私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

掲示板 2004年12月分過去ログ (8172~8187)

2004年12月31日 22時50分42秒 | 掲示板過去ログ2004年分
8187.二フティから書き込んでます。  
名前:サブマリン707    日付:12月31日(金) 22時50分
スマトラ大地震で、海外からの救援隊の中に、真っ赤な制服を着用した台湾の救 援隊がいたのをTVでみました。(何のコメントもなかったのは残念でしたが)
偉いぞ、台湾。


8186.インド洋大津波の被災国は領土的野心を持つ支那の救援は断るのでは  
名前:forest(管理人)    日付:12月31日(金) 18時16分
>飛龍さん

スマトラ沖地震によるインド洋大津波の救援体制は日本、米国、オーストラリア、インドの4ヶ国での共同で行うべきでしょう。支那は少しはカネを出すかも知 れませんが、この機会を利用して「アジアの盟主」となりたいことでしょうが無理というものです。

まず援助の少なさであり、日本のたった10分の1であることです。まあ援助額の多い少ないで判断するのも正しくないかも知れませんが、それにしてもこの少 なさでは被害にあった国々はため息が出てしまいます。

支那には困っている国や人がいてもわざわざカネを出して助けてあげる程の力はあるとは思えない。出す時は魂胆がある時でしょう。そんなことから米国は支那 には声を掛けないのではないでしょうか。

海上自衛隊の護衛艦など3隻はすでにタイ政府の要請で被災者の捜索活動にあたっていますが、支那はカネだけでなく海軍艦艇まで出すかどうかです。しかし支 那は領土的野心を持ち、実際に石油や天然ガスなどの海底資源を横取りするために日本の排他的経済水域や、南シナ海の南沙諸島や西沙諸島周辺で違法な海洋調 査や領土・領海侵犯を繰り返し、一部の島には軍事基地を建設し占領しております。

このようなことを知っている国々では、いくら被災者の捜索や救難といっても支那海軍の助けは断るのではないでしょうか。これは米国防総省の報告書『アジア 2025』が指摘しているそうで、「支那の海軍に東南アジア諸国周辺へ救難活動とは言え展開を許すと、支那政府が雇った海賊を東南アジア海域で暴れさせて から、それを制圧するという名目で同海域を支配するだろう」とのことです。

マラッカ海峡には海賊が出ると言われていますが、支那政府が雇った連中だという米国防総省の報告書も興味深いです。支那の貨物船が海賊にやられたとかいう 話をでっち上げるかも知れません。なんせ支那共産党ですからね。やりかねませんよ。


8185.平成17年(2005年)のニュース(あくまで予想?)  
名前:forest(管理人)    日付:12月31日(金) 17時21分
1、筑紫哲也が引退。捏造報道のNEWS23が放送中止。

2、テレ朝の報道ステーションがキャスター古館伊知朗のアホ発言が多く、また視聴率低迷のため放送中止。

3,支那政府要人が日本からのODAの継続を求めて靖国神社を参拝。

4,北朝鮮の金正日が側近の裏切りで銃撃され負傷し、それをきっかけに脱北者が増加して、北朝鮮には金正日が一人だけ取り残される。

5,NHKのエビジョンイルが辞職するも、受信料不払いが100万件を突破。

6,筑紫哲也が退職金で反日日本人だけの会員制のクラブ「反日と媚支那の店」を経営するもまもなく倒産。

7、反日日本人だけしか感染しない伝染病が流行。

他のニュースを募集しています。

(これは冗談です。実在の人物、国などとは一切関係ありません。)


8184.惜しまれる産経抄子のリタイア  
名前:葦の髄    日付:12月31日(金) 14時32分
 長らく産経抄コラムを担当してきた石井英夫氏がリタイアされた。
 氏は、折々の社会現象についての歯に衣着せぬ発言には、思わず膝を叩いて賛意と敬意を払ったものだ。その一部のサワリのところを抜書きします。

1)拉致被害者の「家族会」と「救う会」が、北朝鮮に対する経済制裁の是非について衆参両院の全国会議員にアンケートをとった。その報道で注目した点が二 つある。一つは回答した議員で「早期に制裁せよ」としたものが82・2%に達した。
 この数字は各種の世論調査で「制裁賛成」とする数を上回っている。「制裁すべきではない」は、わずか1・3%だったという。「対話が必要」を一つ覚えの ように繰り返す小泉首相も無視できないだろう。
もう一つの注目点は、しかしながら回答率は52・8%という低さであること。全議員七百二十一人中、回答は三百八十一人に過ぎなかった。国民あげての関心 事であるのに、残りの議員はなぜ無回答なのか。一人一人の名前を出してその理由を尋ねたい。
2) 北朝鮮の日本人拉致を戦時中の徴用と同列に並べる論議は、相変わらず後を絶っていない。拉致=強制連行という誤ったパターンの見方だ。元日付朝日の 社説がいう「日本による植民地時代の蛮行」も、たぶんそれを指しているのだろう。
 ▼「戦時中の朝鮮をあたかも抑圧と抵抗の歴史であったような記述や発言があるが、事実ではありません。朝鮮の人たちは最後までよく協力してくれました」 と大師堂さんは断言する。教育出版発行の中学教科書に「家で寝ているところを徴用令状をつきつけられ、手錠をかけられたまま日本に連行された」という記述 があった。
 ▼「ところがその日時にはまだ徴用は実施されていない。こんな教科書が検定に合格し、世間に誤解をふりまいている」。
▼やがて日本も労働力を必要とし、徴用令が敷かれるが、徴用では当時の日本人はすべて同じである。それを国家犯罪というのなら、戦時中の動員はすべて国家 犯罪の蛮行ということになる。
▼大師堂さんによると、諸悪の根源は平成五年夏の河野洋平・官房長官談話が“強制連行”を認めたウソにあるというのである。反日的、左翼的な主張ばかりで なく、こうした証言にも耳を傾けてこそ初めてバランス感覚のある歴史認識といえるだろう。

3)転勤や入学など四月は新しい生活の季節だが、例のピッキング盗の被害に異変が起きているという。一時は沈静化したといわれていたが、大阪は減ったのに 東京は増えてきた。つまり警戒をゆるめたり、対策を怠ったりしたところに多発し始めた。
 ▼ピッキングとは特殊な工具を使ってカギを開ける手口だが、暗躍しているのは中国人窃盗団で、再び首都圏に舞い戻ってきたという。結局、防犯のきめ手は カギを取り換えるなど自分で自分を守る、この鉄則以外にない。「備えあれば憂いなし」は我が家でも国家でも共通する“定理”といえた。

 ▼ところが、そうではないと説く人がいるから世間は広い。評論家の加藤周一氏が朝日新聞夕刊「夕陽妄語」(四月二十二日付)で、「『備えあれば憂いな し』ではなくて、多くの歴史的事例から『備えあるよりはない方が憂いが少ない』と考える…」とお書きになっている。
▼加藤氏といえば進歩的文化人の代表のようなお方。その“妄語”を世間ではありがたい指導的言論のように受けとる向きもあるから困るのだ。おそらく同氏は 今夜もきっと、カギも掛けずにお休みになるのであろう。

4)現在でも、平成の三大メイ懇談会や審議会というのがあるのではないか。
 ▼その一。靖国神社に代わる戦没者慰霊の記念碑を考える懇談会というのがある。福田官房長官の私的懇談会だが、これが遺族の心情や国民の感情をそっちの けにして迷走している。そもそも発想がおかしい。「靖国」が外国人に文句をいわれるから検討するという考え方は逆立ちしている。
 ▼その二。首都機能移転の審議会というのもあった。いま永田町や霞が関では官邸や省庁の新庁舎がつぎつぎに完成している。にもかかわらず初めに首都移転 ありき。ところが候補地を一つに絞ることすらできず、三つどもえになってむだな予算や経費を費消し合っている。
 ▼その三。日韓両政府が教科書問題の解決策として日韓歴史共同研究委員会というのをつくった。しかし問題は、どういうイデオロギーの持ち主がこれに参加 するのか。韓国は抗日運動の闘争史観の学者がほとんど、日本にも贖罪(しょくざい)史観で目をくもらせている学者がいるそうな。
http://www,geocites.jp/s060630/


8183.今日のコラムより  
名前:飛龍    日付:12月31日(金) 1時21分
脱北者の取り締まりが理由のようです>>そりゃ世界中で『共存できない
民族No1』と言われていますから、支那としても半島に閉じ込めていたい
のが本音でしょう。
以上です。問題は人口約2000万といわれる北朝鮮の国民を支那が面倒が
みられるか疑問であり、チベットのようなことが起きる可能性もあるで
しょう。>>まず無理ですね。大体自国民すら満足に食わせられない国が
どうして他国、それも朝鮮の面倒まで見るでしょうか?
支那の実体経済は「ガソリンの湖上で点火したジッポを持っている」ような
ものでしょうし、本音としてはこれ以上の負担すら不可能でしょうね。
経済成長率が共産党発表ですから、数字が割増されているのは否めません。
既に相当悪いんじゃないでしょうか? 満足な購買可能な層にしても関東地方
程度の人員しかありません。

日本政府も海上保安庁、警察庁、消防庁からなる国際緊急援助隊をいち早く
派遣し、またテロ対策特別措置法に基づくインド洋での支援活動を終え、
マレーシア東方を北上中だった海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」と「きりしま」と補給艦「はまな」もタイ政府からの要請を受けて、同じく国際緊急
援助隊としてプーケット島沖に到着し被災者の捜索開始したようである。>>
この部分が気に入らないんでしょうね。 医療チーム+国際緊急援助隊が現地
に【外国として一番乗り】をしており、海上自衛隊も護衛艦を派遣したと
いう事実が、韓国のチンケな自尊心を痛く傷つけたんです。 だったら『ウダ
ウダ文句言う前に、オメーの国も早く援助隊を出せや。それで現地での仕事に
よる貢献度を日本と競ってから文句を言え』と言いたいですね。
それに今回はインド洋から日本への帰国途中に、たまたまマレー沖を航行中
だったんです。それを『我々は任務完了』と素通りすれば、それこそ世界中
から非難轟々ですよ。 

「南アジアの強震に乗じてこっそりと自衛隊の活動領域を広げようとする日本右翼の内心が窺えるようで苦々しい思いだ。」>>
これはタイからの正式な救助要請があって、即刻政府が対応したんです。
政府決定事項=右翼ですか・・。『苦々しい思いだ』に悔しさが滲んでいま
す。自衛隊出動は国家としての意思なんですけどね。
自衛隊が海外の災害救護活動に乗り出すのは何か魂胆があるかのように書
いております。>>元々彼ら南北朝鮮・支那は『困った時はお互い様』の
互助精神がありません。彼らは単なる損得勘定でしか動きませんから、日本
のような無償援助の精神は理解出来ない。 確かに日本は援助も資金提供
もします。しかしそれは援助をすることにより、何がしかの見返りを期待
している訳でもありません。 どうもそのあたりが胡散臭いと思われている
んじゃないでしょうか? まぁ日本人なら困っている人を助けるのは当然な
んですが、彼らはそれ以上の見返りを期待しています。卑しい根性です。

今回日本は3000万$の援助をしますが、韓国は60万$です。 その理由が
『豊かでもない境遇で無理に多くの金を出せば、国際社会の物笑いになるだけだろう。直ちに力がないなら、空いている蔵の隙間を埋める努力からすることだ』 ですからね。 卑しいものです。こんなんで大きな面をして欲しくあり
ませんよ。 もっとひどいのが支那。国連の常任理事国なら、国際社会での
不安定要因があれば『すわ、出動。彼らの援助に向かうべし』が筋なんです
が、そのような気配は一向に無いどころか、国家分裂防止法案などという
訳の分からない法案を非常時に可決したとか。しかしこれは対支政治カード
としてモロ使えますよ。『常任理事国ともあろう国が、このような世界規模
での災害に一体何をしておった?国内の政情不安?そんなもんどこの国に
でもある。面子を大切にするなら、まずは国際的信用度を高めるのが先決
であろう。これからは日本にぐずぐず文句を言う立場にはなかろう』と。


8182.北朝鮮の崩壊時に人民解放軍が侵攻の可能性  
名前:forest(管理人)    日付:12月30日(木) 19時33分
>賛同者さん

週間ポストは読んでいませんが、支那の人民解放軍が北朝鮮に侵攻する可能性があるでしょう。支那と北朝鮮の国境にすでに展開しているようですが、脱北者の 取り締まりが理由のようです。12月25日の朝鮮日報の記事が参考になりますので下記に引用します。

>「中国、北崩壊時に人民軍20万人投入も」

>米国の代表的な対北朝鮮強硬論者の一人であるマイケル・ホロ
>ウィッツ氏(ハドソン研究所首席研究員)は23日、「北朝鮮は
>1年以内に内部から爆発し、金正日(キム・ジョンイル)(総書
>記)は来年のクリスマスを楽しむことができないだろう」と主
>張した。

>同氏はワシントンの研究所で「金正日政権は持続されるか」をテ
>ーマに行った講演で、北朝鮮内部のエリート層の動揺に加え、北
>朝鮮に対する米国、日本、中国などの立場の変化によって金正日
>政権は維持不可能で、遠からず自動的に崩壊するだろうと主張した。

>同氏はとりわけ、「中国は金正日政権を持続させる政治的なコスト
>が極めて大きいため、すでに金正日(総書記)の後継者にどういう
>将軍を選定し、この将軍が受け継いだ北朝鮮に20万人の人民軍を駐
>留させるシナリオを作成している」とし、「中国は北朝鮮の崩壊時、
>200万人の北朝鮮住民の南下を放置して韓国経済を麻痺させ、ライ
>バルを排除する一挙両得を狙うだろう」と述べた。


以上です。問題は人口約2000万といわれる北朝鮮の国民を支那が面倒がみられるか疑問であり、チベットのようなことが起きる可能性もあるでしょう。また

>200万人の北朝鮮住民の南下を放置して韓国経済を麻痺

とは支那ならやりかねません。韓国が200万人の北朝鮮住民を果たして受け入れが可能なのか。無理でしょうね。恐れることは朝鮮半島が支那の支配下になっ てしまうことです。まあ韓国にはしっかりしてもらいたいですが、なんか日清戦争の前のような感じですね。


8181.Re.8180  
名前:Ina    日付:12月30日(木) 19時32分
賛同者 様

Inaです。

>中国による北朝鮮侵攻は考えられると思います。

 成る程、そう見ますか。 私はその反対で、無いと思っているのですが・・・・・・

1.「中国」は、「台湾」の分離独立を阻止する「反国家分裂法」を成立させています。
  そして、「南沙諸島」における「ベトナム」との資源共同開発に両国が調印する等
  「台湾」への布石を行っている中、「北朝鮮」にむける事は無いと思います。

2.「中国」が直接統治するメリットは無いと思うし、代替政権を造るなら余計どう転ぶ
  か解かりません。

 「レノボ」の「柳 傳志 氏」は「日経」のインタビューで「我が国人民の製造技術は格
段にレベルアップしていますが、まだまだ全体から見るとほんの一握りです。外から見れ
ば雇う人は幾らでも居る様に見えますが、実際工場が抱えている問題は人材難にあるので
す」と発言していました。つまりあの「中国」ですら、格安賃金目当てだからといって誰
でも雇うことはまずありません。そんな中、色々な経験が少ない「北朝鮮人民」をどうい
う処遇にするのでしょうか?

