秒 | 政治

福田首相、北京五輪開会式出席へ=皇族は見送り

 福田康夫首相は18日、北京で8月8日に行われる五輪開会式に出席する意向を固めた。四川大地震への日本の支援を通じ日中関係がさらに改善したことに加 え、最大の懸案だった東シナ海ガス田共同開発問題が決着したことから決断した。一方、中国側が水面下で要請していた皇族の出席は見送る。
 首相の五輪開会式出席は、1988年のソウル五輪での竹下登氏(故人)以来。福田首相は「五輪外交」を通じ日中両国の「戦略的互恵関係」をさらに強化したい考えだ。一方、皇族の出席を見送るのは、チベット問題への内外の批判を考慮したためとみられる。
(時事通信)

(引用終了)


 福田総理は「出席するかどうか何も決めていない」と言っていた北 京五輪の開会式に出席する意向を固めたそうだ。今月3日、複数の政府関係者の話として出席が内定したことが既に報じられているが、その際には町村官房長官 は、それを否定し、福田総理は自身も出席するとの明言を避けていたが、欠席して胡錦濤国家主席の顔を潰すようなことはしないだろうと思っていたので、まさ に予想通りである。

 自民党内から「国民は喜ばないし、世界の笑いものだ」との声があったとしても気にする様子がないのは福田総理が支那に媚びる政治家の一人であるからで、 あって、日本国民の声より、支那様の意向に添った政治や行動をするのが正しいと考えているのだから、そこまで支那に入れ込むことに病的なものを感じてい る。

 皇族が開会式にご出席されないことは当然のことであり、その決定をした政府を強く支持するが、もし天皇陛下がご出席されれば支那として、その権威を貶める ために何かするであろうと予想されるからである。国際儀礼では天皇陛下は世界序列第1位であって、陛下がご出席された場合には、五輪の開催国であったとし ても胡錦濤国家主席より上位の順位にするなどの扱いをしなけばならないが、敢えて支那は屈辱的な扱いをすることで、支那が世界の中心であるかのような傲慢 無礼な振舞いをし、それを国威宣揚に利用することは間違いない。

 福田総理が北京五輪の開会式に出席したいと思うのであれば止めたりしないが、国民が支持しないことは明らかであり、支持率も更に低下するであろう。だが、 そのようなことを気にせず支那一筋と言う訳であり、これでは8月までは総理をやるつもりらしいが、このような方が総裁では自民党への支持率は下がることは あっても上がることはないであろう。
(2008/06/18)

コメント

自衛隊の災害派遣活動について思うこと

2008年06月16日 23時06分36秒 | 防衛省・自衛隊・安全保障

 6月14日午前8時43分に発生した岩手・宮城内陸地震では、16日現在、死者10人、不明12人、重軽傷者は242人などの人的被害が出ており、余震も300回を超えるているそうである。発生当日から行方不明になっている方の捜索が続いており、その様子が報道されているが、捜索を行っているのは消防のレスキュー隊、警察の緊急援助隊、自衛隊などであり、わが国は災害が多い国であるからして、発生当日には派遣される体制が整っていることになる訳で、台風や 地震などの自然災害を防ぐことは出来ないが、少しでも被害が拡大しないように様々な対策をとっておくのは政府や各自治体の責務と言って良いだろう。

 支那では四川大地震があり、その後、南部では豪雨による被害が拡大しているそうであり、人民日報では被災者は1700万人と報じているが、四川大地震では 確か1500万人の被災者が出ているそうで、そうなると計3200万人が衣食住に困っていることになるが、被災者への支援体制が十分出来ているのか知りたいものだ。四川大地震の際に報じられたように、倒壊した建物の下に生き埋めになっている人が多数いたとしても、早々と捜索が打ち切られ、建物を爆破して更地にしてしまうなど支那政府には国民を救援するとの意思もないことが分かった訳であり、災害にはなるべく遭いたいとは思わないが、避け得ない災害に遭うのであれば、支那ではなく日本で遭いたいものだ。

 今回の岩手・宮城内陸地震でも自衛隊が災害派遣されており、防衛省のHPによると地震が発生した14日には人員:約1600名、車両:約300両、航空機:約60機となっており、15日は人員:約1800名、車両:約450両、航空機:約50機とのことである。

 初動も迅速であり、地震発生のわずか16分後には人員約360名、車両90両、航空機23機が行動を開始しているとのことで、まるで、地震が発生すること を予想していたかのようであり、確か昨年の7月16日午前10時13分頃に発生した新潟県中越沖地震では陸上自衛隊OH-6観測ヘリ(相馬原)1機が離陸 し、長岡方面の偵察活動を実施したのは地震発生の22分後の午前10時35分であったことから、6分も行動開始が早まったことになる訳で、自衛隊が如何に国民のことを考えて、初動体制を整えているかを物語るものではないか。

 崖下に転落したバスから負傷者を救助していたのは航空自衛隊の救難へリであったが、ホバリングして救難員を降下させ、負傷者をつり上げる様子を見ている と、災害が起きた時には自衛隊が最も頼れる組織であることを確信するが、今では少しは改善されたものの、かっては偏向マスコミによって、被災者から最も信 頼を得ている筈の自衛隊による災害派遣活動を敢えて伝えなかったこともあったのである。

 参考までに、平成16年10月31日に書いた私の主張「第221号 国民は自衛隊の皆様に感謝しよう~被災者から最も信頼を得ている自衛隊の災害派遣活動~」を改めて掲載する。

                    ◆

第221号 国民は自衛隊の皆様に感謝しよう
~被災者から最も信頼を得ている自衛隊の災害派遣活動~

  10月23日に新潟県中越地方を突然襲った大地震は、30日現在36名の方が死亡し、3000人以上の方が負傷して、約10万人が不自由な避難生活を送っている。今回の地震では余震が長く続き、そのために建物の中には怖くて入れないとして狭い車の中で過ごしている人も多く、足も伸ばせず長時間にわたり同じ姿勢でいることから「エコノミークラス症候群」を引き起こして、くも膜下出血などで死亡するケースも認められるとのこと。今まで布団やベットの上で足を伸 ばして休めて、電気、ガス、水、食料などがあるのは当たり前の生活から、それが突然にすべての面で利用出来なることは本当に大変であり、また苦痛であることは間違いない。

 今回の震災でも見られたが、テントやコンロなどいわゆるアウトドア用品が非常に役に立っているようで、野山に行くことは、不便を楽しむためと言われるが、 確かにキャンプに行く時は、現地で調達可能なもの以外は、それ相応の装備を持って行かなければならないのは当然のことだ。震災で突然住むところも、食料もなくなってしまった被災者は行政に怒りをぶつけたくなるだろうが、どんな大きな都市でも、また小さな村でも、住民全員がそのような事態になってしまった時 に、行政が何から何まですべて、今回のような震災の直後であっても住民に何ら不自由させないように備えておくことなど不可能と言って良いであろう。

 どんな災害でも3日経過すれば、何とか救援体制が整うと言われており、今回の震災でも、救援物資が多く集まり過ぎて、すでに仕分け作業に人手が足りない事態になっているそうで、また多くの企業も支援物資を無償提供するなどしており、阪神大震災で壊滅した神戸でさえ復興したのであるから、必ずや今回の新潟県 中越地震で被災した地域も以前のような生活が営めるようになるであろう。

 今回の新潟県中越地震が発生した時、6000人以上の人が死亡した阪神大震災のことを思い出される方も多いことだろう。危機管理など考えたことがない社会党(現社民党)の村山総理(当時)と、自衛隊が嫌いで防災訓練すら実施していなかった貝原兵庫県知事という最悪のコンビであったことから、あれほどの大震災なのに、自衛隊に対し災害派遣を要請することすら、なかなか決断せず、「もっと早く投入出来ていれば多くの人は助かったのでは」と批判されたことは記憶に新しい。

 災害派遣でさえ要請がなければ、自衛隊は動いては行けないと言ったことは阪神大震災以後はだいぶ改善され、今では震度5以上で自主的に出動することが可能 となり、自衛隊との共同防災訓練を実施する市町村も飛躍的に増え、自衛隊OBを防災担当者として採用する所もあるそうである。このことは、大災害があった時に頼りになるのは自衛隊しかないことが分かってきたからに他ならない。

 自衛隊は地方組織である消防、警察と異なり、どこからも支援を受けることなく活動が出来る自己完結能力がある国の持つ唯一の実力組織であり、だから被災地に入っても寝る所から食事まで、派遣された地域の行政当局から支援を受けることがないのである。さすが自衛隊だ。

