私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

「2行で書く今日の主張」(2003年12月分)

2003年12月31日 22時49分25秒 | 「2行で書く今日の主張」過去ログ

◆今年も反米、反戦、反自衛隊の論調であった朝日新聞。同じ主張の社民党、共産党の没落は国民の支持喪失だ。朝日は学習せよ。2003/12/31

◆北朝鮮が核開発中止の見返りに施設廃棄費用を要求。自分達で作ったなら、自分達で壊せば。自分のケツは自分で拭けということだ。2003/12/29

◆森前首相の台湾訪問に支那が遺憾を表明したことに「私人として行くことになぜ干渉されないといけないのか」と反論。そうだその調子だ。2003/12/28

◆児童殺傷事件の宅間守死刑囚が励ましの手紙などを送っていた支援者女性と獄中結婚。どんな励まし方をしていたのか是非知りたい。2003/12/27

◆拉致議連の平沢議員が北京で北朝鮮大使と会談した際「経済制裁なら覚悟」と脅迫される。そんな脅しに屈したら拉致被害者は帰らない。2003/12/26

◆ピースボートが自衛隊のイラク派遣反対を訴える世界一周航海へ。辻元も一緒に行き帰って来なければ良いが、裁判中なので無理だな。2003/12/25

◆リビアのカダフィ大佐が北朝鮮に大量破壊兵器開発計画の廃棄を促す。金さんよ。どうする。フセインと同じもう穴の中で震えているのか。2003/12/24

◆詐欺罪に問われた辻元清美被告に検察側が懲役2年を求刑。反省しているとして判決は執行猶予か。でもあの辻元だから信用できない。2003/12/22

◆建国義勇軍が逮捕されたのに、被害を受けた朝鮮総連は沈黙している。なぜなのか。自供されて困ることでもあるのか。やっぱりそうか。2003/12/21

◆北朝鮮の全船舶入港禁止法案に「6カ国協議の途中で経済制裁は好ましくない」と発言する国会議員は誰だ。まだアホな事を言っている。2003/12/20

◆東京武蔵野市議会がイラク派遣の自衛隊員に対して感謝と敬意を表し、任務達成と無事帰国を願う意見書を可決。市議会にも感謝する。2003/12/19

◆民放連が「報道の自由は守れない」として国民保護法案による指定公共機関の指定に反対表明。自衛隊出動反対の放送でもするのか。2003/12/18

◆自衛隊によるイラクの現地調査は終了しているのに、公明党の神崎武法代表がまた状況を視察中。自衛隊の調査は信用出来ないのか。2003/12/17

◆NGOのレインボーブリッジが拉致被害者の地村保志さんの子供らのビデオテープを持ち帰る。小坂の間抜けが又北朝鮮の片棒担ぎか。2003/12/16

◆暗い穴の中に髭面の男が潜んでいた。「おまえは誰だ」。麻原「グルだ」。フセイン「撃つな。私は大統領だ」。二人とも独裁者の面影なし。2003/12/15

◆テレ朝の報道番組スーパーJチャンネルでイラクでの反テロのデモを反米デモとミス報道。もともと反米の放送局だからあり得る話だ。2003/12/14

◆野中広務が自衛隊派遣を批判し、外交官殺害を小泉総理は「日本国の誇り」と言う前に謝罪せよだと。朝日専属の政治評論家になれば。2003/12/13

◆警察庁が凶悪犯罪少年被疑者の氏名や顔写真の公開基準を決める。少年は保護し、矯正の機会を奪うだとかバカな事を言う奴がいる。2003/12/12

◆イラクでNGO活動をしていた女性が帰国し「自衛隊が来たら私達も危険」と言う。自衛隊を活動させない活動なら、治安悪化でもすぐ戻れ。2003/12/11

◆Nステの久米が小泉総理が自衛隊イラク派遣に憲法前文を持ち出し九条を言わないのはフェアじゃないと言う。辻元みたいなこと言うな。2003/12/10

◆自衛隊のイラク派遣が閣議決定。派遣反対の団体が集会を開くと僅か100人程度でも熱心に報道する朝日。さすがに朝日しぶとい。2003/12/09

◆新聞は世論調査でイラクへの自衛隊派遣に80%が反対しているというが盛り上がりがない。運動の先頭になる社民党がダメだからな。2003/12/08

◆人間の盾になった人よ。イラクに戻り日本大使館前でテロリストに対峙して大使館員を守れ。誰も止めはしないから真の英雄になれるぞ。2003/12/07

◆核兵器廃絶広島平和連絡会議がイラクへの自衛隊派遣に反対し原爆ドーム前で約30分間座り込み。外は寒いからなあ風邪をひくなよ。2003/12/06

◆入学式で国歌の伴奏を拒否し都教委から処分を受けた女性音楽教師に東京地裁が処分は適法判決。バカ教師を逆に訴えたいくらいだ。2003/12/05

◆成田空港の土地強制収用を巡る裁判で敗訴した反対派の北原は「予想していた」と言明。では最初から敗訴することを予想していたのか。2003/12/04

◆外交官の殉職を受け外務省が在外公館警備に自衛隊活用を検討。当然だ。国家の中枢施設への警護出動も出来るよう法改正せよ。2003/12/03

◆支那が上海ー北京間の高速鉄道計画を公開の国際入札で行うことを言明。日本は絶対に参加すべきではない。技術を盗まれるだけだ。2003/12/02

◆辛淑玉に多田人権賞。皇室の廃止。自衛権放棄を訴え「日本人にはこの憲法はもったいなすぎるかも」と発言する人がね。変な賞だ。2003/12/01

この記事は
「2行で書く今日の主張 」としてHPに掲載されていたものです。
なお、作成した各月の分をまとめて当該月の最終作成日に登録しています。

コメント

掲示板 2003年12月分過去ログ (1931~1967)

2003年12月31日 22時13分01秒 | 掲示板過去ログ2003年分

1967.今年最後の投稿です
名前:ららぽーと 日付:12月31日(水) 22時13分
ららぽーとです。今年も残り後2時間足らずとなりました。

思えば本当にいろいろな事が起こった年でした。その中でも最たるものは、やはりイラク戦争でしょうか。我が国でも有事法制が成立したり、拉致問題に多くの国民の関心が集まり、さらに拉致事件に無関心で北朝鮮を擁護してきた社民党や共産党が総選挙で惨敗するなど、喜ばしい出来事もありました。来年はさらに「普通の国」に近づくよう願っています。

それでは管理人さん、皆さん、よいお年を!


1966.お久しぶりでございます
名前:フェルミオン 日付:12月31日(水) 22時0分
浪人生という身分故、御無沙汰しておりました。
メールマガジンは読ませていただいていましたが、掲示板はROMすら
しておりませんでした。

マモーさんの
>全ての学校に男女とも個室の更衣室とシャワー室が必要です。
>冷暖房設備も必要です。
>こういうのに税金を使うべきだと思います。

というのには私も賛成しかねます。
環境の変化などと理由付けはされていますが、子供に媚びる姿勢の
現れとしか思えません。
飛龍様も言われるように、若いうちから人工的な環境で育つのは
抵抗力のないモヤシ人間を育てることに他なりません。

これは精神論でも何でもなく、例えば近ごろ除菌が流行っていますが、
あまり菌に触れない生活をしているとかえって免疫が弱くなることと
同じでしょう。
幼いころに暑さ、寒さに触れないと汗腺、また脂肪燃焼による体温調節
などの体機能が正常に機能しにくくなるという研究もあるのです。

将来の日本を担う子供を、弱い人間に育てることは、本人のためにも
なりませんし、国益にも反します。
それを、国益追及の結果であるイラク復興支援よりこちらに資金を回す
方が有益だという主張には、失礼ながら違和感を感じざるを得ません。


1965.皆様よいお年を
名前:204 日付:12月31日(水) 19時1分
今晩は再度書き込みに来ました。去年の大晦日及び今年の元日は家族と過ごせなかったのですが今年は、過ごせることになりました。
同じ航空自衛隊には、既にイラク入りされている方イランの地震の救済に向かわれている方などが職務を全うされ無事帰還なさることを祈るのみであります。
飛龍様
HNは、204飛行部隊からとったものであります。自分がこの世に生を受ける前に他界しましたが母方の祖父は、大日本帝国海軍の飛行機乗りだったそうで身内からは、「じいさまの生まれ変わり」と呼ばれています。
管理人様
飛龍様へのお返事に書いているように204飛行部隊からとったHNで仰るとうりでございます。
搭乗機はF15Jです自分にとってこの職業は生き甲斐であり誇りです。
マスコミについてですがかの朝日新聞は、かつて赤新聞と呼ばれ購読を控えるように指導された時期もあったそうです、現在はその様な指導はされていませんが。
迷惑極まりない話しですが左翼は、自衛隊内部にも存在します勿論すぐにやめていくそうですが。
スサノオ様
本当にそう思います私の中学時代の公民の教師は、蛇蝎のごとく自衛隊を忌み嫌う人物で安保条約に関しても「アメリカに一方的に金をむしり取られる条約」等と言っておりました、ソ連邦崩壊から時間が経っておらず北朝鮮問題が現在ほど騒がれて居ない時期でしたので「もはや脅威は無い」という考えであったのかもしれませんが(中国は眼中に無しだっとのでしょう)左寄りだったのは確かです。
そもそも学校教育の場で国防に子供に教えない国は、珍しいでしょう。
陸奥様
叔父様にお聞きになればお分かりになると思いますが「マスコミの自衛隊取材は、真実がない」残念ながらが我々の常識になっています。


1964.子供に人権などと・・・
名前:スサノオ 日付:12月31日(水) 18時59分
言い出したあたりから、この国は青少年による重大犯罪が増えたように思う。子供とは古来より「餓鬼」でありまして、仏教の世界で申しますところ、成仏しない死者。いわゆる「御仏」になれない不安定な存在と同義ではないかと思われます。
我儘言わせりゃ、キリが無いのが子供です。


1963.Re管理人さんへ
名前:飛龍 日付:12月31日(水) 17時15分
ふ~やれやれ、やっと片付けが終わりました。
あと僕は自衛隊のイラク派遣は今でも反対ですね。>>まぁそれはそれでよろしい。しかし自衛隊派遣をしない場合、誰がどこの国が損・得をするかを考えた事がありますか?派遣は既にしています。 もし派遣しない場合に喜ぶのは社民党・共産党・民主党左派・オマヌケ市民団体・日教組・中国・韓国・朝日新聞・TBS・テレ朝・NHKなどでしょうな。この中で日本に真の国益を齎す団体なり国家なりがあれば、挙げて頂きたい。上記の団体・マスコミや国家はいままで日本にとって害毒にこそなれ、何ら役に立った事などない事を断言しましょう。これら団体・国家が何故民意を得られないかは、今となっては説明する必要すらない。戦後58年間、これらの勢力が取ってきた政策・やり方に、国民の大多数がNoを突きつけた。それがこの前の選挙結果で、社民・共産が大幅に議席を減らした原因である。特に中・韓は、自衛隊派遣成功により、日本の国際的な立場や発言力が高まるのを快く思っていない。又最近の情勢を見ると、日中・日韓友好は幻想→幻滅であり、『上辺だけの友好はもう沢山だ!』という意見が多い。この両国が何かにつけ、日本の内政問題に口出しをして【常に日本を自国の風下に置いておきたい】という魂胆は今では丸見えである。 それに学校に個人ロッカー・シャワー室・冷暖房完備などとは、徒に子供を過保護にし、抵抗力を奪ってしまう。こんな事をすれば、子供が益々増長し、権利のみを要求して義務を果たそうとしなくなる。甘ったれてはいけません。世の中そんなに甘くない。


1962.管理人さんへ
名前:マモー 日付:12月31日(水) 15時43分
鶏鳴狗盗さんの
暴言を注意してください。
傲慢な人ですから。
あと僕は自衛隊のイラク派遣は
今でも反対ですね。


1961.どうしても派遣反対意見を聞きたいならば(あいこーさんへ)
名前:forest(管理人) 日付:12月31日(水) 15時39分
管理人のforestです。あいこーさんは、自衛隊のイラク派遣に賛成とのことですが、この掲示板には、派遣に賛成の方が訪問されており、反対の方はほとんどいないと思います。

>派遣を反対されているかたが、多いのでその意見がききたいです。

とのことですが、そんな訳で、この板では無理だと思います。ここではイラクへの自衛隊の派遣をなぜ支持し、危険を顧みず志願されてイラクに赴く自衛隊の皆様に敬意と感謝を表する人の集まるところなのです。

どうしても派遣反対意見を聞きたいならば

ご意見 感想 交流広場
http://6805.teacup.com/fujisankei/bbs
平和と人権のための市民運動
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/3959/
週間かけはし
http://www.jrcl.net/

などのサイトをご訪問下さい。


1960.鶏鳴狗盗さんへ
名前:マモー 日付:12月31日(水) 15時36分
暴言を撤回してもらいたい。
あとどこがどのように甘えなのか
詳しくご説明下さい。


1959.マモーさんへ
名前:鶏鳴狗盗 日付:12月31日(水) 13時36分
>全ての学校に男女とも個室の更衣室とシャワー室が必要です。
>冷暖房設備も必要です。
>こういうのに税金を使うべきだと思います。

甘えるな、ボケ!!


1958.免疫抵抗力をもって基地外に対抗しよう(テンポさんへ)
名前:forest(管理人) 日付:12月31日(水) 13時8分
管理人のforestです。本当に今年も基地外が多かったですね。掲示板削除編に、その基地外どもの投稿が残っていますが、読んでいて頭が痛くなります。こんな思想というかひねくれた考え方と言うか、日本人なのに日本のことが憎たらしいと言ったような人がいるのですね。まあ治癒不可能な病気というべきでしょうが、こんな人を病理学として研究するのも面白いかもしれませんが、でもこちらもテンポさんへのおっしゃる通り理論武装して免疫抵抗力をもって対抗しないと、そんな基地外になってしまう恐ろしい伝染病に掛かってしまってはいけませんからね。では今年もお世話になりました。また来年も忙しいでしょうがお互いに頑張りましょう。


1957.(untitled)
名前:陸奥 日付:12月31日(水) 10時12分
昨日投稿した筑紫哲也のNEWS23年末スペシャル「なんでや」はすでに放送されていました。大晦日に放送すると私が勘違いしていたようです。申し訳御座いません。


1956.マモーさんへ
名前:mumu 日付:12月31日(水) 2時32分
>あなたは間違っています。

そこまで断定して言われるからには、どこがどう間違っているのか“中学生でも”理解出来るように説明出来るんでしょうな。
あなた個人の感想ならいざ知らず、動かし難い事実であるかのようにきっぱりと言い切ったからには、私の意見の何が間違いで、それはどういった正しいことに反するからなのかを「具体的に、明確に」説明しない限りは、あなたの勝手な思い込み、妄想の類でしかないんですけど、1951の書き込みに勝るとも劣らない程の国語力しか持ち合わさないからって、私は容赦はしませんので、そのつもりで説明してくれませんかね。

私にはただ「イラク派遣」だけで、この中学生を名乗る書き手の言い分を理解したつもりになれると言うなら、マモーさん、あなたこそは自分の意見や見方を他人にまで押し付ける、且つ自分だけには他人に無尽蔵に甘えられる権利を持っているという妄想しか見ようとしない、この世に害しかもたらさない輩の一員にしか見えませんな。
違うというなら「イラク派遣」だけで何をどう理解したのかも、併せて“わかりやすく”説明して下さい。


1955.mumuさんへ
名前:マモー 日付:12月31日(水) 2時9分
言い過ぎです。
あなたは間違っています。


1954.逆に聞きたいんですが
名前:mumu 日付:12月31日(水) 0時40分
1951を書いた名無しさん、「イラク派遣」て何ですか?
イラクとは実在する国家?の名称ですが、その国が何かをどこか他所の国に派遣するってことなんですか?
それともイラク以外の国が、何かをイラクに派遣するってことを言いたいんですか?
中学生にもなって、こんな初歩的で簡単なこともわかりやすく書けないようなレベルで、意見なんておこがましいことを言うなんて、他人に対してあまりにも侮辱した態度だとは思いませんか?