 まあ断定は出来ませんが、私も「安倍 前幹事長」同様侵攻の可能性は少ないと思ってい
ます。

>でアメリカですが、現ブッシュ政権はイラクで躓いていているし、来年は軍を動かす事が
>出来ないでしょう。

 いや、むしろ「アメリカ」は侵攻しろと煽りたいぐらいでは・・・・・・「アメリカ」
からすれば、わざわざ同盟国を自分の手で潰してくれるのですから儲けものでしょうね。

>その為には、イランが有力かと思われます。

 私は「シリア」に一万ドル!!(^^) 「アメリカ」は大陸縦断のパイプラインを造る計画
があるそうです。とすれば何も問題の無い「ヨルダン王国」はあり得ないので、「シリ
ア」などはうってつけではないかと・・・・・・


8180.週間ポストの記事より、  
名前:賛同者    日付:12月30日(木) 16時57分
 先週の月曜日に発売された週間ポストに、自民党の阿部氏の対談話が載ってい ました。その中で気に成ったのが、北朝鮮と中国の国境沿いに、人民解放軍が展開しているという事実でした。安部氏は今すぐに北朝鮮への侵攻は無いだろうと 言っていますが、中国による北朝鮮侵攻は考えられると思います。その一つに、六カ国協議で中国は北朝鮮に、詰りは金正日に面子を潰されていると言う現実 と、金正日が、首都平壌では、中国の諜報員狩りをしているという事実です。国際的なコンセンサスがあれば、中国による北朝鮮侵攻はありうるでしょう。
 でアメリカですが、現ブッシュ政権はイラクで躓いていているし、来年は軍を動かす事が出来ないでしょう。その次を考えるとイランかシリアに向っているで しょう。ブッシュ政権は石油の確保が命題に成っていますから、その通りに原油価格が高騰しているし、そのお陰で、アメリカの石油メジャーは相当な額の黒字 に転換しているからです。その為には、イランが有力かと思われます。

 中国人民解放軍が侵攻した場合、アメリカは手を出さないでしょう。ブッシュ大統領は金正日を嫌っているからです。当然、ロシアは戦争等出来る状態では無 いのすが、国境には軍を展開するでしょう。それに、冷戦後、中露の関係は良好ですから、その前に北に圧力を掛けて、金正日亡命でもしてくれるのが一番いい のですが、それは難しいでしょう。人民解放軍が侵攻すれば、北は簡単に落ちるでしょう。当然、そのまま、中国政府主導の北にするのか、それとも、中国の一 部になるかは分りませんが、アメリカの意向は、南北が一緒になるのだけは嫌らしいです。詰り、中国による侵攻が数年後にありうるかも知れません。


8179.思い出しましたが  
名前:mumu    日付:12月30日(木) 8時53分
滞米中、かなりの人数のインドネシアからの留学生が私が住んでいた中西部に存 在するということを聞き及び、その中の数名とはその後顔見知りの間柄になり、更に1人とは今でもメールや手紙程度ではありますが交流のある人物もいたりし ます。

アメリカに自費留学の出来るインドネシア人は、ego様が8174で紹介されているような暮らし振りの人達ばかりだったと聞いています。
留学生なので大半は若い人達でしたが、彼らとの会話で節々に庶民の感覚とはやっぱり違うものだと感じたこともありました。
日本人の、一般的な市民ならごく当然の生活についての話題でも、真面目に不思議そうな顔をして、何故そんなことはメイドにさせないのか?と聞かれたことの ある日本人もいたそうで、そんな時はどう答えて良いのかわらかなかった、なんてエピソードもちらほら聞いたりしましたね。

けれど普通の日本人からしたら、それこそ王侯貴族並な生活をしていたであろう彼らインドネシア人は、ほんのごく一部を除いてはそんなに金銭に明かしたよう な生活習慣を見せ付けるわけでもなく、きちんと留学生として勉学に励み、アメリカでの生活や文化?をそれなりに満喫しながら真面目な日常を送っていたとも 見聞きしてますので、それに比較すると言うわけでもありませんが、時折漏れ聞こえてくる日本人留学生の方が余程だらしないと思えることもあったくらいでし たね。
(悲しい哉、日本人留学生の中にはアメリカというだけでハメをはずすことが常識であるなどという非常識を勝手に思い込んだ挙句、所謂麻薬の類に手を出して 強制送還に近い形で追い出されるケースも、そんなに多くはありませんでしたが皆無ではありませんでしたので)

で、彼らの故国であるインドネシアについては、何故かあまり詳しくは話したがらなかったと、今更のように思い起こしてしまいました。
それよりも旅行でどこそこへ行ったという思い出話の方が圧倒的に多かったのを、当時は然程不思議とは思わずに、行ったことのない国や場所についての話に思 わず聞き惚れていた自分を思い起こすと、何となく妙な気分です。

インドネシア人程多くは存在していなかったようですが、同じくお金持ちしかいなかったタイからの留学生は、自国のことをそれは誇りに思っているようで、盛 んに故国について話をしていたことも思い出してきました。
インドネシア人もかなりおおらかな人達が多かったと記憶していますが、タイ人はそれに更に輪をかけたようなおおらかさを感じましたっけ。
まぁ、両者とも子供の頃からほとんどのことにおいて何不自由の無い生活を送ってきていたわけですから、そうなるのも無理は無いと言うより、そうであった方 が自然ですらあると思いますけど、にしても当時の私にはあのおおらかさは何とも羨ましくなることが多々ありましたねぇ。

いずれにしてもインドネシア人もタイ人も、日本人にはとても親近感を感じてくれていたのか、彼らと話していても不愉快になるようなことはただの一度もなく (向こうもそうであったと思いたいのですが)他の日本人達からも彼らについて悪いことなどは聞いたことがありませんが、何故か彼らは南鮮人にはあまり良い 感情を持っていないとわかるような話し方や表情を見ることがあったのは、当時の私にはわからなかったのですけど、今から思えばそれが当然だったようです ね。

日本人だからと言うだけで、すぐさま反日色のようなものを見せる国は実はそんなに言う程には無いと思われますが、南鮮はそれと比べると嫌われたり嫌がられ たりする方が圧倒的に多く見たり聞いたりしたのも、皆様には何故だか今更説明申し上げるまでもないことと思われます。


8178.もういくつ寝るとお正月~♪  
名前:Saikoh@PC    日付:12月30日(木) 5時10分
靖国神社のCMが流れてくると年の瀬だなーと実感しますがこないだそれに切れ てるサヨがいました。もちろん放置ですが


>自衛隊のタイ派遣
今日の新聞によると、インド洋からの帰り途中のが“ついでに”という感じで派遣されたそうです


8177.Re.8174&8175  
名前:Ina    日付:12月29日(水) 16時12分
ego 様 飛龍 様

Inaです。

 ああ、治安の悪さと「ジェマ・イスラミア」「東ティモール」の事でしたか(^^) 確か
に言われてみればそうですね。

>警察の傲慢、賄賂社会、貧富の差が 中共に似て物凄い。

 私もそう聞きました。まあ、貧富の差云々の話は相当割り引いて聞かなければならない
と思いますが・・・・・・

>私の知り合いの娘さん(日本人)がジャカルタの御曹司と結婚しました。

 おぉ~、それは興味有りますね(^^) その御曹司って、王族に繋がる方とか?

>警察の事、万引きなどで捕まえる時簡単に足を撃つ。血だらけの姿はしょっちゅう見るそ
>うです。

 それ、「日本国」の警察がやって欲しいですね。今の法律や警察の態度には、恐怖とい
うものが存在しませんから。


8176.自衛隊の国際援助  
名前:ego    日付:12月29日(水) 10時28分
すみません、勘違いされるかもしれないので、
インドネシアなどの治安が悪いとかいやな国とかは
自衛隊の国際貢献の話とはぜんぜん関係ありません。

自衛隊の多くが今海外に行ったら、イラクもあるので、日本国内が心配で。
経済制裁が遅れる原因となっては いやだなとふと思ってしまいました。
今回の津波災害はそれこそ民間でもできるのではないかとも思った。
国際貢献も大切なのはわかりますが、私は 基本的に反対です。
個人的にそれらの国が嫌いという意味もありますが。
東テイモール島の援助も反対でした。

かつての日本軍なら こういう国際援助活動など積極的にやったのでしょうか。もし、ご存知の方がいらしたら、ご教授下さい。


8175.なるほど・・・  
名前:飛龍    日付:12月28日(火) 22時31分
Inaさん わざわざ有難うございます。インドネシア情勢はあまり重要視
してませんので、どうも今イチでした。『どこかのHPで見かけたことが
あるかな?』という内容ですね。 但し現在では東チモールの独立運動
とか多民族国家のアキレス腱とも言える問題が噴出しているようです。

egoさん、それはひどい話ですね。確か劇場爆破もイスラム過激派だったと記憶しています。 


8174.インドネシアの事  
名前:ego    日付:12月28日(火) 21時59分
Ina様
>>質問ですが、「インドネシア」が醜い国とはどの様な事でしょうか?
私の知り合いでインドネシアの人を数人知っています。
インドネシアの現状を聞いた限り、恐らくIna様は信じられないほど、
怖い国だと思うと思います。

まず、東テイモアの惨劇。バリ島爆破テロはご存知かと思います。
Ina様もTVで観たと思いますが、どれも日本と違って、武力をすぐに使う国ですね。警察の傲慢、賄賂社会、貧富の差が 中共に似て物凄い。
私の知り合いの娘さん(日本人)がジャカルタの御曹司と結婚しました。
写真を見たら自前のヘリコプターに宮殿のような家。
その御曹司は インドネシアは治安が悪いからと、豪州に移住しています。
警察の事、万引きなどで捕まえる時簡単に足を撃つ。血だらけの姿はしょっちゅう見るそうです。
警察に捕まったら金をせびられる。
友人の豪州人がインドネシア人と結婚した。
彼女は絶対インドネシアに帰りたくないそうです。
外務省大使(領事)は数人のお手伝いさんと運転手は当たり前。
気軽に外に出ることはできない。
などなど いろいろ聞いています。
治安の悪さはかなりきているみたいです。


8173.李登輝前総統の来日歓迎  
名前:天野愛一    日付:12月28日(火) 21時1分
李登輝前総統の来日を心より歓迎します。学生時代の思い出の地、京都で良いセ ンティメンタル・ジャーニーを楽しまれますことを願っています。


8172.中国・朝鮮よりはましかと・・・・・  
名前:Ina    日付:12月28日(火) 20時34分
飛龍 様

Inaです。

 珍しく(苦笑)質問ですが、「インドネシア」が醜い国とはどの様な事でしょうか?

 例えば平成5年に「高木 健一 弁護士」ら、日本の弁護士3人が「インドネシア」にや
ってきて、地元紙に「補償のために日本からやってきた。元慰安婦は名乗り出て欲しい」
という内容の広告を出したそうです。

 そこで大騒ぎになったので、当時の 「スエノ社会大臣」がマスコミ関係者を集めて次の
ように見解を示しています

1.インドネシア政府は、この問題で補償を要求したことはな
い。
2.しかし日本政府(村山首相)が元慰安婦にお詫びをしてお
  金を払いたいというので、いただくが、元慰安婦個人には
  渡さず、女性の福祉や保健事業のために使う。
3.日本との補償問題は、1958年の協定により、完結している。

 「インドネシア政府」の毅然たる姿勢で、「高木 弁護士」らのたくらみを頓挫させた、
といってもよいでしょう。この声明の後で取材した「赤旗」の中嶋は「インドネシア閣
僚」から「これはあなた方日本人が起こした問題であるから。あなた方で解決して欲し
い」と言われたそうです。

 また、「ペタ・マーチ」や、「スカルノ・ハッタ記念公園」の銅像の間にあるレリーフ
に残されていることや、ジャワ島東部での習慣であるドトクをオランダとは違って一切さ
せなかった事に対する感謝を未だに述べている事から見て、「中国・朝鮮」よりはましか
と思われます。

 「スカルノ」が65年に「インドネシア」を訪問した「金 日成」を歓待した事を言ってい
るのでしょうか?
コメント

皆様、今年1年間ありがとうございました

2004年12月31日 22時22分52秒 | 未分類
 今年も残り少なくなってまいりました。本年も様々な出来事がありましたが 、イラクに自衛隊を派遣し、国際社会から大きな評価を受けたこと。参院選で の共産党、社民党の歴史的な惨敗。イラクでのアホ3+2の人質事件で、サヨ クやプロ市民が見せた醜態から、その実態が明らかになったこと。内政干渉や 原潜の領海侵犯などから支那との友好がいかに幻想であることが分かったこと 。台湾の李登輝氏へ査証が出されて来日が実現したことなどがあげられるでし ょう。

 サイトも掲示板も毎日約1千人のアクセスがあり本当に感謝に絶えません。 原則として毎日更新しており、激励メールを頂いたり、掲示板への書き込みを 読んでいると、本当に皆様は祖国日本を憂い、どうすれば誇りある日本となり えるか真剣に考えている思いが伝わってきて、サイトや掲示板を続けてこれた のは、このような皆様のおかげであると深く感謝しています。

 お正月は、久しぶりにゆっくりする予定ですが、テレビはろくな番組しか放 送しないでしょうから、スカパーで日本文化チャンネル桜でも見るか、本でも 読んでいたいと思います。

 では明日からは平成17年です。来年は憲法改正案が自民党から出されるそ うですが、平和憲法と言われたものを守ってきたもののその平和が守れないよ うな憲法では困ります。憲法改正の国民投票が実施される時にはなんとしても 改正されるように頑張りましょう。それでは、皆様良いお年をお迎え下さい。
(2004/12/31) 

この記事は「今日のコラム」
「皆様、今年1年間ありがとうございました」
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

「2行で書く今日の主張」(2004年12月分)

2004年12月31日 20時44分36秒 | 「2行で書く今日の主張」過去ログ
◆北朝鮮が横田めぐみさんとされた「遺骨」のDNA鑑定結果を「ねつ造」と主張。あまり笑わせないでくれ。その言葉をそっくりお返しする。2004/12/31
 
◆政府は関係省庁によるスマトラ沖地震の支援策協議を1月4日に開催。年末年始休みの休暇のためか。被災地には暮れも正月もない。2004/12/30
 
◆支那での世論調査で日本からのODAを評価する声が約6割。支那は国民にはODAを知らせていないのに評価出来るのが不思議だ。2004/12/29
 
◆毎日新聞が実施中のアンケートでNHKのエビジョンイルの進退について続投すべきは4%。辞任せず受信料不払いをもっと増やそう。2004/12/28
 
◆NHK紅白歌合戦の特別ゲストに韓国人俳優のイ・ビョンホンが出演。そんな人は全く知らないが、受信料の未払いが増えるだけだろう。2004/12/27
 
◆支那がイラク再建の名目で2500万ドルを寄付。他国に援助する余裕があるとはね。日本からのODAの横流しではありませんか。2004/12/26
 
◆野中広務が李登輝氏の訪日を支那と事前に相談しなかった外務省に不満と支那訪問を見送り。日本は独立国だ。相談の必要はない。2004/12/25
 
◆岡山県が条例をたてにライフルや弾薬などの自衛隊機材運搬の貨物機の岡山空港使用を断る。テロ防止の武装警官も拒否するのかな。2004/12/24
 
◆自衛隊イラク派遣反対ビラ訴訟で無罪判決を不服として検察当局は控訴へ。当然だ。住居侵入は成立すると述べながら無罪はおかしい。2004/12/23
 
◆支那の今度の内政干渉は、台湾の一私人の「家族と温泉に入りたい」との旅行者に対するビザ取り消し要求。支那嫌いがさらに増加。2004/12/22
 
◆新潟県中越地震の災害派遣を終え撤収の自衛官に保育園児が「ありがとう」のXカードや手作りの首飾りを贈る。心温まるニュースだ。2004/12/21
 
◆支那が李登輝氏訪日で報復措置を示唆。日本は北朝鮮の拉致という国家テロと戦っている。支那の報復テロにも屈する訳にはいかない。2004/12/20
 
◆韓国人武装すり団による被害が昨年同期と比較して2~3倍に。ハングルの道しるべを作り犯行の手助けをするからだ。査証免除に反対。2004/12/19
 
◆内閣府の世論調査で「支那に親しみを感じる」との答えた人が驚くことになんと37%にも。限りなく0%に近いと思っていたのですがね。2004/12/18
 
◆台湾の李登輝・前総統が27日にも来日。反日国の「ペ」とか言う俳優に騒いでいないで前総統を大歓迎する方がよっぽど有意義だ。2004/12/17
 
◆政府は台湾の李登輝前総統に査証を発給する方針を示し12月末にも来日予定。大歓迎します。支那がガタガタ言って来てるか。無視だ。2004/12/16
 
◆NHK受信料の口座引き落とし解約が10万件に達する。エビジョンイルが辞任してもこの流れは止まらないか試しに辞任してみたら。2004/12/15
 
◆東シナ海ガス田の試掘を含む調査費の来年度予算が今年度予算の3倍に。その調子だ。支那の理不尽な要求に譲歩してはならない。2004/12/14
 
◆支那外交部の報道官の章啓月おばさんが駐ベルギー中国大使に。あの顔を見られなくなるとは残念だ。日本批判で疲れた事でしょう。2004/12/13
 
◆イラクのサレハ副首相が「自衛隊は立派な仕事をしており、住民からも評価と尊敬を得ている」と派遣延長に感謝。日本国民の誇りだ。2004/12/12
 
◆新防衛大綱の「支那脅威論」にあの章啓月報道官が「事実的根拠もなく、きわめて無責任」と批判。侵略国家の言い訳はいつもこうだ。2004/12/11
 
◆「冬のソナ」のペの彫刻像が「出来が悪くて失望した」と非難され廃棄に。そうかな。良く似ていると思いますがね。「ぺ」だからペケですか。2004/12/10
 
◆支那は原潜の領海侵犯に遺憾を表明しながらガス田開発作業を再開し、EEZ内で海洋調査活動。政府の抗議を無視する侵略国家だ。2004/12/09
 
◆来日外国人の犯罪検挙者全体の4割は支那人。また偽造旅券での入国も支那人がトップ。指紋採取と顔写真撮影を早期に義務付けよ。2004/12/08
 
◆政府は次期防の長射程誘導弾研究盛り込みを公明党の反対で断念。弾道ミサイルを持つ北朝鮮に到達可能の物を保有してこそ抑止力。2004/12/07
 
◆民主党の岡田代表は大野防衛長官のサマワ視察を「単なるショー」と批判し、「専門家が現地調査せよ」と言う、そうだ自衛隊が専門家だ。2004/12/06
 
◆政府はテロ対策のため外国人の入国審査で指紋採取と写真撮影を行う等の法整備へ。当然だ。早期実施せよ。人権屋が騒ぎだすかな。2004/12/05
 
◆任意出頭した不法滞在の外国人の「出国命令制度」が始まる。だが再入国禁止期間がわずか1年とは。これでは甘い。またやって来る。2004/12/04
 
◆台湾版新幹線が1月に試運転。喜ばしい。支那は反日感情があり、日本のODAがなくても良いとのことでしたので独自開発ですかね。2004/12/03
 
◆韓国の市民団体が仁川上陸作戦を指揮したマッカーサー将軍の銅像を「プライドが傷つけられる」と移転を主張。反米もここまで来たか。2004/12/02
 
◆NHKが冬のソナタを12月20日から4回目の再放送。何度再放送すれば気が済むのか。いい加減にしろ。永遠のブームにでもする気か。2004/12/01

この記事は
「2行で書く今日の主張 」としてHPに掲載されていたものです。
なお、作成した各月の分をまとめて当該月の最終作成日に登録しています。
コメント

今日のコラム総目次(2004年分)