 新潟県中越地震では防衛庁のHPのよると10月29日22時00分現在の派遣規模(延べ)は人員約16,100名、車両約3,900両、航空機約330 機。輸送実績は食料:約47万食、毛布:約38,000枚。救助実績は約1,770名。給食実績は約145,000食(28日までのもの)。給水実績は約 780トン(28日までのもの)。入浴支援実績は約5,800名(28日までのもの)とのことであり、これだけの被災者に対する支援が可能な組織はわが国 においては自衛隊以外にはない。

 前述したように、狭い車内での避難生活から「エコノミークラス症候群」となり死亡するケースがあるとして、自衛隊は多量の6人用テントを設営し、被災者に 足を伸ばして休んで頂けるような支援や、暖かい食事を提供したり、お風呂まで設営して入浴支援を行うなど、まさに被災者の立場に立っている。自衛隊は命令 があれば約40000人が出動可能な即応体制をとっているとのことであり、被災者からすれば最も頼れる存在になっていることであろう。

 自衛隊の派遣規模は全国に及び、報道によれば、第4師団(福岡県春日市)や第8師団(熊本市)などから6人用テントとストーブの455セット、発電機と照 明の65セットが、31日に車両25台に載せ、福岡駐屯地を出発し、11月1日夕に新潟県上越市の高田駐屯地へ到着する予定だと言う。

 防衛庁のHPに掲載されている「平成16年新潟県中越地震に係る災害派遣について」を見ると、全国の部隊からヘリや陸路を使い、食料や支援物資が搬送され、どの位の隊員が派遣されているか分かるが、マスコミはこのような自衛隊の災害派遣について被災者はどのように感じているのか決して報道しない。自衛隊 が被災者を助けるのは当然だと思っているからであろうが、それにしてもこの冷淡さはなんなのか。消防のレスキュー部隊の活躍は伝えても、マスコミにはこの ような時の警察と自衛隊の活動を敢えて伝えない方針でもあるのであろうか。

 この事で思い出したが、大島の三原山が噴火して、全島民が脱出しなければならなくなり、海上自衛隊、海上保安庁、東海汽船などの船舶を使い全島民が誰一人怪我もすることなく無事に脱出に成功した時、マスコミは敢えて、海上自衛隊の艦船が出動していることが分からないように、カメラを向けない方針をとっていたと何処かで読んだ覚えがある。

 被災者にとって迷惑で邪魔者でしかないマスコミは、今回の新潟県中越地震でも同じような醜態を見せているようである。二次災害の恐れあるとして住民が避難している地域に無断で入り込み、自衛隊のヘリで救助されたり、取材に必要として、コンビニにおいてあった電池などを買い占めるなどまさにやり放題だ。

 今回の地震で被災され避難生活を送っている約10万人の中には、社民党や共産党の主張のように「自衛隊は廃止せよ」と考えていた人もおられることだろう。 そのような人でも自衛隊の提供する給食を受け、お風呂にも入っているだろうが、自衛隊はそのような人であっても差別することなく公平に支援していると思 う。

 普段は自衛隊員と接する機会がほとんどない被災された住民の中には、食事やお風呂などの提供を受け「自衛隊はこんなことまでしてくれるのか」と驚いている人もおられるであろうし、自衛隊員が淡々と任務を遂行する姿に感動される人もいるかも知れない。阪神大震災の時に被災されて物資不足の中、住民が「自衛隊の皆さんありがとう」との横断幕を作り、任務を終え撤退する自衛隊員を見送っていたし、また震災の後に自衛隊を志願した若者もいたそうである。

 国民はこのような災害の時でも、私たちのために懸命に働いてくれる自衛隊の皆様に感謝しよう。そして国民は普段から自衛隊員に敬意を持って接しようではな いか。自衛隊の災害派遣活動は被災者から最も信頼を得ていることであろうし、現在イラクにおいて復興支援活動を実施中の自衛隊もイラク国民から大きな支持を得ているそうである。一部の心ない国民の誹謗中傷にひるむことなく、胸を張って堂々と任務に遂行されることを祈念するとともに、私は国民のひとりとし て、常々ひたむきな自衛隊員の皆様を誇りに思うものである。
(平成16年10月31日 私の主張 第221号 )

(2008/06/16)

リンク
平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震の対応について(防衛省・自衛隊)

写真:バス(右下)が転落した現場から空自ヘリで救助される被災者(読売新聞から)

コメント (7)

掲示板 2008年6月分過去ログ (16461~16476)

2008年06月16日 13時44分01秒 | 掲示板過去ログ2008年分

16476.訳のわからん輩が一名     
名前:ピカドン    日付:6月16日(月) 13時44分
サミットと無差別殺人、何が言いたい?

>死すべきは資本主義である
死すべきは共産主義だろう。共産社会で階級社会から抜け出せると思っているような化石的考えを持っている輩がまだいるとは。
どんな社会でも人それぞれに優劣はある。それを認めようとしない輩は単に不平不満を言っているに過ぎない。
100点満点の社会などあり得ないのだよ。

>この若者が心から求めていたのは団結だった。孤立感で絶望した彼が殺傷したのは、本当は団結してともに資本や権力と闘うべき労働者や学生の仲間 だったのだ。

「この若者が心から求めていたのは団結だった」?。貴方は人殺しの代弁者か。
デモをするのは自由だ。権利を主張するのも自由だ。しかし、人を殺す自由はない。
そうだ、この大バカ野郎は何の罪もない一般市民をまた、将来有る若者をただ誰でも良かったと言う事で殺したのだよ。
如何なる状況だろうと同情の余地も欠片もない、自棄になるなら一人で死ねと言うことだ。


16475.サミット粉砕に向けて決起しよう     
名前:革共同    日付:6月16日(月) 9時27分
韓国の100万人デモに続こう イ政権打倒に決起した労働者・学生(6月10 日 ソウル)=記事2面

 労働者にとってあまりにショッキングな出来事が起きた。東京・秋葉原で起きた無差別殺傷事件だ。若者でにぎわう歩行者天国にトラックで突っ込み、凶器を 手にしたのは25歳の派遣労働者だった。結論から先に言いたい。われわれ労働者は希望だ。労働者はこの社会を覆し革命を遂行するパワーを持っている。青年 労働者・学生は革命を求めている。必要なのは闘う方針と仲間の団結、そして実践だ。死すべきは資本主義である。職場の怒りをサミット決戦の大爆発へ結集し よう。

 団結と闘いにこそ希望
  この若者が心から求めていたのは団結だった。孤立感で絶望した彼が殺傷したのは、本当は団結してともに資本や権力と闘うべき労働者や学生の仲間だった のだ。
 本来は最も人間らしい活動を行う場である労働現場で、なぜこのような絶望が生み出されるのか。われわれ労働者の生きている現実は逃れられない宿命なの か? 労働者は資本の過酷な搾取になすがままなのか? いや断じて違う!
 この社会は、われわれ自身の選択と行動によって変革できるのだ。労働者にはこの資本主義を根底から転覆して、新しい社会を生み出す力がある。青年労働者 よ、絶望するな! 資本に断固反撃しよう。労働者が団結すれば勝てる。労働者が団結すれば会社も政府もぶっ倒せる。革命をやって労働者は生きよう!
 圧倒的に大多数の人間を賃金労働者として人間疎外の極地に追いやる資本主義社会が間違っているのだ。日雇いの超低賃金労働、過労死ギリギリの長時間労 働、格差、貧困、不安定……われわれ労働者はこの現実を断じて容認しない。怒りは当然だ。敵をハッキリさせて、この憤激を資本や権力に向けよう。怒りを闘 いに転じよう。
 世界を見よ! 韓国では、百万人規模の反政府デモが闘われている。青年労働者や学生が先頭で闘っている。インド、マレーシア、インドネシア、イギリス、 スペイン……世界中で労働者と農民の闘いが高揚している。世界の労働者階級は闘って生きる展望を生み出しているのだ。


 16474.(untitled)     
名前:たろう    日付:6月15日(日) 22時15分
拉致事件の扱いはショックですね。
わかっていたこととはいえ、実際に制裁一部解除なんて出されると。
こうなったら座り込みでもなんでやりたい気持ちです。