でもって、あなたは本当に中学生なんですか?
「中学生“に”わかりやすく」って、何か偉く他人事にしか見えない言種ですけども。

もしかして日本の自衛隊のイラクへの派遣についての反対意見のことを言いたいのであれば、まず基本中の基本である日本語も満足に書けないような生徒をまともに指導出来ないでいる教師の低能振りを棚に上げて、国の決めたことに文句を言うなんて大それたことを戒める方が先にしか見えませんね。

もしもあなたの学校が公立なら、そんな教師の給料に使われている我々の血税をイラクの復興の為に回した方が、どのくらい日本の為、ひいては国際レベルでのお役に立つか知れたものじゃないでしょうな。


1953.日本国軍よ無事に帰還されることを深く祈念する
名前:古鷹 日付:12月31日(水) 0時24分
このたび、日本国軍がイラク国に派遣されることとなりました。
ぜひ、多大なる成果をあげられることお祈り申し上げます。
今後は、自衛のための軍隊ではなく、海外へ派遣する正式な国軍として機能することになりました。これからは、自衛隊などとごまかしの言葉をやめ、国軍として活動されること、今後のあるべき姿に向かい大きな一歩となったこと大慶に存じます。
一日も早い、現行憲法の廃棄とわが国自ら憲法を成立することを望んでおります。


1952.名無しさんへ
名前:マモー 日付:12月31日(水) 0時17分
今はイラク派遣等の海外援助を一切やめて
国内の充実を図ることが重要です。
リストラ問題や学校設備の充実が先決です。
全ての学校に男女とも個室の更衣室とシャワー室が必要です。
冷暖房設備も必要です。
こういうのに税金を使うべきだと思います。


1951.(untitled)
名前:名無し 日付:12月30日(火) 19時49分
初めまして!中2の女の子です。社会の宿題でイラク派遣に反対派の意見を書かなくちゃいけないんですが、なんて書けばいいんでしょうか?
中学生にわかりやすく短く書きたいんですがいい内容があったら教えてください!


1950.初めまして
名前:陸奥 日付:12月30日(火) 18時21分
どうも初めまして。以前から管理人様の御意見を拝見しておりますが、本日は初めの書き込みとなります。私は高校一年生の陸奥と申します。精神的にも学力的にもまだまだ未熟ですがここのサイトで勉強させて頂きたいと思っております。今後も宜しく御願い致します。
 
さて、ついに明日は大晦日です。いつもの大晦日は気分爽快ですが、今年はなにやら気分が悪くなる嫌な予感がします。と言うのも明日はテレビで筑紫哲也のNEWS23年末スペシャル「なんでや」があるようです。この番組は自衛官、自衛官の家族、自衛官関係者からイラク派遣の意見を募集しており、それを番組内で放送するようですが、明らかに派遣反対派の意見しか(少なくとも大半が反対派)放送しないと思います。たとえば自衛官が簡潔に
「テロの危険性は否定できません。それに私は最近、結婚したばかりで妻は妊娠しました。しかし、復興支援の為に日本が自衛隊をイラクへ派遣する意義はあると思います。私は復興支援の任務を全うし全力を尽くします。妻も両親も、派遣に対して十分理解をしており私の事を誇りに思ってくれています。」
と説明しても「テロの危険性は否定できません。それに私は最近、結婚したばかりで妻は妊娠しました。」までしか放送しないかもしれません。全て一部しか放送しないとは言いませんが、可能性はあります。NEWS23なら、更に言うならTBSならやりかねません。
http://www.tbs.co.jp/news23/kokuchi/031121kokuchi.html
↑ これがNEWS23のサイトです。「あなたは”国”の為に人を殺せますか?」「あなたはイラクで死にますか?」と上の方に書かれていますが私はこれを見てかなり頭に来ました。筑紫哲也は自衛隊がイラク人を”殺しに行く”ような表現をしていますが、筑紫は自衛隊がイラク人を殺しに行くと考えている様です。しかし、殺しではなく復興支援の為に行くのです。一見、自衛官の命を心配しているかの様に見えますが「自衛隊=悪」を影ながら言っており自分の都合の良い様に偽善者ぶっているのが丸見えです。そして「あなたはイラクで死にますか?」と書いていますが何と自衛官に対して失礼極まりない発言なのでしょう。私の叔父は自衛官でイラクには行きませんが、こんな事を叔父が言われたら激怒するでしょうし、私としても不愉快です。間違いなく抗議メールが多く来るはずです(絶対に放送はされませんが)。日本人であるのなら管理人様のように無事に任務を達成し帰国することを願うはずなのですが筑紫をはじめとする左翼にはこの事を考える事が不可能な様です。
 
そして下の方に「派遣される=戦場に行かされるあなた」とありますが
「行かされる」と言うと「無理矢理イラクに行かされる」とのイメージが定着してしまいます。志願者なのに「行かされる」はないでしょう。どこをみても筑紫は印象操作をやっているとしか思えません。

また、募集について「なお、お寄せいただくご意見は匿名でも結構ですが、ご年齢、性別、ご職業などを記載していただければ幸いです。皆様の個人情報の保護に関しては十分な配慮をさせていただきます。」と書かれていますが、早い話、自称自衛官のメールも送れます。意見募集でただのメールだと嘘を言ってもばれませんので信憑性は極めて低いと思います。明日は少しはこの番組を見るつもりですが、間違いなく突っ込みどころ満載でしょう。

浅はかな意見ですが、長文失礼しました。それでは失礼致します。


1949.管理人のところにメールがきました。
名前:forest(管理人) 日付:12月30日(火) 18時0分
管理人のforestです。World Peaceとか言う人から「貴方は間違っている!」との題名のメールが来ましたので紹介します。この人は「日本という国が大嫌いになりました。貴方とは正反対です」と言っていますが日本人なのでしょうか。さあ分かりません。なおHPを持っているとのことでURLが張ってありますがサイト名は「ここも変だよ!日本人」でした。関心がある方はどうぞ。なお気分を害されても責任は負いませんよ。
…………………………………………………………………………………………
前略
たまたま貴方のHPに出くわし、たまたま大江健三郎や中曽根が出演したNHKのあの番組を私も見ていました。
大江氏に対する貴方の批判に対し、次のような反論があります。

大江の主要著作ぐらいは読んでるんだろうな、とは天の声か(笑)。
文学は一流でも政治思想はやや脆弱ですね、中曽根と比べるのは可哀想ですが。特に文学者による反核声明は酷かった。脳天気な村上龍だったらごめんの一言で済んでも、相手が大江だと、そーはいかねーぜということになります。
中曽根などは政治と軍事の違いも分ってない。軍事を知らずして軍事を語るなアホ、というしかないんですね。

大江の業績のひとつは、核時代に想像力はどうあるべきかということを考えてきたことです。確かに脇の甘さは否めず、吉本などには散々批判されてきましたが、オーデンの詩句『われらの狂気を生き延びる道を教えよ』等に導かれて深めていった思索とその結実に、世界は共感し評価したわけです。
大江の書いたものを読めば分りますが、現実的で民主主義的ですよ。中曽根や小泉の考えは現実主義とはいわず、場当り主義といいますね。

文学者が文化勲章を拒否するのは当然。
貴方は「日本と外国」・・・これしか物事を判断するモノサシがないようですね。大江氏はそういう判断で文化勲章を拒否したのではありません。
ノーベル賞の性格、文化勲章の性格を知っていたから拒否したのです。漱石も確か何かの賞を拒否しましたね。私は彼らの心が大体分かりますから、拒否するのも尤もだと思っています。逆に彼等が文化勲章を喜んでもらったら、私の彼等に対する信頼はなくなってしまいますね。

貴殿は何かと言えば、日本、日本、日本対外国ですね。そして日本=善です。余りに単純過ぎやあしませんか?私は、幸運にも外国で日本政府のどうしようもない無責任さをいやほど味わって来ましたから、日本という国が大嫌いになりました。貴方とは正反対です。 

大江氏の心、思想を少しでも理解してから大江氏を批判すべきですね。

私もHPを持っています。日本と日本人を徹頭徹尾批判しています。貴方が読んだら怒り心頭に発するでしょうね。
時間がなくて長らく更新していませんが、貴方のような愛国者から時々反論メールが届きます。
貴方は日本人と日本国のこと知らないのですね、結局。自国民の危機に際してどういう態度をとるのか、機会があれば貴方に私の見聞を話そうと
思います。それを聞いて貴方は日本という国に腹が立たないだろうかと思いますね。

以下が私のHPのURLですが、パパのページに私の主張が並んでいます。娘、
Suzuranのページには抗議が非常に多いです。娘は、反論を読んでいつも言います。
「だって本当じゃないか」って。
http://www.geocities.jp/tolstoyjapan/index.html 

アクセス数は3万を越えていたのですが、この4月にプロバイダを換えてまたゼロから数え始めました。


World Peace
"For any reason, killing each other is wrong !!"
"どんな理由があろうとも、殺し合うのはまちがっている!!"
…………………………………………………………………………………………
以上です。なお管理人においては反論のメールはしません。無視します。


1948.(untitled)
名前:あいこー 日付:12月30日(火) 0時37分
私の考えを簡単に言うと今現在の日本の現状を考えて賛成という意見です。派遣はしないけど、金を出すというのは国内外の日本の利害をみたら反対だし、派遣しない+金を出さないだと、日米関係が悪化してしまうからです。みなさん
派遣を反対されているかたが、多いのでその意見がききたいです。けしてアラシじゃないので誤解しないでください。


1947.(untitled)
名前:あいこー 日付:12月30日(火) 0時23分
私は自衛隊派遣賛成なのですが・・・


1946.今思えば、基地外を相手にするのが大変な一年でした
名前:テンポ 日付:12月30日(火) 0時10分
管理人様、そして常連の皆様。今年もあと二日で終わりですね。
まずは今年一年、僕のつたないレスにしっかりとお返事を頂いて、ありがとうございます。

タイトル通り僕にとってのこの一年は、公には政界、マスメディア、特定勢力といった連中。
そして私的には、電車の中や映画館といった公式の場所にはびこる基地外を相手にするのに大変だった一年でしたよ。

特に私的には、もう一ヶ月前のことですか、電車に乗る際に素行の悪さを指摘した輩が、何を血迷ったのかわざわざ自分が乗換えた電車にやって来て、自分の前に立った途端延々と文句を言ってきたのには、閉口させられましたな。
最もその輩は、風貌がさえない、いかにも仕事が出来なさそうな外見でしたがね。

話を戻しまして・・・・
来年以降は我が国の心ある人々が、公私共々そんな基地外の勘違いを打ち負かす為に理論武装して行かなくてはダメですね。

管理人様、そして常連の皆様、どうか良いお年を。
それでは!


1945.Re:大江と栗山、後藤田だったんですね(山際澄夫さんへ)
名前:forest(管理人) 日付:12月29日(月) 15時59分
山際さん。管理人のforestです。ご訪問ありがとうございます。NHKの安全保障の討論会はビデオ録画してありますので、もう2回ほど再生して見ていますが、大江と後藤田を発言を聞いているとテレビを蹴飛ばしたくなりますね。大江は主張に書いた通りで、反日日本人の代表者で、相手にできませんが、まあ生きた化石と言うか、ボケ何とかと言うか、思考が完全に停止している人ですね。後藤田についても、たしか、イランイラク戦争の後でしたかね。海上自衛隊の掃海部隊の派遣を打診されたことから当時総理でした中曽根氏が派遣をしようとしたのに強固に反対し中止させた人だった気がします。山際さんのおっしゃるとおり国家観というのは確かに戦後平和主義者で大江と同じです。まあ考えは旧社会党と変わりはありませんね。こんな人が警察庁長官や国家公安委員長をしたというのですから日本の不幸でした。

栗山氏のことですが、何となく思い出しました。湾岸戦争当時に防衛事務次官でした気がします。イラクのフセインがクウェートに侵略した時、多くの国が軍隊を派遣し、クウェートからイラクを追い出したのですが、日本は自衛隊を派遣せず膨大な戦費を負担したのですが、感謝もされませんでした。当然ですね。それに国連平和協力法という自衛隊が制服を脱いで平和協力隊員としてイラクに行って後方支援をするという法案でしたが、場当たり的な法案でしたし、自衛隊の名誉を無視したものでしたので廃案になるのは当たり前でした。そして戦後に海部総理が掃海部隊の派遣を決断し、ご存じのように世界から日本の貢献が評価されました。チャンネル桜に「湾岸の夜明け作戦」としてその時の様子が海上自衛隊提供でアップされていますが、何度見ても感涙してしまいます。

栗山氏が、駐米大使になってから日米同盟を重視するように変身したとはまさに正解ですね。山際さんのおっしゃるとおり日本の名誉を台無しにしてしまった人物が、以前の自分がどんな発言をしたか世間は忘れているだろうとして惚けて偉そうなことを言っても信用出来ませんね。
イラクへの自衛隊の派遣が決定し、航空自衛隊の先遣隊がすでにクウェートに到着していますが、NHKが派遣が決定の直後に「シリーズ安全保障」という番組を反日日本人の大江、日本の名誉を台無した後藤田、栗山をゲストにして放送したことは、確かにNHKの歴史観、安全保障観が分かりますね。NHKの受信料を払わない人は、このような反日日本人らの発言を垂れ流すのが我慢出来ず、払いたくはないと言っているのです。国営放送なのに、日本を批判する人を出演させるのですからね。

4人のゲストの中でまともなのは中曽根氏だけでした。小泉総理がイラクへの自衛隊派遣を決断した時に中曽根氏だけが「良く決断した」とはっきりと小泉総理の決断を評価しました。他の総理経験者のコメントは聞きたくないようなものでした。中曽根氏は政界を引退をされてからテレビ出演などが増えたようで良かったですね。中曽根氏のように憲法改正して日本の名誉や誇りを取り戻そうとする方を私も支持しております。


1944.大江と栗山、後藤田だったんですね
名前:山際澄夫 日付:12月29日(月) 2時55分
 いつも楽しく拝読しています。NHKの討論会は面白かったんですね。私も予告では見て、中曽根氏が引退して出番が増えたなと思いながら、ついみそびれてしまいました。それにしても大江だけではなく、栗山、後藤田もいたんですね。後藤田氏は中曽根内閣の大番頭ですが、彼の国家観というのは戦後平和主義のそれで、旧社会党と変わりはありません。問題は栗山氏ですね。彼はご承知のように湾岸戦争で事務次官でした。国連平和協力法という後方支援法を廃案にした重大な責任があります。つまり、あのとき日本は米紙から「小切手外交」「世界の危機を対岸の火災視」といって馬鹿にされたのですが、それに重大な責任があります。
 彼は政治家ではありませんが、法案をつくるになたって国際貢献への確たる信念もなかったことが、廃案につながったといっても過言ではありません。(もちろん海部首相、中山外相の責任はそれ以上ですが)。その後、栗山氏は駐米大使になって急変します。いつのまにか日米同盟を重視するように変身したのです。そして今も、日本の外交の代弁者としての立場から発言しています。私にはこういう輩も許すことができません。冷戦終結という新しい事態に対応できず、日本の名誉を台無しにしてしまった人物がまだ性懲りもなく出てくるのかと思います。
 その人選からはNHKの歴史観、安全保障観というものがどういうものであるかを感じ取ることが出来たわけですね。


1943.204様。
名前:スサノオ 日付:12月28日(日) 23時0分
是非。その精神教育を、昨今の教師にしていただきたいです。国防の大任に就かれておられる幹部自衛官の職務に対する精神論をお聞きすれば、反日大甘下ネタ教師共も目が醒めるでしょう。


1942.航空自衛官の204さんへ
名前:forest(管理人) 日付:12月28日(日) 11時44分
204さん、初めまして、管理人のforestです。204さんは現職の航空自衛官でしょうか。厳しい訓練の毎日でしょうが本当にご苦労様です。どうかこの日本を守るためにご活躍下さいますようにお願い申し上げます。

ハンドルネームの204は、茨城県百里基地所属の第7航空団204飛行隊からとったものでしょうか。そうしますと、操縦されているのは戦闘機のF-15かT-4ですか?もしそうなら凄いですね。戦闘機のパイロットになるには厳しい訓練に耐えたものだけに与えるられる資格ですから、その難関を突破されたことに敬意を表します。

10月に入間基地で行われた航空祭に行ってきましたが、自衛官の皆様のきびきびした姿に感銘しました。反自衛隊、反日主義の左巻きの連中が余りにも多いことが残念とのことですが、そんなことはありません。少数です。そんな連中のことを熱心に報道する偏向マスコミがいけないのです。多くの国民は、自衛隊の皆様のご苦労とご活躍に感謝しています。

私は、元自衛隊員でもありませんし、身内にも自衛隊員はおりません。そんな私がなぜ自衛隊に感謝し敬意を表することは日本国民として当然という気持ちになったのは、社民党、共産党、偏向マスコミ、反日反戦団体などの行っている反自衛隊運動が同じ日本人としてとても許せないと思ったからです。たとえば、自衛官を成人式に出席させない。子弟の入学や住民登録を拒否する。自衛隊がからむ事故があると原因不明の段階から自衛隊を徹底的に批判するなどであり、また政治の方も、自衛隊を正規の軍隊としての位置づけをしないまま放置している状態を憂いたからです。

世界の国々の中で、自分達を守ってくれる軍隊をここまで貶し、貶め、蔑む人たちがいる国が他にあるでしょうか。昔の唱歌に「兵隊さんありがとう」とかいう歌がありますが、その歌のとおり私たちが毎日平穏に生活できるのは24時間365日任務を遂行する自衛隊の皆様のおかげなのです。決して憲法第9条ではありません。その辺のことが分かっていない人がまだまだいるのです。