2004年12月31日 15時45分28秒 | 今日のコラム総目次
今日のコラム総目次(2004年分)

12月
◆皆様、今年1年間ありがとうございました(12/31)
◆海自の災害派遣は魂胆があると言う東亜日報(12/30)
◆李登輝氏の来日で一歩前進した政府の対応(12/29)
◆支那へのODAは津波被害国の復興支援金に(12/28)
◆侵略国家支那の嘘ばかりの国防白書(12/27)
◆李登輝氏ビザ発給で訪支那中止した野中広務(12/26)
◆驚きを禁じ得ない改憲案作成の自衛官の処分(12/25)
◆仮想敵国にODAを継続する必要は全くない(12/24)
◆憲法草案作成の陸幕の二等陸佐を処分するな(12/23)
◆自衛隊に感謝し、涙を流して見送った被災者(12/22)
◆北朝鮮に偽遺骨を絶対に返還してはならない(12/21)
◆自衛官講演の拒否は早稲田の次ぎは筑波大学(12/20)
◆支那の脅威論を否定する民主党の岡田代表(12/18)
◆李登輝前総統訪日で、また支那が内政干渉を(12/17)
◆驚くべき防衛庁宿舎侵入事件の無罪判決(12/16)
◆北朝鮮の恫喝に屈せず経済制裁を発動せよ(12/15)
◆名誉棄損で書類送検されたTBS社員(12/14)
◆靖国参拝中止は大きな国益という朝日の社説(12/13)
◆EEZに侵入する支那の海洋調査船を臨検せよ(12/11)
◆テロの未然防止に関する行動計画を支持する(12/10)
◆北朝鮮経済制裁に慎重な小泉総理の真意とは(12/09)
◆イラク調査団見送りで混迷する民主党(12/08)
◆入港差し止めに反対した社民、共産両党の県議(12/07)
◆さっそく朝日が批判した自衛官の憲法草案作成(12/06)
◆卒業式を妨害し、在宅起訴された元教諭(12/04)
◆凶悪事件の真相解明に抗議するマスコミ(12/03)
◆最高裁判決にも懲りない田中康夫知事(12/02)
◆韓国人観光客の査証の恒久免除に反対する(12/01)

11月
◆拉致問題は「既に解決された問題」ではない(11/30)
◆支那へのODAは間接的な軍事援助だった(11/29)
◆佐藤正久一佐の講演を拒否した早稲田大学(11/28)
◆沖縄は人民解放軍の駐屯を希望しているのか(11/27)
◆来年こそ小泉総理は8月15日に靖国参拝を(11/25)
◆財務省のマドンナはどのような思想の持主か(11/24)
◆支那との友好より日本の尊厳を守るべきだ(11/23)
◆敗訴した「なんとなく知事してる」田中康夫(11/22)
◆武器輸出3原則は安全を高めるという朝日(11/20)
◆支那原潜の情報を提供した台湾に感謝しよう(11/19)
◆支那原潜の領海侵犯より自衛隊が怖いのか(11/18)
◆領海侵犯に謝罪でなく遺憾の意を表した支那(11/17)
◆もう北朝鮮に断固とした報復をするしかない(11/16)
◆北朝鮮の核保有を正当化する盧武鉉大統領(11/15)
◆支那は領海侵犯を北の真似をしてゼロ回答か(11/13)
◆支那は領海侵犯を認めず日本批判を画策中か(11/12)
◆支那のODAへの御礼は領海侵犯だった(11/11)
◆日本の出方を狙った支那潜水艦の領海侵犯(11/10)
◆今度の実務者協議でゼロ回答なら経済制裁だ(11/09)
◆韓国民から徴収して受信料不払いの穴埋めを(11/08)
◆両陛下のお見舞いに感涙にむせぶ被災者(11/06)
◆首脳会談の場所変更を要求する韓国の非礼(11/05)
◆新潟中越地震で同胞だけを支援する韓国政府(11/04)
◆入間基地航空祭の帰りに見た変な募金活動(11/03)
◆またやったか。マスコミの偏向報道(11/02)
◆「テロに屈せよ」と言う岡田代表と朝日新聞(11/01)

10月
◆天皇陛下の国旗国歌に関するご発言について(10/30)
◆停船に応じる不審船に対するPSI訓練とは(10/28)
◆マスコミは自衛隊の活動を正しく伝えよ(10/26)
◆新潟県中越地震について思うこと(10/24)
◆党勢拡大のため参政権法案を提出した公明党(10/23)
◆単なる詐欺師だった日本のマザーテレサ(10/22)
◆ガス田開発で支那に配慮した朝日の社説(10/21)
◆日本の安全を脅かす韓国の国家保安法を廃止(10/20)
◆反日をネタにした講演で飯を食っている人(10/19)
◆日本からの独立を画策する沖縄自治研究会(10/18)
◆朝日はネットの普及に危機感を抱きだしたか(10/16)
◆日米同盟を揺るがし兼ねない外務省の姿勢(10/15)
◆日本からカネを引く「すべてが銭の国」(10/14)
◆都合の良い人のコメントだけの朝日の記事(10/13)
◆韓国は黄長燁氏訪日に反対との朝日の虚報(10/12)
◆万景峰号を歓迎し、米艦入港に反対する人達(10/11)
◆韓国ブームを煽っている日本反日放送協会(10/09)
◆反省していない国旗国歌忌避症候群の元教師(10/08)
◆どちらが日本の政治家の発言として相応しいか(10/07)
◆老害キャスター筑紫哲也がニュース23降板か(10/06)
◆朝日新聞は米軍ヘリ墜落事故で真相を伝えず(10/05)
◆日本人選手活躍を米国は賞賛、支那は侮辱(10/04)
◆米国の北朝鮮人権法案に懸念する韓国ウリ党(10/02)
◆日本も支那の鉄道高速化計画から撤退したら(10/01)

9月
◆支那のガス田の共同開発提案に騙されるな(09/30)
◆正論を述べる朝日らしからぬ社説には驚いた(09/29)
◆反日サヨクの狙いは教科書の次ぎは捏造漫画(09/28)
◆勤務中に抗議のFAX送信した教員(09/27)
◆祖国に戻れない金正日の放浪息子「金正男」(09/25)
◆専守防衛では防げない北朝鮮ノドンミサイル(09/24)
◆小泉総理がもし靖国神社参拝を中止したら(09/23)
◆やっと公選法違反を認めた古賀潤一郎議員(09/22)
◆支那と一緒に日本の悪口を言う河野洋平(09/21)
◆宅間守が謝罪せずは法務省の責任になるのか(09/20)
◆陸幕による北朝鮮テロの対処計画策定は当然(09/19)
◆北朝鮮への経済制裁は覚悟を持って当たれ(09/18)
◆北朝鮮での大爆発は大山鳴動鼠一匹か(09/16)
◆すべての責任を日本に転嫁する支那(09/15)
◆宅間守の死刑執行に抗議する社民党(09/14)
◆また爆発とは。北朝鮮で何があったのか(09/13)
◆冬ソナブームで日韓にはもう垣根はないのか(09/12)
◆海老沢勝二NHK会長が作る韓国ブーム(09/11)
◆反日国家に支配される危険な外国人参政権(09/10)
◆社民党の党勢回復は不可能と再確認した主張(09/09)
◆支那がガス田データを提供する訳がない(09/08)
◆両陛下の靖国神社御親拝を妨げるもの(09/07)
◆外国の内政干渉を公然と許す参政権付与法案(09/05)
◆エビジョンイルが牛耳る「みなさまのNHK」(09/04)
◆何時までも往生際が悪い古賀潤一郎衆院議員(09/03)
◆参政権付与を求める盧大統領発言は内政干渉(09/02)
◆小泉総理の靖国神社参拝継続を支持する(09/01)

8月
◆朝日新聞の大事な設問がない世論調査(08/31)
◆「劇団四季」の韓国への進出中止を支持する(08/30)
◆支那の原油確保のための世界進出と環境破壊(08/29)
◆警察官の拳銃使用に関する報道姿勢について(08/27)
◆住民の安全より犯罪者擁護の人権屋弁護士(08/26)
◆いまだに続く支那の日本への恫喝外交(08/25)
◆英霊にこたえる会の亀川判事罷免要求を支持(08/24)
◆朝日は支那人の国際儀礼違反に見解を示せ(08/23)
◆遅刻常習生徒とその保護者の顔を見たい(08/21)
◆日本の国会議員とは思えない鳩山議員の発言(08/19)
◆8月15日に南京大虐殺記念館に行く日本人(08/17)
◆公明党が追悼施設建設を推進する真の理由(08/16)
◆靖国神社の静寂の時間(とき)は素晴らしい(08/15)
◆米イージス艦の新潟寄港は北朝鮮への牽制(08/13)
◆自衛隊はテロリストと朝日新聞を警戒せよ(08/12)
◆伊藤長崎市長の非核三原則法制化提言に反対(08/10)
◆日本人は国旗国歌に対する儀礼を欠かすな(08/09)
◆勝っても負けても支那の反日は止まない(08/08)
◆靖国神社の解体を狙う公明党・創価学会(08/07)
◆日本政府は高砂義勇兵慰霊碑存続を支援せよ(08/06)
◆支那人はアジア杯、教師は学校でブーイング(08/04)
◆人質事件の真実を語らない高遠菜穂子さん(08/03)
◆韓国人のビザ無し渡航は間接侵略と認識せよ(08/02)

7月
◆米国は韓国人の厳しい入国制限を開始した(07/31)
◆支那には国際試合を開催する資格はない(07/30)
◆尖閣諸島の警備体制強化と法整備を急げ(07/29)
◆不誠実な北朝鮮への食糧支援は早すぎる(07/28)
◆国際儀礼を無視するアジア杯での支那人観客(07/27)
◆防衛庁の敵基地攻撃能力の保有検討は当然(07/26)
◆米国の北朝鮮人権法案に反対する韓国ウリ党(07/25)
◆歴史教科書採択を妨害する在日韓国青年会(07/24)
◆アーミテージ氏の憲法改正要求は内政干渉か(07/23)
◆反日韓国人より親日台湾人のビザ免除をせよ(07/22)
◆EEZ境界画定は支那の譲歩が解決への道(07/20)
◆富士学校一般開放で見たこれで良いのか日本(07/19)
◆防衛力整備のため武器輸出三原則を撤廃せよ(07/17)
◆安保面で支那との関係が大事と言う岡田代表(07/16)
◆日本にとって心強い米ヘリテージ財団報告書(07/15)
◆祖国韓国のために参院議員になった白真勲氏(07/14)
◆海上自衛隊は日本の海洋権益を守る最後の砦(07/13)
◆増元照明氏を落選させた都民の民意を憂う(07/12)
◆イラクの人々から信頼されている自衛隊(07/11)
◆大韓機爆破事件は韓国情報機関の謀略なのか(07/09)
◆自衛隊員への激励を断った上田札幌市長(07/08)
◆乗っ取り犯の帰国より拉致被害者を先に返せ(07/07)
◆長野県の田中知事は何処に住んでいるのか(07/06)
◆与那国島近海に海自を派遣し島民に安心感を(07/05)
◆金鮮一氏殺害で反米感情が高まる韓国(07/04)
◆自民党候補者の落選を扇動する週刊金曜日(07/03)
◆なぜか日本の海底資源探査に抗議する支那(07/01)

6月
◆遺族を絶望させる戦没者に冷淡な韓国政府(06/30)
◆支那に媚びを売る政治家の代表格「田英夫」(06/29)
◆在韓米軍の撤退と北朝鮮へ先制攻撃の可能性(06/28)
◆我が家のポストに投げ込まれた共産党のビラ(06/27)
◆さっそく反日日本人に応援された辻元清美(06/26)
◆米軍撤退で莫大な国防予算捻出に苦しむ韓国(06/25)
◆支那のガス田開発は日本に配慮と言う朝日(06/24)
◆集団的自衛権を行使出来ないのは日本の恥(06/23)
◆世界には韓国の友好国などあるのでしょうか(06/21)
◆支那に国益に反して新幹線技術を移転するな(06/20)
◆日本の多国籍軍参加は避けては通れない(06/18)
◆金正日が笑っている韓国の対北朝鮮宥和政策(06/17)
◆テレビ朝日は久米に謝罪放送をさせないのか(06/16)
◆有事法制の成立を悔しがる朝日新聞(06/15)
◆朝日が擁護する反日偏向思想のPTA会長(06/14)
◆朝鮮総連は国交正常化交渉に加わる資格なし(06/13)
◆知性と良心を代表する文化人の九条の会とは(06/12)
◆社保庁職員が共産党に漏洩した個人情報(06/11)
◆朝日が報じた自衛隊イラク派遣反対の弁護士(06/10)
◆公然と教科書採択に内政干渉する韓国総領事(06/09)
◆左翼はまさに日本を貶める日本人の敵(06/08)
◆永住外国人への地方参政権付与に反対する(06/07)
◆韓国は日朝首脳会談の結果をどう見ているか(06/06)
◆対北朝鮮宥和政策を掲げて迷走する韓国(06/04)
◆支那は日本だけでなく韓国の国会議員を脅迫(06/03)
◆今回が最後にして欲しい万景峰号の入港(06/02)

5月
◆日本との中間線を無視し資源を独占する支那(05/31)
◆小泉総理が朝鮮総連大会に祝意を伝えた理由(05/30)
◆川口外相は韓国に抗議に行ったと思ったが(05/29)
◆中曽根氏は戦犯分祀で支那に屈服するのか(05/28)
◆危険な支那での曽我さんと家族の再会(05/27)
◆支那との国境に木柵の設置を始めた北朝鮮(05/26)
◆拉致被害者家族の悲痛な叫びを批判できるか(05/25)
◆良くやった海上保安庁。今後もしっかり頼む(05/24)
◆小泉総理の再訪朝をどう評価するか(05/23)
◆小泉総理の胸にブルーリボンのバッジが(05/22)
◆小泉総理の北朝鮮再訪問について(05/21)
◆理解出来ない入港禁止法案への慎重論(05/19)
◆興亜観音例大祭と守る会の懇親会に参加して(05/18)
◆近ごろ変な夢をよく見ると言う筑紫哲也(05/17)
◆謎が多い北朝鮮の龍川駅での爆発事故(05/16)
◆戦争の歴史を断ち切る靖国神社があるか(05/15)
◆諸手を挙げて賛成出来ない小泉総理の訪朝(05/14)
◆戦没者の遺族は訴訟より靖国神社の参拝を(05/13)
◆虐待事件で米国に厭戦の風潮を高めるな(05/11)
◆拉致問題の完全解決後に人道支援を検討せよ(05/10)
◆自己責任は変造日本語と言う本多勝一氏(05/09)
◆北の思惑に嵌った入港禁止法案に慎重な朝日(05/08)
◆朝日新聞が遊就館の見学を勧めると思ったら(05/06)
◆国連人権委員会で靖国問題を取り上げた支那(05/04)
◆憲法をご本尊にしている平和教の信者へ(05/03)
◆日本の危機が朝鮮半島から再びやってくる(05/01)

4月
◆昭和の日は戦前への回帰という北海道新聞(04/29)
◆唱歌・童謡は歌い継がれてきた「日本の心」(04/28)
◆柏村議員「人質は反日的分子」発言を支持(04/27)
◆支那を見習った北朝鮮の援助評価発言(04/26)
◆自衛隊は「公営暴力団だ」と言う高校教師(04/24)
◆小泉総理の靖国参拝違憲判決確定に疑問(04/23)
◆人質5人の擁護を始めた左翼の仲間達(04/22)
◆日本の対北朝鮮経済制裁を牽制するロシア(04/21)
◆やっぱり危ない韓国高速鉄道KTX(04/19)
◆再び北の人権状況非難決議を棄権した韓国(04/18)
◆市民団体、NGOは、なぜ反日が多いのか(04/17)
◆人質帰国で反日勢力を叩き潰す戦いが始まる(04/16)
◆皇居内に追悼施設の建設を提言する田英夫氏(04/15)
◆陛下の自衛隊激励ご発言を無視したTBS(04/14)
◆日本人人質事件は疑惑と報道した産経新聞(04/13)
◆自分達が異常との認識がない地球市民の醜態(04/11)
◆世紀の大欺瞞か。イラク日本人人質事件(04/10)
◆日本政府は武装勢力の要求には屈するな(04/09)
◆政府を揺さぶる原告の在日朝鮮・韓国人(04/08)
◆ああ、東の藤山雅行、西の亀山清長裁判官(04/07)
◆日本を貶める支那の日本式料理店(04/06)
◆今度は鉄道の歴史を偽造する韓国(04/05)
◆トヨタが支那の砂漠化阻止へ3億円拠出とは(04/04)
◆また問題を起こした民主党の岡崎トミ子議員(04/03)
◆熱烈歓迎!米原子力空母の横須賀基地配備(04/02)
◆黄長燁氏の訪日を妨害する者は誰だ(04/01)