16473.小沢一郎って。。。     
名前:ego    日付:6月11日(水) 19時35分
神楽さん、そういう見方もあるんですね。

小沢一郎って。。。凄い人です。↓ 総連や連合との繋がりも納得いく。拉致事件解決の為に頑張って欲しいものです。
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/ozawa/7.html


16472.犯人は何処から拳銃を手に入れたのか?(死人にくちなしなってしまったが…)     
名前:神楽    日付:6月10日(火) 22時42分

egoさんへ
>この前の自動車の立てこもり。
>人質もいないのに8時間も掛けて
この犯人は、日本では所持もおろか販売すら認められていない
銃器を3丁も持っていました。しかも、出所してからそれ程日が
経ってないのに。何処からか手に入れたのは明白です。
この犯人を無事に逮捕して、何処で誰から手に入れたのか?その
事を吐かせれば、銃器の密売ルートを探る手がかりになります。
つまり、安易に撃てばいいと言う物では無いと思われます。
また、この犯人は「もうおしまいだ」と喚いていたと言う報道も
あり「自殺」自殺する気マンマンだったのかも知れません。

結局のところ犯人は「自殺」したため、何処で手に入れたのかは
分からなくなってしまいましたが…


16471.警察、自衛隊の無力は亡国の危機!     
名前:TK生    日付:6月10日(火) 17時31分
今回の「秋葉原の7人連続殺人事件」に関連して思い致すのは、「北朝鮮による 拉致被害者」と「4月26日の長野赤旗暴動」である。

これらの事件が暗示しているのは、我が日本国家は国民の安心・安全を守る責任を果たせなくなった「亡国まっしぐら」の情けない国家に突き進んでいるとのこ とではないか。

拉致問題で考えれば、現時点での「特定失踪者総数 約470名」であるので、警察は拉致が発生していると知りながら国民を見殺したことになる。
また、政府はこれらの情報に接しながら、拉致被害者を奪還する方策をたてずにいたということは、国家の主権を放棄したことで、最早国家の呈をなしていない ということになる。

普通の国の政府と軍隊であれば、拉致された者が何処にいるのかの調査を行い、秘密部隊に奪還のための命令を発し、果敢に奪回作戦を行わせ国家の主権を主張 するのではないのか。

警察は、国民と自分自身が危機に瀕している時には、国家を守るために加害者を射殺してでも被害を最小限にとどめるのが警察の役目ではないのか。

長野暴動では「赤旗に隠されて暴行された自国民に目を瞑り」、国費で派遣された赤旗軍団を防御するとは、何処の国の警察かと文句を言いたい。

このような危険な世界にあって、我が日本国家として、「警察、自衛隊のあるべき姿」を国会の場で論じ、法改正を含めた緊急な体制改革なくして、日本国は生 き残れないと肝に銘じるべきだ。


16470.移民1000万人受け入れ提言を考える     
名前:福島のつばき    日付:6月9日(月) 21時28分
自民党の中川秀直元幹事長が会長の「外国人材交流推進議員連盟」が7日に、今 後50年に移民を1000万人受け入れるとした提言案が明らかになったが、中川氏の考えは近隣諸国からの受け入れが主と思われる。
この中川氏は非常に問題ある人物である。昨年10月の週刊新潮には、広島の在日パチンコ王(年商800億円)の息子の結婚式の仲人を務めており、在日との 深い関わりが暴露されている。これは中川氏に限らす゛
他の議員にも当てはまるが、在日と国会議員との繋がりからこの移民推進案が浮上。
http://www8.plala.or.jp/correct/


16469.「遺棄化学兵器処理」680億円もの支出の怪     
名前:TK生    日付:6月9日(月) 16時27分
<産経新聞6月8日より引用開始>
・・・中国大陸での遺棄化学兵器処理事業。それが独占受注業者「PCI」グループの不正を誘発したが・・・その詳細を、日本政府も業者も明かさない。調べ るほどに明確になるのは、遺棄された兵器を処理する責任が真に日本にあるのか、その法議論を封じ込んだまま1兆円事業に突き進んだ歴代内閣の奇妙な姿勢で ある。・・・
中国大陸に遺棄された化学兵器の処理義務は本当に日本政府にあるのか-? その疑念を増幅させる事実が一昨年春、判明した。
山形県の全国抑留者補償協議会(全抑協)のシベリア資料館に、中国で旧日本軍が武装解除する際、引き渡した武器、弾薬の詳細を記した「兵器引継書」約 600冊が残されていることが明らかになったのである。
 「兵器引継書」は、旧ソ連軍に旧日本軍が武器を引き渡したことを証明する物的証拠である。引継書の中に「化学兵器」があれば、中国に遺棄された化学兵器 の処理義務は日本ではなく、旧ソ連に発生することになる。680億円もの出費は必要なくなるのだ。
 「この資料は精査すべき内容だ。政府としてもしかるべき調査をする」
 安倍晋三官房長官(当時)は衆院内閣委員会で「兵器引継書」の存在について問われ、こう答弁した。・・・
・・・出口の見えないメガプロジェクト。われわれの国費投下は際限なく続きそうだ。本当に必要な出費であるかの確認もなく、ノーチェックで業者に食い物に されるようないい加減さで…。議論を封印しての、日本政府の「事業ありき」の姿勢はいったい何を物語っているのだろうか。
<引用終了>

この関連記事で、WiLL7月号に「遺棄化学兵器をめぐる外務省VS防衛省の暗躍」の表題で黒い部分が掲載されている。


16468.警察官はなぜ拳銃の使用をためらうのか     
名前:forest(管理人)    日付:6月9日(月) 11時13分
>egoさん

秋葉原での通り魔事件で、容疑者を逮捕した警察官の映像が出ていますが、最初は警棒で対処していたようで、その後に拳銃を抜いて、容疑者に向けた所、刃物 を捨てたことから逮捕したようです。

今回のケースでは刃物で多数の方を殺傷し、更に犯行を行う恐れがあった訳で、即射殺でも法的には問題ないと思います。ただ、現場は繁華街で、跳弾によって 他の方に被害が及ぶ可能性があるので、そのために拳銃の使用は慎重にならざるを得なかったのかも知れません。そうは言っても、逮捕した警察官が身の危険を 感じれば射殺するのは当然です。

まあ、これも、偏向マスコミや人権団体などによる警察官の拳銃使用を「犯罪」であるかのように騒いでいることが、射殺することで、事件の早期解決を図るべ きなのに、それでは警察として批判を招くと恐れている訳です。ですから偏向マスコミなどによって、それをさせなくして来たことで犠牲者を多くし、立てこも り事件でも早期解決が出来ず付近住民の生活にも影響が出ている訳です。

今回の通り魔事件で怪我をしたのは、交通整理をしていた警察官のようで、容疑者に刺された被害者を庇おうとして背後から刺されようで、まだ何が起きたのか を把握していなかったかも知れません。

平成16年8月27日に書いた今日のコラム

警 察官の拳銃使用に関する報道姿勢について

を参考にして下さい。


16467.『秋葉原で人を殺す』と書き込み=携帯電話掲示板     
名前:ホッシュジエンの国内ニュース解説    日付:6月9日(月) 2時11分
 秋葉原の通り魔事件をめぐり、携帯電話のネット掲示板で、
事件発生の約7時間前に「秋葉原で人を殺します」などと
犯行予告とも取れる書き込みがあったことが8日、分かった。
 書き込みは、8日午前5時20分に「秋葉原で人を殺します」
とのタイトルで記載。「車でつっこんで、車が使えなくなったら
ナイフを使います みんなさようなら」と書かれており、事件に
酷似した内容だった。
 別のインターネット掲示板「2ちゃんねる」では、5月27日
の書き込みで「秋葉原で大惨事」とのタイトルとともに、「6月
5日以降絶対事件起こるだろうから先に立てとくね」との記述も
見つかっている。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    今日の事件に関して複数の人間が事前に知って
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  /    いた事になるが、どうみても暴力団風ではない。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 秋葉原通り魔事件は既におかしな計画的
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l   犯行であった事を示唆しています。(・A・ )

08.6.9 時事ドットコム「2008/06/08-23:01 『秋葉原で人を殺す』と書き込み=携帯電話掲示板に犯行予告?-秋葉原通り魔」
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008060800209
08.6.8 TBS「容疑者『人を殺すため秋葉原に来た』
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3871589.html
08.6.8 TBS「秋葉原連続殺傷、7人死亡・10人けが」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3871565.html


16466.なぜ通り魔に警察官がやられるんだ?     
名前:ころっけ    日付:6月8日(日) 23時12分
>なんで撃たないのか。。。不思議に思う。
撃つと市民団体からクレームが来るから・・・