204さんは、サイトの私の主張をお読みになり感激されたことですが、本当にありがとうございます。私は当たり前のことを書いているにすぎないのです。
偏向マスコミは今回の自衛隊のイラク派遣に、すでに航空自衛隊の先遣隊が派遣されているのに、いまだに反対運動をどんな小さなものでも取り上げて報道しています。日本が普通の国家となるため、また日本の誇りのために国際貢献という重大な任務を危険を承知で行うことなり、それを多くの自衛隊員の皆様が志願をされていると聞きて、そのような自衛隊員に日本国民として感謝し敬意を表することは当然であって、罵声を浴びせてるとは、人間として出来ることではありません。
小牧基地で行われた、航空自衛隊のイラク派遣部隊の編成完結式の際に基地の前で派遣反対デモが行われ、それを機動隊が警備している状況はどう考えても異常です。

では、これからも厳しい訓練が続くことでしょうが、どうかお体を大切にされ任務にご精励下さい。自衛隊の皆様の任務は、堂々と胸を張れる立派なお仕事です。左巻きの間抜けな連中の雑音の惑わされないようにお願いします。多くの国民は自衛隊に感謝し敬意を表しております。
ではまたご訪問下さい。


1941.自衛隊派遣反対?
名前:飛龍 日付:12月28日(日) 10時17分
スサノオさん、とんだ災難?でした。まぁサヨは掲示板でも自分の意見を絶対視しており、他人の意見を聞こうとしません。私はそのような運動に捕まったことはありませんが、もししつこい場合は『やかましいわ!決まった事にケチつけるな!』と言い捨ててスタコラでしょう。このような連中がいる為に日本は一枚岩になれず、偏向マスコミが自社の思惑も含めて過大報道する。このような護憲団体・市民団体は【自分たちの行動によりどこの国が損・得をするのか】という大局観が全く分っていない。とにかくこの手合いは物事の裏読みが出来ないんでしょう。そして安物の自己陶酔に浸る・・・。
  
高空自衛官の204さん、HNは6空→204空からですか(笑
204空は昭和19年1月17日?にラバウル上空で米陸海軍200余機を相手に撃墜69機、当方の損害0という戦果が有名ですね。岩本徹三氏・小高登貫氏・岩井勉氏・大原亮治氏・中村佳雄氏などの撃墜王を輩出しています。


1940.素晴らしい!!!
名前:mumu 日付:12月28日(日) 1時26分
スサノオ様、何とかっこよいことでしょう。
実は私も先日似たような場面に出くわしたことがありました。
その時私は多少急いでいたこともあり、同じように違和感や嫌悪感を感じたものですが、こんな連中の為に急がなければならないことを遅らせてまで付き合う気になれず、思いっきり軽蔑の眼差しで睨みつけるくらいが関の山という、我ながら少々情けない次第に終わってしまいました。
もし今後似たようなことがあれば、是非にもスサノオ様を見習いたいと思ってしまいました(本音としては、そんな下劣な街頭署名なんざ、今すぐ無くなってしまえという考えではありますけども)。

・・・しかし思考力の欠片も無い馬鹿共の愚劣振りは底無しですね。
何でもかんでも右翼にしてしまえばそれで済むと思い込んでる、その度し難いまでの堕落は、テロリストと同等と言っても過言ではない程の外道の分際で、平和なんぞと口にするだけで平和に対する真の侮辱と否定でしかないことの証そのものにしか見えません。

>自分達の意見は全て正しいと憚らない連中ですから

そうした考え方こそが差別主義であり、平和を根底から破壊することに直結することすらも理解出来ない馬鹿に同調する人間など、多数になる程世の中はまだまだ自暴自棄になっちゃいないはずですから、反日屋の売国奴共がどんなに粘ったところでイラク復興への協力が連中の望むような形になんか、決してならないでしょう。
世の多くの人達は何が現実なのかをしっかりと見据えていますから、妄想の中だけの、それも異常性満載の反吐が出そうな程偏りきった世界がどんなに歪んだものかなんて、説明などされなくても、ごく自然に拒絶反応を感じるであろうと簡単に予測出来そうですね。


1939.うんざりします。
名前:スサノオ 日付:12月28日(日) 0時24分
本日。仕事中に街頭署名の連中に捕まりました。自衛隊の「海外派兵」に反対!という日本語の理解力に問題がありましたので「総連ですか?民団ですか?」と聞きましたら「護憲団体です」とのたまいました・・・。戦争に行くわけではないし、自衛官は兵ではなく官だから派兵と云う言葉はおかしい。と懇切丁寧に説明しましたら、変な野郎が割って入りまして「お前は右翼だな!?」と喰ってかかって来まして、私もその一言に頭の中でゴングが鳴りましたので「だったらどうなんだ?俺が右翼なら、貴様等反日売国奴の国賊だ!国が決めたことに反対なら、さっさと日本から出て行けばいいだろうが!」と返してやりました。まったくウザい連中ですよ。自分達の意見は全て正しいと憚らない連中ですから・・・だからウザヨかぁ・・・。


1938.誤り
名前:204 日付:12月27日(土) 20時54分
申し訳御座いません。
下の書き込みの「土日観覧できていません」は「土日しか観覧できていません」の間違えです、大変失礼いたしました。


1937.皆様初めまして
名前:204 日付:12月27日(土) 20時52分
お邪魔いたします。私は航空自衛官です前々から観覧は、させていただいておりました。正直申し上げまして自分は当初は「パイロットになりたい」と言う思いが何よりで「日本国を防衛する」という思いは、持っておりませんでしたが現在は、日本人としてこの国を誇りに思い日の丸の付いた機体を操縦できることを何よりも嬉しく思います。
しかしながら皆様の仰られているとおりに反自衛隊、反日主義の左巻きの連中が余りにも多いのが残念です。
私も一派間違えればその連中の1人に成っていたのかも知れません中学校の卒業式では体育館の後ろでは、「君が代、日の丸反対」の大段幕をもったグループが並んでいる中での卒業式になりました、その当時は「君が代は、国歌では、ない」という考えに傾きかけました、実際同級生では、現在も「君が代は最低の歌」と言い放つものがいます。
また「自衛隊は洗脳するのか?」と聞かれたことがあります、確かに自衛隊には、精神教育という時間がありますがそれは、使命感や責任感を養う物で左の人々が言うような「天皇陛下崇拝、反共産主義」の教育なんてありません、自分の意見を言わせていただけば「自衛隊は違法」等と言いそれを振り歩く左翼の方が余程洗脳です。
管理人様
初めての書き込みで長文お許し下さい、また自分はネット初心者であり視力低下が怖いのでパソコンの練習もあまり出来ませんので読みにくい文章かも知れません。
土日観覧できていませんが過去の主張などは、拝見しました憂国の大先輩として尊敬いたします、このサイトを見つけたときは、感激しいつか書き込みさせていただこうと考えていました。もしこの掲示板が主張を述べるための物であり趣旨に反するようでしたら削除してくださってかまいません。今後も観覧させていただきます。それでは、失礼いたします。


1936.掲示板過去ログ(削除編)への移動について
名前:forest(管理人) 日付:12月27日(土) 15時15分
管理人のforestです。
投稿番号:1934
題  名:西暦2003年12月27日8時から9時
投稿者 :Humility
については、当掲示板の品位を汚し、また趣旨に反すると認めましたので掲示板過去ログ(削除編)に移動しました。是非お読みになりたい方は掲示板過去ログ(削除編)の方でどうぞ。なお、お読みになって体調を崩されても管理人は一切責任は負いません。


1935.しんしん様
名前:テンポ 日付:12月27日(土) 11時21分
情報ありがとうございます。
あのアンケート結果は、もう笑っちゃうしかないですねぇ。
当然ながら僕も、「NO」に一票入れさせて頂きました(笑)。

それにしても、あの天木直人まで引っ張り出して来るとは、反権力振りをアピールする為ならもう必死なのでしょう。

コンビニの”18禁コーナー”に置かれてる様な分際の雑誌が、偉そうに良く言うよ(苦笑)。


1933.「植民地支配」ではありません
名前:A6M5 日付:12月27日(土) 8時31分
拝啓 管理人様

金完燮氏の「外患罪容疑」についてgoogle中,偶然こちらを見つけた者です.

一面識も無い者が 失礼かも知れませんが,
かつての日本の朝鮮・台湾統治に関する文言について ひとこと御意見申し上げたい.

日本は朝鮮を「植民地支配」したことはありません.
併 合 し た の で す .
「韓国併合に関する条約」施行以来,日本の敗戦に至るまで,
朝鮮は日本の「植民地」ではなく,日本の領土内の一地方であったのです.
(もちろん,台湾についても同様です.
日清戦争の戦勝に因り,日本は清国から台湾を割譲されたのであって,
「植民地」と呼ぶのは不適切でしょう.)
彼ら新日本人たちは れっきとした日本国籍を持ち,
内地と同じ憲法による権利保護のもとで暮らしていたのですから,
西洋列強がアフリカや南米・アジア等に持っていた「植民地」とは明らかに性質を異にします.

韓国人らの狂信的反日の根拠の全ては,
この日帝の「植民地支配」による「収奪」に端を発しているのですから,
不用意に「植民地支配」という語をお使いにならない方が宜しいのではないかと思い,
一筆啓上した次第です.かしこ.


1932.全く・・・似非平和主義者ばかりが・・・
名前:スサノオ 日付:12月26日(金) 22時6分
mumu様。お久しぶりです。内田裕也って樹木希林の亭主で、未だに日劇ウエスタン・カーニバルなんかの「過去の栄光」にしがみついているロック爺ですか?あの仁は自分に光が当たってないと気に入らないんじゃ無いんでしょうか?とりあえず「反戦」めいたことを言っとけば、自分がやらんでもイベントに呼ばれるんじゃないか?みたいな「計算」が見え見えですが・・・。大江健三郎や筑紫や、内田なんかも「とどのつまり」は反日マスゴミや反日政治家に巧に利用されているのに・・・ある意味、気の毒な方々ですね。
石原慎太郎氏の「この国は狂っている!」全くその通りで、法案にしても「配慮」「配慮」で、「慎重な対応」などと、政府が反体制者に遠慮してどうするんでしょうか?一事が万事。そんなことですから支那や朝鮮なんかに、良い様に「ナメ」られてるんですよ。内田みたいな爺のクセに爺であることを自覚出来ない爺は困ったもんです。ストーンズのミックとは違いますから・・・あんなカリスマ性はありませんし、音楽的にも全然ですし。何か・・・反戦を訴える日本のアーティストって、非実力者が多いですね。


1931.自衛隊派遣反対デモ?   
名前:飛龍 日付:12月26日(金) 22時0分
イラク自衛隊派遣反対デモの正体。プラカード
「北朝鮮に核兵器を持つ権利を!」
のぼり
「中国人戦争被害賠償請求事件弁護団」
「中国人戦争被害者の要求を支える会」
http://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1072405007.jpg
こんなの2ちゃんで見つけたんですが。
 これでもイラク自衛隊派遣反対のデモにこじつけるか?マスコミは本当に腐っておる。 しかしこれってネタですかね?

コメント

平成15年を回顧して一番嬉しかったこと

2003年12月31日 22時04分57秒 | 政治
  平成15年は今日1日だけを残すことになった。毎年のように年末には「今年は色々と嫌なことがありましたが、来年こそは良い年でありますように」と言う意味を込めて「良いお年を」と挨拶をするが、新年を迎えれば、また同じようなことが起こり、また年末に「来年こそは良いお年を」と挨拶しなければならなくなる。こんなことを毎年のように繰り返しているのですから、疲れも蓄積されて、白髪がまた増えてしまう。

 今年1年を回顧すると、私がもっとも憂うことは、日本の世論を代表していると思い上がって偉そうなことを言っている朝日新聞や、テレビ朝日、TBSなどがかなり批判をされたのだが、残念ながら倒産までには至らず、相変わらず反米、反戦、反自衛隊の論調を掲げていることである。マスコミとは言え、民間企業のひとつに過ぎないのであるが、世間から朝から晩まで批判をされ続ける民間企業など他にはあるだろうか。

 企業なら信用が第一である。信用がなくなれば、その企業の商品を国民は買わなくなるだろうから、売り上げがなくなり倒産するところも出てくるのは至極当然のことだ。しかし、どういう訳かマスコミだけはどんなに批判をされ信用を失っても、なかなか倒産しない。

 マスコミの企業としても役割の一つは情報の提供だろう。しかし、その情報が正確であり、不偏不党であれば良いのであるが、ご存じの通り、マスコミが垂れ流す情報の中には、間違いが多く、公平を欠き、報道の名のもとに、マスコミが決めた世論を形成しようとする洗脳教育ならぬ洗脳報道を繰り返しているのである。しかし、そんな偏向マスコミの努力もむなしく、社民党と共産党が総選挙において歴史的敗北を期した。それは、この両党の政策や主張は偏向マスコミの論調と合致しているからして、この両党の敗北はマスコミの敗北でもある訳である。

 マスコミは奇妙なことに、自民党には痛烈な批判をしますが社民党と共産党に対しては、主義主張が同じなので、仲間をかばう意識があるようであまり批判はしない。批判をしても、その振りをしているだけで継続的にはやらない。
 北朝鮮により日本人拉致事件に関して、その解明と解決に犯罪的とも言える妨害活動をした社民、共産両党は、これこそマスコミはキャンペーンを張って追及しなければならないことだが、いつの間にか立ち消えになっている。マスコミは公務員の不祥事などの報道で「身内に甘いのでは」と主張するが、マスコミの方がよっぽど身内に甘いどころか大甘である。

 今年1年で一番嬉しかったことは今述べたように総選挙における社民党と共産党の歴史的敗北であり、それは、この両党の政策が国民から支持されなくなったからに他ならない。来年の参議院選挙では、この両党がさらなる敗北を期すことを期待しているが、それには、多くの国民が政治に関心を持ち「さあ選挙か。どの党の候補者に投票するか」と言った有権者として無責任な選挙権の行使をせず、どの政党が何にに反対し、また賛成しているか。またどんな政策をもっているか。さらに過去の主張が正しかったか誤っていたかを普段から検証をしておくことが大事であろう。

 例えば「軍事空港になる」と言って成田空港の建設に反対し、開港を遅らせ「空港が出来ても利用しない」と公言していた人が、運輸大臣までなり、今では手を振ってにこやかにタラップを登り海外に行っている。このような人を政治家として選ぶことは私にはあり得ない。もうおわかりであろう。国民を騙し、日本のために仕事をしないで平気な顔をして多額な歳費を頂き、支那や北朝鮮の方を向いているような政治家を選んではいけないのである。
(2003/12/31) 

この記事は「今日のコラム」
平成15年を回顧して一番嬉しかったこと
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

私の主張 総目次(2003年分)

2003年12月31日 17時21分24秒 | 私の主張総目次
私の主張 総目次(2003年分)
(ブロク開設前にHPに掲載していました私の主張の総目次です。すべてブロクの方に移行してあります。)
 
2003年分
 
12月
194号 反日日本人の発言を垂れ流すNHK
           ~安保討論に自衛隊を侮辱した大江健三郎を出演させたNHK~
193号  イラク派遣が決定した「我々だけの自衛隊」
          ~派遣阻止のため何でもするマスコミの異常な報道姿勢~
192号 殉職された二人の外交官の遺志を無駄にするな
          ~テロに屈せず、勇気ある日本人としての誇りを取り戻せ~
 
11月
191号  国民保護法制は有事法制ではないのか
            ~国民の義務が明示されていない保護法制で国が守れるか~
190号  社民党・土井たか子の党首辞任に思う。
            ~「ダメなものはダメ」の「ダメなもの」とは社民党だった~
189号  金正日政権崩壊に向け経済制裁を実施せよ
            ~拉致問題も金政権が崩壊しなければ解決しないのでは~
 
10月
188号  引退を拒否した中曽根元首相の無念
           ~憲法改正に政治生命をかけているのに引退させるのか~
187号  テレビ朝日の名誉棄損を認めた最高裁判決
            ~Nステの久米宏は退職金で所沢市の農家へ損害賠償せよ~
186号  憂うべき治安悪化の原因とは何か
            ~くそガキ、不良外国人、マスコミが治安悪化の三悪人~
 
9月
185号  フジテレビに訂正放送を請求する日本共産党
            ~兵本達吉氏を除名した理由は拉致問題ではないのか~ 
184号 9月17日以後なら何でも言える拉致問題
          ~国家意識なき政治家、マスコミ、国民の無関心~ 
183号 山際澄夫著「安倍晋三物語」を読んで
           ~拉致を安全保障問題としてとらえた国難に強い安倍晋三氏~
 