3月
◆日本と同じ公務員の政治活動に悩む韓国(03/31)
◆国旗・国歌反対運動を続けるなら教師を辞せ(03/30)
◆通達無視の教師を同情的に取り上げたTBS(03/29)
◆行政側敗訴判決を連発した藤山裁判長が異動(03/28)
◆尖閣不法上陸事件は強制送還で良いのか(03/27)
◆尖閣諸島不法上陸は支那政府の扇動か(03/25)
◆支那工作員の尖閣諸島不法上陸を許すな(03/24)
◆米イージス艦日本海常駐に反対するマスコミ(03/23)
◆マスコミが持てはやす田中長野県知事とは(03/22)
◆自衛隊の活動に批判的なNGO代表(03/21)
◆自衛隊を貶める民主党の国連待機部隊構想(03/20)
◆左翼の大迷惑な自衛隊撤退要求の連続提訴(03/19)
◆朝日は国旗・国歌反対運動から撤退するのか(03/18)
◆朝日に石破長官の自閉隊発言を批判出来るか(03/17)
◆退職後も卒業式を混乱させる都立高の元教師(03/16)
◆社民党は日本を非武装実験国家にしたいのか(03/15)
◆治安に影響を及ぼす恐れある不法入国支那人(03/14)
◆どうしても土俵に上がりたい太田房江知事(03/13)
◆何が何だか分からない朝日の社説(03/12)
◆韓国は北朝鮮非難決議案に今度は賛成するか(03/11)
◆米軍ヘリが民間空港に着陸すると事件なのか(03/10)
◆クソガキよ!万引きは窃盗という犯罪です(03/09)
◆ソ連軍の侵略で起きた中国残留日本人孤児(03/08)
◆国家公務員が暴力革命を目指す共産党員とは(03/07)
◆NHKの次は朝日もついに大江健三郎か(03/06)
◆やはりサヨク仲間を擁護する朝日新聞(03/05)
◆秘書給与詐取が得意な社会党出身議員(03/04)
◆政治家の「疑惑、詐称、違法」三題(03/03)
◆JR東海も反対する支那への新幹線売込み(03/02)
◆いまだに入港禁止法案に反対する社共両党(03/01)

2月
◆北朝鮮に振り回され、成果なき6カ国協議(02/29)
◆asahi comが珍しく掲載した自衛隊の善行(02/28)
◆弁護団は不当判決の垂れ幕を忘れたのか(02/27)
◆朝日新聞は有事法制を認めたのか(02/26)
◆老兵・野中広務は死なず。最後の務めを(02/25)
◆社民党の生きた化石・田英夫氏の発言(02/24)
◆自衛隊を激励された皇太子徳仁親王殿下(02/23)
◆経済制裁は朝鮮総連が北朝鮮と手を切る機会(02/22)
◆今年の社民党の政党交付金が12億円とは(02/21)
◆何時までも醜態を演ずる古賀潤一郎議員(02/20)
◆新幹線導入で支那の思わせぶり(02/18)
◆北朝鮮には、もう対話の段階ではなく圧力を(02/17)
◆社民党は辻元被告を除名処分にしないのか(02/16)
◆「拉致打開に一層の力を」と朝日は言うが(02/15)
◆日本領海内で調査を始めた支那の海洋調査船(02/14)
◆ついに福島社民党の崩壊が始まったか(02/13)
◆訪朝した田中均に拉致打開の決意があるのか(02/12)
◆参院社民党の外為法棄権は総連の工作活動か(02/11)
◆靖国神社参拝の継続を表明した小泉総理(02/10)
◆「自衛隊派遣は平和を脅かす」という古賀誠(02/09)
◆自衛隊員を激励する偽善者・上田札幌市長(02/07)
◆ついに兵士の墓標まで掲載した朝日新聞(02/06)

1月
◆政府は国連児童権利委員会の勧告に抗議せよ(01/31)
◆228人もいる日本が嫌いな都立高校教員(01/30)
◆東京地裁の藤山、綿引裁判長をお忘れなく(01/28)
◆古賀氏の議員辞職否定は民主党の没落に寄与(01/27)
◆支那の日本の新幹線導入断念を祝う(01/26)
◆民主党は北への制裁理由公表になぜ拘るのか(01/25)
◆河野洋平に自衛隊派遣を懸念する資格はない(01/24)
◆防衛庁のイラクでの情報提供制限は当然(01/23)
◆学歴詐称がばれた古賀潤一郎衆院議員(01/22)
◆成人式を目茶目茶にしたアホは厳罰処分せよ(01/21)
◆自衛隊の超法規的な他国軍救援はあるか(01/20)
◆自衛隊の皆さん胸を張って下さい(01/19)
◆政府は韓国の竹島武力占領の状況を公表せよ(01/18)
◆イラクに向け出発した陸自先遣隊(01/16)
◆田中前外相発言は小泉総理への恨みか(01/15)
◆家族の帰国を示唆する北朝鮮に騙されるな (01/14)
◆西の広島、東の国立、北の札幌 (01/13)
◆加藤紘一は北朝鮮工作員と繋がりがあるのか(01/12)
◆自衛隊員を激励する文を朗読する女子高校生(01/11)
◆石破茂防衛庁長官の報道自粛要請は当然(01/10)
◆北朝鮮の「揺さぶり戦術」に騙されるな(01/09)
◆民主党の菅代表の珍提案「国連待機部隊」(01/07)
◆左翼が集う恐ろしい掲示板を覗いたら(01/06)
◆法制局は北朝鮮への経済制裁法案を潰す気か(01/05)
◆靖国神社に合祀されている英霊達は加害者か(01/04)
◆平和遺族会の最終目標は皇室の解体か(01/03)
◆自衛隊員の武運長久を祈願した小泉総理(01/02)
◆激動が予想される平成16年を迎えて(01/01)
コメント

海自の災害派遣は魂胆があると言う東亜日報

2004年12月30日 22時15分37秒 | 韓国関連
 インドネシア・スマトラ島沖で地震発生した大津波による死者は10万人を 超す恐れが強まったとのことであり、記録に残る自然災害としては史上最悪の 可能性が高く、また通信が途絶している多くの国の島々の被害がいまだ明らか になっていないことからして犠牲者の数はさらに増えることは確実視されてい る。

 日本政府も海上保安庁、警察庁、消防庁からなる国際緊急援助隊をいち早く 派遣し、またテロ対策特別措置法に基づくインド洋での支援活動を終え、マレ ーシア東方を北上中だった海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」と「きりしま」と 補給艦「はまな」もタイ政府からの要請を受けて、同じく国際緊急援助隊とし てプーケット島沖に到着し被災者の捜索開始したようである。

 被災者は100万人以上と言われていることから、わが国も今後は医療・防 疫活動、給水、物資支援などの体制も早急に整えるべきであろう。米政府は香 港に停泊中だった原子力空母エイブラハム・リンカーンと同空母戦闘群の艦船 4隻、さらにグアムからは強襲揚陸艦など艦船6隻を被災地の周辺海域に派遣 するなど大規模な支援体制をとっており、史上最悪の自然災害による被害に対 して世界的な支援が必要であることは言うまでもない。

 しかし、日本政府の海自護衛艦のいち早い被災地派遣を快く思っていない国 もあるようです。それは極東三馬鹿国家の一つである韓国であり、東亜日報は オピニオンで「蔵から人情」との題で自衛隊の活動に文句を付けている。この 記事は韓国政府の考えなのか。あるいは東亜日報東京特派員である朴元宰( パク・ウォンジェ)という記者の書いたものを東亜日報が掲載することを決め たもので、わが国の朝日新聞と同じく、政府の見解と異なるかも知れないが、 韓国では日本が少しでも国際的な評価を受けることはいけないと思っているの であろうか。

 その東亜日報には「南アジアの強震に乗じてこっそりと自衛隊の活動領域を 広げようとする日本右翼の内心が窺えるようで苦々しい思いだ。」と書かれ、 自衛隊が海外の災害救護活動に乗り出すのは何か魂胆があるかのように書いて いる。「窺える」とは「そっとのぞいて見る」「そっと様子を見る」「狙う」 「様子を見て時機を待ち受ける。」との意味であるが、インド洋での任務を終 え祖国日本へ帰途についている時に受けた支援要請である訳なのにそれはない だろう。大体「日本右翼」とは誰のことか。タイ政府より要請があって行方不 明者の捜索及び救助活動することが「日本右翼」のやり方だと言うなら右翼で も呼ばれても良いではないか。

 また日本の援助額が世界第2位の経済大国として多いことに関して「東京の ある外交筋は、『日本の大規模援助は、国連安全保障理事会への進出のために 支持勢力を増やすうえで役に立つという計算も作用しただろう』と話した。」 と書き、日本の大規模な支援は国連安保理の常任理事国入りの布石だと言うの である。この「東京のある外交筋」とは誰のことであろうか。韓国は日本の常 任理事国入りに反対しているようだが、「日本が大規模援助をしたくらいで韓 国は理事国入りを認めることはない」とでも言いたいのあろう。

 その韓国では日本統治時代に日本に強制連行され、軍人、軍属、労務者、軍 の慰安婦などを強いられた人々や、そのような人々と親族関係にある人は被害 を申告するように本格的な真相究明作業を開始したそうである。60年も前の ありもしない強制連行をあるかのようにして掘り起こして日本を叩こうとする ようであるが、これでは韓国がいくら友好ムードを作り上げようとしても無理 であろう。

 現在訪日中の台湾の李登輝前総統は「終戦時は(日本陸軍)第10軍司令部 の見習士官として名古屋にいた。今回は60年ぶりで、とてもなつかしい」と 語っていることは日本軍人であったことを今でも誇りに思っている訳であり、 日本軍人や軍属で日本に協力した者を糾弾しようとする韓国とは大変な違いで ある。
(2004/12/30) 

この記事は「今日のコラム」
「海自の災害派遣は魂胆があると言う東亜日報」
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

李登輝氏の来日で一歩前進した政府の対応

2004年12月29日 22時06分28秒 | 政治
 来日中の李登輝・台湾前総統は、29日には日本統治時代の台湾で大規模な 農業用水を造った石川県出身の故八田与一技師らをたたえる金沢にある「ふる さと偉人館」を見学したとのことである。慶応大学で八田技師のことを学生に 対し講演しようとして、大学側の支那を刺激してはいけないとの腰の引けた対 応と政府の「私的な訪日とは言えない」とのおかしな理由から中止になったい きさつがあることから、今回の八田技師の故郷である金沢訪問はざぞ嬉しいこ とであろう。

 支那は李登輝氏を「台湾独立を掲げる勢力の代表的人物」とか「戦争メーカ ー」として、訪日を許可した日本に対し、報復すると言って脅かしているが、 国連安全保障理事会の常任理事国で、世界の安全をリードしなければならない 立場にありながら、台湾に住む一私人が観光のために来日しただけなのに、日 本を攻撃するかのようなことを言っているとは穏やかなことではない。

 来年の4月にはダライラマ氏の訪日を政府は承認したり、東シナ海の排他的 経済水域(EEZ)の支那との境界線附近での石油・天然ガスの資源開発を進 めるため、日本独自の海洋調査船を建造する方針を固めたり、ようやく日本も 支那に対して毅然として対応しようとする兆しが出てきたようで、一歩前進と 言ったところあろう。

 支那に媚びることしかない頭にない今では衆議院議長となった河野洋平や、 支那の要人に会う時は、今まで見せたこともないような笑顔で面会する田中眞 紀子は、李氏の訪日に反対してきた政治家の代表格だが、年末から年始にかけ て日本の情景を家族と楽しんでおられる李氏がどこへ行っても日本人からも大 歓迎を受けていることに関して是非とも感想を聞きたいものである。

 このような歓迎の様子は支那政府の要人が来日した時には見られるであろう か。日本李登輝の友の会はあっても、日本江沢民友の会があるとは聞いていな い。その江沢民は国家中央軍事委主席の辞任を申し入れたそうであるが、豪邸 に住んでいて、だいぶため込んだであろうから公職で退いてもこれからの生活 にも不安はないだろう。

 今年ほど日本人の支那への嫌悪感が増幅した年はない。日本を恫喝するのが 娯楽と思っている支那が真の友好を日本に求めるならば今のような傲慢無礼な 態度で改めるべきであり、李登輝氏のように日本国民の歓迎を受けるように努 力して欲しいものである。

 政府は李氏の来日に関して政治家との面談、記者会見や講演などの政治活動 をしないよう条件を付け、またマスコミにも報道自粛を要請したとのことだが 、この点が支那の影をまだ受けているものとして残念と言わざるを得ない。
(2004/12/29) 

この記事は「今日のコラム」
「李登輝氏の来日で一歩前進した政府の対応」
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

支那へのODAは津波被害国の復興支援金に

2004年12月28日 21時56分53秒 | 支那関連
 インドネシア・スマトラ島沖で26日午前8時ごろ(日本時間同10時ごろ )発生した大規模な地震によって起きた津波による死者数は3万7000人を 確認し、史上最悪の津波被害になる恐れがあるとのことであり、また依然多数 の行方不明者がいる模様で最終的な死者はどの位になるのか全く予想出来ない ようである。

 すでに各国は救援活動に入っているが、政府はテロ対策特別措置法に基づき インド洋での任務を終え帰国に向けマレーシア東方海上を航行していた海上自 衛隊の護衛艦「たかなみ」と「きりしま」、補給艦「はまな」の計3隻をタイ 政府からの要請によりとプーケット島沖に国際緊急援助隊派遣法によって派遣 することを決定したと報じられている。

 多くの日本人も被害に遭っているとのことであり、護衛艦の他に医療、給水 業務を行う陸上自衛隊部隊や、航空自衛隊の政府専用機、C130輸送機も派 遣に備え待機しているとのことだが、派遣準備が完了したら一刻も早く被災地 に入って頂きたいと思う。

 このような多数の死者が出る中、モルディブでは津波によって首都マレでは 3分の2が冠水したもとのの死者が出なかったのは日本の援助で13年かけて 建設した防波壁があったためと感謝する声が起きているという。毎日新聞が報 じる「インド洋津波:日本の防波壁が首都を守った」との記事を読んで、これ こそ生きたODAではあると思った次第である。

 モルディブは海抜1メートル程度しかない約1200の島々からなる国であ り、地球温暖化の影響で国そのものが水没する危機があったことから日本の援 助によって防波壁の工事が実施されたとのことで、南部の海岸通りには、「日 本とモルディブの友好のため日本政府が提供した支援で作られた」と消波ブロ ックに記した記念碑が海に向かって建っていたことを現地を取材した記者が紹 介している。

 ところで支那では日本政府からのODAによって作られた施設などには感謝 する記念碑すら建てていないどころか、「それではあんまりだ」と日本側が記 念碑を作ると勝手に撤去してしまったとのことであり、モルディブのように受 けた恩は永遠に忘れないとして記念碑を建てて感謝している国とは大変な違い である。

 この記事を書いた記者が、その防波壁を見るためにタクシーに乗ると運転手 は「日本が作ってくれたあの壁がなかったら今ごろマレはもうない」「助けて くれた日本人からこんな時に金を受け取るわけにはいかない」と乗車料金を受 け取らなかったと言う。なんとも心温まる話ではないか。日本人と分かると法 外な料金を請求することもあると言う支那人に聞かせたい話である。

 感謝もされない支那にODAを出すより、日本の援助を何時までも忘れない モルディブのような国に振り向けるべきだろう。来年のODAは支那の分をそ っくり今回の津波によって被害にあった国への復興支援金として貰いたいもの である。
(2004/12/28) 

この記事は「今日のコラム」
「支那へのODAは津波被害国の復興支援金に 」
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

傲慢無礼な支那に振り回された一年を振り返る

2004年12月28日 20時34分34秒 | 支那関連
~来年も失政批判の矛先を日本に向けて叩き続けるだろう~  

 今年もあと数日で暮れようとしているが、穏やかな年でありたいと思っていたものの多くの台風が襲来し、また新潟中越地震が発生し、多くの尊い命が失われた。その新潟県では仮設住宅で年越しをしなければならない方も多く、雪の降る冬を迎え、辛いことであろうが、多くの苦難を乗り越えて必ずや復興をされ、以前のような平穏な生活を取り戻して頂きたいと思う。

 さて自然災害は防ぐことは出来ない禍であるが、今年も世界の中心だと思い上がっている傲慢無礼で、かつ反日に凝り固まっている支那という国がもたらす「禍」に振り回された一年でもあった。内閣府の「外交に関する世論調査」によると「支那に親しみを感じない」と回答した人は前年より10・2ポイント増の58・2%に上ったとのことであり、同様の調査を始めた昭和53年(1978年)以来、過去最高を更新したとのことである。反対に「親しみを感じる」と答えた人は同10・3ポイント減の37・6%で、これも調査を始めた以来、最低となったようである。