16465.なぜ通り魔に警察官がやられるんだ?     
名前:ego    日付:6月8日(日) 19時40分
警察官は、拳銃を持っているし、特殊警防も持っている。
どうして、撃たないのか。
撃たないから、被害者が増える。
警察官自身もやられる。

この前の自動車の立てこもり。
人質もいないのに8時間も掛けて、、、。

なんで撃たないのか。。。不思議に思う。


16464.シナ滅亡論 その3     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:6月8日(日) 8時32分
<「宮崎正弘の国際ニュース早読み」6/6より転載開始>
  綿陽は中国の核戦力のメッカだった。
  つぎに唐家山湖の決壊で、中国核戦力の中枢が壊滅するか?
*******************************

 1975年8月、河南省維河にかかる板橋ダムが決壊した。
 台風によって水位が溢れ出し、下流のダム58ヶ所がたちまちにして倒壊、被害は下流全域におよび、およそ20万人が生命をうしなった。

 板橋ダムは50年代の大躍進時代に造られた、粗製濫造ダムだった。

 2008年5月12日に四川省を襲ったマグニチュード8の地震は、軍施設だけの被害が670億元(香港『経済日報』、5月29日付け)。
 「四川省は中国の軍事戦略上、もっとも重要な拠点である」(ウィリー・ラム、『チャイナ・ブリーフ』、ジェイムズタウン財団発行、6月4日号)

 都江堰から文川、北川、安県、綿陽、広元にかけて四カ所の重要な核兵器研究所と、核兵器製造工場が山の洞窟などに造られ、綿陽は人口50万のうち、20 万人が核施設関連に雇用されているという。

 地震発生後、ただちに軍が動いた。
 被災地の救済ではなかった。核施設防御に向かったのだ。

 累計14万前後の人民解放軍が動員されたが、SARSのときや08年2月の大雪災害のときの動員と比べても、はるかに巨大な動員、台湾の『自由時報』に よれば、台湾向けの予備兵力さえ、南京軍管区から動員されたという。

 北川県唐家山のせき止めダム(地震胡)の決壊は、いまや時間の問題。綿陽市民は高台に25万人が避難している。
核兵器製造のメッカ、綿陽が水没すれば、中国の核施設は壊滅的打撃を受けるだろう。
<転載終わり>
 宮崎さんは、何故14万人モノ人民軍が暫時投入されたのかとか、核施設の安否やその損害の程度、亦、損害がもたらす影響に付いては、意図的にネグってコ メントして居る様に感じますから、近く宮崎さんらしい詳細で、有無を言わせない迫力のレポートが期待できるのではないかと思います。

 成る程、是までにダム決壊と言う事例があったわけですね、しかも被害者数20万人って、広島の原爆以上でしょう、平時ですから、南京大虐殺も真っ青です ね、毛沢東の下命による仕事なのに、手抜き工事が罷り通るのは今も昔も同様なのは、ソレがシナ人の常識ダカラなんでしょう、すると、現在危険視されている 本物のダムの方も100%ダメと言うことでしょうね。

 毛沢東が「権力は銃口に有り」といったソウですが、その銃口の先の第一には、シナ大衆が居たと言うわけです、それは、異民族に対する施政と何等変わらな い、「中国人民は、震災を契機に一つになる」なんて、ワザワザ言わなくてはならない処に、政府と民衆の間に存在する距離の遠さが感じられます。

 中華、人民「強賄」国か、人民「恐輪」国であって、人民「共和」国であったことは一回もないのではないか、搾取と弾圧、情報統制と密告で支配してきたこ の国に、本当の希望や期待感を持っている国民が果たしているだろうか。


16463.シナ滅亡論 その2     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:6月5日(木) 5時58分
 断末魔のシナの喘ぎが聞こえます、シナの滅亡する理由を、シナ社会を構成す る民族の歴史的な推移で考えてみました。

 シナの歴史で、賄賂を貰わなかった役人は居ないし、権勢を利用しなかった軍人も居ない、否、そんな役人や軍人が居たとしたら、一族から恨まれるかバカ扱 いされるダケだっただろう、権力は常に民衆の敵であって、「日昇りて乃ち耕し、日暮れて乃ち寝る、我に何処んぞ帝力有らん」と謳った周代の百姓や、「上に 政策有れば、下に対策有り」と言う民衆の価値観が出来上がっているのでしょう。

 シナの治安は常に、上から強制力が無ければ維持出来ないと言います、元より、シナの歴史は、秦漢時代に成立した農耕民族の社会基盤の上に遊牧民出自の支 配層と言う形で成立していたのが、王朝を重ねる毎に、外部から侵入してきた遊牧民に社会の基層部分を取って代わられるという繰り返しですから、次第に灌漑 は放棄され、公が水害に対策しないから農耕は衰退し、文化も創造力を失って行きました、文芸、工芸、陶芸と言った庶民主体の文化発進力は隋唐代がピークで あったと感じてます。

 趙宋や明と云った漢民族出自とされる王朝の頃でも、基層部の変化が大きかった様で、軍事力が充実している初期は看るべきモノがありますが、中葉を過ぎる と政権を維持するのがやっとの情況になっています、文化的にも、隋唐時代に比べて看るべきモノが少な過ぎます、明らかに基層部を構成する民族の文化力が落 ちています、そして、それぞれの後を襲ったのは、異民族王朝で、文化は途絶してしまいます、情況から云って、古代からのシナ文明の継承構造は、明代で殆ど が潰滅したと考えるべきでしょう。

 現代に残されたのは、その残滓と混乱だけです、ソレも文化大革命で基層部に僅かに残されて居た文物や技術の継承構造を徹底的に破壊した事で、継承すべき 精神迄を絶滅させた、共産シナが4千年に亘るシナ文明に引導を渡したと云えます。

 創造性に欠けた、異なった価値観を有する異民族の台頭は、社会常識をも変化させますから、社会は混乱し、モラルは失われ、治安は常時乱れたでしょう、す ると、当然支配権の強さだけが社会のモラルを維持するファクターになってしまう、そう言う社会がシナ大陸では既に2千年以上続いてきたと言っても過言では ない、エイリアンである遊牧民が農耕民の財産を奪う事は、遊牧民自身天から与えられた権利だと思っているフシガありますから、盗賊ダラケの社会になったと しても宜なる哉でしょう。

 現代の共産シナが統率するシナ社会の主体は4千年前と変わらず百姓達ですが、ドゥやら中味が大分違っています、最早、漢民族主体の王朝を復古させる理想 を実現出きるバイタリティも知恵も喪って、唯、目先の利益に執着して明日を生き延びる事にさえ汲々として、為政者の嘘を唯々諾々と受容し、自分達と同じ立 場の「異民族」という名の隣人の弾圧・虐殺を看過するだけの、義の心を喚起出来ない民の姿でしかない。

 是では、誰も敢えて救おうとはしないし、亦、救い甲斐もない、滅びても仕方がないでしょうね。


16462.カネ儲けのためには何でもやる支那人     
名前:forest(管理人)    日付:6月4日(水) 23時54分
>ナポレオン・ソロさん

支那人の拝金主義は凄まじいようで、カネ儲けのためには何でもやるそうですし、反対にカネにならないことは一切しないと言うのですから、そのような考えが 環境汚染の根本原因かも知れません。

また役人が100人いれば、100人汚職をするそうで、カネを儲けるだけ儲けて外国に持ち逃げ出している連中もいるそうで、金持ちになることだけが成功者 となるのでしょうが、以前、東京観光などに訪れる支那人が平然と100万円位の買い物をしている様子がテレビで放送されたことがあり、どのような手段でカ ネ持ちになったのか分かりませんが、羨ましいと言うより、カネ持ちになったことを自慢しているかのようで、見ていて不愉快になりました。要は人のため、社 会のために自分が稼いだカネは使いたくないと言う訳でしょう。

四川大地震での支那政府の対応は、民主主義国ではあり得ないことばかりで、まだ生き埋めのなっている者が多数いるのに、倒壊した建物を爆破して、埋めてし まうとか、被災者への支援も公的組織が出て積極的に行っている様子もなく、このことは大地震のような災害が起きた時に政府としてどのような対策をするのか さえ出来ていないと言って良く、人民解放軍は国民のための軍ではなく支那共産党政府を守る軍であることがはっきりしたと言って良いでしょう。