8月 
182号 何の進展も成果もなく終了した6カ国協議
           ~理解すると言いながら拉致問題を無視した支那、ロシア、韓国~ 
181号 日本はテロに屈しない国ではないのか
           ~平和維持には犠牲を覚悟する気概が必要である~ 
180号  58回目の終戦記念日に思う
         ~今後も支那の陰謀に乗せられる国になり下がるのか~
179号 北朝鮮の核開発に抗議しない秋葉広島市長 
           ~すべての核保有国に抗議し、反対して行くべきではないか~
 
7月
178号 自衛隊派遣はひとえに日本の誇りのため
           ~世界に配信された自由党の森ゆう子議員の醜態~ 
177号 朝日新聞から見捨てられた社民党の土井党首  
           ~仲間の社民党を存続させるために何でもする朝日新聞~ 
176号  土井たか子は北朝鮮工作船を見学したか
          ~見学は北朝鮮の脅威と安全保障を考える良い機会~
175号 自衛隊をイラクに誇りを持って送り出そう
          ~野中広務の自衛隊に対する侮辱発言について~
 
6月
174号 秋葉広島市長の金総書記招聘の真意は何か 
           ~米軍の核抑止力喪失を画策する新・非核三原則の提言も~
 
5月 
173号 小泉首相に反抗した田中均外務審議官 
           ~日本の国益に反する外務省内の北朝鮮擁護派を排除せよ~
172号 日本の恥をさらした朝日、毎日新聞の記者 
           ~新聞記者の傲慢無礼な態度や独善さに呆れる~
171号 北朝鮮に日本侵略の招待状を贈る反日政党          
           ~有事法制関連3法案が、衆院本会議でようやく可決~
170号 北朝鮮を糾弾する第5回国民大集会は大成功
          ~拉致被害者奪還に向けて参加者の心が一つになった感動的な大集会~
 
4月
169号 訴えられた朝日・毎日新聞社と反日日本人
           ~デタラメ記事のために処刑された旧日本軍の将校~ 
168号 石原都知事再選、樋口恵子と田嶋陽子は落選
           ~都知事候補の共産党に36万票。この現実を肝に銘じよ~ 
167号 教科書を批判する教科書が検定合格
           ~社民党や共産党の機関誌となった歴史教科書~ 
166号 情報収集衛星運用に注文をつける朝日新聞
           ~なぜ北朝鮮に衛星運用方針を説明しなければならないのか~
 
3月 
165号 北朝鮮のミサイル攻撃に座して死を待つのか
           ~政府は発射基地攻撃兵器の保有を検討せよ~
164号 イラク攻撃を決断したブッシュ大統領
           ~米国を支持した小泉首相に敬意を表する~ 
163号 韓国の反米、対北朝鮮融和政策を憂う 
           ~驚くべき韓国の北朝鮮核武装容認論~ 
162号 伊勢新聞の素晴らしい論壇
           ~北朝鮮の脅威に米国支持と連携を明確にした正論~
 
2月
161号 新追悼施設建設を約束したという報道は誤報か
           ~山崎拓氏は韓国側に新追悼施設を提言していない~ 
160号 山際澄夫著「拉致の海流」を読んで
           ~北朝鮮を擁護した万死に値する反日日本人を痛烈に批判~
159号 新追悼施設建設を約束した与党三党の幹事長
           ~日本は平和を愛する国家ではないと言う韓国政府~
158号 筑紫哲也氏の「戦争ボケは人を殺す」発言について
           ~国を守ることを考えない平和ボケが戦争を招く~ 
157号   安倍氏と朝日の拉致問題をめぐる論争について
           ~北を擁護してきた朝日は安倍氏に反論する資格はない~
 
1月 
156号 ミサイル防衛に対する内閣法制局の奇妙な見解
           ~米国を狙い日本上空に飛来するミサイルは迎撃出来ないのか~
155号 支那、韓国の圧力に屈しなかった小泉総理の靖国参拝
           ~日本人としての気骨がない野党は参拝を批判できるのか~
       
コメント

今日のコラム総目次(2003年分)

2003年12月31日 15時32分55秒 | 今日のコラム総目次
今日のコラム総目次(2003年分)

12月
◆平成15年を回顧して一番嬉しかったこと(12/31)
◆西日本新聞も報じるたった一人の街頭署名活動(12/29)
◆北朝鮮は拉致事件解決のため焦りだしたか(12/27)
◆社民党に最後まで残るのは福島か土井か(12/26)
◆またも逆転判断された藤山雅行判事の決定(12/25)
◆支那に媚びる民主党の岡田幹事長の妄言(12/24)
◆やはり西村真悟氏を叩きを始めた朝日新聞(12/23)
◆民主党は拉致問題解決を支那に頼むのか(12/22)
◆藤岡信勝氏が評価した小泉総理の記者会見(12/21)
◆朝日が利用した「たった一人の街頭署名活動」(12/20)
◆藤山雅行裁判長はどんな思想の持ち主なのか(12/18)
◆イラクで、もし日本人拉致事件が起きたら (12/17)
◆松本智津夫、フセイン、そして金正日 (12/16)
◆拉致被害者奪還のため社民党は先頭に立て (12/15)
◆韓国は歴史を捏造する信用出来ない国 (12/14)
◆野中広務は死なず、なかなか消え去らない(12/13)
◆曽野綾子氏が批判する朝日に載った投書(12/12)
◆イラク派遣阻止で死にものぐるいの朝日新聞(12/11)
◆イラクへの自衛隊派遣を決断した小泉総理(12/09)
◆犠牲を覚悟し、イラク派遣を志願する自衛隊員(12/08)
◆最高裁判決を無視する空港反対派(12/06)
◆ご家族と共にイラク派遣自衛隊員の無事を祈る(12/04)
◆やっぱり日の丸は良いですね(12/02)

11月
◆H2Aの打ち上げ失敗は破壊活動ではないのか(11/30)
◆動き出した北朝鮮への経済制裁(11/28)
◆国民を騙し総理の座を狙おうとした菅代表(11/27)
◆テレ朝は「二度あることは三度ある」(11/25)
◆なぜ対テロ警備に自衛隊を動かせないのか(11/23)
◆辻元被告初公判に上申書を提出した筑紫哲也(11/20)
◆自衛隊のイラク派遣は昼間の幽霊か(11/16)
◆社民党々首は中核派のシンパ福島幹事長か(11/14)
◆民主党は内紛。自民、公明両党は政策対立か(11/12)
◆民主党々内に残存する元社民党員を忘れるな(11/10)
◆支那人の不満解消の的になった日本人留学生(11/08)
◆拉致問題を出さない6カ国協議があるか(11/05)
◆「航空自衛隊入間基地航空祭」を見学して(11/03)
◆9条は日本国民の宝と主張する日本共産党(11/01)

10月
◆反日日本人よ!亡命したキタガワカズミに続け(10/30)
◆暴走族は産業廃棄物以下だと発言した裁判官(10/28)
◆忘れてはならない1737人の殉職者(10/27)
◆テレビ朝日の次は日本テレビの不祥事か(10/25)
◆社民党は存在価値のなくなった消える政党(10/23)
◆社民党の公式見解はどこで分かるのか(10/22)
◆土井たか子のメッセージは「近日公開」のまま(10/20)
◆圏央道建設に反対して代替地を頂いた地権者(10/18)
◆支那の宇宙まで広がった軍拡を喜ぶマスコミ(10/16)
◆有権者の良識が問われる土井たか子の当落(10/14)
◆総選挙後にやっとイラクへ自衛隊派遣か(10/12)
◆海上保安庁は支那の工作船に強い姿勢で臨め(10/10)
◆北朝鮮の犯罪歴に詐欺を追加(10/08)
◆秋葉市長は露の核先制攻撃権に抗議せよ(10/05)
◆釈然としない田中眞紀子氏の立候補(10/03)
◆支那が考え出した日本からカネを取る新手口(10/01)

9月
◆マスコミが報じない教師による言論弾圧事件(09/29)
◆旧社会党に拉致対象者選定組織はあったのか(09/27)
◆北朝鮮に嘗められ続けても良いのか(09/25)
◆救う会の佐藤勝巳氏を批判する和田春樹(09/22)
◆北朝鮮バッシングは異常だと言う田英夫(09/20)
◆社民党以上に拉致問題解決を妨害した共産党(09/18)
◆阪神優勝にあやかり党勢復活を図る社民党(09/16)
◆拉致問題解決を妨げる拉致議連の山口壯議員(09/14)
◆石原都知事の爆弾発言について(09/12)
◆野中広務氏の引退に思う(09/10)
◆ODAに感謝しない支那を批判した鴻池大臣(09/09)
◆日本人なのに日の丸・君が代が嫌いな人(09/07)
◆いつまでも「腰抜け日本人」と言われたいのか(09/05)
◆犯罪国家北朝鮮の万景峰号がまた来るのか(09/03)
◆マスコミの異常としか思えない「美女軍団」報道(09/01)

8月
◆約束違反は北朝鮮の専売特許(08/28)
◆PSCで判明したおざなりだった万景峰号の検査(08/26)
◆日本と台湾の間にくさびを打ち込む反日日本人(08/23)
◆秋葉市長の平和宣言に賛同する人がいるのか(08/21)
◆涙なしには読めない英霊たちの遺書(08/19)
◆テロ国家北朝鮮の要求に屈するな(08/18)
◆終戦記念日の大雨は英霊の嘆きと悲しみの涙(08/15)
◆支那へ新幹線を売ってはならない(08/14)
◆六ヶ国協議に田中外務審議官を出席させるな(08/13)
◆支那のいう友好は日本の主権を侵害することか(08/11)
◆詐欺罪で起訴された辻元被告の白々しい弁解(08/09)
◆菅代表の「けじめ」とは靖国参拝しないことか(08/07)
◆辻元容疑者の詐取した秘書給与が日本赤軍に(08/05)
◆北朝鮮が優遇する危なくて渡れない虹の橋(08/02)
◆朝鮮総連に税金免除の特権を許すな(08/01)

7月
◆盧大統領の北朝鮮宥和政策は危機を招く(07/30)
◆朝日新聞の思惑は見事に外れた小池氏の論文(07/28)
◆秋葉広島市長の珍説「新・非核三原則」とは (07/26)
◆マスコミは少年事件の過保護報道を見直せ(07/24)
◆朝日新聞がイラク特措法に反対する真の理由(07/22)
◆辻元清美の政界復帰を画策した朝日新聞(07/20)
◆朝日新聞はやはり「昭和の日」を祝えないか(07/18)
◆朝鮮総連は被害者を装うオウム手口と同じ(07/16)
◆鴻池防災担当相発言を批判するマスコミ(07/12)
◆凶悪事件を起こした少年は刑事責任を問え(07/10)
◆削除するためにメールマガジンを購読する人(07/09)
◆自衛隊派遣反対に世論調査を利用する新聞(07/07)
◆常に国民の事を思う両陛下の大御心に感激(07/05)
◆確信的な北朝鮮擁護の反日朝日新聞(07/03)
◆自衛隊派遣に反対し信頼をなくす民主党(07/01)

6月
◆ロシア原潜解体に税金投入は疑問(06/29)
◆金大中はノーベル平和賞を金で買ったのか(06/27)
◆朝日は北朝鮮のミサイルを防ぐ方法を答えよ(06/25)
◆朝鮮総連への税金免除は社民党の圧力か?(06/23)
◆保険未加入船舶入港規制法の早期成立を(06/21)
◆日本は国際捕鯨委員会(IWC)から脱退せよ(06/18)
◆北朝鮮への経済制裁はすでに始まっている(06/16)
◆拉致被害者にお言葉を掛けられた両陛下(06/14)
◆野中氏よ!自衛隊派遣はふざけた態度か(06/13)
◆快挙!万景峰号の入港阻止(06/09)
◆工作船保存費用は朝鮮総連から徴収せよ(06/05)
◆礼儀と敬意を示さない新聞記者(06/03)

5月
◆首相の対北朝鮮外交を批判する朝日新聞(05/31)
◆朝日新聞では拉致問題が分からない(05/29)
◆やたらに「国民」と言う社民党の声明(05/26)
◆陛下は韓国の非礼に無言の意志を示された(05/24)
◆新聞記者、見てきたような嘘をつき(05/22)
◆有事法案反対者は憲法9条と心中するのか(05/21)
◆全国に広がる北朝鮮を糾弾する声(05/19)
◆兵本達吉氏の拉致調査で除名した共産党(05/17)
◆有事関連3法案可決に悔しがる朝日新聞(05/16)
◆北朝鮮を刺激して問題解決を図れ(05/13)
◆北朝鮮経済制裁を求めて高まる世論(05/11)
◆有事想定をしない者に有事論議する資格なし(05/09)
◆北朝鮮は核開発放棄せず、何ら譲歩しない(05/06)
◆イラク復興支援への自衛隊の派遣について(05/05)
◆五味記者は爆発物を隠し持ったテロリスト(05/02)

4月
◆反戦活動したマスコミ、軍事評論家、芸能人(04/30)
◆日本単独でも北朝鮮への経済制裁を(04/28)
◆北朝鮮核保有と西村真悟氏の発言について(04/25)
◆自衛隊は反戦自衛官になる人を採用出来ない(04/23)
◆旧社会党員に譲歩した民主党の有事法案(04/21)
◆見返りを貰ったら北朝鮮は核開発放棄か(04/19)
◆北朝鮮非難決議に参加しなかった韓国(04/18)
◆教科書検定委員の国会報告法制化に賛成(04/17)
◆北朝鮮の核開発をめぐる協議は日本抜きか(04/16)
◆北朝鮮の多国間協議示唆に騙されるな(04/14)
◆イラク崩壊の今こそ拉致事件解決のチャンス(04/12)
◆フセイン独裁政権崩壊に伴う犠牲者を悼む(04/10)
◆人間の盾は役に立ったのか?(04/08)
◆子供を出汁に使った小学館の反戦世論調査(04/05)
◆自衛隊・防衛問題に関する世論調査について(04/03)
◆政治をなめていると批判された田嶋陽子(04/01)

3月
◆すでに約3兆円の対支那へのODA(03/31)
◆政府に脱出の安全確保を求める人間の盾(03/26)
◆反米保守派は左翼に転向したのか(03/23)
◆米国は北朝鮮の核武装を許すか(03/22)
◆米国のイラク攻撃を支持した小泉総理の決断(03/20)
◆ミサイル着弾に防衛出動対応は当たり前(03/18)
◆日本は米国支持が最善の選択肢(03/15)
◆小泉総理の世論批判について(03/10)
◆ミサイル防御装置のないP3C哨戒機(03/08)
◆イラクから逃げ出した「人間の盾」の活動家(03/06)
◆北朝鮮の弾道ミサイル攻撃に災害派遣とは(03/04)
◆新決議なくても米英両国のイラク攻撃を支持(03/03)
◆反戦反米運動は北朝鮮の思うつぼ(03/02)
◆原子炉再稼働と緊迫する北朝鮮情勢(03/01)

2月
◆日本海側の警戒を厳重に(02/28)
◆日本防衛を約束したアーミテージ米国務副長官(02/27)
◆米軍人の講演を中止させた左翼勢力(02/26)
◆挑発的な北朝鮮のミサイル発射(02/25)
◆北の変化を期待した金大統領の太陽政策(02/24)
◆非核三原則は堅持し米国の核抑止に依存か(02/23)
◆米英両国を支持した政府の姿勢に賛同(02/21)
◆石原知事の朝鮮総連に対する課税検討は当然(02/20)
◆民主党は岡崎参議院議員を処分しないのか(02/19)
◆爆弾の代わりにお金をまけという四国新聞(02/18)
◆朝日だけではない地方新聞の偏向ぶり(02/17)
◆無保険のまま寄港する北朝鮮籍の船舶(02/16)
◆反日デモに参加した岡崎トミ子参議院議員(02/15)
◆日米韓の間に溝が生じる盧氏の宥和政策(02/12)
◆ブルーインパルスと心に残る感謝の手紙(02/11)
◆拉致問題には、国民の心が一つになり毅然と(02/09)
◆米国のイラク攻撃の決意を示す通信内容公開(02/08)
◆立川市立第七中学校の生きた教育(02/06)
◆万景峰号の入港規制は当然(02/04)
◆麻生氏の普天間の代替施設を巡る発言について(02/01)

1月
◆シュミレーターで戦闘機の離着陸訓練?(01/31)
◆何らの進展がない南北閣僚級会談(01/26)
◆オウムの観察処分更新は当然(01/22)
◆武装難民を逮捕することは可能か(01/19)
◆阪神大震災から丸8年(01/17)
◆北朝鮮の暴走に備えよ(01/14)
◆拉致の可能性が高い驚くべき多数の失踪者(01/12)
◆あまりにも遅い25年目の逮捕状(01/10)
◆北朝鮮の核に対抗するにはどうすれば良いか(01/07)
◆貸借権設定だけで尖閣諸島を守れるか(01/05)
◆堂々と胸を張れるような国に(01/02)
コメント