 この結果は極めて当然と言わなければならないが、支那は日本との友好を口にして、パンダやトキを日本に贈り、またNHKは「支那4000年の悠久の歴史」と銘打って「シルクロード」や「大黄河」などの番組を流し、日本人が支那へ憧れを抱くように仕向けて来た。であるから支那との友好関係に亀裂が入ることのないように摩擦を避け「支那を刺激してはいけない」とする声が政治家、外務省、マスコミなどの中にあった。

 支那な国交回復に当たり「戦争による賠償は請求しない」と言っていたが、では日本には一切請求をしなかったのかと言えばそうではなく、有償無償の円借款(ODA)をすでに約6兆円もせしめている。有償分の円借款はきちんと返済されているようであるが、それはODAを未だ継続しているからであり、前の借金を新たな借金で返しているに過ぎず、日本からのODAがうち切られたならば、あの国のことであるから借金を踏み倒す可能性は大である。

 今や支那は、宇宙ロケットを打ち上げることが出来る「世界の工場」と言われる国へと発展したが、それは見せかけであり、多くの問題を抱えているのである。例えば衛生観念の欠如による環境破壊や、水や電力不足など、また急激な砂漠化など、国そのものの存立を揺るがしかねない事態が進んでいると言われている。

 支那で経済発展をしているのは沿岸地域だけだと言われており、内陸ではいまだに電気も通じていない地方も多いそうで、経済格差が拡大しつつあるとのこと。新華社電によると支那の驚くべき環境破壊の実態が報じられているが、それによると、支那政府は「水質汚濁が深刻化し、農村部の3億人は安全基準に適さない水を飲んでいる」との実態を明らかにし、汪恕誠・水利相は27日の全国人民代表大会常務委員会で「全国の3分の1の工業排水と3分の2の生活排水が、汚水処理を施されずに河川などに直接捨てられており、化学肥料と農薬の大量使用も重なって汚染が拡大している」と指摘し「主要な湖52カ所のうち、31カ所の汚染が深刻」とした上で「わが国の水の安全は重大な脅威に直面している」と訴えたと報じられている。

 支那から輸入される野菜は確かに安いが、このような報道で農村部の実態を知ると「支那の野菜は汚染されているから食べるな」と言われているのは正解のようだ。また支那は数年前には石油輸入国となり、車社会になりつつあるようであるが、排気ガスによる大気汚染も、このような国であるから、どの程度認識しているかはなはだ疑問である。

 7月に開催されたサッカー・アジア杯での支那人観客の異様な“ブーイング”や、国歌吹奏の時の国際儀礼に反した行動。日本人サポーターへの嫌がらせや、日本チームのバスを取り囲んでの足止め、また日本大使館の車への破壊行為など支那は開催国としての資質が問われたことも記憶に新しく「こんな状態で北京五輪が本当に開催出来るのか」と外国メディアが報じていたことも思い出される。

 支那人の日本嫌いの背景は、低下する支那共産党の求心力を高める手段として愛国教育を徹底して江沢民前政権下で行い、失政批判の矛先を日本に向けた結果であり、今では支那の反日は娯楽だとも言われている。要するに日本は支那人の不満のはけ口の標的になっている訳であり、問題にならないことや、ありもしない問題をことさら取り上げて日本を恫喝し、譲歩や頭を下げさせることを喜びにしているのである。支那人の反日は娯楽であるとすれば、面白い方が良いに決まっている。

 そんな支那に対して「親しみを感じますか」「信頼できますか」と言われても「感じません」「できません」と回答する日本人が増加したのは当然の結果だと言わざるを得ないが、それを決定づけたのは11月に起きた支那原子力潜水艦の領海侵犯事件であろう。

 この領海侵犯事件の概要についてはすでの大きく報道されており、「意図的な実戦訓練」だったことが明らかになっているが、支那はこの件に関して「技術的な原因から日本領海に誤って入った」ことと「潜水艦が支那海軍所属であることを確認した」として「遺憾の意」を表明したことになっているが、このような敵対行為を敢行しながら「謝罪」と言う言葉がないのは全く持っておかしい。

 他人の庭先に夜中に見つからないように入って来て見つかった言い訳が「確かにわが海軍の潜水艦のようで、技術的な原因だったようだ」では本当に日本を舐めているのかと言いたくもなる。どのような「技術的な原因」で領海侵犯をしたのかも自供しないまま「この件はすでに解決済みの問題である」と傲慢無礼な態度で言うのだからお話にならない。

 領海侵犯の犯人である支那が、事件の概要と技術的な原因とやらを何ら説明しないまま、領海侵犯され、主権侵害された被害者である日本に向かい何ら罪を償わず、また謝罪もしていないようでは日本と支那の友好などは幻であると言えるだろう。まあ「世界はすべて支那のものだ」と思っているとんでもない国であるからして領海侵犯をしたとの意識は持っていないのであろう。来年は今年以上に日本叩きが激しくなると思われる。弱いものには絶対に譲歩しない支那であるからして、尖閣諸島の武力占領の可能性があるかも知れない。
(2004/12/28)

この記事は「私の主張」第227号
  傲慢無礼な支那に振り回された一年を振り返る
~来年も失政批判の矛先を日本に向けて叩き続けるだろう~
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

掲示板 2004年12月分過去ログ (8156~8171)

2004年12月28日 20時02分09秒 | 掲示板過去ログ2004年分
8171.お助けマンではありませんが>ego様  
名前:美濃ちき    日付:12月28日(火) 20時2分
やはり、人道的見地からは、今回の国際緊急援助には参加するのは妥当だと思い ます。
サヨクの言ではありませんが、遠くのアメリカだけでなく近くのアジアへの協力が大切ではないでしょうか。

今のインドネシアが酷い国かどうかは知りませんが、少なくとも今回の派遣先であるタイ国については、日本の国連加盟に尽力して頂いたという、恩義がありま す。それに、戦時中の借金についても、戦後復興の最中で返済をかなり値引いてもらった事もあります。
もちろん、ego様がその後の経済援助で借りを返したと仰るのならば、その通りかもしれませんが。


8170.自衛隊派遣・私はこう見る  
名前:飛龍    日付:12月28日(火) 19時38分
自衛隊は何でも屋ではない。お助けマンでもない。
日本を防衛する軍隊です(であって欲しい)。>>確かに当然のことです。
他の国の都合であちこちへ派遣ばかりしていたのではたまったものでは
ありません。 しかし今回は『国際緊急援助法と自衛隊法に基づきタイ側の
要請に応じる。』
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20041228AT1E2800528122004.html
という部分に注目しています。 日本国内の事情はともかく、他の国からの
救援要請があれば、無碍に断る訳にもいきませんし、それが国際緊急援助とも
なればなおさらでしょうね。 又、この活動は名目上自衛隊による緊急援助
ではありますが、対外的には日本国としての意思と受け止められます。
これらを総合的に考慮すると、政府のこの度の決断は『拙速を尊ぶ』では
ないでしょうか? 閣議決定とかをしていたら、野党が『海外への自衛隊
派兵反対!』などと年末ボケをかまします。

恩義があるのは向こうの方で、日本は恩義など何も無いと思いますが。
(少なくともインドネシアは酷い国ですよ) >>この報道を見る限り
派遣先はタイのようです。最近のインドネシア事情については詳しく
知らないんですが、情報があれば教えて下さい。現在では専ら支那ウォ
ッチャーになってますんで(笑)


8169.中国の話題です  
名前:Ina    日付:12月28日(火) 18時38分
Inaです。

 最初に、東南アジアにおける津波によって亡くなられた被害に遭われた 日本人 の皆様
や、現地住民の皆様に対して心からお見舞い申しあげます。また 「プミポン国王」に置か
れては、「プミ・ジェンセン 氏」が亡くなられた事に対してお悔やみ申しあげます。

 「核兵器を持たない国や地域への核兵器の使用や核兵器による威嚇を行わない」と平気
で嘘を宣っている「中国」ですが(笑)、「共同」によると「北京」で10月に開かれた
「中国共産党中央対外連絡部主催」の国連改革に関する国際セミナーで、多数の「中国」
の出席者が日中間の「歴史問題」を理由に、日本が目指す安全保障理事会常任理事国入り
に強く反対する発言をしていたことを「フォード欧州議会議員」が明らかにしたそうです。

 その中で「中国」は「中国占領や南京大虐殺などに対する日本からのより明確な謝罪が
ない限り、中国が日本の常任理入りの際に憲章改正案批准を断固拒否する」と発言したそ
うです。


 それとお笑いの話題を一つ

 「ダイアナ妃・ヤシン・アラファト議長」の死を予言したことで知られている?「チュ
ニジア」の「占星術師アルシャリビ」が、2005年には「ブッシュ大統領・自治政府の
アッバス氏」が二人とも暗殺されると予言したそうです(^^)


8168.(untitled)  
名前:ego    日付:12月28日(火) 16時48分
美濃ちき様
>正月返上で救援活動をされるのではないかと思われます。
サヨクではありませんが、自衛隊が他国に派遣されるのは反対です。
自衛隊は自国だけを守って欲しい。
他国にまで行って、軽々しく救助活動はして欲しくありません。
邦人救出の為ならわかりますが、今回のインドネシア、スリランカ、タイには
行って貰いたくないです。
自衛隊は何でも屋ではない。お助けマンでもない。
日本を防衛する軍隊です(であって欲しい)。

>多大なる恩義のある国でもあります。
何の恩義でしょうか。
恩義があるのは向こうの方で、日本は恩義など何も無いと思いますが。
(少なくともインドネシアは酷い国ですよ)


8167.これでも、来期の予算は削減でしょうか。  
名前:美濃ちき    日付:12月28日(火) 16時3分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041228-00000139-jij-pol
「海自艦船3隻、プーケット島に派遣へ=地震被災者の捜索・救難で-防衛庁」
この様な未曾有の災害には軍隊が必要です。
特に地震国である我が国の自衛隊の能力は、この様な状況においても最大限に発揮されるものと思われます。
本来ならば任務終了に伴い、家族とともにお正月をゆっくりと過ごされる予定だったと思います。
被災者の状況を考えますと、正月返上で救援活動をされるのではないかと思われます。
インドネシア、スリランカ、タイと多大なる恩義のある国でもあります。
どうか、一刻も早い復興を願います。


8166.なぜ朝鮮人は日本に来るのか  
名前:ego    日付:12月28日(火) 10時9分
一主婦様
>スリ集団は日本のみがターゲットなのでしょうか

日本は近いし、貨幣価値が高く、一番の理由は もし捕まっても罰が軽い(無い!)。また不法入国も簡単で、不法滞在は世界一楽勝です。
要するに 犯罪天国なのです。
私が 朝鮮人なら日本に"出稼ぎ”に行きます(笑)

日本は自国防衛力をつけ、憲法を改正する事は一番ですが、
警察力やスパイ防止法、公安の強化、不法滞在の取り締まり、法の厳罰化、
など、厳しく取り締まるべきです。
空港、港での税関の仕組みを変えるべきです。
今のままでは 外国人にとって犯罪天国ですから。
 

8165.朝鮮  
名前:ego    日付:12月28日(火) 10時0分
瓦版屋様はじめまして
ご紹介のHP読みました。
私の経験上、外国における韓国人の実態は正に”そのとおり!”と相槌を打ってしまった次第です。
例えば、ビザの件など、アメリカだけではなく、豪州なども同じく韓国人にとっては厳しいものになっているそうです。また 外国の日本食品店、すし屋、ラーメン屋など、朝鮮人経営が多く、ナンチャってすし屋ばかりです。(外人はわからないんでしょう)
私の経験上 店に 日本語が書いてあるけれど、店の片隅には朝鮮語の新聞や雑誌、オーナーらしき人物は朝鮮人、、、というパターンはかなり多いです。
日本食品店には ハングルが書かれた 日本のものの偽物ばかり。
彼らは悪気は無いのでしょうが、偽物やなんちゃって日本料理には呆れてしまいます。かといって、彼らは日本人が嫌いというそぶりはまったく無く、
日本人に対して愛想が良い。
韓国の留学生が持っているクレジットカード、韓国発行のカードは使えないみたいですよ。信用が無いのでしょう。
私見ですが、朝鮮人より中国(香港、台湾含む)人の方が、
何倍も醜いと感じています。
倫理という言葉を知らないから。


8164.世界が見た或る韓国人  
名前:瓦版屋    日付:12月27日(月) 21時12分
管理人さん
早速のレス、恐れ入ります。
「○○人には注意しろ」などの類は人種偏見、排外主義に起因するものがありますので、その背景も踏まえて
見ることが必要でしょうが、一つの視点ではあるでしょう。

以下のHPは韓国人に厳しい見方と思われるかもしれませんが、事実を提示してのものですので、韓国人論にはなっています。
あくまで、人類社会学のケーススタディとして、又は反面教師として、更には他山の石として、オマケとして、人の振り見て我が振り直せ、のつもりで、挙げて みました。


●友好国はどこですか
http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/sekainome.html


8163.EUも支那人に気をつけているようです  
名前:一主婦    日付:12月27日(月) 20時58分
瓦版屋さんへ

先週の「報道2001」で竹村健一氏が推薦していた「ドイツは苦悩する」(川口マーン恵美著・草思社)を今読んでいる最中ですが、今回の話題と共通する面 白い内容がありました。

日本からヨーロッパへ入るとき、「非EU市民」の窓口で、「優秀な日本のパスポートは何のトラブルもない」そうです。「ここでアフリカやらアラブ、元ユー ゴスラヴィア、あるいは中国などのパスポートを持っている人の後ろに並ぶと、入国検査のごたごたでとんでもなくじかんがかかることもある」ようです。 「EU圏にビザなしで入れるのは、世界広しといえども日本と韓国、シンガポール、アメリカ、カナダ、そして、南米の数カ国を除くとそれほど多くはない」と も。

韓国が入っているのにはちょっと驚きました。スリ集団は日本のみがターゲットなのでしょうか。日本での中国大使のあの偉そうな物言いに辟易していたのです が、ヨーロッパでの認識はこの程度だったのかと思うと、胸がスカッとしました。

この本、なかなか興味深いです。
 

8162.瓦版屋さん。訂正です。  
名前:forest(管理人)    日付:12月27日(月) 18時49分
先ほど本屋で立ち読みしてきましたが黄文雄先生の著書は「黄禍」ではなく「華 禍」でした。申し訳ありません。アルゼンチンでの「支那人には気をつけよう」とのポスターの件ですが、本をぱらっと見ただけですので、見落とししたかも知 れませんが掲載されていませんでした。チャンネル桜の放送で見た写真はアルゼンチンのブエノスアイレスとのことで紹介されていましたが壁一面にそのポス ターが何十枚も貼られた写真でした。

立ち読みした「黄禍」には支那人には「世界はすべて支那のもの」との思想があり、今や世界各地に不良支那人が進出し、トラブルを起こしていると書かれてい ました。本の最後には日本の進歩的文化人が「黄禍を手引きするのではないか」と書かれています。支那に媚びる人々は間接的に支那の日本侵略に手引きしてい ることになる訳です。あれだけの人口を抱える支那ですから、多くの国に不法入国を図り海外移民の形で、その国を乗っ取ることも考えているかも知れません。 ですからパスポートのIC化や外国人入国の際の写真と指紋の採取は、「黄禍」を防ぐ意味で早急に実施すべきです。「支那人には気をつけよう」は日本でも言 えますね。こう凶悪犯罪が頻発しているようではね。


8161.確かチャンネル桜で黄文雄先生が紹介していた記憶があります  
名前:forest(管理人)    日付:12月27日(月) 16時27分
>瓦版屋さん

アルゼンチンでの「支那人には気をつけよう」とのポスターが沢山貼られている写真を見ましたが、確かチャンネル桜で黄文雄先生が著書「黄禍」を紹介される 時のような気がします。他にメルマガ「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」にこの件が掲載されていたような気がして探してみたのですが見つかりません。支那 人が沢山進出してきたため今までいた台湾の人達が国外脱出し激減したとのことでした。ですから黄文雄先生が著書「黄禍」に紹介されているのではないかと思 いますので、本屋で立ち読みするか、図書館にでも行って確認してください。私も詳しく知りたいです。


8160.支那人に気をつけよう、のソースをぜひ教えて下さい  
名前:瓦版屋    日付:12月27日(月) 14時37分
管理人さん

いつも拝見しておりました。

日本でも,皆内心では、支那人には気をつけよう、と思っているでしょう。
これだけ、支那人による凶悪犯罪が頻発しているのですから。

ところで、アルゼンチンでのポスターの件、ソースが分かっていたら教えて頂けましたら幸いです。


8159.支那人に気をつけよう  
名前:forest(管理人)    日付:12月27日(月) 13時4分
>akiさん

支那人は今や世界各地に勢力を広げております。アルゼンチンでは「支那人に気をつけよう」とのポスターが町中に沢山貼ってあるそうです。仲間意識が強く、 その土地にとけ込もうとせず、遵法精神がないそうです。日本もこれ以上支那人を入れてはいけません。いまでも外国人犯罪のトップは支那人です。確かに朝日 新聞などを読んでいたら支那は良い国だとの誤った印象を受けてしまうでしょうね。