支那がこのまま経済発展を続ける国家とはなり得ないことは支那共産党も分かっているでしょうし、幹部の子供までも外国に逃げているか、その準備のためにカ ネ儲けだけを考えており、また不正をして蓄財をすることなど、やるのが当たり前と思っているのでしょう。

もし支那で内戦や暴動が多発し、または環境汚染などで人が住めない国になったならば、難民として周辺国に逃げ出すことでしょうが、そのような事態になった 時に日本として受け入れないことをしっかり伝えておくべきで、人道問題と言って、受け入れすべきだと言い出す連中もいるでしょうが、長野市で4000人集 まっただけで、あの有様ですから、絶対に受け入れてはダメです。

民主党は支那人を1千万人とか3千万人とかを受け入れる政策を持っているようですが、日本の滅亡に繋がることは明らかで、日本が日本でなくなるようなこと を民主党は考えている訳で、支持している方は知っているのでしょうかね。


16461.シナの滅亡論     
名前:ナポレオン・ソロ    日付:6月4日(水) 16時11分
>forest様
>>受け入れてしまったら日本も滅亡する
 私も共産シナの統治は限界だろうと思います、先ず、7つの異なる利権集団を纏め続ける為には強烈な求心力が必要ですが、それが文革までは毛沢東、天安門 までが小平、経済開放成功までが江択民と言う個人に拠るモノであった事は否めないでしょう、私は江迄皇帝が三代続いたモノと考えます。

 共産シナの計算違いは、毛沢東や四人組に「走資派」と非難された小平に拠って示唆され、シナ経済が市場開放策に転じてから、現れ出た民衆の「お金持ち になりたい」願望が余りに無分別に発揮され、地方の役人、中央の官僚がその最足るモノで、共産党幹部も全く例外ではなかった事、結果、気が着いた時は後戻 りが全く出来ない状態に成っていたことでしょう、丸で清朝末期に逆行したかの様な有様だったのではないだろうか。

共産党青年団、所謂、団派は比較的理想主義者の集まりと見られて居たのでしょうが、其処はシナ社会ですから、高位に居るのに貧乏人では、成功者とは見做さ れないし、一族も黙っていない、太子党がよい例です、彼等は、正にシナの開国の利益を独り占めしているわけですが、取って代わろうと目論むモノは居ても、 不正を糺し国風を直そうと言うモノは決して世上に現れない、是は、そう言う常識を社会が黙認していると言うことです。

 大震災への対処を看ていて、シナ社会に如何に社会の力が育っていないかが良く分かりました、民衆の声や願いを実現できる機能が社会に備わっていないと感 じたのは、先ず、災害直後の情報取りまとめを担うべき、対策本部一つ造る知恵も常識も実現できない処に現れているといって良いでしょう、情報統制権は軍が 独占していたのでしょうが、然すれば、元より、人命より軍命である社会なワケです、国民の為の国家ではない現実がイキナリ露わになってしまった。

 こんな情況の国家が長続きするワケがないのは、共産党自身がよく分かっているでしょう、彼等は個々に逃げ出す準備を怠っていないと思います。

 問題は10億人以上にも上る被災、経済、政治、戦争難民でしょう、日本は入国管理を見直して、外国人のシャットアウトを宣言して措くべきです、然も無け れば、女子供を満載した船を撃たなければ成らなくなります。

10億人の例え1%でも1千万人であることを考えれば、日本がそれら難民を僅かでも受け容れることは、日本の滅亡に直結するのは明らかでしょう。

コメント

単なる口約束だけで対北朝鮮制裁措置を解除とは

2008年06月14日 20時50分00秒 | 政治

北朝鮮「拉致を再調査」表明、制裁一部解除へ

 町村官房長官は13日夕の記者会見で、北京で開かれた日朝公式実務者協議で、北朝鮮が日本人拉致問題の「再調査」を表明したことを明らかにした。

 北朝鮮は、同国に滞在する日航機「よど号」乗っ取り犯4人全員とその妻2人の引き渡しに協力することも約束した。

 日本政府は、こうした対応を拉致問題解決に向けた「一定の前進」と評価し、2006年から実施している対北朝鮮制裁措置の一部を解除・緩和する方針を決めた。

 米政府は、日朝協議で一定の前進があったとし、北朝鮮が核申告の見返りに要求しているテロ支援国指定の解除の環境が整ったと判断し、北朝鮮が核申告を提出するのに合わせ、指定解除に踏み切る公算だ。

 日朝公式実務者協議は今月11~12日、9か月ぶりに開かれた。日本から斎木昭隆・外務省アジア大洋州局長、北朝鮮から宋日昊(ソンイルホ)日朝交渉担当大使らが出席した。斎木局長は13日午後に帰国し、福田首相、町村官房長官、高村外相らに結果を報告した。

 拉致問題の再調査は、北朝鮮が「拉致問題は解決済み」としてきたこれまでの姿勢を転換するものだ。

 町村長官は記者会見で、「北朝鮮は拉致問題解決に向けた具体的行動をとるため、再調査を約束した」と述べた。再調査の目的は、「生存者を発見し、帰国させるため」と説明。日朝間で今後、調査方法などを詰めていく考えを示した。

 一方、「よど号」乗っ取り犯とその家族のうち、日本への引き渡しが検討されるのは、乗っ取り犯の魚本(旧姓・安部)公博、小西隆裕、若林盛亮、赤木志郎、乗っ取り犯の妻の森順子、若林(旧姓・黒田)佐喜子の6容疑者。

 魚本容疑者は1983年の有本恵子さん拉致事件、森、若林佐喜子容疑者は80年の石岡亨さん、松木薫さんの拉致事件にそれぞれ関与したとして、日本の警察当局が結婚目的誘拐容疑で逮捕状をとっている。

 町村長官は「引き渡しが早期に実現するよう北朝鮮側と調整していくことになった」と述べた。

 政府は北朝鮮の今回の対応を踏まえ、弾道ミサイル発射や核実験を受けて実施してきた制裁措置を見直す。具体的には、〈1〉北朝鮮籍者の入国原則禁止 〈2〉日本の国家公務員の北朝鮮渡航の原則見合わせ、日本から北朝鮮への渡航自粛要請〈3〉日朝間の航空チャーター便の日本乗り入れ禁止――が解除される 見通しだ。また、すべての北朝鮮船舶の入港禁止措置も、日本から人道支援物資を運ぶ場合に限り緩和する。

 ただ、町村長官は、北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議の枠組みで実施されている、北朝鮮への経済・エネルギー支援について、「環境が整ったと言えるほどの進展ではない」として参加しない方針を継続する考えを示した。

 一方、ブッシュ政権は、北朝鮮の核申告を受けて、6か国協議を早急に再開し、政権の任期中に核放棄の具体的交渉に入ることを目指している。昨年9月以来となる6か国協議首席代表会合が来週にも開かれるとの見方も出ている。
(2008年6月13日19時10分 読売新聞)

                  ◆

日朝協議:拉致再調査…福田首相「問題は中身」

 福田康夫首相は13日夜、北朝鮮が日朝実務者協議で拉致問題解決に向けた再調査を約束したことについて「問題は中身だ。これから具体的に詰めていく。話し合いが始まったという段階だ」と述べ、慎重に交渉を進める考えを示した。首相官邸で記者団に語った。

  政府の経済制裁一部解除の方針に関しては「見返りも向こう側は期待する。そういうことがなければ話し合いも始まらない。限定的な形で経済制裁を解除しても いいのでは」と強調。「あくまでも拉致被害者全員の帰国を目指しているが、交渉しなければ解決しない」と述べ、今回の日本の対応に理解を求めた。【高山 祐】

毎日新聞 2008年6月13日 22時44分(最終更新 6月13日 23時12分)

(引用終了)


 政府は対北朝鮮制裁措置の一部を解除・緩和する方針を決めたそう だが、これは北京で開かれた日朝公式実務者協議で、北朝鮮が日本人拉致問題の「再調査」を表明したことから、これを拉致問題解決に向けた「一定の前進」と 評価しての判断とのことで、これも総理に就任したからには、なるべく早く制裁を解除したいと思っていた福田総理の方針によるものであろう。

 まさに、これは制裁を継続していては北朝鮮と対話は出来ないとする総理の考えだと思っており、会見で「見返りも向こう側は期待する。そういうことがなけれ ば話し合いも始まらない。限定的な形で経済制裁を解除してもいいのでは」と語っているようで、制裁することで北朝鮮に対話を促すのではなく、制裁などしな いで、対話だけで拉致問題を解決しようとしているようである。