西日本新聞も報じるたった一人の街頭署名活動

2003年12月29日 21時57分53秒 | 偏向マスコミ
  朝日新聞が「たった一人の街頭署名活動」として、自衛隊員を恋人に持つ彼女が、イラクへの派遣反対を訴えて、たった一人で街頭署名活動を行っているということを報道していたが、その後、その街頭署名運動は実を結び、恋人の自衛隊員は、上官に「恋人がイラク行きを心配しているか派遣命令を拒否します」と言ったのであろうか。あるいは、彼女を説き伏せてイラク行きを決断したか。または若い二人は別れてしまったのか続報がないので分からないが、まあそんなことはどうでも良いことだ。

 さて朝日が「たった一人の街頭署名活動」を掲載したことからであろうか、それに対抗して西日本新聞が76歳という高齢の男性が「自衛隊イラク派遣中止」を無言で訴え、福岡市・天神の寒風が吹き抜けるデパートの壁際に立つているということを報じている。

 寒い冬の最中に高齢の人が街頭に立って署名活動をするのは、大変な勇気が必要で、健康にも自信があるのであろう。日本は表現の自由が有り余るほど認められている国であるして、どうぞご自由に、何時間でもおやり下さい。

 報道によれば「派遣反対の意志を込めた白いリボンを着ける運動を始めた大分市の開業医を紹介する新聞記事が目に留まった」とのことから、街頭署名活動を始めたというこの男性は、「リボン約500個を購入した。この日(28日)午後、街頭に立った約3時間、7人が声を掛けてきた。みなその場でリボンを着けてくれた」という。福岡市・天神のデパートとはどのような所か知らないが、デパートがあるところだから人通りは多いだろう。そのような場所に約3時間も立ち続けて、たった7人しか声を掛けなかったのであろうか。では、購入した約500個のリボンは493個残ってしまった訳だ。

 その男性は30日まで、新年は5日から立ち続けるとのことだが、その男性は信念を持って街頭署名活動をしているのでしょうから、大晦日でも元旦でも、毎日でも立ち続けて欲しいと思う。この男性は街頭署名活動を休む12月31日から1月4日の間も、すでにクウェートに展開している航空自衛隊の先遣隊は、正月休みもなく、危険な国際貢献をしている。であるから「年末だから」とか「お正月だから」と言って街頭署名活動を休んでいたら、「自衛隊イラク派遣中止運動」にはならない。寒くても風邪を引きそうになっても頑張って頂きたいと思う。

 まもなくお正月だが、私は毎年近くの神社に初詣に行くが、今回はイラクに派遣される自衛隊の皆様が無事に任務を達成され帰国されることも家内安全と合わせて祈念しなければと思っている。寒風の中で「自衛隊イラク派遣中止」の街頭署名運動をたった一人でする人もいれば、私のような自衛隊の皆様の無事を祈念する人もいる日本は自由な国である。
(2003/12/29)

この記事は「今日のコラム」
 西日本新聞も報じるたった一人の街頭署名活動    
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

社民党に最後まで残るのは福島か土井か

2003年12月26日 21時47分44秒 | 社民党
  先の総選挙で壊滅的は敗北を期した社民党は、土井党首が責任をとって辞任し、福島瑞穂幹事長が新党首となり、党の再興を図ろうとしているようだが、その流れは止まりそうもないようで、前政審会長であった大脇雅子参院議員が離党したことから参院議員5人、衆院議員6人の計11人という小さな政党になってしまった。

 いまだに社民党に残っている11人は、今後どうするのであろうか。離党した大脇氏は民主党会派入りを検討しているというが、社民党が民主党に合流することは社民党の消滅を意味する訳であるから、福島党首に言わせれば「護憲平和」を掲げる社民党の存在はこれからますます必要になると自負しているようであるから、民主党に合流するという選択はとらないと私は考えている。「がんこに平和!げんきに福祉!」の政党であるから「がんこな政党!げんきな福島!」と言って、どんな少数になろうと社民党の存在と役割に自信を深めようと訴えるのであろう。

 福島党首が第8回党大会で「競争最優先、戦争のできる国、強い日本づくりへと社会が大きく転換させられようとしているからこそ、安心できる優しい社会、誰もが共に生きられる社会を掲げた社民党が存在し続け、社会の中に深く根付いていくことが求められている」と述べ、「行動する社民党」として国民に向けてアピールし「新生社民党へスタート」として来年の参院選に勝利したいのだろうが、土井前党首の路線が誤っていたことから総選挙での敗北があり、また土井前党首の拉致事件を巡る不誠実な対応や、辻元清美が秘書給与を騙し取った件で土井前党首の秘書とともに逮捕された件でも社民党は反省しているとは思えず、逆に居直っているという感じがあり、これでは国民の支持を失うのは当然だろう。

 さて、福島党首と土井前党首は今頃こんな会話をしているかもしれない。

福島「大脇議員が離党して、党が衆参の議員を合わせても11人だけになってしまいました。困ったことです」
土井「そう困ったことですね。これ以上離党者が出ないようにしなければいけませんから党の結束を図る方策を考えましょう。次々と離党者が出て、そのうち2人きりになってしまうかも知れません」
福島「2人って、1人は土井さんでしょうが、もう1人は誰ですか?」

 以上は冗談だが、旧ソ連時代の小話を参考して作ってみた。社民党に最後まで残るのは福島党首か土井前党首か。あるいは2人とも残るかも知れない。それに辻元被告あたりが寂しいからと仲間に入るであろうか。  

  ついでに思い出したソ連の小話を一つおまけに紹介する。ある家を訪問した人が留守番している子供に両親の行き先を聞いたら「お母さんは買い物に行っているから、いつ帰ってくるか分からない。お父さんはロケットに乗って宇宙に行っているから、すぐ帰ってくる」というのがあった。

 社民党内では、大脇議員に続く離党者が出ないように福島党首らが中心になり、必死になって他の議員の引き留め工作をしているだろう。社民党に残っていれば時期選挙で当選出来ないとして、新たな離党者が出るかも知れない。そんな離党者を旧社民党員の生き残りがいる民主党が拾ってくれるであろうか。旧自由党員が合流した民主党であるから、旨く行く訳ない。最近の民主党の動きを注視していると、党内にうごめく悪性の社民党ウイルスが次第に広がってきた様子が認められるのである。
(2003/12/26) 

この記事は「今日のコラム」
社民党に最後まで残るのは福島か土井か
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

掲示板 2003年12月分過去ログ (1891~1930)

2003年12月26日 21時42分50秒 | 掲示板過去ログ2003年分

1930.講談社
名前:しんしん 日付:12月26日(金) 21時42分
テンポさんがおっしゃるように、石原慎太郎都知事、西村真悟議員はいくら朝日新聞が
攻撃しようが、びくともしませんね。
反対にmumuさんご指摘の
>土井、辻元、福島に代表される社民の愚劣な連中を始め、大江や小田、浅野、和田と言った連中
はマスコミに守られて、やっと生きているか弱い連中と言うことですね。
(個人的にはさっさと息の根を止めて欲しいですが)

テンポさんがよくお話しする「現代」にこういうサイトがありました。
http://kodansha.cplaza.ne.jp/broadcast/vote/2003_12_10/index.html

「自衛隊のイラク派遣で日本は徴兵制になる」そうです。(;´Д`)アフォダ
アンケートで煽っていますが、ものの見事に裏切られていますね。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/3906/


1929.スサノオさんへ
名前:forest(管理人) 日付:12月26日(金) 18時11分
管理人のforestです。民主党の岡田幹事長は、支那の政治家なのでしょか。とても日本の政治家とは思えませんね。菅もそうですが、支那に行って「靖国参拝はしない」と公言するのですから、支那が飛び上がって手を叩いて喜びそうなことを言いますね。日本の政治家として、国のために殉じた英霊に感謝するのは当然で義務なのですが、それをしないというのですから話になりません。これでは民主党が政権を奪還することなど不可能でしょうね。


1928.懲りない馬鹿とは
名前:mumu 日付:12月26日(金) 2時18分
こういった連中のことでしょうか。

少し前にこちらでも少々話題に上った、“あの”似非平和主義者にして口先だけで中身がまるで伴っていない内田裕也という、思い上がった大馬鹿野郎がまたとち狂ったことをほざきやがってます。

国会議事堂の前で反戦コンサートなるものをぶち上げ、自衛隊派遣等に反対するということをアピールしたのだとか。

しかし似非平和的なことを報道させたら、そのお仲間であるはずのNHKの偉大なるマンネリ、年末好例の紅白がライバルというのは、妄想の中で俺様に浸りきっているような気違いには自分以外のものが似たようなことを言うのは許さないとでも言いたいのか、それともあの程度じゃまだまだ手緩いと思っているのか、この馬鹿の言う平和が如何に胡散臭い代物かがわかると言うものでしょう。

もっとすごい勘違いと言えるであろう、昨今流行の某アイドル5人組の歌う「世界にひとつだけの花」が反戦ソングですと・・・
でも確かこの曲が売れ出した頃、あの筑紫も自分の番組に彼らを出演させて似たようなことをほざいてたとか何とか。
頭のイカれた、何が平和なのかも理解出来ない馬鹿にはあの手の「普通の」ラブソングでさえも、自分達のご都合主義に無理矢理当て嵌めようという魂胆なのか、あの程度で戦争反対を訴えられるという解釈をすること自体の恥晒しな言動は最早お約束になってきているんでしょうかね。

しかしメッセージソングが日本にあまり無いからって(内田裕也はそう言っている)ジョン・レノンやボブ・マーリーに顔向け出来ないというのは、内田個人がそう思ってるだけでしかないはずなのに、何故か日本人全体の考えを代弁しているかのような言種に聞こえて仕方ありません。
向けられないなら顔をわざわざ見せなくても良いだけのこと、果たして内田裕也風情なんぞに顔向け出来ないと言われた側は、そんなこと言われて嬉しいんでしょうかね。


1927.何と、あのNHKが
名前:mumu 日付:12月26日(金) 0時2分
この私の家に図々しくも受信料払えと言ってきやがりました。
私は即座に断りました、NHKなんざ見る気にもなれないから見ていないと突っぱねて。
まぁ、集金係の人に言っても仕方ないけど黙ったままではいられないと思ってのことだったんですが、何故なのかと聞かれたので、どうせ上層部の方にまで届くわきゃないとは思いつつ、NHKは日本の国益を損ねるような報道しかしないから、ひとりの日本国民としてそんなものにいちいち時間も金銭もかけるつもりはないと言ってやりました。
嘘か方便か、それとも本当なのか(十中八九前者でしょうけど)そういった視聴者の声をなるべく真摯に取り上げて、上層部の方に伝えるとは集金に来た人の弁でしたが、その係りの人ではなく、NHKの体質のようなものそのものをこれっぱかりも信じられない私としては、例え私の意見?を形として上の方に伝えたところで、売国奴に成り下がった上層部の連中がそんなものに耳を傾けるわけのないことは楽に想像できますので、まるっきり期待なぞしちゃいません。
ここでも様々に取り上げられている、あの気狂い反日屋の大江健三郎ごときにいまだにコメントを、それもゴールデンの時間帯の名ばかりとは言っても討論番組に呼んだ事実だけでも、NHKが日本の国益なぞ考えるどころか、それを如何にして損なえるかという方向に配慮していることなんて、見え見えですしね。
土井、辻元、福島に代表される社民の愚劣な連中を始め、大江や小田、浅野、和田と言った連中は無自覚なまま、この世で最も忌むべき卑しい差別主義者であることにひたすら専念しているという醜態を、恐らく死ぬまで晒し続けるであろう愚行の繰り返しが生き甲斐にすらなっていってるんじゃないかと思えてならないですよ。

ところで話は変わりますが、今上陛下のお目出度い古希のお祝いのその日にTBSは特別枠で「あさま山荘事件」についてのドキュメンタリー映画を放映してましたが、これって何らかの意図あってのことなんでしょうか。
どうもテレ朝やTBS、それにNHKが加わると連中の報道内容について嘘か本当かを見極めるのが、やや難しい上に邪推と色眼鏡で見てしまい勝ちですけども、それも連中の売国奴な気違い振りの成せる業なのは間違い無いと思う次第です。


1926.どうやら朝日新聞は
名前:テンポ 日付:12月25日(木) 23時3分
件の事件をネタに、西村真悟氏をここぞとばかりにぶっ叩いておりますが・・・・
思い出せば、かつて”左翼テロ集団の機関誌”として悪名高かった『朝日ジャーナル』の川本三郎なる編集員が、その左翼テロ集団による自衛隊員殺害の片棒を担いだ容疑で逮捕された事をどう説明するのでしょうか。
聞く所によれば、朝日新聞の社旗を立てたという(!)車にて、犯人を匿ったとか。

彼らがいくら都合の悪い事を隠して正義面を装っても、ネットの言論空間では誰かが過去の悪行を掘り出してくれる。
そういうゴマカシはもはや効かないのだよ。ざまあみろ。

僕が思うに、朝日新聞があらゆるメディアを駆使して執拗に攻撃しつつも傷がつかない石原慎太郎氏と同様、西村氏も議員の座を追われる事は無いでしょう。
むしろ朝日新聞を初めとした反日マスメディアの手法が通用しなくなったという実例のひとつになるものと確信しております。


1925.京都の大学生さん
名前:forest(管理人) 日付:12月25日(木) 20時43分
管理人のforestです。久しぶりですね。もう大学は冬休みでしょうが、遊んでいないで本を読みましょう。お金がなければ図書館に行って読めばタダですよ。私もずいぶん利用させて貰っています。

山口・萩の国定公園で昭和天皇訪問の記念碑倒すというニュースは知っています。以前場所が何処でしたか覚えていませんが、六地蔵の首だけを壊して持ち去った事件がありましたね。それと同じで、とんでもない人間が世間にいます。この時期にそんなことをするのは何か意図があるかも知れませんね。
日本人でも、皇室の廃止を唱える人もいますし、またガキの度が過ぎた悪戯かも知れませんが、どっちにせよ許せないことです。

不敬罪復活は賛成ですね。それと国旗を焼いたり破ったり、勝手に引きずり降ろすことも罪に問うべきでしょう。思想信条の自由とは言いますが、そんなことまで許す自由などはないと思います。どうしても国旗が嫌いなら自分で購入したものを焼いたり破ったりすれば良いのです。他人が掲揚した国旗を引きずり降ろしてまでやるから威力業務妨害などで逮捕されるのです。自分で購入したものなら「あいつはバカじゃないか」と言われるだけですからね。


1924.管理人様。皆様。お久しぶりです。
名前:スサノオ 日付:12月25日(木) 20時10分
約一月半に渡り忙殺されていまして・・・。
民腫の岡堕売国奸痔長が、支那で小泉首相の靖国参拝を「間違っている」と卑下し、「中国はよく自制している」と持ち上げたそうですね・・・。この男の再入国(帰国)を不許可にし、外患罪で永久国外追放が妥当と思われます。
陛下のお誕生日の翌日に、何をはしゃいでいるのか・・・。さすが民の腫れ物幹事長ですなぁ。 


1923.『國體の本義』05
名前:桑原洋一郎 日付:12月25日(木) 15時56分
然るに、明治二十三年「教育二關スル勅語」の渙發せられるに至つて、國民は皇祖皇宗の肇國樹徳の聖業とその履踐すべき大道とを覺り、こゝに進むべき確たる方向を見出した。然るに歐米文化輸入のいきほひの依然として盛んなために、この國體に基づく大道の明示せられたにも拘らず、未だ消化せられない西洋思想は、その後も依然として流行を極めた。即ち西洋個人本位の思想は、更に新しい旗幟の下に實證主義及び自然主義として入り來り、それと前後して理想主義的思想・學説も迎へられ、又續いて民主主義・社會主義・無政府主義・共産主義等の侵入となり、最近に至つてはファッシズム等の輸入を見、遂に今日我等の當面する如き思想上・社會上の混亂を惹起し、國體に關する根本的自覺を喚起するに至つた。


1922.訂正
名前:京都の大学生 日付:12月25日(木) 9時42分
×今上天皇陛下の誕生日→○今上天皇陛下の誕生日の次の日
です。24日を23日と見間違えていました。
私が不敬だ・・・・_| ̄|○


1921.(untitled)
名前:京都の大学生 日付:12月25日(木) 9時27分
管理人様お久しぶりです。

気になった記事を見つけたので。話の流れにはあっていないので、申し訳ないです。

【昭和天皇訪問の記念碑倒す 山口・萩の国定公園】
http://www.sankei.co.jp/news/031224/1224sha057.htm
よりにもよって、今上天皇陛下の誕生日に・・・(いえ、それ以外の日だったら倒していいという意味ではないですよ)
犯人が誰かわかりませんが、犯人が何かしらの意図をもって、この日を狙って(実行した日が違うかもしれませんが)やったとしか私には思えません。
不敬罪を復活させるべきだと思いますよ。こういう事件があると。


1920.Re:はじめまして、よろしかったらどうぞ(法男さんへ)
名前:forest(管理人) 日付:12月24日(水) 21時46分
>法男さん
管理人のforestです。ご訪問ありがとうございます。サイトをのぞかせて頂きました。できたてのほやほやですね。確かに今の憲法は占領軍が1週間か10日間で即製したものです。社民党や共産党、左翼などは憲法を改正してはいけないと言ってアメリカが作った憲法を死守しょうとしていますが、これこそ彼らの言う「対米追従」ではないでしょうか。貴サイトがますます発展されることを願っています。


1919.朝日社説
名前:ceO 日付:12月24日(水) 21時42分
 ここぞとばかりに西村議員叩きにきましたね。
でも、何が問題なのかさっぱりわからないですね。
今回の件は、意気投合し、公私共に付き合いのあった
人が、ある時期からテロを実行しただけ。
 テロ集団であることを前提に、付き合いがあったわけで
はないこと。そんな付き合いをするのは辻本とか福島ぐらい
なものですが、そこには一切言及してませんでしたね。あい
変わらずアンフェアな偏向新聞です。
 今回の社説は明らかに西村氏の議員辞職を念頭においている
のでしょうが、例えるなら、微罪で死刑を求刑するような
ものです。これで議員辞職なら辻本や福島は被選挙権の永久剥奪
ってのが妥当なのでは?