それとレスされる場合は個別にするのは大変でしょうから。まとめてレスする方法がよろしいでしょう。いわゆるマルチレスですね。ではよろしくお願いしま す。


8158.投稿者のRed Card【退場】措置と掲示板削除編への移動について  
名前:forest(管理人)    日付:12月27日(月) 12時51分
以下の投稿につきましては、Red Card【退場】措置とし、削除致しまし た。すでにHN福沢ゆきちで投稿禁止をしていますが、今回はHN福沢ですが、リモホが同じですので同様な措置をとることに致します。なお該投稿については 掲示板過去ログの削除編(2004年分)に移動してありますので、誰でも読めるようになっております。

>8158.誇りを持たない?だが世界第二位の経済大国を誇る『日本国』
>名前:福沢 日付:12月27日(月) 10時45分

z228.219-103-251.ppp.wakwak.ne.jp (219.103.251.228)


8157.みなさんおはようございます  
名前:Saikoh@K▼tai    日付:12月27日(月) 8時53分
今日も多摩は清々しい朝ですが、玄界灘や西海※の向こうはどうなんでしょうか

>北海道知事
あのときは多くの道民から「あんな連中に場所を貸すな」とかなりの抗議が殺到したようです
あの人は決戦投票でなんとか勝った人なのでそこまで偏ったことはもうできないでしょう

自分は物心がつくかどうかという時にしか札幌に行ったことが無いので良くわかりませんが、中心部にそんな土地はあるんですかね
いずれにせよ彼等は日本の土地に関するシステムや日本人の土地に対する感情を理解できてないように思えます
まあ住民の同意なしで北京の旧市街をブルドーザーで更地にしてしまえる国に理解しろという方が難しいかも知れませんが

※…東支那海の事


8156.管理人様  
名前:aki    日付:12月27日(月) 4時32分
forestさま、おはようございます。
中国問題など、普通に全国区のニュースだけ見ていいては分からないことがこちらでよくわかります。皆さんもいろいろなことをおしえてもくださるので。最近 は以前より「中国の怖さ」を感じます。ありがとうございます。
コメント

侵略国家支那の嘘ばかりの国防白書

2004年12月27日 21時48分45秒 | 支那関連
 人民日報が支那の国務院新聞弁公室が「2004年の中国(支那)の国防」 という国防白書を発表したことを報じている。広大な領土を抱えながら、海洋 国家として覇権を目指している支那は凄まじい軍備増強を図っていると言われ ているが、その白書のよると、昨年( 2003年)の国防費は1907億8700万元、本年の国防費は2117億 100万元とのことであり、昨年の国防費を比較すると「米国の5. 69%、日本の56.78%、英国の37.07%、フランスの75. 94%だった。」とのことである。

 支那は地上軍を日本のほぼ10倍保有しており、海洋国家を目指して海軍艦 艇の増強に務めているにも関わらず、この公表した国防費が日本のほぼ半分し かないとはとても信じられない。

 また白書には「核兵器の全面禁止と徹底廃棄」との支那の主張が記載されて いるとのことで、それには「中国(支那のこと。原文のまま。以下同じ)は核 兵器を先制使用しない政策を一貫して実行しており、核兵器を持たない国や地 域に対しては、核兵器の使用や核兵器による威嚇を行わないことを無条件で約 束している。中国はこれまで、いかなる国との核軍備競争もしておらず、今後 もありえない。」とし、「中国は核兵器を保有する5カ国の中で唯一、核兵器 を持たない国や地域への核兵器の使用や核兵器による威嚇を行わないことを、 無条件で約束している。」と書かれているそうである。支那は否定するであろ うが、核ミサイルの照準とを核兵器を持たない日本に向けているのはどう説 明したら良いのか。

 白書には「台湾独立」に関して「もし台湾当局が切羽詰って向こう見ずな行 動を取り、大胆にも『台湾独立』という重大事変を起こすならば、中国の人民 と武装兵力はあらゆる代償を惜しまず『台湾独立』への分裂計画を徹底的に粉 砕する。」と結論づけているが、建国から50年と少ししか経過していない支 那は台湾を統治したことなど歴史上かって一度もないだから「台湾独立」では なく、すでに独立しているではないか。だから支那の台湾への軍事侵攻は他国 への侵略とと解釈して良いであろう。

 支那の国防に関する方針として白書は「中国の発展は自己の能力を根本とし ており、いかなる人にとっても妨げや脅威にならない。中国は自己の発展のた めに平和な国際環境を必要とし、また自己の発展による世界の平和・発展の促 進に努力している。中国は平和・発展・協力の旗印を高く掲げ、独立自主によ る平和外交政策を堅持し、防御的な国防政策を堅持し、永遠に拡張を目指さず 、永遠に覇をとなえない」としているが、よくもここまで嘘を書くものである。

 民族浄化に名の元に行われている大量虐殺によるチベット侵略や東シナ海、 南シナ海、西太平洋において現在支那が行っていることはとても防御的なもの だとの認識には至らない。支那自身がいくら「発展は脅威にならない」と言っ ても、日本をはじめ支と那の軍事的な脅威を感じている国も多く、また軍事的 なものでなくとも、今や世界各地において支那人の「支那は世界の中心である 」との中華思想は遵法精神の欠如となり、その振る舞いが大きな問題となって いる。黄文雄氏はその著書「華禍」において「世界は全部支那のもの」と 支 那人は考えているとして、そのもたらす様々な禍に警告を発している。

 侵略国家支那が国防白書に「…平和外交政策を堅持し、防御的な国防政策を 堅持し、永遠に拡張を目指さず、永遠に覇をとなえない」とよくも恥ずかしく もなく平然とこのような嘘を書いていることは驚くべきことである。この部分 だけを読んだだけで、支那の国防白書に書かれていることだと思う人が果たし ているであろうか。歴史を捏造する国として良く知られている支那だが、国防 白書においても同じのようである。
(2004/12/27) 

この記事は「今日のコラム」
「侵略国家支那の嘘ばかりの国防白書」
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

掲示板 2004年12月分過去ログ (8137~8155)

2004年12月27日 04時27分27秒 | 掲示板過去ログ2004年分
8155.>札幌に中華街?  
名前:aki    日付:12月27日(月) 4時27分
abusanさん、はじめまして。
>国の直轄下に置かれるリスクを考えてやるべきですなあ。

日本の地方と国の分権てどうなのでしょうね。
米国などは移民局とホームランドセキュウリテイ局などが連携し始めて、
国策と地方政策において線がありそうな気がしますけど。


8154.>なんとも怖い話題ですね  
名前:aki    日付:12月27日(月) 4時22分
一主婦さん、はじめまして。

>中国人が新たに入国し、定住し、そして破綻した後はどうなるか、目に見えていますね。

↑地方分権・外国人参政権問題とも繋がっているくる問題のような気がして「怖い」です。チベットの運動ニュースと見たときなどとくに思いました。


8153.瓦版屋さんへ  
名前:aki    日付:12月27日(月) 4時18分
瓦版屋さん、はじめまして。ソースありがとうございます。
>日本の世論を小バカにしている証拠だろう。
きっとそうなんでしょうね。
>北海道知事・・
4月の人質事件の時に少しニュースで知りましたが、
どちらかというと反に本政府系のかたなのかなと思いました。
食の祭典の二の舞にならなければ良いなと思います。


8152.>Re.北海道に中華街  
名前:aki    日付:12月27日(月) 4時7分
Saikoh@K▼tai さん 、初めまして。
>台湾よりの横浜中華街や神戸南京町←このあたりのこと知りませんでした。どうもありがとうございます。民間が感心を持てる状況ではないというの良いこと ですね。「道」の対応しだいでしょうかね。


8151.AKKさんへ。  
名前:forest(管理人)    日付:12月27日(月) 1時8分
管理人のforestです。投稿されるのは歓迎致しますが、ただ記事を張り付 けるだけで、ご自身のコメントを何も書かないのはルールに反する行為です。このような記事が掲載されていたとして引用されたならば、その倍とは言いません が、他の訪問者にAKKさんの考えが伝わる程度でコメントを加えて欲しいものです。管理人としてご注意申し上げます。


8150.みねさん。初めまして管理人のforestです  
名前:forest(管理人)    日付:12月27日(月) 0時55分
初訪問ありがとうございます。大阪と言えば辻元清美でしたね。先日テレビに出 たらすごい抗議があったようですが、もう出る幕はないということでしょう。民主党をマスコミはやけに持ち上げますが、社民党がもうダメだからでしょうか。 それにしても民主党の公約を読むと確かに全くビジョンがありませんね。岡田代表は支那と安全保障について協議すべきとか言っていますが完全にアホです。

また共産党員のビラ配りが住居侵入で逮捕されたようですが、先の防衛庁官舎へのサヨクビラ投げ込みが無罪とは、おかしな判事もいるようです。控訴は当然で す。野中広務のことですが、元共産党員とかで、非合法活動を行った過去があるとの噂があります。一度おかしなイデオロギーに染まったらなかなか抜けられな いでしょう。支那行きを中止したようですが、こんな時だから行って支那と一諸に日本の悪口を言って欲しいものです。そのまま帰国しないで支那に止まってく れたら良いのですが、さてどうなりますか。ではまたご訪問下さい。


8149.札幌に中華街?  
名前:abusan    日付:12月26日(日) 21時12分
まあ、民間でやるなら勝手に作れば?と言う感じですが
それに行政が積極的に関与するとなると黙視できませんね。
中華街を作ったは良いが果たしてそれが札幌市や北海道の
利益の為になるのか?官が主導したプロジェクトが破綻した
例は枚挙に暇(いとま)がありませんからね。

もし、やるのだったら札幌市や北海道の予算が債務超過で
国の直轄下に置かれるリスクを考えてやるべきですなあ。
果たして出来るのか大いに疑問ですが┐(´ー`)┌


8148.李登輝氏来日について  
名前:abusan    日付:12月26日(日) 21時3分
李登輝氏は表向きこそ観光ですが、台湾関係政治家などと直接接触し
台湾の戦略上必要な情報を収集するのが目的であるのは言うまでも
無いでしょう。尤も講演などを行わないのは台湾内の外省人対策も
あるのでしょうなあ(--;) ウ

今回は日台関係に大きな変化は期待できませんが台湾の有力政治家
が訪日した既成事実は決して小さい事ではないでしょう。
少なくとも対支牽制の意味に於いては。

さて朝日新聞の売国記者どもは、どう報道するのでしょうかね?


8147.李台湾前総統、27日訪日…中国は報復検討も  
名前:AKK    日付:12月26日(日) 19時17分
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20041226i111.htm
李氏の側近は、今度の旅について、「青年時代を懐かしむセンチメンタルジャーニー」と語る。「22歳まで日本人でした」と語る李氏はかつて、「岩里政男」 という名前を持ち、日本の教育を受け、日本の書物を読んで育った。今も日本語の本を愛読し、同行する曽文恵夫人(78)とは日本語で会話する。

 正月を過ごすことになる京都は、京都帝国大学時代に過ごした土地。戦局の悪化で学徒出陣に加わり、高射砲部隊の陸軍少尉として終戦を迎えたのが、27日 に到着する名古屋だ。59年ぶりの訪問になる。

 日中関係がこじれる中、李氏は訪日について沈黙を守る。台北に住む親友、何既明さん(80)は、「李氏は、観光客として自由に歩き、戦後の変化を肌で感 じたがっている」とその心境を代弁した。

 初めて訪れる金沢は、日本統治下の台湾で大規模農業用水を建設した日本人技師・八田与一の故郷。李氏は「日本人が台湾で行った良いことを、日本人にも 知ってもらいたい」(別の側近)考えだという。

 李氏は、初めて新幹線にも乗る予定だ。1月に試運転が始まる台湾高速鉄道(台湾版新幹線)システムは、日台経済協力のシンボル。李氏の影響力で、日本企 業連合が欧州を破って逆転受注したとされる。

 「孫娘と水入らずの温泉旅行」という名目でビザを取った今回の訪日では、日本政府に配慮して、講演などの「政治活動」は行わない。だが、訪問予定地から は、過去、現在、将来にわたる日台の結びつきを感じさせる外交的な側面がうかがえる。「政治活動」はしなくても、その行動は、「政治家」のものだ。


8146.支那共産党に天罰を!  
名前:AKK    日付:12月26日(日) 17時8分
http://www.faluninfo.jp/2004/08/html/040820_phss.htm
この写真から、中国各地の留置所及び強制労働収容所で法輪功学習者が
組織的殴打ならびに拷問を受けている現状を垣間見ることができる。
このような拷問は、江沢民政権下ではごく普通であるが、当局はすべて
のこのような証拠を「国家秘密」として、厳重に警戒しているため、
このような拷問が写真に取られることはめったにない。

http://minghui-jp.org/2004/07/17/2004-7-6-gao_rongrong2.jpg
http://minghui-jp.org/2004/07/17/2004-7-6-gao_rongrong_more.jpg

2004年5月7日、彼女は第二大隊の隊長である姜兆華と副隊長の
唐玉宝に当番室まで呼ばれ、ラジエターに手錠をかけられ、
苦しめられた。姜と唐は彼女を午後3時から10時まで7時間近く
電撃した。当時、高の顔面はひどく崩れてしまい、顔が腫れ
あがって変形し、顔は水泡だらけになった。焦げた皮膚、髪の毛
は膿、血でくっついてしまい、顔が腫れあがったため目が一本の
線となり、口は晴れ上がって厳重に変形してしまった。同室の
刑事犯までも彼女とは見分けられないほどである。
http://minghui-jp.org/2004/07/17/phss_040717_01.htm


8145.なんとも怖い話題ですね  
名前:一主婦    日付:12月26日(日) 17時1分
瓦版屋さんのソースを読みました。
神戸や横浜のように土地に根付き、「歴史のある中華街」ならいざ知らず、札幌に「新たな中華街」ですか。北海道とは、中国も良い?素地を持ったところに目 をつけた感じですね。崩れ(崩し)やすいところから、日本は崩れて(崩されて)いくのでしょうか。北も南も危ないですね。

知事も市長もあの新聞も、喜んで受けるのでしょうか。

中国人が新たに入国し、定住し、そして破綻した後はどうなるか、目に見えていますね。


8144.Re.北海道に中華街  
名前:瓦版屋    日付:12月26日(日) 16時15分

ソースは以下です。

「札幌に中華街を」 駐日中国大使、知事に要請 /北海道 毎日新聞 16・12・25
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/hokkaido/news/20041225ddlk01040083000c.html


8143.Re.北海道に中華街  
名前:瓦版屋    日付:12月26日(日) 16時3分
中国人の実態が、マスコミの映像などを通じて、余す所なくハッキ リしている 今、よくもまあヌケヌケと中国の大使は北海道知事に言ったものである。

先日の世論調査でも親中国感はガタ落ちなのに、何を勘違いしているのか。日本の世論を小バカにしている証拠だろう。

日本のテーマパークで成功しているのはディズニーランドしかないのに
反中国感情がこれから盛り上がる可能性が高い中で、誰が自分のカネを使って敢えてそのリスクをとるだろうか。

北海道知事、札幌市長が勘違いして税金を注ぎ込むなぞ考えつかないうちに、バクチは止めろと、忠告してあげよう。


8142.初めての投稿になります。  
名前:みね    日付:12月26日(日) 15時11分
こんにちは。初めて投稿する新参者のムーくんといいます。未熟者 ではあります が、よろしくお願い致します。
携帯で投稿させていただく場合もありますので、その点は了解願います。

今、大阪にいましてネットカフェからの投稿ですが・・・
大阪は相変わらず共産、社民勢力が根強いという印象を感じました。
今年の参議院選挙では、共産の選挙区全員落選や社民党の漸減というけっかでしたが、その分を全くビジョンのない
民主党がとったという印象ですね。
まあ、政権交代をすべきではないでしょうね。新進党よりもひどい政党ですね。

今月16日付の今日のコラムを見て地検の控訴は当然です。日本は法治主義であることが彼等には全く
気づいてないと言ったほうが正しいですね。
護憲だと主張するのであれば、プライバシーはないのかと指摘したくなってきます。
事件をサヨクが政治利用して、国民を欺こうとしているのがミエミエです。

23日、葛飾区で共産党支持者の57歳の男が住居侵入の現行犯で逮捕されました。今日の読売と産経の社会面に出てます。
マンション内でビラ配布お断りというのに、「政治活動なので、あなたが入れてほしくないのなら入れない」と主張して
警察に通報し、昨日東京地検に身柄を送検されました。

それにしても・・・ サヨクに日本を翻弄されすぎと、感じています。
プチサヨクの野中(日共は毛嫌いだが、
中共や韓サヨクにはおべっかを使う、節操なしの政治屋)には辟易している今日この頃です。

以上、私が思ってることを書きました。失礼致しました。


8141.Re:札幌中華街  
名前:Saikoh@K▼tai    日付:12月26日(日) 14時13分
台湾よりの横浜中華街や神戸南京町が気に入らないというのもある のかと

しかし日本は支那と違い土地私有制ですから民間から土地を買収したりする必要がありますが、昨今の情勢からして協力する民間人は皆無に等しいでしょうし、 道としても道民感情を鑑みてあまり協力はできないでしょう