 北朝鮮が日本人拉致問題の「再調査」を表明したから、その見返りとして、制裁措置の一部を解除・緩和とは驚きだが、北朝鮮と拉致問題解決に向けて対話をして来たものの、何の進展もせず、無駄であったから制裁に踏み切ったのではなかったのか。

 もし制裁を解除すれば、北朝鮮は対話に応じるふりはするであろうが、何の進展もせず、無駄であった対話だけの時代にも戻るだけであり、拉致問題解決に向け て進展させる気があるならば、制裁を更に強化すべきだが、福田総理の頭の中には、対話を妨げていたのは、わが国の制裁措置との認識しかないようで、だから 北朝鮮が日本人拉致問題の「再調査」を表明したとの単なる口約束に喜び、これで制裁を解除することが出来ると思ったのであろう。

 では、北朝鮮が「再調査」の結果、拉致した日本人はいないとか、全員が既に死亡しているとして、拉致問題は解決したと言われたら、政府は制裁措置を再開するのか。それとも制裁に代わる何らかの措置をとるつもりがあれば、それを北朝鮮に突きつける必要があるのではないか。

 よど号ハイジャク犯などを引き渡す必要などなく、拉致被害者を一刻も早く帰国させるのが先であり、北朝鮮が好きでハイジャクしてまで行ったことは、日本よ り北朝鮮の方が楽しい国なのであろうから、何も帰国を希望していたとしても、それを実現させてやる必要はなく、地上の楽園とやらで余生を過ごせば良いだろ う。

 北朝鮮がハイジャク犯などを引き渡すような事を言っているのは、テロ支援国家を解除してもらうためと、年をとったことからなのか北朝鮮にとって、既に厄介 者となったからであろうし、また既に帰国を果たした一部の拉致被害者と違って北朝鮮の内情を話さないとの確信があるからで、日本にとって、よど号ハイジャ ク犯が帰国することでのメリットは何ら存在しない。

 福田内閣になってから、良いことと言えば北京五輪の開会式に皇族方が参加されないことが決まってだけで、それもどうなるか分からないが、それ以外で、良い ことは何一つなく、支持率は下がり、国民の怒りの声は高まっていても、いつもは政治家には厳しい目を向けている偏向マスコミは何故か福田内閣への批判を手 控えているのは不思議でならない。対北朝鮮制裁は継続することで効果であるのであり、一時的であったとしても、解除してしまったら、今までの効果が無駄に なるのではなかろうか。
(2008/06/14)

写真:日朝実務者協議の結果について記者の質問に答える福田総理

コメント (4)

ついに受信契約拒否者に法的措置をとるNHK

2008年06月12日 23時23分48秒 | NHK問題

NHK、受信契約拒否の都内事業所に法的手続き通告

 NHKは11日、放送受信契約を拒否する東京都内の1事業所に対し、1か月後も契約に応じない場合、民事訴訟を含む法的手続きに踏み切ることを明らかにした。

 受信料の公平負担に向けた措置で、12日にも相手方に通告する。

 NHKは昨年5月から、受信契約を結ばない都内の2事業所に対して「受信料特別対策センター」を通じて最終交渉。うち1社は拒否したため、民事手続きに移行することを決めた。地方裁判所への提訴のほか、簡易裁判所での民事調停や仲裁が検討されている。

 このほか、南関東の未契約2事業所についても、同センターが交渉に入る。一般世帯では、首都圏で絞り込まれた数十件について、状況を見ながら同センターに対応させる。

 3月末現在、受信料の契約対象4766万件(世帯・事業所)のうち、1126万件(同)が未契約と見られている。

 一方、2006年11月に始まった滞納契約者への支払い督促申し立ては、3月末現在で167件に上っている。
(2008年6月11日19時36分 読売新聞)

(引用終了)


 NHKの受信料を公平に負担するとは、その放送を見たい方だけ が、NHKと契約を結んで受信料を支払うことであり、反対に見たくない方、すなわち他の無料放送局を見るだけで十分であったり、他の有料放送局とは個々に 契約することはあっても、NHKとは契約をせず受信料を払わない方には放送を見られないように何らかの措置をすることではなかろうか。

 受信料を支払っている方から言わせれば、受信料を支払っていないで、放送をタダで見ている方は許せないと思うだろうから、まさに受信料の公平な負担となっ ていない訳で、だから支払っていない方の所有するテレビはNHKが受信出来ないようにして欲しいと思っていることであろう。

 テレビを所有しているすべての家庭や事業所などにNHKの担当者が出向いて受信料契約を結ぶことなど不可能であろうから、これでは皆様のNHKがいつも 言っている受信料の公平な負担など永久に達成出来ない訳であり、そのためにはスクランブル化することで、タダ見をさせないようにすべきだが、何故かNHK はスクランブル化には消極的であり、これでは、タダ見が続くことになり、受信料を支払っている方から不満が出ることになるのではあるまいか。

 報道によれば、NHKは放送受信契約を拒否する東京都内の1事業所に対し民事訴訟を含む法的手続きに踏み切るそうであり、受信契約をしておきながら払わないのは問題だが、契約しないからと民事訴訟を起こされるなど今まで聞いたことがない。

 受信契約を結ぶ義務があるのは放送法にあるようだが、契約するからには、放送されている番組の内容や受信料の問題があることから、良く検討した上で、契約 することもあるだろうし、また内容が良くとも受信料が高額であるとして契約を諦めるしかないこともあろうが、NHKに関しては内容がどのようなものであっ ても、また受信料が高額であっても、強引に契約を迫る訳であり、契約とは、それに至るまで双方で条件を出し合い折り合って初めて締結されるものではないの か。

 NHKの受信契約書など見たことはないが、そうなると受信契約を結んでいる方にNHKは契約書も渡さず、受信料をしっかり取っている訳だが、契約後に受信 料が上がることになった場合のことなど契約書があれば謳うべきだが、それもなくて、一方的に契約を迫る訳であり、「NHKなど見ない」と言っても、それは 認められず、テレビがあるならばNHKの放送を楽しんでいる筈だとして、偏向が著しいNHKは見ないとの権利は認められないらしい。

 現在販売されているデジタルテレビには「地上アナログ」「地上デジタル」「BS」「CS」などのチュナーが内蔵されているが、確か有料放送の場合は購入して16日間は見られるようになっているが、その後はスクランブルが掛かり、受信契約しない限り見ることは出来ない。

 他の有料放送局ではスクランブル化をしているのに、NHKに限ってスクランブル化せず、相変わらず、受信料の公平負担に向けた措置として、未契約者に対し て契約を迫るために民事訴訟を起こそうとしている訳であり、そのようなことをしなくともスクランブル化すれば、受信料の公平負担が一気に解決出来るのにそ れをしないのは、スクランブル化に反対し、受信料をこれからも徴収することはない在日や半島の連中のことしか考えていないのであろう。
(2008/06/12)

コメント (7)

支那産野菜である限り消費者の信頼を得るのは難しい

2008年06月11日 23時28分07秒 | 社会問題

 今 年1月に発生した支那製の冷凍ギョーザによる中毒事件で、検出された有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が何処で混入されたのか未だに明らかになっていな い。日本側としては国内捜査の結果と、検出された「メタミドホス」の不純物を検査したところ、国内の検査機関で使用されているものではないことが明らかに なっていることから、支那での製造過程において混入したとしか考えられないが、いつものように、過ちを絶対認めない支那だから、この件に関して、責任を認 めたり謝罪することはないだろう。

 冷凍毒ギョーザを製造した支那河北省石家荘市にある「天洋食品」は加工作業の従業員のほぼ全員が退職したそうであり、その後、どうなっているのか続報がな いので分からないが、もう日本向けに冷凍食品などの輸出は出来ないであろうし、これが日本国内の企業であれば倒産したことは間違いない。

 食品に致死量の「メタミドホス」が混入されていて、その原因も不明となれば、消費者は「支那産」と表示されているだけで、その食品を購入しなくなるのは当 然であり、最近は近くのスーパーの行っても、「支那産」のものはほとんど姿を消しており、国産のものには、目立つように産地表示がされていることから、こ れは大変良い方法だと思う。