 朝日の言い分に随えば、人と人脈を作るには将来のことを予知
する超能力が必要ですね。そこまで言うのですから、朝日新聞社も
犯罪を絶対犯さないと100%確証できる社員しかいないのでしょう。


1918.Re祝・天皇誕生日
名前:飛龍 日付:12月24日(水) 20時20分
拉致被害者の帰国を願うブルーリボンを陛下は付ける訳にはいかないとのことで、敢えて同じ色のネクタイとハンカチを身にお付けになり、拉致被害者奪還のため国民に奮起を促したのでしょうか。 >>まず間違いないと思います。
かつて先帝が5・15事件か2・26事件当時に時の首相に厳しく詰問されたところ、首相は恐れ入って涙を流すばかりで、ほどなく総辞職しています。その事件に鑑み、先帝は『国政について自分が直接口をはさむべきではない。』と決意されたと聞き及んでいます。想像以上に政治への影響力の大きさに驚かれたのでしょう。それを教訓として今上陛下にも受け継がれているのでしょう。
 個人的な手帳とかは、紀元節・昭和節・明治節・天長節は記入しています。
尚、国旗については【農協】で入手可能です。現在は古い国旗を使っており、
新しい国旗は大事に保存しています。 昔は学校での行事があれば、体育館に
国旗があり、校長は登壇の時には国旗に向かって礼をしていました。そして
今でもこれは受け継がれています(小5息子談)思わず『そうか、えらいぞ!』と言ってしまいました。これは余談ですが、消防団の式典では『左向け
左!国旗に注目!』とやります。


1917.Re:難しい国旗掲揚(ららぽーとさんへ)
名前:forest(管理人) 日付:12月24日(水) 17時41分
>ららぽーとさん
管理人のforestです。我が家は祝日には国旗を掲揚し、居間には天皇皇后両陛下と皇太子同妃両殿下のお写真が飾ってあるどこにでもある普通の家です。別に変わっている家ではありません。でもやはり変わっていますかね。また私は国旗掲揚の際は帽子を脱いで、右手を胸に当て、直立不動で国旗に正対します。こんなことするとはやはり私は変人ですかね。

国旗の入手方法は暖簾や提灯などを扱っている店にあると思います。私が住む町には、そんな店が2軒あり国旗を販売しています。


1916.はじめまして、よろしかったらどうぞ
名前:法男 日付:12月24日(水) 11時27分
 はじめまして、突然お邪魔します。 
 下のHPは、現在の日本を取り巻く様々な情勢に対応しきれていない(と、私は思うのですが)日本国憲法を糾す(藁)ためにつくったものです。
 管理人自身、全文を読んだことが無かったりするドシロウトですので、皆様どうぞマターリ御意見などいただければ幸いです。
http://www.geocities.jp/activenaka/


1915.次は北朝鮮の金正日だ!
名前:ららぽーと 日付:12月24日(水) 0時21分
皆さんご存知の通り、リビアの最高指導者カダフィ大佐は国内にあるすべての大量破壊兵器の廃棄と国際機関による無条件の査察受け入れを米英両国との間で合意しました。その背景には米英両国によるイラク攻撃であっけなくフセイン政権が崩壊したことや、その首魁であるフセインが拘束された事があるのは明らかでしょう。

「悪の枢軸」であったイラクのフセイン政権が壊滅し、さらに「テロ支援国家」のリビアのカダフィも米国に屈しました。次は北朝鮮の金正日でしょうか。もっとも、北朝鮮の場合はかなり難しいでしょうが…。


1914.難しい国旗掲揚
名前:ららぽーと 日付:12月24日(水) 0時10分
ららぽーとです。今日はかつては「天長節」と呼ばれた天皇誕生日です。というか、天長節の方が重みがあって良いと思うのですが。

さて、管理人さんは恥辱の「憲法記念日」以外の祝日に国旗を掲揚されるそうですが、非常に素晴らしい事だと思います。昔は祝日ともなればどの家にも日の丸が掲げられていたと聞きますが、今はほとんどと言っていいほどそうした家はありません。

その要因としては自虐史観や反国旗思想の蔓延も確かにありますが、マンションやアパートなどの住宅事情で掲揚できないことや、日の丸の旗そのものの入手が難しいということもあるのではないでしょうか。

マンションなどのベランダからでも手軽に掲揚できる日の丸が広く普及すればよいのですが…。


1913.祝・天皇誕生日
名前:forest(管理人) 日付:12月23日(火) 22時31分
天皇誕生日の今日12月23日は、朝から国旗を出しました。テレビでの天皇誕生日の記者会見の様子が放送されましたが、陛下のネクタイと胸のハンカチは同じ蒼い色でした。拉致被害者の帰国を願うブルーリボンを陛下は付ける訳にはいかないとのことで、敢えて同じ色のネクタイとハンカチを身にお付けになり、拉致被害者奪還のため国民に奮起を促したのでしょうか。


1912.『國體の本義』 04
名前:桑原洋一郎 日付:12月23日(火) 18時53分
 我が國の啓蒙運動に於ては、先づ佛蘭西啓蒙期の政治哲學たる自由民權思想を始め、英來の議會政治思想や實利主義・功利主義、獨逸の國權思想等が輸入せられ、固陋な慣習や制度の改廢にその力を發揮した。かゝる運動は、文明開化の名の下に廣く時代の風潮をなし、政治・經濟・思想・風習等を動かし、所謂歐化主義時代を現出した。然るにこれに對して傳統復歸の運動が起つた。それは國粹保存の名によつて行はれたもので、澎湃たる西洋文化の輸入の潮流に抗した國民的自覺の現れであつた。蓋し極端な歐化は、我が國の傳統を傷つけ、歴史の内面を流れる國民的精神を萎靡せしめる惧れがあつたからである。かくて歐化主義と國粹保存主義との對立を來し、思想は昏逃に陷り、國民は、内、傳統に從ふべきか、外、新思想に就くべきかに惱んだ。


1911.Re:大江健三郎語録・そして余談 (テンポさんへ)
名前:forest(管理人) 日付:12月23日(火) 16時4分
管理人のforestです。

>テンポさん
>「朝鮮や支那の人たちと協力して(!)自衛隊を解体しなければならない」などとほざいていたとも記憶しておりますぞ。

そうですか。信じられませんね。まあ信じられないことを言うから反日日本人というのでしょうが、日本人からバカにされ、朝鮮や支那からもバカにされているでしょう。日本を叩くに反日日本人は利用されていると気づかないのでしょうかね。朝鮮や支那にとっては直に叩かなくても、大江みたいなバカがいますので、代わりに日本を叩いてくれていますので、おそらく高笑いをしているでしょう。辻元、土井、小田と同じような日本を愛さないで、祖国日本と国民を罵り、蔑むような人間は誰からも信用されません。


1910.オェー。思わず吐きそうになった大江の発言(K.Nさんへ)
名前:forest(管理人) 日付:12月23日(火) 15時45分
>K.Nさん。
>私の父も「不思議な思想」だと言ってました。

管理人のforestです。確かに大江の発言は確かに「不思議な思想」ですね。私にとっては不思議でもあり「悪魔の思想」でもあると思っております。中曽根氏も指摘していましたが大江の発言は「空想的平和主義」であり、日本を取り巻く極東三バカ諸国が「平和を愛する諸国民」である訳がなく、そんな国の「公正と信義に信頼し、日本も信頼される国にならなければならない」とは。バカは休み休み言うものですが、大江は休憩しないバカですね。こんなバカを出演させるNHKだから受信料を拒否したくなります。

>同じ日のTBS「ブロードキャスター」では、今頃になっても
>例の石原さんの「日韓併合」発言に因縁をつけていました。

TBS「ブロードキャスター」の石原都知事発言の件は謝罪したのではないですか。また居直っているのですか。日韓併合は日本の安全保障のためであり、当時の朝鮮は自国の安全を守る気概がなく、そのため日本は朝鮮に侵入した清とロシアと戦わざるを得なかったのです。ですから朝鮮のために日本は戦争を二回したわけで、もうこりごりとして併合したのです。朝鮮が独立国家として欧米列強に対抗するだけの力を持っていれば日本は戦うことはなかったでしょう。

それにしても大江の発言は「オェー」と思わず吐きそうになりますなあ~


1909.NHK報道(イラク)
名前:飛龍 日付:12月23日(火) 11時57分
自衛隊派遣についてアメリカは『日本の貢献に期待します』の論調でしたが、『ではアジアの国々の反応についてはどうでしょうか?』との後に出てきたのが中・韓だったのは流石です。いまやネット上では【極東3馬鹿国家】でおなじみの国を出してくるあたりは予想通りです。中・韓は『日本は平和憲法に則り、これからもアジアの平和に貢献して行くべき』とか、訳の分らない事を言ってます。韓国なんぞ、アメリカから在韓米軍撤退をほのめかされ、慌てて軍の派遣」をしている。そのようなヤツに言われる筋合いはない。
ではアメリカを信用しているかと言えば、さにあらず。北朝鮮の弾道ミサイルが発射の兆候を見せても、在日米軍基地でなければアメリカは情報を出さない可能性が大きいと考えます。真珠湾の時と同じく、【第一撃は相手に与える】というスタンスです。アメリカ本国は痛くも痒くもありませんし、在日米軍基地が損害を受ける可能性が0ならば、アメリカにとって損はない。
 そして日本攻撃さる!の第一報を受けると共に、国連と常任理事国に対し
『日本は北朝鮮から攻撃されるだけの正当な理由は存在しない。これは北朝鮮の侵略行為である。彼らには一遍の正義もない。北朝鮮への実力制裁を提議する』との声明文を出す。当然中・韓・露は『冷静に対応し、話合うべし』と公式声明を出す。しかしアメリカは攻撃する。イラク戦争以上のハイテク兵器で
北朝鮮を空爆するが、試作兵器も含め新しい兵器の実戦テストを兼ねて大規模な航空作戦を展開する。これは中・露に対しての無言の圧力になる。 これと同時に日本国内では在日韓国・朝鮮人への嫌悪が高まり、今まで彼らがひた隠しにしてきた事実が露見する。又中・韓・露に対して宥和的であったマスコミ新聞などがその責任を問われるが、これは何とかうまく立ち回りそうだ(即ちいつもの逃げ口上を探す) まぁこんな具合です。皆さん、今日は天皇誕生日です。国旗は出してますか~?


1908.大江健三郎語録・そして余談
名前:テンポ 日付:12月23日(火) 11時54分
管理人様ご指摘の「防大生は我等の世代の恥辱」と罵ったのは有名でありますな。
あともうひとつ付け加えるなら、「朝鮮や支那の人たちと協力して(!)自衛隊を解体しなければならない」などとほざいていたとも記憶しておりますぞ。

話は変わりまして、『新しい歴史教科書』が東京の養護学校の一部で採用された時に、「弱者を洗脳しようとしている」ともっともらしく批判していましたが・・・・

自分の御威光で、障害を持つ音楽家の我が子を宣伝した事は忘れたのか?
それとも、我が子をダシに、世間の同情を買いたかっただけなのか?

いずれにしろ、あざとさが垣間見えて感心しませんなぁ。

ここからは、余談です。
>しんしん様
僕が思うに、地方議会は小規模なコミュニティゆえ特定勢力が力を握るとロクなことになりません(例:東京都国立市)。
元ネタの武蔵野市の決議といい、ご指摘の議会の一件といい、イデオロギーを排するのは大変だったでしょうが、この様な決議をしたのは良い判断と思います。
>管理人様
確かに小泉首相の「世論に従って・・・・」というのは、正論であると思います。
その言葉尻を捕まえて、金切り声を挙げてヒステリックにあげつらう。
もう少し冷静に考えられないのだろうか?
『週刊現代』をはじめとしたエロやゴシップが大好きなゴミ雑誌は、個人情報保護法案を”マスメディア規制法案”などと巧みに呼び変えて非難しておりましたが・・・・
読み手である我々の側がなぜ同調しなかったのか?という所には頭が回らないようですね。

それは、実例を挙げれば松本サリン事件や桶川ストーカー殺人事件を巡る「マスメディアによる著しい人権蹂躙」となった事実。

果たしてこの二件にて、彼らが心から反省しているのだろうか?
僕は、そう思えませんね。


1907.最近の韓国紙で気になること
名前:鶏鳴狗盗 日付:12月23日(火) 10時18分
最近こいつらファビョってるんだよね。

宗主国様の捏造を許さないnida!
運動のメンバー

宗主国様の思惑って、「将軍様失き後の北朝鮮の面倒見るアルよ。」ってことかな?
もしそうなら漏れはシナを支持するけどナ。


1906.大江を使うNHK
名前:K.N 日付:12月23日(火) 1時37分

土曜日の大江の発言に対しては、私の父も「不思議な思想」だと
言ってました。「テロリストと話し合うことができる」「イラク
の子供達のことを考えるべきだ」などとのたまう解説委員がいる
テレビ局(NHK)ですからしかたがないのでしょうが。

ところで、大東亜戦争当時アメリカ軍などは「日本の子供達」
のことを考えていたのでしょうか

同じ日のTBS「ブロードキャスター」では、今頃になっても
例の石原さんの「日韓併合」発言に因縁をつけていました。


1905.藤山判事も驚く反体制派の寺西判事(甲斐勇者さん)
名前:forest(管理人) 日付:12月21日(日) 20時9分
>甲斐勇者さん
管理人のforestです。レスして頂きありがとうございます。

>確かこの判事の名前は寺西といいまして、反盗聴法の集会に参加して懲戒処分を受けた経歴を持っております。

そういえばそんな記憶があります。判事なのに、そのような反体制派の集会に参加してことは適正を欠くと批判されていたような気がします。藤山判事は集会までは参加していないようですが、そうすると、その寺西という判事は藤山判事も驚く判事なのでしょう。適正を欠く判事はドンドン解任すべきですね。判事が反体制派では国民はたまったものではありません。


1904.まともな議会の一例
名前:しんしん 日付:12月21日(日) 13時10分
東京武蔵野市議会が取り上げられていましたが、有事法制でのある地方町議会
の「議会だより」(2003年2月号)の「委員長報告」を出しておきます。
普通の感覚で物事をとらえていると思います。
http://www.town.nagasu.kumamoto.jp/information/assembly/index.html
(引用開始)
委員長報告 総務常任委員長○○
陳惰第1号『「有事関連三法案」の慎重審議を求める意見書採択の陳情書』
 法案化の趣旨などについて収集した資料をもとに5回の委員会を開催し慎重に
審査を行った結果各委員より次のような意見が出た。
▲慎重審議することには「賛成」であるが、陳情趣旨には「反対」である。
▲憲法第9条で戦争の放棄が定められているが、今日の国際状況にあっては有事に対する備えは必要である。
▲今日の国際状況や、日本海における近隣諸国の動向を考えると、日本の有事(防衛)における法案の制定は必要である。
総じて「慎重審議」することは当然である。しかし、この陳情趣旨について賛成で
きない、との意見が多数を占めた。この陳情書の取扱については採決で決定するこ
とにした。全会一致で不採択と決定。
『アメリカの戦争に国民を強制動員する「有事三法案」に反対する意思表示を求める申し入れ』
 付託事件審査の第三同委員会に、この申し入れに連署されている。紹介議員に出
席を求め、申し入れの趣旨について説明を願った。
12月5目の委員会でこの申し出に対する各委員の意見が次のように出た。
▲有事三法案は、国における危機マニュアルと考える。
▲有事における、国民の生命財産を守るための法整備は必要である。
▲もしもの時は、国民に一定ルールに従い行動しないと収拾がつかない。
▲自国は自ら守るのが原則である。この申し出の取扱は採決で決定した。
全会一致で不採択と決定。
『有事法制の撤回と非核三原則の堅持を求める意見書提出について』
 審査結果については次の通りである。「非核三原則の堅持」については本町議会は
平成12年14日に、「非核、平和長洲町宣言」を議決しており、平和憲法の精神カらも将
来とも遵守すべきである。で意見の一致を見た。
◎有事法制の撤回については、陳情第1号で慎重に審査した結果と同様に「撤回で
きるものでない」が委員の総意であった。
 意見書提出について討論無しで採決を行った結果、全会一致で不採択と決定。
(引用終了)