8140.投稿者のRed Card【退場】措置と掲示板削除編への移動について  
名前:forest(管理人)    日付:12月26日(日) 13時1分
以下の投稿につきましては、Red Card【退場】措置とし削 除致しまし た。以後は投稿禁止と致します。理由は「石原」「JYUN-ITI」「岡田」「わか」「KOIJYUN」「竹中」と様々なHNを使って他の投稿者を惑わし ており、すでに統一したHNを使うようにYellow Card【警告】を出しておりますが、その件での謝罪もなく、再び投稿を繰り返しているからです。なお該投稿については掲示板過去ログの削除編(2004 年分)に移動してありますので、誰でも読めるようになっております。

>8138.未来の君たちへ!
>名前:福沢ゆきち 日付:12月26日(日) 10時21分


8139.さようなら  
名前:しんしん    日付:12月26日(日) 10時42分
福沢ゆきちさん、もうレッドカードですね。
前の投稿を削除して新しくコピペするとは卑劣ですね。
>統一したHNを使うようにして下さい。
今度は新しいHNでも削除でしょうね。


8137.北海道に中華街  
名前:aki    日付:12月26日(日) 10時1分
管理人様、みなさまこんにちは。
勝谷誠彦の××な日々。
http://www.diary.ne.jp/user/31174/
で下記の記事を拝見しました。

北海道知事に「札幌に中華街を作りたいので協力を」と申し入れたそうだ。http: //www.mainichi-msn.co.jp/chihou/hokkaido/news/20041225ddlk01040083000c.html。
逆に中国に日本人街は作らせてもら得ないと思います。
北海道物産展は日本人が移民しないけど、北海道に中華街はチベットの中国化を連想させます。
沖縄地方には潜水艦が、北海道には中国政府による中華街が、ソ連にも近いし心配です。北海道政治というのはどのようなところなのでしょうか。
最近は本当に「戦争なき」乗っ取りをかんがえているのかなと思います。
どうも失礼しました。
コメント

李登輝氏ビザ発給で訪支那中止した野中広務

2004年12月26日 21時37分19秒 | 政治
 すでに政界から引退している野中広務だが、いまだに胸に金バッチを付け ていると思っているようで、またマスコミも様々な番組でゲストとして招待す るなどしている。見たくもない顔で、あの韓国の俳優の「ぺ」と同じく即チャ ンネルを変えてしまう。

 この方は元自民党員だが、共産党か旧社会党に所属していた方が似合ってい たのではないかと思われるような媚支那・媚北朝鮮の親分で、このような人が 自民党幹事長までやったのですから驚くべきことであり、日本を良くしようと して政治家になったというより支那と北朝鮮のために活動していた政治家と言 った方が正解だろう。

 その野中広務が来年1月に予定していた中川秀直国対委員長、古賀誠元幹事 長らとの支那訪問をとりやめたと報道されているが、その理由は政府が台湾の 李登輝前総統にビザを発給したことにあるようで「信頼関係のうえに外交はあ る。微妙なときに(ビザ発給は)礼を失した。しばらく訪中するのは控えたい 」と周囲に語っているとのことである。

 媚支那の野中広務は、やはり政府の今回の李登輝氏へのビザ発給は面白くな いようで、それに反発して支那訪問をやめるとはおかしいではないか。支那が 李登輝氏へのビザ発給を取り消すように脅迫していることから「日本と支那の 友好関係が損なわれた」と思うなら、支那訪問をやめることなく、予定通り訪 問して、これ以上関係悪化を招かないように支那政府の要人に面会して「まあ まあ落ち着いて下さい」と宥めに行かれた方がよろしいのではないか。

 支那は野中広務が訪問しないと聞いてがっかりしていることだろう。李登 輝氏へのビザ発給は「支那への礼を失した」と発言しているのはいかにも媚支 那の野中の言いそうなことであるが、観光旅行をしたいとの一私人へビザ発給 をした日本政府の対応がなぜ支那に失礼になるのかさっぱり分からない。

 日本は支那へは何でも平身低頭して敬意を表し、礼を失するようなことはし ないようにしなけばならないと野中は言いたいのでしょうか。ビザ発給と言う 完全な内政問題に干渉してくる支那の方こそ礼を失しているではないか。

 最近の世論調査の結果では、「支那は信頼出来ない」が90%以上に達して いる。このような状態なのに、野中はこれからも支那様のために活動する元政 治家として日本を貶めたいのであろうか。

 ところで、いつごろだったか記憶がないが、李登輝前総統の来日が取り沙汰 された時に、ビザの発給を頑強に反対した媚支那の政治家として河野洋平や田 中真紀子などがいるが、27日に李登輝氏の来日が決まったことについてどう 思っているか是非感想を聞きたいものである。
(文中敬称略)
(2004/12/26)

この記事は「今日のコラム」
「李登輝氏ビザ発給で訪支那中止した野中広務」
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

掲示板 2004年12月分過去ログ (8123~8136)

2004年12月25日 22時16分58秒 | 掲示板過去ログ2004年分
8136.英霊七士の慰霊祭に参加してきました  
名前:forest(管理人)    日付:12月25日(土) 22時16分
>egoさん

12月23日は天皇陛下のご誕生日ですが、東条英機元首相ら英霊七士が殉難法務死された日でもあります。連合軍は当時の皇太子殿下であらせられた今上天皇 のご誕生日の日をわざわざ選んで絞首刑を執行し、横浜の久保山にあった火葬場で荼毘にふし、遺骨は何処かに棄てられたと言われています。しかし、わずかに 残った遺骨が火葬場のゴミを投げ込む穴に棄てられたのをかろうじて回収して熱海興亜観音に隠されたとのことです。
その興亜観音で23日の午後1時から英霊七士の慰霊祭がありましたので参加してきました。トップページの興亜観音像の写真を更新しましたが、その時に撮影 したものです。興亜観音の敷地内に七士の碑がありますが、その下に英霊七士の遺灰は埋葬されているそうです。


8135.「今日のコラム」より&Re.8133  
名前:Ina    日付:12月25日(土) 21時31分
forest 様 飛龍 様

Inaです。

>人工衛星から撮影された写真を見ると支那では砂漠化、大気汚染などの凄まじい環境破壊
>が続いているようであり、もう回復不能な状態だと言われています。

>『環境保護事業名目』での現状維持を情に訴えての泣き落とし戦術でやるであろう事が予
>想されます。

 「中国」の環境破壊は世界中に脅威を与えており、その凄まじさは「情に訴えて」のレ
ベルを遥かに超えて充分恐喝に使えるものです。例えば「黄砂」は近年凄まじい量で増加
しており、このままいくと「日本国」は、100~150年後には農地の約6割は駄目に
なるそうです。猛烈なスピードで砂漠化が広がっております。

 「大気汚染」については「中国」も「京都議定書」に入っており、全力で取り組むと言
っていますがどこまで本当やら・・・・・・疑わしいですね。

 「環境破壊」による脅迫と言えば、「ロシア」の「原潜」を「ウラジオストック沖」へ
次々と沈めて「解体費用が足りないので、金を出せ」と言った例が有ります。おかげで、
「漁業」はかなりの打撃を受けました。恐らく「中国」も「金が入ってこない」と見ると、
環境破壊を促進するでしょう(放射性物質を次々と海に投棄する可能性もあるかと)。そこ
のあたりが、中々難しいと思っています。


ところで 飛龍 様

>『100人【も】参加していた』の間違いと思われ(爆

 これは失礼しました(^^) 「100人も」でしたね。


8134.プライド 運命の瞬間  
名前:ego    日付:12月25日(土) 21時22分
東条英機元首相のご命日にビデオで 映画 ”プライド 運命の瞬間” を観ました。何度観ても気持ちが引き締まります。
力を与えてくれます。
どんな悩みもどんな苦痛も、この映画を観た後は 小さなことに気付きます。

検事キーナンが 最後に”あなたの判断は間違っていましたか”に対し、
東条元首相は”間違っていなかった”と言い切った。
キーナンは”あなたはまた同じ事を繰り返すつもりか”と叫んだ。
ここで、質問は終わったのだが、白人の侵略に対して いつでもプライドを掛けて戦うという意思表示をした東条元首相の毅然とした態度は、日本人として
誇らしく思った。(映画東京裁判(ドキュメンタリー)と合わせて観た)
今の 政府は 少しばかり 情けなく感じた。
拉致事件、北朝鮮問題、領海侵犯事件など、もし東条英機氏が生きていらっしゃったら、どのような対応をしていたのだろう。
少なくとも 日本人のプライドは 今とは比べようが無い位あったと思う。

この映画を観て、A級戦犯など 絶対に認められないと感じた。
この映画が お茶の間で公開される事を願っています。
(現在の天皇陛下お誕生日に処刑という鬼畜アメリカ 連合軍のふざけたやり方には 頭にきます)


8133.今日のコラム12/24  
名前:飛龍    日付:12月25日(土) 20時11分
支那には親しみを感じないと思う日本人が増えて来たのは至極当然なこと
である。>>日テレ系列の桂文珍司会の番組で『支那に親しみを感じるか』
についてファックス・携帯での3000人分のアンケートをしてました。
信用出来ないが95%でしたが、『信用出来るが5%もいるのか?』が
実感でした。香山リカがアタフタしていたのには笑えました。

政府は来年1月にも支那政府とODAをどのように見直しをするか協議を
する方針を固めたようである。>>これもワクワクします。どちらに転んで
も支那にいい目は出ないと思われます。もし『このまま続けて欲しいアルヨ』
と言えば『それならそれで、もっとしおらしい態度をすべきだろう。甘っ
たれるな!』となるでしょうし、減額するにしても減額幅を支那が提案する
と『貰う側が何を言う。決定権を持っているのはこっちだ!』となります。

外務省幹部は「反中感情による一方的な卒業論は中国(支那のこと以下同じ))の感情を傷つけ、『政冷経熱』の日中関係をさらに悪化させかね
ない。>>今まで散々日本をコケにして、内政干渉ばかりされてきた日本
の感情はどうなるのでしょう?既に十二分に傷ついています。

削減するにしても中国側が納得いく形にしたい」と話しているとのことで
すが>>こちらが援助しているから、当方の都合とか客観情勢を判断すれ
ば、決定権はこちらにあります。感謝もされないのに援助の必要性なし。

日本人の支那嫌いの感情は日本に責任がある訳ではないし>>今までの日支
関係のこじれは全て支那が挑発しています。日本には寸分の齟齬もありま
せん。

それと【環境整備・保全の為のODA】というのがクセモノです。これは
絶対にしてはいけません。 恐らく今度の会議ではODA削減阻止の手段
として、『環境保護事業名目』での現状維持を情に訴えての泣き落とし
戦術でやるであろう事が予想されます。 で、お人好しがまんまと引っか
かる。 これで日本のODA廃止・削減の世論をいくらかでも沈静化させ
るのが彼らの目的です。 『環境好転はもう少し先になるから、ODA
寄越すアルヨ』というのが支那の言い分としては最も矛先をかわしやすい。
そして環境データベースは捏造・改竄しまくりで、やはり軍事にODAを
回したり、共産党幹部の懐に入るのは簡単に予想出来ます。 理由如何を
問わず、ODAは廃止すべきです。 その金を中小企業援助に向けるのが
日本の筋ですよ。 


8132.福沢ゆきちさんにYellow Card【警告】です  
名前:forest(管理人)    日付:12月25日(土) 17時44分
管理人のforestです。あなたは8131の投稿をHN「福沢ゆきち」で 行っていますが、いままで、「石原」「JYUN-ITI」「岡田」「わか」「KOIJYUN」「竹中」と異なるHNで投稿されておりませんか。このような 事は他の投稿者にご迷惑をお掛けしますし、HNと言えども投稿者を識別するためには重要なことです。今後この警告を無視して同様な投稿をされる場合は退場 措置をせざるを得ませんので、統一したHNを使うようにして下さい。よって他の投稿者にお詫びをしてどのようなHNを使うか決めて下さい。ではよろしくお 願い致します。
 

8130.ロシアの脅威2  
名前:葦の髄    日付:12月25日(土) 16時19分
Ina様、飛龍様 
 葦の髄です。早速のRES有難うございます。私の認識不足で、私の主張は非現実的だったようですね(^^)。
 ラスプーチンは1956年に合意した日ソ共同宣言を引き合いに出し、2島返還で決着を図ろうと言い出した。
 一寸調査してみると、確かに日ソ共同宣言は鳩山総理とブルガーニン間で合意され、日ソ平和条約締結の暁には2島返還をしますとソ連側が約束しており、両 国間で批准されている。その後日本の国論に押されてか、政府は四島返還を言い出したのではないか。
 じゃんけんの遅出し。こんじゃあ、日本は完敗だな。
 その後色々とソ連・ロシアと交渉したが、あちらさんは、「日本の立場も理解できる」程度のあしらいしかしなかったのも当然だろう。


>国連負担金だって、ロシアや中国以上に負担する理由はさらさらないのです。
>>それが、どうも『各国のGDP相応の負担金が必要』というトンデモ
条約みたいなものがあるようです。

国連てなのは、ある分野については存在理由もなくもないが、どうもいかがわしい団体ですなあ。サヨクが特に国連至上主義なのも、国連神話の信奉者だからだ ろう。
 その国連の常任理事国入りに、日本はヤケにご執心なようだが、常任理事国入りをしてどんな役割を果たそうとしているのか・・・さっぱりわかりしまへん な。
 更なる国連負担金をするから、賛成してくれと、ロビー外交をするような売国外交官のいる国だ。
 
 日本のGDPは約500兆円で、負担金が19.5%。中国のGDPは現在175兆円だそうだが、負担金は1.5%に過ぎない。ま、中国は2020年には 日本のGDPを追い抜くと自慢しているそうだから、今後GDPの伸び率に応じて負担して貰いまヒョ。

http://www,geocites.jp/s060630/


8129.現実を見ないマスコミ  
名前:賛同者    日付:12月25日(土) 15時46分
 北に対する経済制裁には否定的な論調を示す朝日新聞、左巻きの解説者達が良 くいう事は、”イラクの経済制裁は効果が無かった”と言う言葉が踊っていますが、イラクが経済制裁で苦境に立たなかったのは、人道的支援と称する”石油食 料交換プロジェクト”で、フセイン大統領と、国連職員、そして、ロシア、フランス等がせっせと不正を働いた事は既に知られている。この”石油食料交換プロ ジェクト”フセイン元大統領が手にした金は、日本円で8兆円、因みに国連には1兆円もの金が流れていて、国民に使われたのはその半分に過ぎなかったという 現実だ、また、ロシア、フランスの石油会社には、10兆円もの金が流れ、その利益は、国の指導者に渡されたという事実がある。

 だが、日本のマスコミは、このことを論じないし、報道しない、日本の外交の機軸に定めている国連職員の汚職問題であるにも関らず、問題にしない、読売新 聞が少し報道しただけ、朝日、毎日はスルー、テレビに出て偉そうに講釈をたれている解説者達は自分達の都合の良い情報しか見ずに解説しているのか、金儲け に忙しいのか分らないが、その事実を踏まえた上での北の経済制裁に着いて論じる解説者は出てこないだろうなあ、


8128.既に妄念、妄執のようなものに  
名前:mumu    日付:12月25日(土) 7時7分
なりつつあるようですなぁ<皇室に楯突くことを生き甲斐にしている狂人共

>飛龍様
>『100人【も】参加していた』の間違いと思われ(爆

数字だけ見ると、暗澹たる気持ちになることも事実ですが、ふとその人数は本当に呼びかけた狂人の妄想に共感して集っているのか、もしかして一部は頭数合わ せに集められた気の毒な?人達ではないかという気がしてしまいました。

嘘か本当か、所謂労働問題に関することでのデモ行進に、何の為のデモなのか理解していないままに言われたから参加していただけだったという人の話を聞いた ことがありますので、それからと言うもの、世の中の動きや世相に反するような抗議活動のようなものに参加している中の、いったいどのくらいが本気で喚いて いるようなことを狂信しているのだろうと思うようになってしまったのです。

今上陛下ご生誕の日に、陛下御自ら文章でお答えになられたものの中に、この5月に皇太子殿下が妃殿下について述べられた一連のことは、天皇・皇后両陛下へ 向けられたもの、つまり皇太子殿下に今上陛下に対する反意のようなものがあるかのような一部報道に、深く御心を痛められたというようなことが含まれていま したが、そうした真っ当な人間ならすぐに捏造されたもの、でっち上げられたものだとわかるような醜悪極まりないことを言い立てる輩と言うのは、そんな狂っ た言動を取れば取る程に自分達自身を惨めな状態に追い込んでいることに、この際ですからずっとそのまま気付かないでいて欲しいと思えてならないですね。
そんな連中の魂なんぞ、仮に存在すると仮定しても救ってやらなければいけないものだなんて、あまり考えたくはありませんしね。

その救い難い連中の最たるものの集団である狂惨党ですら、世の中の風潮には逆らえず、意に反して表面上だけでも皇室の存在を認めざるを得ない状況になって いる昨今に、いまだに目に見える形で皇室の存在を消そうと躍起になれるとは、当に生きた化石も同然ですかね。

さて、いきなり話を変えて恐縮ですが、ららぽーとさん

こちらの掲示板であなたが出入り自由?になるかどうかは、管理人様の裁定によるものでしょうけど、その前に少しは自分の言ったことを守ろうという意欲くら い、見せたら如何でしょうかね。
あなたは私の文章など見るのも嫌なくらい大嫌いだと仰ってましたけど、その私が時々書き込むであろう掲示板に、わざわざ我慢してまでお付き合いいただかな くても良さそうな気がしますね。
その方があなたの精神衛生上にも良いでしょうし、また前と“全く同じ”揉め事を引き起こす危険性の方が遥かに高そうなあなたに、他の常連の方達が巻き込ま れる懸念も減少するでしょうしね。

仏の顔も三度まで・・・
如何に管理人様が寛大な方でも、そうそうご好意に甘えてばかりはいられないことを、そろそろ肝に銘じた方が良いと言うより、普通は一度で懲りるものだと思 いますけど、その自覚や覚悟が本当にあなたにあるのかどうか、正直眉唾な気がしますね。
あなたが黒騎士の名で書き込んだ捨て台詞には、以前からまるで成長しているとは言い難い、自分の言っていることは“絶対に”正しいのに認めない方が悪いと いう主張がありありと覗えるようにしか見えませんので。


8127.捨民・狂惨系団体の醜態  
名前:Saikoh@K▼tai    日付:12月25日(土) 6時57分
おととい、ある大学の給費試験を受けに行ったときの事です。
やっぱなーと思いましたが、赤い大学生活動家が早速勧誘をしてました
「大学の学費を安くさせる署名をしてます」とか言ってましたが、誰も足を止めてませんでしたし、同じような事を言いながらビラを配ってるのもいましたが、 またこちらも相手にされずにいました

行きにはもっと悪質なのがいて、「受験生のみなさん頑張ってください」といいながらビラを配ってました
まあビラの中身が中身ですから5m先にはかなりの髪ゴミが散乱してましたが

みなさんのころはどうでした?