 わが家から車で5分位の所に、農協直営の大きな店が出来たが、勿論販売しているのは、地元農家が生産している野菜などが中心だが、貼付されているラベルに は生産地や価格と共に生産者の氏名が印字されており、これは責任を持って生産していることになる訳で、何か問題が起きれば、その生産者の責任を問われるこ とになることから、これでは消費者に迷惑を掛けるようなものは生産出来ないとの自覚が生まれることであろう。このように生産者の氏名までが印字されている ことから、この農協直営店には食の安全に敏感な消費者でいつも混雑しているのは当然かも知れない。

 ところで、6月8日付けの産経新聞に「味の素冷凍食品」の全面広告が掲載されているが、要するに冷凍ギョーザの安全性を訴える広告であり、それには「味の 素冷凍食品の『ギョーザ』は、日本の自社工場(群馬県・岐阜県・佐賀県)で製造。原料の中国産野菜は自社管理農場および同等の基準に合格した指定農場のも のだけを使用」と書かれており、その自社管理農場とは福建省南部、廈門(アモイ)市郊外にあるようだ。

 味の素が福建省にある自社管理農場でニラなどの生産を継続し、他の国や国内生産のものに切り替えないのはどのような理由があるのか分からないが、ギョーザ の原料となるニラが国産ではなく、支那で生産されていることを消費者が知ることで購入する意欲が起こるとは思えないが、それでも味の素は福建省での生産に 拘るつもりらしい。

 いくら自社管理農場だとしても、支那で生産されたものであれば消費者は拒否反応を示すと思われるが、それほど冷凍毒ギョーザが消費者に与えて衝撃は大きい のであり、自社管理農場で生産を強調したとしても、それが支那にある限り、消費者の信頼を得るのは難しいのではあるまいか。
(2008/06/11)

写真:味の素冷凍食品のギョーザ

コメント (2)

秋葉原駅近くで発生した無差別殺傷事件に思う

2008年06月09日 14時57分23秒 | 社会問題

刃物男、奇声あげ次々襲撃…目撃者「腹や胸、何度も刺した」

 ナイフを持った男は、歩行者天国で通行人を次々と切りつけていった――。東京・秋葉原で8日白昼に起きた通り魔事件。猛スピードのトラックで人込みに突っ込んだ男は、奇声を上げながら刃物を振り回した。

 お年寄りが血を流して倒れ込み、家族連れが悲鳴を上げて逃げまどう。買い物客でごった返す休日の電気街を悪夢が襲った。

 「トラックから刃物を持った男が降りてきた。最初は普通に話していたのに、突然、自分がはねた人に馬乗りになった。大声でわめきながら腹や胸を何度も刺した」。事件を目撃したフリーターの男性(19)は恐怖に表情をこわばらせた。

 加藤智大容疑者(25)のトラックが突っ込んできた交差点近くの電器店の男性店員(34)によると、トラックはほとんどスピードを緩めずに突っ込んでき た。運転席から出てくると持っていたサバイバルナイフで何度も刺した後、自分がはねた別の男性にも馬乗りになって刺した。人が集まって止めようとすると、 ナイフを振り回して抵抗した。

 別の男性店員(33)は午後0時半ごろ、ドーンという音を聞いて、店舗6階の窓から見下ろすと、横断歩道と交差点の真ん中に2人の男性が倒れていた。警 察官が倒れている男の人に駆け寄り、しゃがんで話しかけていると、白いジャケットを着た加藤容疑者が後ろから近寄り、いきなり腰のあたりを刺したという。

 千葉県から遊びに来ていた大学院生(29)は「周りで『刃物を持った男がいる、逃げろ』という声が聞こえ、あわてて逃げた。しばらくして現場に戻ると、刃物を持った男の姿が見えて足がすくんだ」。

 現場近くの電器店の店長(50)は、ナイフを持った加藤容疑者を追いかけてきた警察官が目の前で制圧するのを見た。ナイフを振り回す加藤容疑者に警察官 が警棒で応戦し、しばらく渡り合った後、にらみ合いになった。警察官が拳銃を構えると、加藤容疑者は観念したように路上にナイフを捨てて、取り押さえられ たという。

 警察官らが飛びかかって加藤容疑者をシャッターに押さえ付けて、取り押さえた。加藤容疑者は額から血を流していて、両脇を抱えられながら、パトカーに連行されていった。

 買い物に来ていた男性(35)は、逮捕現場の近くで男性と女性が倒れているのを見つけた。うつぶせに倒れていた女性は「大丈夫ですか」と呼びかけると、かすかにうなずくしぐさを見せたが、男性はまったく反応しなかった。
(2008年6月8日20時35分 読売新聞)

(引用終了)


 8日午後0時30分ごろ、 東京都千代田区外神田の秋葉原駅近くで発生した無差別殺傷事件は7人の死亡が確認され、10人が怪我をするとの大惨事となった。秋葉原駅近くで発生したこ とで、マスコミには現場に居合わせた方から提供されたものを含む様々な映像が出ているが、その中に容疑者を逮捕しようとする警察官の様子があり、最初は警 棒で容疑者を制圧しようとしていたが、その後に拳銃を抜いて、容疑者に向けたところ、刃物を捨て、抵抗を止めたことから逮捕したようである。

 その後に手錠が掛けられた容疑者がパトカーの乗せられる映像も出ているが、マスコミの手に掛かると、このような容疑者でさえ、手錠が分からないようにモザイクが掛けられており、さすが容疑者の人権を最大限配慮することを決して忘れないマスコミらしい対応だ。

 今回の事件のように無差別に多数の方を殺傷し、更に連続犯行に及ぶ恐れがある場合には、即射殺することもやむを得ないし、そのために、警察として現場の警察 官に拳銃使用をためらうことのないように指導教育を徹底すべきはなかろうか。であるから今回は拳銃を向けられた容疑者が、刃物を捨て、抵抗を止めたことか ら逮捕出来たものの、抵抗を続けて逃走を続ければ、警察官や他の者に身の危険を及ぼす恐れがあるのは当然であり、その場合には前述したように射殺するしか 手段がないであろう。

 警察官の拳銃使用とは相手に向かって射撃したり、威嚇射撃することの他に構えることも含むそうであり、であるから今回のケースのように無差別殺傷事件を起 こした容疑者に向かって構えている映像まで出ているのだから、警察官が拳銃を使用したことになる訳で、それは私達庶民にとっては問題だとは思わず、むしろ 「射殺しても良いケースなのに、なぜ射殺しなかったのか」と思うが、いわゆる容疑者の人権しか考えていない似非人権屋にとっては、容疑者に向かって拳銃を 構えなくとも逮捕出来たのではないかと抗議をしてくるかも知れない。

 それにしても、今回は容疑者に向かって拳銃を構えただけだが、偏向マスコミや似非人権団体などが、警察官の拳銃使用を「犯罪」であるかのように騒いで来た ことが、立てこもり事件などで見られるように、解決に時間が掛かってしまい、容疑者を射殺することで、事件の早期解決を図ることを阻害して来た訳である。 そのために犠牲者を増やし、早期解決が出来ないことで長時間に渡って付近住民の生活にも影響が出ているのであって、それは容疑者を射殺するとの強行手段を とって批判を招くことを警察として恐れていることに他ならない。

 拳銃を合法的に所持し、それを警察官職務執行法に従って使用して相手の危害(射殺を含む)を加えても法的に責任を問われることがないのが街頭で私達庶民を 守ってくれる警察官なのであり、その警察官が拳銃を使用すべき事案なのにも関わらず、偏向マスコミや似非人権団体などからの批判を招くことを恐れて、使用 をためらうようでは、誰が喜び、誰が悲しむことになるか明らかではないか。

 それにしても、7人を殺害し、10人に怪我をさせたサバイバルナイフを所持する容疑者に対して当初は伸張式の特殊警棒で立ち向かった警察官の勇気を称えたいし、もし、その警察官が勇敢にも容疑者に立ち向かわなければ、更なる被害者が出たことであろう。

 参考までに、平成16年8月27日に書いた今日のコラム「警察官の拳銃使用に関する報道姿勢について」を改めて掲載し、今回の事件で亡くなられた方のご冥福と、怪我をされた方の一刻も早い回復をお祈り申し上げたい。

                              ◆

警察官の拳銃使用に関する報道姿勢について

 「警官発砲、男けが」などとの新聞に見出し を見ると、警察官が理由もなく拳銃を発砲し、怪我をさせたかのようであり、これではまるで警察官を犯罪者なみに扱っているのではと以前から疑問に思ってい た。警察官は拳銃などの小型武器を携帯することは警察法によって認められており、また、その武器の使用も警察官職務執行法によって、緊急避難、正当防衛に 当たる場合、相手すなわち抵抗する犯罪者に対して危害を加えることも認められている。であるから、犯罪者は警察官の正当な職務執行に抵抗すれば、射殺され ることを覚悟しなければならない訳である。