全会一致で不採用ですから、常識的です(^-^)
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/3906/


1903.少しは考える人間なら…
名前:しんしん 日付:12月21日(日) 12時55分
mumuさんのおっしゃる「小田実」本当に救いようがないですね。(^_^;)

以前は北朝鮮に対して好意的な人間でも、そのことを悔いて対北朝鮮問題に
取り組んでいる方がいますね。
佐藤勝巳さんは共産党にて帰国事業にかかわり、そのことに対する反省から
拉致問題に関わっていくようになったと聞きました。
「帰国船 -北朝鮮 凍土への旅立ち-」を書いた鄭箕海さんに痛烈に批判されま
したが、私はダンマリを決め込む他の人たちより、立派な態度だと思いました。

普通は北朝鮮にいい様に利用されたことを恥ずかしく思い、それに対して謝罪
なり、何らかの行動を起こすのが普通の感覚だと思うのですが、「小田実」
は身も心も北朝鮮に捧げたんでしょうね。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/3906/


1902.テロ、ゲリラ、レジスタンスの定義付けをしないと空理空論です
名前:桑原洋一郎 日付:12月21日(日) 11時13分
テロと言う言葉、ゲリラという言葉、民族抵抗のレジスタンスと言う言葉、色々表現が出来ましょうが、何れを用いるのかでありまして、更には国内法、国際法の何れを用いて判断を下すべきかと思われますが、、。

言葉は何れ定義を求め、その行動の良し悪しを決めるより所となる法を求めて断を下すものだろうと言いたいのであるが、やや誤りと言われるか、ハタマタ僭越かな、、。


1901.大江 健三郎
名前:K.N 日付:12月21日(日) 0時40分

昨日のNHKのテレビ討論番組に大江健三郎が出て、相変わらず
空想的平和主義論を述べ立てていました、いつものことですが
この人を使うとは、やはりNHKは反日偏向放送協会ですね。

後藤田正晴も「アメリカとは、安保条約ではなく平和条約を締結
すべきだ」といっていましたが、昔は「かみそり後藤田」とマス
コミ連中に持ち上げられていましたが、今はただのボケ老人ですね。


1900.forestさんへ
名前:甲斐勇者 日付:12月20日(土) 19時0分
forestさんの御質問についてですが、残念ながら判決についての情報は持っておりません。それから件の判事の所属は仙台高裁ではなく仙台地裁であったことをお断りしておきます。失礼いたしました。確かこの判事の名前は寺西といいまして、反盗聴法の集会に参加して懲戒処分を受けた経歴を持っております。更に、週刊金曜日に対談記事を載せており、「裁判官は権力に批判的でなければならない」などといってたように記憶しております。こうして見ると、反権力度に関しては藤山判事とどっこいどっこいではないでしょうか。
 判決について答えてほしいということでしたが、情報を持っていないためこのような形になってしまいました。改めて失礼いたしました。


1899.小田実は話して分かる相手ではない(mumuさんへ)
名前:forest(管理人) 日付:12月20日(土) 18時12分
>mumu さん
管理人のforestです。
小田実の首を曲げて早口で、人を見下したような話方に「なんだこいつは」と思っております。自分が左翼だけにしか相手にされていないのに、自分こそ正しい意見の持ち主であると自惚れています。過去の言動からしても単なる基地外発言しかしていないのですが、いまでも何ら反省も検証もせずにいます。

>注目されていると言うよりは、お仲間がどうにかしてこうした気違い売国奴の
>言い分を世間に広めようと、馬鹿丸出しに必死になっているような気がしますね。

そうかも知れませんね。注目しているのは仲間だけで、その仲間からおだてられているのでしょう。なんせ作家という肩書きを持っていますからね。その肩書きを仲間が利用しない訳ありません。左翼の言っていることで、正しかったというようなことはありましたかね。ないでしょう。まあバカは死ななきゃ直らないと言いますが、左翼は全員そうですが、話して分かる相手ではありません。小田が何を言おうが「あなたの言うことなど誰も聞いていませんよ。相手にしていません」と言ってやるべきです。またマスコミも、こんな基地外の発言を取り上げるから自惚れるのです。無視すれば良いのですよ。でもマスコミが偏向していて左翼に甘いですから困ったものです。


1898.甲斐勇者さんへ
名前:forest(管理人) 日付:12月20日(土) 17時7分
管理人のforestです。堅苦しくお考えなさらず気楽にいきましょう。こちらこそよろしく。

>仙台高裁の某判事のような人種もいますからね。こういう人間が判事になって公正な裁判が出来るかというとはっきり行って疑問です。

この判事については私は知りませんが、具体的にどんな判決を下しているのでしょうか。そのゾッとする判決を教えてください。お願いします。


1897.建国義勇軍逮捕   
名前:BⅡ-101 日付:12月20日(土) 12時54分
建国義勇軍逮捕が伝えられた。しかし最大の被害者?である筈の【朝鮮総連】が反撃のひとつもせずに鳴りを潜めているのは、あまりにも不自然である。通常なら、『それ見た事か!我々は被害者なんだ!日本政府と警察に対し厳重な抗議をすると共に、二度どこのような事件が起こらぬ事を要望するものである
!』との声明が全く無い。このような声明文とリンクして、さも勝ち誇ったよ
うな態度を見せないのは【裏】があるとしか考えられないのだが? 普通総連なら、提灯行列みたいになって大々的な勝利宣言しても不思議ではないのに何故?皆さん、どう思いますか?マスコミ報道を鵜呑みする人には事件の裏まで
理解不能でしょうがマスコミもバイアスだらけ。どうにも匂います。
陰で公安とかが動いてないんですかね?う~~ん臭せぇぞ!臭せぇ、臭せぇ! 


1896.『國體の本義』 03
名前:桑原洋一郎 日付:12月20日(土) 12時9分
現今我が國の思想上・社會上の諸弊は、明治以降餘りにも急激に多種多樣な歐米の文物・制度・學術を輸入したために、動もすれば、本を忘れて末に趨り、巖正な批判を缺き、徹底した醇化をなし得なかつた結果である。抑々我が國に輸入せられた西洋思想は、主として十八世紀以來の啓蒙思想であり、或はその延長としての思想である。

これらの思想の根柢をなす世界觀・人生觀は、歴史的考察を缺いた合理主義であり、實證主義であり、一面に於て個人に至高の價値を認め、個人の自由と平等とを主張すると共に、他面に於て國家や民族を超越した抽象的な世界性を尊重するものである。

從つてそこには歴史的全體より孤立して、抽象化せられた個々獨立の人間とその集合とが重視せられる。かゝる世界觀・人生觀を基とする政治學説・社會學説・道徳學説・教育學説等が、一方に於て我が國の諸種の改革に貢獻すると共に、他方に於て深く廣くその影響を我が國本來の思想・文化に與へた。


1895.テロ、ゲリラ、レジスタンス??
名前:桑原洋一郎 日付:12月20日(土) 12時3分
テロと言う言葉、ゲリラという言葉、民族抵抗のレジスタンスと言う言葉、色々表現が出来ましょうが、何れを用いるのかでありまして、更には国内法、国際法の何れを用いて判断を下すべきかと思われますが、、。

言葉は何れ定義を求め、その行動の良し悪しを決めるより所となる法を求めて断を下すものだろうと言いたいのであるが、やや誤りと言われるか、ハタマタ僭越かな、、。


1894.刀剣友の会
名前:K.N 日付:12月20日(土) 1時46分

昨日、岐阜県の“刀剣友の会”なる団体が「国賊征伐隊」・「建国義勇軍」
の母体だあることがわかり、会長が逮捕された模様です。その直接行動は
右翼的で問題ありですが、その思想は同感するところが大いにあると思い
ます。(民主党の西村慎吾氏と関係があるようですが)。野中の言葉を
鵜のみにして村岡自民党元代議士の自宅の前に「本当の毒饅頭」をおいた
馬鹿な朝日新聞記者よりはましだと思いますが。

ところで石原都知事は、金ちゃんの国の船を東京湾に入港させないことを
提案しているようですね。


1893.mumu様
名前:テンポ 日付:12月20日(土) 1時10分
イラクを巡る出来事を都合の良い様に解釈する「基地外」は、小田某だけではありませんぞ。
今日、地元の駅前において共産党がなにやら演説しておりましたが、それによると、自衛隊をイラクに送る本当の目的は「民主勢力を制圧するため」だと!

まぁいずれにしろ、イマジネーション(というか妄想)だけは豊かな人たちの様ですなぁ(ハァァ)。


1892.何と言うことを
名前:mumu 日付:12月20日(土) 0時16分
>管理人様
>「あれはテロではない。イラク人が本当に怒りだしてレジスタンスを始めたのだ」

こいつは本物の気違いですな。
同志社の浅野健一と同レベルの、自省出来ない自我が肥大しきった、極めてしつけの悪いガキと何ら変わるところの無い、精神異常の唯我独尊タイプそのままに見えます。
こうした異常者が、何につけても決め付ける権利と無尽蔵な権力があると思い上がる傾向の顕著なのは今更言うまでもないことでしょうが、何がテロで何が戦争犯罪なのかも他の見方や意見は一切を否定し、受け入れるどころか耳にする・目にするだけでも許し難いなんて考えてそうな気もしてくるほどですよ。
あの紛れも無いテロをレジスタンスと言う、その同じ舌が日本の過去のことを何と言っているのか、こういった気違いには事実や真実というものは妄想の中でいとも簡単に、且つご都合主義剥き出しにいくらでもでっち上げられる代物でしかないのかもしれません。

>小田は辻元清美を影で操っているのではないかと言われていますが、なぜこんなとんでもない人間が注目されるのでしょうかね。

注目されていると言うよりは、お仲間がどうにかしてこうした気違い売国奴の
言い分を世間に広めようと、馬鹿丸出しに必死になっているような気がしますね。
何せこの小田実の言う、首相の憲法前文の解釈は間違いだと決め付けた記事は
“あの”共同通信だけでしたしね。
朝日も様々な媒体で、かのテロを何とかレジスタンス運動か何かのように捏造しようと画策しているようですが、NHKですら(本心はともかく)あれをレジスタンスだなんて言えるはずもないことを、気違い故に理解することも謙虚に
話を聞くことも以ての外なんでしょうか。


1891.と言うことは
名前:mumu 日付:12月19日(金) 23時52分
小田実なる下衆の言うところの日本国憲法前文の解釈の方が間違いであり、首相の主張には然程間違った部分は無かったってことになりそうですね。

>しんしん様
>「努めている国際社会」に対して何らかのお手伝いをするのは当然と考えられます。

小田実なる売国奴の言う“お手伝い”とは、口先だけで平和、平和と喚き立てるだけのことでしかなく、軍隊というだけで行動したら戦争状態と勝手に決め付ける妄想癖を異常者の面目躍如そのままにひけらかしているとしか見えなくなりましたね、こうして見ると。

>この二つの要素を全く無視した国が、日本の周りにあるときは憲法9条を
守るに守れないと思うのは私だけではないでしょうね。

言うまでも無く、北朝鮮なんぞを相手に口先だけの話し合いだの何だのが通じないことを、いつまでたっても理解しようとしない愚劣な輩のひとりが小田実と見ても良さそうなので、やはり小田実は自分の馬鹿さ加減と無知蒙昧を自覚など出来るはずもないんでしょうな。
まぁ、無自覚の馬鹿なればこそ、自分と異なる意見を持つ他人の解釈は全て間違いで、自分の解釈こそが正しいと言う思い上がりを恥ずかしげもなく世間に晒せるのかもしれません。

しかし、小田実の方が間違っている事を知っている人が多数かどうかはともかく、そんな現代にまるでそぐわなくなってきている現憲法を、当に錦の御旗以上のものであるかのようにしがみつく連中に違和感を感じることは、ごく一般的な感覚の人々ならいたって自然なことなのでしょう、憲法違反だと騒ぎ立てる馬鹿は今回、ほとんど着目されていないことからも充分窺えるというものです。

コメント

またも逆転判断された藤山雅行判事の決定

2003年12月25日 21時43分29秒 | 偏向マスコミ
  東京地裁の藤山雅行判事は反体制派の判事として知られているが、その藤山判事が小田急線高架化事業に反対する沿線住民らが起こした、国の事業認可取り消しを求めた訴訟で、沿線住民らの訴えを認め公共事業認可を取り消すという驚くべき判決を下したことは記憶に新しい。  

 しかし12月18日に東京高裁の矢崎秀一裁判長は、その藤山判事の決定を取り消し、住民側の訴えを退け、住民側の逆転全面敗訴となる控訴審判決を下しているが、再び今日(12月25日)に、同じ藤山判事が、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の建設用地をめぐり、東京都あきる野市内の地権者6人が国、都などに土地収用手続き(代執行)の執行停止を求めた件で、土地収用をストップさせるという異例の司法判断をしていた件での即時抗告審で、東京高裁(鬼頭季郎裁判長)は土地収用手続きの停止を認めた東京地裁決定を取り消して申し立てを却下したとのことである。

 全ての裁判が報道される訳ではないからして、他に藤山判事が担当している訴訟がどうなっているか不明だが、それにしても今月になって2件も藤山判事の一審での決定が東京高裁で逆転判断されるとはおかしい。藤山判事は不法に入国した外国人に対しても寛容であり、不法滞在を容認するという恐るべきが判断をし、東京入国管理局を悩ませている判事としてあまりにも有名である。  藤山判事の下す司法判断は異例というか。奇妙と言うか。違和感があると言うか。要するに公共の福祉より、例えば住民にとってかけがいのない土地が収用されたら生活権が奪われ、取り返しがつかないと言う住民の立場になり過ぎており、代替地とか移転に係る費用とかが補償されるのに、それでも公共事業に反対する少数の住民の声を尊重すべきなのであろうか。補償もされずに突然に転居を求められる訳ではないから、それは公共の福祉のため国民は受認すべきことであろう。

 「一人でも反対者がいたら橋は架けない」と言った革新知事がいたが、その通りにしていたら、道路や橋、鉄道などは一切出来なくなってしまう。この小田急線高架化事業や首都圏中央連絡自動車道の他にも、「代替地と移転に係る費用などを補償しますから」と言った条件を出しても、ガンとして土地の売却に応じない人がいる。マスコミはそのような人達を住民とか農民とか市民とか言っているが、そうではあるまい。普通に話が出来る常識を持った住民もいれば、話合いも出来ない住民もいる。そのような住民が地権者などあれば、行政側としてはまともに話が出来る訳がなく、工事の遅れから膨大な損害が出て無駄な税金が使われることになったとしても何とも思っていないのである。マスコミは住民と書き、あたかも善良な人達である印象を植え付けようとするが、その中には、いわゆる社会秩序を混乱させる目的を持った反体制派のプロ住民もいることをあえて報道しないのはなぜだろうか。

 何事もトラブルがないように話合いで解決出来ることに越したことはないが、世間には、何を言っても話が分からない人もいることは事実である。藤山判事もそのような反体制派のプロ住民を支持し、同情しているから、こんなおかしな決定をするのであろう。しかし、こまった裁判官がいるものだ。皆さん、東京地裁の藤山雅行と言う奇妙な判事がいることを記憶しておいて欲しい。そして、お暇があったら東京地裁まで傍聴に行ってどんな顔をしているか見て欲しいと思う。
(2003/12/25) 

この記事は「今日のコラム」
またも逆転判断された藤山雅行判事の決定
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

支那に媚びる民主党の岡田幹事長の妄言

2003年12月24日 21時37分51秒 | 政治
  民主党の岡田克也幹事長が、支那を訪問中にまたバカなことを言ったらしい。それは北京で記者会見した時に小泉総理の靖国神社参拝について「(小泉総理が支那を訪問できない)このような異常な状態をつづけていく判断(靖国神社を参拝すること)は明らかに間違っている」と批判し、支那側の対応について「自制していると思う。北京以外では(支那指導者が首相と)会っているわけだから」と支那が小泉総理の靖国参拝を批判はしているものの、北京以外の場所で支那指導者が会っていることを評価したというのですから話にならない。