8126.全然笑えません?  
名前:飛龍    日付:12月24日(金) 22時27分
ちなみに笑える話ですが、参加人数は100人だそうです(爆) >>
『100人【も】参加していた』の間違いと思われ(爆

サンフランシスコ条約では、日露戦争で勝ち取った領土の放棄を宣言したが
>>樺太の南半分のみと言うことですね。元々日本は北方四島・樺太を江戸
時代から実効支配しており、択捉島以北の千島を千島樺太交換条約で、樺太
を放棄する代わりに全千島列島を領有しています。
そして日露戦争勝利で樺太南半分を再領有しています。

国連負担金だって、ロシアや中国以上に負担する理由はさらさらないのです。
>>それが、どうも『各国のGDP相応の負担金が必要』というトンデモ
条約みたいなものがあるようです。


8125.解同の動き  
名前:Ina    日付:12月24日(金) 19時59分
Inaです。

 ヤフーニュース・その他によると、「天皇誕生日の『祝日』を糾弾する京都集会」が2
3日、「京都北区」であったそうです。「解同 京都府連」などでつくる「天皇制の強化を
許さない京都実行委員会」が例年開催しているそうだ(爆)。

 その中で、「森 正孝 静岡大学非常勤講師(平和学)」は「天皇誕生日」について「天皇
陛下(私がつけている)をいつまでも敬っている私たちの国は、如何に世界の後進国である
か、帝国主義復権を目論んでいるか、がわかる」と発言、緊張が高まる日朝関係などにも
言及「韓国の 金 大中・蘆 武鉉 両政権は北朝鮮に積極関与し、鉄道建設や人的 交流など
関係改善が進んでいる。和的に朝鮮半島の統一を目指す という意志を、日本は支えるべき
だ」と発言したそうです。

 暴力団利権と癒着しているこの反日連中を一刻も早く取り締まって欲しいものですが。
ちなみに笑える話ですが、参加人数は100人だそうです(爆)


8124.対露外交  
名前:Ina    日付:12月24日(金) 18時26分
葦の髄 様

 はじめまして、Ina という若造です。どうぞよろしくお願いします。

>私の叔父はシベリア送りとなり、3年間抑留されていましたが、

 そうですか!! では、恐らく「近衛 文隆 公」や「山本 幡男 氏」にもお会いになられ
ているかもしれませんね。

>抑留は壮大な拉致・強制連行に他なりません。

 全くその通りです。 「ソ連」は、当初から戦後の経済復興のために、「日本軍兵士」
を労働力として使う計画で、「満州国」に莫大な資本を投下して築き上げた重工業プラン
トや機械設備を解体して持ち去り、それを抑留兵士に建設させたそうですね。森林を伐採
し、鉄道を敷設し、病院や公共施設を建造する工事にもかり出されたそうです。

>ロシアに対しては日本政府は殆どその無体な行為を非難する声明を出していません。

 そうです。勝手に攻め込んで大量の日本人を連れ去り、朝6時~夜8時までノルマを設
定され、達しないと幸運な人で食事抜き、運が悪ければ体罰や撲殺にさせられ、白樺の枝
を折って墓標としたと言われるぐらいの事を全く問題にしないのは大きな問題です。

>ロシアこそ、中国と並んで、最大侵略者であることを世界に向けて発信すべきではないで
>しょうか。

 う~ん。個人的には、彼等が仮に侵略者と言われても何とも思わないでしょう。「イワ
ノフ国防相」は、01年に「北方領土の返還と騒いでいるが、それ程欲しいのなら軍事行
動を起こせば良い」と言い放った事は有名です。ですから、彼等は何時でも戦争に応じる
用意でしょう。

>今こそ日露戦争の精神に立ち返って、ラスプーチンに凛然と抗議すべきではないでしょう
>か。それとも小泉さん、ラスプーチンの軽侮的・屈辱的な発言に対し、何事も話し合いで
>解決しようと提案するつもりですか。

 「中国」となら一戦構える覚悟は出来ていますが、「ロシア」は正直足がすくみますね(苦笑)
彼等の歴史自体火事場泥棒ですが・・・・・・

>正式に日ソ間で取り決めたのではないから、日ソ中立条約の破棄を一方的に行ったソ連に
>対しての交渉は、日露戦争時の条約から始めようと提案したら如何。

 それは良い考えかとは思いますが、果たしてそういった提案をしたとしてもどこまで有
効か・・・・・・・ 仮に「日米」が「国連の分担金は支払わない」と言えば、いとも簡
単に「じゃあ私も国連には加入しません」という国ですから。個人的に思うのですが、
「対露外交」は一番落としどころがない外交でしょう。「対中」なら、まだ賄賂を贈った
りとかいう買収工作も可能でしょうが、「エリツィン」とは違って現政権では「武器を取
るか、大人しくするか」が精一杯と思われます。


8123.ロシアの脅威  
名前:葦の髄    日付:12月24日(金) 14時10分
 Inaさまへ。
 ロシアという国は旧ソ連邦と何ら変わらない体質を持っていると存じます。私の叔父はシベリア送りとなり、3年間抑留されていましたが、抑留は壮大な拉 致・強制連行に他なりません。
 いま、日本は北朝鮮の拉致に目が向いていますが、ロシアに対しては日本政府は殆どその無体な行為を非難する声明を出していません。
 戦後日本の悲願である北方四島の返還に対して、ラスプーチンはイトも簡単に、2島返還論を言い出していますが、ロシアこそ、中国と並んで、最大侵略者で あることを世界に向けて発信すべきではないでしょうか。
 あの北方四島は、日本軍が勅令により、武器を捨てて丸腰になったのをいいことにして、ロシア軍は満州・千島・樺太になだれ込み強奪したもので、火事場泥 棒もいいとこです。
 日本の中にも、現実的解決方策として2島返還運動を口にする政治家や官僚をもいますが、彼らは「国家」という、垂直思考が欠けた、売国の徒に他なりませ ん。
 今こそ日露戦争の精神に立ち返って、ラスプーチンに凛然と抗議すべきではないでしょうか。
 それとも小泉さん、ラスプーチンの軽侮的・屈辱的な発言に対し、何事も話し合いで解決しようと提案するつもりですか。
 今、一番警戒すべき相手は、中国とその隷下にある北朝鮮だが、ロシアの過去の行為に対しても、臥薪嘗胆を怠ってはならない。北極の白熊は自分より強い相 手には手を出さないが、弱いと見ると襲いかかる性を持っているのです。
 1950年の年初め、アメリカ国務長官アチソンが「アメリカが責任をもつ防衛ラインは、フィリピン~沖縄~日本~アリューシャン列島までである。それ以 外の地域は責任をもたない」と発言したため、共産圏ではアメリカは介入しないと踏んで、北朝鮮軍が雪崩の如く韓国に侵入した経緯がある。
 近頃北への人道支援だのという話が韓国に盛り上がっているようだが、朝鮮半島は目下停戦中であり、何時如何なる場所で戦闘が始まっても不思議でもなんで もない。
 同様に日本とロシアも停戦・休戦状態であることを認識すべきである。従って2島返還などとんでもない話であり、サンフランシスコ条約では、日露戦争で勝 ち取った領土の放棄を宣言したが、正式に日ソ間で取り決めたのではないから、日ソ中立条約の破棄を一方的に行ったソ連に対しての交渉は、日露戦争時の条約 から始めようと提案したら如何。
 交渉の要諦は相手にメ一杯に吹きかけるのが、世界の常識ではないですか。国連負担金だって、ロシアや中国以上に負担する理由はさらさらないのです。
http://www,geocites.jp/s060630/international
コメント

驚きを禁じ得ない改憲案作成の自衛官の処分

2004年12月25日 21時19分11秒 | 防衛省・自衛隊・安全保障
 防衛庁は憲法草案を作成し、中谷元防衛庁長官への提出した陸上幕僚監部所 属の2等陸佐について、「組織的な行為はなく公務員の憲法順守義務にも抵触していないが、配慮を欠いていた」として同2等陸佐と上司の1等陸佐を口頭で注意したとのことである。このことは「確かに配慮を欠いていたが、文民統制の逸脱にもならず、誤解を与えかねないものの懲戒処分する程の問題ではない」と言うことではないか。

 しかし、この2等陸佐の行為は政治に関与した訳でもなく、問題がないにも関わらず問題があるかのごとく口頭注意とは言え処分したことは驚きを禁じ得 ない。小泉総理も「問題ない」と述べているにも関わらず、処分を検討したことすらおかしいではないか。中谷氏は「個人的勉強のため」と2等陸佐に依頼し、自民党憲法調査会で、この改正案を自分の案として配布したとのことだが 、政治家が軍事に関することを専門家である自衛官に参考意見を聞くことは、 正しい文民統制をするためにも必要なことである。

 偏向マスコミは「文民統制に抵触する。厳重に処分せよ」と言って懲戒免職にでもすべきだと息巻いていたが、口頭での注意に終わったことから拍子抜け していることであろう。毎日新聞には「政治関与、歯止め示されず」との見出しで古本陽荘記者の署名記事が掲載されているが、「報告書はシビリアンコン トロール(文民統制)の逸脱の恐れはなかったと結論付けたが、同様な事案の再発防止について具体案は示されず、自衛隊法で禁じられている『自衛官の政 治関与』の在り方をめぐっては課題が残った。」とはなんのか。

 問題にすべきことではないのに「再発防止について具体案」とは笑わせる。 政治家が軍事に関することを自衛官に参考として意見を聞くは大いに必要なことなのであるから、そのような具体案などなくて良いであろう。また政治家から意見を求められて回答することがなぜ「自衛官の政治関与」なのか。「課題 が残った。」など言っているのは偏向マスコミとサヨク位のものだろう。

 また「今回のケースは、政治家と自衛官との付き合い方を考え直す絶好の契機だったはずだ。」「自衛隊が組織的に政治に関与するのはもってのほかだが 、自衛官個人であれば、憲法改正問題でも積極的に政治家に意見具申できるという雰囲気が自衛隊内に生まれれば、文民統制は危うくなると言わざるを得な い。」と書いているが、この署名記事を書いた毎日の記者は自衛隊が文民統制を無視してまで勝手に憲法改正をもしてしまうと危惧しているようである。ここまで平然と書けるとは、この記者はよほど自衛隊が嫌いなのか。それとも信用出来ないのか。あるいは、わが国の政治体制のことを全く知らないのであろう。

 「政治家と自衛官との付き合い方を考え直す」と言って今後は一切の意見交 換はしないことになったら、政治家は安全保障に関する専門的な知識について誰に聞いて文民統制をするのか。それとも防衛庁内局との意見交換で十分であ ると思っているのか。そのようなことで、わが国の防衛政策は果たして国民の負託に応えることは可能であるか大いに疑問である。

 憲法改正案を作成した2等陸佐をどう処分するかは防衛庁内局で検討されたようであるが、偏向マスコミの「文民統制に抵触する。厳重に処分せよ」に驚いて何らかの処分をしなければいけないと考えたとしたら何とも情けないではないか。

 わが国は「文民統制」ではなく「文官統制」と言われて選挙で選ばれた訳でない防衛庁内局(背広組)が制服組である自衛隊員を牛耳っており、防衛庁長 官への意見具申でさえ内局を通じて行っているそうで、これではわが国の防衛政策が歪んでしまうのも当然かも知れない。

 そのためには総理大臣の秘書官に自衛隊から制服組を加えるべきであり、自衛隊のトップである統合幕僚会議議長や、陸海空の各幕僚長は総理に機会あるごとに面会して軍事情勢などに関して意見交換を行うべきであろう。偏向マス コミはこれも「自衛隊の政治への関与」と言って批判するのであろうか。
(2004/12/25) 

この記事は「今日のコラム」
「驚きを禁じ得ない改憲案作成の自衛官の処分 」
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

仮想敵国支那にODAを継続する必要は全くない

2004年12月24日 21時02分38秒 | 支那関連
  「今日はどんなことを言ってきたのか」と思わず言いたくなるような支那の 日本への内政干渉が毎日のように続いているが、そのようなことだから支那 には親しみを感じないと思う日本人が増えて来たのは至極当然なことである。 であるから内政干渉と言えば支那のことを指すようになってしまった感があるが、その支那への途上国援助(ODA)を見直すべきだとの国民の声が大き くなったのを感じたのか、政府は来年1月にも支那政府とODAをどのように見直しをするか協議をする方針を固めたようである。

 それは政府内で段階的に援助額を削減していく「卒業シナリオ」を作成して 支那側に伝えて、現在、重点的に供与している環境分野への支援を維持するか否かについて、中長期的な考え方を盛り込むようだ。

 外務省幹部は「反中感情による一方的な卒業論は中国(支那のこと以下同じ )の感情を傷つけ、『政冷経熱』の日中関係をさらに悪化させかねない。削減するにしても中国側が納得いく形にしたい」と話しているとのことであるが 、日本人の支那嫌いの感情は日本に責任がある訳ではないし、「ODAを止め ることで支那人が傷つくかも知れない」とは、なぜそこまでカネを貸している日本の方がビクビクしなければならないのか。日本と支那の関係は既に十分に悪化をしておりODAを継続しても中止しても事態が好転するとは思えず、だ ったら「いつかは支那は日本を理解して友好関係を築ける」と言った甘い認識 は持たず、カネをドブに捨てるようなODAなど即止めた方が良いに決まっている。

 支那はODAを「もう必要ない。」と言ったり「中止はとんでもない」と言 ったり、どちらなんだと思ったら、どうも戦争による賠償と考えているよう で、今後も日本を恐喝してODAを引き出したいようである。平成12年には 2143億円もあったODAは本年度は800億円台になるようであるが、それでも宇宙ロケットを打ち上げ、核兵器を保有し、原潜を日本領海に侵入させることが出来る大国支那には必要あるとは思えない。

 その円借款の分については支那はきちんと返済しているようであるが、それ はそうだろう。今でも円借款が継続しているのだから、前の借金を新たな円借款で返しているに過ぎず、それが中止になれば返済が滞ることは間違いないであろう。そうなれば円借款と言っても支那は「これは戦争による賠償として貰ったもの」と言ってくるかも知れない。

 人工衛星から撮影された写真を見ると支那では砂漠化、大気汚染などの凄まじい環境破壊が続いているようであり、もう回復不能な状態だと言われているようだ。また水や電力不足も深刻のようで、水洗トイレが北京でさえ十分に整備されていないとの話も頷ける。

 支那のバブル崩壊も近いと言われているが、その時にODAが継続中であったとしたら、支那はどう出るであろうか。必ずや日本の莫大なODAと言う名の援助を恐喝してさらにせしめようとするであろう。だから、そのようなことになる前に早期に恐喝国家へのODAなどうち切っておいた方が良い。 東シナ海、南シナ海、西太平洋で着々と勢力を拡張している侵略国家支那にこれ以上力をつけさせてはならず、日本の安全を脅かす仮想敵国にODAを継続する必要は全くない。ODAが中止になっても支那には円借款の分はきちんと返済して貰いたい。踏み倒しは絶対に許されない。
(2004/12/24) 

この記事は「今日のコラム」
「仮想敵国にODAを継続する必要は全くない」
としてHPに掲載されていたものです。

コメント