 昨今の治安の悪化は憂うべきものがあり、警察官の職務執行に抵抗し、逮捕を免れるために逃走を図る事案が増えており、そのために警察官が拳銃を使用するこ とが多くなってきたようで、先般、東京の田園調布駅で発生した韓国の武装強盗団事件では刃物を持って抵抗する犯人の一人を警察官が拳銃を使用して逮捕して いる。この時も朝日新聞は、住民は武装強盗団のことより警察官の拳銃の発射音を怖がっていたなどとピントが外れた報道をしていたが、朝日の記者にとっては 警察官の拳銃使用を犯罪の一つであるとの意識を持っているからに他ならない。

 もう何年前になるか忘れたが、東京都内で「酔っぱらいが騒いでいる」との通報を受けた交番の警察官が制止しようとしたところ、2人組の酔っぱらいに抵抗さ れ、警棒を奪われ首を絞められたり、殴る蹴るなどされて重傷を負ったことから、このままでは殺されると判断し、正当防衛のため拳銃を使用して、酔っぱらい の一人を射殺したことがある。その不幸な事件を取り上げた朝日の社説は「たかが酔っぱらい位で何でこんなことになったのか」として「警察官は普段は拳銃を 所持することはない。事件の通報があって現場を確認し、拳銃が必要な場合は、一旦引き返し、警察署などに保管しておいた拳銃を持って再度現場に行けば良 い」とか書いていた。さすがに世間の笑いものになったが、このようにサヨク偏向マスコミは警察官の命や職務のことなど何も考えていないのである。

 現社民党の福島党首も「警察官はどんな凶悪犯人でも素手で逮捕せよ。拳銃を使うなどしてけがをさせてはいけない。それで警察官が死んでも仕方ない。逮捕す るのに危険であれば逃がせば良い」と発言したことがあるようであり、このようにサヨク偏向マスコミは警察官の拳銃使用について非常に敏感に反応し、そのた めに「ここで拳銃使用をしたらマスコミに叩かれる」として使用すべき状況なのに使用をためらい、命を落としたり負傷したケースもあったのではなかろうか。

 警察官の拳銃使用は警察官職務執行法によって正当なものであれば犯罪ではなく事件でもない。事件とは例えば窃盗事件の犯人が逮捕を免れようと警察官に抵抗 し、逃走しようとすることが事件なのではないか。であるから新聞の見出しも窃盗事件の犯人が抵抗したことを大きくすべきであり、「警官発砲、男けが」とは 書かず、例えば「警察官拳銃使用し逮捕、男けが」は小さく書けば良いのである。

 またマスコミから「発砲は適正であったのか」としつこく追及されるのであろうが、警察は「逃走防止と正当防衛のためにやむを得ない措置」と弁解のようなこ とを言うが、なぜこのような決まり切ったことを発表するのか。警察官が拳銃を所持していることは犯罪者も当然知っている訳であり、その警察官の正当な職務 執行に抵抗し逃走しようとして危害を加えようとすれば撃たれることを覚悟すべきである。であるから警察は「犯人を射殺をせざるを得なかったのは遺憾である が、警察として法に沿ったものであり適正な職務執行と判断する。であるからこのような不幸な結果を招かないように、国民の皆さんにおかれては、警察官の正 当な職務執行に抵抗しないで頂きたい」とでも発表すれば良いのではないか。

 わが国に不法滞在し、また犯罪目的で入国してくる外国人が増加しているが、「日本の警察官は撃たない」と嘗めており、刑務所も支那人から言わせればリゾー トホテルだそうである。偏向マスコミは警察官の適正な拳銃使用まで牽制して、使用すべき状況なのに使用をためらってしまうような警察官の方が良いと思って いるのあろうか。治安の回復を望まないなら返す言葉はないが、マスコミによる今のような警察官の適正な拳銃使用に関しての報道姿勢を改めて頂きたいもので ある。
(平成16年8月27日 今日のコラム)

写真(上):抵抗を抑止するために容疑者に拳銃を向ける警察官

写真(下):逮捕された容疑者の手錠の部分にモザイクが掛けられている

(2008/06/09)

コメント (13)

日本人と共存出来る外国人が1000万人もいるのか

2008年06月09日 09時07分15秒 | 政治

移民、1000万人受け入れ提言…自民議連案

 自民党の「外国人材交流推進議員連盟」(会長=中川秀直・元幹事長)がまとめた日本の移民政策に関する提言案が7日、明らかになった。

 人口減少社会において国力を伸ばすには、移民を大幅に受け入れる必要があるとし、「日本の総人口の10%(約1000万人)を移民が占める『多民族共生国家』を今後50年間で目指す」と明記した。

 週明けの会合で正式に取りまとめ、福田首相に提案する。

 1000万人規模の移民は、現在、永住資格を持つ一般・特別永住者(87万人)の約12倍にあたる。

 案では、これら移民と共生する「移民国家」の理念などを定めた「移民法」の制定や「移民庁」の設置を提言。地方自治体に外国人住民基本台帳制度を導入し、在日外国人に行政サービスを提供しやすい態勢を整えることなども盛り込んだ。

 入国後10年以上としている永住許可を「7年」に緩和するよう求めたほか、年齢や素行など様々な要件を課している帰化制度も、「原則として入国後10年」で日本国籍を取得できるように改めるべきだとした。
(2008年6月8日10時38分 読売新聞)

(引用終了)


 人権擁護法案や永住外国人地方参政権法案などは、どう考えても、 国民にとって暮らしやすくなるために必要な法案とは思えないものばかりであり、それを推進し、成立させようとしている政治家の頭の中の構造はどうなってい るのかと言いたくなる。だが、そのような政治家を選んだのも国民であって、反省しなければならないが、何の信念もなく、時勢に合わない考えを持った者が政 治家にでもなるかとして、適当なことを言って国民を欺き、今や「センセイ」と呼ばれて周囲から煽てられ、ついついその気になり、それで、やっていることと 言えば売国行為ばかりとなればお話にならない。

 この二法案だけでも驚いていたのだが、今度は移民を大幅に受け入れる必要があるとして、自民党の「外国人材交流推進議員連盟」(会長=中川秀直・元幹事 長)が、「日本の総人口の10%(約1000万人)を移民が占める『多民族共生国家』を今後50年間で目指す」と明記した日本の移民政策に関する提言案を 取りまとめたことが報道されており、受け入れるための「移民法」の制定や「移民庁」の設置が提言されているとのことである。

 これは少子高齢化社会を迎えて、人口減が進むとしての移民を大幅に受け入れて国力を維持したいがためのものであろうが、10人に1人が外国人になった時の 日本がどのような国になっているか想像すると、おそらく治安は悪化しているであろうし、それより前に日本の国力を弱めることを目的にして移民を送り込んで 来る国によって、戦争をすることなく日本侵略の野望が実現していると思われる。

 在日支那人・朝鮮人による犯罪が多く、また移民である在日朝鮮人の多くが無職で、生活保護を受けているとの現状を解決しようとせず、労働力不足を補うから としても、なぜ1000万人もの移民を受け入れるとの根拠が曖昧であり、日本を本当に10人に1人が外国人になってしまう国にしなければならないのかと言 いたくなる。

 また、この移民政策に関する提言案には永住許可を「7年」に緩和し、帰化制度も、「原則として入国後10年」で日本国籍を取得できるように改めるべきだと しており、そうなると選挙権を得ることになるが、永住外国人地方参政権でさえも、日本が侵略されてしまうのに、日本国籍を得た移民のすべてが日本に帰属す るとは思えず、そうなるとどのような事態になるか明らかではないか。

 日本の政治家とあろうものが、支那による日本絶滅に手を貸す提言案を取りまとめたとは驚きを禁じ得ないが、明らかに国民を危険にさらすことなる提言案を平 然と出すとは、外国人犯罪の実態も知らず、4月26日に長野市で何があったのかも知らないようである。少なくとも日本社会にとけ込み、共存出来る外国人が 1000万人もいるとは思えず、諸外国で移民を受け入れたことで何が起きたか良く調査した方が良いし、それを行わないまま本提言が法制化されてしまうので あれば無責任の何者でもないし、売国奴と断じて良いだろう。
(2008/06/09)

コメント (6)