 民主党と言えば確か菅代表も支那に行って小泉総理の靖国神社参拝を反対し「私は総理になっても靖国参拝はしない」と公言し、支那指導部の喝采を浴びたことは記憶に新しい。このような菅代表も岡田幹事長もどこの国の政治家であろうか。小泉総理の靖国神社参拝反対を支那と共同歩調をとって罵っているとは、何を考えてこのような支那が手を叩いて喜ぶ姿が見えるような妄言を繰り返すのか。まったくバカにも程がある。

 民主党は自民党に変わり政権の座につきたいのであろうが、自国民の英霊に感謝しないことを公言し、日本としては支那と友好関係を持ちたいが、余りにもひどい内政干渉や主権侵害に支那を嫌いになった人が確実に増加しているという現実をどう見ているのだろうか。それは瀋陽領事館事件で支那が日本の主権を侵害した件。支那の海洋調査船による日本の排他的経済水域における海底資源の無断調査。日本の領土である尖閣諸島を勝手に自国領に編入した件など、その他にもまだまだ多くの主権侵害が支那の手で行われているのに、それでも政権をとるためとは言え支那のご機嫌をとって行こうとするのであろうか。  

 支那が「小泉総理は靖国神社参拝をするな」と言って明らかな主権侵害をしているのに「ごもっともでございます」と支那に媚びる発言をする代表や幹事長がいる民主党では政権を取れるとはとても思えない。
(2003/12/24) 

この記事は「今日のコラム」
支那に媚びる民主党の岡田幹事長の妄言
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

やはり西村真悟氏を叩きを始めた朝日新聞

2003年12月23日 21時35分05秒 | 偏向マスコミ
  朝日新聞は左翼テロ集団には自分達の主義主張に近いからなのか、テロを敢行してもそれをかばうような報道をするが、それに反する集団のテロ行為にはすさまじい批判を加える。同じ社会秩序を破壊するテロ行為なのに、どうしてこれほどの差別報道をするのであろうか。それは「建国義勇軍」や「国賊征伐隊」と名乗って各地において銃撃をしたり、不審物を仕掛けたりした事件で刀剣愛好家団体の会長らが逮捕された件から言えるのである。

 12月20日、23日と続けて社説でこの件を取り上げているが、朝日がなぜこの事件を大きく嬉しそうに報道している理由は、朝日が嫌いな民主党の西村真悟衆院議員が、会長らが逮捕された刀剣愛好家団体の最高顧問となっていることであり、また政治献金を受け取っていたことから、朝日にとっては「よし、この件で西村を叩いて議員辞職に追い込め」という方針を出したのであろうか。

 12月20日の社説では「どういう関係だったのか西村氏自身がきちんと説明する必要がある。こうした暴力的な団体とかかわるだけでも、政治家としての責任は免れない」「暴力を肯定し、民主主義を否定するような団体には、日頃から厳しい目を向けておかなければならない」などとのたまうから笑わせる。  

 西村氏が刀剣愛好家団体が暴力的な団体であると事前に知っていたとは思えないし、まして知っていれば最高顧問などに就任するはずはないであろう。さらに朝日は「暴力を肯定し、民主主義を否定するような団体」である極左暴力集団を過激派と言って、かばうような報道をしてきたではないか。その極左暴力集団である赤軍派に辻元清美が騙しとった秘書給与の一部を資金として与え、また社民党党首の福島瑞穂は中核派のシンパではないか。この二人こそ朝日は「日頃から厳しい目を向けておかなければならない 」のではないのか。

 12月23日の社説では、「西村真悟氏??説明してもらいたい」と名指しで西村氏を批判しているが「こんな事件を引き起こす人物と親交があっただけで、政治家としての見識が疑われる」「民主党は西村氏と友の会の関係を調べる方針は示したが、党としての見解を述べるべきだろう」とは要するに「テロをするような団体と知り合いだったとは許せない議員を辞職せよ」「民主党は西村を除名せよ」と言いたいのであろう。  そして、社説には、なぜか田中均外務審議官宅に爆弾が仕掛けられた件で石原東京都知事の「爆弾仕掛けられて、あったり前だ」との発言のことが書かれているが、朝日の魂胆は西村氏と石原氏が普段から親交があることから、二人を道連れで辞職に追い込みたいのだろう。

 西村氏が防衛政務次官の時に「日本も核武装するかどうかの検討しなけばなりませんなあ」と発言したことを、朝日は「とんでもない発言だ」と批判したが、日本が脅威にさらされる北朝鮮の核開発や拉致問題について、ほとんど無視してきたのでは話は逆である。  

 西村氏や石原氏はテロを容認した訳ではないし、助長したことでもない。朝日こそ極左暴力集団によるテロを批判せず、同情的な報道をしてきたではないか。朝日には誇りある日本を取り戻すために奔走していて真の愛国者である西村真悟氏を批判する資格はないと言えだろう。
(2003/12/23) 

この記事は「今日のコラム」
やはり西村真悟氏を叩きを始めた朝日新聞
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

北朝鮮は拉致事件解決のため焦りだしたか

2003年12月22日 21時53分08秒 | 北朝鮮関連
  イラクの独裁者フセインが情けない姿で逮捕されたからか。あるいは外国からの援助がなければ崩壊寸前なのか。北朝鮮は日本からの援助を得たいためのようで、だいぶ焦っているようである。それは拉致議連の事務局長の平沢勝栄衆院議員が北京で北朝鮮高官と会談し、その際に北朝鮮側は「(拉致被害者)5人が家族を平壤まで迎えに来たら帰国できなくなると疑うならば、金正日総書記の一筆で保証することは可能だ」と述べたとのことである。

 いままで昨年の拉致被害者5人の帰国をもって「拉致事件は解決した」と言っていたのだから、ずいぶん変わったものである。金正日総書記が「(拉致被害者)5人が家族を平壤まで迎えに来たら日本に一緒に帰国を保障する」と言ったとしても、拉致被害者の家族が北朝鮮の監視下で、日本に行く意志があるか確認しても「日本に行きたいです」と言える訳がなく、拉致被害者も日本に戻れるとしても子供らの顔を見たら、残して日本に戻れないとの思いが湧き出て北朝鮮に残ることを表明するかも知れない。北朝鮮をそれを狙っているのであろう。

 であるから、拉致被害者だけでなく、拉致議連の国会議員や外務省職員が同行していたとしても、そのような北朝鮮の謀略に乗せられることは決してやってはいけない。それにしても、拉致被害者家族の帰国は金総書記の一筆で保証すると言っても、金総書記自身が信用も保証もされない人間なのであるから尚更だ。

 来年には北朝鮮への経済制裁を可能とする「外為法改正法案」や、スパイ船と言われる万景峰号などの入港を禁止する「国益を害する外国船舶の入港阻止法案」などが成立するであろう。また万景峰号以外の北朝鮮貨物船は保険未加入が多いそうで、そのような船も入港禁止にする法が整備されるとのことで、それからしても北朝鮮は、ますます窮地に立つことになるであろう。

 横田めぐみさんの娘キム・ヘギョンさんと、昨年すでに帰国している拉致被害者の家族が帰国し、さらに死亡したとされる8人の被害者の情報が判明したからと言って拉致問題は全面解決したとはとても言えない。他に拉致被害者がまだまだ多数いるのである。その全員の安否が分かり、帰国しなければ金総書記が何を言っても信用してはいけない。

 経済制裁が始まれば、北朝鮮は日本の拉致問題の全面解決というまっとうな要求を呑まない限り、困るのは北朝鮮の方だ。北朝鮮高官は「経済制裁をするならこっちにも覚悟がある」と言ったそうであるが、日本にはその覚悟はとっくに出来ている。北朝鮮の脅迫に屈する日本であってはならない。
(2003/12/27)

この記事は「今日のコラム」
北朝鮮は拉致事件解決のため焦りだしたか
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

民主党は拉致問題解決を支那に頼むのか

2003年12月22日 21時30分49秒 | 政治
  民主党の岡田克也幹事長を団長とする同党の訪問団が支那に行っているようだ。岡田幹事長は北京で中国共産党対外連絡部の劉洪才副部長と会談し「北朝鮮による拉致問題の解決に向けて、中国(支那)の取り組みに期待したい」と協力を求めたところ、劉副部長は「拉致問題を6者協議で踏み込むかどうかはよく考える必要がある」と慎重な姿勢を示したとのことである。

 民主党は鳩山由紀夫を本部長とする拉致問題対策本部を作ったそうであるから、だから支那に行って拉致問題の解決を働き掛けたのだろうが、民主党は国連人権委員会において、支那や同じく6カ国協議に加わっているロシアまでが、日本人拉致問題も含んだ北朝鮮の恐るべき「人権状況」を非難する決議に参加しなかった事実をまさか知らない訳ではあるまい。

 支那は北朝鮮の核問題は何とか解決したいとは思っていても「日本人拉致問題」を解決する意志などあるとは思えない。8月に行われた6カ国協議で拉致問題の議題を日本より先に米国が出しているが、支那やロシア、それと自国も多くの拉致被害者を抱える韓国は拉致問題を議題に出していない。

 北朝鮮は日本が拉致問題を出すなら6カ国協議には応じないことを示唆しており、支那も拉致問題を議題にせずと言っている。そんな支那に民主党は拉致問題の解決を頼むのか。支那に行く暇があれば、北朝鮮への経済制裁に向けての最善の法案を成立させるように検討された方がマシであろう。

 民主党の菅代表は支那に親しみを持っている方のようで、だからそんなお友達の支那に拉致問題の解決を頼んでみたいのだろうが、おめでたいにも程がある。民主党の拉致問題対策本部はどんな活動をしているのか。北朝鮮工作員の釈放要求の署名活動をした菅代表がいる党であるから支那と同じく当てにならないであろう。
(2003/12/22) 

この記事は「今日のコラム」
民主党は拉致問題解決を支那に頼むのか
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

反日日本人の発言を垂れ流すNHK

2003年12月21日 22時52分23秒 | NHK問題
~安保討論に自衛隊を侮辱した大江健三郎を出演させたNHK~  

 12月18日から20日までの3日間連続で、NHKは「シリーズ安全保障」というスペシャル番組を放送した。18日は「徹底検証・日本の備え。テロとミサイルの脅威をどう防ぐのか」などを、19日には「変わる自衛隊・現場からの報告」などであったが、この2日間で放送された内容は評価できものであった。しかし、最後の20日に放送された「討論・日本の進路を問う」として、元内閣総理大臣・中曽根康弘、元駐米大使・栗山尚一、元副総理・後藤田正晴、ノーベル賞作家・大江健三郎の4人で安全保問題を討論するというのだから、NHKはどうかしていると思ったのである。

 特に反日日本人で悪魔の思想を持つ大江氏を出演させたとはNHKは人選を明らかに誤っている。難解な文章を書く大江氏がノーベル賞を受賞したことは、これは特に批判することではなく、日本国民として喜ぶべきことであるが、セットで授与される文化勲章は辞退したというのだからどう考えても正常ではなく、NHKがそれを知らないはずはない。外国からの賞には、恭しく受賞をするが、日本のものとなると拒否するというのだから話しにならない。大江氏は祖国日本を愛していないばかりか、外国に行ってまで「日本の悪口」を言いふらす売国奴なのだが、こんな大江氏に日本の安全保障問題を語ってもらうとは「NHKよ。何を考えているのか」と大きな声を出したくなる。

 番組での大江氏の発言は、当然ながらイラクへの自衛隊の派遣に反対しているが「派遣しない方が日本の将来のため、また子供達も誇りを持って生きていくことが出来る」「自衛隊ではなく状況が安定したら文民を送った方が良い」「憲法9条があるのに自衛隊をすでに外国に送っている。憲法改正を言う人はなぜ急ぐのか。20年、30年先を考えるとアジア諸国との平和的な関係が出来ると思う。憲法の規範に現実を押し戻すことが将来の(日本の)仕事です」「冷戦が終わり、仮想敵国がなくなっているのに北海道に大きな地上軍をおいている。自衛隊は災害救助をする別組織に変えるべきだ」「憲法の前文に『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼してわれらの安全と生存を保持しようと決意した』とありますが、これからはインターネットの時代ですから、国もあるでしょうが国民が横につながることが強くなり、諸国民の公正と信義に信頼する国に、またその信頼に応える日本人になって欲しい」などと言っており、もう完全のとんでしまっている。

 中曽根氏が大江氏の発言を「空想的平和主義」と言って批判していたが、当然であろう。恐るべき悪魔のテロ国家北朝鮮の脅威が迫るなか、そんな国の信頼に応えていこうというのですから話にならない。  

 大江氏は「ぼくは、防衛大学生をぼくらの世代の若い日本人の弱み、一つの恥辱だと思っている。そして、ぼくは、防衛大学の志願者がすっかりなくなる方向へ働きかけたいと考えている」と、昭和33年に毎日新聞のコラム「女優と防衛大生」で述べたことはあまりにも有名だが、このように同胞である日本人を貶める発言をする大江氏はノーベル賞作家として知られているより、戦後の日本をダメにした進歩的文化人の代表格である大江氏と言った方が知られているであろう。

 どんな立派な小説を書こうが、親の悪口を言いふらすように自分の国と国民に罵声を浴びせる者は愚か者であり馬鹿にされる。自分の生まれた国を誇りにしない人間を誰が信用してくれるのであろうか。それにしてもNHKは、自衛隊のイラク派遣が決定した後に安全保障の関する番組を放送するのは時期としては良いかもしれないが、私はイラクに派遣される自衛隊員には胸を張って堂々と行ってもらいと思っているので、過去に自衛隊員を侮辱した大江氏をなぜ出演させ、再び自衛隊を貶めるような発言を許したのか。このような反日日本人の発言を垂れ流すから受信料を払いたくないという人が増えるのではないか。税金が投入されている公共放送局に、日本を愛しておらず、自分の国の国民である自衛隊員に敬意を払わない反日日本人を出演させたNHKの真意とは何であろうか。
(2003/12/21)         

この記事は「私の主張」第194号
  反日日本人の発言を垂れ流すNHK
~安保討論に自衛隊を侮辱した大江健三郎を出演させたNHK~
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

藤岡信勝氏が評価した小泉総理の記者会見

2003年12月21日 21時28分02秒 | 政治
  今日(12月21日)の産経新聞の正論は東京大学教授・藤岡信勝氏の「理に適った首相の憲法前文引用」である。それは9日に小泉総理がイラクへの自衛隊派遣を決断したことについて、「憲法の引用部分以外は原稿に目を向けることなく、自分の言葉で語り切った」とし、また「イラク派遣反対派の有力な根拠とされている憲法の、その前文によって一国平和主義の克服と国際貢献の必要を説いたことは、理に適った効果抜群の反論であり説得だった」と評価している。

 テレビで生中継された小泉総理の記者会見は、ビデオ録画をしているが、何度見ても、「国家としての意志。日本国民の精神が問われている」などと語る毅然とした姿は本当に迫力がある。犠牲を伴う危険があるイラクに戦後初めて自衛隊の派遣を決断することは、小泉総理としても判断に苦しんだことであろう。しかし、ここで日本がひるんでいたら、日本は国際社会において名誉ある地位を占めることは出来ないとの思いがあったからではないであろうか。

 また、藤岡氏は「テレビで放映された記者会見を涙を流して聞いた自衛官が多数いたと聞く」と書いており、それは発足以来、日本人にとっては自分たちを命がけで守ってくれる「我々だけの自衛隊」なのにも関わらず、コケにされ続けて来た悔しい思いが小泉総理の「必ずしも安全とは言えないかもしれない危険を伴う困難な任務に、多くの隊員諸君が使命感に燃えて参加しようと決意していると聞き、私は心強く、誇りに思っています。危険を伴う困難な任務に決意を固めて赴こうとしている自衛隊の諸君に対して、私は、願わくば、多くの国民が敬意と感謝の念を持って送り出していただきたいと思います。」との言葉に感動したからであろう。

 人間は悲しい時は涙を流すが、心に残る良い話を読んだり聞いたりしても涙を流すことがある。また歳をとると、涙腺がゆるんでくるのであろうか。小泉総理の記者会見が生中継された時、自衛隊員でもない私まで感激して涙を流してしまった。しかし、朝日新聞は、この小泉総理の記者会見に感激するどころか、朝日御用達の憲法学者を総動員して反論したのはご承知の通りである。

 小泉総理は12月24日に行われる小牧基地でのイラク派遣航空自衛隊の編成完結式に出席する意向を明らかにし「困難な任務に赴く自衛隊の諸君に対して激励したい」との意向とのことだが、是非とも出席して頂きたいと思う。自衛隊員にとって小泉総理の激励ほど嬉しいことはないであろう。そして胸を張って堂々とイラクに赴き立派に任務を果たされることを国民のひとりとして切望するものである。
(2003/12/21)

この記事は「今日のコラム」
藤岡信勝氏が評価した小泉総理の記者会見
としてHPに掲載されていたものです。

コメント